English Portugues Japanese

2014年10月22日

【柔術プリースト】#151:ドゥマウ愛知

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回に続きドゥマウの大会から愛知大会を配信します。

ドゥマウの愛知大会は毎回500人以上を集める大規模で開催され多数の強豪が集まる日本でも屈指のハイレベルな試合が行われてます。

そんなドゥマウ愛知大会にはサトシ・ソウザが緊急参戦!

IMG_4027fb
サトシ・ソウザ(ボンサイ)


ムンジアル3位の実力を遺憾なく発揮し秒殺試合の連続を見せてくれてるので、それはぜひチェックして頂きたいところです。

その他にも黒帯から女子の中から一本決着した試合を中心に厳選したベストマッチの数々を紹介します。

配信試合は以下の通りです。


■アダルト黒帯ミドル決勝戦
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
vs
伊東元喜(柔専館)

■アダルト黒フェザー決勝戦
加古拓渡(GSB)
vs
小山貴之(福住柔術)

■アダルト黒ライト決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)

■アダルト黒アブソルート準決勝
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
加古拓渡(GSB)

■アダルト黒アブソルート準決勝
サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)

■アダルト黒アブソルート決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)

■アダルト茶フェザー決勝戦
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
vs
鈴木恒太(ブルテリア・ボンサイ)

■アダルト白帯ルースター決勝戦
カシエリ・ボニ(小川柔術)
vs
里岡久美子(柔専館)


07
サトシvsアンデルソンの初対決!
アンデルソンは8月にマルキーニョス、9月にサトシと
ソウザ兄弟と連戦に!



01
茶フェザー決勝ではレアなパンテーラの一本勝ちが!
試合巧者のパンテーラ、たまには極めます!



02
ケシアの妹、カシエリのアダルトデビュー戦。
若干14歳のカシエリですが、すでにアダルトでも優勝するほどの実力!


■アダルト白帯フェザー決勝戦
山口友花里(白心会)
vs
ルアナ・ディアス(東海BJJ)

■アダルト青帯ミドル決勝戦
ナターシャ・アケミ(小川柔術)
vs
アリーネ・オリヴェイラ・スガ(ベース柔術ペレイラチーム)

■アダルト茶アブソルート準決勝
ホブソン・タンノ(Impavto Japan BJJ)
vs
後藤貴史(チームレグナム)

■アダルト茶アブソルート決勝戦
ホブソン・タンノ(Impavto Japan BJJ)
vs
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)

■アダルト青帯アブソルート決勝戦
ケイコ・ナガガネク(小川柔術)
vs
井上瑞樹(白心会)


08
ケイコvs井上の試合はケイコが序盤にあわやの場面を作るほどの好勝負に!




中でも必見なのはサトシvsアンデルソンの初対決とケシアの妹、カシエリのアダルト初試合。

さらに加古vs小山やケイコvs井上のドゥマウ愛知大会の定番対決もお互いの手の内がわかり切ってるだけに洗練された名勝負となってます。

今回紹介してる試合のほぼ全てが一本決着なので見どころは満載です!


2
BJJテクニックファイルはクレバー・ルシアーノの
クローズドガードからレッグドラッグです。
クレバーの真骨頂はパスガードにあり!



3
コレクション紹介は2004年のカンペオナート・ジャポネーゼの
大会パンフ。
カンペオナートは今年復活しましたが、どうせ復活させるなら大会名だけでなく、こういった大会パンフや帯チャレも
復活させて欲しい!



■#151はコチラから!





cup2015 tokyo
【開催決定】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
会場:台東リバーサイド(東京・浅草)

1/12(月・祝):アダルト&マスター白帯&マスター青〜黒帯
1/18(日):アダルト青〜黒帯
■大会詳細は決まり次第告知!



【今日が誕生日の柔術家】ホメロ・ジャカレ・カバウカンチ(62)、アダム・カユーン



©Bull Terrier Fight Gear

2014年10月21日

【発売中】『柔術魂』vol.9

01
今回は「My Jiujitsu My Life」と題し、ヒクソン・グレイシー、ジャンジャック、サウロ・ヒベイロなど柔術レジェンドたちが登場し、柔術のあるべき姿、柔術哲学について語る一方、フェリペ・ペーナ・プレギーサ、湯浅麗歌子、キーナン・コーネリアス、中村大輔、ゲイリー・トノン、マーシオ・アンドレらのトップ選手たちも自らの柔術人生、柔術哲学について語ります。

また、名匠シセロ・コスタが語る強豪選手を生み出してきた理由、JJGFの副創設者トニー・パセンスキーが語るヒクソンとインビジブル柔術の凄さ、そして闘病を終え、見事復帰を果たした生田誠が考える、あるべき柔術の姿についてなど、読みどころ満載。

特典映像も多数収録し、お得な1冊となっています。


02
ヒクソン・グレイシー



03
フェリッペ・ペナ“プレギーサ”



04
ゲイリー・トノン



テクニックでは、ガードの達人と言われる生田選手のガードテクニックが注目。

またフーベンス・シャーレス・コブリーニャが、ガードが上達するドリル3種をわかりやすく紹介してくれます。

一方で、フェリペ “プレギーサ”ペーナがラペラを使ったガードなどモダンなテクニックを5種類紹介。

レアンドロは得意のパスガードを、また、北米柔術界の新星ゲイリー・トノンがクロン・グレイシー戦で使ったテクニックを惜しげも無く公開。

さらに、植松直哉選手による力を使わない襟のつかみ方や話題のテクニック、ファンクロールも注目です。

また、今回のDVDでは、2013-14ベストファイト映像10選と台湾国際GI&NOGIのツアーレポート映像が注目。

ベストファイトは植松直哉選手が技術解説。

台湾ツアーでは現地での選手たちの様子やセミナー風景を紹介し、さらにはエジソン篭原、小笠原誠、荒牧誠、村上直、ヨースキ・ストーの黒帯5選手が話題のラペラガードやホワイトグリップなど、実戦的な技術を紹介しています。


05
台湾国際ツアーレポート



06
植松直哉選手による力を使わない襟のつかみ方



07
エジソン篭原、小笠原誠、荒牧誠、村上直、ヨースキ・ストーの黒帯5選手が
各自が得意とするテクニックをレクチャー。




--------------------------------------
インタビュー:ヒクソン・グレイシー/レアンドロ・ロ&シセロ・コスタ/フェリペ “プレギーサ”ペーナ/フーベンス・シャーレス・コブリーニャ/湯浅麗歌子/ミッシェル・ニコリニ/キーナン・コーネリアス/ゲイリー・トノン/マーシオ・アンドレ/植松直哉/ジャンジャック・マチャド/トニー・パセンスキー/生田誠

DVD映像:2013-2014ベストファイト10 Selected by 柔術プリースト/台湾国際GI&NOGIツアーレポート/クロン戦のエスケープ法公開byゲイリー・トノン/無駄な力を使わない道衣のつかみ方by 植松直哉/鉄壁ガードを作るテクニックby生田誠/相手を回転させるパスガードbyレアンドロ・ロ/ガード力アップのドリルを大公開byコブリーニャ/簡単にとれるクローズドガードbyジャンジャック・マチャドほか



01
【発売中】
『柔術魂』Vol.9
■購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ホドリゴ・タニグチ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月20日

【結果】ASJJFアジアオープンGI & NO-GI 2014:主な結果

vertical-banner
10/19(日)、愛知県半田市で開催されたASJJF主催「アジアオープンGI & NO-GI 2014」の主な結果です。



15
アダルト黒帯アブソルート
優 勝 小山貴之(福住柔術)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



08
アダルト黒帯ライトフェザー
優 勝 小山貴之(福住柔術)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



12
マスター黒帯アブソルート
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
3 位 ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)



04
マスター黒帯フェザー
優 勝 カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)



03
マスター黒帯ミディアムヘビー
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 アンデウソン・マルケス(東海BJJ)



11
シニア1黒帯アブソルート
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
3 位 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



01
シニア1黒帯ライト
優 勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
準優勝 伊藤秀之(モンスターハウス)



05
シニア1黒帯スーパーヘビー
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



02
シニア2黒帯フェザー
優 勝 エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
準優勝 佐野英司(京都何気)



13
アダルト茶帯アブソルート
優 勝 ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 宮尾司(ダムファイトジャパン)



16
マスター茶帯アブソルート
優 勝 エヴェルトン・アサオ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 リオベール・イケダ(セキタニゴールドチーム)
3 位 サンパイオ・ウエダ(Impacto Japan BJJ)



06
マスター茶帯ライト
優 勝 マーシオ・コバヤシ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 小林泰司(志摩BJJ)



09
マスター茶帯ミディアムヘビー
優 勝 エヴェルトン・アサオ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 リオベール・イケダ(セキタニゴールドチーム)



07
シニア1茶帯ミドル
優 勝 マーシオ・コバヤシ(ホシャ)
準優勝 アレクサンダー・シネリ(東海BJJ)



14
ノーギアダルト茶帯アブソルート
優 勝 ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 宮尾司(ダムファイトジャパン)



17
チームポイント
優 勝 Impacto Japan BJJ
準優勝 東海BJJ
3 位 ホシャ柔術



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月19日

【画像】2003年のムンジアル周辺風景

前回の2003年のムンジアルに出ていた選手画像が好評だったので、今回はそのムンジアルの周辺で撮った画像を紹介します。

まだブラジルで開催されていた頃のムンジアルは牧歌的というかよくいえば大らか、悪く言えば何でもありな感じで路上で商品を売るのが当たり前の世界でした。

大会スポンサーになると会場の中にブースが出せるのですが、それができない小さなブランドはムンジアル周辺の路上での販売が常で、それもKEIKOみたいなそこそこ名の売れたメーカーも会場の外に勝手にブースを出してギやTシャツを販売してたものです。

中にはメーカーではなく個人で手作りの柔術フィギュア、というか粘土細工みたいなのを売る路上アーティストまで!

こういう風景を見るとブラジル時代のムンジアルと今のムンジアルはまったくの別モノなんだなあと感じます。


04
KEIKOの路上ブース。
ここの社長はブラジル人じゃなくて英語が話せるから持参した日本の柔術グッズと
物々交換した思い出があります。



05
今もあるのはわからない「WAR」。
WARは柔術衣にイチ早く迷彩柄を取り入れた新興ブランドでした。

06
2001年に行った初ブラジルでその存在を知ってデザインの奇抜さに驚き、
また値段の安さにも驚きました。
一番安いモデルは確か100レアル、5000円ぐらいで買えたような?



07
「SHIROI」も日本ではなかなか見かけないレアブランド。
ここのギは安くて軽いけど品質がめちゃめちゃでヒドかった!
でもレアだから、と1着未使用で持ってます。



01
路上で自作の柔術フィギュアを販売してた人。
しかも路上でペイント修正したり作業中!



02
その出来は正直ガキんちょの工作レベル!
お値段もそこそこしたから買わなかった記憶があります。



03
今はなきマシャドの社長と息子。
マシャドはこの2003年ぐらいまではトップメーカーでしたが、
この辺りを境に規模を縮小、最終的にはYUDANの工場になってしまいました。
工場まで行って在庫の棚を漁って旧ロゴモデルを探し出して購入したのもいい思い出です。
社長が着てるこのTシャツももらいました。



08
これはイパネマにあったホットブラッドのショップ。
アリアンシ・リオのジジ・パイヴァがオーナーのブランドです。



09
店内はキレイで格闘技ショップというよりアパレルショップ的な感じ。
ここで働いてた掃除係の女の子がやたら可愛かった!



10
街中で遭遇したジャカレ。
リオを歩いてるとそこら中で柔術家に遭遇します。
「柔術」って書いてあるTシャツとか着てる人はそこら中にいて全然珍しくない感じ。
さすがブラジルです!



【今日が誕生日の柔術家】フェリッペ・ペナ“プレギーサ”(23)、マーシオ・アンドレ(20)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月18日

【告知】10/31:塚田市太郎セミナーinミューズ柔術アカデミー

tsuka
10/31(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーで開催される塚田市太郎(ダムファイトジャパン)のセミナーの告知です。

このセミナーは通常のセミナーだけでなく日本初の試みとなるオンライン配信も同時開催。

その記念すべき第1回として行うのが日本屈指のパスガードマスター、塚田市太郎選手です。

塚田選手といえば長期に渡るブラジル修行を敢行し黒帯を取得、国内外で多くの大会に参戦し優勝&入賞歴も数多い強豪中の強豪。

そんな塚田選手が得意とするパスガードの奥義を大公開予定!

07
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



いま柔術シーンは世界的にガードワーク全盛期と言われてますが、そんな中にあって塚田選手のパスガード主体のファイトスタイルは一際異彩を放っています。

先日開催された「TOKYO IPPON FESTIVAL 2014」での時間無制限&ノーポイント、一本決着のみの試合でも敗れたもののパスガードに成功したのは記憶に新しいところ。

塚田選手自身も「パスガードには絶対の自信がある!」と豪語するテクニックの数々をぜひ体感して頂きたいと思います。

セミナーに来れない方はニコ生で有料生配信がありますので、そちらでチェックして下さい。

ニコ生のページにアクセスして頂き、そこでネットチケットを購入してもらえば予約完了となります。

もちろんリアルタイムで見れない方も後からタイムシフトで見ることが可能で、配信後1週間は繰り返し見ることも可能です。

価格は破格の1000円!

1000円で自宅にいながらにして塚田セミナーが見れてしまうのはお値打ちでしょう。

初めての試みのセミナー生配信、これが成功したら定期開催していく予定となってるので、ぜひニコ生配信もチェックしてもらえたらと思います。



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーinミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月17日

【新発売】『Jiu Jitsu NERD』Vol.4、10/29発売!

01
100%柔術&グラップリング専門誌『Jiu Jitsu NERD』Vol.4の発売日が10/29(水)に決定しました!

まだ作業中ですが、ほぼ誌面もできており今週末には入稿予定となりました。

今号の目玉は誌面の約半分を割いた総ページ数30ページ以上にも及ぶムンジアル2014大特集!

昨年のムンジアル特集号は14ページだったので今号は倍以上となってます。


02
6月にLAで開催されたムンジアル2014を大特集。
柔術の最高峰大会を徹底レポート!



ムンジアル特集は試合レポートを詳細に行い、女子を含む黒帯決勝戦を全試合、そして日本人選手の活躍も黒帯・色帯を含めほぼ全選手を写真付きでカバー。

03
ムンジアル3位のサトシ・ソウザ。
惜しくも準決勝で敗れるもメダル獲得。



04
ベスト8進出の芝本幸司はジョアオ・ミヤオと大激闘を展開。



05
そして日本人初の黒帯世界王者の八木沼志保!
日本柔術界の悲願がついに達成されました。




試合レポートだけでなくメンデス兄弟のインタビュー&テクニック、キーナン・コーネリアス&クロン・グレイシーのインタビュー、そしてミヤオ兄弟の大会翌日のミニ・インタビューと選手の生の声も多数紹介と特集と呼ぶに相応しいボリュームと濃度といえるでしょう。


06
メンデス兄弟のインタビュー&テクニック。
ムンジアルのことだけでなく自身の過去のベストマッチや
最大のライバル、さらに日本人選手のことにまで言及。


07
キーナンはセミナーで来日した際に行ったインタビューを掲載。
練習内容を聞いたら衝撃の返答が!


08
ムンジアルに出てないクロン・グレイシーもムンジアル枠でのインタビュー。
なぜムンジアルに出ないのか?!その答えはここにある!




さらに海外レポでフィリピンで開催されたパンアジア、台湾で開催された台湾インターナショナル、国内大会も主要大会をほぼカバーしてます。

そしてヒクソン・グレイシーのインタビューは『Fight & Life』に掲載したもの残り部分をこちらに掲載し、『Fight & Life』と『Jiu Jitsu NERD』の2号を併せて読めば完全版として完結するようになっています。


09
奇しくもクロンとヒクソンのインタビューが同時掲載!
『Fight & Life』と併せてインタビュー完全版となります。




また第0号ではまったく掲載されてなかったテクニックページも方向転換により大充実でラルフ・ゴー、シェイン・スズキ、ステファン・カンフィウスがフィリピン枠で登場。

このフィリピンで行った史上最年少コラル帯のファブリシオ・マルティンスのインタビュー&テクニックもあります。


10
史上最年少コラル帯のファブリシオ・マルティンス。
柔術=セルフディフェンスと語るファブリシオ、日本メディア初登場。


11
フィリピン=ラルフ・ゴー!
ラルフの昭明するテクニックはワームガードからのベリンボロという
超難解テクニック!



と、今号は詰めに詰め込んだせいでレギュラーページのDVDレビューやTシャツコレクション、黒帯名鑑にコラムなどは全カット!

フルカラー64ページでパンパンに情報を詰め込みました。

そして今号からお値段がちょっと上がって1冊600円となりましたので、ご了承下さい!

値上げした分、それ以上の価値はある!と自負しております。

発売の暁にはぜひご購入頂けたら幸いです。

もちろん今号も道場卸を受付します。

道場卸をご希望の方は以下のメアドまでご連絡を!

reversaling★gmail.com(★を@に変換)

道場卸は10冊以上から受付で1冊550円、送料無料となっています。

10冊の場合は5500円、15冊の場合は8250円、20冊なら11000円です。

10冊以下のご注文の場合は定価の1冊 600円+送料80円で対応します。

またブルテリア、イサミ各店舗、書泉グランデ、公武堂でも購入可能ですので、お近くの方はそちらをご利用下さい。

道場卸注文は10/26(日)までにご注文頂ければ発売日までにお届け可能!

さらに10冊に1枚、特製の非売品『Jiu Jitsu NERD』パッチを特典で付けさせて頂きます。

これは前回特典で付けたモノとは違い、また新たに製作した過去最大で縦4.5cm×横25僂離咼奪哀汽ぅ此

ぜひこの機会に道場卸をご利用頂きたいと思います!


1
道場卸特典の非売品パッチ。
新規製作のニューバージョン!



2
上が最初期のパッチで真ん中が前回のナード発売時のモノ。
そして下のが今回の特典パッチ。
かなりサイズが大きくなってます!




01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円

【大会レポート】
ムンジアル2014
DUMAU
プリーストカップ岐阜
JBJJF全日本選手権
TOKYO IPPON FESTIVAL 2014
コパ・ブルテリア2014
台湾インターナショナルGI&NO-GI
パンアジア2014
ヘイゾン・グレイシー・カップ
ASJJFジャパンオープン
JBJJF東日本選手権
一騎討

【インタビュー】
メンデス兄弟
キーナン・コーネリアス
クロン・グレイシー
ファブリシオ・マルティンス
ヒクソン・グレイシー

【テクニック】
ラルフ・ゴー
シェイン・スズキ
ステファン・カンフィウス



【今日が誕生日の柔術家】木部亮(38)、マルコス・トレグロッサ(34)、パブロ・シウバ(28)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月16日

【好評発売中】GRACIE MAG #210 Review by 内山裕規

_0025854
さてさてまたやってきましたGRACIE MAGのレビューをさせて頂いております内山です。

最近急に寒くなってきましたね。。。

急な天候の変化で体調を崩さない様に気を付けてくださいね。

さてさて今回の表紙はフラビオ・アルメイダとフェリッペ・デラ・モニカ!!

GRACIE BARRAの2方ですね^^!

みなさんが気になるテクニック紹介ですが、今回はバタフライガードをフラビオ・アルメイダが紹介しております。

余談ですが私はなかなか相手をこの形に持ってこれません^^;笑

今回もRIGHT and WRONGということで、正しいバタフライガードの位置をまず説明してくれておりますのでバタフライガード初心者の方もとても入りやすいと思います。

足の位置もしっかり説明してくれております。

形が出来たら次はテクニック!

SWEEP、SUBMITIONを4つ紹介しております。

細かいところもしっかりと写真で紹介しておりますので、是非とも試してみてください。

そしてその次のページにはフェリッペ・デラ・モニカによるバタフライガードからのSWEEPとSUBMITIONも紹介されております。

ということで今回は7つの紹介があります^^

要チェックです!

続いてFACE TO FACEではビア・メスキータのインタビューです。

今回のムンジアルでは階級別、無差別ともに優勝と快挙!!

そんな彼女の柔術に関してのページも一見頂けたらなと思います*^^*

LIFESTYLEはエナジードリンクやサプリメントに関して載ってます。

必要性に関して書かれているので…飲んでない私からするとそうなのかって思ってしましまうページです。

INTROのトップページはリオオープンに出場し、見事無差別も優勝したジョアオ・ミヤオ!!

こちらも是非ともご覧ください!

そのほかにもGRACIE MAGは盛りだくさん!!

是非ともお買い求めいただけたらと思いますのでよろしくお願い致します!!


Graciemag_210_review_EN-300x222
【好評発売中】
『GRACIE MAG #210』
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear