English Portugues Japanese

2018年02月25日

【結果】福岡国際2018:主な結果

koku
2/24(土)、福岡県博多のかすやドームメインアリーナで開催されたマスタージャパン主催「福岡国際2018」の主な結果です。



01
福岡グランプリライトフェザー級
優 勝 黒木麻衣子(AXIS福岡)
準優勝 山口芽生(チェックマットCDJJ TOKYO)
3 位 甲斐真由美(ねわざワールド東九州)、マギー・オチョア(ATOSフィリピン)



02
福岡グランプリライト級
優 勝 内山裕規(カルペディエム)
準優勝 アニー・ラミレス(チェックマットCDJJ TOKYO)
3 位 大望(ねわざワールドISC)、左近允梨乙子(パラエストラ北九州)



マスター2黒帯ミドル
優 勝 パク・ジュンヨン(サナイJJ)
準優勝 西本健治(メフォーゼ)



12
アダルト茶帯オープンクラス
優 勝 村山大介(マスタージャパン)
準優勝 後藤秋雄(ねわざワールド東九州)



08
アダルト茶帯ライトフェザー
優 勝 井手智朗(パラエストラなかがわイデDOJO)
準優勝 大古場歩(AXIS福岡)



09
アダルト茶帯フェザー
優 勝 廣瀬玄典(CARPE DIEM福岡)
準優勝 川崎淳平(パラエストラなかがわイデDOJO)
3 位 後藤秋雄(ねわざワールド東九州)村山大介(マスタージャパン)



11
マスター2茶帯オープンクラス
優 勝 キム・ジンスン(サナイJJ)
準優勝 丸井憲一郎(チェックマットCDJJ TOKYO)
3 位 山口薫(JJJ)



07
マスター2茶帯ミディアムヘビー
優 勝 キム・ジンスン(サナイJJ)
準優勝 山口薫(JJJ)



10
アダルト紫帯オープンクラス
優 勝 山下健士(パラエストラなかがわイデDOJO)
準優勝 脇本恭平(T-REX)
3 位 古田康一郎(パラエストラなかがわイデDOJO)藤井康寛(マスタージャパン)



04
アダルト紫帯ルースター
優 勝 松澤豊(AXIS福岡)
準優勝 飛永和宣(CARPE DIEM福岡)



06
アダルト紫帯フェザー
優 勝 西村大智(ストレイトJJ)
準優勝 河野理人(EMAC)
3 位 一本佳徳(リバーススタジオ)池谷雅弘(ラグナロクJJ)



05
アダルト紫帯ライト
優 勝 結城大樹(マスタージャパン)
準優勝 山下健士(パラエストラなかがわイデDOJO)
3 位 増野秀則(ヤワラヤ)、栗尾誠(台湾BJJ)



03
アダルト紫帯ミディアムヘビー
優 勝 脇本恭平(T-REX)
準優勝 古田康一郎(パラエストラなかがわイデDOJO)



13
チームポイント
優 勝 マスタージャパン
準優勝 パラエストラなかがわイデDOJO
3 位 サナイJJ



■その他の表彰台画像はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月24日

【柔術プリースト】#317 ASJJF DUMAU SOUTH JAPAN OPEN 2017 Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回に引き続き、ASJJFドゥマウの九州大会「#317 ASJJF DUMAU SOUTH JAPAN OPEN 2017」のパート2を配信します。

前回は紫帯と黒帯でしたが、今回は女子と茶帯の試合です。

配信試合は以下の通りです。


1210
「ASJJF DUMAU SOUTH JAPAN OPEN 2017」
12/10 基山町体育館(佐賀県)



女子アダルト青帯フェザー1回戦
平山みどり(ねわざワールド桜島)
vs
竹本愛流(グレイシーバッハ)



女子アダルト青帯フェザー1回戦
平野恵子(TKトレーニングセンター)
vs
池田翔音(パラエストラなかがわイデDOJO)



02
女子アダルト青帯フェザー決勝戦
竹本愛流(グレイシーバッハ)
vs
池田翔音(パラエストラなかがわイデDOJO)



女子アダルト青帯オープンクラス1回戦
山崎雅子(パラエストラ広島)
vs
平山みどり(ねわざワールド桜島)



女子アダルト青帯オープンクラス準決勝
福留めぐみ(ねわざワールド桜島)
vs
竹本愛流(グレイシーバッハ)



女子アダルト青帯オープンクラス準決勝
山崎雅子(パラエストラ広島)
vs
池田翔音(パラエストラなかがわイデDOJO)



05
女子アダルト青帯オープンクラス決勝戦
山崎雅子(パラエストラ広島)
vs
福留めぐみ(ねわざワールド桜島)



ノーギ女子アダルト紫帯フェザー決勝戦
左近充梨乙子(パラエストラ北九州)
vs
渡邉真帆(チーム童心)



07
女子アダルト紫帯フェザー決勝戦
左近充梨乙子(パラエストラ北九州)
vs
渡邉真帆(チーム童心)



女子アダルト紫帯オープンクラス1回戦
左近充梨乙子(パラエストラ北九州)
vs
荒川弥加(CARPE DIEM)



08
女子アダルト紫帯オープンクラス1回戦
左近充梨乙子(パラエストラ北九州)
vs
本村結(CARPE DIEM)



アダルト茶帯フェザー1回戦
川崎淳平(パラエストラなかがわイデDOJO)
vs
小鈴靖(AXIS福岡)



02
アダルト茶帯フェザー決勝戦
後藤秋雄(ねわざワールド東九州)
vs
小鈴靖(AXIS福岡)



01
アダルト茶帯ライトフェザー決勝戦
井手智朗(パラエストラなかがわイデDOJO)
vs
井手史竜(CARPE DIEM)



3
BJJテクニックファイルは井上和浩のデラヒーバスイープのバリエーションです。



2
#317はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

福岡国際展望
コパラスコンチャス展望
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



n10
【3/8(木)発売】
『Jiu Jitsu NERD Vol.10』
フルカラー64ページ 定価700円
<インタビュー>
アンドレ・ガウヴァオン
ゴードン・ライアン
JTトーレス
パウロ・ミヤオ

<大会レポート>
ムンジアル
ワールドマスター
SJJIFワールド
その他国内外大会多数

<特集>
2017年10大ニュース&
BJJ AWARD選考座談会


■内容詳細はコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】レティシア・ヒベイロ(44)、金古一朗(43)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月23日

【告知】『Jiu Jitsu NERD Vol.10』3/8 発売!

n10
100%柔術&グラップリング専門誌『Jiu Jitsu NERD』最新号 Vol.10を来月の3/8(木)に新発売します。

前号の発売が2017年の3/18だったので、今号の発売までほぼ1年がかかってしまいましたが、なんとか発売することができました。

今号は記念すべき第10号で前号で予告していた通りに最終号となります。

2016年にはグレイシーマガジンが終わり、2017年はゴング格闘技が休刊となりました。

また柔術魂も発刊予定がないとのことで、このJiu Jitsu NERDが終わるのも仕方のないことかと思います。

とはいえ、今号も最終号に相応しい内容充実になってますので、ぜひお手に取って読んで頂けたら幸いです。

最終号の内容は2017年の3大世界大会詳報としてムンジアル、ワールドマスター、SJJJIFワールドをレポートし、ムンジアルで5度目の王者となったアンドレ・ガウヴァオンのインタビュー&過去のヒストリーも掲載してます。


01
ムンジアル



05
アンドレ・ガウヴァオン



02
ワールドマスター



03
SJJIFワールド





それに加え、組技最高峰大会のADCCも試合レポートとともに選手インタビューも敢行。

この選手インタビューはニューヨークにまで足を運んで、ゴードン・ライアン、JTトーレス、パウロ・ミヤオの3人に話を聞きました。

特にゴードン・ライアンは誌面初登場の選手で、アポ取るのも大変&時間通りに来なかったりとなかなかに大変だったので個人的にも思い出深いインタビューになってます。


その他にも国内外の大会レポまとめや、恒例の10大ニュース&BJJ AWARD選考座談会などの特集ページもあります。


04
ADCC



07
ゴードン・ライアン



08
JTトーレス



09
パウロ・ミヤオ



10
2017年・10大ニュース&BJJ AWARD選考座談会




まさにこれを読めば2017年の柔術シーンが丸わかり!となっている2017年総括号ともいえる1冊となってます。

広告ページが減った分だけ内容も濃くなって、それでもお値段据え置きの700円。

今回も100%柔術&グラップリング専門誌の名に恥じない、マニアにしか響かないであろう濃厚な情報を詰め込んでオールカラー64ページです。

そして毎回恒例の道場卸も受付します。

道場卸をご希望の方は以下のメアドまでご連絡を!

reversaling★gmail.com(★を@に変換)

道場卸は10冊以上から受付で1冊650円、送料無料となっています。

10冊の場合は6500円で、それ以上のお申し込みは1冊につき+650円で受付します。

道場卸の申し込み締め切りは3/5(月)、9:00までです。

またブルテリア、イサミ各店舗、書泉グランデ、公武堂でも購入可能ですので、お近くの方はそちらをご利用下さい。



11
【3/8(木)発売】
『Jiu Jitsu NERD Vol.10』
フルカラー64ページ 定価700円
<インタビュー>
アンドレ・ガウヴァオン
ゴードン・ライアン
JTトーレス
パウロ・ミヤオ

<大会レポート>
ムンジアル
ワールドマスター
SJJIFワールド
その他国内外大会多数

<特集>
2017年10大ニュース&BJJ AWARD選考座談会



【今日が誕生日の柔術家】マリオ・ヘイス(38)、山本大気



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月22日

【大会】「COPA Las Conchas 2018 Niigata」開催決定

734
来る5/20(日)、新潟県新津市の新津体育館でLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 Niigata」の開催が決定しました。

大会を主催するLas Conchasは1月に東京で大会を開催し今週末には沖縄で大会を開催予定となっています。

それに続く2018年度の3大会目となるのが今大会で、Las Conchasが新潟で大会を開催するのは初めてで、新潟・新潟市にあるレナトゥス柔術アカデミーがホストとなって大会開催が実現しました。

この大会でもいつものようにギ&ノーギ、キッズを同時開催で、入賞者全員にメダルを贈呈し、チームポイントの入賞アカデミーには記念楯の贈呈もあります。


s
チームポイント入賞アカデミーに贈呈される記念楯。
※画像は沖縄大会のもの




さらに大会参加者の全員を対象にしたスポンサー各社から提供された豪華賞品が当たるくじ引きも実施します。

そしてCOPA Las Conchas恒例のスーパーファイトも組む予定となっています。

その他にもLas Conchas主催大会ならではの趣向を凝らした大会にすべく鋭意企画中です。

すでに大会参加申し込みは開始しており、第一次締め切りの3/8までに申し込みをすれば4000円で出場可能です。

今大会はフォトギャラリーをJiu Jitsu NERDのFacebokページに掲載し、試合レポートはブラジルブログ、大会総括はBJJ-WAVE、試合映像配信は柔術プリーストで行うという大会メディアサポートも万全の体制です。

地方大会でここまでの規模の大会を行うのは稀なので、ぜひこの機会をお見逃しなく!


734
【参加申し込み受付中】
『COPA Las Conchas 2018 Niigata』
■日時:5/20(日)
■会場:新津市体育館(新潟県新津市)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



wr
【出場申し込み受付中】
『WHITE RIOT 2018』

日時:3/4(日)
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
締め切り:2/26(日)
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】マーシオ・スタンボウスキ(59)、梅村寛(46)、新明佑介(40)、榊原和正(38)、サダオ・ウエハラ(34)、ジェナ・ビショップ(32)、アダム・マルチネス(47)、Shigeaki Tsuboi(44)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月21日

【Review Wednesday】米焼酎「キムラロック」

k1
みなさんおつかれさまです、Jiu Jitsu NERDライターの成田です。
今回の「Review Wednesday」は米焼酎、その名も「キムラロック」を紹介したいと思います。

先日のBJJ-WAVE収録終わりに「よろしく」と橋本さんからおもむろに渡された一品は、格闘技界のレジェンド・木村政彦の生誕100年を記念して昨年発売された米焼酎。

台湾BJJのアイドルことアーカイがSNSにアップしていたので、個人的にも機会があれば飲んでみたいと思っていたんですが、この焼酎は木村の出身地・熊本市南区川尻の川尻商店街青年部などによる木村政彦生誕百年実行委員会が企画したもので、商品名の由来はみなさんご存じ、木村の得意技でありエリオ・グレイシーとのマラカナンの戦いの決着技にもなった腕絡み=キムラロック!

普段はもっぱら緑茶割り派の自分ですが、どんなものかと早速家に帰って一杯やってみると、これぞ米焼酎という感じですっきりとクセがなく、お米本来の甘い香りが楽しめる上品な塩梅でした。

キムラロックというネーミングには“ロックで飲む米焼酎”という意味も込めているそうなので、その通りにロックでグイっといくのもよし、まだまだ冷える夜にお湯割りでちびちび楽しむのもアリかと思います。お酒好きの柔術愛好家、海外への手土産としても喜んでもらえそうですね。

毎日新聞のウェブ版によると「ファンなどからの問い合わせが相次ぎ、インターネットでも販売することになった」ということで、もともとは120本の限定販売だったとのこと。現在はネット注文もスタートし、「大外刈り」という日本酒のリリースも予定しているそうです。

明日(2/22)発売の『小説新潮』では増田俊也氏のベストセラー『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』の続編もスタートするようですから、この焼酎片手にどっぷりと木村ワールドにひたってみてはいかがでしょうか?



k2
【発売中】
「キムラロック」
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クレイトン・マノエル(33)、ミリアン・カルドソ(32)、ルイス・パンザ



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月20日

【結果】パンキッズ2018:主な入賞者

00
2/18(日)、ロサンゼルス・ロングビーチのウォルターピラミッドで開催されたIBJJF主催「パンキッズ2018」の主な入賞者です。

【優勝】
■ティーン2緑橙帯ミドル
グスタボ・オガワ(ATOS / 小川柔術)

■ティーン3緑橙帯ヘビー
ルアン・マルケス(ATOS / TREE BJJ)

■ピーウィー1灰帯ライトフェザー
金城ノア(ブルテリアボンサイ)

■ピーウィー2灰帯ライト
金子蒼空(CARPE DIEM)

■ジュニア3黄帯ルースター
大野智輝(CARPE DIEM)

■ティーン2黄帯ミディアムヘビー
カイオ・ヒデオ・ノギリ(Impacto Japan BJJ)

■ティーン2橙帯ウルトラヘビー
カウアン・タニノ(Impacto Japan BJJ)


01
グスタボ・オガワ(ATOS / 小川柔術)



02
ルアン・マルケス(ATOS / TREE BJJ)



03
大野智輝(CARPE DIEM)



04
カイオ・ヒデオ・ノギリ(Impacto Japan BJJ)



05
金城ノア(ブルテリアボンサイ)



【準優勝】

■女子ジュニア2灰帯ライトフェザー
大村莉愛(AXIS)

■ティーン1黄帯ライトフェザー
大村心人(AXIS)

■ティーン2緑橙帯フェザー
氏原魁星(ブルテリアボンサイ)

■ジュニア2灰帯フェザー
井部隆(CARPE DIEM)

■ピーウィー3灰帯ライトフェザー
青木凰夏(CARPE DIEM)

■女子ティーン3緑橙帯ミドル
アガタ・フランコ(Over Limit BJJ / RUL BJJ)

■ティーン2黄帯ミドル
ヤマモト・タイイチ(ヒロBJJ横浜)

■ピーウィー1灰色ミディアムヘビー
アイザック・サカモト 2(TREE BJJ)


06
アガタ・フランコ(Over Limit BJJ / RUL BJJ)



【3位入賞】

■ジュニア3黄帯ライト
氏原鳳星(ブルテリアボンサイ)

■女子マイティマイト3灰帯フェザー
アイラ・フランコ(Over Limit BJJ / RUL BJJ)

■女子ジュニア3黄帯ライトフェザー
マジョリー・フランコ(Over Limit BJJ / RUL BJJ)

■ティーン2緑橙帯ライト
井原丈輔(パラエストラ小岩)



08
アイラ・フランコ&マジョリー・フランコ(Over Limit BJJ / RUL BJJ)



07
井原丈輔(パラエストラ小岩)



cc
今大会の公式結果はコチラから!



0317
【参加者募集中】
「COPA BULL TERRIER JR OPEN 2018」
日時:2018年3月17日(土)
会場:浦安市運動公園総合体育館(千葉・舞浜)
■大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ウィンドソン・ハモス(26)、渡辺勉(39)、花澤大介(42)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年02月19日

【レポ】ヒクソン・グレイシー・セミナーby石井拓

ta
ブラジルブログをご覧の皆さん、こんにちは。

石井拓です。

今回、ヒクソン・グレイシーのセミナーに参加してきたので、どんなセミナーだったのかレポートしたいと思います。

自分の備忘録的なメモを元にしてるので通常のレポートとは違う点をご了承ください。


4



【セミナーテーマ】

テクニックを紹介するのでなく自分のフィーリングを高めるためのコンセプトを理解し、相手ではなく、稽古の中で自分のフィーリングをどの様にして高めるかという事について。


【立ちでのベースについて】

どんな状況でも相手が襲ってきたら対応出来る立ち方を確認し、相手が触れない距離を保つこと。

足のポジションをよく確認し1インチでの違いが大事なので動きながら確認する事。

二人組になって端から端まで移動し一人が迫っていき、一人がうまく距離とベースをたもつドリル。

横に動くときは足を交差しないことを注意する。交差するとその際にクリンチなどのディフェンスが出来ないため。

ヒクソン先生は右利きだが右足と手を前に出す、だぜなら柔術ベースなので機器脚で前蹴りなどを使って間を制して出来だけ早くクリンチを持っていく事を考えなければならないため。


【相手をテイクダウンする時のベースについて】

肩を相手のサイドに付け、相手が押すまたは引くときのベースを確認する。

大切なのは腕を相手の胴体に回す時に腕に意識が行ってベースを無くさないように肩に意識をして感覚を大事にする事。

相手が引いてくる際に膝を内側に向け座るようにしてベースを保つこと。この時、後ろ足が浮かない様に注意し、必ず後ろ足に重心が来るようにする。

相手が引く際は足を掛け後ろ側にテイクダウンすること。

最も大事なのは高さではなく相手とのコネクションをつくりそこから力が伝わる様にフィーリングを大切にすること。

相手が自分から見て45度に来るように意識する。


【相手がパンチをしてくる時に対して】

二人組になり、一人が両拳を使って、ゆっくり相手に対して片方ずつ縦に回すようにしてパンチをだす様にする。(戦車のキャタピラが回転するように)

テイクダウンする側は相手の拳に体重が掛かるように距離を詰めながらクリンチまで持っていく。ここで大事なのは自分の頭をつかったり相手の拳だけでなく肘を抑えたりして”コネクション”を作ることを意識する。


【羽交い締めに対して】

ゼロからではなく、必ずどちらかのサイドの相手の腕にウェイトを掛けコネクションを作ること。

後ろを引っ張られても最初の形を崩すことなくベースをキープする事。


セミナー開始後、約2時間あたりのところでヒクソン先生が次はグランドをやろうということになりました。


【クローズドガード】

僕がヒクソン先生に指名されクローズドをする様指示。

ヒクソン先生が準備は良いかと尋ね、はい!と答えるとヒクソン先生がパンチを出す。

そこで先生は彼は準備が出来ていない。今日の柔術ではパンチに対しても警戒しなければいけない。稽古で常をそれを想定する事とおっしゃいました。

そこで今度はヒクソン先生がクローズドに。

僕がパンチをやると頭をサイドに振ってパンチ避ける。

その際大事なのは避けた瞬間に足を使って相手を寄せること。


【クローズドガードから相手がクローズドガード割に来た際の攻め方について】

引き続き受けは僕がやりました。

この時のヒクソン先生のクローズドガードのプレッシャーが物凄かったです。

一つは相手が膝を入れきたときはやや相手の後方に腰をきってスイープする。

この時、相手を起き上がらせないために上の膝を締めてコネクションをつくりプレッシャーをかける。

僕が起き上がろうとしてもプレッシャーが凄すぎて全く返せる気がしなかったです。

手をついた際に袖を持って起き上がる事が大切。

クローズドガードの際に既に両袖をコントロールし相手の手がついた瞬間にグリップをスイッチする事。

続いて相手が足を着いて立ち上がるのを防ぐ

ヒクソン先生にスタンドアップ!と言われ立とうとするが全く立てない…

空かさず立とうとするが全く膝が上がらない…

相手が立ち上がろうする際にリラックスして腰を床に付けることが大切。


1



【オープンガードについて】

今日のコンペティション柔術のオープンガードはいろんな形があるが、とのガードも相手を居心地良くしたままで本質を捉えていない事を指摘するヒクソン先生。

クローズドガードだろうかオープンガードだろうか、本質は一緒で通にコネクションをつくりプレッシャーを掛け続けることが大事と言う。

例えば両袖を掴んで相手の腕に膝を使ってプレッシャーを掛け相手を居心地悪くし、サブミッションを仕掛ける。

僕がまた受けをし、ヒクソン先生かオープンガードから僕の腕をキャッチし、先生がプールアウトと指示。

しかし締めがキツくて全く抜けない…

それと同時に抱えている腕のプレッシャーが凄すぎて動けない…

その瞬間に先生がふとレートアームロックを掛け、あまりのプレッシャーにすかさずタップをしてしまいました。

僕のパートナーの杉本さんもヒクソン先生のアームロックをくらい、プレッシャーが凄すぎて本気でやってたら折られてたと驚いていました…

ちなみに一瞬掛けられたアームロックが翌日まで痛みと違和感を感じるほど他のあるとは異次元のものと感じました。


【相手がタートルポジションでのプレッシャーの掛け方】

ヒクソン先生曰く、ライオンがシマウマを捉える先の事をイメージし獲物を必ず仕留める事を大切にすることだそうです。

相手が対上がる際には必ず片足から立ち上がり。肘を使って相手の腰をコントロールすること。相手が回転するときは肘でプレッシャーを掛け動きを感じサイドにつく。

相手が大きくて体格差がある時に立ってしまった場合は、シートベルトグリップを使って、外側から足を掛け、引いたり押したりするのではなく腰を使って足を高くフックしテイクダウンもしくは寝そべらせること。

テイクダウンする際に力を使うのではなく、常にリラックスしないと変な癖が付くので気をつけること。


【打撃について】

今のMMAに行く柔術家は特に基本となる柔術を忘れて、キックボクシングやボクシングをやろうとしているのは良くないと指摘してました。

相手がもし打撃の専門ならその得意分野で勝負してはならないと。

それは愨咾凌佑クロンと勝負するのと同じ事だと。

なので先生は柔術家なのて以下にクリンチをして柔術で勝負をするかを考えているそうです。


2



ここで午後3時間が経過しヒクソン先生への質問へ。


【呼吸法ついての質問に対して】

まず95%の人が正しい呼吸法を理解ておらず特に呼吸は良くないと指摘。

先生は状況に応じて、自分が寝る前、海に入る前、ストレスを感じてる時、などの様々な呼吸を使い分けているんだそうです。

いくつかの呼吸法を披露し、それぞれ全く違った方法で横隔膜を意識するブリージングエクササイズを実践しているそうです。

最後に先生は、”インビジブルパワー”を信じるなら、それは相手の体格や筋肉の量など目に見えるものとの対立では無いと。

If you believe invisible power …..から始まり、“インビジブルパワー”を理解し、そしてそれを柔術だけでなく日常生活の中で活かす事が大切なのだと指摘していました。

最後にヒクソン先生の受けをいくつかやらせて頂いて見た目だけでは決して理解出来ない技術があり、本当にINVISIBLE JIU-JITSUなのだと身体で感じ、とても感動しました。

またヒクソン先生のセミナーがあれば必ず参加したいと思います。


3



【今日が誕生日の柔術家】ブルーノ・ヤマモト(37)、デヴィッド・ガルモ(28)、メストレ・ピニャ(52)、エルベシオ・ペナ(57)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear