English Portugues Japanese

2014年10月25日

【レポ】ASJJFアジアオープンGI&NO-GI 2014:Part.2

今大会の黒帯はアダルトは少なかったがシニア勢が元気だった。

特にアブソルートで優勝したダニエル・ハトがアブソ2試合で一本勝ち、特に決勝でホジェリオ・クリストを極めたのはアップセットといえる。

これまであまり知られた存在ではなかったハトだが、この試合ぶりを見ると今後も活躍が期待できるだろう。

そして来週末に開催が迫ったワールドマスターズ参戦組のホジェリオ・クリスト、エジソン・カゴハラはそれぞれ階級別で優勝している。


01
シニア1黒帯アブソルート1回戦
○ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
vs
×伊藤秀之(モンスターハウス)
4:24 送り襟絞めで一本勝ちのハト。
勝った瞬間、寝たまま雄叫びを挙げて勝ち誇る!



02
シニア1黒帯アブソルート1回戦
○ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
vs
×ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
電光石火のヒザ十字を極めたハト、なんと23秒の秒殺試合!
2試合連続の一本勝ちでシニア1黒帯で階級&アブソ優勝。



03
シニア1黒帯アブソルート表彰台
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
3 位 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



04
シニア2黒帯フェザー決勝戦
○エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
×佐野英司(京都何気)
ジャパンオープンのリマッチのこの対戦はポイントも同じP4-2でエジソン勝利で
ワンマッチ決勝を制した。



05
アダルト茶帯はギとノーギで同じ顔合わせとなるホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)と
宮尾司(ダムファイトジャパン)のワンマッチ決勝。
ギではシュシャが三角絞めから腕を極めて4:07 一本勝ち。



06
シュシャのノーギはプリーストカップ岐阜以来となるも
三角絞めの状態からスイープし、上になった状態からアンクルロック。
1:42 一本勝ちでギ&ノーギで優勝。



07
シュシャ、宮尾とも階級別は一人エントリーの優勝認定だったので金メダル。
なのでシュシャはギとノーギで2個ずつの金メダル獲得で合計4つのメダルをコレクト。



08
ケシアの妹、カシエリ・ボニ(小川柔術)は男子との対戦に。
だが互角以上の試合ぶりを見せ最後は腕十字を極め4:05 一本勝ちで
ワンマッチ決勝を勝利して優勝。



09
体格差&パワー差がある男子との対戦でも一本勝ちしたカシエリ。
今後も試合経験を積んでいったらどんどん強くなっていくことだろう。



10
ルアナ・ディアス(東海BJJ)はアダルト白帯で1試合のみとなったが
きっちりと2分ジャストで一本勝ち。
決勝は同門シェアで戦わずして優勝。



11
いま最も勢いのあるジュブナイル、マテウス・オンダ(東海BJJ)だが今大会では敗北。
勝ったのはイゴール・タナベ(エクストリームBJJ)でテイクダウンによるP2-0で勝利、優勝した。



01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円
■道場卸受付中!コチラから!
※道場卸締め切りは10/26(日)まで!



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】新川武志(50)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月24日

【レポ】ASJJFアジアオープンGI&NO-GI 2014:Part.1

10/19(日)、愛知県半田市の青山記念武道館で開催されたASJJF主催の「アジアオープンGI&NO-GI2014」は“本家”ともいえるIBJJFアジアオープンのほぼ1か月前の開催となった。

このASJJFはアメリカにあるSJJIF(スポーツ柔術国際連盟)が運営母体のためにHPもほぼ英語オンリーで、またIBJJFアジアオープンと大会開催日が近かったために当初の見込みより参加者が下回ってしまい、選手総数は100人ほどというやや寂しいものとなってしまった。

当初は2日間での開催が予定されていたが急遽1日開催に変更され、また試合マットも2面のみに縮小されている。

これは大会サイトがほぼ英語でエントリーしにくいのが原因と思われ、英語のみのサイトは参加者にとってかなりハードルが高いと思われるが大会運営を担当したエジソン・カゴハラは「IBJJFのサイトも英語だけだから問題ない」とコメント。

とはいえ、この参加者数が現実なのでこの点は早急に改善が必要なのは間違いないだろう。

そんな中行われた試合は黒帯階級別はアダルト、マスター、シニアともほぼワンマッチ決勝だった。

まずは黒帯の試合からレポートする。


01
アダルト黒帯ライトフェザー決勝戦
○小山貴之(福住柔術)
vs
×バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)
シニア2のバトレがアダルトにカテゴリー変更で実現したワンマッチ決勝は
4:56 外掛け反則で小山が勝利。



02
アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
○小山貴之(福住柔術)
vs
×バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)
階級別と同じ顔合わせの無差別は小山がバックからのエゼキエルで6:47 一本勝ち。
ともにワンマッチ決勝ながら2階級制覇を達成。



03
アダルト黒帯アブソルート表彰台
優 勝 小山貴之(福住柔術)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



04
マスター黒帯アブソルート1回戦
○ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
×ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)
3人エントリーのマスター黒帯無差別。
1回戦は2:45 送り襟絞めでヨースキ一本勝ちで決勝戦へ。



05
マスター黒帯アブソルート1回戦
○セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
×ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)
階級別と同じ対戦は延長戦に突入する接戦に。
P2-2からスイープを決めたセリンゲロが競り勝って勝利。



06
決勝戦はヨースキとセリンゲロのImpacto Japan BJJでシェア。
ヨースキは今大会で全試合を極めて勝利し、来週のワールドマスターズ参戦に
向けて絶好調の様子。



07
シニア1黒帯ライト決勝戦
○ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
vs
×伊藤秀之(モンスターハウス)
1:39 アームロック



08
マスター黒帯ミディアムヘビー決勝戦
○ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
×アンデウソン・マルケス(東海BJJ)
3:49 腕十字



09
マスター黒帯フェザー決勝戦
○カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
×ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)
2:49 送り襟絞め



01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円
■道場卸受付中!コチラから!
※道場卸締め切りは10/26(日)まで!



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】澤田真琴(40)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月23日

【本日発売】『Fight & Life』Vol.45

00
本日発売の『Fight & Life』に記事を寄稿させてもらっています。

今回は3本の原稿を載せて頂きました。

まずはワールドマスターズ・プレビューとしてヨースキ・ストーのインタビュー&テクニック。

当初、この記事は杉江“アマゾン”大輔&ヨースキ・ストーの対談形式で載せる予定でしたが、杉江選手がワールドマスターズ欠場となり、ヨースキの単独記事として再構成したもの。

対談では互いの印象や過去の試合の振り返りなどの感想など興味深い内容だっただけにこの部分がお蔵入りしてしまったのは残念。

ですが逆にヨースキの単独となったのでヨースキ自身のプロフィール的な部分にも多く触れられることができたのはよかったかもしれません。


01
当初予定してたトビラの大写真はこれ。
アマゾン&ヨースキの対談は残念ながらお蔵入りに!



ヨースキの紹介しているテクニック「クローズドガードからのアームロック」もパスガードからそのまま極めにいけるいいポジションなので、そこもぜひ見て頂きたいと思います。


10
ヨースキのテクニック、その場で「何がイイ?」と聞いて
「得意なのお願い」ってリクエストしたらこれを紹介してくれました。
「パスしてそのまま極められるから大好き」とのこと。




そしてもう1つはケシア・タケウチを二人の妹、カシエリ&パウラとともに紹介。

ケシアは国内トップ青帯でムンジアルでも3位に入賞した実績がありますが、その妹たちも試合で多くの結果を残しています。

特に最近アダルトで試合デビューした次女のカシエリはかなりの逸材との評判ですでにアダルトでも優勝する実力を持ってます。

そんな3姉妹のインタビューは今後必ず活躍するであろう選手の先取り的なものとなってます。


IMG_5682
ケシア、カシエリ、パウラのボニ三姉妹。
ケシアは母親姓を名乗ってるからタケウチですが、正式なフルネームは
ケシア・タケウチ・ボニです。




最後は来週末にLAで開催されるワールドマスターズのプレビュー記事で参戦予定選手の紹介と見どころを書かせて頂きました。

昨年はムンジアルに先駆けてワールドマスター&シニアで黒帯世界王者が誕生しましたが、今年も強豪が多数遠征予定なので昨年以上の好結果が期待できます。

そんなワールドマスターズの注目選手をピックアップして紹介しました。

以上3つの柔術原稿、ぜひチェックしてください!


1281682974_p
【発売中】
『Fight & Life』Vol.45
定価 920円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月22日

【柔術プリースト】#151:ドゥマウ愛知

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回に続きドゥマウの大会から愛知大会を配信します。

ドゥマウの愛知大会は毎回500人以上を集める大規模で開催され多数の強豪が集まる日本でも屈指のハイレベルな試合が行われてます。

そんなドゥマウ愛知大会にはサトシ・ソウザが緊急参戦!

IMG_4027fb
サトシ・ソウザ(ボンサイ)


ムンジアル3位の実力を遺憾なく発揮し秒殺試合の連続を見せてくれてるので、それはぜひチェックして頂きたいところです。

その他にも黒帯から女子の中から一本決着した試合を中心に厳選したベストマッチの数々を紹介します。

配信試合は以下の通りです。


■アダルト黒帯ミドル決勝戦
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
vs
伊東元喜(柔専館)

■アダルト黒フェザー決勝戦
加古拓渡(GSB)
vs
小山貴之(福住柔術)

■アダルト黒ライト決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)

■アダルト黒アブソルート準決勝
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
加古拓渡(GSB)

■アダルト黒アブソルート準決勝
サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)

■アダルト黒アブソルート決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)

■アダルト茶フェザー決勝戦
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
vs
鈴木恒太(ブルテリア・ボンサイ)

■アダルト白帯ルースター決勝戦
カシエリ・ボニ(小川柔術)
vs
里岡久美子(柔専館)


07
サトシvsアンデルソンの初対決!
アンデルソンは8月にマルキーニョス、9月にサトシと
ソウザ兄弟と連戦に!



01
茶フェザー決勝ではレアなパンテーラの一本勝ちが!
試合巧者のパンテーラ、たまには極めます!



02
ケシアの妹、カシエリのアダルトデビュー戦。
若干14歳のカシエリですが、すでにアダルトでも優勝するほどの実力!


■アダルト白帯フェザー決勝戦
山口友花里(白心会)
vs
ルアナ・ディアス(東海BJJ)

■アダルト青帯ミドル決勝戦
ナターシャ・アケミ(小川柔術)
vs
アリーネ・オリヴェイラ・スガ(ベース柔術ペレイラチーム)

■アダルト茶アブソルート準決勝
ホブソン・タンノ(Impavto Japan BJJ)
vs
後藤貴史(チームレグナム)

■アダルト茶アブソルート決勝戦
ホブソン・タンノ(Impavto Japan BJJ)
vs
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)

■アダルト青帯アブソルート決勝戦
ケイコ・ナガガネク(小川柔術)
vs
井上瑞樹(白心会)


08
ケイコvs井上の試合はケイコが序盤にあわやの場面を作るほどの好勝負に!




中でも必見なのはサトシvsアンデルソンの初対決とケシアの妹、カシエリのアダルト初試合。

さらに加古vs小山やケイコvs井上のドゥマウ愛知大会の定番対決もお互いの手の内がわかり切ってるだけに洗練された名勝負となってます。

今回紹介してる試合のほぼ全てが一本決着なので見どころは満載です!


2
BJJテクニックファイルはクレバー・ルシアーノの
クローズドガードからレッグドラッグです。
クレバーの真骨頂はパスガードにあり!



3
コレクション紹介は2004年のカンペオナート・ジャポネーゼの
大会パンフ。
カンペオナートは今年復活しましたが、どうせ復活させるなら大会名だけでなく、
こういった大会パンフや帯チャレも復活させて欲しい!



■#151はコチラから!





cup2015 tokyo
【開催決定】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
会場:台東リバーサイド(東京・浅草)

1/12(月・祝):アダルト&マスター白帯&マスター青〜黒帯
1/18(日):アダルト青〜黒帯
■大会詳細は決まり次第告知!



【今日が誕生日の柔術家】ホメロ・ジャカレ・カバウカンチ(62)、アダム・カユーン



©Bull Terrier Fight Gear

2014年10月21日

【発売中】『柔術魂』vol.9

01
今回は「My Jiujitsu My Life」と題し、ヒクソン・グレイシー、ジャンジャック、サウロ・ヒベイロなど柔術レジェンドたちが登場し、柔術のあるべき姿、柔術哲学について語る一方、フェリペ・ペーナ・プレギーサ、湯浅麗歌子、キーナン・コーネリアス、中村大輔、ゲイリー・トノン、マーシオ・アンドレらのトップ選手たちも自らの柔術人生、柔術哲学について語ります。

また、名匠シセロ・コスタが語る強豪選手を生み出してきた理由、JJGFの副創設者トニー・パセンスキーが語るヒクソンとインビジブル柔術の凄さ、そして闘病を終え、見事復帰を果たした生田誠が考える、あるべき柔術の姿についてなど、読みどころ満載。

特典映像も多数収録し、お得な1冊となっています。


02
ヒクソン・グレイシー



03
フェリッペ・ペナ“プレギーサ”



04
ゲイリー・トノン



テクニックでは、ガードの達人と言われる生田選手のガードテクニックが注目。

またフーベンス・シャーレス・コブリーニャが、ガードが上達するドリル3種をわかりやすく紹介してくれます。

一方で、フェリペ “プレギーサ”ペーナがラペラを使ったガードなどモダンなテクニックを5種類紹介。

レアンドロは得意のパスガードを、また、北米柔術界の新星ゲイリー・トノンがクロン・グレイシー戦で使ったテクニックを惜しげも無く公開。

さらに、植松直哉選手による力を使わない襟のつかみ方や話題のテクニック、ファンクロールも注目です。

また、今回のDVDでは、2013-14ベストファイト映像10選と台湾国際GI&NOGIのツアーレポート映像が注目。

ベストファイトは植松直哉選手が技術解説。

台湾ツアーでは現地での選手たちの様子やセミナー風景を紹介し、さらにはエジソン篭原、小笠原誠、荒牧誠、村上直、ヨースキ・ストーの黒帯5選手が話題のラペラガードやホワイトグリップなど、実戦的な技術を紹介しています。


05
台湾国際ツアーレポート



06
植松直哉選手による力を使わない襟のつかみ方



07
エジソン篭原、小笠原誠、荒牧誠、村上直、ヨースキ・ストーの黒帯5選手が
各自が得意とするテクニックをレクチャー。




--------------------------------------
インタビュー:ヒクソン・グレイシー/レアンドロ・ロ&シセロ・コスタ/フェリペ “プレギーサ”ペーナ/フーベンス・シャーレス・コブリーニャ/湯浅麗歌子/ミッシェル・ニコリニ/キーナン・コーネリアス/ゲイリー・トノン/マーシオ・アンドレ/植松直哉/ジャンジャック・マチャド/トニー・パセンスキー/生田誠

DVD映像:2013-2014ベストファイト10 Selected by 柔術プリースト/台湾国際GI&NOGIツアーレポート/クロン戦のエスケープ法公開byゲイリー・トノン/無駄な力を使わない道衣のつかみ方by 植松直哉/鉄壁ガードを作るテクニックby生田誠/相手を回転させるパスガードbyレアンドロ・ロ/ガード力アップのドリルを大公開byコブリーニャ/簡単にとれるクローズドガードbyジャンジャック・マチャドほか



01
【発売中】
『柔術魂』Vol.9
■購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ホドリゴ・タニグチ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月20日

【結果】ASJJFアジアオープンGI & NO-GI 2014:主な結果

vertical-banner
10/19(日)、愛知県半田市で開催されたASJJF主催「アジアオープンGI & NO-GI 2014」の主な結果です。



15
アダルト黒帯アブソルート
優 勝 小山貴之(福住柔術)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



08
アダルト黒帯ライトフェザー
優 勝 小山貴之(福住柔術)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



12
マスター黒帯アブソルート
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
3 位 ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)



04
マスター黒帯フェザー
優 勝 カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)



03
マスター黒帯ミディアムヘビー
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 アンデウソン・マルケス(東海BJJ)



11
シニア1黒帯アブソルート
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
3 位 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



01
シニア1黒帯ライト
優 勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
準優勝 伊藤秀之(モンスターハウス)



05
シニア1黒帯スーパーヘビー
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



02
シニア2黒帯フェザー
優 勝 エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
準優勝 佐野英司(京都何気)



13
アダルト茶帯アブソルート
優 勝 ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 宮尾司(ダムファイトジャパン)



16
マスター茶帯アブソルート
優 勝 エヴェルトン・アサオ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 リオベール・イケダ(セキタニゴールドチーム)
3 位 サンパイオ・ウエダ(Impacto Japan BJJ)



06
マスター茶帯ライト
優 勝 マーシオ・コバヤシ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 小林泰司(志摩BJJ)



09
マスター茶帯ミディアムヘビー
優 勝 エヴェルトン・アサオ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 リオベール・イケダ(セキタニゴールドチーム)



07
シニア1茶帯ミドル
優 勝 マーシオ・コバヤシ(ホシャ)
準優勝 アレクサンダー・シネリ(東海BJJ)



14
ノーギアダルト茶帯アブソルート
優 勝 ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 宮尾司(ダムファイトジャパン)



17
チームポイント
優 勝 Impacto Japan BJJ
準優勝 東海BJJ
3 位 ホシャ柔術



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月19日

【画像】2003年のムンジアル周辺風景

前回の2003年のムンジアルに出ていた選手画像が好評だったので、今回はそのムンジアルの周辺で撮った画像を紹介します。

まだブラジルで開催されていた頃のムンジアルは牧歌的というかよくいえば大らか、悪く言えば何でもありな感じで路上で商品を売るのが当たり前の世界でした。

大会スポンサーになると会場の中にブースが出せるのですが、それができない小さなブランドはムンジアル周辺の路上での販売が常で、それもKEIKOみたいなそこそこ名の売れたメーカーも会場の外に勝手にブースを出してギやTシャツを販売してたものです。

中にはメーカーではなく個人で手作りの柔術フィギュア、というか粘土細工みたいなのを売る路上アーティストまで!

こういう風景を見るとブラジル時代のムンジアルと今のムンジアルはまったくの別モノなんだなあと感じます。


04
KEIKOの路上ブース。
ここの社長はブラジル人じゃなくて英語が話せるから持参した日本の柔術グッズと
物々交換した思い出があります。



05
今もあるのはわからない「WAR」。
WARは柔術衣にイチ早く迷彩柄を取り入れた新興ブランドでした。

06
2001年に行った初ブラジルでその存在を知ってデザインの奇抜さに驚き、
また値段の安さにも驚きました。
一番安いモデルは確か100レアル、5000円ぐらいで買えたような?



07
「SHIROI」も日本ではなかなか見かけないレアブランド。
ここのギは安くて軽いけど品質がめちゃめちゃでヒドかった!
でもレアだから、と1着未使用で持ってます。



01
路上で自作の柔術フィギュアを販売してた人。
しかも路上でペイント修正したり作業中!



02
その出来は正直ガキんちょの工作レベル!
お値段もそこそこしたから買わなかった記憶があります。



03
今はなきマシャドの社長と息子。
マシャドはこの2003年ぐらいまではトップメーカーでしたが、
この辺りを境に規模を縮小、最終的にはYUDANの工場になってしまいました。
工場まで行って在庫の棚を漁って旧ロゴモデルを探し出して購入したのもいい思い出です。
社長が着てるこのTシャツももらいました。



08
これはイパネマにあったホットブラッドのショップ。
アリアンシ・リオのジジ・パイヴァがオーナーのブランドです。



09
店内はキレイで格闘技ショップというよりアパレルショップ的な感じ。
ここで働いてた掃除係の女の子がやたら可愛かった!



10
街中で遭遇したジャカレ。
リオを歩いてるとそこら中で柔術家に遭遇します。
「柔術」って書いてあるTシャツとか着てる人はそこら中にいて全然珍しくない感じ。
さすがブラジルです!



【今日が誕生日の柔術家】フェリッペ・ペナ“プレギーサ”(23)、マーシオ・アンドレ(20)



©Bull Terrier Fight Gear