English Portugues Japanese

2018年09月22日

【世界のタタミから】CARPE DIEMシンガポール

00
いま日本を席巻している先鋭柔術ジムのCARPE DIEMが初めてアジアに出した支部がこのCARPE DIEMシンガポールだ。

このジムはシンガポールの鉄道であるMRTのセラングーン駅から徒歩5分ぐらいの場所にある小さな商業施設の一角にある。

CARPE DIEMといえば広く豪華な設備として知られているが、ここは例外で中に入ってすぐに受付があり、そこからすぐにマットスペースとなっていて、そのマットスペースも柔術の試合マット1面分に足りないぐらいの規模だ。

とはいえCARPE DIEMのもう1つの特徴であるクリーンさは見事に踏襲されており、中に入っても汗臭さはなくシャワールームもキレイで、アメニティの類も完備されており、そこはさすがと思わせた。

ここがオープンしたのは今年の6月で、まだできてから間もないジムということで生徒数は40人ほどとのこと。

半分が他のジムからの移籍組で、残りの半分はここで柔術を始めた人たちだという。

その中で女性メンバーの割合は2割程度で、特に女性クラスは設けておらず、女性も一般クラスに交じって男性たちと一緒に汗を流していた。

18:00からビギナークラスで20:00からレギュラークラスの日に2クラスのみというが、メンバーがもう少し増えてきたら朝のクラスや昼のクラスの開設も検討中だそうだ。

またインストラクターたちも柔術のみではなく昼は普通の仕事やアルバイトをしてジム運営をしており、まだまだ柔術のみで生活の糧を得るのは難しいそうだ。

インストラクターたちとは練習後に食事をしながらいろいろ話を聞いたが、みな柔術に対して真摯に向き合っており、またCARPE DIEMに対する忠誠心はかなり高いことを言葉の端々から感じられた。

経済的には恵まれてはいないながらも年に1、2回は日本に来てCARPE DIEMで練習し、テクニックはもちろん、フィロソフィーをもシンガポールに持ち帰りたいと目を輝かせせながら話していたCARPE DIEMシンガポールのファウンダーの一人であるニッキーの姿が忘れられない。

そして日本のことが大好きで日本滞在中は連日、原宿や渋谷に繰り出して服や靴を買い漁っていたという親日家でもある。

このような熱意がある人たちが運営しているCARPE DIEMシンガポール、ぜひ日本からの旅行者にも訪れて欲しいと思う。

CARPE DIEMシンガポールのスタッフたちが温かく歓迎してくれるのは間違いないだろう。


01
MRTのセラングーン駅から徒歩5分の場所にあるCARPE DIEMシンガポール。
お馴染みのロゴと黒を基調とした外観は日本の広尾ジムそのままだ。



02
中に入るとすぐにマットスペースになっている。
マットスペースは家賃が高いシンガポールだけにあまり広くはなくスパーも4組ほどが精一杯だろう。



03
メインインストラクターのショーンは茶帯で帯のルーツはアメリカのジウジツダーティダズンの一人、クリス・ハウターの系列。
もともとは他のジムに在籍していたがCARPE DIEMシンガポールの立ち上げに参加した。



04
CARPE DIEMシンガポールのインストラクター陣。
左から、ダリル、ショーン、ニッキー、エドガー。



05
スパーリングタイムにはジョイントマットを持って壁になって、スパーしてる相手同士が当たらないように気を配る。
手狭なジムによくある光景がここでも見られている。



06
シンガポール人の紫帯最強の一人と言われるエドガーは海外で柔術を学んでいた経歴を持ち、ホムロ・バハルのグレイシーバッハ・ノースリッジで柔術修行していたという。



07
在籍総数50人ほどに対し、女性メンバーは10人足らずというから割合的には1〜2割といった感じ。
女性クラスはなく一般クラスに交じって練習している。



08
クラス終了時は帯別に並んで一礼して終わる。
これはブラジル式を踏襲しているようだ。



09
シャワーは2基あり、掃除もきれいに行き届いていた。
そしてホテルのようなアメニティが完備されていたのには驚いた。



10
この日は日本からゲストが来るとのことで参加者が多かったようだが、通常は1クラス10人程度の参加率とのこと。
もう少しメンバーが増えたら移転か2Fフロアも借りる計画もあるらしいから楽しみだ。



■CARPE DIEMシンガポールのサイトはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ダーソン・ヘミングス(29)、マイク・カルブリード、レオナルド・ナシメント



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年09月21日

【GOZOコラム】「石井慧、日本人最強論。」

go
意図したわけでもなく、たわいもない雑談から盛り上がった、「石井慧、日本人最強論。」

自分はかなり前から、その確信を持っています。

皆さん、石井慧といえば2008年の北京オリンピック柔道金メダリストでご存知ですよね?

でも、今の彼のイメージって、金メダルを獲った人で終了してしまっている人、半分。柔道以外にも進出したけどパッとしないという印象の人、半分“弱”。

世の中の彼に対するイメージって大まかに分けるとこんな感じかな、という印象を受けます。

では、半分“弱”の残りは何なのか。

それが、石井慧 最強論者。

そう自分は考えます。

はっきり言ってしまうと、なぜ彼がもっと評価されないのか意味がわからない。

みんな一体何を見てんの?ちゃんと見てる?っていう。。。

まぁ、柔道を辞めたことによって柔道側から敵視され、柔術側からはどうせ柔道の人という扱いをされ、挙句にMMAファンからは過度の期待を押し付けられ。。。

結果、あまり支持されてない現状。

酷すぎるでしょ!!

冒頭から思いをぶちまけていますが、改めて。。。

自分が思う石井選手の凄さを、客観的な視点を交えて綴ってみたいと思います。

今こそ、考えを改め、石井慧を応援せよ!!  なのです。

では、全ての思いの丈を綴るとおそらく数回に分けてのお届けになりますが、まず初回の今回は「グラップリング編」です。

そもそも、次回以降はご要望があれば。。。ということで(笑)

では、グラップリング編いってみましょう。

石井選手は、柔道を辞めた後、MMAの試合を中心にしていたため、寝技の実力が明るみに出る機会がなかなかありませんでした。

それが、まだ記憶に新しいクインテット1・2に出場することによって、ようやく披露されたわけです。

クインテット1では、マルコス・ソウザ選手と対戦。マルコス選手は、ワールドプロ柔術2013世界大会優勝などの大きな大会で実績を残し、今やすっかり女子に人気となったサトシ・ソウザのお兄さん。

で、マルコスは、柔術最高峰である世界柔術選手権(ムンジアル)の2001年銅メダリストのユン・ドンシクを腕十字で下して、いざ石井戦。

体重差はあるものの、石井選手はマルコス選手を投げ、しっかりパスガードを完成!

これだけだと、何がそんなにすごいの。。。?  ってことになりますよね?

では、解説。

おそらく、ほとんどの人は、石井選手の方がマルコス選手より体格が大きいんだから(体重差は約20kg)、投げたのもパスガードしたのもたいしたことじゃないっていう見解でしょ?投げてパスガードしただけで、1本決めたわけでもないし。っていう。

でも、それは単純すぎるというものです。

そもそも、柔術を嗜んでいる人ならわかると思いますが、それがスパーであろうと試合であろうと、パスガードされたらやられたぁ〜って敗北感はんぱないでしょ?

だから、マルコス選手に対抗できる日本人がいない中で、きっちりパスガードまで完成させたっていうのは相当なわけで。

寝技に関していえば、個人的には青木真也選手と同じくらいの高い評価を受けていいんじゃないかと思ってます。

そして、クインテット2。

ジオ・マルティネスとの対戦。

ジオは、この大会で猛威を振るったリダ・ハイサムに体格差を物ともせず(ジオは軽量級、ハイサムは重量級)、リバースデラヒーバから上をとってのノーアーム・ギロチンで1本勝ち。

グラップリングの世界では、エディ・カミングスにも勝利した超一流選手です。

ちなみに、エディ・カミングスは、クインテット1で活躍したクレイグ・ジョーンズに匹敵するくらいの足関節技のスペシャリストね。

そんなジオの最先端テクニックをいとも簡単に潰して、パスガードを決める石井選手。取りきれませんでしたが、キムラ・ロックもあと一歩のところまで。

わかります? わかります?!

ジオを簡単にパスできたり、決める寸前までいくのがどれほど凄いことかわかります????!

すでに、クインテット1・2の、2試合を通して、石井選手の寝技が世界でも十分に通用するレベルだということは証明されているのです。

マルコスやジオを圧倒できる日本人はほぼいないに等しい現状で、1本を取れなかったとはいえ、これがもしポイントありのルールだったとしたら。。。

どうです? 並大抵の実力ではできませんよ?

クインテットはポイント制ではないので、決めない限りは地味にまとまってしまいがちですが、選手それぞれの背景を考慮しつつ、動きの細部までじっくり観ていれば、勝った負けた以上のものが見えてくることもあります。

ぼーっと観ていたり、ちゃんとした知識がないと見えにくいのかもしれませんが。。。

さて、そんな石井選手ですが、過去にグラップリングマッチはもう1試合あります。

2016年のメタモリス6(アメリカで行われているクインテットのようなルールの大会です)で行われたウラジミール・マティシェンコ戦です。

この試合も、結果的にドローだった為にあまり評価されていません。

が、しかし、レスリングのトップ選手であるマティシェンコをしっかりパスした石井選手は、本来ならもっと評価されるべきだと思っています。

マティシェンコは、グラップリング世界一を決めるアブダビコンバットの優勝経験があるヴィニシウス・マガリャエスにも勝利している実力者です。

なのになぜ、世間はこんなに辛口なのか。。。

あるインタビューで石井選手は、ホリオン・グレイシーの息子であるヒーロンやヘナーと練習した際に全く歯がたたなかったという話をしていました。

そして、これが元で、ヒーロンに1本勝ちしたジョシュ・バーネットに石井選手は勝てないだろうという事を耳にしたりもします。

このインタビューの内容は、石井選手自らが望んで出向いた出稽古の話だと思うので、お世話になった相手に敬意を表して話している部分もあるでしょう。

なので、全く歯が立たないというのが本当かどうか定かではないですし、別のインタビューでは、ファブリシオ・ヴェウドゥムをパスすることもあるとも話しています。

ちなみに、ヴェウドゥムは世界柔術選手権を2003、2004年と連覇、2007、2009年のアブダビコンバットも連覇、そして2015年にはUFCチャンピオンにもなっています。すごすぎ。。。(笑)

もう、どう考えても、石井選手の寝技は重量級の世界トップレベルだと思うのです。

が。

インタビューの話って、どうせ練習でしょ?という方がいたとしたら!!

練習なのでパスしたしないはともかく。。。としても!!

ヘビー級で!

トップ柔術家の!

ヴェウドゥムと!!!

まともに練習できる日本人、他にいます????

いないでしょ。。。

ということで、

今回、客観的な根拠を集めての石井選手最強論、グラップリング編。

今後の石井選手の試合に関しては、ジョシュvs石井がクインテットのスペシャルワンマッチで実現するのを切に願いつつ、欲張るなら、グレイシー一族の現最強柔術家であるホジャーvs石井も観たい!

ホジャーは、ヴェウドゥムと同じ2004年のムンジアルで、1つ下の階級での優勝者。

もう、芋づる式に面白そうなカードが広がっていきますね〜。妄想だけでも楽しいです。(笑)

そして、もしアブダビコンバットに出場するとなれば、入賞以上の可能性が期待できるでしょうし、世界柔術選手権でさえ、階級と出場メンバーによっては優勝の可能性すらあると思っています。

さて、ここまで綴って、今回でどれだけの人が石井選手支持側になってくたか。。。

皆さん、石井選手を侮りすぎです。

柔道の人だから。。。試合で決められないから。。。

ぜひ、邪なフィルターをゼロにして、一度純粋に石井選手の試合をじっくり観てみてください。

絶対に概念が変わると思います。

こんな事言っている自分、どんだけ石井選手ファンなんだろうか。。。(笑)

今回、この記事を書いている自分が、石井選手の凄さを再認識するというまさかの事態になってしまいました。ヴェウドゥムに関してもだけど。。。

では、次回以降はもしご要望があれば!ということで。

理解、納得できたら人から、石井慧を応援せよ!!   です。(笑)

と、長々と書いてきたところで、まさかのバーネットvs石井という日刊スポーツの記事を目にして喜んだのもつかの間、よく見ればジョシュじゃなくてクリスの方だったという。。。今後に期待!!(笑)



11
パラエストラ八王子/dois国分寺では入会金無料+柔術衣無料キャンペーン実施中!
■詳細はコチラから!



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年09月20日

【レポ】COPA DE HK 2018

00
9/15(土)、香港の九龍にあるTSTコミュニティホールにて九龍柔術主催「COPA DE HK 2018」が開催された。

香港で唯一の柔術大会として親しまれている今大会は2007年に初開催され、翌年の2008年には時の世界王者、アンドレ・ガウヴァオンを招聘して華々しく行われ、その大会の模様は柔術魂の付属DVDにて見ることができる。

続きを読む

2018年09月19日

【Review Wednesday】「ワールドクラスBJJ」

yu
元気ですか!!

ワールドクラスに近づくべく、国際ブラジリアン柔術連盟(IBJJF)カードを申請中の楽天ダイヤモンド会員・荒井です。

今回のレビューはのアラン・サンティアゴ氏の教則DVD「WORLD CLASS BJJ」。

ワールドクラスと思われる熟練されたテクニックを3部構成で紹介しています。

日本語による音声解説付でわかりやすい!

各項目において技が上手くいかなかった場合などに移行する展開(別パターン)についても解説されていることが多く、技を実践したい気持ちが高まります。

これまで使ったことがないテクニックばかりで興奮しながら鑑賞することができました。

ここで、英語表記されているDVDのチャプターを日本語表記にして以下に記します(訳:荒井)。

バックテイク&アタック
1.イントロ
2.バックテイク 1
3.バックテイク 2
4.クルシフィックスポジュションからのチョーク
5.ブラボー・クロス・チョーク
6.クロック・チョーク バリエーション 1
7.クロック・チョーク バリエーション 2
8.クロック・チョーク バリエーション 3
9.クロック・チョーク バリエーション 4

関節技
10.イントロ
11.ダブルラペラ・ベースボール・チョーク
12.アメリカーナをディフェンスしてからの攻撃
13.キムラをディフェンスしてからの攻撃
14.ハーフガードからのニー・バー
15.ハーフガードからのニー・スライサー
16.サイドコントロールからのアーム・トライアングル
17.パスガードからのクロック・チョーク
18.パスガードからのエゼキエル

パスガードとスイープ
19.イントロ
20.クローズド・ガードをパス
21.デラヒーバをパス
22.デラヒーバをトレアンド・パス
23.リバース・デラヒーバに対するパス
24.相手が強いポジュションのときのバタフライ・スイープ
25.相手が膠着してきたときのバタフライ・スイープ
26.クローズド・ガードからのアームバーもしくはバックテイクまたはスイープ
27.クローズド・ガードからアームバーを仕掛けてからのバックテイク
28.ハーフガードからラペラを握ってバックテイク
29.ハーフガードからラペラを握ってスイープ
30.ディープ・ハーフガードをパス1
31.ディープ・ハーフガードをパス2
32.ディープ・ハーフガード・スイープのカウンターでアンクルロック

ワールドクラスの引き出しの多さに感服しました。

デモストレーション映像からはテクニックだけでなく、次々と攻撃を仕掛ける積極的な姿勢を学べたように思います。

これを機に攻めのバリエーションを増やしていきたい所存です。

それではHave a nice Jiu-Jitsu life! See you again!


yu2
【発売中】
「ワールドクラスBJJ」
■詳細&購入はコチラから!



【筆者紹介】
荒井"スロース"勇二(Over Limit BJJ)
Twitter:@araiUG
長年DUMAUの道着を愛用していたが、今夏より現在をときめくVHTSの道着を着用。
さらにラスコンチャスのウェアに腕時計はG-SHOCK、ラジオは東京FM(80.0MHz)を好むなどオシャレ度が上昇中である。



【今日が誕生日の柔術家】サトシ・ソウザ(29)、ルーカス・レプリ(33)、加古拓渡(32)、中嶋史雄(57)



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com

2018年09月18日

【柔術プリースト】#340:COPA BULLTERRIER 2018 part.2

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回も前回に引き続き8/12に名古屋で開催された「コパブルテリア2018」のパート2です。

パート2はマスター黒帯とアダルト茶帯を配信します。

配信試合は以下の通りです。


bt2018
コパブルテリア2018 Part.2
8/12 愛知県名古屋市・愛知県武道館



05
マスター3黒帯ライトフェザー1回戦
中嶋史雄(トライフォース)
vs
バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



マスター3黒帯ライトフェザー決勝戦
バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)
vs
アダイウトン・コスタ(ボンサイ)



06
マスター3黒帯ミドル決勝戦
原晃(吹田柔術)
vs
ホジェリオ・クリスト(EVOX)



マスター3黒帯オープンクラスミドル決勝戦
原晃(吹田柔術)
vs
アサダ・トシオ(Impacto Japan BJJ)



マスター2黒帯ミディアムヘビー1回戦
フェルナンド・マイオーリ(小川柔術)
vs
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



マスター2黒帯ミディアムヘビー1回戦
中西正則(SPARK)
vs
フェルナンド・マイオーリ(小川柔術)



04
マスター2黒帯ミディアムヘビー決勝戦
フェルナンド・マイオーリ(小川柔術)
vs
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



マスター2黒帯オープンクラス1回戦
中西正則(SPARK)
vs
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



マスター2黒帯オープンクラス決勝戦
フェルナンド・マイオーリ(小川柔術)
vs
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)



06
アダルト茶帯ライトフェザー決勝戦
山本博斗(グレイシーバッハ)
vs
加藤壮一郎(ALMA FIGHT GYM HOMIES)



アダルト茶帯ライト1回戦
ジョナタ・アウヴェス(AOJ)
vs
赤澤智哉(GROUND CORE)



01
アダルト茶帯ライト決勝戦
ジョナタ・アウヴェス(AOJ)
vs
後藤琢磨(仙台草柔会)



アダルト茶帯オープンクラス1回戦
ジョナタ・アウヴェス(AOJ)
vs
赤澤智哉(GROUND CORE)



アダルト茶帯オープンクラス準決勝
マウリシオ・モゾニ(クサノチーム)
vs
ジョナタ・アウヴェス(AOJ)



03
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
ジョナタ・アウヴェス(AOJ)
vs
レダ・メブトゥシュ(CARPE DIEM)



02
BJJテクニックファイルはジェフ・リウのバタフライガードからのレッグロックです。



03
#340はコチラから!



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年09月17日

【大会】11/24浜松『BULLTERRIER OPEN 2018』

btopen2018
11/24(土)、静岡県浜松市の浜松武道館で螢爛鵐妊ネロ主催『BULLTERRIER OPEN 2018』を開催します。

この大会は春のブルテリアJR、夏のコパブルテリア、冬のブルテリアオープン&キッズというブルテリア3大大会の1つとして定期開催しています。

ブルテリアのお膝元の浜松での開催のブルテルアオープンは毎回日系ブラジリアンを中心に大きな盛り上がりを見せています。

今年は体育館の都合で土曜日開催となりますが、例年通りの規模での開催となる見込みです。

そして第1次締め切りの10/19(金)までに参加申し込みをすればアダルト黒帯は参加費無料。

IBJJFアジアの後に黒帯になった選手も多数おり、そういった新黒帯たちの黒帯デビュー戦にぴったりでしょう。

また今大会でもチーム優勝にはトロフィーと賞金5万が贈呈されるので、チーム総出でポイント獲得に躍起になるチームもあり、その勝敗の行方にも注目です。

なおブルテリアJRオープンは12月の開催予定となっており、その開催日程は決まり次第改めてお知らせします。


btopen2018
【参加申し込み受付中】
「ブルテリアオープン2018」

日時:11/24(土)
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
締切:
1次締切 10/19(金)4000円
2次締切 10/28(日)5000円
3次締切 11/6 (火)6000円
最終締切 11/15(木)7000円
※オープンクラス参加は+2000円

■今大会の詳細&参加申し込みはコチラから!


■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年09月16日

【レポ】IBJJFアジア2018:マスター黒帯その2

00
IBJJFアジアの最後の試合レポートはマスター黒帯のマスター3以降の試合をまとめて紹介する。

毎年マスター黒帯ではレジェンドクラスのベテラン黒帯が参戦し大会に花を添えているが、今年はレジェンド中のレジェンド、メガトン・ディアスが参加申し込み直前にエントリーし驚かせた。

メガトンはかのマッケンジー・ダーンの父親にして自身も多数のタイトルを持つ偉大なる柔術家。

今大会の1週間前にもラスベガスで開催されたワールドマスターでWゴールドを獲得しており、2週連続の試合参戦となる。

続きを読む