English Portugues Japanese

2015年05月30日

【選手】ムンジアル2015:会場で会った選手のみなさん

ムンジアル2015の会場で会った選手のみなさんを紹介します!


01
ハーレーで颯爽と会場入りしたオーランド・サンチェス(グレイシーバッハ)。
いまはMMAに専念しており柔術はお休み中。
全身タトゥーだらけで会うといつも「ヤクザ!」と叫ぶ危険な男。


02
ホドリゴ・ファジャルド(左/グレイシーバッハ)。
クリチーバのバッハから参戦のファジャルド。
まだメジャータイトルの獲得歴がないので頑張って欲しい。



03
大会前に早くからLA入りして調整していた小川柔術チーム。
初海外試合の女子青ライトフェザーのケイコ・ナカガネクの活躍に期待。



04
ヒジの怪我で参戦を断念したサトシとソウザ兄弟の長男・マウリシオ。
サトシは「いまはだいぶよくなったけど100%じゃないから来年は万全の体調で出たい」とコメント。



05
クレベル・コイケ&ホブソン・タンノのかつてのライバルコンビ。
この2人はプリーストカップ岐阜でシュシャ2連勝、アジアオープンで1勝1敗、
コパブルテリアでクレベル1勝と通算成績5戦でシュシャが勝ち越し中。
黒帯での対戦はいつになるか?!



06
エロス&マギーの世界王者コンビ率いるフィリピンチーム。
エロスは紫ルースター、マギーは青ルースターに出場予定。



07
コンプリド&イゴール・シウバの長身ぶりは会場でもひときわ目立つ!
イゴールは最近、子供が生まれて早くも子煩悩ぶりを発揮中。



09
先日のベラトールで腕十字で一本勝ちしたクレバー・ルシアーノ。
昨年待望の初来日が実現し、いまもことあるごとに
「日本に行きたい!」とかなり気に入った様子。
再来日は実現するのか?!



10
ウォルター・フランコ率いる東海BJJ&ガブリエル・レキ。
子だくさんのウォルターは9人の息子&娘がいて、今大会には長女の
イングリッジがジュブナイル1青ミディアムヘビーで参戦。
レキは紫ミディアムヘビーにエントリー。



11
ホドリゴ・カバカとゼニスBJJを組織するロバート・ドライスデール。
MMA転向後、薬物検査に引っかかり最近は表舞台に出てこない。
またBJJにも出て欲しい。



13
ブルテリアがスポンサードするディミトリス・ソウザ(アリアンシ)。
かなりの実力者で表彰台の常連もメジャータイトル獲得歴はなし。
今大会ではvsシャンジ戦が実現するかも?!



14
生徒の声援に大忙しのフランジーニャ。
まだまだ元気!



15
ムンジアルにはポイント足らずで出場できずのクラーク・グレイシー。
今年の夏あたりに日本に来るかも?という話なので楽しみだ。



16
ハイアングレイシーチームのアルメイダBJJ。
女子紫ライトフェザーのビアンカ・バジリオはムンジアルでも優勝したら、
ヨーロピアン&パンとグランドスラム達成の快挙。



16
ルーカス・ダニエル・バルボーザもブルテリアがスポンサードする選手。
日本から預かった荷物を渡すと「ギはないのか?!」と不満顔。
預かってないんだから知らないよ!
後は直接話し合ってください。



19
歴代のムンジアル王者にのみ配布されたスペシャルTシャツを着てご満悦のマリオ・ヘイス。
今大会では昨年の3位同士のvsイザッキ・パイヴァ戦を控えるも「ヤツには過去7戦全勝だから問題なし!」と自信満々。



20
ジャンニ・グリッポ&エリン・ハーレの仲良しカップル。
パン&WPJJC優勝のジャンニは初戦でvs塚田市太郎と対戦予定。



21
IBJJFのルールディレクター、ムジオとイザッキ・パイヴァ&エジ・ラモス。
ムジオは自分のシグネイチャーTシャツ「MUZIO BJJ」をせっせと手売り中!



22
いつもナイススマイルのイザッキ・パイヴァ。
ムンジアル前はメガトンのアカデミーで集中練習してからのLA入り。
昨年3位のイザッキ、今年はそれ以上を期待したい。



23
ハジオラ、ドラクリーノ、マーシオのグレイシーバッハのマスタートリオ。
往年の名選手もいまはコーチとして名門バッハの再建に奮闘中。



24
ユカリ、ケシア、マルキーニョス&ビア、サトシのボンサイファミリー。
ついこないだまで小川柔術だったくせにちゃっかりボンサイファミリー入りしてるケシア、
世渡り上手っぷりがハンパない!
マルキーニョスとビアのいちゃつきぶりがヤバい!



25
フィリピンから生徒のおうえんのためにLA入りしたジョン・バイロン。
自分のアカデミーがIBJJFに登録されてないため、生徒は香港の香港柔術経由でエントリー。
今年はアジアオープンで試合したいちのことでアカデミー登録&選手登録でいくらかかるか金銭的な問題を心配中。



©Bull Terrier Fight Gear


2015年05月29日

【結果】ムンジアル2015:大会初日の主な結果

01
LAのロングビーチで開催中のIBJJF主催「ムンジアル2015」の大会初日の主な結果です。


02
青ルースター
浦羽祥伍(志摩ブラジリアン柔術アカデミー)
1回戦 判定勝利
2回戦 敗退



03
青ライトフェザー
石黒翔也(ブルテリア・ボンサイ)
1回戦 三角絞めで一本勝ち
2回戦 P8-2、A3-3
3回戦 P6-2
4回戦 P2-2、A1-0
準決勝 P4-2、A1-1
決勝戦 腕十字で一本負け
準優勝



04
青フェザー
ジエゴ・エンリケ(小川柔術)
1回戦 P4-4、A1-1からレフェリー判定負け



05
青ライト
梅村和希(マルセロアロンソ)
1回戦 P4-0で勝利
2回戦 腕十字で一本負け



06
青ミドル
1回戦 5:16 十字絞めで一本勝ち
2回戦 P9-3
3回戦 P16-2
4回戦 5:53 絞めで一本負け



07
青ヘビー
乗次秀彦(PUREBRED大宮)
呼び出しに応じず失格



08
青ウルトラヘビー
高橋徳三(クロングレイシー)
1回戦 P0-19



09
青ミドル、日本とベネズエラのハーフ、ケンジ・タニグチ(ATOS)はP0-15で初戦敗退。



10
青ライト、AJアガザームの弟、アンソニーが出場も1回戦でP0-0、A0-1でまさかの初戦敗退に。



11
青ミディアムヘビー優勝はシセロコスタのグスタヴォ・バチスタ。
圧倒的な強さでアブソも制覇し2階級で金メダルを獲得の驚異の19歳。



12
青ルースター1回戦で両手両足を欠損しているハンディキャップを持つ選手が出場。
肉体的なハンディがあるも互角の勝負を展開し、P0-0、A0-1のアドバンテージ1差で惜敗も、
会場内から大きな拍手で健闘が称えられた。



【今日が誕生日の柔術家】キーラ・グレイシー(30)



©Bull Terrier Fight Gear


2015年05月28日

【発売中】GRACIE MAG #217 review by 内山裕規

217a
みなさんこんにちは^^

最近暖かく…というより暑くなってきましたね。

5月から9月にかけて熱中症になる方が増えるとの事でしたので、みなさん練習の際はこまめな水分補給等々を心がけてくださいね。

さてさて余談もさておき、今回ののGRACIE MAGはMMAとBJJの関係性について書かれております。

なので表紙も元UFC王者のベンソン・ヘンダーソン&2013年のムンジアル王者のアウグスト・タンキーニョのMMA&BJJの王者揃い踏みとなっています。

ちなみにこの2人は練習仲間で、ベンヘンにBJJを教えているのがタンキーニョで、タンキーニョにMMAを教えているのがベンヘンというよきパートナーといったところです。

柔術家が黒帯になってからMMAに転向する事も多々ありますが、MMAファイターも柔術の練習を取り入れているのは周知の通りですね。

まだ柔術が有名になる以前、ホイス・グレイシーがUFCに出場してから、彼の動きをみてUFCファイターが柔術を始めたのがきっかけと言われているそうです。

世界のトップレベルの柔術家でMMAにも出ている選手が紹介されており、その中でもタンキーニョとベン・ヘンダーソンのスイープとサブミッション、タックルの計5つの技が紹介されております。

ちょっといつもと違った雰囲気のものもありますので、是非ともチェックしてみてください!(日本でいうとソウザ兄弟も柔術×MMAですね!!)

COMPETITIONでは今年のパン選手権の黒帯の結果が取り上げられております。

なかでも気になったのはガヴィ・ガルシア。

多分今回が最後のPANになるとの事です……寂しいですね。

LIFEでは77歳の茶帯の方の記事です!

2002年から始めたそうですが、簡単計算で64歳から始めたことになりますよね。

単純にすごいです!

ONE ON ONEではアナ・ロウリィが作った柔術のコミニティについて書かれております。

その他にもDIETのページやTRAININGのページ等々…多々掲載されておりますのでまだまだ見どころ盛りだくさんですので、是非ともチェックしてみてください!


217gm
【発売中】
『GRACIE MAG #217』
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】森雄大(43)、ミッシェル・マイア



©Bull Terrier Fight Gear


2015年05月27日

【動画】ムンジアル2015 見どころ紹介

2015x
いよいよ明後日の木曜日から開幕するムンジアル2015。

すでにLA入りしてる選手も多数で緊張感も高まってます。

今回のムンジアルもオンラインブロードキャストでリアルタイムで視聴可能となっており、日本からでも日本人選手の活躍ぶりや世界最高峰の戦いが見れるのは嬉しい限りです。

このオンラインブロードキャストを見る上で馴染みのない選手や知らない選手の試合を見るのはシンドいだろうと思い、初のプレビュー動画を作成しました。

ですが見どころ紹介というよりは黒帯はトーナメントの優勝予想、日本人選手はどんな選手なのか、どの階級に出るのかなどを話しています。

参加者は橋本欽也、森雄大、後藤悠司の3人です。

こういうトークのみの動画は一般ウケしないですがゴリゴリのマニア層には好評なようなので、ムンジアルのオンラインブロードキャストを視聴するようなマニア層に向けてのモノと言っても過言ではありません。

柔術マニアを自認する方なら楽しんで頂けるのは間違いないので、ぜひチェックして頂きたいと思います!


■『ムンジアル2015 見どころ紹介』コチラから!






【今日が誕生日の柔術家】



©Bull Terrier Fight Gear


2015年05月26日

【大会】ドゥマウ、9月にジャパングランプリ開催

logo
ドゥマウが9月にビッグイベント「DUMAU Jiu Jitsu Japan Grand Prix 2015」を開催します。

この大会は9/19(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・第1競技場で行われ、初のメインアリーナ進出となりました。

かねてより大会を開催している台東リバーサイドスポーツセンターですが、第1武道場の柔道場または第2武道場にマットを設置しての開催で、このメインアリーナ進出は満を持してといったところ。

過去には第1武道場と第2武道場を貸し切って2会場同時開催したこともあり、最近は参加者激増で出場申し込みの早期締め切りなどを行い、参加者制限をしなければならない大会も。

年4回開催の第1武道場での開催に加え、年1回のメインアリーナの開催が定期開催されるようになれば年5回の東京大会開催となる見込みです。

台東リバーサイドスポーツセンターの第1競技場のメインアリーナはブルテリアが毎年「コパ・ブルテリア」を開催中で、その他にもJBJJFやリバーサルが大会を行ってきました。

最大で10面開催も可能というメインアリーナのドゥマウ初進出ですが、会場の都合で土曜日開催となり、またIBJJFアジアオープンの1週間後に加え、ワールドマスターズ1週間前というビッグトーナメントの谷間での開催になりますが、それらを考慮した上でも大きな話題となるのは間違いないでしょう。

さらに来年度は国内でこのジャパングランプリを開催し、海外のアジア地域でアジアグランプリの開催の意向とのことです。

なお今大会も一般社団法人ASJJFが主催し、ASJJFルール(アドバンテージ&レフェリー判定なし、延長戦サドンデス)で行われます。



【DUMAU 今後の大会予定】
0802d
8/2(日)
『DUMAU NORTHEAST』
宮城県武道館


oki
8/9(日)
『DUMAU OKINAWA
INTERNATIONAL OPEN』
コザ武道館


124
8/16(日)
『DUMAU JIU JITSU
CHAMPIONSHIP』
台東リバーサイドスポーツセンター


d823
8/23(日)
『DUMAU KANSAI』
吹田市立武道館


logo
9/19(土)
『DUMAU JAPAN GRAND PRIX』
台東リバーサイドスポーツセンター
メインアリーナ


1018
10/18(日)
『DUMAU OPEN』
青山記念武道館


■DUMAUの大会詳細はコチラから!



asjjf-logo-opt
【ASJJF 今後の大会予定】
JapanOpenPosterEnglish2015
6/14(日)
ジャパンオープン
台東リバーサイドスポーツセンター
(東京)


AsiaOpenPoster2015
8/30(日)
アジアオープン GI&NO-GI
青山記念武道館(愛知県)


PhilippinesPoster
10/24(土)
ASJJF-ドゥマウ
フィリピンインターナショナルオープン
(フィリピン・セブ)

11月
ASJJF-ドゥマウ
チャイナインターナショナルオープン
(中国・上海)




【今日が誕生日の柔術家】ヘジス・リブレ、ノ・ヨン・グァン(33)、ホベルト・ヨコヤマ(34)



©Bull Terrier Fight Gear


2015年05月25日

【ムンジアル】日本から参戦する選手一覧

p
5/28-31の4日間、LAのロングビーチで開催されるIBJJF主催「ムンジアル2015」に日本から出場する選手一覧です。

もしこの一覧から漏れている選手がいたらコメント欄からご連絡ください。


【黒帯】
■ルースター
s
芝本幸司(トライフォース)
※1回戦の対戦相手はジョアオ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)


■ライトフェザー
08
加古拓渡(GSB)
※1回戦の対戦相手はホセ・チアゴ・ダ・シウバ(PSLPBシセロコスタ/2014ヨーロピアン王者)


■フェザー
07
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
※1回戦の対戦相手はジャンニ・グリッポ(アリアンシ/2015パン王者&WPJJC王者)


■ライト
k
金子竜也(パラエストラ東京)


■ミドル
14
マルコス・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ/ATOS)
※1回戦の対戦相手はジョナサン・サタヴァ(アリアンシ/マルセロガルシア)



【茶帯】
■ルースター
IMG_0626x1
橋本知之(CARPE DIEM)


11
澤田伸大(トライフォース)


n
中尾亨(左・X-TREME柔術アカデミー)

■ライトフェザー
t
高橋健太(GSB)


6
嶋田裕太(ネクサセンス)


e
伊藤英元(トライフォース五反田)


yo
鶴巻陽司(AXIS)


■フェザー
se
世羅智成(GROUND CORE)


o
大塚博明(PSBJJ荻窪)


■ライト
09
阪上亮介(吹田柔術)


04
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)


【紫帯】
■ルースター
03
杉本寛樹(AXIS)

ジャクソン・メネセス(小川柔術)


■ライトフェザー
04
佐野貴文(AXIS)


06bt
北添哲也(AXIS)


hr
宮崎学(AXIS)


14
尾崎泰基(志摩ブラジリアン柔術アカデミー)


08
石井拓(AOJ/ATOS)


■ライト
09
峯岸零弥(パラエストラ小岩)


林佑典(AXIS福岡/ATOS)


05x1
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)


■ミディアムヘビー
02
ガブリエル・レキ(セキタニゴールドチーム/Over Limit BJJ)


【青帯】
■ルースター
浦羽祥伍(志摩ブラジリアン柔術アカデミー)


■ライトフェザー
07
石黒翔也(ブルテリア・ボンサイ)


■フェザー
01
ジエゴ・エンリケ(小川柔術)


■ライト
大本大介(AXIS)


■ミドル
08
ルーカス・ヒロサワ(INFIGHT JAPAN)


■ヘビー
10
乗次秀彦(PUREBRED)


【女子】
■黒帯ライトフェザー
12
湯浅麗歌子(パラエストラ品川)


■茶帯フェザー
m
中尾美季(X-TREME柔術アカデミー)


■茶帯ミドル
yk
金子裕規(パラエストラ東京)


■紫帯ルースター
02
ケシア・タケウチ(ブルテリア・ボンサイ/ウマイタ)


■青帯ルースター
echigo
越後伊織(トライフォース新宿)


■青帯ライトフェザー
11
ケイコ・ナカガネク(小川柔術)


■白ライトフェザー
11
ダイアナ・フルタ(クサノチーム)


【ジュブナイル】
■ジュブナイル2ルースター
03
ブルーノ・シオザキ(Over Limit BJJ)


13
ヴィニシウス・ユータ(Impacto Japan BJJ)


■ジュブナイル2フェザー
11
マテウス・オンダ(東海BJJ)


■女子ジュブナイル1青帯ミディアムヘビー
21
イングリッジ・フランコ(東海BJJ)



【今日が誕生日の柔術家】ハウフ・グレイシー(44)、山崎剛(38)、イヴァン・サカモト、ブルーノ・マチアス、



©Bull Terrier Fight Gear


2015年05月24日

【柔術プリースト】# 181:Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは4/26(日)、 宮城県・仙台で開催した「Jiu Jitsu Priest CUP 2015 SENDAI」です。

この大会から主要試合をまとめて紹介します。

配信試合は以下の通りです。


01
■シニア1黒帯フェザー決勝戦
伊藤正規(ハイブリッドレスリング山田道場)
vs
芳原零(ブレイブハート)


04
■アダルト茶帯ライトフェザー決勝戦
阿部宏司(草柔会岩手)
vs
高野仁(ブレイブハート)


07
■アダルト茶帯アブソルート決勝戦
後藤拓磨(草柔会仙台)
vs
阿部宏司(草柔会岩手)


10
■スーパーファイト
アダルト茶帯ライト スーパーファイト
後藤悠司(一心柔術)
vs
後藤拓磨(草柔会仙台)


09
■女子アダルト青帯アブソルート決勝戦
Gabrielle Gomez(Endure BJJ)
vs
坂村優子(草柔会岩手)


07
■アダルト青帯アブソルート決勝戦
乗次秀彦(PUREBRED大宮)
vs
Miguel Gomez(Endure BJJ)


01
■アダルト紫帯ルースター決勝戦
高松佳孝(REDIPS)
vs
五十嵐優(ブレイブハート)


02
■アダルト紫帯ライトフェザー決勝戦
福島雄一郎(いわきK-3)
vs
増田敏男(パラエストラ八戸)


05
■アダルト紫帯アブソルート決勝戦
村上太郎(和術慧舟會HEARTS)
vs
浅野裕二(セレジェイラ柔術)




そして今大会はプリーストカップの地方大会初となるメダルガールを起用しました。

仙台のローカルアイドルの尾前茜珠ちゃんと平栗未来ちゃんの2人組は39101010(みくとせんじゅ)としてこれからアイドルデビューを果たす予定です。

この2人は大会でメダルガールだけでなく選手インタビューやレポーターとしても活躍してくれたので、その姿もぜひ要チェック!



2
尾前茜珠ちゃんと平栗未来ちゃんの頑張りぶりもぜひ見てください!



3
BJJテクニックファイルは津川浩平がレクチャーする
「ハーフマウントからのオモプラッタ」です!



4
■#181はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear