English Portugues Japanese

2016年05月06日

【レポ】ドゥマウインターナショナル2016:茶帯

アダルト茶帯の注目選手は“ペザオン”エリクソン・タケウチだ。

ペザオンは久しぶりのドゥマウ大会でASJJFルールになってからは初参戦。

それがどう影響するか?に注目が集まったが終わってみれば3試合中2試合を一本勝ちし、唯一の判定決着となったオープンクラス決勝戦もP9-6ときっちりとポイント差をつけての勝利。

かなりウェートアップしていたのはやや気になったが、その分パワーを付けたようで力強さも感じられた。

そして女子は黒帯と茶帯が合同カテゴリーとなっているため、黒帯vs茶帯の対戦が実現した。

黒帯のイザベレ・ソウザと茶帯のケイチ・ヤマダのワンマッチ決勝戦だったが、イザベレはヨースキ・ストーの奥さんでケイチはアンデルソン・タカハシの奥さんというマダム対決でもあった。

この試合でケイチがイザベレにポイント差で勝利というアップセットが起こり、数年ぶりの試合だったケイチだが見事に黒帯から勝利を果たしている。

ケイチもイザベレも国内では数少ない試合に出る女子の茶黒帯なので今後も継続参戦を期待したい。


01
アダルト茶帯ライト決勝戦
山脇佑介(NEX)
vs
阪上亮介(チームレグナム)
ドゥマウではレアな日本人同士の決勝戦は山脇が阪上からP2-0で勝利。



01a
この両者はオープンクラス3位決定戦でも再戦。
その試合では試合終了間際に阪上がパスガードを決めP3-2で逆転勝利し階級別のリベンジを果たし3位入賞。



02
ドゥマウ東京大会では常連のクレイトン・マヌエル(ノヴァウニオン)が愛知大会初参戦。
だが階級別は初戦敗退、オープンクラスも欠場している。



03
ミディアムヘビー優勝はアンドリュース・コレア(ホシャ)。
アンドリュースは昨年末にブラジルから来日した選手で長身が印象的。



04
久々のドゥマウ参戦のペザオンはヘビーはグスタヴォ・シウバ(ホシャ)からチョイバーで一本勝ち。
オープンクラスも準決勝で阪上から腕十字、決勝はアンドリュースからP9-6で勝利し2階級制覇している。



05
ある意味、男子以上の盛り上がりだった女子の茶黒マッチ。
茶帯のケイチと黒帯のイザベレの帯色を超えた一戦。



06
奥様の試合ぶりにセコンドの旦那2人もアツくなる!
アンデルソンは柵に乗り出して必死の声援!



07
試合は前半の猛攻を凌いだケイチが後半に盛り返してP9-4で判定勝ち。
次戦はコパ・ポジオのようにカップルマッチでヨースキ夫妻vsアンデルソン夫妻で決着戦はどうか対決はどうか?!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月05日

【レポ】ドゥマウインターナショナル2016:黒帯

5月のドゥマウ愛知大会は「ドゥマウインターナショナル」として過去にはパイシャオンやガブリエル・モラエス、エスキジートなどムンジアル王者クラスの選手を海外から多数招聘していた大規模な大会だった。

だが近年は海外から選手を招聘するのではなく日本の選手を海外に派遣する方向にシフトチェンジしたために「インターナショナル」は名ばかりですっかり普通の大会になってしまった。

とはいえ今大会も6面設置で5面進行で述べ人数で500人超えでの開催となり、招聘選手がいてもいなくても関係ないほどのビッグトーナメントとなっている。

黒帯はアダルト、マスター、シニアともレギュラーメンバーが優勝し波乱はなかったがアダルトでルアン・アロウカ、マスターでホブソン・オリヴェイラという新顔の参戦があり、フレッシュな顔合わせも実現している。

その他にも多くの見どころがあった今大会は複数回に渡って詳細なレポート予定で、まずは黒帯から紹介していきたい。


1
ドゥマウの愛知大会はドゥマウの中でも屈指の規模を誇る。
6マット設置は今大会ならではだ。



2
アダルト黒帯ミドル級はワンマッチ決勝戦で定番のアンデルソン・タカハシ(ホシャ)vsレアンドロ・クサノ(クサノチーム)の対戦。
P4-4からサドンデスに突入しスイープを決めたクサノが勝利。



3
続くオープンクラスでもvsクサノ戦が期待されたがクサノは負傷棄権。
決勝戦は新顔のルアン・アロウカ(小川柔術)との初対戦となり7:34 腕十字で一本勝ちで優勝を果たす。



4
アダルト黒帯オープンクラス表彰台
優 勝 アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
準優勝 ルアン・アロウカ(小川柔術)
3 位 森本猛(チームレグナム)



5
アダルト黒帯ライトフェザーもワンマッチ決勝戦。
戸所誠哲(パラエストラ岐阜)が後藤貴史(チームレグナム)からP12-2で快勝。
戸所は8月にラスヴェガスで開催されるワールドマスターに参戦予定だ。



6
Impacto Japan BJJから小川柔術に移籍し黒帯昇格したルアン・アロウカ(小川柔術)。
アダルト黒帯ヘビーにエントリーも森本猛(チームレグナム)のフットロックで3:32 一本負けした。



7
マスター黒帯はヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)が盤石の強さで2階級制覇。
階級&無差別の3試合をすべて一本勝ちという跳び抜けた強さ!



8
昨年のワールドマスターでマスター2黒帯世界王者となったホジェリオ・クリスト(ホシャ)も安定した強さを発揮。
ライト決勝では高本裕和(ポゴナ・クラブジム)から一本勝ちしオープンクラスも優勝し2冠に輝く。



【今日が誕生日の柔術家】ビル・クーパー(29)、宇原浩一(48)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月04日

【Review Wednesday】「CITY OF GOD」TVシリーズ

cd
みなさんおつかれさまです、「Jiu Jitsu NERD」編集スタッフの成田です。

今回の「Review Wednesday」は、ブラジルのTVドラマ「CITY OF GOD」をピックアップします。

「CITY OF GOD」といえば、リオのファべーラで生きる少年たちの抗争を描いた同名映画が有名ですが、これはその派生作品で、原題は「Cidade dos Homens」。

2000年代のファべーラを舞台に、そこで生活するアセロラとラランジーニャという二人の少年の日常を描くドラマシリーズです。

監督は映画版と同じフェルナンド・メイレレスが務め、映画に出演していた顔ぶれもちらほら見られるものの、続編というわけではなく、少年たちが暮らすファべーラも異なる設定。

DVDを見るまでは、笑いながら拳銃をぶっ放す映画版を思い出し、「どれだけエグい仁義なき戦いが始まるのか…」と戦々恐々でしたが、いざ見始めると、麻薬がらみの抗争といったお約束シーンはありつつも、10代特有の淡い恋あり、人種や貧富の差を超えた友情ありで、「ギャングもの」や「実録シリーズ」というより「青春ドラマ」という言葉が一番しっくりくる印象でした。

個人的におすすめなのは、DVD4巻目に収録されているエピソード7。

リオのビーチを舞台にした回で、露出度高めな水着姿のリオっ娘たちは目の保養にもってこいですし、金持ち白人vsファべーラの黒人のケンカシーンは、ヒクソンvsウゴの伝説のビーチファイト映像を思い起こさせます。

多民族国家ブラジルの根深い人種問題や階級差別が描かれる一方で、手持ちカメラで撮影されたファべーラの入り組んだ路地やリオの街並みは、ただ眺めているだけでも楽しめるでしょうし、フィルム、ビデオ、アニメーションなどを使い分ける、手の込んだ映像表現も見ものです。

2002年から2005年にかけて、全部で19話製作されたようですが、DVD化されているのはそのうちの9話まで。

日本語字幕版DVD(全4巻)は中古ならまだまだ手に入りますし、レンタルビデオ屋でもタイトル検索に引っかかるので、この連休中に全話制覇するのもアリではないでしょうか!



【今日が誕生日の柔術家】カイロン・グレイシー(28)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月03日

【柔術プリースト】#230:ASJJF EAST JAPAN 2016 Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回も3/27に浅草で開催された『ASJJF EAST JAPAN 2016』から色帯の試合を中心に紹介します。

配信試合は以下の通りです。


05
シニア2紫帯ミドル決勝戦
風田陣(Fellows)
vs
ナルセ・アドベネゴ(Over Limit BJJ)



アダルト紫帯ヘビー決勝戦
リダ・ハイサム(アラバンカ)
vs
サニー・ウェビ(パトスタジオ)



アダルト紫帯オープンクラス1回戦
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)
vs
東海政太郎(RBアカデミー)



アダルト紫帯オープンクラス準決勝
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)
vs
ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)



04
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
リダ・ハイサム(アラバンカ)
vs
トーマス・ミツ(CARPE DIEM)



マスター紫帯フェザー1回戦
チアゴ・ファベーラ(Impacto Japan BJJ)
vs
大貫健輔(VISCA)



マスター紫帯フェザー決勝戦
チアゴ・ファベーラ(Impacto Japan BJJ)
vs
阿部裕介(Fellows)



06
マスター紫帯オープンクラス決勝戦
チアゴ・ファベーラ(Impacto Japan BJJ)
vs
阿部裕介(Fellows)



09
ジュブナイル青帯オープンクラス決勝戦
ルーカス・ウエノ(Tree Rul BJJ)
vs
ペドロ・アキラ(INFIGHT JAPAN)



07
アダルト青帯オープンクラス決勝戦
イゴール・タナベ(Tree Rul BJJ)
vs
マテウス・オンダ(東海BJJ)



ジュニアティーンオレンジ帯ウルトラヘビー決勝戦
セサール・ウエノ(Tree Rul BJJ)
vs
ハシモトアキト(INFIGHT JAPAN)



ジュニアティーン黄色帯ライト決勝戦
グスタボ・フランコ(Tree Rul BJJ)
vs
伊原丈輔(パラエストラ小岩)



2
BJJテクニックファイルはゴルドのハーフガードからのテクニック。
ハーフガードの元祖・ゴルドのテクニック動画は貴重です。



3
#230はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホムロ・バハル(31)、セリンゲロ・キムラ(34)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年05月02日

【結果】DUMAU INTERNATIONAL 2016

0501
5/1(日)、愛知県半田市の青山記念武道館で開催されたASJJF DUMAU主催『DUMAU INTERNATIONAL 2016』の主な結果です。


続きを読む

2016年05月01日

【ニュース】メンデス兄弟がオンライントレーニングプログラムをリニューアル

01
いままでメンデスオンラインを開設していたメンデス兄弟がこのたびサイトを全面リニューアルし、新たにAOJオンラインをオープンしました。

このサイトも以前と同じく会費制の有料サイトで、ここに登録するとLA・コスタメサのAOJでのクラスの様子が#AOJDAILYとして毎日複数回更新され、AOJでの指導がそのまま受けられる仕組みとなっています。

まさにキャッチフレーズ通りに「いつでも、どこでもAOJ」です!

続きを読む

2016年04月30日

【レポ】ASJJF-DUMAU TOKYO SPRING 2016:その他の試合

『ASJJF-DUMAU TOKYO SPRING 2016』で行われた試合の中から注目試合をピックアップ。

キッズからアダルト、女子やマスター&シニアの試合まで、激戦の数々を紹介します!


01
キッズ女子の中で一番の注目だったヒサエ・ナカウ(INFIGHT JAPAN)とマジョリー・フランコ(Tree Rul BJJ)の一戦。
試合はマジョリーが一方的に攻める展開となり12-0で圧勝して女子プレティーン灰色帯で優勝を果たす。



続きを読む