English Portugues Japanese

2017年06月24日

【結果】ASJJF DUMAU CEBU INTERNATIONAL OPEN 2017:主な結果

0624
6/24(土)、フィリピン・セブのシーサイドシティSMモールで開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMU CEBU 2017」の主な結果です。


【アダルト茶帯】
オープンクラス
優勝 Jang Inseong / KJ competition team チャン・インソン(KJコンペティションチーム)
準優勝 Raymond Varilla / DEFTAC Ribeiro ライモンド・ヴァリラ(デフタックヒベイロ)
3位 Edward Reyes / DEFTAC Ribeiro エドワード・レイジェス(デフタックヒベイロ)



フェザー
優勝 Michael John Aquino / DEFTAC Ribeiro ミカエル・ジョン・アキノ(デフタックヒベイロ)
準優勝 Edward Reyes / DEFTAC Ribeiro エドワード・レイジェス(デフタックヒベイロ)



ライト
優勝 Jang Inseong / KJ competition team チャン・インソン(KJコンペティションチーム)
準優勝 Andrew Laxa / Hilti Fight Team アンドリュー・ラクサ(ヒルティファイトチーム)



【アダルト紫帯】
オープンクラス
優勝 Jakub Bilko / DEFTAC Ribeiro ジャコブ・ビルコ(デフタックヒベイロ)
準優勝 Leo Paolo Gaerlan / ATOS レオ・パオロ・ガエラーン(ATOS)
3位 Jan Hao / DEFTAC Ribeiro ジャン・ハオ(デフタックヒベイロ)



ライト
優勝 Leo Paolo Gaerlan / ATOS レオ・パオロ・ガエラーン(ATOS)
準優勝 Jan Hao / DEFTAC Ribeiro ジャン・ハオ(デフタックヒベイロ)



スーパーヘビー
優勝 Jakub Bilko / DEFTAC Ribeiro ジャコブ・ビルコ(デフタックヒベイロ)
準優勝 Diogo Nakagawa / Over Limit ジオゴ・ナカガワ(オーバーリミット)



【マスター紫帯】
オープンクラス
優勝 Paul Juarez / ATOS ポール・ファレス(ATOS)
準優勝 Diogo Nakagawa / Over Limit ジオゴ・ナカガワ(オーバーリミット)
3位 Jason Mardigo / Over Limit ジェイソン・マルディゴ(オーバーリミット)



スーパーヘビー
優勝 Paul Juarez / ATOS ポール・ファレス(ATOS)
準優勝 Diogo Nakagawa / Over Limit ジオゴ・ナカガワ(オーバーリミット)



チームポイント
優勝 デフタックヒベイロ
準優勝 Over Limit BJJ
3位 ATOS



※画像は後ほど追加します!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年06月23日

【本日発売】『Fight & Life』最新号の柔術関連記事

fl06
本日発売の隔月格闘技雑誌『Fight & Life』最新号の柔術関連記事の紹介です。

今号は終わったばかりの柔術世界選手権「ムンジアル」の大特集号となっており、大会レポートやメダリストのインタビュー、そして黒帯で出場した選手たちのその後などが多数掲載されています。

自分が担当したのは試合レポートとメダリストのインタビューで、これはカラー4ページで掲載して頂きました。

今大会では黒帯で3人ものメダリストが誕生し、その吉報に日本が沸いたのも記憶に新しいところでしょう。

黒帯以外でもジュブナイルを中心に多くのメダリストが生まれ、その選手たちのミニインタビューもレポートと合わせて載せて頂いてます。

レポート以外では嶋田裕太のLA居残り滞在練習記やアマゾン&細川のCARPE DIEM HOPEの黒帯コンビの総括的なインタビュー、そして紫帯で初ムンジアルに挑みベスト8となったホベルチ・オダのこれまでを振り返ったインタビューなど興味深いものばかりです。

ゴンカク休刊となった現在、日本では柔術選手を大きく扱う定期刊行の格闘技雑誌はこの『Fight & Life』のみなので、この号は貴重な1冊となることでしょう。

ぜひ書店でお買い求めの上、ご一読ください!


ダウンロード
【発売中】
『Fight & Life』最新号
■内容詳細&購入はコチラから!


■オフィシャルサイトはコチラから!






jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年06月22日

【日記】飯嶋貴幸のサンディエゴ日記:近況報告編

00
ご無沙汰になりましたサンディエゴ日記。

ここ最近はいろいろな事がありすぎて何から書いていいかわからないんですが、試合、セミナー、など盛りだくさんでした。

なのでざっくばらんに最近の出来事などをざっと列挙していきたいと思います。


続きを読む

2017年06月21日

【Review Wednesday】マジッド・ヘイジ「BASEBALL CHOKE」

mh
どーも、お疲れ様です。

顔出しNG謎のレビュアーです。

前回、紹介したエスティマロック同様、今回紹介するのも極め重視のDVD、マジッド・ヘイジの「BASEBALL CHOKE」を紹介させていただきます。

このDVDをリリース前にマジットド・ヘイジはクラーク・グレイシー、ザック・マックスウェルという2人の強豪からベースボールチョークで1本勝ち!

特にクラークが絞め落とされた試合は衝撃が強く、その後瞬く間にこの技は知れ渡りました。

ジョエル・チューダーのスタジオ540ではインストラクターも務めており、SNSでその姿を度々見かけますが、とても柔術家とは思えない現代版ヒッピーみたいな感じがとてもクールで好印象が持てます。

マジッドの異名は爛乾螢薀魯鵐畢瓩任修量召猟未蠅縫乾螢虔造澆琉力を誇っている選手で、あきらかにポイント負けの展開、不利なポジションからでも絞めを仕掛けていき、相手を絞め落とすテクニックを持っている選手です。

そんなマジッドの代名詞的な絞め技を多数紹介したものがこのDVDで、ポジションごとに丁寧にレクチャーされています。

スタンド、クローズドガードの中から、ハーフ、シッティング、バタフライ、ダブルガード、と本人が得意とする形からの入りを惜しげもなく披露!

ベースボールチョークはシンプルなテクニックだけにマスターしたら大きな武器となり、ポジション問わずとにかく絞め一辺倒というのはやや基本から逸脱した感はありますが、「相手から一本を取る!」というテクニックを磨くにはオススメのDVDです。

ちなみにこのDVDは成田サトシさんもレビューしているので、そのレビューも参考にして頂き、購入を検討してもらえたらと思います。


mh1
■成田サトシさんのレビューはコチラから!




mh
【発売中】
マジッド・ヘイジ「BASEBALL CHOKE」
■詳細&購入はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】マルコス・オリヴェイラ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2017年06月20日

【レポ】ASJJF DUMAU KOREA INTERNATIONAL 2017

0611
6/11(日)、韓国・ソウルのオリンピック体育館でASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU KOREA INTERNATIONAL 2017」が開催された。

昨年初開催されたASJJFドゥマウの韓国大会だが、第1回目の大会から参加者が殺到し早期締め切りし、2回目は600人超えで今回はついに大台の1000人を超える参加者を集めている。

続きを読む

2017年06月19日

【ニュース】HALEO表参道、オープン!

01
6/13(火)、東京・表参道にサプリメントメーカーのHALEOが新たに「HALEO表参道」をオープンした。

この道場は東京メトロの表参道駅から徒歩3分という好立地にあり、三崎和雄氏が代表となって新設されたもの。

続きを読む

2017年06月18日

【レポ】UAE JJ / JJFJ『名古屋インターナショナルプロ』

6/17(土)、愛知県名古屋市の愛知県武道館にてUAE JJ&JJFJ共催『名古屋インターナショナルプロ』が開催された。

今大会はアブダビのUAE柔術と国内のJJFJが共催という形で大会が行われ、日系ブラジリアンを中心に注目試合が多く行われている。

特に黒帯では中村大輔、杉江アマゾンの国内トップ選手が参戦し、それぞれワンマッチ決勝戦ながら快勝し優勝を果たした。

またレアンドロ・クサノやウエノ兄弟らムンジアル凱旋組も多数参戦し大会を盛り上げていた。

これからUAE JJとJJFJは今大会のようなナショナルプロ大会を国内各地で開催していき、来月には賞金トーナメント「グランドスラム東京」を7/15(土)、千葉県の幕張メッセで開催予定。

この大会は今年で3回目の開催で海外から強豪選手が多数参戦予定となっているので、そちらも楽しみだ。


01
マスター1黒帯110kg決勝戦
中村大輔(パトスタジオ)
vs
アミール・サントス(小川柔術)
自身の階級がなかったために階級アップして参戦の中村だったが体格差を問題にせず3:22 腕十字で一本勝ち。



続きを読む