English Portugues Japanese

2014年07月23日

【レポ】「DUMAU JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2014」その他の黒帯の試合

今大会ではアンデルソン・タカハシの黒帯デビュー戦が大きな注目を集めていたが、その他の黒帯もいつも出場しているレギュラーメンバーが顔を揃え、多くの黒帯マッチが組まれた。

その中でもひさびさの出場となるレアンドロ・クサノ(クサノチーム)はヨースキ・ストーとのワンマッチ決勝戦が実現し、強豪同士の対戦となった。

ヨースキは階級別はアダルトで黒帯デビューのアンデルソンから一本勝ちし、アブソではマスターでクサノとワンマッチ決勝という過酷な2連戦に挑んだ。

いつもながら大会前日は仕事と指導、その後は数時間の仮眠の後に5時間のドライブして東京入りし試合&レフェリーというヨースキはタフ過ぎる!


01
マスター黒帯オープンウエイト決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
レアンドロ・クサノ(クサノチーム)



02
好勝負が期待された一戦は試合途中にヨースキが負傷し、そこで試合ストップ。
ワキ腹を傷めたヨースキが4:01 負傷棄権となり、やや不完全燃焼に終わった。
だがヨースキは応急処置しその後も普通にレフェリーしてたのには脱帽!



03
アダルト黒帯フェザー1回戦
×セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
○塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
黒帯昇格後まだ優勝経験のないセリンゲロが階級を落としてフェザーで参戦。
塚田とP2-2、A1-1の互角の試合を展開するもレフェリー判定で敗れた。



04
アダルト黒帯フェザー1回戦
×セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
○加古拓渡(GSB)
3人エントリーの巴戦で加古と対戦のセリンゲロ。
6:22 送り襟絞めで敗れ勝利ならず。



05
05アダルト黒帯フェザー決勝戦
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
vs
加古拓渡(GSB)
塚田vs加古の定番対決は10分間フルタイムをほぼ同じポジションで過ごすといういつもの展開に。



06
06互いにペナルティが入る膠着気味のこの試合は
P0-0、A0-0、ペナルティ1-1からレフェリー判定で塚田が制した。



07
アダルト黒帯ライト決勝戦
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)
vs
奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)
この試合も最初から最後までほぼ同じポジションで動きが少ない試合。



08
ノーポイント、ノーアドバンテージで終わった試合はレフェリー判定で
高本勝利でワンマッチ決勝で優勝。



09
シニア1黒帯ミドル決勝戦
ホジェリオ・クリスト(ホシャ柔術)
vs
ヤスダ・シンゴ(Impacto Japan BJJ)
Bマット第1試合はシニア1黒帯のワンマッチ決勝戦。



10
ヤスダのベリンボロ狙いをヒザ十字で切り替えしたホジェリオが
3:32 一本勝ちで優勝。



【今日が誕生日の柔術家】オタービオ・ソウザ(28)、セルジオ・モラエス(32)、ホベルト・ナカヤ(45)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月22日

【レポ】アンデルソン・タカハシ、黒帯デビュー戦!

今月上旬、トップ茶帯として多くの輝かしい実績を残していたアンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)が満を持して黒帯に昇格した。

そのアンデルソンはこの「DUMAU JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2014」で黒帯デビュー戦に挑んだ。

今大会の階級別ではいきなり国内トップの強豪、ヨースキ・ストーとワンマッチ決勝戦となり、この試合ではマウントから三角絞め&腕固めの複合技で一本負けに終わった。

茶帯では無類の強さを見せつけていたアンデルソンも黒帯では並の選手になってしまうのか?!と思われたアンデルソン。

だがその後の無差別級では塚田、高本、加古という日本を代表する黒帯から勝利して見事に優勝。

しかもその3試合中、2試合を一本勝ちという文句なしの試合内容で黒帯初戦でいきなり優勝という鮮烈デビューを果たした。

このアンデルソンの黒帯昇格はマンネリ気味の国内黒帯シーンに新風を巻き起こすに違いない。

アンデルソンの次の試合は8/10に岐阜で開催されるプリーストカップ岐阜大会。

ここで関西の雄、伊東元喜との2連戦が決定済みだが、まだ申し込みは締め切られていないので他の黒帯の追加エントリーも有り得る。

誰が相手でも新鮮な顔合わせとなるアンデルソン絡みの試合に注目だ。


01
アダルト黒帯ミドル級決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
アンデルソンの黒帯デビュー戦はいきなりヨースキ!



02
引き込んだアンデルソンは黒帯になってもスタイルは変えずに
ガードから試合を組み立てていく。



03
そのアンデルソンのガードを難なくパスしたヨースキ。
アンデルソンがこんなにもあっさりパスられるとは!



04
さらに三角マウントから三角絞めと腕固めのコンビネーション。
ヨースキの攻めがキツい!



05
しばらく耐えていたアンデルソンもあえなくタップ。
黒帯デビュー戦はまさかの一本負け!



06
7:41、三角絞めと腕固めの複合技でヨースキ一本勝ちでミドル級優勝。



07
続く無差別では1回戦でペナ優勝の塚田市太郎(ダムファイトジャパン)から
腕十字を極め、3:09 一本勝ち。



08
準決勝はライト優勝の高本裕和(ポゴナ・クラブジム)をP0-0、A1-0で辛勝。
高本の強靭なベースを崩せず苦戦もアドバン差で勝利。


09
圧巻だった決勝戦。
引き込んだ加古拓渡(GSB)からパス&バックと一気にポジションを奪い、
そこから送り襟絞めで一本勝ち。
試合時間はわずか49秒という秒殺勝利で優勝を決めた。



10
この決勝戦の試合動画はコチラから!



11
アンデルソン・タカハシの試合後のコメント
「階級別では負けてしまったけど無差別では優勝できてむちゃくちゃ嬉しい。
これから黒帯は厳しい試合が続くと思うけど、今まで以上にたくさん練習して
勝っていけるように頑張ります。」



【今日が誕生日の柔術家】オマー・サルーン(39)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月21日

【結果】7/20『DUMAU CHAMPIONSHIP 2014』

05
7/20(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたドゥマウ主催『DUMAU CHAMPIONSHIP 2014』の主な結果です。


【アダルト黒帯】
01
オープンウエイト
優 勝 アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
準優勝 加古拓渡(GSB)
3 位 高本裕和(ポゴナ・クラブジム)、カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)



02
フェザー
優 勝 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
準優勝 加古拓渡(GSB)
3 位 カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)



03
ライト
優 勝 高本裕和(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)



04
ミドル
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)



05
マスター黒帯オープンウエイト
優 勝 レアンドロ・クサノ(クサノチーム)
準優勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



06
シニア1黒帯ミドル
優 勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ柔術)
準優勝 ヤスダ・シンゴ(Impacto Japan BJJ)



【アダルト茶帯】
07
ライトフェザー
優 勝 赤井太志朗(ノヴァウニオン)
準優勝 木村純二(PUREBRED大宮)



08
フェザー
優 勝 若林拓磨(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 坂本勝康(頂柔術)
3 位 野口学(南河内柔術クラブ)



ライト
優 勝 Kyosuke Yokoyama(Krazybee)
準優勝 Ryo Koshimizu(Gracie Barra Yamanashi)



IMG_2834Fb
ミドル
優 勝 関根貴栄(アンダーグラウンド)
準優勝 伊藤有起(Carpe Diem)



【アダルト紫帯】
09
オープンウエイト
優 勝 八巻祐(X-TREME柔術アカデミー海老名)
準優勝 後藤拓磨(草柔会仙台)
3 位 Alexandre Avakiants(Carpe Diem)、門澤顕(KRAZY BEE)



10
ルースター
優 勝 小塚誠司(Freedom@Oz)
準優勝 ジウソン・ソネ(Infight Japan)



11
ライトフェザー
優 勝 今野泰治(RBアカデミー)
準優勝 石毛倫太郎(Carpe Diem)
3 位 相原圭佑(ポゴナ・クラブジム)、茶圓俊平(ねわざワールド)



フェザー
優 勝 中村浩士(Carpe Diem)
準優勝 Yoshinosuke Matsumoto(ヒロBJJ横浜)



13
レーヴィ
優 勝 ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 後藤拓磨(草柔会仙台)
3 位 中平和(マッハ道場)門澤顕(KRAZY BEE)



ヘビー
優 勝 Alexandre Avakiants(Carpe Diem)
準優勝 ユージ・タニグチ(Infight Japan)



14
女子アダルト紫帯ライトフェザー
優 勝 井元涼子(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 鈴木真由美(いわきK-3)



15
女子アダルト青帯オープンウエイト
優 勝 菅原愛美(パイシャオン)
準優勝 シモーネ・クサノ(クサノチーム)



16
チームポイント
優 勝 ヴァンガードBTTジャパン
準優勝 Carpe Diem
3 位 東海BJJ



17
ヴァンガードBTTジャパン



18
Carpe Diem



19
東海BJJ



【今日が誕生日の柔術家】ルイス・ヴィセンチ・ジュニオール(37)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月20日

【レポート】ブラジルフェス2013

00
毎年の恒例行事となっているブラジルフェス。

今回で9回目となった今年も東京・代々木の代々木公園で7/19&20の2日間の予定で開催されています。

初日の土曜日は時折雨が降る曇天ながら相変わらずの盛況ぶり!

特に今年はブラジルで開催されたワールドカップが終わったばかりでもあるだけに、いつも以上の集客がありました。

ブラジル名物のシュハスコやアサイー、ガラナなどの飲食類に加えブラジリアンカラーの雑貨類のショップなどが出店しブラジル好きにはたまりません!。

やはり人気はシュハスコ!

お店では肉を切り分けてもらいますが、ここではプレートで提供されるので手軽に食べれます。

野外で食べるシュハスコの味は格別!

このシュハスコ目当てにブラジルフェスに来るという方も多いのでは?!

とにかくブラジル好きには最高のフェスなのは間違いありません。
今日まで開催されてるのでお近くの方は行ってみてはいかがでしょうか?!

01
ステージではブラジル大使館の大使の挨拶。
夕方にはアントニオ猪木も来場したとか!



01a
曇天ではありましたが逆に強い日差しがなく過ごしやすかったかも。
今年も大勢のブラジル好きが集まり大盛況!



02
シュハスカリアの名店・バルバッコアもフェスの常連。
いつも行列ができてるほどの人気ぶり!



03
大きな肉の塊が串に刺さって焼かれてます。
美味しそうな匂いが食欲をそそる!。



05
肉だけでなくリングイッサと呼ばれるブラジリアンソーセージも人気。
塩味が強く独特の風味が最高。



06
アサイーも複数の出店がありました。
これは日本の柔術創成期に大会協賛して頂いてた
襯椒鵐撻奪スジャパンが輸入しているアサイー。
ブラジリアンガールの売り子がナイス!



07
ブラジル産ピルスナービール、コロニア。
なかなかレアな銘柄で日本国内で流通してる唯一のブラジリアンビールらしいです。
クリーミーで生ビールのように飲みやすいクセのない柔らかなのどごし、とのこと。



08
ブラジル銀行、バンコ・ド・ブラジルのブース。
ブラジル最大の商業銀行でブラジル最初の銀行でもあります。
ブラジルフェスには毎年レギュラー出店中。



09
09バンコ・ド・ブラジルのブラジリアンガール。
過去は浴衣とか着てたけど今年はTシャツで残念!



10
ブラジリアン雑貨店。
ブラジル人はやたら愛国心が強くて常日頃からブラジリアンカラーのモノを身につけてます。
そんなブラジリアンが好きそうな小物や雑貨がたくさん!



11
サッカーブラジル代表ユニフォームもセール中!
ワールドカップが終わって大幅値下げの大特価で販売中!



■過去のブラジルフェスの様子はコチラから!




All pics by Satoshi Narita



©Bull Terrier Fight Gear

2014年07月19日

【珍キモ】ジョオン・ホーキから購入のIPPON KIMONO

00
柔術プリーストの#135 ムンジアル2014 Part.1の柔術コレクション紹介で披露したIPPON KIMONO。

番組の中でも話していますが、これは当時修斗に来日していたノヴァウニオンの黒帯、ジョオン・ホーキから売ってもらったキモノです。

■映像はコチラから、コレクション紹介は1:03:07から!

この映像の中では2000年と言ってましたが、その後の調査で99年12月の入手であることが判明したので、ここで訂正したいと思います。

テキトーこいてスイマセン!

ついでにホーキ自身が着用してた写真も発掘しました。

当然ながら状態もよく今では剥がれてしまった胸のパッチも健在です。

自分が柔術を始めたのは99年10月で当時は国産の柔術衣はイサミのみで、それずらも受注生産で柔術衣自体が入手困難のレアアイテムでした。

なので青のギなんてレア中のレアで見た瞬間に欲しい!と思い、ホーキに直談判して売ってもらったという個人的にも思い出深いひと品なのです。

入手した当時は青のギなんて自分以外に持ってる人などいなくて練習でも好んで着てました。

なのでもう襟はボロボロで縮みまくってしまい、今では着れたもんじゃないボロドーギですが、こうやって大事に保管してあります。

このIPPON KIMONOがまたレアブランドでリオでもサンパウロでもなくブラジリア産なので、今まで7回のブラジル訪問歴の中でもお店で売ってるのは見たことありません。

ブランド自体、今でもあるのかどうかすら不明というレア中のレアキモノ!

自分の中でも初めて入手した青のキモノで自身2着目の最初期の愛用品。

今後も大事に保管し続けたいと思ってます。


01
99年12月にホーキから売ってもらったIPPON KIMONO。
当時さんざん練習で着まくってたのでコンディションは最悪レベル!
胸に付いてたパッチも剥がれて無くなってしまってます。



02
襟はすげーボロボロですがタグは健在。
A1ですが実寸ではA0ぐらいにまで縮んでしまってます。


03
上腕部のロゴ刺繍。
CBJJはブラジルの柔術連盟、confederation Braziliann Jiu Jitsuを意味すると思われます。
IPPONのロゴ横のRマークが面白い。



04
バック。
背中部分は背縫いがある柔術衣には珍しいタイプです。



05
パンツ。
上着に比べそれほど縮んでなくコンディションも悪くない感じです。



06
右スソの貼られてるこのパッチはブラジルのスーパーの店ロゴ。
これが胸にも貼られてました。
BRASILIAと書いてありますが、このお店はリオにもありました。
たぶんチェーン店だと思います。



【今日が誕生日の柔術家】ダニエル・チャールズ(37)




©Bull Terrier Fight Gear

2014年07月18日

【柔術プリースト】#138:JBJJF 全日本 Part.2

a
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回も前回に引き続きJBJJF主催「全日本選手権」のPart.2です。

前回配信から日を置かずにすぐさまPart.2を配信する螢侫襯侫ースのやる気に乾杯!

そんなPart.2は茶帯&紫帯のベストマッチをピックアップ。

配信している試合は以下の通りです。


■茶帯ライトフェザー決勝戦
宮地一裕(修斗ジムroots)
vs
加藤木俊介(トライアル)

■茶帯フェザー準決勝戦
小平亮(ネクサセンス)
vs
玉木強(CARPE DIEM)

07
■茶帯フェザー決勝戦
鍵山士門(デラヒーバジャパン)
vs
玉木強(CARPE DIEM)

■茶帯ミディアムヘビー準決勝戦
神田崇広(グラバカ柔術クラブ)
vs
西本健二(パラエストラ北九州)

■茶帯ライト級決勝戦
世羅智茂(GROUND CORE)
vs
アレッサンドロ・エト(INFIGHT JAPAN)

14
■茶帯オープンクラス決勝戦
世羅智茂(GROUND CORE)
vs
神田崇広(グラバカ柔術クラブ)

03
■紫帯ライト級決勝戦
峯岸零弥(パラエストラ)
vs
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)

■紫帯オープンクラス準決勝
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
井上啓太(GROUND CORE)

■紫帯オープンクラス準決勝
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
vs
中島良介 Ryosuke Nakajima(リバーサルジム東京スタンドアウト)

10
■女子ルースター決勝戦
杉内由紀(ポゴナ・クラブジム)
vs
関友紀子(トライフォース柔術アカデミー)




茶帯・紫帯・女子と今回も盛りだくさんな内容と自負しております。

特筆すべきは茶帯で2階級制覇した世羅選手の試合とムンジアル準優勝のシュシャvs峯岸選手のコパラスコンのリマッチ。

世羅選手の華麗なポジショニングと峯岸選手の常に先手で攻めるアグレッシブさに注目して頂きたいと思います。

その他の試合も一本決着が多いので見応え充分でしょう。

ぜひ見てください!


b
BJJテクニックファイルは八木沼志保選手の2回目。
得意のアキレス腱固めのバリエーションをレクチャー。



■#138はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
出場費:
第二次締め切り:7/28(月)
柔術・ノーギどちらか 4000円 両方 7000円
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
※無差別級追加エントリー 各+1000円
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円

■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月17日

【発売中】DVDレビュー:「GOING UPSIDE DOWN」by内山裕規

_0025461
最近は大会・教則、国内外を問わずに柔術関連のDVDリリースラッシュ。

たくさん出てるので、どれを買ったらいいのか選ぶ方も大変!

でもそれだけ選択肢があるというのは嬉しいことかもしれないですね。

今回紹介するのは世界一の格闘技メーカーと言っても過言ではないBUDO VIDEOの創始者にして名門・グレイシーバッハの黒帯でもあるブドー・ジェイクことジェイク・マッキー初のDVD作品、その名も「GOING UPSIDE DOWN」です。

これはそのものズバリ「GOING UPSIDE DOWN」のタイトル通りにひたすらインヴァーデッドガードに特化しているDVD。

ですが通常のテクニック紹介の教則モノではなく、インヴァーデッドガードを習得する際に必要なムーブメントをドリル形式で紹介したものなっております。

まず実際に試合で使われてる映像で、どのようなシチュエーションでインヴァーデッドガードを使うかを見てもらった後に、その動きを模したドリルを紹介し、徐々にグレードを上げて打ち込みしていく方法を説明しています。

最初は簡単な動きから少しずつ難しめの動きに段階を経て紹介しているので初心者にも覚えやすく、動きも馴染みやすいかなと思います。

既にインヴァーデッドガードを習得済みでこんなんじゃ甘いぜっ!!!という方よりも、インヴァーデッドガードって何?!という方や、技は知ってても実際にやったことのない、これから始めたい方、より動きを滑らかにしたい方などにお勧めできるDVDでしょう。

ここで紹介されてるドリルを練習前のウォームアップに取り入れるのもいいかもしれません。

収録時間も40分と短めでサクッ!と見れてしまうお手軽さもいい感じです。

難点はブドービデオお得意の日本語吹き替えがないことですが、ムーブメントやドリルのレクチャー中心なので、吹き替えがなくてもそれほど困らないことと思います。

マイケル・ランギやヴィトー・エスティマ、バラタらビッグネームの教則DVDのリリースラッシュの影に隠れてしまった感がある今作ですが意外と息の長いベストセラーとなってるとのこと。

私も個人的にお気に入りなのでオススメです。

是非ともご覧あれ!!


wi2
【好評発売中】
DVD「ゴーイングアップサイドダウン」
byブドー・ジェイク
収録時間:40分
価格:4300円

■詳細&購入はコチラから!

■プロモ映像はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear