English Portugues Japanese

2014年10月31日

【告知】塚田市太郎&マッケンジー・ダーン・セミナー

今週末に開催されるセミナー情報です。

まず本日・金曜日には東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて塚田市太郎(ダムファイトジャパン)のセミナーが開催されます。

塚田選手の実績はもういまさら説明の必要がないほどの強豪選手で今年の全日本王者にして昨年のアジアオープン王者というトップ中のトップ選手。

ほぼ月イチ以上で試合をしており、優勝経験も多数という実力者で過去に行ったセミナーも盛況でした。

ですが今回のセミナーは平日ということもあり、まだ若干の余裕があるそうなので飛び込み参加も可能となってます。

また受講できない方でもオンライン動画サイト「ニコニコ生放送」で生配信が実施されるので、それを使っての視聴も可能です。

セミナーの有料生配信は海外ではたまに開催されたりしてますが、日本ではこれが初のことで、これが成功したら今後も継続開催が可能になります。

ニコ生での有料配信は1000円で生配信の他、タイムシフトで後からでも視聴可能。

タイムシフト有効期限内の1週間の間、繰り返し見られるのでコレはかなりのお値打ちモノ。

セミナー受講と共に、この日本初の試みであるオンラインセミナーをぜひ試してみて欲しいと思います。


tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!




そして土曜&日曜の2日間に渡って東京&愛知で開催されるのはマッケンジー・ダーンのセミナー。

マッケンジーはかの“鉄人”メガトン・ディアスの一人娘にして昨年の世界王者、アウグスト・メンデス“タンキーニョ”のガールフレンド。

幼少期よりメガトンの英才教育を受け、青帯から茶帯までムンジアルで優勝し黒帯では去年と今年で2年連続で3位入賞を果たしています。


mac1
左からタンキーニョ、マッケンジー、メガトン。


テクニックはもちろんパーソナリティも素晴らしく過去にメガトン宅で数日間を一緒に過ごしましたが、いつも笑顔を絶やさずに常にハッピーファミリーだったのが思い出されます。

もちろん実力も折り紙付きでスパーしたときは女子でしかも体格差がある中でも1回のスパーで3、4本は極められてしまった記憶があります。

スパーした感触は完全に力ではなく柔らかい動きの中にキレのある極め待ってる、という感じでした。

この感触は同じく女子のトップ選手のレティシア・ヒベイロとは違うマッケンジー独特の動きといえるでしょう。

■マッケンジー・ダーン技術研究『体格差を埋めるもの』はコチラから!


ホイラー・グレイシーの黒帯にして柔道の高段者でもあるメガトンのオールドスクールなテクニックに加え、タンキーニョが世界王者になり得た最先端コンペティションテクニックの両方を兼ね備えたマッケンジーの柔術は唯一無二のもの。

そんなマッケンジーの日本初セミナーは非常に貴重な機会で、次はいつ実現するかわからないだけに、このチャンスを逃さないで欲しいと思います。

ちなみにこのセミナーは男女とも参加可能で、参加費は6500円。

今回はアジアオープン参加に合わせた自費での来日なので渡航費用の負担がない分、他の海外選手のセミナーに比べ割安な価格設定となっています。


mack
【参加募集中】
『マッケンジー・ダーン JAPAN Tour』
<東京>
11月1日(土)PM19:00〜22:00@荻窪PHYSICAL SPACE
■参加予約はコチラから!

<名古屋>
11月2日(日)AM11:00〜PM2:00@愛知県北体育館
■参加予約はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】DJジャクソン(26)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月30日

【日記】江本敦子・オーストラリア柔術日記 Vol.1

0
約2年に渡るブラジル柔術修行から今夏帰国した江本敦子さん。

ブラジル滞在時にはドゥラードスのフェルナンド・ヴァレンベンのアカデミーで練習し、リオで開催されたマスター&シニア・インターナショナルのマスター茶帯で優勝したりしてました。

帰国後はヒロBJJに入会しプリーストカップ岐阜とコパ・ブルテリアに出場もイザベレ・ソウザに2連敗し、また海外修行に旅立ちました。

今回向かった先はオーストラリアのシドニー!

昔から放浪癖がある江本さんのオーストラリアでの柔術修行の日々を送ってもらったので、これから随時紹介していきたいと思います!


「というわけで、どういうわけだか?今オーストラリアはシドニーに来ています。

シドニーは思っていたよりまだ夏ではなくて、上着が必要なくらい薄ら寒いです。

私は今シドニーのど真ん中、タウンホールという所に住んでいて、語学学校に通っています。

今回は2、3ヶ月ほどの短期の滞在なのですが、こっちで柔術をするのも目的の内でした。

家から歩いて行ける所で道場を探したのですが、意外にシティは道場が少ないです。

多くは電車やバスを乗り継いで行く郊外にあります。

最初に見学に行った道場は、金曜日の夜と土日は練習がなくて、一回の練習時間も1時間15分くらいで終わり。

先生も「オージーは金曜日の夜から飲みに行くんだ、だれも週末は練習しないよ」なんて言って、やる気がない感じ、なのに料金は一週間に50ドル!一ヶ月に200ドル(二万円)もするんです!

今オーストラリアは景気がいいのと、インフレが進んでいるのとで、ここシドニーなんかは世界一じゃないかって言われているくらい物価が高いです。

なんせ最低時給は15ドル(1500円)ですから、道場の月謝が200ドルするのも、まあうなずけますが…。

気を取り直して、次に見学に行ったところが、今私がいるROOTS道場でした。

■サイトはコチラから!

道場はシティのど真ん中にあり、ビルの二階と三階がジムになっています。

柔術の他にもムエタイやボクシング、カポエラのクラスなんかもあって、会員は自由参加できます。

しかも、女性は男性の半額で一ヶ月120ドルくらいと、うれしい特典もあります。

先生はブラジル人のPaulo Guimaracs。

このパウロ先生、過去にブラジルでプロのサーファーをしていたり、プロのパイロットをしていたり、かなりぶっ飛んだ経歴をお持ちです。詳しくはHPにある経歴をごらんください。

2



練習はブラジル式で厳しく?先生の指示がなければ水を飲んだり、トイレに行ったりするのはNGです。先生が話している時に私語をしたりすれば、その場で腕立てとかあります。

メニューは最初にやっぱりしんどいブラジル式なウォームアップがあり、その後テクニックを2、3して、最後はスパーリングといった感じです。

オーストラリアの人は体が規格外にでかい人が多いので、ちょっと心配でしたが、ここの道場は比較的小さな方が多くて、スパーリングはやりやすいです。


1



更にこのROOTS道場には黒帯の女性柔術家Phillipa katonivualikuもいます!(おそらくオートラリアで唯一初の女性黒帯?)

彼女は31歳の時に柔術を始めて、かれこれ12年続けていて、去年黒帯になったそうです。

このフィリッパはシティから電車で20分ほどのRockdaleという所にあるROOTS道場支部で女性だけの柔術クラスを火、木、土曜日に開催しています。

もちろんそちらにもお邪魔して練習しています。

彼女のクラスには20人近くの女性が参加しています!

みなさんほとんど白帯ではありますが、これだけの女性が集まるクラスが他にあるでしょうか?

まさに老若の女性がフィリッパのクラスで柔術を練習しています。

フィリッパは柔術のためにレスリングも習い、レスリングで世界大会にも出場しています。

クラスはレスリングのテイクダウンや、護身術なども交え、スポーツ経験のない女性も気軽に参加できる感じです。

女の子達もみんなやる気に満ちあふれている人ばかりで、この先のオーストラリアの女子柔術が楽しみです。

こんな感じでオージー柔術ライフを満喫中ですが、来月にはシドニーで柔術の大会が多数開催されるようなので、参加してみようと思っています。

試合の様子はまたご報告します!

江本敦子」

3





【今日が誕生日の柔術家】山田悦弘(36)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月29日

【柔術プリースト】#152:TOKYO IPPON FESTIVAL 2014

a
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は年に1回の時間無制限の柔術デスマッチ「TOKYO IPPON FESTIVAL 2014」を配信します!

昨年初開催した「TOKYO IPPON FESTIVAL」略して“TIF”は時間無制限&一本決着のみの特殊ルールを採用した大会。

今年は1大会まるまるTIFルールでの開催ではなくTIFルール2試合と女子トーナメントとワンマッチを混合したイベント形式で行いました。

その全試合を選手コメントを含め、余すところなく完全配信します!

以下、配信試合です。


01
■TIFルール 黒帯フェザー級
加古拓渡(GSB)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



02
■TIFルール 黒帯ライト級
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
嶌崎公次(クラブバーバリアン)



03
■「Next Cinderella BJJ Tournament」決勝戦
山口友花里(白心会)
vs
ルアナ・ディアス(東海BJJ)



05
■「Next Cinderella BJJ Tournament」1回戦
山口友花里(白心会)
vs
ケシア・タケウチ(小川柔術)



04
■「Next Cinderella BJJ Tournament」1回戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)



06
■ASJJF NO-GI 女子アダルト青帯フェザー級スーパーファイト
井上瑞樹(白心会)
vs
三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA)




TIFルールは黒帯2試合、女子トーナメントは白帯&青帯混合マッチ、そしてノーギのスーパーファイトの合計6試合。

バラエティに富んだ今大会、ぜひ見て頂きたいと思います!



b
BJJテクニックファイルはクレバー・ルシアーノの紹介する
クローズドガードからレッグドラッグです。
基本&モダンのミックステクニック!



c
BJJコレクション紹介はアブダビで発行された1面カラーで柔術が扱われてる新聞です。
これぞまさに柔術新聞!



■#152はコチラから!





cup2015 tokyo
【開催決定】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
会場:台東リバーサイド(東京・浅草)

1/12(月・祝):アダルト&マスター白帯&マスター青〜黒帯
1/18(日):アダルト青〜黒帯
■大会詳細は決まり次第告知!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年10月28日

【MMA】『REAL.1』開催記者会見

01
10/27(月)、都内のゴールドジム原宿にて総合格闘技イベント『REAL.1』の開催記者会見が行われました。

今大会は5月末にクロン・グレイシーのMMAデビュー戦が行われることのみが発表されていましたが、今回その開催概要と主要参戦選手の発表がされました。

まず開催日時は12/23(火・祝)、会場は有明コロシアムに決定。

さらに出場予定選手として菊田早苗(GRABAKA)、宮田和幸(BRAVE)、中原太陽(和術慧舟會GODS)、サトシ・ソウザ(ボンサイ)、カーロス・トヨタ(ハードコンバット)らが会見に出席。

さらに女子柔術世界王者、ガヴィ・ガルシアの参戦もMMAデビュー戦が行われることも併せて発表されています。


02
「REAL.1」を主催するFIGHTING GLOBE代表山田重孝氏。


そして『REAL』の開催概要として今後は継続的に年3〜4回国内外で開催すること、各階級のチャンピオンを決めるトーナメントを行っていくこと、そして大会の模様はBSフジで放送されることも決定済みで、その他にもインターネットでのオンライン配信も実施予定とのこと。

この旗揚げ戦となる『REAL.1』ではすでに4試合が決定していおり、その他には全13試合を組む予定ということです。

決定済み対戦カードは以下の通りです。

【決定対戦カード】
■メインイベント 73kg以下契約 5分3R
クロン・グレイシー(クロン・グレイシー柔術アカデミー)
vs
TBA

■REALウェルター級タイトルマッチ 5分3R
マルコス・ソウザ(ボンサイ/王者)
vs
高木健太(リバーサルジム川口REDIPS/挑戦者)

■スーパーライト級(74.2kg以下)スペシャルマッチ 5分2R
サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)
vs
DOO JAE JEONG(韓国)

■ウェルター級スペシャルマッチ 5分2R
菊田早苗(GRABAKA)
vs
SONG KENAN(中国)

■女子無差別級 5分2R
ガヴィ・ガルシア(ブラジル/アリアンシ)
vs
藪下めぐみ(FIGHT CHIX)

【出場決定選手】
宮田和幸(BRAVE)
中原太陽(和術慧舟會GODS)
KAZZ(GRBAKA)
カーロス・トヨタ(ハードコンバット)


03
サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)



04
カーロス・トヨタ(ハードコンバット)



今大会がクロン・グレイシーのMMAデビュー戦が最注目なのは間違いないですが、柔術的にはガヴィ・ガルシアのMMAデビューも裏メインといえるでしょう。

ガヴィは昨年のADCC後にMMA転向を表明、今年のムンジアルも不出場でした。

ですがワールド・ノーギではADCC以来、約1年ぶりにグラップリングの試合に出場し相変わらずの強さで余裕の優勝を果たしたのは記憶に新しいところです。

過去には130kgもあった体重を90kg台にまでシェイプし、打撃練習にも余念がないガヴィの初来日&MMAデビュー戦は必見です。

なお、この日に発表されなかったクロン・グレイシーの“超有名な外国人選手”という対戦相手は11月上旬に発表予定となっています。


05
ガヴィ・ガルシア(アリアンシ)



06
ガヴィのMMAデビュー戦はクロンのMMAデビューと並ぶビッグカード!
対戦相手は百戦錬磨のベテラン、薮下めぐみに決定済み。



07
昨年10月に北京で行ったMMAデビュー戦以来、2戦目のMMAに
出陣するサトシ・ソウザ。
サトシの試合も注目度が高く会見後には個別インタビューも。
このインタビューはMMAプラネットに掲載予定。



08
「REAL.1」
日時:12/23(火・祝)開場15:00 開始16:30(予定)
会場:有明コロシアム
主催:FIGHTING GLOBE

■大会サイトはコチラから!


<チケット料金>
SRS席50,000円 S席15,000円 A席10,000円
<チケット販売所>
■REALオフィシャルサイト超先行販売(抽選)
10月28日(火)12:00〜11月3日(月)23:00
http://realfightchampionship.jp/

■プレイガイド最速先行(ローソンチケット)
11月7日(金)12:00〜11月9日(日)23:00

■一般販売(各種プレイガイド)
11月15日(土)10:00〜

【チケットに関するお問い合わせ】
ディスクガレージ:050-5533−0888
(平日12:00〜19:00)



【今日が誕生日の柔術家】ジェファーソン・モウラ(37)、キャロライン・デ・ラセール、ホドリゴ・フェイジャオン、野川賢介



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月27日

【結果】プロ柔術『MATSURI』第6戦

m1
10/26(日)、大阪・世界館で開催されたMATSURI実行委員会主催プロ柔術『MATSURI』第6戦「誰がために鐘は鳴る」の公式結果です。

なお名前&体重、極まり技の表記は主催者発表のものをそのまま載せています。

続きを読む

2014年10月26日

動画 | NERD

【動画】『Jiu Jitsu NERD』Vol.4 校了&発売記念YouTube

01
10/29(水)に新発売する100%柔術&グラップリング専門誌『Jiu Jitsu NERD』Vol.4の校了&発売記念の告知動画をYouTubeにアップしました。

収録は編集スタッフの3人でメインライターの橋本欽也、デザイナーの森雄大、編集のセラチェン春山の3人。

この宣伝を兼ねた告知動画は毎回行ってますが、いつも誌面紹介だけでなく話が脱線しまくり状態になりますが、してる話は柔術に関するものだけなのでご了承を。

n4
左から森、橋本、春山の編集スタッフ。
この3人で『Jiu Jitsu NERD』は作ってます!


■動画はコチラから!



『Jiu Jitsu NERD』Vol.4、今回も自信作となってますので、ぜひご一読して頂きたいと思います!

またこのVol.4の告知ポスターがセブンイレブンのネットプリントでダウンロードプリントが可能となっています。

登録番号は「SXPJTDQQ」です。

プリントするのに100円かかってしまいますが、今年のムンジアル王者となった選手の勝ち名乗りシーンを集めたかなりイイ感じのポスターになってますので、ぜひプリントしてみてください!

NERD 05 poster
2014年のムンジアル王者がズラリ揃った告知ポスター。
全国のセブンイレブンでダウンロードプリントが可能!




01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円
<コンテンツ>
【大会レポート】
ムンジアル2014
DUMAU
プリーストカップ岐阜
JBJJF全日本選手権
TOKYO IPPON FESTIVAL 2014
コパ・ブルテリア2014
台湾インターナショナルGI&NO-GI
パンアジア2014
ヘイゾン・グレイシー・カップ
ASJJFジャパンオープン
JBJJF東日本選手権
一騎討

【インタビュー】
メンデス兄弟
キーナン・コーネリアス
クロン・グレイシー
ファブリシオ・マルティンス
ヒクソン・グレイシー

【テクニック】
ラルフ・ゴー
シェイン・スズキ
ステファン・カンフィウス

■道場卸受付中!コチラから!
※道場卸、29日到着分の締め切りは10/27(月)、13:00まで!



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】高橋廣輝(43)、ルッシオ・ホドリゲス、レアンドロ・ブラソロト



©Bull Terrier Fight Gear

2014年10月25日

【レポ】ASJJFアジアオープンGI&NO-GI 2014:Part.2

今大会の黒帯はアダルトは少なかったがシニア勢が元気だった。

特にアブソルートで優勝したダニエル・ハトがアブソ2試合で一本勝ち、特に決勝でホジェリオ・クリストを極めたのはアップセットといえる。

これまであまり知られた存在ではなかったハトだが、この試合ぶりを見ると今後も活躍が期待できるだろう。

そして来週末に開催が迫ったワールドマスターズ参戦組のホジェリオ・クリスト、エジソン・カゴハラはそれぞれ階級別で優勝している。


01
シニア1黒帯アブソルート1回戦
○ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
vs
×伊藤秀之(モンスターハウス)
4:24 送り襟絞めで一本勝ちのハト。
勝った瞬間、寝たまま雄叫びを挙げて勝ち誇る!



02
シニア1黒帯アブソルート1回戦
○ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
vs
×ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
電光石火のヒザ十字を極めたハト、なんと23秒の秒殺試合!
2試合連続の一本勝ちでシニア1黒帯で階級&アブソ優勝。



03
シニア1黒帯アブソルート表彰台
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
3 位 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



04
シニア2黒帯フェザー決勝戦
○エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
×佐野英司(京都何気)
ジャパンオープンのリマッチのこの対戦はポイントも同じP4-2でエジソン勝利で
ワンマッチ決勝を制した。



05
アダルト茶帯はギとノーギで同じ顔合わせとなるホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)と
宮尾司(ダムファイトジャパン)のワンマッチ決勝。
ギではシュシャが三角絞めから腕を極めて4:07 一本勝ち。



06
シュシャのノーギはプリーストカップ岐阜以来となるも
三角絞めの状態からスイープし、上になった状態からアンクルロック。
1:42 一本勝ちでギ&ノーギで優勝。



07
シュシャ、宮尾とも階級別は一人エントリーの優勝認定だったので金メダル。
なのでシュシャはギとノーギで2個ずつの金メダル獲得で合計4つのメダルをコレクト。



08
ケシアの妹、カシエリ・ボニ(小川柔術)は男子との対戦に。
だが互角以上の試合ぶりを見せ最後は腕十字を極め4:05 一本勝ちで
ワンマッチ決勝を勝利して優勝。



09
体格差&パワー差がある男子との対戦でも一本勝ちしたカシエリ。
今後も試合経験を積んでいったらどんどん強くなっていくことだろう。



10
ルアナ・ディアス(東海BJJ)はアダルト白帯で1試合のみとなったが
きっちりと2分ジャストで一本勝ち。
決勝は同門シェアで戦わずして優勝。



11
いま最も勢いのあるジュブナイル、マテウス・オンダ(東海BJJ)だが今大会では敗北。
勝ったのはイゴール・タナベ(エクストリームBJJ)でテイクダウンによるP2-0で勝利、優勝した。



01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円
■道場卸受付中!コチラから!
※道場卸締め切りは10/26(日)まで!



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】新川武志(50)



©Bull Terrier Fight Gear