English Portugues Japanese

2018年04月23日

【レポ】マリアナスオープン2018:黒帯デビジョン1

00
4/22(日)、グアムのフェニックスセンターで「マリアナスオープン2018」が開催された。

例年通りに今大会でもグアム外から多数の強豪黒帯を招聘して賞金トーナメントが行われ、見どころの多い大会となっている。

黒帯賞金トーナメントは180lbsのデビジョン1と210lbsのデビジョン2が行われたが、まずは日本から岩崎とトーマスが参戦したデビジョン1の試合からレポートしたい。

デビジョン1には10人の選手がエントリーし、昨年度の王者であるイザッキ・バイエンセ、プロイベント・カサイのベルトホルダーのヘナート・カヌートに元ムンジアル王者にしてUFCファイターのギルバート・ドゥリーニョら錚々たるメンバーが名を連ねており、かなりの激戦が予想された。

既報の通りに岩崎はドゥリーニョと、トーマスはロマーリョと初戦を戦い、両者ともレフリー判定にもつれ込む僅差の試合となった。

そして両者は明暗を分け、岩崎は勝利もトーマスは敗れ初戦で姿を消すこととなった。

1回戦で元ムンジアル王者のドゥリーニョに勝利という金星を挙げた岩崎だが、準決勝で昨年度の王者であるイザッキに絞めで瞬殺されるも、3位決定戦で判定勝ちし見事に銅メダルと賞金500ドルを獲得している。

その岩崎に勝ったイザッキは反対ブロックを勝ち上がってきたヘナート・カヌートと去年のリマッチとなる決戦戦を戦い、昨年と同じくテイクダウンのポイントで勝利して大会2連覇達成。

金メダル&チャンピオンベルトに加え、さらに賞金1万ドルをも手にしてご満悦の様子だった。

なお3位に入賞した岩崎の試合後のインタビューは追って紹介する予定となっているので楽しみに待っていて欲しい。


01
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)はディエゴ・ロマーリョ(ZRチーム)と対戦。
ディエゴは引き込んでワームガードでトーマスの動きを止める。



02
両者ともそのまま目立った動きはなくレフェリー判定でディエゴが勝利。
トーマスは初戦敗退という結果となった。



03
巨大なモニターが真ん中から割れて入場するシステムのマリアナスオープン。
プロトーナメントらしい派手な演出から入場の岩崎正寛(CARPE DIEM)。



04
1回戦の相手はギルバート・ドゥリーニョ(ゼニスJJ)。
2012年のムンジアル王者で現在はMMAで活躍中の強豪。



05
そのドゥリーニョを相手に立ち技で真っ向勝負を挑んだ岩崎は一進一退の攻防を展開。
そして試合の終盤に片足タックルでドゥリーニョの片足を抱えてテイクダウン寸前までいった。



06
片足タックルは帯取り返しの攻防の中で潰されてしまったが、試合はレフェリー判定にもつれ込む接戦に。



07
メインレフェリーのエジソンはドゥリーニョ、サブレフェリーの荒牧誠と若山達也は岩崎の勝利を支持し、レフェリー判定2−1で岩崎が勝利して準決勝戦へ勝ち上がった。



08
準決勝戦はイザッキ・バイエンセ(アリアンシ)との対戦になり、引き込んだ岩崎のガードを難なくパスしたイザッキがサイドから絞めを極め、1:01 一本勝ちで。
ドゥリーニョ相手に金星を挙げた岩崎だったが2試合目で力尽きた。



10
岩崎は3位決定戦でセルビオ・トゥリオ(グレイシーバッハ)と対戦。
セルビオは昨年のマリアナスオープン茶帯王者でワールドノーギで優勝し黒帯になった選手で、セルビオをスイープし2−0で勝利、3位入賞を果たした。



11
決定戦は岩崎に勝利したイザッキと反対ブロックを勝ち上がったヘナート・カヌート(ゼニスJJ)の顔合わせに。
この両者は昨年のマリアナスオープンでも対戦し、その試合は4−0でイザッキが勝利しているが、今回の対戦もテイクダウンしたイザッキが2−0で連勝しトーナメント優勝を決めた。



12
優勝したイザッキは賞金1万ドルとチャンピオンベルトを手にし、大会2連覇。
イザッキは今年のヨーロピアンで優勝しており、黒帯でも着実に実績を重ねてきている。



13
ディビジョン1表彰台
優 勝 イザッキ・バイエンセ(アリアンシ)
準優勝 ヘナート・カヌート(ゼニスJJ)
3 位 岩崎正寛(CARPE DIEM)



【今日が誕生日の柔術家】ギレルミ・フミ(38)、池田譲(34)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月22日

【大会】マリアナスオープン2018:記者会見

00
4/22(日)、グアムのフェニックスセンターで開催される「マリアナスオープン2018」の記者会見がニッコーホテルで行われた。

この会見には黒帯の賞金トーナメントに出場する全選手が出席し公開計量と地元メディアの質疑応答などが行われた。

実はオフィシャルの計量は同日の朝にすでに済ませており、エリック・シアンを除いた選手たちがパスし、公開計量は形だけのものとなっている。

なお計量をパスできなかったエリック・シアンは賞金を獲得した場合はその半額が対戦相手に渡されるペナルティが課せられるという。

今大会の最大の注目は日本から参戦の岩崎正寛とトーマス・ミツのCARPE DIEMコンビの試合だろう。

両者ともライト級トーナメントの180lbs以下のデビジョン1にエントリーし、岩崎はギルバート・ドゥリーニョと、トーマスはディエゴ・ロマーリョと対戦することになっている。

ドゥリーニョは2012年のムンジアル王者で、その他にもワールドプロやワールドノーギでも優勝している世界3冠王者。

現在はMMAに専念しており、UFCでは8戦を戦い、6勝2敗の戦績で、今大会の1週間前にはUFCアリゾナ大会のセミファイナルでダン・モレットからパンチでKO勝ちしている。

すっかりMMAファイターとなったドゥリーニョだが、いま柔術は日に2回の指導をこなしており、また週に1回はホベルト・サイボーグと練習するなどトックラスのコンディションをキープしているるそうだ。

またトーマスの相手のディエゴはブラジルのレシフェ・ペルナンブコ出身の選手でゼ・ハジオラの黒帯。

まだインターナショナルタイトルはないものの、ブラジレイロは10回もの優勝経験がある新鋭で現在はカリフォルニア・ロサンゼルスのZRチームでルーカス・ホシャの練習パートナーとして日々トレーニングに明け暮れているとのこと。

トーマスのことは知らないというが「誰が相手でも対応できるようにすべての局面を想定した練習をしてきたからトーナメントでの試合ぶりに注目して欲しい。」と自信を覗かせていた。

岩崎もトーマスもまずは1回戦を勝つことが課題といえる強豪と野対戦となっているので、明日のトーナメントを楽しみにしたい。


01
ディビジョン1(180lbs)の出場選手



02
ギルバート・ドゥリーニョ(ゼニスJJ)



03
ディエゴ・ロマーリョ(ZRチーム)



04
ディビジョン2(210lbs)出場選手



p
「マリアナスオープン2018」はFloGrapplingで視聴可能。
コチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月21日

【セミナー】ヘナート・カヌート・セミナーinピュアブレッドグアム

01
4/19(木)、グアムにあるピュアブレッドグアムにてヘナート・カヌートのセミナーが開催された。

毎年開催されている賞金トーナメント「マリアナスオープン」に参加する選手がピュアブレッドグアムでセミナーを行うのが恒例となっており、昨年はフェリッペ・プレギーサとタルシス・フンフェリーのセミナーが行われている。

今年はヘナート・カヌートのみだが、カヌートはグアムに到着したら空港からそのままジムに直行してセミナーを行う慌しさ。

ジムではすでに多数の参加者がカヌートの到着を心待ちにしており、着いてすぐにセミナーが開始され、デラヒーバのパスから極め、デラヒーバからスイープして極めと極めにこだわったテクニックを熱心に指導していた。

カヌートの試合スタイルを見てわかるように極めを重視しており、このセミナーでもパスやスイープから一気に極めまでいけるようなコンビネーションを多数披露し、またその極めにもディテールが多々あることをレクチャー。

茶帯のムンジアル王者で黒帯ではノーギで世界王者となり、またプロイベントのカサイでもベルトを保持するカヌート。

今大会前にゼニスJJからチェックマットに電撃移籍し、練習環境を一新して再起を狙っているカヌートのマリアナスオープン、そしてムンジアルの試合ぶりに注目したい。


02
ヘナート・カヌート(チェックマット)



03
カヌートのセミナーの参加費は$50で予定の19:00よりやや遅れてのスタートとなった。



04
このセミナーではデラヒーバガードのパスを4つ、スイープを1つを指導。
どれもそのまま極めにいけるコンビネーションを見せていた。



05
パスガードは試合でも多用されている見覚えのあるテクニックが多数あった。
中には腰を切りながら相手の太ももに体重を乗せてフックを外していくダイナミックなテクニックも。



06
デラヒーバのフックを外したらいったん下がって



07
相手の足を遠ざけながら回り込むようにパスしていき、



08
腕を抱えたら手首を上に引き上げるようにしながら



09
腕十字を極めていく。



10
セミナーの最後30分はスパーリング。
参加者たちがセミナーで学んだテクニックを使いながら5分×5ラウンドを回していた。



11
カヌートもスパーリングに入って参加者と汗を流す。
スローペースながら随所にキレのある動きを見せて極めを連発。



12
カヌートと同じくマリアナスオープンに参加するタナー・ライスもスパー。
タナーは長身の長い手足から繰り出されるパス&バックテイクが冴えていた。



13
マリアナスオープンにはレフェリーとして参加の荒牧誠(マスタージャパン福岡)もセミナーを受講しスパーリングにも参加。


14
小笠原誠、若山達也、エジソン・カゴハラのレフェリーチームはスパーリングには参加せずぼんやりタイム。



15
ピュアブレッドグアムは白ドーギオンリーだがカヌートだけネイビーのドーギ着用。
カヌートは空港から直接のジム入りし、約2時間のセミナー&スパーリングでグアム滞在初日を終えている。



00
■マリアナスオープン・大会詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月20日

【柔術プリースト】#324:COPA Las Conchas 2018 Okinawa

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は沖縄で開催された「コパ・ラスコンチャス2018沖縄」で行われた試合を配信します。

今大会は黒帯スーパーファイトやMMAで活躍中の山本美憂の柔術デビュー戦などが行われ注目を集めました。

配信試合は以下の通りです。


02
「コパ・ラスコンチャス2018沖縄」
2/25 沖縄武道館(沖縄県那覇市)



ノーギアダルト青帯オープンクラス1回戦
アミティ・シェン(Hsinchu BJJ)vs斉藤あゆみ(パラエストラ川崎)



ノーギアダルト青帯オープンクラス1回戦
斉藤あゆみ(パラエストラ川崎)vs山本美憂(KRAZY BEE)



02
ノーギアダルト青帯オープンクラス決勝戦
アミティ・シェン(Hsinchu BJJ)vs山本美憂(KRAZY BEE)



04
マスター青帯オープンクラス決勝戦
アミティ・シェン(Hsinchu BJJ)vs山本美憂(KRAZY BEE)



05
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
井手智朗(パラエストラなかがわイデDOJO)vsマウリシオ・モゾニ(クサノチーム)



03
マスター黒帯フェザー決勝戦
ベッチーニョ・ヴィタウ(KRAZY BEE)vsジェフリー・リウ(Hsinchu BJJ)



01
黒帯スーパーファイト
若山達也(若柔術)vs北出拓也(パラエストラ川崎)



03
BJJテクニックファイルはエミリー・クォークの旦那さんで、かのマルセロ・ガルシアの黒帯、ジェリー・ハータードが登場。
マルセリーニョ仕込みの技術を惜しみなくレクチャー!



04
#324はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

「日系ブラジリアン系アカデミーヒストリー・北関東編」
ゲスト:エジソン・カゴハラ


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


ed
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月19日

【レポ】SJJJF SPRING OPEN 2018:その2

0415
SJJJFのスプリングオープンには3人のMMAファイターが出場していた。

茶帯の石橋圭太は修斗とRIZINで活躍中でフェザーで準優勝しオープンクラスでも準決勝戦まで勝ち進んでいる。

またミディアムヘビーの松本崇寿は現在はプロレスラーとなっているが過去にはパンクラスで試合をしており、今大会ではワンマッチ決勝戦を制し優勝している。

そしてもう一人が紫帯フェザーの佐藤将光だ。

佐藤は柔術はノヴァウニオンジャパン、MMAでは坂口道場の所属で主戦場にしている修斗ではバンタム級の現役王者に就いている。

今大会が初の柔術マッチ参戦となり、初戦は相手のクローズガードが割れずにペナルティでの敗退となったが、続く試合は勝利し決勝戦は初戦で敗れた相手にサドンデスでRNCを極めて一本勝ちで優勝を果たした。

だが柔術ならではのクローズドガードの攻防で苦戦した試合ぶりに、セコンドに就いていたノヴァウニオンジャパンの阿部修氏は「やっぱ柔術は甘くないな」とポツリと呟いていたのが印象的だった。

01
石橋圭太(DURO GYM)は昨年10月に佐藤と修斗のバンタム級チャンピオン決定戦で対戦し判定負けしている。



02
現在はプロレスラーとして活躍中の松本崇寿(リバーサルジム立川アルファ)は過去にパンクラスに参戦していた経歴を持つ。


03
佐藤将光(ノヴァウニオンジャパン)はアダルト紫帯フェザーにエントリー。
初戦でフィリピンから参戦してきたジェームス・ジャイミ(コブリンヤ・マニラ)と対戦し、クローズドガードが割れずにペナルティでの敗退。



04
3人巴戦のため再度試合し、この試合は勝利して決勝戦に勝ち進んだ。



05
決勝戦で初戦で敗れた相手の再戦し、またもガードに手こずるもサドンデスでRNCを極めて一本勝ち。
見事にリベンジして優勝を果たした。



06
アダルト紫帯フェザー表彰台
優 勝 佐藤将光(ノヴァウニオンジャパン)
準優勝 ジョン・マイケル・ジャイミ(コブリンヤ・マニラ)
3 位 ウイリアム・ハッチウェル(CARPE DIEM)



07
シニア2茶帯ミディアムヘビーで優勝したのはロドリゴ・ゴメス(オハナBJJミサワ)。
1回戦は腕十字、決勝戦はパスガードで勝利した。



10
シニア1紫帯ミディアムヘビー優勝&オープンクラス準優勝し、満を持して茶帯昇格を果たした小島健作(VISCA)。
なんと紫帯を12年も巻いていたという。



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月18日

【Review Wednesday】Going Upside Down: A Beginner's Guide to Inverting for BJJ by Budo Jake

ara
元気ですか!!

楽天ダイヤモンド会員にしてKBJJC(キンヤボーイズ柔術クラブ)レギュラー会員の荒井です。

今回紹介するのは教則DVD「Going Upside Down: A Beginner's Guide to Inverting for BJJ by Budo Jake」。

このDVD収録されているのは豪快なサブミッションでもなければ、華麗なスイープ・パスガードでもありません。

全編を通してインバーティング、いわゆる回転運動が紹介されています。

回転運動といってもバック転などのように高い身体能力や柔軟性を必要とせず、万人に向いていそうな動きばかり。

タイトルにもある通り”ビギナーのため”に適してますね。

この「自分にもできそうだ」という感覚、以前のReview Wednesdayで「ザ・リバースキムラ」(作者は同じくブドー・ジェイク氏)を紹介させて頂いたとき以来です。

普段の稽古においてリバースキムラも少しずつ使えるようになってきたのでイバーティングも、やがて私の武器になることでしょう。

インバーディングは相手のパスガードののアタックを防ぐのに有効で、筆者も幾度となく苦しめられてきた記憶があります。

ポジションを奪う過程としてモダン柔術でよく見られる動きではありますが、インバーティングだけにフォーカスした作品は画期的かもしれませんね。


DVDの内容としては一人若しくは二人で行うドリルが約20項目に渡って収録されています。

それは寝た姿勢・座った姿勢から前方や側方・後方などに回転するという単純な動作。

同じような動きでも、こんなにもバリエーションがあるんだと驚かされました。

そんなインバーティング、連続して行う動画がとにかくカッコイイ!

柔術を知らない人へのデモンストレーションに向いているのではと感じました。

一見わかりづらい関節技よりも、人々を魅了できるかもしれません。

クルクル回るのは楽しそうで「俺もやりたい」って思っちゃいます。

そして自分の身体だけでなく、経済も人生も上手く回していきたいものです。

それではHave a nice Jiu-Jitsu life! See you again!



bu
【発売中】
「Going Upside Down: A Beginner's Guide
to Inverting for BJJ by Budo Jake」



■筆者紹介
yuj
荒井"スロース"勇二(OVER LIMIT BJJ)
2018年4月8日、午前0時の募集開始後、わずか30分で定員に達したオンラインサロン「キンヤボーイズ柔術クラブ」レギュラー会員となる。



【今日が誕生日の柔術家】パブロ・ポポヴィッチ



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年04月17日

【レポ】SJJJF SPRING OPEN 2018:その1

0415
4/15(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでSJJJF主催「SPRING OPEN 2018」が開催された。

2018年度から既存の大会名だったドゥマウの名称を撤廃し、SJJJF(SPORT JIU JITSU JAPAN FEDERATION=スポーツ柔術日本連盟)主催大会としてリニューアルされて開催された春季大会。

今大会ではアダルト黒帯の試合こそ組まれなかったが、マット3面で10時間にも渡る長時間大会となり盛況の様子だった。

ここで活躍したのはマスター黒帯のランジェル・ホドリゲスとアダルト茶帯のリダ・ハイサムだ。

ランジェルは階級別と無差別の決勝戦でスロース荒井と2連戦し2連勝、そのうちの1試合は腕十字を極めての一本勝ちで、極めを許さないスロースを極めたのは特筆モノだった。

茶帯のハイサムは階級別では2人エントリーだったが、ハイサムの相手が欠場し不戦勝となりオープンクラスのみの試合に。

そのオープンクラスのトーナメント2試合も極めて優勝し、相変わらずの強さと極めの強さを見せつけていた。

ハイサムは来週アブダビで開催されるワールドプロに参戦予定で、ヨーロピアン以来の海外試合となるが、そこでも今大会のような強さを見せられるか期待したい。


01
マスター黒帯のスーパーヘビーとオープンクラスの決勝戦で"スロース"こと荒井勇二(Over Limit BJJ)と2連戦したランジェル・ホドリゲス(RRT)。
その2試合で2連勝しマスター黒帯Wゴールド達成。
敗れたスロースは鼻水を垂らしながら悔しがっていた。



02
マスター黒帯オープンクラス表彰台
優 勝 ランジェル・ホドリゲス(RRT)
準優勝 荒井勇二(Over Limit BJJ)
3 位 アギナルド・タバ(クールチャンプクラブ)



03
03シニア1黒帯ライトはワンマッチ決勝戦。
大会常連の高本裕和(高本道場)が佐野真己(グレイシーバッハ静岡富士)をヒザ十字で極めて優勝。



04
シニア2黒帯ライトフェザーもワンマッチ決勝戦で水野晋之(VISCA)がフラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)をサドンデスの末にパスガードで破り優勝を決めた。



11
マーシオ・ナカムラ(Over Limit BJJ)と広瀬岳平(ノヴァウニオンジャパン)のワンマッチ決勝戦×2連戦だったシニア3黒帯の試合はライトで広瀬が勝ち、オープンクラスはマーシオが勝って1勝1敗のイーブンに終わる。



05
アダルト茶帯フェザー決勝戦、山田大聖(大田道場)vs石橋圭太(DURO GYM)は山田が7-4で勝利して優勝、柔術家の意地を見せた。



06
アダルト茶帯ミディアムヘビーのワンマッチ決勝戦は松本崇寿(リバーサルジム立川アルファ)が卯津木豪(パラエストラTB)をサドンデスの延長戦でテイクダウンして勝利。
いまプロレスラーとして活躍する松本は実に4年ぶりの柔術マッチだったがこの勝利はお見事。



08
階級別は対戦得いての欠場により不戦勝でオープンクラスのみの試合となったリダ・ハイサム(CARPE DIEM)。
その初戦は山田大聖(大田道場)を0:44 絞めで秒殺。



09
続く決勝戦も一本勝ちしたハイサム。
決勝戦の相手、卯津木豪(パラエストラTB)のアンクルをトーホールドで極めて3:30 一本勝ち。



01
アダルト茶帯オープンクラス表彰台
優 勝 リダ・ハイサム(CARPE DIEM)
準優勝 卯津木豪(パラエストラTB)
3 位 山田大聖(大田道場)



■今大会のフォトギャラリーはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ファビオ・レオポルド(41)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear