English Portugues Japanese

2017年03月23日

【結果】パン選手権2017:アダルト黒帯の結果

01
3/16-19までオレンジカウンティのアーヴァインで開催されているIBJJF主催「パン選手権2017」のアダルト黒帯の結果です。


02
アダルト黒帯オープンクラス
優 勝 レアンドロ・ロ(Nsブラザーフッド)
準優勝 ジョアオ・ガブリエル・ホシャ(ソウルファイターズ)
3 位 エルバース・サントス(ATOS)ニコラス・メレガリ(アリアンシ)



03
アダルト黒帯ルースター
優 勝 ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)
準優勝 ルーカス・ピンネイロ(AMBJJ)
3 位 エドゥアルド・バルボーザ(GFチーム)ホセ・カーロス・ソブリーニョ(GFチーム)



04
アダルト黒帯ライトフェザー
優 勝 ジョアオ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)
準優勝 チアゴ・バホス(PSLPBシセロコスタ)
3 位 クレベル・ソウザ(ATOS)サミール・シャントレ(アレスBJJ)



05
アダルト黒帯フェザー
優 勝 フーベンス・シャーレス(アリアンシ)
準優勝 オズワルド・ケイシーニョ(アレスBJJ)
3 位 シェイン・ヒル・テイラー(ロイドアーヴィン)ヴィトー・ジェノベージ(アリアンシ)



06
アダルト黒帯ライト
優 勝 ルーカス・レプリ(アリアンシ)
準優勝 マーシオ・アンドレ(ノヴァウニオン)
3 位 マイケル・リエラJr(ATOS)ヘナート・カヌート(ゼニスBJJ)



07
アダルト黒帯ミドル
優 勝 オタービオ・ソウザ(グレイシーバッハ)
準優勝 イザッキ・バイエンス(アリアンシ)
3 位 ホムロ・バハル(グレイシーバッハ)ヴィトー・オリヴェイラ(GFチーム)



08
アダルト黒帯ミディアムヘビー
優 勝 パトリック・ガウジオ(GFチーム)
準優勝 ルーカス・バルボーザ(ATOS)
3 位 ヘナート・カルドソ(アリアンシ)ホドリゴ・ファジャルド(グレイシーバッハ)



09
アダルト黒帯ヘビー
優 勝 レアンドロ・ロ(Nsブラザーフッド)
準優勝 タナー・ライス(ソウルファイターズ)
3 位 ディミトリス・ソウザ(アリアンシ)マテウス・ジニス(アリアンシ)



10
アダルト黒帯スーパーヘビー
優 勝 エルバース・サントス(ATOS)
準優勝 ホドリゴ・カバカ(ゼニスBJJ)
3 位 ダニー・ジェラルド(ATOS)モハメッド・アリ(ロイドアーヴィン)



11
アダルト黒帯ウルトラヘビー
優 勝 ジョアオ・ガブリエル・ホシャ(ソウルファイターズ)
準優勝 グスタヴォ・ディアス(ヒベイロJJ)
3 位 アドミルソン・ジュニオール(ロイドアーヴィン)アレクサンダー・トランス(GFチーム)



12
女子アダルト黒帯オープンクラス
優 勝 タイアニ・ポルフィリオ(アリアンシ)
準優勝 ジェシカ・フラワーズ(グレイシーバッハ)
3 位 ビア・メスキータ(グレイシーウマイタ)アンドレサ・コレア(アリアンシ)



13
女子アダルト黒帯ライトフェザー
優 勝 タリタ・アレンカー(アリアンシ)
準優勝 クリスティーナ・バーラン(ブラザCTA)
3 位 チェルシー・ドナー(ATOS)ソフィア・アマランテ(ファイトスポーツ)



14
女子アダルト黒帯フェザー
優 勝 ビアンカ・バジリオ(ATOS)
準優勝 エミリー・シリン(グレイシーウマイタサウスベイ)
3 位 アーラエ・アレクサンダー(ロイドアーヴィン)アナ・カロリーナ・シュミット(グレイシーウマイタサウスベイ)



15
アダルト黒帯ライト
優 勝 タミー・ムスメシ(ブラザCTA)
準優勝 ビア・メスキータ(グレイシーウマイタ)
3 位 ファビアナ・ボルジェス(グレイシーバッハ)ジャクリーン・アモーリン(チェックマット)



16
女子アダルト黒帯ミドル
優 勝 モニカ・エリアス(アリアンシ)
準優勝 クライディア・オノフレ(デラヒーバ)
3 位 イダ・フロイシビック(ホジャーグレイシー)リアナ・デトリッチ(ファイトスポーツ)



17
女子アダルト黒帯ミディアムヘビー
優 勝 ジェシカ・フラワーズ(グレイシーバッハ)
準優勝 アンドレサ・コレア(アリアンシ)
3 位 メーガン・ネヴィル(アリアンシ)パイヴィ・アイタマ(チェックマット)



18
女子アダルト黒帯ヘビー
優 勝 タイアニ・ポルフィリオ(アリアンシ)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月22日

【柔術プリースト】#275:COPA DUMAU 2017 Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回も2/19に愛知県で開催されたASJJFドゥマウ主催「COPA DUMAU 2017」で前回に引き続きPart.2を配信します。

前回は黒帯と茶帯で今回は女子の試合を中心にセレクトしました。

ほとんどが一本決着で多彩なサブミッションが見れる試合の数々にぜひ注目して下さい。

配信試合は以下の通りです。


0219
COPA DUMAU 2017



4
プレティーン灰帯ヘビー決勝戦
エドゥアルド・ノムラ(東海BJJ)
vs
ガブリエル・クサノ(クサノチーム)



5
女子ジュニアティーン黄色帯ライト決勝戦
吉永愛(パラエストラ岐阜)
vs
清水桃(白心会)



6
女子アダルト白帯ライトフェザー1回戦
シンシア・ワタナベ(RUL BJJ)
vs
石黒沙弥(NEX)



7
女子アダルト白帯ライトフェザー1回戦
コムラ・ミユキ(セキタニゴールドチーム)
vs
アンドレサ・カウチーニョ(東海BJJ)



8
女子アダルト白帯ライトフェザー決勝戦戦
アンドレサ・カウチーニョ(東海BJJ)
vs
石黒沙弥(NEX)



女子アダルト青帯ライトフェザー1回戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
アリーネ・ルイス(Tree BJJ)



9
女子アダルト青帯ライトフェザー準決勝
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
高田奈希沙(Impacto Japan BJJ)



01
女子アダルト青帯ライトフェザー決勝戦
ミレーナ・カオリ(Tree BJJ)
vs
ルアナ・ディアス(東海BJJ)



10
女子アダルト青帯ライト1回戦
フェルナンダ・クリスト(ホシャ)
vs
カシア・ノムラ(東海BJJ)



11
女子アダルト青帯ライト1回戦
カシア・ノムラ(東海BJJ)
vs
ダルバ・イマムラ(Tree BJJ)



03
女子アダルト青帯ライト決勝戦
ダルバ・イマムラ(Tree BJJ)
vs
フェルナンダ・クリスト(ホシャ)



04
女子アダルト青帯ミドル決勝戦
ナターシャ・サントス(小川柔術)
vs
イングリッジ・フランコ(RUL BJJ)



06
女子アダルト青帯オープンクラス3位決定戦
ナターシャ・サントス(小川柔術)
vs
ダルバ・イマムラ(Tree BJJ)



05
女子アダルト青帯オープンクラス決勝戦
イングリッジ・フランコ(RUL BJJ)
vs
ステファニー・イマムラ(RUL BJJ)



2
BJJテクニックファイルはマイク・ファウラーの最終回。
ラストは片手で極める足関節・ワンハンドフットロックです。



3
■#275はコチラから!




jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月21日

【結果】パン選手権2017:最終日の主な結果

01
3/16-19までオレンジカウンティのアーヴァインで開催されているIBJJF主催「パン選手権2017」の大会最終日の主な結果です。

大会最終日はアダルト黒帯が行われ、日本から2選手が試合に出場しました。

その結果と大会3日目の後半に行われた試合を合わせて紹介します。


02
アダルト黒帯ライトフェザー
嶋田裕太(ネクサセンス)
1回戦 2-2/0-0/ペナルティ0-1



03
2回戦 0-6
1回戦は相手のペナルティで辛くも勝利し2回戦進出もジョアオ・ミヤオにスイープで畳みかけられ6ポイントを奪われそのまま敗れた。試合後に「つけ入るスキはある。でも10回戦って勝てるのは1回ぐらいかも」と弱気なコメント。



04
アダルト黒帯ライトフェザー
山田秀之(トライフォース)
1回戦 8:31 絞め
いきなりチアゴ・バホスという強豪との対戦となった山田はスイープでアドバン獲得も8分過ぎにポジションを許すとそこから一気に絞めまで極められ初戦敗退。



05
マスター3黒帯ミディアムヘビー
ヴァルテル・フランコ(Over Limit BJJ)
1回戦 0-0/0-2
ヨーロピアンに続きまたもエドゥアルド・テレスとの対戦になったが、いつも通りに引き込んでハーフガードに捕えるもパスのアドバン2つを与えてリベンジならず。



06
マスター3黒帯ライトフェザー
物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
1回戦 2-0
2回戦 0-0/0-1
約2年ぶりの試合という物河は初戦を勝利し2回戦はコロラド在住の日本人、ヤガイ・ノブオと対戦し動きの少ない試合ながらアドバン1差で惜しい敗退。



09
ジュブナイル2青帯オープンクラス・ヘビー
イゴール・タナベ(Over Limit BJJ)
決勝戦 3:32 絞めで一本負け
オープンクラスでも決勝戦まで勝ち上がったイゴールだが、相手は過去5連敗中のホベルト・ジメネス。途中までは好勝負を展開したが後半に崩れて最後は絞めで一本負け。イゴールは「試合が続いてスタミナが切れてしまった。次やればイケルかも」と初勝利に意欲。



10
準優勝



07
ジュブナイル2青帯オープンクラス・ヘビー
アンディ・トーマス(ブラザCTA)
準決勝 0-6
昨年のムンジアルの再戦となったホベルト・ジメネスとのリマッチはロバートにリベンジを許してしまいポイントで敗れた。表彰台では悔しさを露わにしてオフィシャルの撮影が終わると早々に立ち去った。



08
3位入賞



11
ジュブナイル2青帯オープンクラス・ライト
ルアナ・ディアス(Over Limit BJJ)
ライトフェザーに続きオープンクラス・ライトでも優勝したルアナ。ヨーロピアンに続き今大会でもWゴールド達成し、次はムンジアルでのWゴールドを狙っており、それが果たされたら史上初の偉業となるが果たして?!



12
Wゴールド



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月20日

【結果】パン選手権2017:3日目の主な結果

00
3/16-19までオレンジカウンティのアーヴァインで開催されているIBJJF主催「パン選手権2017」の大会3日目の主な結果です。

大会3日目はアダルトの黒帯&茶帯、そしてジュブナイル青帯の試合が行われました。

日本から参戦した選手の試合を中心に紹介します。


01
アダルト黒帯ライト
岩崎正寛(CARPE DIEM)
1回戦 9:44 トーホールドで一本負け
スイープ&パスで先制もトーホールドで足首を鳴らされ無念のタップアウトで初戦敗退。



02
アダルト茶ライト 渡辺和樹(CARPE DIEM)
1回戦 1:16 トーホールドで一本負け
試合開始早々に足関節の取り合いになり、そこでトーホールドを極められて秒殺負け。



03
マスター3茶帯フェザー
岩崎浩ニ(パトスタジオ)
1回戦 9-2
準決勝 2-4
ヨーロピアンで準優勝した岩崎は初戦を勝利も準決勝でスイープ合戦に敗れ3位に終わる。



04
※3位入賞



05
ジュブナイル1青ライトフェザー
ガブリエル・ヒガシ(ブラザCTS)
1回戦 14-0
準決勝 一本負け
アンディ・トーマスと共にカイオテハのアカデミーで柔術修行中のガブリエルは初戦を快勝も準決勝では一本負け。だが3位に入賞を果たす。



06
※3位入賞



07
ジュブナイル2青ミドル
アンディ・トーマス(ブラザCTA)
1回戦 5-0
準決勝 4:49 絞め
決勝戦 5-0
昨年はIBJJF3大大会でグランドスラム達成のアンジーニョは今大会も好調を維持。3試合を勝ち抜いて優勝し連勝記録を更新。



08
※優勝



09
ジュブナイル2青ウルトラヘビー
イゴール・タナベ(Over Limit BJJ)
1回戦 絞め
決勝戦 腕十字
今大会では減量せずにほぼナチュラル体重で挑んだイゴールは2試合とも極めての優勝。昨年のヨーロピアン以来のIBJJFメジャー大会での優勝で歓喜の涙。



10
※優勝



11
女子ジュブナイル2青ライト
ルアナ・ディアス(Over Limit BJJ)
1回戦 15-2
決勝戦 13-0
ヨーロピアンで優勝したルアナは今大会でも優勝し連覇。狙うはムンジアルも優勝してのグランドスラムだ。



12
※優勝



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月19日

【結果】パン選手権2017:2日目の主な結果

00
3/16-19までオレンジカウンティのアーヴァインで開催されているIBJJF主催「パン選手権2017」の大会2日目の主な結果です。

大会2日目は女子アダルト青帯とマスター色帯の試合が行われました。

日本から参戦した選手の試合を中心に紹介します。


01
女子アダルト青帯ミドル
イングリッジ・フランコ(Over Limit BJJ)
1回戦 4:39 肩固め
2回戦 0-0/2-1
準決勝 0-0/1-0
決勝戦 0-7



02
※準優勝
今回かなりキツい減量となったイングリッジはパッチは何もない軽いドーギで参戦。初戦こそ一本勝ちしたが、その後はアドバンテージ差での勝利という僅差の試合が続き、決勝戦はハーフガードから一気にパス&マウントで7ポイントを献上してしまい挽回できず力尽きた。



03
マスター1茶帯ミドル
村上太郎(CARPE DIEM)
1回戦 2-0
2回戦 2-3
初戦はスイープで勝利し2回戦もスイープで先制したが後半にパスガードを許してしまい逆転負け。



04
アダルト紫帯ミドル
卯都木豪(パラエストラTB)
1回戦 0-0/0-3
パスガードは許さなかったがハーフガードのアドバンテージを重ねられ初戦敗退に終わる。



05
マスター2青帯ライト
堀江航(CARPE DIEM)
1回戦 2-7
片足を欠損するハンディキャップを持つが、そんなことは感じさせない堂々の試合ぶり。引き込んでスイープでポイントを挙げたがラスト1分でキムラからスイープ、さらにパスと畳みかけられて敗れた。



06
マスター3青帯フェザー
猪俣幸治(パラエストラTB)
1回戦 0-6
試合開始早々に引き込みに合わせたスイープ&マウントで6ポイントもの大量失点。すぐにポジションは回復できたがポイントを挽回するには至らず。



01
【好評発売中】
『Jiu Jitsu NERD Vol.9』

フルカラー64ページ 定価700円
<インタビュー>
マーカス・アルメイダ"ブシェシャ"
ウゴ・デゥアルチ

<大会レポート>
ムンジアル
ワールドマスター
SJJIFワールド
その他国内大会多数

<特集>
リオデジャネイロ柔術マップ
2016年10大ニュース&BJJ AWARD選考座談会

■『Jiu Jitsu NERD Vol.9』詳細はコチラから!

■購入はコチラから!





jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月18日

【結果】パン選手権2017:初日の主な結果

01
3/16-19までオレンジカウンティのアーヴァインで開催されているIBJJF主催「パン選手権2017」の大会初日の主な結果です。

大会初日はアダルトの青帯と紫帯を中心に行われました。

まずはアダルト紫帯の軽量級から紹介します。


02
今大会で紫帯デビューを果たしたタリソン・ソアレス(PSLPBシセロコスタ)は紫帯ルースターで危なげなく決勝戦進出。
決勝戦はAOJのブラッド・ジョンストンが相手でした。
Wガードの膠着で両者にペナルティが入りながら一進一退の攻防が続きました。



03
ですがラスト30秒でスイープに成功したタリソンがP4-2で勝利し紫帯デビューを優勝で飾っています。



04
激戦区だった紫帯ライトフェザーは注目の対戦が続出。
いきなり1回戦でジョナス・アンドラージ(PSLPBシセロコスタ)とビアンカ・バジリオの弟、ハウル・バジリオ(ATOS)が対戦し、ジョナスが勝利。



05
そのジョナスも準々決勝でルーカス・エマヌエル(グレイシーバッハ)に敗れ入賞ならず。



06
決勝戦はジョナスに勝ったルーカスと優勝候補筆頭の"コブリンヤJr"ケネディ・マシエル(アリアンシ)。
ケネディは昨年のヨーロピアンとムンジアルを優勝したものの、このパンだけ優勝しておらず雪辱を期しての参戦。



16
この決勝戦までを極めて勝ち上がってきたケネディもルーカスだけは極めれずにP0-0/A2-1という僅差での勝利となりましたが、悲願のパン優勝で感極まる!



07
コブリンヤも嬉しそうにケネディを祝福。
もしかしらたムンジアルは茶帯でエントリーするケネディが見れるかも?!



08
紫フェザーはゼ・ハジオラの息子、ギリャルメは準決勝で敗れ3位に。
ギャルメは青帯時代の快進撃はどこへやら、紫帯昇格後はなかなか優勝に恵まれない。



09
紫ライトを優勝したのはジョナタス・グレイシー・アラウージョ(ATOS)。
名前に"グレイシー"が入ってるけど、あのグレイシーファミリーと血縁関係があるのかは不明。
※追記・アンドレ・ガウヴァオンに確認したところ、父親がホイスのファンで柔術を始めたために息子に"グレイシー"のミドルネームを付けたらしい。アンドレ曰く"フェイク・グレイシー!"。



12
ブドービデオ製のJiu Jitsu NERDパッチを付けたサムエル・ガルベス(ONE BJJ)。
わざわざ通販で購入してパッチを付けてくれてたので戦いぶりに注目。



13
1回戦はシードで2回戦が初戦だったけど、その試合の相手がよりによって優勝候補のリアム・モス(ATOS)。
案の定、ガードから三角絞めを食らい、そこから腕を伸ばされて一本負けでした。
残念!



10
ガルベスに勝ったリアムはその後も勝ち続けたがアダルト青帯ライトフェザーで入賞ならず。



15
紫ライトには韓国のチョイ・ワンチョイの愛弟子、ジャン・インセオン(コリア・コンペティション・チーム)が参戦も初戦敗退に終わる。



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年03月17日

【Jiu Jitsu NERD】個人的な見どころby森雄大

01
前号(vol.08)の発売から実に9か月経ってようやく発売されるvol.09ですが、注目したいのは「リオデジャネイロ柔術マップ」!

これは2001年『Number』524号、2006年『ゴング格闘技』173号の焼き直し企画ですが、この2冊は今でも持っている方も多いのではないでしょうか?

当時はまだムンジアルがブラジルで開催されていて、多くの日本人選手がこの世界最高峰の戦いの場に出場するため渡伯していた頃だったので、この企画もかなり重宝したと思います。

今の柔術シーンはアメリカがメインになってしまったため、わざわざブラジルに行く人も多くはありませんが、うちの道場(NEXUSENSE)にはチラホラブラジルまで赴き練習するという人もいますので、そういった方にはぜひ活用して欲しいですね。

実際自分も2012年にブラジルに行きましたが、その際に行った場所なども紹介されていて懐かしさとともに、もう一度ブラジルに行ってみたいなという気持ちが出てきました。

ただ、残念なのは今回の企画は詳細な位置がマップと対応できてないおおまかマップということと、取材をしたのが2015年なので若干古い情報だということ(笑)。

まあその辺はご愛嬌ということで・・・。

この「リオデジャネイロ柔術マップ」は『Number』、『ゴング格闘技』を踏襲して似たようなマップになっていますが、きちんとマップは作り直しておりますので、実はこの企画だけに丸2日くらい時間がかかっていますので、個人的に思い入れがあります。

「Jiu Jitsu NERD」vol.09ではこの他にもIBJJFムンジアル、ワールドマスター、SJJIFワールドなど世界大会のレポート、国内ではアジア選手権など柔術したレポートなど9ヶ月間ギューッと濃縮された情報が満載ですので、ぜひお手にとってご覧いただけたらと思います。


mapnerd
上が『Number』524号、下が『ゴング格闘技』173号のリオマップ。



01
【3/18 発売】
『Jiu Jitsu NERD Vol.9』

フルカラー64ページ 定価700円
<インタビュー>
マーカス・アルメイダ"ブシェシャ"
ウゴ・デゥアルチ

<大会レポート>
ムンジアル
ワールドマスター
SJJIFワールド
その他国内大会多数

<特集>
リオデジャネイロ柔術マップ
2016年10大ニュース&BJJ AWARD選考座談会

■『Jiu Jitsu NERD Vol.9』詳細はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear