English Portugues Japanese

2019年05月23日

【レポ】ADCCアジア&オセアニア予選2019:日本人選手の試合

_C1Q3400
2年に1度、開催される組技の祭典「ADCC」。

このADCCこそノーギ・グラップリングの最高峰大会として認知されており、90年代から続く世界最古の大会として継続開催されている。

もともとはADCC=アブダビコンバットクラブというUAEのアブダビにあるスポーツクラブ内で開催されていたが、2003年のブラジル・サンパウロ大会から世界各国で持ち回りで開催されるようになっていった。

そしてアメリカやヨーロッパ、アジア&オセアニアなど地域ごとに予選が行われ、その予選を勝ち抜いた選手たちが本戦に出場できるというシステムで運営されている。

これまではアジア&オセアニア予選とはいえ、その大多数が日本人選手で占められていたトーナメントだが、今大会ではこれまでとは逆に日本人選手が少なく、海外勢が多数参戦してきており、やっと名前通りのアジア&オセアニア予選になった感がある。

それだけに今大会で優勝した日本人選手は2名のみという過去最低人数となってしまったが、それも致し方ないと思われる。

逆に言えばこれだけ国際色豊かな強豪メンバーのトーナメントを勝ち抜いた日本人2選手は称賛に値し、胸を張って本戦に挑んで欲しいと思う。

そんなADCCのアジア&オセアニア予選、まずは日本人選手の試合ぶりを紹介したい。

_C1Q2753
エントリー数34名と今大会最多の階級だった-65.9kg。その激戦区を勝ち上がり、今大会のMVPといえるのが岩本健汰(トライフォース)だ。初戦はアナコンダチョーク、2回戦、3回戦、そして竹内稔(CARPE DIEM)との準決勝はヒールを極め、決勝までの全試合を一本勝ち。



_C1Q2635
ナリマン・ムィンバエフ(カザフスタントップチーム)との決勝は0-0のまま延長戦に突入し、スクランブルからニアバックを取るなどアグレッシブな動きを見せた岩本がレフェリー判定で勝利を手にした。



_C1Q2374
-76.9kgは準決勝でラクラン・ジャイルズ(Absolute MMA)と岩崎正寛(CARPE DIEM)が対戦。こちらも延長までもつれたが、本戦で再三チョークを仕掛け、延長でも岩崎のタックルを凌ぎ切ったラクランがレフェリー判定で勝利。



_C1Q2157
+99kgにはADCC常連の関根秀樹(ボンサイ)が参戦。シードで初戦が準決勝だったが、オーストラリアのダニエル・スチュワート(Empire MMA)にヒールを極められて敗退。しかし、3位決定戦ではヒールを極め返し、3位入賞を果たした。



_C1Q2340
2名の欠場者が出て6人トーナメントとなった女子-60kgは湯浅麗歌子(パラエストラ品川)の独断場。初戦でオリビア・ケット(Broz Jiu Jitsu)を腕十字、準決勝で荒井みか(MINURO)を三角腕十字で退けて決勝進出。



_C1Q3115
ナタリー・フランコンベ(10th PLANET)との決勝も終始ポジションで圧倒し、9-0から残り時間36秒で腕十字を極め、サンパウロ大会から3大会連続の本戦出場を決めた。




text by Kinya Hashimoto / Photo and cap by Satoshi Narita



【今日が誕生日の柔術家】サムエル・キノシタ(36)、タミー・グレゴ



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年05月22日

【Review Wednesday】クレイグ・ジョーンズ「BATTLE TESTED DOWN UNDER LEGLOCKS」

c1
ブラジルブログをご覧の皆様、こんばんは。キンヤボーイズ荒井です。

今回のレビューはクレイグ・ジョーンズによる教則DVD「BATTLE TESTED DOWN UNDER LEGLOCKS」です。

オーストラリアを拠点とするクレイグ選手は黒帯における柔術世界タイトルを手にしていないものの、Polaris,Kasai,EBIなどといった有名グラップリングイベントでの活躍が目立ちます。

昨年秋に米国で開催された「QUINTET.3」ではPolarisチームの代表選手として出場していました。

グレイグ選手のグラップリング戦績を見てみると29勝のうち、一本勝ちの回数は驚異の24!そのうち、足関節技による決着が過半数を超える17回!

ちなみに最も多く極めている技はヒールフック(ヒールホールド)でした。

その危険すぎる極め力の片鱗を、この作品できっと観ることができるはず。

作中で紹介するテクニックは、まず危険な極め技であるヒールフックからスタート。

ヒールフックはIBJJFルールおける代表的な反則技であり、相手の膝が破壊されてしまうんじゃないかと動画を観ているだけで恐怖を感じビクビクしてしてしまうのは私だけではないでしょう。

その後、様々な足関節技の攻撃パターンを紹介。

ひとつひとつのテクニックを時間かけて丁寧にレクチャーしているのが印象的でした。

全4部構成でPART1とPART2ではいくつかの項目ごとにテクニックを紹介。

PART3以降はロール(スパーリング)をしている様子も長時間に渡って収録されています。

これを観るとテクニックを実戦で使えている様子がわかり、サブミッションを極めるイメージが湧きやすいことでしょう。

この作品で覚えた極意を駆使して、ライバルを足関節地獄の恐怖の渦に引き込んでみてはいかがでしょうか?

それではHave a nice Grappling life! See you again!


c2
【近日入荷予定】
クレイグ・ジョーンズ「BATTLE TESTED DOWN UNDER LEGLOCKS」





【参考文献】
BJJ Heroes
QUINTET

【筆者紹介】
荒井勇二 Arai Yuji(Over Limit BJJ)
Twitter:@araiUG
足関節技とジェットコースターと渋谷はチョット苦手。お化け屋敷は平気。



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年05月21日

【大会】ASJJFがFIGHTING NEXUSとコラボ大会開催

nex00
ASJJFがMMAイベントを開催しているFIGHTING NEXUSとコラボ大会「NEXUS GAMES」を6/9(日)、大森のゴールドジムで開催します。

いま国内ではJBJJFがRIZINやパンクラス、修斗まどのMMAイベントとのとコラボ大会を開催していますが、ASJJFはFIGHTING NEXUSとのコラボです。

続きを読む

2019年05月20日

【結果】白帯限定大会「WHITE RIOT 2019」

0519
5/19(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催されたLas Cocnhas主催・白帯限定大会「WHITE RIOT 2019」の試合結果です。


続きを読む

2019年05月19日

【レポ】DUMAU INTERNATIONAL 2019:アダルト青帯

00
「DUMAU INTERNATIONAL 2019」の最後の試合レポートはアダルト青帯の試合を紹介する。

アダルト青帯で目立った活躍をしていたのは女子のミレーナ・サクモト(TREE BJJ)だ。

ミレーナは先月にUAEのアブダビで開催されたアブダビワールドプロに出場を予定していたが、フライトの欠航があり自分の試合までにアブダビに着くことができずに泣く泣く出場キャンセルという災難に見舞われていた。

続きを読む

2019年05月18日

【新発売】柔術プリースト柔術衣、発売中!

oo
毎週YouTubeで配信中の100%柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

この柔術プリーストは2009年からスタートし、今年で開始から10周年記念を迎えました。

その10周年記念企画として新作柔術衣が新発売、現在好評発売中です。

続きを読む

2019年05月17日

【不定期連載】『弁当屋小谷のベトナム日記』第七回「DUMAU SAIGON2019、間もなく開催!!」

00
グーーーーーーーーーッ モーォォニン ビェットナーーーーッム!!!!!

ブラジルブログ読者の皆様、こんにちは&毎度お世話になり、ありがとうございます。

サイゴン柔術&OVER LIMIT BJJ SAIGONの小谷尚孝(ひさのり)です。

いよいよ『ASJJF DUMAU SAIGON INTERNATIONAL JIU JITSU&NO-GI CHAMPIONSHIP 2019(以下DUMAU SAIGON 2019)』を5/27(土)にベトナムのサイゴンにて開催いたします。

思い起こせば2016年のDUMAU THAILANDが終わった後、エジソン先生と「いつかベトナムでもやりたいっすねー」と話していたのが、紆余曲折の末、ようやく実を結び、実現の運びとなりました。

続きを読む

2019年05月16日

【レポ】DUMAU INTERNATIONAL 2019:アダルト紫帯

06
ドゥマウインターナショナル、アダルト紫帯をレポートする。

紫帯ではヨーロピアンでルースター決勝戦をクローズアウトして一躍名を馳せた双子のチアゴとイヤゴのウエノ兄弟が揃ってエントリー。

いつも国内の大会では兄のイヤゴはルースターに、弟のチアゴはライトフェザーに分かれてエントリーしている。

続きを読む

2019年05月15日

【Review Wednesday】岩崎正寛「THE TOKYO JIU JITSUFAR EAST HALF GUARD」

iwa
毎週水曜日の新作DVDや過去の名作などを紹介している「Review Wednesday」、今週は橋本欽也が担当します。

今回紹介するのはBJJファナティックスから発売された岩崎正寛の「ザ・ファー・イースト・ハーフガード」です。

いま国内外で玉石混交の教則DVDがありますが、このDVDはいろいろと画期的な作品なので、それを紹介します。

岩崎正寛といえばヨーロピアン準優勝、マリアナスオープン3位など国内大会はもちろん、海外でも数多くの戦績を残すワールドクラスの柔術家です。

特にハーフガードに定評があり、岩崎がハーフガードでひっくり返した選手は数知れずで、まさに必殺技の名に相応しい、岩崎の代名詞的なテクニックとなっています。

そのハーフガードにフォーカスしたのが今作で、まず何が画期的かというと日本の選手として初めて海外のメジャーレーベルであるBJJファナティックスからDVDが発売されたことが挙げられます。

BJJファナティックスといえばムンジアル王者のベルナルド・ファリアもファウンダーに名を連ねるDVDメーカーで、いま最も精力的に新作を発売しているレーベルで、ここから発売されてるDVDのメンバーを見ても世界の一流ばかり。

そこに岩崎正寛が入ってもおかしくない、とメーカー側から判断されてDVD制作のオファーがあったことは世界の一流の仲間入りというお墨付きをもらったようなもので選手冥利に尽きることなのは間違いありません。

さらに今作は全編英語でのインストラクションとなっているのも特筆モノです。

これは持論ですが世界のトップになるためには柔術的な実力があるのは当たり前で、それ以外に英語ができるか否かというのも重要な要素の1つであると思っています。

今作を制作するにあたり、英会話学校に通ってまで英語でのインストラクションに拘ったのは自分の言葉で自身の技術を世界に紹介するという日本人柔術家として初めての試みをクリアしたのは素晴らしいことです。

もちろん英語での吹き替えや字幕対応などもできたでしょうが、あえてそういった安易な対応をしなかったことは英断だし、評価される点でもあります。

そして岩崎正寛が実際に試合で使っている技術を惜しげなく披露しており、まさに集大成ともいえる教則DVDになってます。

よくある教則DVDのための派手な見せ技ではなく、確実に試合で使える技術であるということ、しかもそれを海外のメジャートーナメントという高いレベルでの大会で決めてきたことは岩崎がこれまで成し遂げてきた数々の実績が物語っています。

これまで発売されてきた教則DVDとは一線を画す画期的な作品となっている今作、個人的には日本の柔術史に残る歴史的な1枚であると言っても過言ではないという最大級の賛辞でレビューを締めくくりたいと思います。


iwa2
【近日入荷予定】
岩崎正寛「THE FAR EAST HALF GUARD」



【今日が誕生日の柔術家】オタービオ・ナラティ(29)、クレベル・ソウザ(23)、ホベルト・トゥッサ(38)、イザッキ・パイヴァ(32)、



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年05月14日

【レポ】DUMAU INTERNATIONAL 2019:マスター黒帯

0505
5/5(日)、愛知県半田市の青山記念武道館で開催されたASJJF主催「DUMAU INTERNATIONAL 2019」はGW中に開催されるのが恒例化しているドゥマウで最も歴史のある大会の1つだ。

過去にはブラジルやアメリカから強豪選手を招聘して開催されており、それが大会名の「インターナショナル」な部分となっていたが、かなり前から選手招聘はなくなり、名前だけのインターナショナル大会になってしまっている。

続きを読む