English Portugues Japanese

2019年02月24日

【レポ】JBJJF TOKYO OPEN 2019:色帯

00
JBJJF「TOKYO OPEN 2019」の色帯は茶帯がなく青帯と紫帯のみが行われた。

紫帯にはマレーシア、ペルー、フランスから参戦していた選手がおり、国際的な顔ぶれでの試合となっていた。

その紫帯ではミドルとオープンクラスで同じ顔合わせとなり、柳井夢翔とステファノ・ベレッタの2連戦で1勝1敗のイーブンに終わった。

だが先に行われた階級別での敗戦をすぐさま分析し、オープンクラスではアドバンテージ1差ながら僅差で競り勝つ柳井の勝負強さが感じられた。

また青帯で目立っていたのは日系ブラジリアンで、フェザーとオープンクラスの決勝戦はともに日系ブラジリアン同士の対戦で、フェザーはファビーニョことファビオ・ハラダが、オープンクラスはギレルメ・ナカガワがそれぞれ優勝している。

このファビーニョ、ドグラス、ギレルメの3人は十代後半から20代前半の若い選手で、まだまだ伸びしろがある将来有望な選手たち。

そういった同世代の選手らが互いに切磋琢磨してい過程を目撃できたのは収穫であり、またその集大成を今年のムンジアルで見せてもらいたい。


01
アダルト紫帯ルースター決勝戦
×モハマド・フォーゼン(チームブッダインターナショナル)
vs
○高橋弘毅(ブレイブハート)
マレーシアから来日したモハマドだが高橋にバックから送り襟絞めを極められ4:24 一本負け。



02
02アダルト紫帯フェザー決勝戦
×ダニー・プラ(CARPE DIEM)
vs
○米倉大貴(スウェルズ柔術ジム)
CARPE DIEMからスウェルズに移籍した米倉が移籍第1戦を0-0/1-0の1アドバンテージ差で辛勝。



03
アダルト紫帯ミドル決勝戦
ステファノ・ベレッタ(CARPE DIEM)
vs
柳井夢翔(リバーサルジム新宿Me,We)
フランスから柔術をやるために来日しているステファノが0-0/1-0で柳井に勝利。



04
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
ステファノ・ベレッタ(CARPE DIEM)
vs
柳井夢翔(リバーサルジム新宿Me,We)
ミドルと同じ顔合わせのオープンクラス決勝戦は2-2/1-0で柳井がリベンジして優勝。
ステファノvs柳井はこれで1勝1敗のイーブンに。



05
アダルト紫帯オープンクラス表彰台
優 勝 柳井夢翔(リバーサルジム新宿Me,We)
準優勝 ステファノ・ベレッタ(CARPE DIEM)
3 位 米倉大貴(スウェルズ柔術ジム)濱岸正幸(CARPE DIEM)



06
アダルト青帯フェザー決勝戦
ファビオ・ハラダ(INFIGHT JAPAN)
vs
ギレルメ・ナカガワ(ボンサイ)
ファビーニョとギレルメの決勝戦は1アドバンテージ差でファビーニョが勝利もどちらが勝ってもおかしくない僅差の試合だった。



07
アダルト青帯オープンクラス決勝戦
ドグラス・トーレス(INFIGHT JAPAN)
vs
ギレルメ・ナカガワ(ボンサイ)
階級別&無差別でこの決勝戦まで一本勝ちの連続で勝ち上がってきたドグラスをギレルメが50/50にハメて動きを止めながらバックマウントを奪い6-4で逆転勝ち。



08
アダルト青帯オープンクラス表彰台
優 勝 ギレルメ・ナカガワ(ボンサイ)
準優勝 ドグラス・トーレス(INFIGHT JAPAN)
3 位 秦直希(スウェルズ柔術ジム)シェウ・ミンシ(台湾BJJ)



【今日が誕生日の柔術家】レティシア・ヒベイロ、金古一朗(44)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年02月23日

【レポ】JBJJF TOKYO OPEN 2019:黒帯

00
2/22(金)、東京・錦糸町の墨田区体育館でJBJJF主催「TOKYO OPEN 2019」が開催された。

JBJJFは今大会と全日本マスターで3日間連続で同会場にて大会を開催するが、この大会は平日の金曜日開催ながらも100人余りの参加者を集めており、JBJJF主催大会の人気の高さを感じさせた。

試合は翌日&翌々日に全日本マスターを控えているのでアダルトが中心になっていたが、全日本マスターにも出場する選手があえて今大会にも参戦しており、その出場意欲の高さには頭が下がる思いだ。

その中で突出した存在感を見せていたのがクレベル・コイケだ。

クレベルはいまポーランドのKSWというMMAイベントを主戦場にしており、過去にはチャンピオンにもなって高いファイトマネーを稼ぎ出しているトップファイター。

だがMMAに集中している弊害か、最近は柔術では好成績を残せておらず、先月リスボンのポルトガルで開催されたIBJJFヨーロピアンではマスター1で出場したにも関わらずに入賞できずに終わっている。

それもあって今大会と全日本マスターの2大会連続出場でヨーロピアンでの敗戦イメージ払拭したい思いでの試合に挑んだクレベルは結果的には全試合一本勝ちでライト&オープンクラスの2階級制覇。

相変わらずの極めの強さを見せて柔術再起戦をWゴールドで飾り、初出場となる全日本マスターでも今大会と同様に好成績を残すのは間違いないだろう。


01
アダルト黒帯ライトフェザー決勝戦
○高橋俊彦(パラエストラ吉祥寺)
vs
×井田悟(パラエストラTB)
引き込んだ高橋がスイープし2ポイント獲得し、下になった井田がガードから三角絞めに捕らえるもそのまま極めきれずにタイムアップで高橋が2−0で勝利。



02
アダルト黒帯フェザー決勝戦
○横山武司(スウェルズ柔術ジム)
vs
×濱崎一登(ロータス世田谷)
先月末のガナビー杯で黒帯デビューを果たした横山が2か月連続の大会参戦。
試合はスイープ&マウントで大量ポイントを得て8-2で横山勝利。



03
アダルト黒帯フェザー決勝戦
○クレベル・コイケ(ボンサイ)
vs
×世羅智茂(CARPE DIEM)
過去に幾度となく対戦している両者のワンマッチ決勝戦は序盤は世羅が攻め続ける展開も後半クレベルが盛り返してマウントを奪い、そこから腕十字&モンジバカのコンビネーションで7:03 一本勝利。



03a
マスター2黒帯オープンクラス決勝戦
デニス・グリネンコ(グレイシーバッハ)
vs
橋本貴(パラエストラ吉祥寺)
ロシア人黒帯のデニスがバックマウントを奪ったが、そこから橋本が得意とする足首を交差して極めるレッグロックで2:40 一本勝利で逆転優勝。



08
アダルト黒帯オープンクラス1回戦
○横山武司(スウェルズ柔術ジム)
vs
×井田悟(パラエストラTB)
3人巴戦の無差別トーナメイントの1回戦は横山がトーホールドを極め2:28 一本勝利で決勝戦進出。



05
アダルト黒帯オープンクラス1回戦
○クレベル・コイケ(ボンサイ)
vs
×井田悟(パラエストラTB)
クレベルが余裕を見せて序盤は攻めさせるだけ攻めさせ、バックを取られそうになったところから本領発揮しバックマウントのエスケープからバックを奪い返してRNCで3:23 一本勝利で決勝戦へ。



06
アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
×横山武司(スウェルズ柔術ジム)
vs
○クレベル・コイケ(ボンサイ)
横山を警戒していたクレベルだが終わってみればクレベルの圧勝。
ガードになったクレベルがスルスルと三角絞めをセットアップし、しばらく耐えていた横山だが観念したようにタップ、試合時間は1:48という秒殺だった。



07
クレベルのコメント
「ワタシはまだ29歳だけど今年は30歳だからマスター、もうオジチャン(笑)。いままではMMAばっかりだったけど今年は柔術もたくさん出る。全日本マスターもガンバリマス!みなさん応援よろしくお願いします。」



【今日が誕生日の柔術家】マリオ・ヘイス(39)、山本大気



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年02月22日

【動画】BJJ-WAVEゲスト回、グレッグ・ハヤシ編

00
毎週配信している動画と音声による柔術ニュース番組「VHRS presents BJJ-WAVE」。

この番組では不定期で国内外からゲストをお迎えして収録しており好評を頂いてます。

今回はアメリカ・ロサンゼルス在住のグレッグ・ハヤシさんにご参加頂き、いろんな話を聞きました。

主なテーマはヒクソン・グレイシーについてです。

グレッグさんはPRIDEで見たヒクソンの強さに感銘を受けてヒクソンのジムに入門し、そこでヒクソンの練習や日常を垣間見てきました。

途中、柔術から離れていた時期もあったそうですが、また柔術を再開した際にはヒクソンの黒帯であるデヴィッド・カマのジムに入会し、現在もヒクソンのアソシエーションメンバーとして交流があるそうです。

そんなグレッグさんから練習を共にしていた90年代〜2000年代初期のヒクソンのことや、伝え聞いたヒクソン伝説、そして現在に至るまでのあれこれを話してもらってます。

そのエピソードの多くが実際に目にしてきたことなので説得力も抜群で新たなヒクソン伝説も満載。

そしてつい先日、満を持してUFCデビューを果たし、その試合で一本勝ちしたヒクソンの次男・クロンにまつわるエピソードもあり、興味深かったです。

とにかく全編に渡ってヒクソンやグレイシー柔術にまつわる話ばかりの1時間半、現在のいわゆる競技柔術とは違う、ブラジリアン柔術とグレイシー柔術が同義語だった時代のことが聞けたのは貴重でした。

公開から1週間も経っていない中、すでに1000回以上の視聴回数を数えた今回のグレッグ・ハヤシ編、ぜひチェックしてみてください!


gre
VHTS presents BJJ-WAVE
ゲスト:グレッグ・ハヤシ
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!







■過去のBJJ-WAVEはコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】マーシオ・スタンボウスキー(60)、アダム・マルチネス(48)、梅村寛(47)、坪井盛朗(45)、新明佑介(41)、榊原和正(39)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年02月21日

【インタビュー】アマチュアクインテットで4人抜きの中学生・池本美憂

01
2/10(日)、九州・福岡のかすやドームで開催された「Amateur QUINTET Kyushu2019」で1試合だけ行われた女子マッチで大きな話題となった選手がいる。

それが今回紹介する池本美憂だ。

池本はTATORUチームの一番手として出場すると、対戦チームの5人のうち4選手から一本勝ちし、最後の試合も引き分けで負けなしで5試合を戦ったのだ。

まだ中学生の14歳という池本はその若さと勢いを武器にあれよあれよという間にオトナ相手に勝ち進んでいったのだから大したもの。

将来有望な女子選手である池本のインタビューをお送りする。


──まず最初にクインテットでの試合の感想から教えてください。

この試合に向けてチームメイトとたくさん話し合ったり、前日にみんなで岩盤浴にいって体重調整したり、チームとして戦ったクインテットでした。私自身は前日に柔道で団体戦を3試合、個人戦を4試合して優勝をしたので、いい形でクインテットの試合を迎えることができました。チーム全体の体重がギリギリだったので当日はみんなとドキドキしながら計量に挑みクリアした時はみんなで抱き合って喜びましたね。試合中は練習の時に考えていたことやクラスで先生に教えてもらったことが形になっていく感覚があって楽しかったの一言です。クインテットに参加することが決まってからTATORUのみんなからたくさんのアドバイスがあったり会場に応援にきてくれて嬉しかったです。

──この試合前にどんな試合をしようと考えていましたか?

先鋒だったので先鋒としての役割を果たしチームの勢いをつけたいと思っていました。それと日々の練習の成果を出してTATORUの人たちにいい報告をしたいと考えて試合に挑みました。

──結果的に一人で勝ち抜いたせいで他のチームメイトが試合ができなくなりました。それについてはどうでしょうか?

先鋒としての役割を果たそうとして頑張った結果、いつの間にか大将戦まできていました(苦笑)。松下さん(次鋒)と高本さん(中堅)は、クインテットと同時開催されていた柔術大会の九州柔術オープンで試合をしていたので、体力的にきついかなと思い、私ができるだけ抜こうと思っていました。もし負けたとしても、いつも一緒に練習している4人が後ろに控えていたので安心して試合に挑めましたね。

──クインテットの試合で一番キツかったことはどんなことでしたか?

相手に考える暇を与えず、先に先にと考えて常に前に出るプレッシャーをかけていきました。この人とやりたい、あの人とやりたいと思いながら、最終的には柔術黒帯の方とも試合ができたので、試合中のキツさよりも喜びや楽しさの方が上回っていました。でもさすがに試合後には大きな疲労感と脱力感がありましたけど。

──この活躍で4月に開催されるクインテットの本戦の女子大会に出る可能性もあるかと思います。

もし本戦に出場できるのであれば、今回のチームを組んだ5人で出たいです。そしてまだ飛行機や新幹線に乗ったことがないので、それも楽しみのひとつですね。そのために一つ一つが頑張っていこうと思います。


02




03



──ではここからはプロフィール的なことを聞いていきます。柔術(格闘技)を始めたきっかけはなんでしたか?

お兄ちゃんの影響で小学4年生の頃に柔道を始めて、その後に柔術もお兄ちゃんが始めたので中学1年生の時に私も柔術を始めました。

──柔術の面白いと思うところはどんなところですか?

始めは頭の中でいつもグルグル回っていました。今はパズルを解いていくような感覚と1本をとるのが面白いです(笑)。あとTATORUで柔術しているのがいつも楽しいです。

──練習は1週間でどれくらいしていますか?

中学校の部活動と柔道クラブで毎日柔道をやっています。それが終わってからTATORUで柔術をやっています。

──まだ中学生ですが高校に進学しても柔術続けますか?

どの高校に行くのか決まっていませんが続けたいと思っています。大人になったらTATORUのみんなのように、仕事と柔術が両立できるようになりたいです。なので勉強もがんばりたいです。

──では最後に今後の目標を教えてください。

まだ年齢的に青帯の試合に出れないので、このクインテットをきっかけに色々な帯色の人と戦いたいです。それと柔術をもっと上手くなりたいです。



04




05
池本 美憂(いけもと・みゆう)
生年月日:2004年5月30日(14歳)
白帯(まだ青帯の基準年齢に達してないため)
身長:156cm
体重:51kg
出身地:熊本

【主な戦績】
2017/12/17 第11回九州柔術選手権 アダルト白帯フェザー級優勝/オープンクラス優勝
2018/02/24 福岡国際柔術選手権 アダルト白帯フェザー級優勝/オープンクラス優勝(マスタージャパン主催)
2018/09/02 福岡国際柔術選手権 アダルト白帯フェザー級準優勝/オープンクラス優勝
2018/12/23 第12回九州柔術選手権 アダルト白帯ライトフェザー級優勝/オープンクラス優勝


■Photo and txt by TATORU




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年02月20日

【Review Wednesday】ブルーノ・マルファシーニ「HOW TO BEAT BIGGER GUYS:GUARD」

b2
今週の「Review Wednesday」は橋本欽也が担当します。

今回紹介するのはブルーノ・マルファシーニ初の教則DVD「HOW TO BEAT BIGGER GUYS:GUARD」です。

このタイトルを日本語訳すると「どうやってデカいヤツらをブチのめすか?ガード編」となり、まさに小柄なマルファシーニにうってつけ。

ブルーノはいわずもがなの柔術の史上最も実績を残した柔術家の一人で、ムンジアル優勝10回を数える偉大なチャンピオン。

惜しまれつつも昨年のムンジアルを最後に柔術引退をしましたが、名勝負数え歌的な一連のカイオ・テハとの対戦も勝ち越しており、またMMA転向後も持ち前も極め力を存分に発揮し3戦3勝・3戦連続の一本勝ち、しかも1Rで極めての勝利でいまだ無敗を誇ってます。

そのブルーノが満を持してリリースした今作は「小さい選手が大きい選手に勝つ」という柔術の醍醐味を凝縮した作品となっており、タイトル通りにガードに特化したテクニックが多数収録されてます。

4枚組の大ボリュームでガードからのスイープ&バックテイクのバリエーションの数々は実際にブルーノが試合で使っていたテクニックばかりで説得力抜群。

とはいえ、ブルーノの強靭なフィジカルあってのものもあり、「これはできない!」と思われるものもあるかと思いますが、そういったアクロバチックなテクニックも見てる分には面白く、できる・できないを別にして「こういったテクニックもあるんだな」と知的好奇心をソソることは確実です。

Xガードやデラヒーバなど、よくあるシチュエーションからのテクニックが多いので、すぐさま自分のテクニックレパートリーに加えることが可能でしょう。

中でもダイナミックなカラードラッグ&アームドラッグ系のテクニックも充実してるので、これらはスタンドゲームのテイクダウンにも転用可能で汎用性も高いと思われます。

そして兎にも角にも史上最強のルースター級世界王者、ブルーノ・マルファシーニの初の教則DVDなんだから、それだけでも"買い"なのは間違いない!

そして発売元もベルナルド・ファリアが創設メンバーに名を連ねるBJJファナティックスなんだからクオリティに安心・安定の保証付き。

いろんな意味でオススメのBJJファナティックスの教則DVDシリーズですが、このブルーノ・マルファシーニの他にルーカス・レプリのパスガード、マイキー・ムスメシのレッグロックと新作を多数リリース。

次週はルーカス・レプリを、その翌週はマイキー・ムスメシのDVDをレビュー予定なので、そちらも乞うご期待!


bu
【近日入荷予定】
ブルーノ・マルファシーニ「HOW TO BEAT BIGGER GUYS:GUARD」













【今日が誕生日の柔術家】ウィンドソン・ハモス(27)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のインスタグラムはコチラから!



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年02月19日

【結果】パンキッズ2019:主な入賞者

pk
2/17(日)、ロサンゼルス・ロングビーチで開催されたIBJJF主催「パンキッズ2019」の主な入賞者です。


続きを読む

2019年02月18日

【結果】クロン・グレイシー、UFCデビュー戦で鮮やかな一本勝ち!

k3
2/17(日・現地時間)、アリゾナ州フェニックスのトーキングスティック・リゾートアリーナで開催された「UFCファイトナイト」でのクロン・グレイシーのUFCデビュー戦の結果です。

続きを読む