English Portugues Japanese

2009年02月

2009年02月28日

ゴンカクに佐々選手のインタビューが掲載




現在発売中のゴンカクに佐々選手のインタビューが掲載されています。

今日はそこに掲載されずに漏れた部分を抜粋して紹介したいと思います!

まずは柔術を一時引退してグラップリングに転向したときのことを聞きました。

柔術を引退したのになぜカンバックしてきたのでしょうか?



──前は柔術引退を宣言してグラップリングに専念していたことがありました。でもまた柔術に戻ってきましたね。なぜですか?

「グラップリングのアブダビ予選で負けたときにいろいろ反省すべき点が見つかったんですね。

今の自分に足りない部分を明確に認識したというか。

それはグラップリング、柔術に限らず組み技全般においてです。

でもそれはずっと昔から中井先生に言われてたことで、わかってたけどやらなかった。

現実から目を反らしていたんですね。

見て見ぬふりをしてた。

でもその点が埋まれば完璧だ!というのを見つけたんです。

それが立ち技なんですよ。

投げる、投げないにしろ引き込むにしろ立ち技から始まるし、その攻防はあるわけですよ。

ある意味パスガードも立ち技みたいなもんですしね。

そこを今まではスイープすればいいや、とか相手が引き込んでくれればいいや、とか考えていたんです。

でもアブダビ予選に出たときに引き込んだらマイナスでペナルティが入る。

で、(鈴木)徹さんに負けたときに思ったことが投げられないにしろ、あれは負けてた、っていうのが自分の中ではあって。

結果は2-0だったんですけど例えそれが0-0であっても僕はあの時に引き込むしか選択肢がなかった。

当時の僕では立ち技でやり合うことができなかったから。

それを試合の途中に気付いたんですよ。

あれ、このまま組んでても僕は何ができるんだろう?倒せないじゃん!ってね。

それで結局負けて、終わってから思ったのが立ち技頑張ろう、って。まだまだやることがあるな、ってそこで気付いて。

まだやりきってはいないって。

それでですね。」



これを読むと前回のアブダビ予選での決定的な敗北が佐々選手をもう一度、柔術に引き戻した、ということがわかります。

確かにグラップリングを経験してからの佐々選手は「立ち技に自信がついた」と語っていました。

さらにもうひとつ、得意技の佐々スイープの誕生秘話です。


──代名詞の佐々スイープ、いわゆる片巻きのスパイダーからのスイープですが、それを突き詰めようと思ったきっかけはなんですか?手首を回されて外されたりってのはなかったですか?

「巻き付けに行くときに相手が外しにくることはわかってるんですよ。

ある程度は回されても大丈夫なんです、戻せるんで。

結構無理矢理にでも戻しますね。

力もやっぱり必要で。

で、また外されたらまた掛けにいくみたいな。

この技は白帯のときから使ってて、最初はよくわからずに使ってたんですよ。

スイープを狙うために巻いてるんではなくてパスガードされないために巻く、みたいな。

これをやらせないコツは上のときに先に攻めること。

巻かれる前に先手を打つ、これですね。」



佐々選手、というと佐々スイープかスパイラルガードというぐらい定着してる佐々スイープ。

佐々スイープはいわゆる片巻きスパイダーからのスイープなんですが、そのバリエーションと完成度は他の追随を許しません。

やはり得意技というのは白帯の頃から使いに使って磨いていき自分のものにしていくものなんですね。


★佐々幸範&パラエストラ品川ブログはコチラから!




誌面に掲載されているショットを撮影中の佐々選手。




テクニック紹介は佐々スイープ2009の発展形を披露。




約1時間に渡り熱弁を奮った佐々選手は柔術に関しての話だけは雄弁です!




佐々幸範選手のインタビュー掲載の
「ゴング格闘技」最新号!
イーストプレスから発売中!




2009年02月27日

道場紹介:パラエストラ品川

今日は佐々選手が指導する唯一のアカデミー、パラエストラ品川を紹介します。

ここは場所の都合で惜しまれつつクローズしたパラエストラ中延の流れを汲むアカデミーです。

品川、といいつつ最寄り駅は浅草線の戸越駅です。

その戸越駅の駅前商店街を歩くこと数分、閑静な住宅街の中にあるのがこのパラ品です。

中にはいるとは結構な広さが確保されており、スパーは5〜6組はできるスペースがあって十分な広さです。

ベンチ台もあってウエイトトレも可能。

住宅街の中にあるだけに扉は2重になっていて窓も防音ガラスで周りへの配慮がされているのがうかがえます。

もちろんシャワーも完備されているのでたくさん汗をかいても大丈夫です!

現在、入会キャンペーン中ということなので、このチャンスに入会してはいかがでしょうか?

日本人初の柔術世界王者が直々に指導してくれますよ!




「パラエストラ品川」は現在、佐々選手が唯一指導するアカデミーです。




クラスの前にはフィジカルトレーニングを黙々と。
これはフィジカルを重要視する佐々選手ならでは。




テクニック指導は少ない技を細かく教えていました。
この日はハーフガードからのスイープです。




生徒全員がちゃんとできるまでみっちり指導。
常に目を光らせています。




テクニックのあとはスパーリングです。
その間も生徒の動きを細かくチェックして注意していました。




「気軽に練習しにきて欲しいですね。
時間も比較的遅くまでやってるので
仕事帰りの方にもちょうどいいと思いますよ」(佐々選手)



『パラエストラ品川』

代表:佐々幸範

クラススケジュール:
月・21:30〜23:00
水&金・20:30〜22:30

月謝:10500円
入会金:21000円(3月末まで無料!)

アクセス:
都営浅草線 戸越駅から徒歩8分
東急池上線 戸越銀座駅から徒歩10分

住所:
品川区豊町1-6-11
プレジールB1

詳しくは担当・水井まで!090-2653-1419

★佐々幸範&パラエストラ品川ブログはコチラから!



2009年02月26日

佐々テクニック・その2「スパイラルガードから潜りスイープ&ヒザ十字」

横漏れ佐々テクニック・その2は「スパイラルガードから潜りスイープ&ヒザ十字」です。

佐々選手の得意とするテクニックのスパイラルガードから潜りスイープを仕掛け、相手が手を着いたときにヒザ十字を極める連携テクニックを紹介します。




スパイラルガードの状態から




潜りスイープを仕掛けます




足の甲と踵で相手のヒザ裏を挟んで




持ち上げます




そこから手を着いて起き上がり



ヒザ裏を両手でクラッチして抱えます




ヒザ裏を抱えたまま背中をマットに付けて寝て




相手のヒザを両足で挟んでヒザ十字を極めます




足を組んで踵を顔の横で持ち、腰を出すようにするとヒザ十字が極まります




相手が反転したらその動きについていき脇で踵を挟むようにしてヒザ十字を極めます



いかがでしょうか?

このようなテクニックの数々が本とDVDに収録されています!

ぜひ一度、チェックしてみて下さい!


2009年02月25日

佐々テクニック・その1「Xガードからの潜りスイープ〜腕十字のコンビネーション」

本日発売!の佐々テクニック本に収録できずに漏れてしまったテクニックがいくつかあるので、それをこれから紹介したいと思います。

横漏れ佐々テクニック・その1「Xガードからの潜りスイープ〜腕十字のコンビネーション」です。



Xガードの状態から




相手の袖を引き前傾姿勢にさせます




そこから足をすくいながら潜りにいきスイープを仕掛けます




相手が倒れたら、




そのまま袖を引き続けてニーインザベリーへ
その際も抱えた足は離さないように!



相手の頭に足をかけて




腕十字を極めます




ポイント
潜りにいくときに脇を締めて袖をしっかり引きつけることが大事です。




相手の腕は伸ばしたままの状態をキープしてスイープをかけて下さい。




ポイント
倒してから腕十字を仕掛ける際には腕を伸ばしたまま相手の胸の部分に深くヒザを乗せ体重をかけてから仕掛けて下さい。



★明日も横漏れ佐々テクニック・その2を紹介します!



2009年02月24日

いよいよ明日発売!佐々幸範テクニック本&DVD

いよいよ明日、佐々幸範初のテクニック本&DVD、柔術魂スペシャル版『パラエストラ柔術・盾/佐々幸範』が発売されます。

今日はその製作過程の様子を紹介します!

この本のための撮影は全部で4回、行われました。

今回発売されるガードポジション編の他に4月に発売予定のトップポジション編も一緒に撮影したからです。

当初、編集側は2冊同時に撮影、というどう考えても無茶なスケジュールを組んでいましたが、そんなのできる訳がありません。

んで、追加の撮影日が設けられ、最終的には撮影に4日間を費やすことになりました。

画像撮影はまだ順調なんですが、喋りがある動画の撮影は困難を極め、何度も何度もリテイクが繰り返されました。

撮影が進むと佐々選手の動きこそ衰えはしませんが口が回らずに顔色も悪くなり疲れの色が見え見え。

それでも半日以上も動きまくって撮影したのだから立派です。

まあ撮影開始時間を佐々選手お得意のブラジリアンタイムで遅れてスタートしたせいもありますが、撮影は毎回深夜までかかってしまいました。

そんな苦心の末にできたのがこの『パラエストラ柔術・盾/佐々幸範』です。

96ページ(一部カラー!)に2時間収録のDVDが付いて2000円を下回る1995円という値段設定は破格でしょう。

正直、こんなに安くすることないのに!とも思いますが…。

まあ買う側からしたら安い方がいいに決まってますよね。

今作では新たな試みとしてDVD用にパッケージを付属しました。

このパッケージを市販のトールケースに入れればDVDコレクションの中に加えることもできますし、DVDだけ放置してなくすこともありません。

かくいう自分も雑誌などの付録DVDを見てからしまおうにもケースがなくてそこらへんに置いといてなくした、ってことが1度や2度じゃありません。

だから今回、このアイデアを提案したんです。

これはグラビア誌の「スコラ」がやってたのをパクりました!

いいものはパクる!、基本ですよ。

そんなわけで『パラエストラ柔術・盾/佐々幸範』、ぜひご購入をお願いします!

自信の1作になってますんで買って損はない!と断言します!



佐々テクニック本のサンプルです!




これが今回発売される「盾・ガードポジション編」




こっちは4月発売の「矛・トップポジション編」です!




本の背面も凝ってます。
これは佐々選手がこうしてくれ!というリクエストでデザインされました。




折り返し部分にもパラエストラのロゴが入ってます!




これは付属DVDのメニュー画面です。
技ごとに細かくチャプター分けされてます。




本とDVDの製品版です。
DVDは市販のトールケースに付属のパッケージを入れました。




こうやって見ると立派じゃないですか?!
これだけでも1995円以上の価値がありますよ!




DVDパッケージ裏面。
市販品としても見劣りしません!




DVDレーベル面もパラエストラのロゴをあしらい、かっこよくデザインされてます。



トールケースに入れてDVD棚に入れてみました。
他のDVDと見事に馴染んでます!




この本&DVDの制作メンバーです!
左から自分、受け手の林くん、佐々選手、カメラマンの小嶋さん、動画撮影の荒木くん。




オマケ。
撮影終了後に一服中の佐々選手。
銘柄はハイライトです!


2009年02月23日

「ADCC世界大会アジア予選」

2年に1度の組技の祭典、ADCC世界大会のアジア予選が2/22(日)、中央区スポーツセンターで開催されました。

この大会の優勝者が今年の9月にラスベガスで開催されるという世界大会に出場することができます。

今日はその試合を紹介したいと思います!


★-66kg

準決勝
○八隅孝平(ロータスパラエストラ世田谷)
vs
×徹肌イ郎(和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
再延長 判定




準決勝
×塩澤正人(フリー)
vs
○戸井田克也(和術慧舟會トイカツ道場)
5:40 胸固め




決勝戦
○八隅孝平(ロータスパラエストラ世田谷)
vs
○戸井田克也(和術慧舟會トイカツ道場)
再延長 1:10 肩固め
再延長戦に突入した直後にテイクダウンからサイドポジションを奪った八隅選手が肩固めで一本勝利で優勝。



★-77kg

準決勝
○中村K太郎(和術慧舟會東京本部)
vs
×水野健次(ポゴナ・クラブジム)
3:45 裸絞め




準決勝
○下林義尚(パラエストラ八王子)
vs
×佐々木信治(総合格闘技BURST)
再延長 判定




決勝
○中村K太郎(和術慧舟會東京本部)
vs
×下林義尚(パラエストラ八王子)
1:02 裸絞め
再延長の激戦を制し決勝戦に進出した下林選手をあっさりとパスするとバックから裸絞め。
3試合のすべてを一本で極めて完全優勝を果たしました。



★女子-60kg

準決勝
○藤井惠(AACC)
vs
×端貴代(和術慧舟會東京本部)
延長戦 2:18 腕十字
1回戦から豪華カード実現。
これはADCCニュージャージー大会の3位入賞者同士の一戦です。
本戦はノーポイントで延長戦に入ってから藤井選手が端選手のテイクダウンを潰してマウント〜腕十字を極めて一本勝利。



決勝戦
○藤井惠(AACC)
vs
×塩田さやか
4−0
1回戦をヒザ十字で一本で極めて決勝戦進出の塩田選手と藤井選手の同門対決は塩田選手がいつになく固くなってる様子が感じられました。
延長戦でテイクダウンでポイントを獲得した藤井選手が貫禄を見せつけました。



★女子+60kg

決勝戦
×佐藤瑞穂(和術慧舟會東京本部)
vs
○平岩仁美(AACC)
2:00 アームロック
今大会唯一のワンマッチ決勝戦は佐藤選手のタックルをアームロックで切り替えした平岩選手が一本で優勝。


★-88kg

決勝戦
×荒井勇二(上・MAX JIU-JITSU ACADEMY&YOGA STUDIO)
vs
○春原幸徳(ロデオスタイル)
7:33 ヒールホールド
試合序盤はポジショニングで優位な試合展開だった荒井選手でしたが春原選手が下からヒールを極めて逆転勝利。
春原選手は2試合ともヒールで極めての優勝です。


★-99kg

決勝戦
×内藤征弥(和術慧舟會A−3)
vs
○中村和裕(吉田道場)
判定 -1ー7
初戦をヒール、準決勝を腕十字で極めて決勝戦に進出した中村選手、対する内藤選手も1回戦を柔術黒帯の入来選手をパスガード、準決勝を前回大会代表の小澤選手を三角絞めで降して決勝進出。
決勝戦は中村選手が終始、攻め続ける一方的な試合になり極めることはできませんでしたが圧勝して優勝しました。


★+99kg

決勝戦
×下中隆広(国士舘レスリングクラブ)
vs
○金親幸嗣(TEAM TACKLER)
6:44 腕十字
最重量級階級の+99kgは金親選手が2試合とも一本勝利で優勝を果たしました。



優勝選手一覧
後列左から、
中村K太郎(和術慧舟會東京本部)
金親幸嗣(TEAM TACKLER)
中村和裕(吉田道場)
春原幸徳(ロデオスタイル)
前列左から、
藤井惠(AACC)
平岩仁美(AACC)
八隅孝平(ロータスパラエストラ世田谷)



2009年02月22日

「ADCC世界大会アジア予選」主な結果


本日、中央区スポーツセンターで開催されたADCC JAPAN主催「ADCC世界大会アジア予選」の主な結果です。


★-66kg級決勝戦
八隅孝平(ロータスパラエストラ世田谷)
vs
戸井田克也(和術慧舟會トイカツ道場)
再延長戦 1:15 肩固め
☆八隅選手が優勝


★-77kg級決勝戦
中村K太郎(和術慧舟會東京本部)
vs
下林義尚(パラエストラ八王子)
1:02 裸絞め
☆中村選手が優勝


★-88kg級決勝戦
荒井勇二(MAX JIU-JITSU ACADEMY&YOGA STUDIO)
vs
春原幸徳(ロデオスタイル)
7:33 ヒールホールド
☆春原選手が優勝


★-99kg級決勝戦
内藤征弥(和術慧舟會A−3)
vs
中村和裕(吉田道場)
判定 -1ー7 
☆中村選手が優勝


★+99kg級決勝戦
下中隆広(国士舘レスリングクラブ)
vs
金親幸嗣(TEAM TACKLER)
6:44 腕十字
☆金親選手が優勝


★女子-60kg級決勝戦
藤井惠(AACC)
vs
塩田さやか(AACC)
延長戦 判定 4−0
☆藤井選手が優勝


★女子+60kg級決勝戦
佐藤瑞穂(和術慧舟會東京本部)
vs
平岩仁美(AACC)
2:00 アームロック
☆平岩選手が優勝



パン選手権、オンライン申し込み開始

63a280bb.jpgパンナム改めパン選手権のオンライン申し込みが開始されました。

コチラから!



2009年02月21日

ワールドプロフェショナル柔術カップ・アジア予選・エントリーリスト発表

4f6cf461.jpg3/1に大宮武道館で開催されるJJFJ主催「ワールドプロフェショナル柔術カップ・アジア予選」のエントリーリストが発表されてます。

コチラから!







最新号『Fight&Life vol.11』の紹介




ブラジルブログ読者の皆様、そして全国の柔術ファンの皆様、いつもご愛読ありがとうございます。Fight&Life編集部です!

2月20日(金)、おかげさまで本誌最新号『Fight&Life vol.11』が発売となりました。

世界で活躍するファイター岡見勇信選手の表紙が目印となっておりますが、中身は今回も柔術に関する記事が盛りだくさんです。

まず誌面を開くと、いきなり先日行われたヨーロッパ選手権の記事が! 見事入賞した杉江大輔選手と中山巧選手のコメントを中心とした試合レポートです。遥かポルトガルの地で、一体何が行われていたのでしょうか?

続いて、埼玉県東川口で「ポゴナ・クラブジム」を運営する柔術家・平田真実氏のインタビューを掲載。平田氏は牧師でもあり、格闘技とキリスト教の興味深い関係について語っていただいております。

また、今回は北海道札幌市の格闘技道場を徹底取材! 柔術道場「ギムナシオン札幌」がある格闘技ビル「K-WORLD」や、北海道柔術界の功労者・パラエストラ札幌代表の俵谷実氏のロングインタビューも読みごたえたっぷり!

さらに本誌のトリを飾るのは、昨年末のBJJFJ主催全日本ノーギオープンで2階級制覇した山路大輔選手! 普段は米国ニューヨークにあるヘンゾ・グレイシーの道場で練習しているとのことですが、一体どんな人物なのか……ヘンゾ・グレイシーなどのエピソードも満載!

柔術に始まり柔術に終わる誌面! 他誌の追随を許さない柔術特集を誇るFight&Life、この機会にぜひともお買い求めください!!




Fight&Life vol.11
株式会社フィットネススポーツ発行
2009年2月20日(金)発売
定価880円




2009年02月20日

「ADCC世界大会アジア予選」見所・その3

今日は女子の2階級の見所を紹介したいと思います!

女子の-60kg級は以下の5選手がエントリーしています。

端貴代(和術慧舟會東京本部)
Sophia McDermott
塩田さやか(AACC)
藤井惠(AACC)
阿部恭子(パラエストラ東京)


5人中3人が本戦の出場経験があり、またその全員が入賞経験者です。

その他の2選手も昨年のムンジアルの入賞実績がありソフィア選手は女子茶黒メジオ・3位、阿部選手は女子茶黒プルーマ・準優勝です。

ちなみにソフィア選手はオーストラリア人とのことですが、オーストラリア人がアジア予選出場は問題ないのでしょうか?!

ちょっと気になりますね。

この階級の注目は前回大会の-55kg級の優勝者、塩田さやか選手と3位の藤井選手、-60kg級3位の端選手が同階級にエントリーしたことです。

これは今大会から女子は-60kgと+60kgの2階級になったことによる階級統合による弊害(?)からです。



藤井選手と塩田選手(ともにAACC)




端貴代選手(和術慧舟會東京本部)




阿部恭子選手(パラエストラ東京)


女子・+60kg級はワンマッチ決勝戦になりました。

佐藤瑞穂選手(和術慧舟會東京本部)平岩仁美選手(旧姓・赤野/AACC)の対戦です。

最初に名前を見たときに「平岩って誰?」と思ったのですが、結婚されて苗字が変わった赤野選手のことだったんですね。

佐藤選手は昨年のアジアチコの女子・青紫アブソルートで青帯ながら紫帯選手を連破して優勝を果たしました。

決勝戦では関口菜穂子選手を、準決勝では山口芽生選手(総合ではV一)を降しています。

☆その試合はコチラから!

グラップリングでも2007年のスマックガール・グラップリングクイーントーナメントで準優勝の実績を残しています。

☆その試合はコチラから!

対する赤野改め平岩選手は前回の本戦に出場して4位という結果を残しています。

この佐藤選手も平岩選手も柔道をバックボーンとする選手なので立ち技の展開が勝負の分かれ目になるでしょう。



佐藤瑞穂選手(和術慧舟會東京本部)




平岩仁美選手(旧姓・赤野/AACC)



さて3日間に渡って見所を紹介してきたADCCアジア予選、開催は日曜の午後1時からです!

まさに日本のグラップリングの最高峰を決める大会と呼ぶにふさわしい豪華メンバーが多数参戦してるので、ぜひ一人でも多くの方に見て欲しいと思います!


「ADCC世界大会アジア予選」
2009年2月22日(日)
東京・中央区総合スポーツセンター柔道場
試合開始13:00
入場料金:1000円
☆会場入り口にて12:00より発売開始!



★ADCC JAPANオフィシャルサイトのエントリーリストはコチラから!


「ADCC世界大会アジア予選」
2009年2月22日(日)
東京・中央区総合スポーツセンター柔道場
試合開始13:00
入場料金:1000円
☆会場入り口にて12:00より発売開始!




2009年02月19日

「ADCC世界大会アジア予選」見所・その2

今日は-77kg以降の階級の見所を紹介します。

-88kg級はグッと参加者が少なくなってしまい、この階級のエントリーはわずか4人です。

ですがこの階級は荒井勇二選手(MAX JIU-JITSU ACADEMY & YOGA STUDIO)、甲斐俊光選手(Twist)、春原幸徳選手(ロデオスタイル)と実績のある選手がエントリーしてるので見所も多いでしょう。

荒井選手は昨年、多くの大会に出場し実績を重ねてきました。

GIグラップリング出場権を賭けたデラヒーバカップのグラップリングの部の無差別で優勝して本戦出場を果たし、中村K太郎選手との1回戦の試合前にヌンチャクのパフォーマンスを披露して会場内を失笑させたのは記憶に新しいところです。

またアジアチコでも青帯ながらメイオペサードで優勝、アブソルートでも準優勝と好成績を収めています。

甲斐選手は花井選手率いるTwist所属の選手でこれまでにコンバットレスリングやGi ADCCオープントーナメントで優勝しています。

また佐山聡がリアルジャパンプロレスで開催した「掣圏真陰流トーナメント」でも優勝を果たしています。

前回のADCC日本予選にも出場していますが優勝した三原秀美選手(コブラ会)に敗れ3位に終わっています。

春原選手もコンバットレスリングで優勝の実績がありブラジリアン柔術では紫帯を巻いています。

最近の戦績では1/24に開催されたボーダーレスカップに出場しメイオペサード級で準優勝をしています。



荒井勇二選手(MAX JIU-JITSU ACADEMY & YOGA STUDIO)



では次に-99kg級を見ていきましょう。

ここでまず目を引くのは中村和裕選手(吉田道場)のエントリーでしょう。

PRIDE〜UFC〜戦極で活躍中の中村選手は柔道の強豪として鳴り物入りで総合デビューし、戦極ミドル級グランプリ2008で準優勝をしています。

またこの試合は昨年11月に負ったアゴの負傷からの復帰戦になります。

他には2005・ロサンゼルスADCC本戦大会に出場した内藤征弥選手(和術彗舟會A-3)、2003・ブラジル&2007・ニュージャージーのADCC本戦大会出場の小澤幸康選手(TEAM−KAZE)、ブラジリアン柔術黒帯の岡晃一郎選手(OKAJJ)、入來晃久選手(チームレグナム)、そして巨体から繰り出す豪快な投げが持ち味の渡邊直人選手(WKタイガープレイス)ら誰が優勝してもおかしくない強豪選手がひしめく難関カテゴリーとなっています。



入來晃久選手(チームレグナム)




内藤征弥選手(和術彗舟會A-3)




小澤幸康選手選手(TEAM−KAZE)



+99kg級は永田尚道選手(コブラ会)、田矢信二選手(無所属)、金親幸嗣選手(TEAM TACKLER)の3選手がエントリーしています。


★女子の見所は明日紹介します!


★ADCC JAPANオフィシャルサイトのエントリーリストはコチラから!


「ADCC世界大会アジア予選」
2009年2月22日(日)
東京・中央区総合スポーツセンター柔道場
試合開始13:00
入場料金:1000円
☆会場入り口にて12:00より発売開始!




2009年02月18日

IBJJFが階級の英語表記を一部変更

IBJJFが英語での階級表記を一部変更しました。

変更は以下の通りです。

Rooster - Galo
Light Feather - Pluma
Feather - Pena
Light - Leve
Middle - Medio
Medium Heavy - Meio Pesado
Heavy - Pesado
Super Heavy - Super Pesado
Ultra Heavy - Pesadissimo


これまではプルーマがスーパーフェザー(Super Feather)、ペサディシモがスーパースーパーヘビー(Super Super Heavy)でした。

スーパーフェザーに関しては前にコチラに書いたように紛らわしかったので今回の変更でわかりやすくなりましたし、ウルトラヘビーもスーパースーパーヘビーよりも伝わりやすいかな、と思います。

この階級表記はパンナム改めパン選手権から適用されるので出場予定の選手は注意してください!





「ADCC世界大会アジア予選」見所・その1

f18e772d.jpg今週の日曜に中央区スポーツセンターで開催される「ADCC世界大会アジア予選」のエントリーリストが公開されました。

なんとも凄まじいメンバーが名を連ねています!

まず最大の激戦区であろう-66kg級。

この階級の注目はなんといっても塩澤正人選手(フリー)でしょう!

塩澤選手はここ数年は表立った活動はしていませんでしたが、その強さは伝説的に語り草になっています。

その塩澤選手がこの大会に出場してきたとは嬉しい驚きです!


懐かしい蔵出し画像です!
2004年のコパ・ドゥマウで青アブソルートで優勝して賞金を手にした塩澤選手(中央)
ちなみに左はアンドレ谷口選手、右はキオイ・オノ選手。




他に海外武者修行から帰国した若林琢磨選手(MAX JIU-JITSU ACADEMY & YOGA STUDIO)もこの階級に出場しています。

若林選手はこの1年間をアメリカ、ブラジルと渡り歩き、先月帰国したばかり。

凱旋帰国第1戦がこの大会となりその成長度に期待したいと思います!

他にはプロシューターの戸井田克也選手(和術慧舟會トイカツ道場)、世界大会・前回大会4位入賞の鈴木徹選手(徹肌イ朗・和術慧舟会ネイキッドマン柔術)、この階級で唯一のブラジリアン柔術黒帯の八隅孝平選手(ロータスパラエストラ世田谷)らがエントリーしています。



次は-77kg級です。

この階級の注目はなんといっても裸十段、中村圭太選手(K太郎・和術慧舟會東京本部)の勢いを誰が止めるか?!が焦点になるでしょう。

中村選手はGiグラップリング2007&2008と2年連続優勝、DEEP Xでブラジル人の強豪、シセロ・コスタに勝利した実績があり、組み技では日本屈指の選手です。

☆K太郎vsシセロ・コスタの試合はコチラから、Giグラ2008はコチラから!

その対抗は佐々木信治選手(総合格闘技道場BURST)になると思われます。

佐々木選手は得意技の三角絞めを武器に多くの試合で一本勝ちを果たしています。

ですが佐々木選手は普段は修斗のウェルター級(-70kg)で試合をしているので、77kg級だとやや体格的なハンデは否めません。

他にはブラジル修行の経験がある下林義尚選手(パラエストラ八王子) 、柔道、柔術、サンボ、グラップリングと組技全般で実績がある水野健次選手(ポゴナ・クラブジム)、そして韓国からジョン・ドゥグァン選手(東天白山柔術会)がエントリーしています。



中村圭太選手(K太郎・和術慧舟會東京本部)



★その他の階級の見所は明日!

★ADCC JAPANオフィシャルサイトのエントリーリストはコチラから!


「ADCC世界大会アジア予選」
2009年2月22日(日)
東京・中央区総合スポーツセンター柔道場
試合開始13:00
入場料金:1000円
☆会場入り口にて12:00より発売開始!




2009年02月17日

新人戦2009:茶帯レーヴィ&アブソ

アダルト茶レーヴィとアブソルートは同じ顔合わせになりました。

高本選手は総合でも活躍しておりJTCやアマチュアパンクラスで優勝後にパンクラスゲートやネオブラッドトーナメントに出場しました。

また柔道やサンボでも実績があり、とくに柔道は5段という腕前の持ち主です。

対する稲野選手は米マイアミ大学・大学院卒業というインテリ柔術家で90年代からブラジリアン柔術を学んでいるベテラン。

古くからの格闘技ファンにはキングダムでの活躍が有名でしょう。

現在は自身が代表を務めるRio Tokyo柔術クラブを主宰しており、そこでの指導に専念しています。

そして稲野選手はかつて桜庭と戦ったことで知られるマーカス・コナン・シルベイラのリオ・マイアミチームに在籍しており、その茶帯はDEEP、修斗に来日したダスティン・デニス(ATT)から2005年に授与されたもののようです。

アダルト茶レーヴィ&アブソルート決勝戦
稲野岳(Rio Tokyo柔術クラブ)
vs
高本裕和(アンプラグド国分寺)


レーヴィ、アブソとも高本選手が2−0で稲野選手を降して優勝し2階級制覇を達成しました。




続きを読む

2009年02月16日

新人戦2009:茶帯メジオ

茶メジオでは興味深い対戦が実現しました。

昨年から精力的に試合に出場して現在は茶帯を巻く磯野元選手(和術慧舟會)と名古屋から参戦の佐藤信宏選手(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)の顔合わせです。

磯野選手は先月もボーダーレスカップに出場し茶帯デビュー戦で快勝しています。

佐藤選手は名古屋ではグラップリングでも実績があり全日本修斗グラップリング優勝やclub DEEP、グラップリングチャレンジにも出場経験がある実力者です。


★アダルト茶メジオ決勝戦
磯野元(和術慧舟會)
vs
佐藤信宏(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)



いつものように引き込んで攻める磯野選手。

すぐにハーフガードからのスイープを決めて2ポイント先行します。

ですがスイープを成功させた瞬間にヒザ十字を仕掛けられてしまいました。

これがなかなか解けずにピンチか、と思われましたが脱出してクローズガードに。

そこからパスガードするとストレートアームバーを極めて一本勝利で茶メジオ優勝です。






































★主催者発表の公式結果はコチラから!


2009年02月15日

新人戦2009:茶帯プルーマ

茶帯プルーマ級もワンマッチ決勝戦です。

この顔合わせは過去に2度対戦経験があり、その2度ともが金古選手が勝利しています。

芝本選手は紫帯までは柔道仕込みの強靭なフィジカルを武器に順調に勝利を重ねてきました。

が、茶帯になってからはたびたび苦戦する姿を見ています。

かつてトライフォース柔術アカデミー総代表の早川氏は芝本選手に対して

「紫帯まではフィジカルだけで勝てていた部分もあるけど、茶帯になるとそうはいかなくなる。彼にとってここからが本当の勝負でしょう。」

と話していました。

さてこの3度目の対戦はどうなるでしょうか?

「2度あることは3度ある」か「3度目の正直」か?


★アダルト茶プルーマ決勝戦
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)
vs
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)



引き込んだ金古選手はスパイダーガードでスイープを仕掛ける。

芝本選手はそのフレシキブルなスパイダーを外せずに苦戦。

そのパスガードのアタックをうまくコントロールしながら潜りスイープでアドバンテージで先制した金古選手。

そこからまたスイープを仕掛けてきたときに芝本選手がパスガード〜バックの一連の流れを成功させると一気にバックからの送り襟絞めで一本勝ち。

3度目の正直で因縁の相手を一本で降して優勝を果たした。





続きを読む

2009年02月14日

新人戦2009:黒アブソ

2/8(日)、東京都足立区綾瀬の東京武道館にてBJJFJ主催「第3回全日本ブラジリアン柔術新人選手権」が開催されました。

今大会には昨年と同様にノーギも同時開催され延べ人数で400人もの参加者があり大盛況の様子でした。

今日からはこの新人戦の試合を紹介したいと思います。

まずはワンマッチ決勝戦のアダルト黒アブソルートです。

当初、マスターにエントリーしていた中山徹選手でしたが対戦相手がいなかったため、アダルトにカテゴリー変更をして実現した一戦です。


★アダルト黒アブソルート決勝戦
中山徹(トライフォース柔術アカデミー)
vs
早川正城(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)


引き込んだ早川選手にパスガードを仕掛け、ポジションニングで優位な展開を作る中山選手。

早川選手はディフェンスに回らざるを得ない中、中山選手は常に極めを狙う。

そしてフィニッシュはバックから片足を絡まれた状態のまま腕十字を極めて中山選手が一本勝利で優勝を果たしました。







続きを読む

2009年02月13日

アブダビ・ギ・オーストラリア予選の結果

おとといにインタビュー、昨日はテクニックを紹介したダニエルですが、残念ながらアブダビ・ギ・トライアルのオーストラリア予選では初戦敗退してしまったようです。

以下、ダニエルの言い訳です!

「大会の少し前にナイフで手首を怪我してしまったんだよ!

で、医者に行ってすぐに縫合してもらったけど2〜3週間は安静にしなきゃいけない、って言われてしまって。

もちろん練習はダメ、試合なんてもっての他だ!と。

でも予選には出たよ。

自分で縫合箇所のステッチを外して、ね。

んで試合だ。

試合ではいい感じでスタートして足関節も取れたんだよ。

相手の足はバキバキいってたんだけどタップしなくて、そんでよし、もう少し!と思って力を入れたらオレの手首の縫合箇所の傷が開いて大流血さ。

そしたらレフェリーが試合をストップしてオレの負け。

しょうがない、これからは来月8日に開催されるADCCの予選に集中することにするよ。

誰かオーストラリアに来てオレと練習してくれるヤツいないかな?

来てくれさえすれば住むところと食事はオレが用意するよ!

ぜひ頼む!」


とのことです。

ダニエルと練習してもいい、という奇特な方がいたらぜひ連絡下さい!

アドレスは…

cxco1134-bullterrier★yahoo.co.jp

注意:★を@に変えて下さい!

よろしくお願いします!



『アブダビ・ギ・トライアル』の入賞者

紫/茶/黒

★-65kg

優勝  グスタヴォ・ピント(バッハ)
準優勝 オーウェン・ギー(グレイシー・シドニー)
3位  ダニエル・リマ(ファイトクラブ)

★-75kg
優勝  タルグット・イリアスフ(バッハ)
準優勝 ロドニー・エリス(ノヴァウニオン)
3位  デヴィッド・マリナキス(ドミナンス)

★-85kg
優勝  パウロ・ギマラエス(ルーツ)
準優勝 ネイサン・ブラック(バッハ)
3位  ジェイソン・カウデン(グレイシー・シドニー)

★-95kg
優勝  アンソニー・ペロシュ(マチャド)
準優勝 ベン・パターソン(グレイシー・シドニー)

★+95kg
優勝  ミッシェル・ウィルソン(グレイシー・デ・ビーン)
準優勝 グラハム・ウェレイラ(バッハ)
3位  エルビス・シノシック(マチャド)



-85kg優勝のパウロ・ギマラエス。
アジアチコでは2冠達成しました。
ダニエルの師匠です!



☆大会詳細はコチラから!


2009年02月12日

ダニエル・セインティ テクニック「リタード」

さて今日はダニエル・セインティが考案したデラヒーバガードのカウンターテクニックです!

このテクニックの名前は「リタード」といい、その意味はいきなり突飛な行動をして驚かせる人、というスラングが語源らしいです。

その名の通り、一気に相手を飛び越えることがこのテクニックのポイントです!




相手がデラヒーバガードをしてきたときに
続きを読む

2009年02月11日

ダニエル・セインティ インタビュー

今日はアブダビ・ギのオーストラリア予選に出場するオーストラリア人のダニエル・セインティ。

ダニエルとはスマックガールの選手招聘のときに知り合い、その後もメールのやり取りを続けていましたが、昨年11月のアジアチコで2年ぶりに再会し旧交を温めました。

そこで聞いた話を紹介します!




ダニエル・セインティとガールフレンドのカニッタ。
カニッタはスマックガールに総合の試合で来日しました!

続きを読む

2009年02月10日

祝!ブログ2周年!

本日、おかげさまでこのブログも満2周年を迎えることができました。

開始当初は毎日更新じゃなかったし、ヌルい内容だったりと非常に恥ずかしい限りですが、なんとか2年を経過し、これから3年目に突入します!

これもひとえにみなさまのお陰です!

ありがとうございます!

…っつーことで、今日は日頃のご愛顧を感謝して大プレゼントを行いますので奮ってご応募下さい!


★プレゼント★



BULLTERRIE 刺繍パッチ NEWトラディショナル


続きを読む

2009年02月09日

第3回全日本新人選手権の主な優勝者

d531687e.jpg2月8日(日)、東京都足立区綾瀬の東京武道館にて開催されたBJJFJ主催「第3回・新人戦」の主な優勝者です。







☆ブラジリアン柔術
★アダルト黒帯
アブソルート
中山徹(トライフォース柔術アカデミー)

★アダルト茶帯
プルーマ
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)

レーヴィ
高本裕和(アンプラグド国分寺)

メジオ
磯野元(和術慧舟會)

アブソルート
高本裕和(アンプラグド国分寺)

★マスター茶帯
ペナ
佐野英司(PUREBRED京都)

★女子アダルト青&紫ガロ
八木沼志保(アンプラグド国分寺)

★女子アダルト青&紫アブソルート
湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)


☆ノーギ
★アダルト・エキスパート
ペナ
石田浩(チームホジャーマシャード)

レーヴィ
鍵山士門(デラヒーバジャパン)

★アダルト・アドバンス
ガロ
小林寛史(パラエストラ東京)

プルーマ
平田貴俊(パラエストラ小岩)

ペナ
渡辺健太(パラエストラ仙台)

レーヴィ
堀鉄平(トライフォース柔術アカデミー)

メイオペサード
板橋清康(X-TREME柔術アカデミー)

アブソルート
板橋清康(X-TREME柔術アカデミー)

女子アダルトエキスパート・ペナ
葛西むつみ(パラエストラ東京)



2009年02月08日

グレイシーマガジン最新号、入荷!

グレイシーマガジンの最新号#143が入荷しました!

今号の特集は「ガードポジション」です!

ガードポジションはブラジリアン柔術において大きな割合を占める重要なファクター。

特集では様々な角度からこのガードポジションについての考察をしており興味深い内容になっています。

表紙はヒクソンをして「ファミリーの中で一番のガードプレイヤー」と言われるヒリオン・グレイシー。


ヒリオン・グレイシーが表紙!


続きを読む

2009年02月07日

ボーダーレスカップ:雑感

ボーダーレスカップの雑感です。

今大会は第1回大会にも関わらずいきなり横浜市文化体育館という大きな会場で開催されました。

これは後援に横浜市がついたことで会場使用が可能になったようです。

開会式では衆議院議員のふくだ峰之氏も来場し挨拶を行いました。

また多くの協賛各社からたくさんの賞品が提供されていたのもよかった点でしょう。

参加者全員に飲料水3本配布というのはビックリしました。

その他にもDVDやギ、Tシャツやパッチ、書籍などなど優勝した選手の多くに副賞が贈られており、優勝者は優勝した喜びと副賞をもらえる喜びで嬉しさも2倍でした。

そして大会パンフレットも豪華なものが作られて無料配布されたのもいいですね。

そのパンフレットには横浜近辺のアカデミーやお店の紹介や出場選手のインタビュー、その他コラムも掲載されていて読み物としても面白かったです。

最近の大会はパンフレットが作られなくなったので参加者もいい記念になったのではないでしょうか。

大会進行も比較的スムーズに行われていましたが、表彰に時間がかかり過ぎたのはいただけない部分でここは改善の余地があるでしょう。

今大会は入賞者にメダルではなく額入りの表彰状を贈呈したのですが、この他の大会との差別化は概ね好評だったのですが、この表彰状の作成に時間がかかったようです。

表彰状には入賞者の名前とアカデミー、階級などがプリントされており、そのプリント作業に多く時間を取られてしまった、とのこと。

試合終了が5時、表彰式が終わったのが7時、とこんなにも時間がかかる表彰式は過去記憶にありません。

中には表彰台をギで、と思いキモノを着たまま待っていた選手も多く、寒い中長時間待たされていたのは可哀相でした。

ですが気になった点は表彰式の段取りの悪さぐらいで他は第1回大会ということを考えれば及第点の大会だったと思います。

参加者がやや寂しかったのは見込んでいた日系ブラジリアンの参加が少なかったことが挙げられます。

それはこの不景気で日系ブラジリアンが多く働く工場が閉鎖や縮小が相次いで柔術どころでない、というのが実情のようです。

またブラジリアンの賑やかさが会場に響くようになってくれることを期待して止みません。

このボーダーレスカップ、次回大会はまだ未定のようですが、横浜地区に大きな大会の開催がないので、このまま定期開催されるようになればいいな、と思います。

大会関係者のみなさん、お疲れ様でした。



会場は横浜文体!
マットは5面で開催されました。
ちなみにこのマットはJJFJからのレンタルだそうです。




開会式で挨拶をした衆議院議員・ふくだ峰之氏




レフェリーは北出、宍戸、大賀、ホドリゴ大西らが務めました。




今大会では大賀さんが主催する「白帯カーニバル」が同時開催されました。




子供も多く出場し元気に試合してました!




当初は出場予定だったアデミール大田(中央)は八隅選手の負傷欠場で試合がなくなり急遽レフェリーに。
「レフェリーより試合したいよ!黒帯はホントはなりたくなかった。だって試合のチャンスが減るでしょ?」とのこと。




表彰台の前には協賛各社からの賞品が多く並べられていました!




これがプリントに時間がかかった表彰状。
渡された後には額も用意されており好評でした。




会場の外では串焼きの肉やガレット(鶏肉)、パステルなども販売されてました。
串焼きの肉は旨かったです!



★ハマスポどっとコムの大会レポートはコチラから!





★NEW★
佐々幸範・テクニック教則本&DVD第1弾
「PARAESTRA柔術・盾」
ガードポジションからの攻撃を多数紹介!
2/25、晋遊舎から発売予定!
1,995円






★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#143
特集「最も優れたガードプレイヤーは誰か?」
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!


★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






2009年02月06日

ボーダーレスカップ:女子のその他の試合

今日は女子のその他の試合を3試合をピックアップして紹介します。

まずは紫茶黒ガロ級、青ガロ、白プルーマです。



女子・紫茶黒ガロ決勝戦
八木沼志保(上・アンプラグド国分寺)
vs
秋元宣子(AACC)




ポイント5−0で八木沼選手がワンマッチ決勝戦を制して優勝です!




女子・青ガロ決勝戦
小林葵(上・パラエストラ葛西)
vs
細谷圭子(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)




サイドからのラペラチョークで小林選手が一本勝利で優勝!




女子・白プルーマ決勝戦
飯島恵美(下・AACC)
vs
山崎恵(パラエストラ葛西)




飯島選手が下からの腕十字を極めて一本勝利で優勝を果たしました!
飯島選手は柔術だけでなくグラップリングでも多く試合に出場しているのをよく見かけていました。
その成果が出たようでよかったです!




★NEW★
佐々幸範・テクニック教則本&DVD第1弾
「PARAESTRA柔術・盾」
ガードポジションからの攻撃を多数紹介!
2/25、晋遊舎から発売予定!
1,995円






★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#142
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!


★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2009年02月05日

ボーダーレスカップ:女子青ペナ

今日はエリオの死去で紹介できてなかったボーダーレスカップの試合のレポートの続きです!

女子青ペナにはこれまでZSTやDEEP Xなどプロのグラップリングで実績があるAACCの浜崎朱加選手が出場して2試合連続の秒殺一本勝利でブッちぎりの優勝を果たしました。

その2試合を紹介します。


まずは1回戦。

1回戦はプルーマ級には対戦相手が不在で階級を上げてエントリーしてきた富松恵美選手(パラエストラ松戸)と対戦しました。

富松選手は総合でも活躍していますが昨年の怪我を期に今年は柔術とグラップリングを頑張る、と意気込んでのボーダーレスカップ参戦でした。




女子・青ペナ1回戦
浜崎朱加(左・AACC)
vs
富松恵美(パラエストラ松戸)




立ち技を警戒して引き込んだ富松選手をあっさりとパスし、そのままサイドからV1アームロックを極めて一本勝利!




秒殺勝利で決勝戦進出です!




女子・青ペナ決勝戦
浜崎朱加(上・AACC)
vs
湯浅麗歌子(ポゴナクラブジム)
湯浅選手が試合開始直後にガードに引き込みました。




スタックパスを狙う浜崎選手。



そこから腰を切った反対側にパスしにいきハーフガードへ。




ハーフから腕を狙いつつ足を抜いてパスガードしサイドポジション。




まずストレートアームバー、V1と仕掛けていき…




最後はキムラ!




湯浅選手がタップして一本勝利です!




浜崎選手が2試合連続一本勝利で青ペナ優勝を果たしました。




優勝した浜崎選手は柔道出身者らしい力強い攻めが印象的でした。
浜崎選手はこれまでのほとんどの試合で秒殺勝利しており、今後も期待の選手です!








★NEW★
佐々幸範・テクニック教則本&DVD第1弾
「PARAESTRA柔術・盾」
ガードポジションからの攻撃を多数紹介!
2/25、晋遊舎から発売予定!
価格未定




★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#142
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!


★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2009年02月04日

マイケル&ミッシェルのランギ兄弟

ヨーロピアン・黒レーヴィでアマゾン選手を一本で降して優勝したマイケル・ランギ。

マイケル・ランギはMicael Langhiと書きますが、その読み方には何通りかあるようです。

ポルトガル語読みだとミシェール、英語読みだとマイケルです。

で、また面倒なのが弟がいること。

弟はMichel Langhiでこいつはミッシェル、といいます。

ホント、紛らわしいんで二人が一緒にいるときにお前らの名前の発音を教えろ!と聞いたのがムンジアル2008でのことでした。

そしたら「オレが兄貴でマイケル、弟はミッシェル。似た顔で似た名前だからよく間違えられるよ!」と笑っていました。

ちなみに弟はムンジアル2007でジュベニウ青ペナで優勝して紫になり、ムンジアル2008では紫ペナで準優勝しています。

いつも自分でも混同して間違えたりしてるんですが今後は兄貴はマイケル、弟はミッシェルで統一したいと思います。



左が兄貴のマイケル、23歳。
右が弟のミッシェル、17歳です。
5歳も歳が違うのに双子みたいに顔が似てます!





★NEW★
佐々幸範・テクニック教則本&DVD第1弾
「PARAESTRA柔術・盾」
ガードポジションからの攻撃を多数紹介!
2/25、晋遊舎から発売予定!
価格未定




★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#142
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!


★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2009年02月03日

ヨーロピアン選手権・速報!

2bd46e8b.jpg

ヨーロピアン選手権の黒帯の結果速報です。

★プルーマ
優勝
パブロ・サントス(バッハBH)
準優勝
エバルド・ダ・モタ(バッハ・イタリア)

アジアチコ茶プルーマ優勝のパブロ・サントスが黒帯初試合で初優勝!
パブロはドラクリーノ門下生のバッハBHの選手でホミーニョ、ウィラプル、サムエル・ブラガらの同門選手です。
この優勝で黒プルーマの強豪選手の仲間入りです。



★ペナ
優勝
マリオ・ヘイス(バッハ)
準優勝
メガトン・ディアス(ウマイタ)

最近は不振が続いていたマリオ・ヘイスが久々のメジャータイトル奪取!
古豪・メガトンから鮮やかに腕十字での一本勝ちでヨーロピアン優勝を果たしました。
アジアチコ王者・中山巧選手も絞めで降しており元祖統一世界王者復活でしょうか?!
準優勝のメガトンもすでにシニアの年齢なのにアダルトで準優勝はスゴイ!



★レーヴィ
優勝
マイケル・ランギ(アリアンシ)
準優勝
杉江大輔(ALIVE)

マイケルが引き込みアマゾンをスイープし2ポイント先制。
その後、パスとニーオンで5ポイント追加で7−0。
ここで試合時間5分経過。
そこから更にパス&ニーオンで5ポイント追加で12−0。
またニーオン&ニーオンで4ポイント追加、16−0。
そしてマウントからの絞めでマイケル一本勝利。

コブリンヤの愛弟子、マイケル・ランギがヨーロピアン初優勝です。
マイケル・ランギは黒帯デビューの昨年もムンジアル&パンナムで3位に入賞していますが、2度ともセルシーニョに敗れていました。
この勝利で自信をつけて今年はリベンジしてもらいたいですね。
杉江アマゾン選手も1,2回戦は一本勝利で決勝戦進出しましたが、決勝戦は一本で敗北、惜しくも準優勝に終わりました。
しかしこの結果は大健闘といっていいでしょう。



★メジオ
優勝
クロン・グレイシー(ウマイタ)
準優勝
ヤン・カブラル(Aranha Toulouse )

引き込んだヤンがスイープで2ポイント先制!
クロンなかなかパスできず。
が、バックを奪うと一気に送り襟絞めで一本勝ち!
そしてエリオの写真の下でお辞儀をしてヒクソンを抱き合って喜びを表す。

ムンジアルで黒帯デビュー&衝撃の一本負けからの復帰戦に挑んだクロンがヨーロピアンで優勝を果たし復活をアピール!
準優勝のヤン・カブラルも隠れた実力者で高谷聡選手を対戦した過去があります。



★メイオペサード
優勝
アラン・ド・ナシメント爛侫ホ瓠淵船Д奪マット)
準優勝
オタービオ・ソウザ(バッハ)

昨年のメジオ決勝戦でも対戦したこの両者の戦いはスゴい盛り上がり!
ちなみに優勝はフィホ、今回は互いに階級を上げての再戦です。
まず引き込んだオタービオがスイープに成功し2ポイント先制!
が、フィホもスイープし返して2−2の同点に!
レオジーニョはさかんにフィホにアドヴァイスを送る。
そして下になったフィホが再びスイープを決めて4−2とリード!
そのままタイムアップでフィホ勝利。

この因縁の再戦は地元でアカデミーを開いているフィホがリベンジに燃えるオタービオを返り討ちにした形です。
昨年までは両者ともメジオで戦っていましたが今後はメイオペサードにいくんでしょうか?



★ペサード
優勝
ブラウリオ・エスティマ(バッハ)
準優勝
アレッシャンドレ・ソウザ(グレイシー・フロリアノポリス)


★スペルペサード
優勝
ホドリゴ・カバカ(チェックマット)
準優勝
ルッシオ・ラガルト(バッハ)


★ペサディシモ
優勝
マーシオ・クルズ爛撻献僉璽劉瓠淵乾襯表製僉
準優勝
ヴィトー・コスタ(チェックマット)

長く総合で活躍していたペジパーノが3年ぶりに柔術に復帰、突如としてヨーロピアンにエントリーしてきました。
決勝戦の相手はヴィトー・コスタ、そうKORAL社長です!
巨漢のヴィトーをガードからの三角絞めで降して一本勝利で優勝を果たしました。



★アブソ
優勝
ブラウリオ・エスティマ(バッハ)
準優勝
アレッシャンドレ・ソウザ(グレイシー・フロリアノポリス)
3位
エドゥアルド・テレス(ナインナイン柔術)
アラン・ド・ナシメント爛侫ホ瓠淵船Д奪マット)

ヨーロピアンといえんばブラウリオ、というほどヨーロピアンでの戦績がいいブラウリオは今大会でもペサード&アブソの2冠に輝きました!
ちなみにペサード決勝戦もアブソ決勝と同一カードでしたがブラウリオが2連勝です。
ブラウリオはこれまでホジャーのスパーリング・パートナー、として認知されてましたが、今後は充分に自分の名前だけで認知されるようになってくれるでしょう。


☆ヨーロピアン選手権の詳細はコチラから!

☆IBJJF発表の公式結果はコチラから!




★NEW★
佐々幸範・テクニック教則本&DVD第1弾
「PARAESTRA柔術・盾」
ガードポジションからの攻撃を多数紹介!
2/25、晋遊舎から発売予定!
価格未定




★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#142
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!


★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



2009年02月02日

エリオ・グレイシーとの思い出:高谷聡

エリオ・グレイシーが亡くなった。

1913年生まれの95歳。

生年は日本で言うところの大正2年、世界は翌年に第一次大戦を迎える時期である。

白血病であったというが、年齢的にも、またその残した事績からも、まさに天寿を全うしたといえよう。

筆者がその名を知ったのは20数年前の高校時代、当時の柔道人にとって必携の書であった木村政彦著「わが柔道」からであった。

当時の読者なら「エリオ・グラッシー」としてインプットされているだろう。

更に20年ほど前の世代ならば、同じ木村政彦著「鬼の柔道」に登場する「エリオ・ブラッシー」として記憶にあるはずだ。

そのエリオが健在の人物として、さらにその一族が技術を伝承していると、世間に登場したのが1993年のアルティメット大会。

筆者を含む多くの柔道人や、また愛好家が「グレイシー柔術」の出現に、あたかもタイムマシンに乗って現れたかのように、驚嘆したものである。

筆者がエリオと直接接したのは、2000年に行われたセミナーにおいてである。

エリオ、ホリオン、ホウケルによる豪華なセミナーであったが、主に比較的初心の方々をホリオンが受け持ち、当時日本では少なかった筆者を含む青帯の参加者数名をエリオが受け持った。

通訳の方は、エリオを「創始」という日本語で表現し、筆者たちには「創始のプライベートレッスンみたいで、あなたたちは非常にラッキーだ」と話した。

そのレッスンの中、筆者はエリオに「ガードをとってみろ」と言われたので、まさに当時パレストラにて習いたてのスパイダーガードを披露、一喝された記憶がある。

筆者としては若気の至り、色気を出し最新技術を見せたかったのであったのであるが、エリオ曰く「そんな形では相手をしとめることは出来ない。こうやるのだ。」
エキサイトしながら、筆者に襟袖をとったガードからの十字絞めをしかけてきた。

80代後半とは思えない小手力で、筆者はタップを強いられた。

洗練された技術、そして自らの築いてきたスタイルへの誇りを実感したシーンであった。

筆者の道場生(現在紫帯・メイオペサード級)に、ロスのグレイシーアカデミーにて柔術を始めた人物がいる。
彼は90歳を過ぎたころのエリオとスパーリングをした経験を持つという。

「普通に強かった。すごい動きだった。」とのこと。
全ての武芸者が目指すべき境地であろう。

偉大なるグランドマスターの逝去に、ただただ冥福を祈るのみである…。

高谷 聡




日本でエリオの存在を知らしめた木村政彦著の2冊。
右が1969年刊「鬼の柔道」。
左は1985年刊「わが柔道」。




2000年に行われたセミナーにて。
筆者との記念撮影に応じてくれたホリオン・グレイシー。




そして同じセミナーで今は亡きエリオと共に。




★NEW★
佐々幸範・テクニック教則本&DVD第1弾
「PARAESTRA柔術・盾」
ガードポジションからの攻撃を多数紹介!
2/25、晋遊舎から発売予定!
価格未定




★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#142
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!


★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト