English Portugues Japanese

2007年12月

2007年12月17日

ノーギ・ワールズ、黒ガロ

72cafd51.jpg黒ガロはエントリーが一人しかいなくてタケオ谷が優勝認定。

この日は試合がなく終日レフェリーをしていた。

タケオさんは日本でバッハBHジャパンの代表を務めていたが2ヶ月前にNYのヘンゾ・アカデミーへ単身渡米して総合の練習をしていた。

NYでの練習が気に入ったらしく今後もNYに滞在予定で、来年にオープン予定というヘンゾ・アカデミーのニュージャージー支部のインストラクターになるようだ。

日本のバッハBHジャパンはアレッシャンドリ・オガワに譲るという。

また総合デビューも予定されており某マネージャーが就いてブッキングを画策中らしい。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月16日

ノーギ・ワールズ、結果速報!

ada3cc8b.jpgノーギ・ワールズ、主な結果速報です!

黒ガロ
優勝 タケオ谷(ヘンゾ)

黒プルーマ
優勝 サムエル・ブラガ(バッハ)

黒ペナ
優勝 フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘

黒レーヴィ
優勝 ジェフ・グローバー(アリアンシ)

黒メジオ
優勝 パブロ・ポポヴィッチ(チーム・ポポヴィッチ)

黒メイオペサード
優勝 マルセロ・ロウザド(ブラザ)

黒ペサード
優勝 ホベルト・カマルゴ(バッハ)

黒スペルペサード
優勝 ヴィニシウス・マガリャエス(チーム・クエスト)

黒ペサディシモ
優勝 ブルーノ・パウリスタ(バッハ)

黒アブソルート
優勝 ジェフ・モンソン(ATT)

女子黒ペナ
優勝 ビアンカ・アンドラデ(バッハ)

女子黒メジオ
優勝 アネッチ・クアドロス(カーウソン)

女子黒メイオペサード
優勝 ペニー・トーマス(マウイ)

日本人の結果

植松直哉(クロスポイント)
階級別(シェイン・ライス)、無差別(コブリンヤ)共に初戦敗退

若松史郎(パラエストラ吉祥寺)
青ペナ・ベスト8、無差別・初戦敗退

山田崇太郎(パラエストラ松戸)
青メジオ・準優勝、無差別3位


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月15日

ノーギ・ワールズ、対戦表発表!

583f303c.bmp本日、無事にロスに到着しました。

ホテルでネット接続したら明日の大会の対戦表が出ていたので主な見所を紹介したいと思います。

日本から唯一参戦の黒帯、植松選手は今大会では組み合わせに恵まれコブリンヤとは別ブロックになりました。

植松選手は1回戦でヒクソンの黒帯、シェイン・ライスと戦います。

シェインに勝つとたぶんウィルソン・ヘイスで決勝戦までは比較的楽に進出できそうです。

反対ブロックには優勝候補の大本命のコブリンヤがいますが、ぜひ植松選手にはZSTで苦杯を舐めさせられたコブリンヤに雪辱して欲しいですね。

黒ガロにはバッハBHジャパンの谷タケオさんがエントリーしていますが、対戦相手が不在で計量さえクリアすれば優勝認定です。

黒プルーマにはGIに来日したジョン・ラミレツ、バッハBHのサムエル・ブラガ、ATTのレオナルド・エスコバルがエントリーしています。

黒レーヴィはジョアオ・シウバ、ジェフ・グローバーが出場です。

黒メジオはなかなか興味深い出場メンバーが集まりました。

まず今年のムンジアル王者、ルーカス・レイチ(ブラザ)が出場です。

ルーカス・レイチは一説によると暴漢に襲われて大怪我をしたらしいのですが大丈夫なのでしょうか?

試験的に開催されたパンナム・ノーギではレーヴィで準優勝しています。

そして黒帯デビューのビル・クーパー(アリアンシ)、ADCC優勝のパブロ・ポポヴィッチ(チーム・ポポヴィッチ)もエントリーです。

この階級はこの3強が優勝候補ですが、やはりここは過去の実績でポポヴィッチが頭ひとつ抜けているでしょう。

黒メイオは出場が期待されたホムロ・バハルやタルシス、サウロらの名前はなく少々地味な出場メンバー。

ブラザのベテラン、マルセロ・ロウザド、ハウフの黒帯、ルーク・スチュワートがエントリーしてます。

黒ペサードはファビオ・レオポルド(ヘンゾ)、マチウス・コスタ(ハイアン)が出場。

マチウスはキモノ・メーカー、ブルカンの社長です。

黒スペルペサードには先週「スーパーチャレンジ」に出場したクリスチアーノ・ラザリニ爛船銑瓠淵丱奪蓮法元ウマイタ、現チーム・クエストのヴィニシウス・マガリャエス、ATTのホベルト・アベルーの3人のみの出場ですが、この3人とも強豪選手なのでどの対戦も楽しみです。

そしてビックリなのが黒ペサディシモ。

なんとあのジェフ・モンソンが突如エントリーしてます!

モンソンは先週のスーパーチャレンジの出場メンバーに名を連ねていながらも大会開催直前に出場をキャンセルしました。

そのモンソンだけにこの対戦表で名前を見たときはビックリしました。

てかモンソンは黒帯だったんですね。

キモノの練習はしてるんでしょうか?

他にはコンプリド、リカルド・バロスらがエントリーしてます。

ジェフvsコンプリドは見てみたいですね。
実現するとしたら決勝戦ですが、この対戦は見れるでしょうか?

色帯では日本から出場の山田宗太郎選手(パラエストラ松戸)は青メジオに出場し5回勝てば優勝で、若松史郎選手(パラエストラ吉祥寺)は青ペナに出場し同じく5回勝利で優勝です。

紫でカイロン・グレイシー、日本人のケイ前田、ライアン・ホール、茶帯でクラーク・グレイシーが出場します。

明日は主な結果を速報しますのでお楽しみに!

対戦表はこちらから。

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月14日

「ノーギ・ワールズ」

10252ce1.jpgこれからカリフォルニアで開催される「ノーギ・ワールズ」に行ってきます。

現地から速報をいれますのでお楽しみに!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月13日

DEEP-X02 バレットvsアマゾン

11f0be59.gifDEEP-X02でブルーノ・フラザトの欠場により急遽実現した夢のカード、バレット・ヨシダvs杉江アマゾンの一戦。

アブダビの大ベテラン、バレットにアブダビ日本王者のアマゾン。

バレットは強豪が集う本戦で準優勝になること3回、2007年大会では3位に入賞しているグラップリング界のビッグネーム。

アブダビ本戦に出場するには予選に出なければならないが、バレットはその予選をしないで毎回、本部推薦で出場しているのだ。

対するアマゾンは日本屈指のグラップラーでムンジアル優勝を目指し日々練習に明け暮れており、いつでも臨戦態勢にある。

この試合の急なオファーも快諾し、バレットの「10分1本勝負にしたい」との要求も問題なく受け入れた。

それは10分が試合時間の柔術の黒帯のカテゴリーで、そこを勝ち抜くことを想定した練習をしているであろうアマゾンには逆にやりやすかったかもしれない。

試合は引き込んだバレットをアマゾンがパスを狙うという展開に終始した。

ワキ差しやスタック、スイッチパスとバリエーション豊かなパスガードを繰り出すもことごとくバレットの鉄壁のガードに阻まれる。

バレットはアマゾンの攻め疲れを待っているフシもあったが、アマゾンのパスの勢いは落ちず、しつこくパスを仕掛け続ける。

アマゾンのパスに合わせたカウンターで三角を狙いつつ、スパイラルやラバーでけん制する。

そのテクニカルな攻防に観客からは歓声とため息、そして拍手が沸き起こる。

そして試合終了間際に遂に執念のパスに成功したアマゾンはがっちりと上体を固め、そのまま試合終了の合図を聞いた。

試合終了後に正式にパスのポイントが入りアマゾンの勝利がアナウンスされ安堵の表情を見せたアマゾン。

それは日本のトップとしての重責を背負ってこの試合に挑み、見事にそれを果たした安心感からの表情だったか。

この日、軒並み敗れた日本勢が外国人選手に一矢報いたアマゾンは胸を張って日本のトップグラップラーと世界に誇れる選手であることに間違いない。

最後になるが、この試合で10分間ノンストップで攻め続けたアマゾンは試合終了時には以前ほど汗の量も多くなく、息もそれほど乱していなかったことを記しておきたい。

来年のアマゾンには期待してよさそうだ。



この日のために用意した特別コスチュームで出場のバレット。
ワールドクラスのグラップラーがDEEP-X初出場を果たした。



パスのアマゾン、ガードのバレットの試合展開。
アマゾンのバリエーション豊富なパスをフレシキブルなガードワークで
ことごとく防御したバレット。
テクニカルな攻防に客席からは拍手が起こる。



ラバーガード、スパイラルを駆使するバレットの
ガードワークはいまだに進化しているようだ。



試合終了間際に遂にパスガード!
勝ちへのこだわりが執念のパスを成功させた!



腰を切りガッチリと上体を押さえ込む。
バレットはことごとくパスを防ぎガードに戻していたが、ここで万事休す。
この体制で試合終了のゴングを聞いた。



見事にワールドクラスの強豪に勝利したアマゾン。
次は海外での活躍を期待したい。
来年こそムンジアル制覇の悲願達成なるか?!

DEEP-X02の過去レポートはコチラから。

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2007年12月12日

「スーパーチャレンジ」試合画像紹介

「スーパーチャレンジ」の試合画像が届いたので紹介したいと思います!

当初発表された参加メンバーには劣るとはいえ、なかなか豪華な出場メンバーが集まり、日本からも2選手が出場したのに今大会はそれほど話題になってないと思うのは気のせいでしょうか?

それにしても12/2にはDEEP-X、12/8にはスーパーチャレンジ、12/15にはノーギ・ワールズと今月はグラップリングの試合が毎週ありますね!

もうグラップリングという競技は完全に定着したといっていいでしょう。

カリーニョスが目指す「グラップリングのオリンピック競技化」はいつか実現するのでしょうか?

それでは試合紹介です!

<1回戦>


デミアン・マイアvsブルーノ・バストス
3-0




シャンジ・ヒベイロvsデヴィット・アヴェラン
8-0




ルイス・フェリッペ爛咼奪マックvsハファエル・ロバト
2-0



クリスチアーノ・ラザリニ爛船銑vs遠藤亮太郎
三角絞めでチチ勝利



タルシス・フンフェリーvs山下志功
9-0



ガブリエル・ヴェラvsエドゥアルド・テレス
レフェリー判定でヴェラ勝利



アントニー・ジャウジvsレオナルド・チョコラーチ
1-0



アンドレ・ガウヴァオンvsレオナルド・ペッカーニャ
バックチョークでガウヴァオン勝利

<2回戦>


ビックマックvsデミアン・マイア
レフェリー判定でビックマック勝利



シャンジ・ヒベイロvsクリスチアーノ・ラザリニ爛船銑
3-0



タルシス・フンフェリーvsアントニー・ジャウジ
レッグロックでタルシス勝利



アンドレ・ガウヴァオンvsガブリエル・ヴェラ
3-1

<準決勝>


ビックマックvsタルシス・フンフェリー
1-0



シャンジ・ヒベイロvsアンドレ・ガウヴァオン
4-4でレフェリー判定でシャンジ勝利

<3位決定戦>


タルシス・フンフェリーvsアンドレ・ガウヴァオン
6-5

<決勝戦>


シャンジ・ヒベイロvsビックマック
レフェリー判定でシャンジ勝利、優勝



優勝者・シャンジとスーパーバイザーのヒクソン。
5時間にも及ぶ長丁場の試合を制したシャンジは
来年MMAデビューを予定しています!



All Photos by Kousei Tsuno(UNDER FIGHT Co.)

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月11日

「柔術レジェンズ」「一歩進んだブラジリアン柔術」「ブルーノ・フラザト ノーギ&ブラジリアン柔術 スーパーテクニック」

ボーナス商戦真っ只中、柔術関連商品の発売が相次いでいるので紹介したいと思います。

まずは晋遊舎からDVD付属のブラジリアン柔術のムック誌「柔術レジェンズ」があさっての13日に発売されます。



ドドーン!とド迫力なヒクソンが表紙の
「柔術レジェンズ」

これはヒクソン・グレイシー、ヘンゾ・グレイシー、マーシオ・フェイトーザ、カーロス・グレイシーJr.、ヒーガン・マチャド、ジャンジャック・マチャド、オズヴァルド・アウベス、ホメロ・ジャカレ・カバウカンチ、ホリオン・グレイシーら今の柔術の祖を作った人たちのインタビューが多数収録されています。

また付属DVDにはArte Suaveという原題で発売されていたDVDを日本語字幕付きで完全収録されています。

このArte Suave、英語に訳すと柔術ライフスタイルといい、ホイラーやジャカレ、レオジーニョらの練習風景や日常に密着したドキュメンタリーで現在はPART 2が発売されています。

非常に興味深い内容なのでこれだけでも買う価値アリ!です。

他には今週末のノーギ・ワールズにも出場する植松直哉選手のLA道場訪問&スパーリング、2007パンナムのベストマッチが3試合収録されています。

インタビューもですがDVDも必見です!

「柔術レジェンズ」は定価:1.995円(税込)でオールカラー100ページ、DVDは約170分収録で12/13に発売です。

次はDVD付き技術本の先駆け、愛隆堂から発売中の「一歩進んだブラジリアン柔術」。

これは先日開催された「DEEP-X 02」で圧倒的な強さを見せ付けたマウリシオ&マルキーニョス&ホベルトのソウザ3兄弟の長男、マウリシオが記したテクニック本です。



ソウザ3兄弟の長男、マウリシオ著
「一歩進んだブラジリアン柔術」

これもDVD付きで1900円というお買い得な値段で発売されていて、本のサイズも持ち運びに邪魔にならないサイズで練習の行き帰りの読み物にちょうどいいでしょう。

通勤通学時に本を読み、帰宅後、練習後にDVDを見る、と1冊で2度おいしいオススメの逸品です。

こちらは発売中でこちらから購入可能です。

最後は日本のみならず世界中で大ヒットし、ブラジルではコピー商品まで出回ったブルテリアから発売の「コブラ柔術」「コブリンヤ柔術」に続くテクニックDVD第3弾が発売!

その名も「ブルーノ・フラザト ノーギ&ブラジリアン柔術 スーパーテクニック」です。



大好評のブルテリア・テクニックDVDシリーズ第3弾が早くも発売!
「ブルーノ・フラザト ノーギ&ブラジリアン柔術 スーパーテクニック」

これはDEEP-Xに初来日しDEEP王者の今成選手から完勝したADCCブラジル王者でCBJJEムンジアル王者&CBJJムンジアル3位というブルニーニョの華麗なテクニックの数々が余すところなく紹介されている柔術選手必見のDVDです。

また今作品はギありとノーギのテクニックが1枚に収録れているので、柔術もやるしノーギもやる!という選手にはこれまた1枚で2度おいしいオススメの商品です。

このシリーズではテクニックだけでなくインタビューやプライベート映像、スパーリング等の特典映像も多数収録されているので繰り返し見ても飽きないように工夫がされています。

この作品は約90分収録でお値段3,990円 (税込) 。

発売中なのでこちらから購入可能です!

このDVDは近日中にレヴューを紹介しますのでお楽しみに!

いかがでしょうか?これらの魅力的な柔術商品の数々は。

これら全部を購入しても1万円でお釣りがきます!

この時期は忘年会なので散財が続くでしょうが、その1回の忘年会を我慢してこれらの購入資金に充ててみてはいかがでしょうか?

1回ぐらい忘年会を断ってもバチは当たりませんよ!

ボーナス&忘年会のないお子ちゃまはお年玉をもらうまで我慢だ!

プチ情報!

かつてPUREBRED大宮に所属し日本でも柔術や総合の試合をしていた猫背のオーストラリア人、ジョージ・ソテロポロスが12/8にラスベガスで開催されたUFCのファーム大会「The Ultimate Fighter Season 6 Team Serra vs Team Hughes Finale」に出場し、見事に1R、タップアウトで勝利しました!

ウェルター級 5分3R
○ジョージ・ソテロポロス(オーストラリア)
×ビリー・マイルズ(アメリカ)
1R 1'36" チョークスリーパー

ジョージ、おめでとう!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2007年12月10日

「スーパーチャレンジ」全試合結果

aea49189.jpg12/8にブラジル・サンパウロで開催された「スーパーチャレンジ・グラップリング」の全試合結果です。

当初発表されていた参加メンバーから欠場や不参加が相次ぎ大幅にスケールダウンしてしまい、さらに今週初めに発表された1回戦の組み合わせからもファブリシオ・ヴェウドゥム、ペジシュンボ、ニーノ・シェンブリらが欠場してしまいました。

彼らの代わりにはアントニー・ジャウジ、レオナルド・チョコラーチ、レオナルド・ペッカーニャらが急遽出場し穴埋めしてなんとか16人が揃って開催になりました。

懸念された観客もほぼ満員という入りで初開催はほぼ成功といっていい内容だったそうです。

しかし開催前のドタバタはブラジルではよくあることですが、これほどまでに参加選手が二転三転するのは珍しいです。

果たしてこの大会の第2回大会はあるのでしょうか?

それでは全試合の結果です。

1回戦・Aブロック
デミアン・マイアvsブルーノ・バストス
3-0

ルイス・フェリッペ爛咼奪マックvsハファエル・ロバト
2-0

タルシス・フンフェリーvs山下志功
9-0

アントニー・ジャウジvsレオナルド・チョコラーチ
1-0

1回戦・Bブロック
シャンジ・ヒベイロvsデヴィット・アヴェラン
8-0

クリスチアーノ・ラザリニ爛船銑vs遠藤亮太郎
三角絞めでチチ勝利

ガブリエル・ヴェラvsエドゥアルド・テレス
レフェリー判定でヴェラ勝利

アンドレ・ガウヴァオンvsレオナルド・ペッカーニャ
バックチョークでガウヴァオン勝利

2回戦
ビックマックvsデミアン・マイア
レフェリー判定でビックマック勝利

タルシス・フンフェリーvsアントニー・ジャウジ
レッグロックでタルシス勝利

シャンジ・ヒベイロvsクリスチアーノ・ラザリニ爛船銑
3-0

アンドレ・ガウヴァオンvsガブリエル・ヴェラ
3-1

準決勝
ビックマックvsタルシス・フンフェリー
1-0

シャンジ・ヒベイロvsアンドレ・ガウヴァオン
4-4でレフェリー判定でシャンジ勝利

3位決定戦
タルシス・フンフェリーvsアンドレ・ガウヴァオン
6-5

決勝戦
シャンジ・ヒベイロvsビックマック
レフェリー判定でシャンジ勝利、優勝



トーナメントを優勝したのは大本命のシャンジでした。
シャンジは優勝賞金15000ドルと副賞の日本刀をヒクソンから受け取りました。



決勝戦はビックマックvsシャンジ。
日本帰りのシャンジがレフェリー判定でビックマックを降して優勝です!



この日のベストマッチは準決勝のシャンジvsガウヴァオン。
2階級以上も重いシャンジ相手に一歩も引かずに攻め続けたガウヴァオンに
声援が集中したそうです。

All photos by Marcelo Alonso(TATAME)

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月09日

「スーパーチャレンジ」結果速報

6b43f565.jpg本日、サンパウロで開催された「スーパーチャレンジ」の試合結果の速報です!

決勝戦
○シャンジvsビックマック×

シャンジがレフェリー判定で優勝

準決勝
○シャンジvsガウヴァオン×

○ビックマックvsタルシス×

3位決定戦

×ガウヴァオンvタルシス○

ニーノ、ファブリシオは欠場

山下選手はタルシスに判定負け、遠藤選手はチチに三角絞めで日本人選手はともに初戦敗退に終わりました。

大会の試合内容はよかったようですが、いかんせんルールがわかりづらいのと試合進行の段取りが悪く試合開始が9時で終わったのが深夜2時と5時間にも及ぶ大会だったようです。

ルールディレクターであるヒクソンは会場に姿を見せ(大幅に遅刻してきたそうですが)金髪美女とイチャついていたのを目撃されています。

試合画像と大会詳細は後日紹介します!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月08日

鶴屋浩選手の37回目の誕生日

16083099.jpg本日、12/8は鶴屋浩選手の37回目の誕生日です。

おめでとうございます!

鶴屋さんは千葉県内に3つパラエストラの支部(松戸、千葉、柏)と1つのウエイトトレーニング・ジム(柏市「ザ・ジム」)を構え、さらに代々木八幡にあるリバーサルジムの運営にも関わるなど、一大ネットワークを築いています。

そのネットワークはTSURUYA HIROSHI ENTARTAINMENTといい、その頭文字を取って「THE」と略されて松根選手が試合のときは頭にこの文字を刈り込むなど師弟の強い絆がうかがい知れます。



松根くんはこの刈り込みで試合をしてました!

鶴屋さんは元プロシューターとして知られていますが、その前には治政館であの武田幸三選手と汗を流し1試合だけですがキックの試合もしています。

アマ時代は治政館所属で試合をしていました。

そして99年にパラエストラ松戸を設立し、それから千葉、柏と支部を着々と増やしていきました。

支部を増やし生徒が増え、「修斗の現役生活と指導の両立は困難」と感じた鶴屋さんは自身の怪我のこともあり2002年9月の修斗公式戦、vsヴィトー爛轡礇リン瓮劵戰ぅ軅錣能づ佑魄退、その後は柔術に専念しました。

修斗でのプロ生涯戦績は11戦6勝2敗3分で負けたのは後の王者となる五味隆典とヴィトー"シャオリン"ヒベイロの2選手にのみという輝かしい戦績を残しています。(アマ時代にも負けたのは桜井マッハ速人のみ!)

現在、修斗では副会長という役職についています。

柔術では国際武道大学時代に培ったアマレスのテイクダウンを武器に数々の入賞、優勝歴がありますが、青&紫帯時代は先制のテイクダウンで2ポイントを先取し、後はそのポイントを守る、という寝技を一切しない、それ柔術じゃないじゃん!的な試合内容での勝利が多かったのですが、ブラジルでの試合で惨敗を喫し(2003年のコパドムンド&ムンジアルで紫レーヴィに出場、ともに初戦敗退)を喫し、それからは徐々にテイクダウン重視のスタイルから脱却を図り、積極的に外国人有名選手のセミナーなどに出席するなどしてテクニックの習得に努め、スタイルチェンジを模索しながら試合に出場し続け、遂には2004年のマスター&シニアの茶レーヴィで優勝するという快挙を成し遂げました。

2003年のプロ柔術「デサフィオ」に出場した際には茶帯でありながらオーストラリア人の黒帯であるピーター・デ・ビーンからも勝利を収めています。

そして2005年には柔術ルールのノーギ大会「LUTADOR NO-GI JIU-JITSU」の無差別級決勝戦において柔術世界王者、ビビアーノ・フェルナンデスを破る金星を挙げ優勝しました。

選手としての実績も素晴らしいですが、指導者としても才を発揮し、現役最年少で世界王者となった松根良太を初め、パンクラス・ネオブラッドトーナメント準優勝でグラップリングで活躍する山田宗太郎、DEEPフューチャーキング王者、北田俊亮、修斗ウエルター級新人王の児山佳宏と数々の選手を育て上げました。



鶴屋さんと一番弟子の松根くん

現在は選手としてより後進の育成に重きを置いていますが、最近また試合に出場し始め、ポゴナカップやADCCマスター&シニアで優勝するなどまだまだ往年の実力に衰えがないことを証明しました。

また海外からのオファーで総合の試合をするチャンスもあり、本人も復帰の意思を固めていたのですが、これは残念ながらプロモーターの都合でキャンセルされてしまいました。

ただ現在の鶴屋さんは自身のことよりも自分の子供の方が重要なようで、柔術とレスリングをやっている長男と次男の試合のためには大阪や群馬まで足を伸ばすという気合の入れようです。(自分の生徒のセコンドには新宿はおろか浅草でさえも行かないことが多々あるのに!)

でも今日で37歳と柔術はまだまだ十分にできる年齢なので、これからも鶴屋さんには現役で頑張って欲しいと思います。

今日は修斗・下北沢大会、明日は伊勢崎のDUMAUの柔術大会に行くそうですから、会場で会ったときには「おめでとう!」と言ってあげて下さい!


鶴屋さんが指導するパラエストラ松戸・千葉・柏のホームページはこちらから。


鶴屋さんが経営するジム「ザ・ジム」のホームページはこちらから。


ちなみに同じ誕生日の格闘家としてフランク・シャムロック、小谷直之、瀧本誠、バダ・ハリ、長与千種、川田利明がいます。

有名人ではサミーデイビス Jr 、名古屋章、藤村俊二、ジム・モリソン(ドアーズ)、和久井映見、稲垣吾郎、TAKAHIRO(EXILE)、マーティ・フリードマン(元メガデス)、多田愛佳(AKB48)葛城ミサト、猪熊柔 がいます。


最後になりますが、この日はメタル野郎的に忘れてはならないことがあります。

12/8というと一般的にはジョン・レノンの命日として知られていますが、3年前の2004年のこの日、元パンテラ、当時ダメージプランのギタリスト、ダイムバッグ・ダレルがオハイオ州コロンバスでのライブ中にファンによる拳銃乱射の被害者になり、帰らぬ人となってしまったことです。

数々の名曲、名リフを生み出し、日本でも素晴らしいライブを行ってくれたダイムバッグ。

自分がその勇姿を見たのは2001年の「BEAST FEAST」でのヘッドライナー・ショウが最後でした。

あのパンテラ在籍時の強烈なライブの衝撃は今でも忘れられません。

R.I.P. Dimebag Darrell

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




2007年12月07日

ノーギ・ワールズ、締め切り直前!

3b130af2.jpg申し込み締め切りがあさっての12/8と目前に迫った記念すべき第1回のノーギ・ワールズ。

現在までにエントリーしている注目選手を紹介しましょう。

まずは何といってもフーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘砲任靴腓Α

いわずもがなの最強の柔術世界王者がノーギ出場です。

コブリンヤはこれまでもZSTのトーナメントやワンマッチ、ADCCブラジル予選、本戦の参考試合と何度かグラップリングの試合にも出ています。

今回のトーナメントでも柔術同様に圧倒的な強さを見せてくれるでしょうか?



現役世界王者がノーギ参戦!
フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘

コブリンヤと同じく黒ペナに出場するのは日本から遠征する植松直哉(クロスポイント)選手です。



植松直哉(クロスポイント)

植松選手はノーギではADCC日本予選を優勝し本戦ではハビエル・バスケスに勝利しました。

2006年にはあのジェフ・グローバーに勝利したこともあり、グラップリングの実力は折り紙つきです。

コブリンヤにはZSTのワンマッチで敗れているだけにリヴェンジを期待したいですね。

他にはゴドイ柔術のウィルソン・ヘイスも黒ペナにエントリーしています。

黒スペルペサードにはバッハBHのクリスチアーノ・ラザリニ爛船銑瓩エントリー。

チチは今週日曜に開催のスーパーチャレンジにも出場するので2週連続の試合ということになりますね。



スーパーチャレンジに引き続き2週連続の試合に挑む!
クリスチアーノ・ラザリニ爛船銑瓠淵丱奪錬贈函

マスター黒レーヴィにはパンナムの同級王者のジャック・マクヴィッカー(ウマイタ)がエントリー。



青のキモノがジャック・マクヴィッカー(ウマイタ)
パンナムでソッカに勝ってマスター黒レーヴィを優勝!

このジャックはADCC北米予選でビル・クーパーに勝利しており、マスターとはいえアダルトの選手にも引けを取らない強豪です。

パンナムでは1回戦で大内敬を、決勝では往年の名選手、アレッシャンドレ・ソッカに勝利して優勝しました。

ジャックは無差別にもエントリーしており、気合のほどがうかがい知れます。

黒メイオペサードにはハイアンの黒帯であるファビオ・レオポルドが出場します。

ファビオは2003年にヴェルファーレで開催され大赤字を残してあっさり1回で崩壊した伝説のプロ柔術大会「デサフィオ」に来日し試合をしたことがあります。

もう誰も覚えていないでしょうが…。

一応、2002年の世界王者です。

黒帯の有名選手は今のところこれぐらいです。

日本人選手ではDEEP-Xの第1回大会に出場した若松史朗(パラエストラ吉祥寺)選手が青ペナで出場します。

あとDEEP-Xの常連選手、山田崇太郎(パラエストラ松戸)選手が青メジオ&無差別に出場します。



海外初試合の山田崇太郎(パラエストラ松戸)
クロスガードからの攻撃は目を見張るものがあります!

山田選手は先日のDEEP-X02のリアルキングトーナメントの決勝戦での敗退がよほど悔しかったらしく、火曜に急遽出場を決めました。

無差別にもエントリーしてるので頑張って欲しいです。

このノーギ・ワールズ、現地から速報しますのでお楽しみに!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




2007年12月06日

スーパーチャレンジ、対戦組み合わせ!

d452b9a0.jpgスーパーチャレンジの対戦表が発表されました!

出場予定だったジェフ・モンソンの名前が消えて、その代わりにエドゥアルド・テレス(99柔術)が入っています。

組み合わせ1
デミアン・マイアvsブルーノ・バストス
ハファエル・ロバトvsビックマック

タルシス・フンフェリーvs山下志功
ファブリシオ・ヴェウドゥムvsペジシュンボ

組み合わせ2
シャンジ・ヒベイロvsデヴィッド・アヴェラン
チチvs遠藤亮太郎

エドゥアルド・テレスvsガブリエル・ベラ
ニーノ・シェンブリvsアンドレ・ガウヴァオン

いきなりニーノvsガウヴァオンのムンジアル2006の黒メジオ準決勝の再戦、ロバトvsビックマックのムンジアル2007の黒ペサディシモ決勝戦の再戦が組まれているのが興味深いですね。

日本帰りのシャンジの相手はデヴィッド・アヴェランですが、この両者は今年のADCC無差別級の1回戦で対戦し、なんと優勝候補の一角だったシャンジをアヴェランが延長戦の末に破るという予想外の勝利を挙げました。

この対戦も因縁の再戦ですね!

日本から参戦の山下、遠藤の相手は山下がタルシスと、遠藤がチチと対戦します。

タルシスはメイオペサードの選手ですから山下選手とは体重差は余りなく勝つチャンスは十分にあります!

遠藤選手はチチとの対戦ですが、チチは柔術の階級ではスペルペサード(-105kg)ですからかなりの体重差があるのですが、チチはかなりの筋肉質で動きが固いという印象があるので遠藤選手のアップセットに期待したいですね。

なにげに組まれているバストスvsデミアンの試合も地味ながら好カードです。

バストスも柔術では表彰台の常連選手でADCCブラジル予選優勝者だけに試合巧者・デミアンも苦戦は必至でしょう。

自分の予想は優勝の本命はシャンジ、対抗をファブリシオと予想します。

このトーナメントでは日本のセミナーではあまり人が集まらず残念な思いをしたシャンジに優勝してもらって日本で稼ぎ損ねたお金を賞金1万5千ドルで補填して欲しいと思います!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト


「スーパーチャレンジ」全試合結果

278d5eef.jpg12/8にブラジル・サンパウロで開催された「スーパーチャレンジ」の全試合結果です。

当初発表されていた1回戦の組み合わせからファブリシオ・ヴェウドゥム、ペジシュンボ、ニーノ・シェンブリらが欠場し、その代わりにアントニー・ジャウジ、レオナルド・チョコラーチ、レオナルド・ペッカーニャらが急遽出場し穴埋めしました。

超豪華だった最初の出場予定メンバーからだいぶグレードダウンしてしまった今大会ですが、観客も多く集まり、ぐだぐだった試合進行以外はおおむね成功だったようです。

次回大会はあるのでしょうか?

それでは全試合の結果です。

1回戦・Aブロック
デミアン・マイアvsブルーノ・バストス
3-0

ルイス・フェリッペ爛咼奪マックvsハファエル・ロバト
2-0

タルシス・フンフェリーvs山下志功
9-0

アントニー・ジャウジvsレオナルド・チョコラーチ
1-0

1回戦・Bブロック
シャンジ・ヒベイロvsデヴィット・アヴェラン
8-0

クリスチアーノ・ラザリニ爛船銑vs遠藤亮太郎
三角絞めでチチ勝利

ガブリエル・ヴェラvsエドゥアルド・テレス
レフェリー判定でヴェラ勝利

アンドレ・ガウヴァオンvsレオナルド・ペッカーニャ
バックチョークでガウヴァオン勝利

2回戦
ビックマックvsデミアン・マイア
レフェリー判定でビックマック勝利

タルシス・フンフェリーvsアントニー・ジャウジ
レッグロックでタルシス勝利

シャンジ・ヒベイロvsクリスチアーノ・ラザリニ爛船銑
3-0

アンドレ・ガウヴァオンvsガブリエル・ヴェラ
3-1

準決勝
ビックマックvsタルシス・フンフェリー
1-0

シャンジ・ヒベイロvsアンドレ・ガウヴァオン
4-4でレフェリー判定でシャンジ勝利

3位決定戦
タルシス・フンフェリーvsアンドレ・ガウヴァオン
6-5

決勝戦
シャンジ・ヒベイロvsビックマック
レフェリー判定でシャンジ勝利、優勝



トーナメントを優勝したのは大本命のシャンジ。
シャンジは優勝賞金15000ドルと副賞の日本刀をヒクソンから受け取りました。




決勝戦ではビックマックのパスガードを凌ぎ
レフェリー判定で勝利して優勝です。




この日のベストマッチは準決勝のシャンジvsガウヴァオンで、2階級以上も重いシャンジ相手に一歩も引かずに攻め続けたガウヴァオンに声援が集中したそうです。

All photos by Marcelo Alonso(TATAME)


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月05日

スーパーチャレンジ、出場メンバー決定!

29e3c24c.jpgいよいよ今週末の開催となった「スーパーチャレンジ」の出場メンバー16人が決定しました。

ホジャー、マルセリーニョ、ジャカレ、ホベルチら相次ぐ参戦回避で一時はどうなることかと思われた今大会ですが、一応それなりの参加メンバーに落ち着きました。

・デミアン・マイア
・ファブリシオ・ベウドゥム
・デヴィッド・アヴェラン
・ハファエル・ロバト
・ジェフ・モンソン
・デウソン・ペジシュンボ
・タルシス・フンフェリー
・ニーノ・シェンブリ
・アンドレ・ガウヴァオン
・ガブリエル・ベラ
・ルイス・セオドロ爛咼奪マック
・クリスチアーノ・ラザリニ爛船銑
・山下志功
・遠藤亮太郎
・シャンジ・ヒベイロ
・ブルーノ・バストス

新しくエントリーしたのはビックマック、チチ、ベラ、バストスです。

ビックマックはゴドイ柔術の黒帯でADCCブラジル予選優勝、ムンジアルではロバトに敗れ準優勝でした。

チチはホミーニョと同門のバッハBHの選手でADCC本戦に出場しましたが戦績は奮いませんでした。

バストスはノヴァウニオンの選手で、バストスもADCC本戦に参戦予定でしたがビザのトラブルで参戦できませんでした。

ガブリエル・ベラはハイアンの黒帯で今大会の開催地、サンパウロの選手です。

以上の16選手で賞金1万5千ドルのかかった無差別トーナメントが行われます。

開催は12/8です!

余談ですがグレイシーマガジンによると大晦日の「やれんのか!」で石田光洋vsギルバート・メレンデスが組まれるようです。


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト


2007年12月04日

ルーカス・レプリvs長谷川秀彦

4e4843ba.gifメインイベント
 ×長谷川秀彦(日本/SKアブソリュート/第2代DEEPウェルター級王者)
 ○ルーカス・レプリ(ブラジル/アリアンシ柔術/ブラジリアン柔術統一世界王者)
20-2

初来日した未知の強豪である柔術世界王者、ルーカス・レプリと現DEEP王者の長谷川秀彦の一戦。

レプリのノーギは今回が初ということでどのような試合になるのか戦前の予想がつきにくい試合だったが、レプリが柔術特有のポジショニングで長谷川を3Rに渡り圧倒し、終わってみれば20-2という大差でレプリに軍配が上がった。

しかし長谷川も敗れはしたものの随所にサンビストらしい足関節技を繰り出すなど健闘したといっていいだろう。



柔術以外にも柔道の経験があるレプリは自ら組み付き
長谷川をテイクダウンすることに成功した




しかし倒された長谷川も下から
ヒザ固めを繰り出し応戦



それを反転して脱出したレプリは
足を束ねるバインディングパスを狙う



それを嫌った長谷川はうつ伏せになって
回避しようとしたそのスキを逃さずにバックを奪い
チョークの体勢に



長谷川はチョークを防ぎながら
バックから逃れようとするがレプリはしつこく付いていき
ポジションをキープ



亀になった長谷川の背中に飛び乗ったレプリは
波乗りポーズでサーファーを気取る



2R開始直後にまたもヒザ固めを狙った長谷川だったが不発、
そのまま攻める場面を作れず苦しい展開が続いてしまう



3Rに入ってもポジショニングで苦戦し
パス、バックを許してしまい試合終了、大差のポイント差で敗れた



初来日を勝利で飾ったルーカス・レプリは
柔術世界王者の実力をまざまざと見せ付けた。
次回の来日が今から楽しみな逸材だ


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月03日

「BULL TERRIER Presenrs DEEP X 02」試合結果

bb99e19d.gif本日は多数のご来場ありがとうございました!

リアルキングトーナメントからメインイベントまで実に7時間という長時間の大会でした。

選手もお客さんもお疲れ様でした!

好試合が続出した今大会の画像付きのレポートは明日、更新します!


「BULL TERRIER Presenrs DEEP X 02」

メインイベント
 ×長谷川秀彦(日本/SKアブソリュート/第2代DEEPウェルター級王者)
 ○ルーカス・レプリ(ブラジル/アリアンシ柔術/ブラジリアン柔術統一世界王者)
20-2

68kg契約 
 ×バレット・ヨシダ(SDアンディスピューテッドジム/ADCC世界3位)
 ○杉江“アマゾン”大輔(ALIVE)
5-2

68kg契約
 ○マウリシオ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)
 ×山崎剛(GRABAKA)
12-1

無差別級 
 ×長谷川匡紀(公武堂代表取締役)
(1R2:40/腕十字)
 ○千島広明(BCG&マッハ道場)

52kg契約 
 ×合庭未記(リバーサルジム)
 (1R1:57/腕十字)
 ○石岡沙織(禅道会)

無差別級 
 ○マルコス“マルキーニョス”ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術/柔術ブラジル王者)
(0:50/腕十字)
 ×IRO関(日本/フリー)

無差別級
 ○闘牛・空(フリー/女子プロレスラー)
 (2R1:14/腕十字)
 ×松本洋平(サムライTVディレクター)

47kg契約 
 ○水野真斗(AACC/レスリング)
(2R2:28/腕十字)
 ×ルーカス・ユサ(ホシャ柔術/ブラジリアン柔術)


リアルキングトーナメント・62Kg以下級決勝
○本間祐輔(パラエストラ札幌)
 (1R2:58/三角十字)
×小松 晃(総合格闘技道場コブラ会)

リアルキングトーナメント・69Kg以下級決勝
○八隅孝平(パラエストラ東京)
×高橋良治(フリー)
10−0

リアルキングトーナメント・76Kg以下級決勝戦
○ホベルト・ソウザ(ボンサイ柔術)
×山田崇太郎(パラエストラ松戸)
19−2

リアルキングトーナメント・キッズ32Kg以下級決勝戦
○松尾洸希(NEX)
(1R2:28/腕十字)
×ウィリアン・ユイ

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2007年12月02日

いよいよ本日開催!当日券は12時から発売開始です!

ff1f1745.gifいよいよ本日開催!DEEP-X02、当日券は12時から発売開始です!




当日券は全席種類あります!

SRS席10,000円(1、2列目) 
スペシャルシート席10,000円(カウンター席) 
S席7,000円(3、4列目)  
A席4,000円(自由席)

新宿フェイス :13時開場 
       第1部13:30開始 
       第2部17:00開始

全対戦カード

第12試合 メインイベント 78kg契約 3ラウンド 1R/4分・2R/4分・3R/2分
ルーカス・レプリ
(アリアンシ柔術)
ブラジリアン柔術統一世界王者
VS 長谷川秀彦
(SKアブソリュート)
DEEP第2代ウェルター級王者

第11試合 75kg契約 10分1ラウンド
杉江アマゾン大輔(ALIVE/ADCC日本王者)VS バレット・ヨシダ(SDアンディスピューテッドジム/ADCC世界3位)

第10試合 68kg契約 3ラウンド 1R/4分・2R/4分・3R・2分
マウリシオ・ソウザ(ボンサイ柔術) VS 山崎剛(GRABAKA)

第9試合 無差別契約 3ラウンド 1R/4分・2R/4分・3R/2分
マルコス“マルキーニョス”ソウザ
(ボンサイ柔術/柔術ブラジル王者) VS IRO関(フリー)

第8試合 52kg契約 2ラウンド 1R/4分・2R/4分
合庭未記(リバーサルジム)  VS 石岡沙織(禅道会)

第7試合 無差別級契約 3ラウンド 1R/4分・2R/4分・3R/2分
闘牛・空(フリー/女子プロレスラー)  VS 松本洋平(サムライTVディレクター)

第6試合 47kg契約 2ラウンド 1R/4分・2R/4分
水野 真斗(AACC/レスリング) VS ルーカス・ユサ(ホシャ柔術/ブラジリアン柔術)

第5試合 無差別契約 2ラウンド 1R/4分・2R/4分
長谷川 匡紀(公武堂代表取締役) VS 千島 広明(BCG&マッハ道場)

第4試合 フューチャーキングトーナメント決勝 62kg以下級 

第3試合 フューチャーキングトーナメント決勝 69kg以下級 

第2試合 フューチャーキングトーナメント決勝 76kg以下級 

第1試合 フューチャーキングトーナメント決勝 キッズ 32kg以下級 

「DEEP Xリアルキングトーナメントトーナメント」

62Kg以下級・出場決定選手

69Kg以下級・出場決定選手

76Kg以下級・出場決定選手

キッズ32Kg以下級(4人トーナメント)
松尾洸希(NEX)
前川拓登(和術慧舟會兵庫支部)
浅倉栞南(パラエストラ松戸)
ウィリアン・ユイチ(ボンサイ群馬)

DEEP X02 公式サイト

ブルテリア DEEPXサイト

2007年12月01日

ルーカス・レプリ、インタビューがスポナビに!

5be4881c.gifDEEP-X02のメインイベントに出場し「やれんのか!」に出場する事が決定している長谷川秀彦と対戦するルーカス・レプリのGONKAKUによるインタビューがスポナビに掲載されています。

長谷川は「やれんのか!」に出れんのか?=GONKAKU
12・2DEEP Xで柔術現役世界王者と対戦!

インタビュー記事はこちらから!

DEEP-X 02の当日券は12:00から発売します!

いよいよ明日開催!DEEP-X 02

3af1ea4f.gifいよいよ明日開催となったッグラップリングの最高峰の大会「DEEP-X 02」!!

外国人選手も無事に全員来日し、選手全員気合十分で明日の大会に臨んできます。

当日券は明日の12時から全席種発売されます。

今年最後の大一番、ぜひ会場に足を運んで見て下さい!



ブルテリア・プレゼンツ「DEEP X 02」
2007年12月2日 
13時開場 
第1部13:30開始 
第2部17:00開始
場所: 新宿フェイス
チケット:
SRS席10,000円(1、2列目) 
スペシャルシート席10,000円(カウンター席) 
S席7,000円(3、4列目)  
A席4,000円(自由席)

全対戦カード

第12試合 メインイベント 78kg契約 3ラウンド 1R/4分・2R/4分・3R/2分
ルーカス・レプリ
(アリアンシ柔術)
ブラジリアン柔術統一世界王者
VS 長谷川秀彦
(SKアブソリュート)
DEEP第2代ウェルター級王者

第11試合 75kg契約 10分1ラウンド
杉江アマゾン大輔(ALIVE/ADCC日本王者)VS バレット・ヨシダ(SDアンディスピューテッドジム/ADCC世界3位)

第10試合 68kg契約 3ラウンド 1R/4分・2R/4分・3R・2分
マウリシオ・ソウザ(ボンサイ柔術) VS 山崎剛(GRABAKA)

第9試合 無差別契約 3ラウンド 1R/4分・2R/4分・3R/2分
マルコス“マルキーニョス”ソウザ
(ボンサイ柔術/柔術ブラジル王者) VS IRO関(フリー)

第8試合 52kg契約 2ラウンド 1R/4分・2R/4分
合庭未記(リバーサルジム)  VS 石岡沙織(禅道会)

第7試合 無差別級契約 3ラウンド 1R/4分・2R/4分・3R/2分
闘牛・空(フリー/女子プロレスラー)  VS 松本洋平(サムライTVディレクター)

第6試合 47kg契約 2ラウンド 1R/4分・2R/4分
水野 真斗(AACC/レスリング) VS ルーカス・ユサ(ホシャ柔術/ブラジリアン柔術)

第5試合 無差別契約 2ラウンド 1R/4分・2R/4分
長谷川 匡紀(公武堂代表取締役) VS 千島 広明(BCG&マッハ道場)

第4試合 フューチャーキングトーナメント決勝 62kg以下級 

第3試合 フューチャーキングトーナメント決勝 69kg以下級 

第2試合 フューチャーキングトーナメント決勝 76kg以下級 

第1試合 フューチャーキングトーナメント決勝 キッズ 32kg以下級 

第1部
「DEEP Xリアルキングトーナメントトーナメント」

62Kg以下級・出場決定選手

69Kg以下級・出場決定選手

76Kg以下級・出場決定選手

キッズ32Kg以下級(4人トーナメント)
松尾洸希(NEX)
前川拓登(和術慧舟會兵庫支部)
浅倉栞南(パラエストラ松戸)
ウィリアン・ユイチ(ボンサイ群馬)