English Portugues Japanese

2008年05月

2008年05月31日

ムンジアル直前インタビュー:半谷泰祐選手

eac5e0e6.jpg全日本選手権を2年連続で優勝を果たした半谷泰祐選手(パラエストラ東京)。

半谷選手はその経歴もさることながら、わずか4年半で黒帯を取得したという、柔術の申し子的な選手です。

所属先であるパラエストラ東京では中井祐樹先生や先輩の佐々幸範選手らに日々、練習で揉まれながら着々と実力を備えていきました。

そしてこの度、満を持してムンジアルという世界最高峰の戦いの舞台に出陣します!




──ムンジアルにでようと思ったきっかけは?

柔術を始めた時から、一生に一度は世界大会に出場してみたいと考えていました。

当時はまだブラジルでの開催だった為、会社勤めの僕にとっては夢の話でしたが、先年よりアメリカ開催となり、夢が現実味を帯びました。

開催地、現在の柔術キャリア、職場の業務状況、自身の生活環境等を総合して考えた結果、08年のムンジアル出場が最適である、と考え、一年程前から少しずつ準備をしてきました。

──出場カテゴリーを教えて下さい。

アダルト黒帯レーヴィ級に出場します。

──何キロぐらい減量しますか?

通常3〜4堋です。

──減量方法を教えて下さい。

今回は試合の4週間前から食生活を改善し、節制しています。

普段は朝が弱い為朝食を取らずに出社する事が多いのですが、節制時は必ず朝食として雑穀米をお茶碗一杯程食べるようにしています。

昼食はなるべくカロリーの低いもので。

夕食は炭水化物を避け、たんぱく質とビタミン、食物繊維をメインに、量をコントロールしながら食べています。

足りない栄養はサプリメント類でカバーします。

間食はしないように心掛けていますが、どうしても空腹で動けないような時はバナナやオレンジ等のフルーツを補給します。

飲み物はほぼ水のみに切り替え、毎日かなりの量を飲んでいます。

状況によっては練習後にハイポトニック系のスポーツドリンクを飲む事もあります。

普段と練習量を変えず、摂取カロリーをコントロールする事で「我慢減量」を避けながら、体重を減らしていけるのが理想ですね。

……といっても、今までにも計画通りに体重が落ちず、試合数日前にコンビニでシリアルバーのグラム表示とにらめっこしていたりするんですが……。

──注意している選手はいますか?

特にいません。

全員が強豪だと思っていますから、一人一人注意していたらキリがありませんから。

今まで自分がやってきた柔術をどれだけ出せるかに集中します。

──ムンジアルに向けてどのような練習をしていますか?

普段は柔術とグラップリングを半々の割合で行っていますが、試合の一ヶ月前からは週1でグラップリング、週5で柔術の練習に内容を変更します。

試合2週間前からは完全に柔術のみの練習に切り替えます。

現在は水曜にパラエストラ松戸、金曜にパラエストラ池袋に出稽古をしてお世話になりながら、パラエストラ東京での練習日には通常練習後に補強と各種マット運動等を行っています。

練習内容は普段とほぼ変わりませんね。

──どのように戦いたいですか?

自分の柔術が出来るように。

──試合にかける意気込みをお願いします。

試合が終わった瞬間に思い残す事が無いような、自分自身が満足できる試合がしたいですね。」



半谷選手が出場する黒レーヴィには世界の強豪がひしめくカテゴリーです。

ザッと注目選手を挙げると…




ルーカス・レプリ
(アリアンシ/2007ムンジアル王者)




セルソ・ヴィニシウス
(バッハ/2005&2006ムンジアル王者&2008パンナム王者)




ミッシェル・ランギ
(アリアンシ/2008パンナム3位)




ジャック・マクヴィッカー
(ウマイタ/2007&2008パンナム・マスター王者)





ハファエル・バルボーサ
(Soul Fighters/2007ムンジアル3位、2007パンナム準優勝)




杉江“アマゾン”大輔
(アライブ/2007全日本オープン王者)

などと、そうそうたるメンバーです!

この中の誰と当たっても初対決。

全日本王者が世界の強豪とどんな試合をするのか期待したいと思います!




グレイシーマガジン最新号・#134
購入はコチラから!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





2008年05月30日

ムンジアル直前インタビュー:本間祐輔選手

f1e0923c.jpgついにムンジアル開幕まであと1週間となりました!

今日からはムンジアルに出場する選手の直前インタビューを連日お送りしたいと思います!

まず最初は昨年度のムンジアルで海外初試合ながら準優勝という快挙を果たした北海道の雄、本間祐輔選手です!



──ムンジアルにでようと思ったきっかけは?

去年の決勝では思うように動けなくて悔しかったので今年は世界一を狙おうと思い出場を決めました。

──出場カテゴリーを教えて下さい。

黒帯ガロ級です。

──何キロぐらい減量しますか?

2〜3キロくらいです。

──減量方法を教えて下さい。

試合前は週に3回、40分程度のランニングと食事制限で減量しています。

食事は、朝昼はほとんど炭水化物をとらず野菜とタンパク質中心の食事をとり、夜は練習があるので炭水化物をとります。

朝昼はほとんど野菜しか食べないのでパワーが出ないのですが、食事をするときは動物をイメージする事で気分を高めたりします。

例えば減量中はお腹がすいたら僕は生のにんじんをかじったりしてますが、その時は馬の筋肉の爆発力をイメージしながら食べたりしています。

──注意している選手とその理由を教えて下さい。

特にないです。

全ての試合で最善を尽くすだけです。

前回は決勝で欲が出てしまい雑念が入ってしまい集中が切れてしまったので、今回は全ての試合を無心で臨みたいと思ってます。

──ムンジアルに向けてどのような練習をしていますか?

特別な事はしていません。

普段は週に4回柔術の練習と、3回はグラップリングの練習をしていますが、ムンジアル前なので柔術は週5回でグラップリングは週2回練習の練習に変える事くらいです。

あと、スパーの本数も多くしています。

トレーニングはロープを使った懸垂やバランスボールを使った腕立て伏せ、ケトルベルを使ったメニューをこなしてます。

以前はバーベルを使ったトレーニングをしていましたが、今行っているナチュラルなトレーニングに変えてから凄く調子が良くなりました。

──どのように戦いたいですか?

戦略を作るとそれに固執してしまうので特に何も考えてないです。

ただ、ディフェンシブな戦い方になるのは嫌なので、攻め続けて勝ちたいです。

──試合にかける意気込みをお願いします。

去年もですが、今回も一緒に練習している札幌の仲間の支えがあってムンジアルに出る事が出来ました。

パラエストラ札幌の仲間からは色々な事を与えられてばかりで、でも、僕は何も与えられていなくて、むしろ迷惑ばかり掛けているので少しでもみんなに感動を与えられる報告ができるように頑張りたいです。

本間選手の昨年のムンジアル決勝戦の試合の模様はコチラから!





グレイシーマガジン最新号・#134
購入はコチラから!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





2008年05月29日

高谷コラム「柔道界の分裂」Part.2

ごく一部の人には大好評の高谷コラムです。

今回から著者経歴を入れるようにしました。

そちらも合わせてご覧下さい。

それではどうぞ!


「昭和59年に国会議員柔道連盟と日本体育協会とで発足された「調停委員会」。

それによる調停案の骨子は、学柔連と大柔連の統一→全柔連への加盟・それぞれによる処分や提訴の凍結や取り下げといったものに加え、全柔連が法人格を取得する、というものであった。

昭和24年の発足以来35年、この時点で全柔連は法人とはなっていなかったのである。

この調停の動きから、一旦は学柔連と大柔連が統一、新たな学生柔道団体設立の運びとなる。

しかし、新団体結成総会まで開かれたこの動きも、執行部の人事を巡り(学柔連幹部の去就に対する全柔連側の反対)対立、物別れとなってしまう。

結果、全柔連主催大会への学柔連登録選手参加拒否の事態に。

これがもとで、前回冒頭で紹介した昭和59年10月の世界大学柔道大会派遣選手の選考試合での、講道館におけるシュプレヒコール発生事件となり、また学柔連はいくつかの大会について全柔連の権利濫用を提訴、東京地裁がこれを認めるということもあった。

そして昭和60年1月には学柔連側が学生だけでなく社会人その他も含めた統括団体「全日本柔道協会」(全柔協)を発足させる。明らかに全柔連の向こうをはったものであった。

泥沼の抗争は、まだしばらく続く・・・。」

※今回もブラジリアン柔術とは直接関係なく、また予定を延長し完結を次回に譲ることをご了承いただきたい。





試合中にシュプレヒコールが起こった講道館国際柔道センター。
当時は全柔連と表裏一体とも言える関係であった。




講道館の入り口には柔道創始者・嘉納治五郎師範の像が。
泉下の師範は当時の抗争を如何にながめていたであろうか…。




高谷聡(こうたに・さとし)
パラエストラ吉祥寺・代表。
ブラジリアン柔術・黒帯、柔道四段。
BJJFJ公認B級審判員。
現CSF(コンバット・サブミッション・ファイティング)王者。
CSF王座は2007年6/1、ニュージーランド、オークランド、トラスト・スタジアムにて前王者、ニール・スウェイルスと戦い、これを延長戦の末にポイント判定で降し王座獲得。
だが王座獲得の後、防衛戦の予定はない。(2008年5月現在)
※その試合の詳細は2007年06月01日のこのブログのニュージーランド編を参照のこと。
☆ニュージーランド編はコチラ、画像はコチラ


★著者経歴
・昭和45年2月11日生まれ、38才(独身)
・昭和57年、12才で武道を始める。
・昭和59年、合気道初段。
・昭和61年、16才で柔道に転じ以降、高校・大学・実業団にて選手として出場。
・現在は母校の柔道部監督を務める。
・平成7年、柔道4段取得。
・実業団所属時代、鈴木道場サンボクラスに入門、初段を取得。
・平成9年、鈴木道場サンボクラスに出稽古の中井祐樹先生と知り合う。
・同年末に開設されたパラエストラ東京(当時パレストラ東京)に入門、ブラジリアン柔術を始める。
・平成13年、パラエストラ吉祥寺を設立。
・平成17年、ブラジリアン柔術の黒帯を取得。




グレイシーマガジン最新号・#134
購入はコチラから!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





2008年05月28日

レオジーニョ、久々の来日決定!!

6edd89c4.jpgあの天才柔術家、レオナルド・ヴィレイラ“レオジーニョ”が久々に来日することが決定したようです!

レオジーニョは過去に2度、日本のプロ柔術大会「Gi」に来日し試合をしています。

日本での試合レポートはコチラから!

Gi-um

Gi-02

レオジーニョは6月29日、九州の福岡で開催されるJJFJ主催「サウス・ジャパン・オープン」に来日、大会ではワンマッチのスーパーファイトを行うようです。

また大会後にはセミナーも行うようなので、そちらも楽しみですね!

セミナーは九州と東京で開催されます。

セミナー詳細はコチラから!

昨年のADCC以来、試合をしていないレオジーニョの試合が見れるのは世界的レベルで非常に貴重で、さらに柔術マッチとなると最後に試合をしたのはいつなのか?というぐらい長い間、レオジーニョは柔術の試合に出ていません。

記憶が確かならばレオジーニョの柔術ラストマッチは2004年のムンジアル直後にサンパウロで開催されたプロ柔術「DESAFIO 2」です。

そのときの試合動画はコチラから!

今回の試合は実に4年ぶりの柔術の試合ということになりますね!

九州の方はこのレオジーニョの試合が見れるという貴重なチャンスをお見逃しなく!

詳しくはコチラから!




グレイシーマガジン最新号・#134
購入はコチラから!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!





谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で発売中!






PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ
チェリー☆パイ
3990円 (税込)で発売中!
ぱ〜いぱい!
ビキニ画像満載のチェリー☆パイのブログ
「食べごろチェリー☆パイ」はコチラから!




ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





2008年05月27日

「新人戦」海外からの出場者!

今大会には日本国外からも出場選手があり、韓国から3名、フィリピンから1名の参加者がありました。

韓国からの出場者はブラザ・コリア代表であるイ・スンジェが「韓国より柔術のレベルが高い日本で試合をさせて経験を積ませたい」とのことで3人の生徒を引き連れて来日し、今大会に出場しました。



左から、イ・グァンハ、キム・ジュンフン、ペ・スンソンと
彼らの師匠、イ・スンジェの韓国チーム。


しかし、韓国勢の戦績は思わしくなく、厳しい現実を突きつけられてしまいました。

唯一、入賞を果たしたのはNO-GI柔術・ビギナー・ペナ級に出場したキム・ジュンフン。

キム選手は初戦で自分より格上の紫帯を相手に三角絞めを極めて一本勝ち。

準決勝戦では敗れましたが、見事に3位に入賞し韓国勢唯一のメダルを入手しました。




韓国勢唯一のメダリスト、キム・ジュンフン。
まだ17歳という将来有望なティーンエイジャーです!


青帯ペナ級に出場したペ・スンソンはアマチュアながら総合の試合も経験していてイ・スンジェも期待をかけていましたが、試合開始直後に跳び十字の奇襲を受けて秒殺の一本負けを喫してしまい、悔し涙を流しました。




ペ・スンソンは跳び十字で秒殺一本負け!



白ガロに出場したイ・グァンハも惜しくも敗れてしまいましたが、この異国での大会参戦は彼らのこれからの柔術人生に大いにプラスになったことでしょう。

イ・スンジェは

「彼らは始めての日本での試合に萎縮してしまったようです。普段の実力が出せていなかったように感じました。私も大会運営の手伝いをしていて彼らのセコンドができなかったのも要因のひとつかもしれないです。帰国して鍛えなおしてまた日本で試合をさせたい。やはりまだまだ韓国の柔術のレベルは日本に大きく遅れを取っている。早く日本に追いつけるように私も頑張らないといけないですね。」

と話しました。

今大会で彼らの指導者であるイ・スンジェは朝から会場入りし、マット設営から撤収まで大会運営の仕事に従事し、大会のノウハウを韓国に持ち帰ろうと言葉の壁もある中、一生懸命に学んでいました。

自身の生徒の試合のときもセコンドもせずに、です。

この真摯な姿勢がある限り、韓国の柔術のレベルは急速に発展し、そう遠くない将来に日本に並ぶことでしょう。



韓国柔術界の発展の鍵を握るイ・スンジェ。



もう一人の海外からの出場者、フィリピンから出場していたステファン・カンパウス選手を紹介したいと思います。

このステファン選手は前から名前だけは知っていましたが、試合を見るのも実際に話すのも始めてでした。

今まではステファン・カムフィス、だと思っていたのですが本人に確認したら「カンパウスだよ」と直されてしまいました。

このステファン選手はニュージーランド出身、現在はフィリピン在住で、柔術世界王者、ダニエル・オテロを輩出したファブリシオ・マルチンスのアカデミー、ファブリシオ柔術で柔術を学び、ファブリシオから黒帯を授かりました。

ファブリシオの詳細はコチラから!


現在は奥さんの出身地であるフィリピンで柔術のアカデミーを経営しています。

現在47歳ですが試合にも現役で出場し続けている元気な御大です!

NO-GI柔術ではワンマッチを戦い優勝しましたが、残念ながら柔術では試合が組まれずに優勝認定になっていました。

この大会翌日には名古屋で開催されたドゥマウ・インターナショナルにも出場するという旺盛な試合ぶりを見せ、さらにはブラジルに渡り、マスター&シニアにも出場するそうです。

またフィリピンでは「パン・アジアン柔術チャンピオンシップ」という大会も主催しており、かつてこの大会にはマイク・フォウラーなども出場し、フィリピン最大の柔術&グラップリングの規模を誇っています。

その大会主催者としての顔も持つステファンをして「日本の大会運営は素晴らしい。とてもスムーズだね!」とお墨付きをもらっていました。

このように海外からの出場者もあった今大会、これからも日本以外の国からの出場者が増えることを期待したいと思います。



フィリピンから出場していたステファン・カンパウス。
47歳ですが試合をガンガンこなしています!


★今大会の公式結果はコチラから!





グレイシーマガジン最新号・#134
購入はコチラから!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!





谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で発売中!






PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ
チェリー☆パイ
3990円 (税込)で発売中!
ぱ〜いぱい!
ビキニ画像満載のチェリー☆パイのブログ
「食べごろチェリー☆パイ」はコチラから!




ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





2008年05月26日

「新人戦」&「NO-GI柔術」大会レポート

b508704c.jpg今日は土曜に江戸川スポーツセンターで開催された「新人戦」&「NO-GI柔術」の大会を紹介したいと思います。

今大会が開催された江戸川スポーツセンターは東西線・西葛西駅から徒歩10分かからない場所にある立地のいい体育館です。

川を越えると千葉県ですが、江戸川区はギリギリ東京都です!

会場の広さも設備も申し分ないので、(自分の自宅から近いということもあり)今後は定期開催されると嬉しい体育館です。

さて大会ですが今大会の注目は関東では初開催となる「NO-GI柔術」です。

現在、NO-GI&グラップリングの柔術ルールの大会は定期開催されていないので、NO-GIの練習も平行して行っている柔術家は嬉しいことでしょう。

またNO-GI柔術の試合には連盟IDの提示は必要ないので、連盟登録していないアカデミーの選手や総合がメインの選手にも参加の門戸を広げているのも特徴です。

NO-GI柔術はエキスパート、アドバンス、ビギナーの3カテゴリーで大会が行われました。

エキスパートには柔術の黒帯や茶帯の選手も出場しており、高い技術の攻防が見られました。




アダルト・エキスパート・ペナ級優勝は若林次郎(パラエストラ東京)。
全試合を通してトップポジションをキープし続け危なげなく優勝を果たした。




アダルト・エキスパート・プルーマ級決勝戦、
井田悟(ストライプル行徳)vs阿部ミケール(トライフォース柔術アカデミー)
ポイント0-0、アドバンテージ0-1で阿部が辛勝。




女子唯一のNO-Giマッチは、
茂木康子(ストライプル・ノース東京)vs日下美代子(GRABAKA柔術クラブ)
試合開始直後に日下選手の負傷棄権で茂木選手が優勝に。


柔術では黒帯の試合こそ開催されませんでしたが、茶帯の試合は数試合開催され熱戦が展開されました。

個人的に注目していた茶メジオの近藤哲也(レッドシャーク柔術アカデミー)vs丹裕(トライフォース柔術アカデミー)の一戦は丹選手のパスガードが冴えを見せ、3回のパスガードに成功、さらにニーインザベリーのポイントも加えて11-0のポイントで完勝、優勝を果たしました。




茶メジオ優勝の丹選手。
今回はメジオ級ということで余裕の計量パス。




丹選手に敗れた近藤選手は無差別では接戦を制し優勝。


また茶プルーマでは青〜紫帯時代に連戦連勝を飾っていた芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)が茶帯では苦戦、初戦で敗退するというプチ番狂わせ。




芝本選手、まさかの初戦敗退のプチ波乱。


優勝したのはその芝本選手を降した山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)。

茶帯でも新世代の選手が台頭してきていることを実感させる活躍を見せました。




山田選手(左)は柔術的な柔らかい動きで
強豪揃いの茶プルーマのトーナメントを優勝した。




笹原トメヤ・フィリオ(グレイシーウマイタ)が一本で
マスター紫ペナ級を優勝。
今回は少なかった日系ブラジル人の出場者の中でトメヤが
大きく存在感を示しました!



マスターのカテゴリーでも熱戦が多く、
見ごたえある試合が続出しました!



さらに今大会では中井祐樹・連盟会長のご子息も試合に出場、次男の拓郎くんが見事に優勝を飾っています!




中井Jr.、拓郎くんは男女混合プレミリン
白/灰/黄帯 23.5kg以下級で優勝!


明日は日本国外から出場した選手のことを紹介したいと思います!




グレイシーマガジン最新号・#134
購入はコチラから!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!





谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で発売中!






PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ
チェリー☆パイ
3990円 (税込)で発売中!
ぱ〜いぱい!
ビキニ画像満載のチェリー☆パイのブログ
「食べごろチェリー☆パイ」はコチラから!




ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月25日

BJJFJ主催「新人戦」&「柔術No-Giオープン」主な結果

bed55da3.jpg5/24に開催されたBJJFJ主催「新人戦」&「柔術No-Giオープン」の主な結果です。

公式結果は主催者のウェブサイトを参照して下さい。




★柔術No-Giオープン

アダルト・エキスパート

ペナ
優勝  若林次郎(パラエストラ東京)
準優勝 平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)


レーヴィ
優勝  丹治章近(アカデミアAz)
準優勝 丸井憲一郎(アカデミアAz)

アブソルート
優勝  平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
準優勝 西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)


アダルト・アドバンス

ガロ
優勝  藤井望(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)

プルーマ
優勝  渡辺学(綱島柔術)
準優勝 川野眞介(トライフォース柔術アカデミー)

ペナ
優勝  大塩幸伸(フリー)
準優勝 山口薫(アカデミアAz板橋)

レーヴィ
優勝  鈴木広隆(総合格闘技道場STF)
準優勝 鷲巣洋平(フリー)

アブソルート
優勝  新明佑介(トライフォース柔術アカデミー)

準優勝 津谷健一(トライフォース柔術アカデミー)


★ブラジリアン柔術

アダルト茶帯

プルーマ
優勝  山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 新井孝太郎(ねわざワールド)

レーヴィ
優勝  土肥潤(ねわざワールド)

メジオ
優勝  丹裕(トライフォース柔術アカデミー)


アブソルート
優勝  近藤哲也(レッドシャーク柔術アカデミー)


アダルト紫帯

ガロ
優勝  鳥飼孝脩(X-TREME柔術アカデミー)
準優勝 中尾亮(X-TREME柔術アカデミー)

プルーマ
優勝  首藤健二(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)


ペナ
優勝  井上和浩(T-BLOOD)
準優勝 金子翔平(パラエストラ新潟)

メジオ
優勝  吉川寛康(GRABAKA柔術クラブ)
準優勝 平野厚雄(ストライプル・ノース東京)





グレイシーマガジン最新号・#134
購入はコチラから!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!





谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で本日発売!






PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ
チェリー☆パイ
3990円 (税込)で発売中!
ぱ〜いぱい!
ビキニ画像満載のチェリー☆パイのブログ
「食べごろチェリー☆パイ」はコチラから!




ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





2008年05月24日

グレイシーマガジンの最新号が入荷

1a38ebc9.jpg毎号大好評のグレイシーマガジンの最新号、#134が入荷しました!

表紙はヒクソン杯で来日したクロン・グレイシーとアンドレ・ガウヴァオンです。

今月号も柔術家にはたまらない濃い内容の1冊となっているので、チラっと内容を紹介したいと思います!

まずはジュルジ・ギマラエスのインタビュー。

ジュルジ・ギマラエス、といっても多くの方は知らないと思いますが、ブラジルの柔術界、いや柔術界のみならず格闘技界の発展に大きく関与した人物です。

元々はブラジルのテレビ局「スポーTV」でディレクター兼リポーターをしていましたが、その後は選手のマネージメントや大会運営、ジム経営とどんどん活躍の幅を広げている人物です。




このインタビューではジョルジの今までの足跡が記されています!

あとパイシャオンの師匠として知られるオズワルド・アウヴェス御大のインタビューも収録されています。



御大インタビューは貴重です!


そしてグレイシーマガジンといえば豊富なテクニック紹介のページが毎回好評ですが、今号でも多くのテクニック紹介がされています。

まずファビオ・グージェウの腕十字からのエスケープが7ページに渡り細かく紹介されています!

ファビオの指導力の高さはマルセリーニョ、タルシス・フンフェリー、ルーカス・レプリら多くの世界王者を育てたことで実証済です!



ファビオ・グージェウの腕十字からのエスケープが7ページ!


他にはニュージャージーに新たにアカデミーをオープンしたヒカルド・アルメイダのオープニング・セレモニーのときのトレーニング・セッションからのテクニック紹介、そこのソッカ、ヘンゾのテクニックも紹介されています!



アルメイダ、ソッカ、ヘンゾのテクニックを収録!


大会レポートはパンナム2008をカラーで9ページものボリュームで詳細に紹介されています。



パンナム2008


今回も資料性も高い、必携の1冊になっています!




購入はコチラから!






谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で5月25日(日)発売!






PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ
チェリー☆パイ
3990円 (税込)で発売中!
ぱ〜いぱい!
ビキニ画像満載のチェリー☆パイのブログ
「食べごろチェリー☆パイ」はコチラから!




★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





2008年05月23日

明日の「新人戦」に韓国からの出場者が参戦!

今日は明日の「新人戦」&「NO-GI柔術」に出場する韓国人選手を紹介したいと思います。

それはブラザ・コリア代表のイ・スンジェ(茶帯)の生徒、キム・ジョンフンとイ・グァンハです。

イ・スンジェの詳細はコチラから!



左からイ、キム、ブラザコリア代表のイ・スンジェ


キムとイは共に白帯で、昨日一緒に練習したのですが、まだ10代と若いのでスタミナもばっちりで師匠譲りの動きまくる柔術をしていました。

また韓国人の特徴としてフィジカルの強さも挙げられます。

この二人はまだ10代なので経験してませんが、韓国人男性は必ず兵役を義務付けられており、そこでみっちりと鍛えこまれます。

ですから、フィジカル面ではかなり高いものを持っている人が多いです。

その軍隊仕込みのフィジカル・トレーニングを普段の練習でも取り入れてるので、おのずとこの二人もフィジカル面が強化されているようです。



白ペナに出場のキム・ジョンフン。
まだ17歳です!





白ガロに出場のイ・グァンハ、19歳。
この両者は柔術とノーギの両方に出場します!
柔術暦は1年半ぐらいでだいたい週2、3回の練習らしいです!



イ・スンジェはこの二人のことをこう語っています。

「この二人はまだ若いから将来有望だと思う。だからこそ今のうちから経験を積ませたいんだ。韓国では日本のように大会も多くないし、柔術のレベルも5年は遅れている。彼らが日本で練習したり大会に出たり、ということは必ず彼らの将来にいい影響があると思うよ。試合の勝ち負けは関係ない。そこで何を得るかが重要なんだ。」

と話してくれました。

イさんは彼らの先生ですが、試合のときは自身の大会の運営の勉強のためにセコンドにつくことができません。

それでもいいのか?と聞くと、

「いいんだ。もともと試合は自分ひとりでするものだからね。それに私はこの日本で学ばなければならないことが多いんだ。柔術のテクニックのこともだけど、大会の運営や連盟の組織作りもこの日本からは学ぶべきことがたくさんある。だから今回は大会運営の手伝いをして韓国での大会運営に役立てたいと思っている。大会の手伝いは朝イチから行ってマット運びからやらせてもらうつもりです。」

と真摯な態度で話してくれました。




イ・スンジェはレオジーニョの茶帯で、練習ではレオばりに
動き回る柔術を披露、テクニシャンぶりを見せ付けていました!


明日の大会にはこの白帯二人のほかに青帯のペ・スンソンという選手も出場します。

ペは今日、羽田に到着するそうです。

ぜひ明日の大会ではこの韓国勢の活躍に注目して欲しいと思います!




まだあどけなさが残る10代の韓国人柔術家、イとキム。
試合が楽しみです!




谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で5月25日(日)発売!






PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ
チェリー☆パイ
3990円 (税込)で発売中!
ぱ〜いぱい!
ビキニ画像満載のチェリー☆パイのブログ
「食べごろチェリー☆パイ」はコチラから!




★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月22日

「全日本新人戦」「柔術No-Giオープン」トーナメント表発表

7cb1d737.jpg今週土曜に江戸川区西葛西の江戸川スポーツセンターで開催される「全日本新人戦」と「柔術No-Giオープン」のトーナメント表が発表されています。

全日本新人戦はコチラから!


柔術No-Giオープンはコチラから!


新人戦の方は残念ながら黒帯の試合は組まれませんでしたが、茶帯は何試合か実施されるようです。

個人的には茶メジオの丹vs近藤の一戦に注目しています。

丹選手は仕事と柔術を両立し、地道ながらも継続的に練習を続けて現在は茶帯を巻く実力者です。

かつては「背負いの丹」と呼ばれ、柔道仕込みの豪快な投げ技が得意でした。

また丹選手といえば忘れられないのがコパ・ストライプルでの計量オーバーで失格、という失態です。

確か2003年のことだったと思いますが、当時はまだギなし計量が主流だった時代で、その年のブラジル遠征ではギ込み計量のペナでコパドムンド、ムンジアルに出場していた丹選手、日本でも何とかなるだろう、とペナでエントリーしましたが、ギなしではペナに落とせなかった、というオチでした!

対する近藤選手は現在、奥方の地元である静岡県沼津市で自身が代表を務める「レッドシャーク柔術アカデミー」を率いて日々指導に汗を流しています。

先日のヒクソン杯にも出場しましたが、思うような成果が出せずにいたので、今回の試合には奮起して挑んでくることでしょう。

丹選手はパスガード、近藤選手はガードワークに定評があるのでこの両者の試合はかみ合うと思います。

この一戦は茶帯のカテゴリー屈指の好カード、必見です!

他にも茶帯ではプルーマ級に4人のエントリーがあり、新井(ねわワ)、平尾(X-treme)、芝本(トライフォース)、山田(ポゴナ)と誰が優勝してもおかしくないメンバーが揃っています。

こちらも楽しみです!





谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で5月25日(日)発売!






PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ
チェリー☆パイ
3990円 (税込)で発売中!
ぱ〜いぱい!
ビキニ画像満載のチェリー☆パイのブログ
「食べごろチェリー☆パイ」はコチラから!




★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!



2008年05月21日

ロバート日本観光記 Part.2

昨日に引き続き、ロバート日本観光記 Part.2です!

浅草の次は東京の新名所、お台場に連れて行きました。

GW中のお台場ではフジテレビのイベント「お台場学園」が開催されていて、そこでフジテレビの見学とブースの散策、出店での軽食と休憩をしました。


ロバートinフジテレビ!


そして偶然にもアイドリング!!!のミニライブが始まったのでそれをロバートにも見せました。

ロバートはアイドリング!!!のステージを見て飛び跳ねている観客を不思議そうに見て、それなりに楽しんでくれていたように見えたのでよかったです。

ライブ後に「どーだった?」と感想を聞くと無言で苦笑い。

楽しんでくれていた、というのは勘違いだったのでしょうか。

自分は、あのいかにもビミョー、といったロバートに苦笑いを忘れることができません!


ロバートにアイドリング!!!のステージは
どう映ったのでしょうか?!


ライブ終了後すぐさまお台場から移動し、次は原宿へ。

原宿は「なんかクレイジーな格好をした人たちがたくさんいる橋があるんだろ?そこに行きたい!」というロバートのリクエストです。

そこでお望みどおり、ゴスロリ&ゴスパン系女子と記念撮影をして、そのついでに明治神宮へお参り。


ロバート以外にもたくさんの外国人が見物にきてました。
ここはアキバに続く新たな観光名所かも。

デカい鳥居をくぐって中に入って参拝しました。



お台場から佐々選手も観光に加わりました!
この両者はともに2005年のムンジアル王者です!
ロバートが黒ペサード、佐々選手が茶ペナで優勝してます!




途中で漢字の書かれた酒樽を見つけるとすかさず
「写真を撮ってくれ!」とロバート。
ほんと外国人は漢字に弱いですねー。



「ここは歴史を感じるよ!」と嬉しそう。


それから表参道を散歩がてら徒歩で青山に向かって移動。

途中、オリエンタルバザールでお土産を買いつつ、夕食は日本食の定番メニュー、寿司。

もちろん回転です!


たらふく寿司を食べて満足そう。
器用に箸を使って食べていました!


夕食のあとはパラエストラ東京に行って練習。

ロバートは毎日練習しないと気がすまないんだそうで、今日も会うなり「どこかで練習できるとこないかな?」と聞かれていたので、毎日練習してる、といえば佐々選手だ、と思いつき、佐々選手に連絡して人を集めてもらった次第。

その甲斐あってGW中にも関わらず10人以上の人に集まってもらえていい練習ができました!



ノーギながら半谷選手とのスパーも実現!



もちろん佐々選手とも汗を流しました!


こうしてこの練習を最後にロバートの長かった1日は終わり、この翌日にアメリカ・ラスヴェガスに向けて帰っていきました。

ロバートが帰国してから数日後に「日本での観光は楽しかったよ!ササとパラエストラのみんなによろしく伝えて欲しい。じゃムンジアルで会おう!」とメールが送られてきました。

日本滞在最後の日を楽しんでもらえたようで何よりです。

ロバートの次の来日はいつでしょうか?

また日本で会うのが今から楽しみです!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!




谷澤恵里香セカンド写真集
「7番 セカンド ヤザワァー」
ワニブックスから2940円で5月25日(日)発売!
大人気アイドリング7号!!!フジテレビ「アイドリング!!!」で7号として活躍中の谷澤恵里香・待望の2nd写真集!!!
ロリキュートなルックスにして、バスト88のGカップという大胆ボディーをひっさげ、ヤザワァーが向かったのは開放感いっぱいのグアム!!!
17歳らしいフレッシュで元気一杯なヤザワァーが走る!!!寝転ぶ!!!泳ぐ!!!
ほかにも背伸びしたセクシーなヤザワァー、水着姿のヤザワァーなど盛りだくさん!!!
誰にも見せたことのない初めてのヤザワァーが満載!!!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月20日

ロバート日本観光記、Part.1

昨年、ニュージャージーで開催されたADCC・無差別級決勝戦であの神童・マルセリーニョを一本で降し優勝を果たしたことで知られるロバート・ドリスデール。

そのロバートは現在、17年間を過ごしたブラジル・サンパウロを離れアメリカに移住し、現在在籍しているのは元UFC王者、ランディ・クートゥアの主宰するメガ・ジム「エクストリーム・クートゥア」。

「エクストリーム・クートゥア」ではアメリカでのトレーニングに訪れているブラジルでの同門、ジャカレの通訳兼トレーニングパートナーとして公私共にサポートし、日本での試合にもセコンドとして初来日しました。

ロバートはアメリカとブラジルのハーフなので英語がペラペラなので、自分とは知り合ってすぐに仲良くなりました。

そして今春のパンナムで再会したときに「ジャカレのセコンドで日本に行くかもしれないよ!」と聞かされていたので「じゃ日本に来たら会おう!」と約束していました。

それからほどなくしてジャカレの日本での試合が正式に決まり、ロバートの初来日が実現したのです。

まずはそのADCC・無差別級決勝戦での活躍を簡単に紹介しましょう。




ADCC2007での無差別級決勝戦、vsマルセリーニョで
アナコンダ・チョークを極めて優勝!




現在発売中の「サブミッション魂2」にはマルセリーニョを極めたのは
「Tレックス」というテクニック、と紹介されていますが、
これはどー見てもアナコンダ・チョークでは?




マルセリーニョから一本勝ちしたことでグラップリング界で
一気に名を馳せたロバート・ドライスデール。




世界最高峰のグラップリング大会であるADCCの
無差別級でマルセリーニョ、ガウヴァオンを降しての堂々の優勝です!



ロバートは初めての日本ということでジャカレの試合後に自費で日本滞在を延長し、地下鉄マップを手に自力で観光を楽しんでいました。

自分も仕事が落ち着いたので1日だけですがロバートの観光に付き合ってきたので、そのときの様子を紹介したいと思います!

まず最初にロバートの呼び方ですが、今まではブラジル読みの「ホベルチ」でしたが、本人曰く「英語読みならロバート・ドライスデールでポルトガル語読みだとホベルチ・ドリスダーレ、どっちでもいいよ!」とのことですので、これからは英語読みの「ロバート・ドライスデール」で統一することにします。

まず最初にロバートが行きたがったのは「日光江戸村」でした。

なんでもこの観光前日に自力で行こうとしたんだけど、あまりにも遠いので断念したとか。

できることなら連れていってやりたかったんだけど、日光に行くと往復で4時間もかかるので、午後から待ち合わせたこの日は時間的に無理。

日光は次回の来日時に連れてくから、となだめて最初に向かったのは後楽園にある講道館です。

ロバートは美術館や資料館などに行きたい、というのでそれならば、と思いついたのが講道館でした。

残念ながらこの日は祝日だったので資料館は閉まっていたのですが、大会の準備をしていた柔道場までは入ることができ、中の様子を見学させて頂きました。



大会準備中の講道館・柔道場で。
その大きさにビックリしていました!


売店では「柔道」と書かれたタオルやTシャツに興味津々。

やはり外国人には漢字が珍しいようです。




講道館にそびえる嘉納治五郎の銅像の前で。
ちゃんと「オー!ジゴロー・カノー!」と知ってました。



次は観光の定番、浅草です。

ここでは仲見世の人混みにびっくりしながら雷門、浅草寺のお決まりのコースを回りました。



雷門付近は人混みで大変。
でもロバートはデカいのではぐれてもすぐわかります!


途中で屋台に引き寄せられて、イカ焼きやジャガバター、磯辺焼きなどを食し、日本のジャンクフードを堪能しました。




磯辺焼きは英語で何て言うんでしょうか?




イカ焼きはタレが垂れてきて食べずらそうでしたが完食!



どれもうまいうまいと言って好き嫌いなく食べてくれるので楽でした。

外国人の中にはヴェジタリアンも珍しくないですからね。

「デカいブッダ・スタチューはないの?」と聞かれましたが、

「それは鎌倉だね。ここにはミニチュアしかないよ!」というと残念そうにがっくり。

でも小さいながらも大仏像が見れて少しは満足してくれたでしょうか。



小さい大仏にやや不満か?




浅草ではこの日、修斗グラップリングが行われていたので、
街中で偶然ロバートを見つけた出場者に記念撮影をせがまれて
それに快く応じていました。


ロバート日本観光記、Part.2に続きます!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月19日

「ブルテリア」サイトリニューアル!

c7568818.jpgこのブログが入っている「ブルテリア」のサイトがパソコン用、携帯用ともにリニューアルし、デザインも見やすくなって生まれ変わりました!

今回のリニューアルの大きな変更点は会員登録制度と今流行のポイント制度を設けたこと。

その会員登録のメリットとして、一度会員登録をすれば次回以降は住所等の記入を省略でき、注文が簡略化されます。

そして一番のメリットは今、会員登録された方には100ポイントが加算され、さらにご注文頂いた場合は合計金額の3%がポイント加算されます。

そのポイントは次回以降のご注文にて利用することが出来ます。

さらに今後の予定では会員のみに発行するメールマガジンにてお得な情報等を発信する予定だというからこちらも楽しみです。

是非ご登録をお待ちしております!




★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



ムンジアル2008・昨年度王者の動向

0e087021.jpg今日はムンジアルの昨年度の王者の今年の動向を紹介したいと思います!

★昨年度のメジオ級世界王者(実際は同門のルーカス・レイチと優勝を分け合いました)、アンドレ・ガウヴァオン(ブラザ)は今年はメイオペサード級でムンジアルに出場するようです。

ガウヴァオンは3月末のパンナムでもメイオペサード級で出場し、決勝で茶帯時代の好敵手、アリアンシのタルシス・フンフェリーを破り優勝しています。

4月下旬に開催されたコパ香港では無差別級のみの出場、その決勝でエドゥアルド・テレス(99柔術)をバックからのエゼキエルで降し優勝を果たし賞金$2000を手にしました。

5月に日本で開催された「ヒクソン杯」でも当初はメジオでエントリーしていましたが、大会直前にメイオに階級を変更し、ホドリゴ谷口と戦い、一本で快勝したのは記憶に新しいところです。

ガウヴァオンがメイオペサードに階級を上げたため、注目の黒帯昇格なったクロン・グレイシーとの試合は実現することはなくなりました。



アンドレ・ガウヴァオン(ブラザ)


★その昨年度の茶メジオ王者、クロン・グレイシー(ヒクソン・グレイシー柔術センター)は黒帯デビュー戦となる今年のムンジアルは関係者筋によると、無差別級には出場せず、メジオ級のみの出場となるようです。

昨年のムンジアルも当初は無差別級にもエントリーしていましたが、大会当日、会場に姿を見せずに結局、メジオ級のみの試合出場になっています。



クロン・グレイシー(ヒクソン・グレイシー柔術センター)


★4月29日に開催された「Dream.2」に出場したジャカレのセコンドとして初来日を果たしたロバート・ドライスデール(ブラザ)はMMAのトレーニングに集中するため、今年のムンジアルに出場する予定はない、と日本滞在中に話してくれました。

しかしロバートは仲間の応援とガールフレンドであるミッシェル・ニコリニのサポートのためにムンジアルの会場には訪れるようです。




ロバート・ドライスデール(ブラザ)


★そのロバートのガールフレンド、ミッシェル・ニコリニは昨年度の女子・茶黒プルーマ&無差別の2冠王者ですが、パンナムでは階級別を優勝するも無差別でメガトンの奥方であるルカ・ディアスに敗れ準優勝でした。

現在は2ヶ月前からアメリカに渡米し、ラスヴェガスのエクストリーム・クートゥアに在籍するロバートの元でムンジアルに向けたトレーニングを開始しており、パンナムのリヴェンジを狙っています

またムンジアルの後には長年連れ添ったロバートと結婚し、アメリカビザを取得してラスヴェガスでの新婚生活をスタートさせる予定だそうです。



ミッシェル・ニコリニ(ブラザ)




いつも一緒のロバート&ミッシェル


★昨年度のメイオ優勝&無差別・準優勝のホムロ・バハル(バッハ)は現在、手術したヒザの治療でブラジルに帰国して療養中です。
そのヒザの治療が長引き、パンナムには出場できませんでしたが、ムンジアルの出場も微妙なようです。




ホムロ・バハル(バッハ)


★昨年度のペサド世界王者、シャンジ・ヒベイロ(サウロ/グレイシー・ウマイタ)は当初、ヒクソン杯への出場も打診されていましたが自身のムンジアルの練習を優先し、来日は実現しませんでした。

現在は兄であるサウロ・ヒベイロ、ハファエル・ロバトらと共にサンディエゴにある柔術ユニバーシティで精力的なトレーニングを自らに課しているそうで気合十分でムンジアルに出場してくることでしょう。




シャンジ・ヒベイロ(サウロ・ヒベイロ/グレイシー・ウマイタ)


★昨年の女子・茶黒メジオ級ムンジアル王者、エミリー・クオーク(ヒカルド・アルメイダ)は今年のムンジアルには出場しない意向を明らかにしました。

現在、エミリーはMMAの練習をメインにしており、打撃スキルの向上とグラップリングのトレーニングに多くの時間を割いているようです。

また柔道の練習にも取り組んでいて毎週金曜にヨシサダ・ユネヅカという日本人に師事しているそうです。

MMAのオファーもあるようですが、なかなか対戦相手に恵まれず、いまだMMAの試合は実現しておりません。

このままMMAの試合が決まらなければエミリーの次の試合の予定は8月のノーギ・ワールズになるようです。




エミリー・クオーク(ヒカルド・アルメイダ)&ボーイフレンドのジェリー

★ムンジアル2008の出場申し込みはコチラから!

本日中に申し込みをすると$107で出場できます!




★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月18日

細かなニュースをいくつか!

1dd58c05.bmpこまかなニュースをいくつかまとめて紹介します!

★近日入荷予定の「グレイシーマガジン#134」(画像のものが表紙)の内容が紹介されています。

今回はパンナムでのクロン&ガウヴァオンの活躍やオズワルド・アウヴェス、ジョイーニャのインタビュー、ソッカのテクニックなどが紹介されています。

コチラから!


★「ヒクソン杯」の公式記録がJJFJのサイトで発表されています。
(すべてがアルファベット表記なのが見づらいとこですが…)

コチラから!


★5/24に開催されるBJJFJ主催「柔術No-Giオープン」のトーナメント表が発表されています。

コチラから!


★同じく5/24に開催されるBJJFJ主催「新人戦」のエントリーリストも発表されています。

コチラから!


★早くも3週間後の開催となった世界選手権「ムンジアル」のエントリーリストが発表され随時更新中です。

もう何人かの日本人選手はエントリーされていますね。

コチラから!


★その「ムンジアル」の大会告知動画も公開されています。

コチラから!


★5/25に名古屋市・愛知県武道館で開催される「DUMAU INTERNATIONAL JIU JITSU CUP 2008」のエントリーリストが発表されています。

これによるとブラジルから多数の強豪ブラジル人選手が出場するようです。

ザッと名前を挙げると、ムンジアル準優勝のイヴァニエル・オリヴェイラ、フェルナンド・ボイ、フィリピンで柔術アカデミーを経営するステファン・カムフィス、KID山本の寝技コーチ、ベッチーニョ・ヴィタウ、コパドムンド王者、アドリアノ・マルチンスなどです。

エントリーリストはコチラから!

また大会要綱によるとDUMAUは全日本柔術連盟(JIU-JITSU FEDERATION OF JAPAN)に加盟致したそうで、今大会のエントリーにはJJFJ発行のIDカードが必要になるそうです。


★BJJFJ主催「第9回全日本ブラジリアン柔術選手権」の大会画像が「オールスポーツコミュニティ」のサイトで公開されています。

掲載画像はそのサイトから購入可能となっています。

コチラから!


★今春に開催された「パンナム2008」のDVDが近日発売予定です。

Budovideos.comのサイトにプレヴューが公開されています。

コチラから!


★同じくBudovideos.comから近日発売予定の「ニーノ・シェンブリ」グラップリング教則DVDのプレヴューです。

コチラから!


★ついに本日、日本初試合を行うホジャー・グレイシーのNYのヘンゾ・アカデミーでの練習の様子がGraciemag.comのサイトで紹介されています。

コチラから!


★「ブラジレイロ2008」の黒帯決勝戦の画像と公式試合結果が公開されています。
フラザト、オタービオ・ソウザ、アレッシャンドロ・ソウザ、ミッシェル・タバレスらが敗れる波乱があったようです。

キーラ・グレイシーも階級別は優勝していますが無差別ではルシア・カルメン・フェルナンデスに敗れて準優勝でした。

日本人も出場しており鈴木尚美選手(ノヴァウニオン)が女子・茶プルーマで優勝、無差別でも3位に入賞しています。


画像はコチラから!


公式試合結果はコチラから!





★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




2008年05月17日

大内テクニック:腕十字のクラッチの切り方

意外と好評だった大内さんのテクニック紹介、今回もちょっとしたテクニックを紹介したいと思います。

このテクニックはブラジルのデラヒーバ・アカデミーで「腕十字職人」として知られるルイス・ビンセンチ・ジュニオールに教わったという「腕十字の腕のクラッチの切り方」です。

腕十字の体勢になっても相手が腕を抱えるようにしてると腕を取ることができませんよね。

その場合はこのようにやると腕十字が取れます!

では大内さんの実演によるまた聞きテクニック紹介です!




腕十字の体勢になってもこのように腕を抱えられると
なかなか腕を取れません。




その場合、腕のヒジの横部分から手のひらを
入れていきます。




そしてヒジ〜上腕部分を引き付けながら
しっかりつかみます




片方の手のひらを相手の胸に当てて
体重をかけながら体を跨いで




反対側に回り込みます




手のひらの置き方の向きに注意して下さい




胸から手を抜いて




腕十字を極めます




ポイント
ヒジに横部分から手のひらを差し込むように
手を入れていきます




ポイント
手を入れることができたらしっかりとヒジ〜上腕部分を
抱えて引き付けます




ポイント
胸に手のひらを置くときはこの向きに。




そうすれば反対側に回ったときに腕を回しやすくなります。


どうだったでしょうか?

胸に手を置くときの向きと手の差し込み方がポイントですね!




この方法を教えてくれたデラヒーバの黒帯であるルイス・ビンセンチ。
黒プルーマでムンジアル3位になったことがある強豪選手です!



このルイスはムンジアルやパンナムではたびたび日本人選手と戦っています。

ペナ時代は渡辺孝選手と、プルーマに階級を落とした2005年に3位入賞し、2006年は吉岡大選手に、2007年はパンナムで柳沢友也選手に敗れています。

現在はブラジルとマイアミを行き来しながら指導をしているそうで「タイミングが合えばムンジアルに出る!そして日本にデラヒーバと一緒に行きたい!」とメールが来ました。
ルイスの来日は叶うでしょうか?

次回の大内さん・また聞きテクニックは「いま一番信頼できる技!」と断言する「潜りスイープ」を紹介したいと思います!

でもいつ紹介できるかは未定!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

2008年05月16日

遂に日本初試合!ホジャー・グレイシー

2c28b5d1.jpgあさっての「戦極」に出場するホジャー・グレイシーの公開練習が世田谷区にある吉田道場で行われました。

まずはわざわざ連れてきたボクシングコーチを相手にしてのミット打ち。

基本的なジャブ、ストレートなどを中心に5分ほど。

ホジャーの打撃スキルは未知数でしたがこのミット打ちを見る限り、そこそこできるようです。

その後にNYのヘンゾ・アカデミーでの練習パートナー、イーゴー&グレゴーを相手にして組み技のスパー。

ホジャーは次々と柔術の基本テクニックを繰り出し、3分×2ラウンドをこなしました。
その後は質疑応答へ。

「NYから13時間のフライトで月曜に来日して時差ぼけがあったけど今は大丈夫。今回の試合は総合のトレーニングをしている中、自然の流れで決まった感じ。対戦相手がなかなか決まらずにフラストレーションがたまっていたて、もしかしたら今回の試合は流れるかも、と考えていたから決まって光栄だね。近藤は長いこと総合格闘技をやっていて75戦以上も経験しているグレイトなファイター。彼と戦うことにはとても興奮している。彼はとてもいいストライカーだから打撃の手数とヒザ蹴りに注意したい。(グレイシーの名のプレッシャーは?の問いに)もう20年も前から柔術の試合でも常にグレイシーを背負って戦ってきたからプレッシャーはない。グレイシー一族としてその存在を示して、卓越した技術で一本勝ちをする。今回の試合時間、5分3ラウンド以内に間違いなく極める」

そしてこの中ではっきりと口にしたのが、

「3週間後のムンジアルには出る」

と静かに、でもはっきりと、それがさも当然である、との口ぶりで答えたこと。

通常は総合の試合を終えた選手は1週間から10日間、長い選手では2、3ヶ月もバケーションを取って激しいトレーニングと試合のダメージを癒すのが通例ですが、驚くことにホジャーはわずか3週間後の試合に出るといいます。

それも柔術において世界最高峰の戦いの場であるムンジアルに、です。

ジャカレやマルセリーニョ、シャオリン、ハニ・ヤヒーラなど、総合の試合に進出すると柔術の試合に出なくなってしまう選手は過去に多くいました。

が、ホジャーだけは総合と柔術の試合に平行して出場します。

この「総合に出ても柔術はおろそかにしない」ホジャーの心意気に感動しました!




ボクシング・コーチを帯同して来日したホジャー。
軽快なミット打ちを披露した。





イーゴーを相手に組み技のライトスパー。




次々と技を極めていきました。





イーゴー、グレゴーを相手に3分2ラウンドをこなしました。




公開練習の後は質疑応答へ。
通訳はマネージャーを務めるシュウ・ヒラタ氏。




ホジャーのスパーリング・パートナー兼セコンドのグレゴー・グレイシー。
「オレもムンジアルに出るよ!今年はメイオペサードだ。ガウヴァオンとやってやるぜ!」(グレゴー)




こちらもスパーリング・パートナー兼セコンドで来日のイーゴー・グレイシー。
NYのヘンゾ・アカデミーでのメイン・インストラクターだ。




最後は親父との2ショット。
マウリシオ・ゴメスはいつもホジャーの試合の時には一緒にいます!



ワールドビクトリーロード
「戦極〜第二陣〜」
2008年5月18日(日)
東京・有明コロシアム
開場14:30 開始16:00


★メインイベント ヘビー級
“KING OF 戦極”
ジョシュ・バーネット(フリー)
VS
“極めの博士号”
ジェフ・モンソン(アメリカン・トップチーム)

★セミファイナル ※契約体重調整中
“不動心”
近藤有己(パンクラスism)
VS
“グレイシー最強の遺伝子”
ホジャー・グレイシー(ホジャー・グレイシー柔術アカデミー)

★第6試合 ライトヘビー級
“smile 亮くん”
川村 亮(パンクラスism)
VS
“復活モンスター”
ケビン・ランデルマン(ハンマーハウス)

★第5試合 ヘビー級
“セクシャルビーストNO.1”
中尾“KISS”芳広(TEAM TACKLER)
VS
“マオリの1000万パワー”
BIG・ジム・ヨーク(ファイブ・リングス・ドージョー)

★第4試合 ウェルター級
“GRABAKAの裏番長”
佐々木有生(GRABAKA)
VS
“Goldenヒザボンバー”
ジョルジ・サンチアゴ(アメリカン・トップチーム)

★第3試合 ライト級
“金網の申し子”
光岡映二(和術慧舟會RJW)
VS
“韓国の火の玉ボーイ”
イ・グァンヒ(Tuhon Jeongsim Gym)

★第2試合 ウェルター級
“鉄人継承”
マイク・パイル(エクストリーム・クートゥア)
VS
“恐怖!人間ユンボ”
ダン・ホールバックル(McVicker’s Martial Arts Academy)

★第1試合 ライト級
“イズムの継承者”
北岡 悟(パンクラスism)
VS
“リアル・クラッシャー”
イアン・シャファー(チーム・シャファー)


★チケット料金
VIP席50,000円(特典:専用入場ゲート・グッズ付) 
RRS席25,000円
戦極シート(S席)15,000円(特典付)
S席 15,000円 
A席 7,000円




★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月15日

「ヒクソン杯」開会式

大会開始前には出場全選手を集めての開会式が行われました。

今大会は日系ブラジリアンの出場者が大多数を占めており「開会式なんてやろうとしても適当なブラジリアンがちゃんと整列すんのかな?」なんて思っていたのですが、意外や意外、みんなスタッフの指示に従い、帯別に分かれて大人しく整列していきました。

大会出場者が400名あまり、大会運営スタッフが100名以上という大規模な今大会でしたが、懸念していた混乱もなく思った以上にスムーズに開会式は行われました。




マット上には出場選手が黒帯、茶帯、紫帯、と
帯別に一列ずつ整列。





選手だけでなく大会スタッフ、レフェリーもその列に
加わって並ぶ姿は壮観でした。



会場内に特設されたステージ(?)に連盟会長であるヒクソン・グレイシー、審判部長、マルコ・バルボーサ、招待選手のクロン・グレイシー、アンドレ・ガウヴァオン、エドゥアルド・テレスが並び、通訳で渡辺孝真氏が壇上に上がりました。

その壇上でヒクソンが連盟発足の挨拶をポルトガル語で述べ、それを渡辺氏が日本語に通訳するという流れで開会式は進みました。




挨拶をするヒクソン連盟会長。




開会式のセレモニー中、後方のスクリーンには
大きくJJFJのロゴが写し出されており、
荘厳な雰囲気を演出していました。





そんな厳粛な雰囲気でもクロンは意に介さず、
大あくび一発。
さすが大物です!

最後にヒクソンが手を挙げると選手から大きな拍手が。

こうしてヒクソン連盟会長によって高らかに開会宣言がなされ、記念すべきJJFJ第1回大会が幕を開けたのでした。




ヒクソンが手を挙げると大きな歓声&拍手。
さすがカリスマ!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




2008年05月14日

「ヒクソン杯」会場の様子

「もういい加減、試合のレポートは飽きたよ!」と一部の方から指摘を受けたので(まだ書くことはいっぱいあるのに!)今日は「ヒクソン杯」の会場の様子を紹介したいと思います。

会場は浜松駅からほど近い「浜松アリーナ」。

ここはかつては新日本プロレスのビックマッチでよく使用されており(SGタッグリーグやトップ・オブ・スーパージュニアでよく使われてた記憶がある)、それ以外ではコンサートでも使われている会場で、9月にはアヴリル・ラヴィーンのライブもここで開催されます。



開場前の会場。
広い!


会場に入るとまず目に付くのが広いアリーナに8面で敷き詰められた真新しいマット。

マットにはJJFJのロゴが入っていました。




大会前日に設置された新しいマット。
8面分ありました。




マットにはJJFJのロゴが入ってます!




チェアマン席にはフラッグが立てられています。
これはムンジアルやパンナムと同じですね。




会場には大きなスクリーンが設置されており、
常時試合の様子やロゴが映し出されていていました。




スクリーンの下には表彰台が設置されバックドロップにはたくさんのスポンサー・ロゴが入っており、そのロゴの中にはサーフブランドの「クイックシルバー」や外務省の記念イベント「日本ブラジル交流年」、ブラジリアン・コミュニティに絶大な影響力を持つ「IPCブラジルチャンネル 」も。




表彰台。


そしてメダル授与役にはセクシーなブラジリアン美女が3人も!

彼女らは出場者の記念撮影攻めにあっていました。

それらに快く応じるメダルガールズ、素晴らしいサービスでした!

またカメラを向けると恥ずかしがることなく次々にポーズをキメるあたりプロですね!



ポーハ!どーですか、このツンと上を向いた生意気おっぱい!
ボニータ!


メダルは大きくズッシリと重い高級感あふれるもの。

刻印もしっかりしており立派な出来栄えでした。



大会メダル。




表面。




裏面。




入賞者呼び出しはクリスチアーノ上西。
試合に出ればよかったのに!
総合の試合で痛めたヒザの具合がよくないそうで無念の欠場でした!




試合が始まるとこんな感じ。
試合の進行方法は他の大会とそう変わりありません。




観客席はプロ興行で使われるだけあってとても大きいです。




大会当日に発表されたトーナメント表は壁に張り出されていました。
今どき大会当日にトーナメント表が発表されるというのはなかなかないですね。
ここは次回大会に向けての反省点でしょう。



大会レフェリー陣。

そのほとんどが日系ブラジル人で構成されたレフェリー陣でしたが、
日系ブラジリアンのお約束的な「判定をめぐっての言い争い(&ケンカ)」は
まったくと言っていいほどありませんでした。

やはり自分の先生がいると普段は暴れる選手も大人しいのでしょうか。


会場にはヒクソンと親交のある桜井章一氏、桜庭和志、そしてなぜか江原啓之の花輪が届けられていました。




桜井&桜庭はまだわかるのですが、なぜ江原?




テレビクルーも来場していて選手のインタビューや試合を収録。
大会広報氏によると「今後、DVD化の予定もある」とのこと。




物販スペースにはブラジル料理やアサイー、串焼き肉などの
販売ブースが出店されていてお祭り気分を演出。

他にもサプリやプロテイン、他の格闘技業者もブースを出していました。



サプリメントのブースを出してるこの人が
「ココはハママツゥだよ」のマサオさん



まだまだ続く「ヒクソン杯」詳細レポート、明日は開会式の模様を紹介します!




★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月13日

ブラジレイロ2008 結果

17b1e840.jpg黒帯の各階級の優勝&準優勝者です。

ガロ
優勝  ブルーノ・マルファシーニ(UGF)
準優勝 フェリッペ・コスタ(ブラザ)


プルーマ
優勝  ベルナルド・ピテウ(ジョオン・ホーキ)
準優勝 ダニエル・ベレーザ(ノヴァウニオン)


ペナ
優勝  マルセロ・フレイタス(ノヴァウニオン)
準優勝 ブルーノ・フラザト(ブラザ)


レーヴィ
優勝  ミッシェル・ランギ(アリアンシ)
準優勝 ヴィニシウス・マリーニョ(UGF)


メジオ
優勝  アラン・ド・ナシメント(ブラザ)
準優勝 オタービオ・ソウザ(バッハPE)


メイオ
優勝  エドゥアルド・サントロ(シーア・パウリスタ)
準優勝 アレッシャンドレ・ソウザ(グレイシー・フロリアノポリス)


ペサド
優勝  アウグスト・フェラーリ(バルボサ)
準優勝 マウロ・セサール・ギリャルメ(バッハBH)


スペル
優勝  アントニオ・ブラガ・ネト(ゴルドJJ)
準優勝 チャゴ・ガイア(ノヴァウニオン)


ペサディシモ
優勝  ホドリゴ・カバカ(ブラザ)
準優勝 ガブリエル・ヴェラ(アリアンシ)


アブソ
優勝  アレッシャンドレ・ソウザ(グレイシー・フロリアノポリス)
準優勝 アントニオ・ブラガ・ネト(ゴルドJJ)


★「ヒクソン杯」公式結果はコチラから!


★「コパ日本海」公式結果はコチラから!



★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
購入はコチラから!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



黒無差別準決勝:ガウヴァオンvs片庭選手

1回戦を快勝したガウヴァオンの準決勝戦の相手は片庭選手です。

片庭選手はペナ級ですが無差別に出場し見事に初戦を突破してきました。

ガウヴァオンはいつものようにアグレッシブな攻撃で次々とポイントを重ね、ポジションも奪いましたが、片庭選手の高いディフェンス力に攻めあぐね、マウント、バックマウントからも極めることができませんでした。

が、かといって片庭選手になにかさせたかというとそうではなく、片庭選手は防御一辺倒でしたが、あのガウヴァオン相手に数分間も極めさせなかったことは特筆すべきことです。

攻めあぐねる場面が長かったものの、最終的には腕十字で一本勝ちしたガウヴァオン。

2試合連続の一本勝ちで決勝戦に進出し、2週連続でテレスと対戦、これをアドバンテージ差で降してパンナムに続き階級別&無差別の2階級制覇を達成しています。




圧倒的な強さのガウヴァオン。




パス、マウントと攻め続けます。




片庭選手はマウントから絞めを狙われて苦悶の表情




ニーベリの決まり具合も強烈!




ガウヴァオンやりたい放題!
ギを引き出して腕を取りに行きました。




フィニッシュは腕十字!
決勝戦進出を決めました!




2階級制覇のガウヴァオン。
ムンジアルで注目のvsクロンは実現するでしょうか?!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月12日

黒無差別1回戦・テレスvs岡

黒無差別、もう一方のブロックには海外からの招待選手であるエドゥアルド・テレスがエントリー。

テレスもガウヴァオンと同じく中国で開催されたコパ香港から直接、日本に来ました。

そのコパ香港で開催された無差別級で元・弟子にあたるガウヴァオンに一本負けを喫しており、その雪辱を期しての出場です。

1回戦は関西の名物男、岡選手。

先の全日本で階級別&無差別にエントリーしていましたが他の出場者がいなかったために優勝認定されました。

しかし記録上は立派な全日本王者です!

その全日本王者が海外の強豪選手に挑むこの一戦、果たしてどうなったでしょうか。

試合はテレスが前評判通りの亀ガードを連発しマニアを喜ばせ、フィニッシュも亀ガードからのスイープでバックを奪っての襟絞め。

テレスとすればガウヴァオンと再戦すべく出場したこのトーナメントですから全日本王者といえども苦戦するわけにはいかない試合でした。

結果的に1回戦、準決勝ともに快勝し決勝戦に進出したテレスでしたが、既報の通りガウヴァオンへの雪辱はなりませんでした。

が、テレスが独自に編み出した亀ガードからの各種テクニックを見ることができたのは嬉しかったです!




関西の名物男が亀野郎に挑みます!




テレスは引き込むとすぐに背を向けて亀ガードのポジションになります。
こんな試合スタイルの選手は世界広しといえどもテレス以外にいません!




相手の襟を引いて体勢を崩し一気にバックに回り込むテレス。
亀ガード・テクニック炸裂です!




完全にバックをとり、これでスイープの2ポイント奪取!




最後は襟絞めでフィニッシュ!
テレス、珍しく一本勝ちです!




ペナ級ながら果敢に無差別に出場した片庭選手。
ヨースケ・ストー選手との1回戦。




見事なスイープを決め2-0で勝利!
準決勝進出でガウヴァオンと戦います!




黒無差別1回戦、ホドリゴ谷口vsサルバドール・ミンニチ。
サルバドール選手、初めて知りました。
日系ブラジル人の黒帯選手は知らない選手がまだまだたくさんいるんですね。
ホドリゴ谷口選手が勝利。




準決勝、テレスvsホドリゴ谷口選手。
テレスがサイドマウントからのキムラで危なげなく勝利し、
ガウヴァオンとの決勝戦に進出しました!





アイドリング!!!7号・谷澤恵里香がSIDE-B表紙の
「B.L.T U-17 sizzeleful gial 2008 spring Vol.6」
東京ニュース通信社から定価1200円で好評発売中!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月11日

黒無差別1回戦・ガウヴァオンvsマルキーニョス

黒無差別1回戦からいきなり好カードが実現しました!

アンドレ・ガウヴァオンvsマルコス・ソウザ“マルキーニョス”です。

当初、ガウヴァオンはメジオ級にエントリーしていましたが急遽、メイオペサード級に上げたためにマルキーニョスとの試合は実現しないのか、と残念に思っていましたが無差別級の1回戦で組まれました!

世界王者&パンナム2冠のガウヴァオンにコパドブラジル王者のマルキーニョスの試合がこの日本で見られるとはうれしい限りです!

試合はガウヴァオン得意のハーフガードからのスイープ&腕十字であっさりと決まってしまいましたが、マルキーニョスの強さを知っているだけに、ガウヴァオンの強さの底知れなさが際立ちました。

ガウヴァオンにかかってしまうとマルキーニョスすらも子ども扱い、本当に底なしの強さです!

マルキーニョスは無差別級は1回戦で姿を消してしまいましたが、ガウヴァオン不在のメジオ級ではきっちりと優勝を果たしています!




世界王者&パンナム2冠のガウヴァオンに
コパドブラジル王者のマルキーニョスが挑む
好カードが実現!




当初はメジオ級で実現するはずだったこの組み合わせ。
無差別級1回戦の両者万全の状態での試合です。




ガウヴァオンが着ているキモノは新作の「AGキモノ」です。
AGとはアンドレ・ガウヴァオンの頭文字で自分で作ったブランドだそうです。
デザインはKORAL MKMとそっくり。




ハーフガードが得意なガウヴァオン。
ここからスイープ&サブミッション、どちらも狙えます!




ガウヴァオンが巨体に似合わず素早いムーブで潜ります!




潜りスイープから腕十字へ!




ホドリゴ谷口に極めた腕十字と同じテクニックです!




裏になって極めにいきます




マルキーニョスがタップ!
マルキーニョスがタップするのは初めて見ました!




あのマルキーニョスすら問題にせず一蹴したガウヴァオン。
強い!!






アイドリング!!!7号・谷澤恵里香がSIDE-B表紙の
「B.L.T U-17 sizzeleful gial 2008 spring Vol.6」
東京ニュース通信社から定価1200円で好評発売中!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






2008年05月10日

「ヒクソン杯」黒メイオ決勝戦

黒メイオペサード級はアンドレ・ガウヴァオンvsホドリゴ谷口のワンマッチ決勝戦でした。

いきなりガウヴァオンに組み付き片足タックルを狙う谷口。

それを飛びつき三角のカウンターで返すガウヴァオン、メイオペサード級とは思えない跳躍力を見せました。

三角に捕らそこないガードポジションになってしまいましたが、そこから流れるように腕十字を極めタップを奪いました。

試合時間は1分もかかっておらずまさに秒殺試合。

ガウヴァオン、さすがの貫禄を見せ付けました!




片足タックルを狙う谷口




高い跳躍力で飛びつき三角を狙います




三角絞めは失敗するも…




流れるような動きで腕十字へ移行




自ら回転し極めていきます




谷口はたまらずタップ!




ガウヴァオンの秒殺勝利です!




谷口も国内トップクラスの選手ですが世界王者&パンナム2冠の
ガウヴァオンには敵いませんでした!
ちなみに谷口には弟がいて弟の名前は
ガウヴァオンと同じくアンドレです。
どーでもいいプチ情報ですが現在アンドレは
カナダ在住です!






アイドリング!!!7号・谷澤恵里香がSIDE-B表紙の
「B.L.T U-17 sizzeleful gial 2008 spring Vol.6」
東京ニュース通信社から定価1200円で好評発売中!





ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





2008年05月09日

クロン、黒帯昇格!ムンジアルは黒で出場!

06a9a383.jpg「ヒクソン杯」でも階級別&無差別級の全8試合のすべてを一本勝ちで極めて優勝したのは既報の通り。

メジオ級ではすべてを秒殺で極め、無差別も決勝戦以外を秒殺、決勝戦こそ手こずりましたが防御に秀でるエジムンド・カバウカンチ・ジュニオールを試合終了時間残り12秒で極めるという神がかり的な試合をやってのけました。

その大会後、ついにヒクソンから黒帯を渡されました。

そしてクロンは黒帯としてムンジアルに出場するそうです!

このニュースはグレイシーマガジンの編集長、マルセロ・ダンロップによってもたらされました。

マルセロ・ダンロップは直接、ヒクソンよりこの機密情報を聞いた、と明かしています。

詳しくはコチラから!

パンナムの時にヒクソンは「クロンの黒帯はムンジアルでいい結果が出せたら検討の余地はある。」と話していただけにムンジアル前に黒帯を渡したのは意外でした。

ともかくクロンが黒帯としての実力を有しているのは周知の事実で、誰もクロンの黒帯に文句はないでしょう。

それどころかやっと黒帯になってくれた、と胸を撫で下ろしている茶帯の方が多いのではないでしょうか。

クロンが黒帯になったことでグッと注目度が上がった今年のムンジアル、ちょうど1ヵ月後に開催が迫っています。

ムンジアルの黒帯でも今までのような活躍ができるでしょうか?

楽しみです!

「ヒクソン杯」茶無差別決勝戦
クロン・グレイシーvsエジムンド・カバウカンチ・ジュニオール

動画はコチラから!






アイドリング!!!7号・谷澤恵里香がSIDE-B表紙の
「B.L.T U-17 sizzeleful gial 2008 spring Vol.6」
東京ニュース通信社から定価1200円で好評発売中!




ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月08日

「ヒクソン杯」茶メジオ決勝戦

クロンは無差別決勝戦こそ苦戦(とは言うものの一本勝ちですが)しましたが、その他の試合はまさに横綱相撲というべき磐石の強さで秒殺試合の連続。

メジオ級では国内トップ選手を相手にも格の違いを見せつけ、全日本王者をしても汗ひとつかくことなく一本で降しました。



今年の全日本王者、中澤大輔選手もクロンには
いいところなく敗れてしまいました。
「最後の絞めは何をされているかわからなかった。
特に力は感じなくて最後のも強引な絞めではなく
うまく首に入ってくる感じ」(中澤)




決勝戦の相手は細川顕(アライブ)であの杉江アマゾンのスパーリングパートナーとして知られ、いつ黒帯を巻いてもおかしくない実力と実績がある選手です。

細川選手もこの決勝戦までの全試合を一本で勝ち上がってきており、特に準決勝戦のvsマックス・フェルナンデス戦で見せたガードからの腕十字は特筆に価する素晴らしさでした。

一度は失敗するもセコンドのアマゾンが「もう一度いけ!」と指示を出し再度トライ。

そしてそれを見事に極めた細川選手に両者の厚い信頼関係を垣間見ました。

敗れたマックス選手はエクストリーム・バルボーサの若きカリスマで会場に多く駆けつけたアカデミーの仲間の応援を一身に背負っての出場でしたが、クロン戦に一歩及ばず3位に甘んじました。



細川vsマックスの準決勝戦




2度目のトライで極めたガードからの腕十字




一本負けを喫したマックス。
クロン戦を目の前にしての敗戦に肩を落とした。




決勝戦に進出したのは細川選手。
2試合連続の一本勝ち!


決勝戦はクロンvs細川の若き実力者同士の対戦となり、場内の注目はその試合が行われるマットに集中しました。

飛びつきガードを取るクロンはそこからいつものように小手絞り〜袖車〜十字絞めの連携を見せます。

多くの選手はこの一手でタップを奪われてしまうのですが、さすがに細川選手はこれでやられてしまうことはなく冷静に対処します。
クロンは絞めが極まらないとみるやすぐさま次の攻撃に移ります。

そこで見せたのはなんとラバーガード(らしきもの)!

すねを自分の手で引き付け相手を動けないようにしてまた絞めを狙います。

これが深く入って極まったかのように見えたもののまたも脱出した細川選手でしたが、クロンはそのまた先の一手を繰り出してきました。

相手が頭を上げた瞬間に三角絞めを仕掛けました!

これを立ち上がりながら防ごうとするもがっちりと入り頭を引きつけられて万事休す。

タップするしかありませんでした。

この試合時間もうろ覚えですが3分程度ではなかったでしょうか。

またすごいのは試合間隔の短さ。

それこそ10分足らずで試合をすることもあったのには驚きました。

とにかくクロンの強さは別格。

そろそろ黒帯選手としての試合が見てみたいのですが、とりあえずムンジアルは茶帯での出場となるようなので、今はどれだけ一本勝ち連勝記録が続くかを楽しみにしたいと思います!




クロンの飛びつきガード




ガードから小手絞り〜袖車〜十字絞めの連携




絞めから脱出した細川選手




珍しいクロンのラバーガード?らしきもの。
すねを自分で引き付けている。




そこからまた絞め!




かなり深く絞まっているように見えますが
またも脱出に成功しました!




するとすぐさま三角絞めへ移行




立ち上がって防御しようとしますが…




がっちり入って逃げられません




最後は頭を引き付けられてしまいタップするしかありませんでした…




細川選手までもこうも完璧にタップを奪われてしまうとは
クロンの強さは別格です!




茶メジオを完全優勝したクロン。
いつまで一本勝ち連勝記録は続くのか?!
またいつ黒帯昇格なるのでしょうか?!
クロンの次の試合はムンジアル。
ムンジアルでもクロンの試合は詳細にレポートします!




アイドリング!!!7号・谷澤恵里香がSIDE-B表紙の
「B.L.T U-17 sizzeleful gial 2008 spring Vol.6」
東京ニュース通信社から定価1200円で好評発売中!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






2008年05月07日

「ヒクソン杯」茶無差別決勝戦

ついに日本でベールを脱いだヒクソンの次男、クロン・グレイシー。

結果を明かしてしまえばメジオ級&無差別級の全試合を一本で極めての完全優勝を果たし、一本勝ち連勝記録をさらに伸ばした。

しかしメジオ級こそ快勝したが、この無差別級決勝戦、vsエジムンド・カバウカンチ・ジュニール戦は自分がこれまで見たクロンの試合の中で一番の苦戦といえるものだった。

自分からアグレッシブに極めにいったり、相手の技のカウンターで極めにいったり何度も一本を極める寸前までいくがそれらをことごとく脱出するカバウカンンチ。

それもそのはず、カバウカンチは体重100kgを超える超・巨漢選手でいながらテクニックをも併せ持ち、さらに防御力に特に秀でた選手として知られている。

茶帯を巻いてすでに4年を経過し、今大会にも出場したアンドレ・ガウヴァオンの初来日時(2004年・AXIS主催のオープン・トーナメント)に対戦し、敗れはしたものの一本は極めさせなかった、という戦歴を持つ。

防御に専念した選手を極めるというのはいかに難しいかは柔術をやったことのある人ならばわかることだろう。

それも茶帯を4年といえばもういつ黒帯を巻いてもおかしくない選手といっていい。

そんな強敵を相手にしたこの試合はいつになく苦戦し、カバウカンチには悪いが「ついにクロンの一本勝ち連勝記録が途絶えるのか?!」の重い雰囲気が会場内に漂い始め、本部席横に陣取ったヒクソンをも「時間がないぞ、急げ!」と声を荒げる場面もあった。

そしてヒクソンの檄に発奮したか、クロンは少々強引ながらサイドからの腕十字で一本を極め、2階級制覇を達成した。

今回はウェブの特性を活かしかつてない枚数の画像で詳細にこの試合の模様を紹介します!




体重差20kg以上もあるカバウカンチに対し引き込んで攻めるクロン。




スタック・パス(担ぎ)にきたところに、




カウンターで腕十字&三角絞め!




また秒殺か?!と思われましたが、




カバウカンチは脱出!




立ち技の攻防では果敢に組み付き、




テイクダウンに成功!




本部席横に陣取りクロンの試合を見守るヒクソン。
主催者の特権か。




クロンのハーフガード。




セオリー通り、パス&マウントを狙います




パス&マウントに成功!
ポイントでは大きくリードしてます!




マウントから相手の襟を握り、




必殺の十字絞めを狙います




極めづらいとみるや一気に腕十字へ!




立ち上がられるも腕は離さず極めにこだわります




完全に腕が伸び、極まったかと思われましたが、



カバウカンチ、またも脱出!




すると片足にしがみついて、




スイープから一気にパスへ




相手の腕を引き上げて、




素早く腕十字一閃!




粘るカバウカンチ!




しかしクロンがクラッチを外すと、




ついに腕十字が極まりカバウカンチはタップ!




苦戦をしながらも2階級制覇を達成




ヒクソンも満足げ




クロンの応援にヒクソンと親交のある
狄鬼畉井章一氏も駆けつけ勝利を祝福。
(後ろのカーキ色のジャケットを着た人が桜井氏)
試合後に自身が身に着けていたブレスレットを
クロンにプレゼントした。



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






2008年05月06日

「ヒクソン杯」黒無差別決勝戦

67a7cacc.jpg今日からは昨日、静岡県浜松市にある「浜松アリーナ」で開催された「第1回 ヒクソン・グレイシー 国際柔術大会」の模様を紹介したいと思います。

この日は第1回大会ということで大会運営に多少の遅れや混乱はありましたが、試合は素晴らしかったです。

特にクロン・グレイシーの日本初試合は噂にたがわぬ神っぷりを思う存分堪能してもらえたかと思います。

クロンの試合は明日、更新します!

今日はまずこの大会の最終試合として行われた黒無差別決勝戦、アンドレ・ガウヴァオンvsエドゥアルド・テレス(ナインナイン柔術)を紹介します!




先週に開催された「コパ香港」の再戦となったこの試合。
前回はガウヴァオンがバックからのエゼキエルで元・師匠から一本勝ちしています!




テレスは引き込むとすぐに亀ガードの体勢に。
今回も見事な亀っぷりをも見せてくれました。




このポジションからスイープやバック、関節技を狙っていきます。
このスタイルはテレス独自のものでまだ他のフォロワーはいません!




ガウヴァオンはそんなテレスのスタイルを熟知しており、
背中を見せてきても安易に攻め込みません。
うまく距離を測って巻かれないように足を広げています。




亀ガードに乗ってこないと見るや素早く潜って
ヒザ固めへ移行したテレス。
亀ガードからはリバーサルだけでなく足関節技の
バリエーションも豊富にあります!




しかしテレスのアタックをことごとく潰していったガウヴァオンは
大きく回りこむようなパスガードを多用してポイントまではいかないものの
アドバンテージを重ねていく。




そしてこの再戦はまたもガウヴァオンの勝利に。
ポイント0-0、アドバンテージ4-2でガウヴァオン優勝!




黒無差別・表彰台
優勝  アンドレ・ガウヴァオン(ブラザ)
準優勝 エドゥアルド・テレス(ナインナイン柔術)
3位  片庭勝則(AXIS千葉)
    ホドリゴ谷口(AXIS)



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2008年05月05日

黒無差別

05aa81e5.JPG優勝
アンドレ・ガウバオン

準優勝
エドアルド・テレス


黒プルーマ

e0ecab5a.JPG優勝・ジョンカルロス