English Portugues Japanese

2016年05月29日

【レポ】5/22 ASJJF-DUMAU KOREA INTARNATIONAL 2016

00
5/22(日)、韓国・ソウルの東大門カルチャーパークでASJJF-DUMAU主催『ASJJF-DUMAU KOREA INTARNATIONAL 2016』が開催された。

昨年からアジア進出を果たしアジア全域で大会を開催しているASJJF-DUMAUの初の韓国大会は元AOJの韓国人、チョイ・ワンチョイの協力を得て実現した。

いま韓国はMMAでもUFCやROAD FCが定期開催されて格闘技人気が高くなっているが、柔術熱もかなりのもの。

韓国人選手は韓国のみならず海外の大会にも積極的に参戦しており試合レベルも日本と遜色なく、中には凌駕している選手も見られた。

この韓国大会は日本の大会が韓国で開催されるということで現地でも話題になり、予想をはるかに上回る参加者があり、申し込み締め切りを1が月以上も早めて締め切るほどに人気ぶり。

最終的には述べ人数で500人ほどの参加者があったが、最後までエントリーを締め切らなかったら1000人規模の大会になった可能性もあり、韓国柔術シーンの過熱ぶりには目を見張るものがある。

大会はASJJFルールでで行われたがさしたる混乱もなく終わり、6面進行で夕方には大会が終わるというスムーズな進行ぶりで運営側&参加者とも大会慣れしている印象を受けた。

100点満点の成功といっていい大会内容となった今大会だが、エジソンとチョイ双方から早期に次回大会の開催実現の声が上がり、早くも次回大会の開催が決定。

日程は調整中だが半年後の10月頃には第2回大会が実現しそうだ。

01
ASJJF-DUMAU初の韓国大会はソウルの中心地、東大門で行われた。
会場は6面で各80試合ほどを消化。



02
アダルト茶帯ライトのワンマッチ決勝戦、ジョン・ユンホ(Yulha柔術アカデミー)と高須宝亀(小川柔術)の一戦。
高須は本来ライトフェザーの選手だが階級アップして挑んだ。



03
さすがに2階級上にパワー差に苦戦しパス&マウントを許し最後は5:43 腕十字で一本負け。
ジョンのフィジカルの強さが目立った試合となった。



04
ジョンは過去に日本でも試合をしており、ワールドプロ予選では3位入賞している。
すでに茶帯で3年が経過している韓国の強豪選手だ。



05
ジョンはオープンクラスでも決勝戦に進出。
この試合でもバックマウントを奪うなどしてポイントで大きくリードし優位に試合を進めていた。



06
が、試合ラスト1分のところでサイドポジションで抑え込んでいた際に下から“ネズミ捕り”で絞め落とされてしまい失神!



07
激的な逆転勝利を果たしたイ・ヒョンレイ(TECHNE BJJ)は仲間にもみくちゃにされながら喜びを爆発させた



08
青帯ライトフェザーは山本博斗(グレイシーバッハ)が4試合のすべてを極めて圧勝で優勝。
極めの強さが光った。



09
山本は8/7に愛知で開催されるドゥマウスーパーファイトGPの出場も決定済み。
今後も活躍が期待される若手選手だ。



10
日本にも馴染みがあるテイター・ヤオ(ATOS KOREA KRIS KIM)だが紫ライトで初戦敗退。
サドンデスでスイープされての敗戦だった。



12
女子の試合はほとんどが白帯で青帯の試合は数えるほど。
男子に比べると女子の色帯はまだ少ないようだ。



13
大会主催は初めてだったチョイ・ワンチョイだったが意外なほどそつなくこなしており大成功。
早くも次回大会の開催が決定し年内にも第2回大会が開催される見込みだ。



■大会フォトギャラリーはコチラから!



jjn08c
【6/1(水)発売】
『Jiu Jitsu NERD』

Vol.8 フルカラー64ページ 700円
<インタビュー>
フェルナンド・テレレ
ビアンカ・バジリオ
マルコ・バルボーザ
ミシェル・ミヤシタ
マーシオ・アンドレ
<テクニック>
カイオ・アルメイダ
ディエゴ・アルメイダ
<大会レポート>
ヨーロピアン
パン
ASJJF-DUMAU
COPA Las Conchas
COPA DE SAITAMA
REAL.4
and more
■内容詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】キーラ・グレイシー(31)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月28日

【告知】『Jiu Jitsu NERD Vol.08』6/1 発売!

jjn08p
100%柔術&グラップリング専門誌『Jiu Jitsu NERD』最新号 Vol.8を来週の6/1(水)に新発売します。

今号は昨年の夏に3週間に渡って行ったブラジル特集のPart.1としてサンパウロ編がメイン。

ですが表紙&巻頭特集はリオデジャネイロのテレレとなっているのはご愛嬌。

いまやレジェンド的存在のテレレの過去と現在を語ったインタビューは悪夢のドラッグ中毒についても言及しており、かなりショッキングな内容となってます。

さらにテレレはテクニックや道場紹介、DVDレビューまで10ページに及ぶ大特集です。


01
フェルナンド・テレレ



ブラジル特集・その2はリオデジャネイロに次ぐ柔術都市であるサンパウロで行った取材の数々を掲載。

日本にも馴染みが深いマルコ・バルボーザやミシェル・ミヤシタの他、いま色帯で最も勢いがある女子選手のビアンカ・バジリオのインタビュー&テクニックは必見。

バルボーザに聞いた柔術シーンに蔓延するステロイド問題に対する持論はさすがブラジル!的なコメントといえるもので、それはぜひ誌面で確認して欲しいと思います。

そのビアンカの師匠であり、ワールドプロで細川顕と対戦したカイオ・アルメイダとカイオの兄貴・ディエゴのアルメイダ兄弟の道場紹介&テクニックも掲載しています。


01a
マルコ・バルボーザ



01b
ミシェル・ミヤシタ



02
ビアンカ・バジリオ



03
カイオ&ディエゴ・アルメイダ兄弟




そしてJiu Jitsu NERDといえば他誌にない詳細な海外大会レポートなので、今回もヨーロピアン&パンのIBJJF大会を徹底カバー。

この2大会だけで16ページを割いて黒帯決勝戦から色帯、日本人選手の試合ぶりまで、後々に資料となるように紹介に記録しています。

その他、国内外の大会レポートも充実でASJJF-DUMAU、コパラスコン、ブルテリアJR大会なども掲載です。


04
ヨーロピアン



05
パン



06
COPA Las Conchas 2016



07
COPA Bullterrier JR OPEN



08
REAL.4



09
COPA DE SAITAMA GI&NO-GI 2016




今回もいつものようにオールカラー64ページにパンパンに情報を詰め込んだ渾身の1冊になっていますので、発売の際にはぜひお買い求め頂きたいと思います。

そして毎回恒例の道場卸も受付します。

道場卸をご希望の方は以下のメアドまでご連絡を!

reversaling★gmail.com(★を@に変換)

道場卸は10冊以上から受付で1冊650円、送料無料となっています。

10冊の場合は6500円で、それ以上のお申し込みは1冊につき+650円で受付します。

またブルテリア、イサミ各店舗、書泉グランデ、公武堂でも購入可能ですので、お近くの方はそちらをご利用下さい。



jjn08c
【6/1 発売】
『Jiu Jitsu NERD』

Vol.8 フルカラー64ページ 700円
<インタビュー>
フェルナンド・テレレ
ビアンカ・バジリオ
マルコ・バルボーザ
ミシェル・ミヤシタ
マーシオ・アンドレ

<テクニック>
カイオ・アルメイダ
ディエゴ・アルメイダ

<大会レポート>
ヨーロピアン
パン
ASJJF-DUMAU
COPA Las Conchas
COPA DE SAITAMA
REAL.4
and more



【今日が誕生日の柔術家】ミッシェル・マイア、森雄大(44)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月27日

【告知】ドゥマウライトウエイトGP開催決定!

IMG_1146
ドゥマウのライト級GPの開催が決定しました。

このトーナメントは特別ルールで3大会に渡って行われ、トーナメント優勝者にはチャンピオンベルトと賞金10万円が贈呈されます。

トーナメント1回戦は8/7のドゥマウスーパーファイトGPの中で行ない、準決勝は10/30、ドゥマウ愛知大会、決勝戦は12/11のドゥマウ九州大会の中で行ないます。

決勝戦進出したファイナリストはドゥマウから九州大会までの渡航費&滞在費が提供されます。

ルールは20分サブミッションオンリーで、そこで勝敗が決まらなかった場合は10分間の延長戦を行ない、ここはASJJFの通常ルールで行われます。

ライト級はドーギ込み76kg以下で、現在決定している参加者は以下の通りです。


2
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



11
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)



02
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)



10
チャールズ・ガスパー(Impacto Japan BJJ)




そしてトーナメント表の組み合わせは1回戦が行われる8/7の大会当日のくじ引きで決定します。

トーナメントは最小で8人、最大で16人となり、8人以上16人未満の場合は8/7に2回試合することになります。

参加希望の方はメールにて受付します。

reversaling@gmail.com

参加費は必要ないので、奮って申し込みを!

なお16人以上の申し込みの場合は主催者選考の上、トーナメント出場者を決定しますのをご了承ください。


■トーナメント開催会見動画はコチラから!



0807
【参加者募集中】
『ASJJF CENTRAL JAPAN 2016』
日時:8/7(日)
会場:青山記念武道館(愛知県)
■大会詳細はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月26日

【柔術プリースト】#233:WHITE RIOT 2016

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは『WHITE RIOT 2016』です。


wr2016
『WHITE RIOT 2016』


この大会はその名の通り白帯のみの大会で、初心者向けに行われています。

なのでプリーストでは珍しい白帯の試合配信となります。

白帯とはいえハイレベルな試合も多くあるのでぜひ見てみて下さい!


05
アダルト白帯フェザー決勝戦
関口祐冬(クロウフォレスト)
vs
長沼良平(ハイブリッドレスリング山田道場)



04
アダルト白帯ライトフェザー決勝戦
高尾広喜(リバーサルジム横浜グランドスラム)
vs
梅川歩夢(ストロングスピリット柔術)



アダルト白帯ルースター1回戦
丹羽飛龍(AXIS横浜)
vs
住吉雄一郎(VISCA)



03
アダルト白帯ルースター決勝戦
丹羽飛龍(AXIS横浜)
vs
山崎純平(PHYSICAL SPACE)



アダルト白帯オープンクラス準決勝
丹羽飛龍(AXIS横浜)
vs
清水博信(八景ジム)



06
アダルト白帯オープンクラス決勝戦
河野大地(和術慧舟會大手町道場)
vs
丹羽飛龍(AXIS横浜)



09
女子アダルト白帯ライト決勝戦
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
vs
ヴァネッサ・マルクッシ(Endure)



2
BJJテクニックファイルは今回から村田良蔵が登場。
まずは「ベリンボロのカウンター」を紹介してくれてます。
18/21から!



■#233はコチラから!





そして毎週更新の「BJJ-WAVE」、最新回のトピックは、ドゥマウ韓国大会総括、ドゥマウライトウエイトGP開催、Jiu Jitsu NERD、6/1発売!となってます。

■動画版はコチラから、Mixcloudの音声版はコチラから!





【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・ヨコヤマ(35)、ヘジス・リブレ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月25日

【Review Wednesday】GRACIE JIU-JITSU IN ACTION 2

gra2
みなさんおつかれさまです、「Jiu Jitsu NERD」ライターの成田です。

柔術界は来週からLAで始まるムンジアル一色! 

かもしれませんが、日本では6月4日土曜日に、横田基地でへナー・グレイシーのセミナーも控えていますよね。
 
というわけで、今週の「Review Wednesday」は、ズバリ「GRACIE JIU-JITSU IN ACTION 2」を紹介したいと思います!!
 
これは、ホリオン、ホイス、ヒクソン、ホイラーら、グレイシー一族のレジェンドたちがピッチピチの全盛期に、道場破りやバーリトゥードの試合で圧倒的な強さを見せつけながら相手をマットに沈める映像を集めに集めたベスト盤! 
 
格闘技好きやベテラン柔術家の方にとってはすこぶる懐かしい一作といえるでしょうが、僕はYouTubeで細切れの動画を見たことしかなく、通しで見るのはこれが初でした。
 
収録されている主だった試合(というか決闘!)を挙げてみると、

ホリオン vs ハプキドー
ホイス vs 柔道(柔道の大会)
ホイラー vs 柔道(柔道の大会)
ホイス vs カンフー
ヒクソン vs 柔道(ロシア人)
ホイラー vs ケンポーカラテ
ヒクソン vs ルタリブレ

 
と、まさにグレイシー柔術 vs その他格闘技といった趣。

自分たちの流派の強さ、スゴさをPRする映像といえば、パッと思い浮かぶのが映画「地上最強のカラテ」ですが、熊こそ出てこないものの、数々の猛者とステゴロで戦う映像の数々はかなり手に汗握ります。
 
いまこうして書いているだけでも妙なテンションの上がり方をしていますが、そのスパイスとなっているのがホリオンのナレーション。

決闘映像に「こうした場合、グレイシー柔術では相手がミスするまでパンチをし続け……」などとあくまで淡々とした解説をかぶせる構成は、ちょっとした洗脳映像といえなくもない感じです(いい意味で)。

ホイスやホイラーの柔道試合など、珍しい試合も収録されていますが、個人的な「この一戦」は、伝説として語り継がれるヒクソン vs ウゴのビーチファイト。
 
昨年、リオ取材でウゴ邸を訪れた際、知られざる真相を本人が語ってくれたので、その詳細は「Jiu Jitsu NERD」のリオ特集でご紹介したいと思います(6月頭にリリースされるのはテレレ&サンパウロ特集なのでご注意を!)。
 
それにしても、DVD後半のグレイシーvs ルタリブレの対抗戦や、ヒーロンやヘナーが「ニュージェネレーション」として登場しているところも時代を感じます。
 
ルタとの対抗戦は、グローブなしのバーリトゥードで、会場も超絶物騒な雰囲気。これがテレビ放映されていたブラジルって一体なんなんだ…と、しばし思考停止になりました。
 
1993年のUFC第1回大会で世界に衝撃を与えたグレイシー一族の「神格化前夜」が見られる一作として、一家に一本、永久保存をおすすめしたいです。

とはいえ、人を素手でバチバチと殴る音がリアルすぎて、正直引く場面もありますが……。


gra21
【発売中】
『GRACIE JIU-JITSU IN ACTION 2』
■詳細&購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ハウフ・グレイシー(45)、イヴァン・サカモト、山崎剛(39)、ウドソン・ホシャ(35)、サミール・アルジャマール、ブルーノ・マチアス



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月24日

【結果】ASJJF DUMAU KOREA INTERNATIONAL 2016

08
5/22(日)、韓国・ソウルの東大門カルチャーパークで開催されたASJJF-DUMAU主催「ASJJF DUMAU KOREA INTERNATIONAL 2016」の主な結果です。


続きを読む

2016年05月23日

【滞在記】飯嶋貴幸のサンディエゴ日記・その3「fight to win pro 5」観戦記

01
今日は先日観に行ったプロイベント「fight to win pro 5」を紹介したいと思います。

「fight to win pro」は今回で5回目のまだ新しい大会です。

規模はそれほど大きくないんですが照明の派手なライティングやそれぞれの選手に入場曲があったりと普段感じられないような感覚でした。

続きを読む