English Portugues Japanese

2017年09月22日

【レポ】IBJJFアジア選手権2017:マスター黒帯・その1

as
IBJJFアジア選手権のレポートもいよいよラスト。

最後はマスター黒帯の試合を2回に渡って紹介する。

マスター黒帯は国内のみならず海外からの参加者も多く国際色豊かな試合が数多く実現している。

今大会の2週間前にはラスベガスでワールドマスターが行われていたが、そのワールドマスターとアジア選手権の連続参戦する選手も少なくなかった。

マスター勢は30歳以上の選手だが、まだまだ元気に試合を行っている様子なのは心強いだろう。


01
ワールドマスターにも参戦していた澤田真琴(DRAGON'S DEN)だがラスベガスでは初戦敗退。
だが今大会ではマスター3黒帯ライトフェザー決勝でバトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)から勝利して優勝。



02
マスター3黒帯ライトフェザー表彰台
優 勝 澤田真琴(DRAGON'S DEN)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)
3 位 佐藤文紀(ストライプル)水野普之(VISCA)



03
マスター2黒帯ルースターで佐藤豪(ブレイブハート)が久しぶりに試合参戦もファビオ・ミツカ(MYBJJチームジャパン)の三角絞めに捕えられワンマッチ決勝戦で敗れた。



05
マスター4黒帯ルースターの松本康雄(グラスコ柔術アカデミー)もワールドマスターから連続参戦したが今大会でも準決勝で敗退し金メダル獲得ならず。
優勝は松本に勝利した木村太郎(DRAGON'S DEN)を決勝で下した 伊藤正純(ねわざワールド品川)。



06
福住慎祐(福住柔術)がマスター4黒帯ライトで優勝し大会連覇。
キャリアに裏打ちされた的確なテクニックが持ち味だ。



07
ジャック・マクヴィッカー(マクヴィッカーズBJJ)はワールドマスターでは初戦敗退だったが今大会ではマスター3黒ミドルできっちり優勝。
オープンクラス出場は「デカいやつばっかだからどうしよう?」と悩んでいたが結局出場していた。



08
そのオープンクラス決勝はミドル決勝のリマッチとなるvsホジェリオ・クリスト(ホシャ)と。
ミドル決勝では一本勝ちしたジャックだが、この試合では逆にアームロックで一本負けを喫した。



09
階級別の敗戦を無差別で返したホジェリオもさすがの極め力を発揮。
この2人の試合はまた見たいと思わせるものだった。



10
マスター3黒帯オープンクラス表彰台
優 勝 ジャック・マクヴィッカー(マクヴィッカーズBJJ)
準優勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
3 位 ヴァルテル・フランコ(RUL BJJ)



11
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)はマスター2黒ミドルで優勝もオープンクラスは準々決勝で敗れベスト8に終わる。



12
マスター1黒帯Wゴールドはサダ・クリモリ(INFIGHT JAPAN)。
ミディアムヘビーのワンマッチ決勝戦で勝利しオープンクラスでも優勝し2つの金メダルを手にしている。



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


2017年09月21日

【レポ】IBJJFアジア選手権2017:ジュブナイル青帯

大会終了後から2週にわたりレポートしてきたIBJJFアジア選手権。

最後は大会最終日に行われたジュブナイル青帯の注目試合を紹介したい。

男子には、アメリカ西海岸での柔術留学から帰国したばかりの丹羽兄弟がエントリー。

現地ではコスタメサにあるAOJを中心に出稽古を行った2人は、滞在中にSJJIFの北米組織NABJJFのNORTH AMERICAN BJJ TOURNAMENTで、兄の怜音がノーギのジュブナイル青帯ライトで優勝、弟の飛龍は柔術のジュブナイル青帯フェザーで優勝と、兄弟揃って金メダルを獲得している。

帰国後初のビッグトーナメントで、留学の成果を発揮できるか期待された。

一方、女子のトーナメントにはAOJからイザベラ・フローレスとジェサ・カーンが参戦。

イザベラは女子紫帯フェザーを制したソフィアの妹、ジェサはAOJへ柔術留学を行ったルアナ・ディアスのホストファミリーだ。

そこに今年のムンジアルで2階級制覇を成し遂げたカロリーナ・クワハラ、ホシャ柔術のホジェリオ・クリストの愛娘のフェルナンダ・クリストが加わり、日米実力派の熱戦が展開された。


01
ジュブナイル青帯フェザーはピュアブレッドグアムのドーソン・アルセオ以外全員日本勢の4人トーナメント。丹羽飛龍(AXIS横浜)は初戦でドーソンをP9-2で退けて決勝進出。



続きを読む

2017年09月20日

【Review Wednesday】『コブラ柔術』by内山裕規

0920a
こんにちは!

いつの間にかもう9月、今年も残すところ約3ヶ月となりましたね。

1年があっという間すぎて本当やばいです・・・苦笑

2017年も悔いの残らないよういきましょ〜!!

さてさて今回紹介するのは2007年にリリースされた名作「コブラ柔術」です。

みなさまご存知の"コブリンヤ"ことフーベンス・シャーレスのDVDとなります!

コブリンヤは2017年のムンジアルで優勝を飾り、未だ衰えていない素晴らしい結果を残していましたね。

そして今週末にヘルシンキで開催されるADCCにも参戦、とまだまだ現役バリバリで頑張っています。

このDVDはもう10年も前の作品ですが内容は今も使えるテクニックだと思います!

今流の担ぎのパスガードも入っておりますし、その他にもベーシックなクローズドガードのオフェンス/ディフェンス、そして最近見なくなりましたがたまにあると困るタートルガードの攻略等々載っております。

さすが世界チャンピオンとだけあって、テクニックが風化しておらず、いい復習になります。

やはり柔術は流行りのテクニックよりもこのDVDに入ってるような基本、基礎となるようなテクニックの方が長く使えると思います。

また途中にスパーリング・練習風景やインタビュー、私生活?も入っていたりと、テクニックの合間に入ってるのでちょっと休憩になります(笑)

コブリンヤのようにアクロバティックに攻めることができるのか・・・?と不思議ですが、ためになる1本だと思います!

今も昔も不変のコブリンヤのテクニック、ぜひ見てみてください!


0920b
【好評発売中】
『コブラ柔術』
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アンドレ・ネガオン



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


2017年09月19日

【レポ】IBJJFアジア選手権2017:女子

00
IBJJFアジア選手権の女子の試合をまとめて紹介する。

今大会の3日間を通して青帯から黒帯までが行われたが既報の黒帯以外の試合で注目試合を厳選してレポートしていく。

続きを読む

2017年09月18日

【セミナー】ノヴァウニオンの黒帯4段、ジャイーのセミナー開催

01
ブラジル・ナタウの名門アカデミー、ノヴァウニオン・キムラの創始者であるジャイー・ローレンソが初来日を果たしセミナーを開催します。

ジャイーはノヴァウニオン創始者であるアンドレ・ペデネイラスの黒帯4段で、今回は9/23(土)にさいたまスーパーアリーナで開催されるUFCジャパンに参戦する佐々木憂流迦の対戦相手であるジュシー・フォルミーガのセコンドとしての来日です。

このセミナーはノヴァウニオン・キムラで長期に渡る柔術修行を行っていた塚田市太郎と鈴木尚美が共同で主催し、ミューズ柔術アカデミーが協力して行います。

日時は9/26(火)、20:00〜22:00、場所はミューズ柔術アカデミーにて。

参加費は一般4000円でミューズ会員は3000円で受講可能です。

以下は塚田市太郎からのメッセージです。

02
「皆さんこんにちは!!

今回アメリカからジャイー・ロレンソがUFCに出場する選手達のセコンドとして来日します。

ジャイーは自分がブラジルで練習していたノヴァウニオン・キムラの先生で、自分の柔術スタイルの基礎を作ってくれた尊敬してやまない柔術家です。

指導者として素晴らしい実績を持っており、UFCのチャンピオンであったヘナン・バラオンや、同じくUFCで活躍したグレイソン・チバウ、今回来日したクラウジーニャやフォルミーガなど世界のトップ選手を育てています。

現役の柔術家ではオーランド・モンテイロもジャイーの門下生で、現在はブラジルを離れてアメリカに移住しているオーランドですが、いまでも必ずノヴァウニオン・キムラのパッチをギに付けて試合に出ているほど、ノヴァウニオン・キムラとジャイーのことを尊敬しています。

もちろん自分もノヴァウニオン・キムラで修行した日々のことは大事にしており、訳あってノヴァウニオンを離れた今でも心はノヴァウニオンにあり、パッチも欠かさずギに付けています。

そのジャイーが今回日本でセミナーをするという事で、日本の皆さんにジャイーを知ってもらう機会を持てた事にたいへん嬉しく思います。

ぜひこの機会にジャイー・ロレンソのオールラウンドな柔術のテクニックを体感して下さい!!」


03
アリゾナでノヴァウニオンの支部を運営するグスタボ・ダンタスとオーランド・モンテイロ、その横がジャイー・ローレンソ。



04
ノヴァウニオン創始者のアンドレ・ペデネイラスとジャイー。
デデからの信頼も厚く、数々の強豪を育てた名コーチとして知られています。



10
MMAコーチとしての手腕も素晴らしくUFCにも数多くの選手を送り込んでおり、元チャンピオンのヘナン・バラオンはジャイーの門下生。



06
2000年代は現役選手としてノヴァウニオン黄金期を支えました。
左からジャイー、フェイジャオン、レオ・サントス、ホビーニョ、マルコ・ロウロ。



07
現在は43歳のジャイーはいまでも稀に試合に出ており、2014年のヨーロピアンではマスター2黒帯ミドルで優勝。



08
ジャイーが獲得したメダルは相当な数を所持。
選手としても素晴らしい実績を残しています。



11
【セミナー】
「ジャイー・ローレンソ・セミナー」
日時:9/26(火) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
費用:4000円(一般)3000円(ミューズ会員)
問い合わせ:080-5007-6056 / shmknn@docomo.ne.jp 塚田まで



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


【セミナー】9/24浅草、ハウフの黒帯、ジェイク・スコベル・セミナー開催

01
9/24(土)、台東リバーサイドスポーツセンターで開催される「ASJJFジャパンGP2017」の大会後にジェイク・スコベルのセミナー開催が緊急決定しました!

このジェイクはハウフ・グレイシーの黒帯でサンフランシスコのハウフのジムのインストラクターですが、なんとハウフのジムに住み込んで柔術に打ち込んでるストイックさ。

かのカート・オシアンダーのトレーニングパートナーで、カートが毎週YouTubeでテクニックを配信している「Move of the week」の受け手としても知られてます。


02
ジェイク・スコベル(ハウフグレイシー)


また選手としての実績もパン選手権のマスターで優勝、サンノゼオープンはアダルトで優勝、サンタクルズプロでも優勝と数多くのタイトルを保持。


アジア選手権では優勝した八巻選手に敗れるも唯一、一本を許さなかった強豪です。

先月のワールドマスターでは1回戦でミシェル・ミヤシタを三角絞めで極めて2回戦進出も、そこで優勝したケイシーニョに敗れましたが、ケイシーニョのモダンテクニックにも真っ向から対抗し好勝負を展開していました。


03
アジア選手権1回戦は広瀬貴行(パラエストラTB)をバックからのエゼキエルで一本勝ち。



04
つづく2回戦は八巻祐(X-TREME柔術アカデミー)に敗れるもスイープで先制ポイントを挙げてテクニシャンぶりを発揮。



05
ワールドマスターは1回戦でブラジル・サンパウロのミシェル・ミヤシタ(ブシドーJJ)から三角絞めを極めて初戦を突破。


06
2回戦では優勝したケイシーニョに負けてしまいましたがテクニカルな攻防は見応え充分でした。




母親が大阪在住の日本人というアメリカンジャパニーズのジェイクはアジア選手権の大会後に日本に滞在し、母親と実に17年ぶりの再会を果たし、先週末は香港でもセミナーを行ってきました。

そんなジェイクの日本初セミナー、参加費は4000円でASJJFジャパンGPの大会参加者は3000円という参加しやすい価格設定になっています。

セミナー開始時間は17:00〜2時間の予定で開催し、テクニックの受け手は一心柔術代表の後藤悠司が、セミナーの通訳はジェイクのチームメイトの松井ヒロシ氏がそれぞれ務めるという完璧な布陣で臨みます。

急遽決まったセミナーですが、参加費も安く設定されてるので、ぜひこの機会にハウフ・グレイシー&カート・オシアンダーの系譜を継ぐジェイクのセミナーを受講してみてください!


01
【セミナー】
「ジェイク・スコベル・セミナー」
日時:9/24(日)17:00〜
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
費用:4000円(一般)3000円(大会参加者)
※予約は不要で参加希望者は当日会場にて受付



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear


2017年09月17日

【柔術プリースト】#295:ASJJF DUMAU HOKKAIDO CHAMPIONSHIP 2017

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのはASJJFドゥマウの北海道大会です。

この大会ではスロース荒井が茶帯でWゴールドを達成し表彰台で黒帯昇格を果たした記念すべき日となりました。

そんな大会からベストマッチを厳選して紹介します。

配信試合は以下の通りです。


0702
『ASJJF DUMAU 北海道オープン2017』
7/2(日)厚別区体育館


アダルト青帯フェザー決勝戦
松坂理生(ポゴナ・クラブジム)
vs
福井貴弘(厚別BJJ)



マスター青帯ライトフェザー決勝戦
小山内渉(CORE)
vs
北浦宏樹(Over Limit BJJ)



アダルト紫帯フェザー決勝戦
小西徹(パラエストラ札幌)
vs
広鰭翔大(Over Limit BJJ)



07
アダルト茶帯スーパーヘビー決勝戦
荒井勇二(Over Limit BJJ)
vs
庄山真司(Over Limit BJJ)



08
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
荒井勇二(Over Limit BJJ)
vs
庄山真司(Over Limit BJJ)



02
マスター黒帯ミディアムヘビー決勝戦
高橋計康(ギムナシオン札幌)
vs
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



03
マスター黒帯オープンクラス1回戦
高橋計康(ギムナシオン札幌)
vs
村田良蔵(Over Limit BJJ)



04
マスター黒帯オープンクラス1回戦
佐藤恒明(ギムナシオン札幌)
v
sヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



06
マスター黒帯オープンクラス決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
村田良蔵(Over Limit BJJ)



2
BJJテクニックファイルはハワイのカイル・タカオのテクニック「ラペラを使ったデラヒーバガードからのスイープのバリエーション」です。



3
■#295はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

9/24 ASJJFドゥマウでイゴールvsレダ、スーパーファイト決定
アルゼルト2、クレバールシアーノ参戦
VHTS×チョークボーイズ コラボTシャツ発売
11/26 紫〜黒帯&グラップリング大会、ミューズで開催
堀込くん、黒帯に
黒帯になれるのは100人に1人説
お便りコーナー


などなど。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!


そしてIBJJF大会後恒例の総括座談会・アジア選手権編も公開中です。

■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




©Bull Terrier Fight Gear