English Portugues Japanese

2014年04月19日

【結果】ワールドプロ2014:女子茶黒帯決勝戦の主な結果

xx
ワールドプロ2014、女子茶黒帯決勝戦の主な結果です。

11
-60kg
○アリアドネ・オリヴェイラ(メストレ・ウィルソン)
vs
×ナディア・メロ(GFチーム)
三角腕十字

※3位 ミッシェル・ニコリニ(チェックマット)
茶帯のアリアドネが黒帯のナディアにガードから三角絞め、そこから腕を伸ばして
一本勝ちで優勝。ちなみにナディアはセオドロ・カナルの奥様です。


04
-66kg
○ルイザ・モンテイロ(シセロコスタ)
vs
×ビアトリス・メスキータ(グレイシーウマイタ)
P6-4

※3位 ファビアナ・ボルジェス(グレイシーバッハ)
これまで幾度となく対戦している両者ですが、これまで勝ち星がなかったvsビア戦で
ルイザが初勝利を挙げて優勝。



03
-72kg
○ジャンニ・ラーソン(アルテ・スアヴェ/チェックマット)
vs
×ポリアンナ・ラーゴ(アル・アインBJJ)
P6-0

※3位 フェルナンダ・マゼリ(ストライカーJJ)
チェックマット期待の若手女子黒帯、ジャンニが自身初となるビッグタイトル獲得。
なおジャンニはヨーロピアンでも準優勝しています。


08
+72kg
○ガヴィ・ガルシア(アリアンシ)
vs
×ドミニカ・オベレニテ(アリアンシ/マルセロ・ガルシア)
P5-0

※3位 アンドレア・コレア(アリアンシ)
表彰台をアリアンシで独占したこの階級はワールドプロ4連覇中のガヴィがまたも優勝。
準優勝のドミニカ、ガヴィ相手に一本で極められなかったのだけでもスゴいかも。



【今日が誕生日の柔術家】イゴール・シウバ、アンドレア・コレア、ジャスティン・ディー爛献礇哀広



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月18日

【結果】ワールドプロ2014:黒帯決勝戦の主な結果

33
ワールドプロ2014、黒帯決勝戦の主な結果です。


01
-64kg
○ジョアオ・ミヤオ(シセロコスタ)
vs
×チアゴ・ブラボー(UAE JJ)
P4-0 ※バックマウント
※3位 サミール・シャントレ(カイオテハBJJ)


70
-70kg
○レオナルド・カスカオン(BTT)
vs
×ヤコブ・ルスカ(UAE JJ)
P6-2
※3位 ジャンニ・グリッポ(アリアンシ/マルセロ・ガルシア)



10
-76kg
○ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
vs
×セルジオ・ベニーニ(グレイシーバッハBH)
送り襟絞め
※3位 ミッシェル・マイア(UAE JJ)



02
-82kg
○レアンドロ・ロ(シセロコスタ)
vs
×ヴィトー・エスティマ(グレイシーバッハ・ノッティンガム)
P4-4 レフェリー判定
※3位 クラウジオ・カラザンス(Atos)



06
-88kg
○アンドレ・ガウヴァオン(Atos)
vs
×ホムロ・バハル(グレイシーバッハ)
P2-0 ※スイープ
※3位 ヘナート・カルドソ(チェックマット)



05
-94kg
○ブラウリオ・エスティマ(グレイシーバッハ・ノッティンガム)
vs
×タルシシオ・ハルディン(チェックマット)
三角絞め
※3位 キーナン・コーネリアス(Atos)



100
-100kg
○ホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)
vs
×ルイス・パンザ(バルボーザ)
腕十字
※3位 イゴール・シウバ(コマンドグループBJJ)


09
+100kg
○マーカス・アルメイダ・ブシェシャ(チェックマット)
vs
×アレックス・トランス(チェックマット)
P2-0 ※テイクダウン
※3位 ヒカルド・エヴァンゲリスタ(コマンドグループBJJ)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年04月17日

【結果】ワールド柔術チルドレンカップ2014:日本からの入賞者

wpkids
4/15&16の2日間、UAEのアブダビで開催された「ワールド柔術チルドレンカップ2014」の日本から出場した選手の入賞者です。

■男子オレンジ帯ジュニア-38.5kg
優勝 丹羽飛龍(AXIS柔術アカデミー)


■男子オレンジ帯ティーン-46.5kg
優勝 丹羽怜音(AXIS柔術アカデミー)


■男子青帯ジュベニウ-66.5kg
優勝 マチウス・オンダ(東海BJJ)


■男子黄色帯インファント-38.5kg
準優勝 タイロン・ヤマグチ(AXIS柔術アカデミー)



揃って金メダルを獲得した丹羽兄弟、弟・飛龍は2連覇、兄の怜音は昨年は準優勝に終わるも今年は優勝です。

おめでとうございます!

k2
■その他の結果はコチラから!


©Bull Terrier Fight Gear

【ワールドプロ】USTREAMで生配信!

Jiu-Jitsu-EN1
UAEのアブダビで開催されているワールドプロ。

日本時間の木曜日と金曜日の2日間で黒帯の試合が行われますが、その試合の数々がUSTREAMで無料で生配信されます。

パンやムンジアルは有料で$50ぐらいするのに、さすがオイルマネーで潤うアブダビ、太っ腹!

黒帯の試合開始時間は以下の通りで、表記はすべて日本時間です。

明日の午後はPCにかじりつきで日本チームの応援&海外トップ勢の試合を生観戦しましょう!

【黒帯試合開始時間】
<階級別・木曜>

64kg:5:30pm ※加古拓渡出場
70kg:2pm  ※チャールズ・ガスパー出場
76kg:2:50pm ※ヨースキ・ストー&サトシ・ソウザ出場
82kg:2pm ※マルコス・ソウザ出場
88kg:3:30pm
94kg:2pm
100kg:2pm
+100kg:2pm

<無差別・金曜>
OPEN:2pm

※この予定時間は変更の可能性があるとのことなので正式な時間は公式サイトを随時チェックして下さい。

■スケジュールはコチラから!

■トーナメント表はコチラから!


wp2
■配信アドレスはコチラから!



◼️追記
ドバイTVのネット配信でも見られるようです。
コチラから!

ここからも見れます!

◼️コチラから!


©Bull Terrier Fight Gear


【レポ】プリーストカップ沖縄:ノーギ・エキスパート

プリーストカップ沖縄は柔術だけでなくノーギも同時開催されました。

最近はノーギの大会を開催してもあまり選手が集まらないというのが定説になりつつありますが、今大会には述べ人数で50人以上が集まり、ビギナー・アドバンス・エキスパートの3つのカテゴリーで試合が行われました。

このエキスパートでは柔術ルールを踏襲しながらもヒールフックが有効となる特殊なもの。

ヒールフックがあるかないかで戦術がガラリと変わるだけに、ヒールフックに対応してるか否かが重要なポイントの1つです。

さらにこのノーギ・エキスパートには招待選手でZSTのグラップリング賞金トーナメント・GT-F王者の杉本寛樹選手が階級&アブソで参加しており、地元勢との対戦に注目が集まりました。


01
ノーギ・アダルト・エキスパート・ガロ決勝戦
杉本寛樹(AXIS千葉)
vs
饒辺直也(グランドスラム A.P.P)
ワンマッチ決勝のガロは柔術と同じく引き込んだ杉本選手が
ガードから攻める試合展開。



続きを読む

2014年04月16日

【レポ】プリーストカップ沖縄:アダルト紫帯

アダルト紫帯にゲスト選手として参戦した杉本寛樹選手(AXIS千葉)がガロ&アブソルートの2階級にエントリー。

ガロのトップ選手として知られる杉本選手ですが、アブソルートでも活躍できるか?!に注目が集まりました。

前述した通りに沖縄には在日米軍のパワー系の選手が多く、テクニシャンの杉本選手も苦戦は必至。

注目の紫帯トーナメントとなりました。


01
ガロ決勝戦
杉本寛樹(AXIS千葉)
vs
津波古康友(THEパラエストラ沖縄)
ワンマッチ決勝戦のこの試合は引き込みに合わせたテイクダウンで
先制ポイントを許すもスイープ&マウントで逆転。



続きを読む

2014年04月15日

【レポ】プリーストカップ沖縄:アダルト茶帯ペナ&アブソルート

4/13(日)、沖縄県那覇市の沖縄県立武道館で開催した『Jiu Jistu Priest CUP 2014 OKINAWA』。

沖縄の柔術シーンはここ数年で飛躍的に発展しており、現在は沖縄の最古参ジムであるイヴァン・サカモトのFPBJJO(フレジソン・パイシャオン・ブラジリアン柔術・沖縄の略)を筆頭に多くのジムがオープンしています。

そんな沖縄で開催した今大会の参加者の約半数が沖縄の米軍基地で駐屯するアメリカ人の軍人というのはやや異色な感じがしました。

ですが軍人の多くは3年が経過すると他の駐屯地に異動するので白帯・青帯がほとんどとはいえ、米兵ならではのパワーを活かした柔術はアグレッシヴの一言!

あのパワーにテクニックを備えたら日本人選手にとって大きな脅威となるでしょう。

2014年初のプリーストカップツアー第一弾の沖縄大会からまずは茶帯のレポートをお送りします。


01
ペナ1回戦
有川大介(VOLCANO柔術)
vs
ミヤギ・タカシ(FPBJJO)
茶帯はペナとアブソの2階級のみでした。
ペナは3人エントリーで初戦は有川選手がミヤギ選手から
2回のパスを成功させP6-0で勝利。



続きを読む