English Portugues Japanese

2009年05月

2009年05月31日

ムンジアルの見所:黒プルーマ

なんと今年は総勢24名ものエントリーがあったプルーマ級。

今年も有名選手がこぞって出場するので強豪同士の対戦が続出するトーナメントとなるでしょう。




吉岡大(東京イエローマンズ)

優勝候補、といえばまず名前が挙がるのは正真正銘の世界トップ選手である吉岡大選手です。2001年からムンジアルに挑戦し続け、2006年に3位、2008年に準優勝と着実に順位を上げてきています。吉岡選手の試合が見れるのは年に1度、このムンジアルだけ!今年こそ悲願成就を期待です!




ギリャルミ・メンデス(ATOS)

プルーマに階級を下げて出場のギリャルミ・メンデスは間違いなく優勝競いに絡んでくるでしょう。元々はプルーマでムンジアルに出場していましたが昨年はペナで出場しハファと1&2フィニッシュで優勝を分け合い、黒に昇格しました。パン選手権では3位に甘んじましたが、ムンジアル連勝記録は更新できるでしょうか?!




ジョンパウロ倉岡(右・AXIS柔術アカデミー)

パン選手権で個人的に一番印象に残ったのがこのジョンパウロ選手が外掛けによる一発反則になりながら不満を口にすることなく紳士的にマットを降りた姿でした。まさには「紳士さと強さは共存する」選手であるジョンパウロ選手にはパン選手権の無念を晴らす活躍をして欲しいです!




マウリシオ・ソウザ(ボンサイ)

なんとボンサイ3兄弟の長男、マウリシオが実に8年ぶりにムンジアルに出場です!マウリシオはムンジアル出場前にブラジルに帰国してボンサイ本部で調整して万全の状態でアメリカ入りするようです。マウリシオのムンジアルの試合は興味深いですね。




ジョン・ラミレツ(カーウソン・グレイシー・チーム)

ムンジアル常連のジョン・ラミレツ。Giに来日したこともあるジョンですが、ムンジアルではなかなか勝ち星に恵まれません。いつも生徒のセコンドで忙しそうに会場中を走り回っています。




ルイス・ビンセンチ(デラヒーバ)

デラヒーバ・アカデミーのエース選手がこのルイス・ビンセンチです。かつてはペナで日本人選手と激戦を繰り広げていましたがプルーマに階級を下げてからは2005年のムンジアルで3位、今年のNYオープンでは優勝と実績を残しています。




パブロ・サントス(中央・グレイシーバッハBH)

アジアチコに来日し、ムンジアル王者・松本義彦選手を降して優勝したパブロ・サントス。その後、黒帯に昇格しヨーロピアン、ブラジレイロと連覇。初めての黒帯でのムンジアル出場で優勝の快挙達成もあり得ます!




サムエル・ブラガ(左・グレイシーバッハ・ノックスヴィル)

昨年度の王者がこのサムエル・ブラガです。サムエルはガロでもムンジアル王者になっており2階級制覇を果たしている強豪中の強豪選手。ガロから階級を上げてきた選手とは思えないほどのパワフルな柔術は定評がありますが、危なくなると守りに入り動かなくなる、というやっかいな選手です。




ハファエル・フレイタス爛丱薀伸瓠丙乎次Ε哀譽ぅ掘璽丱奪蓮Ε縫紂璽瓮シコ)

このバラタも黒帯を巻いてムンジアルに出るのは初めての選手です。バラタはパン選手権で松本義彦選手に敗れ準優勝でした。ですがニックネーム通りの(バラタとはポルトガル語でゴキブリの意)素早い動きは侮れません。



生田誠(トラスト柔術アカデミー)

生田選手は昨年もムンジアルに出場しており、そこではベスト8まで勝ちあがりました。また全日本選手権では優勝を果たし、調子はよさそうです。今年はベスト8以上の結果を残して欲しいですね。




以上、主な出場選手をザッとあげてみましたが改めて凄いメンバーが揃いました。

この中で誰が優勝してもおかしくない選手ばかりです。

惜しむらくはカルロス・オランダ爛┘好ジート瓩不出場なこと。

やはり貧乏で航空券代を工面できなかったんでしょうか?

まあ無理して来てホテル代がなくて野宿、ってのも大変ですけど!

とにかく過去最高の出場メンバーの黒プルーマは大激戦必至です!




ムンジアルの見所:黒ガロ

さてレジストレーションも締め切りになったのでこれから各階級の見所を紹介していきたいと思います。

まずはガロ級から。


ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)

2007年のムンジアル王者、マルファシーニは今や常勝軍団と化したアリアンシに移籍。2年ぶりのムンジアル制覇を狙います。2007年のムンジアルでは泊、大賀、本間と3選手を降しての優勝。昨年は3位入賞で終わりましたが優勝候の一人であるのは間違いないです。




ベルナルド・ピテウ(ノヴァウニオン・左端)

そのマルファシーニの対抗馬といえるのがこのピテウです。軽量級選手の宝庫、ノヴァウニオンが誇るトップ選手のピテウは2006、2007年はプルーマで3位入賞を果たしています。ですが今年はガロに出場で、この強豪のガロ参戦は大きな脅威となるでしょう。




カイオ・テハ(シーザー・グレイシー)

昨年のムンジアル王者、カイオ・テハ。パン選手権ではヒザの怪我があり減量ができなかった、とのことで1階級上げてプルーマに出場。そこで優勝した松本義彦選手に裸絞めで一本負けを喫しましたが、ムンジアルでは本来のガロで出場します。昨年度の王者は連覇を狙ってくるはずです。




フェリッペ・コスタ(ブラザ)

フェリッペはかつて2002年度優勝、3度入賞の実績がある大ベテランです。また久しぶりに出場した今年のパン選手権ではジョン・カルロス選手に敗れるも準優勝を果たしています。今や数少ないブラザの生き残りだけに頑張って欲しいですね。




大賀幹夫(ねわざワールド・右から二人目)

2年ぶりにムンジアル出場の大賀選手は2007年に3位に入賞しています。大賀選手は久しぶりの試合になりますが、パラエストラ八王子に出稽古に行くなどして調整してきたようです。故障箇所の癒え具合が気になります。




澤田真琴(パラエストラ川越)

海外試合常連の澤田選手はパン選手権に引き続きムンジアルにも出場です。パン選手権では3位入賞も初戦敗退での3位なので「こんなメダルはいらない!」と憤慨していた姿が印象的でした。ムンジアルでは頑張って欲しいと思います。


この他にガロ級にはパブロ・テイシェイラ(ブラジリアンファイト)が出場します。








ムンジアル2009直前インタビュー:時任琢磨

今日の直前インタビューは激戦区・黒メジオに出場するトキッタ・ホレッタこと時任琢磨選手(PUREBRED大宮)です!


時任琢磨(PUREBRED大宮)

「ムンジアルに出ようと思ったきっかけは柔術の自分の階級で一番になりたかったからですね。

ムンジアルに向けての練習はフィジカル強化と新しい動き、テクニックも取り入れてきました。

自分は『ホレッタ』が好きなんですが、それに繋げるような技と技の中間部分の動きですね。

シッティングガードからやハーフガードからホレッタなど、いろんな態勢からホレッタに繋げる動きを練習しています。

どこからでも自分のスタイルに繋げられるように、ですね。

フィジカルトレーニングはバランスボールを使ったトレーニングですね。

バランスボールの上で腹筋やったりしてバランスをよくするように意識してます。

練習は週に5、6日ですから、ほぼ毎日ですね。

メジオ級は凄いメンバーが出てるんですが去年やって負けたグスタボ・カンポスには同じ技を食らわないように、と注意してます。

去年はホレッタにいく前に足を潰されてバックに回られたんです。

そのシチュエーションの対策はしてきました。

その動きを試合で試してみたいですね。

あとはマルセリーニョやクロン、セルジーニョなど本当に凄いメンバーなんで誰と当たっても強敵なんで…。

まあ誰とやっても自分のスタイルで戦いますよ。

いまできる自分のベストを尽くしてやりたいな、と思っています。

誰とやりたい、というのも特になくて、とにかく一番になりたいんです。

一番になれるんであれば誰が相手でも構いません。

絶対に一番になります!」





2009年05月30日

ムンジアル2009直前インタビュー:塩田さやか

今日のムンジアル直前インタビューは塩田さやか選手です。

塩田選手は昨年、おととしとムンジアルで連続入賞しています。

ペナながらアブソにも出場し3位入賞は快挙と言っていいでしょう。

今大会も強豪揃いの茶黒ペナ&アブソに出場します!


塩田さやか(AACC)

「ムンジアルは世界大会なのでタイトルが欲しいんで出ることにしました。

これまでムンジアルには2回、出てるんですけどやはり世界大会だけあってトップレベルの選手が出てるな、と思いますね。

獲れそうで獲れない、高い頂がありますね、ムンジアルは。

前回大会ではアブソの試合で足関でバンバン一本取って活躍できたんで、今回も出ようと思ってます。

でもアブソでハッスルし過ぎてしまって(苦笑)ペナではボロボロだったんで、今回はそこんところを考えながらやらないとな、と反省しています。

注目選手は自分の階級の選手はみんな強いんで全員が要注意選手ですね。

アブソでは去年負けたキーラ・グレイシーにリベンジしたいです。

去年試合して感じたのはみんなパワーが凄かったんで今は力負けしないように練習にウエイト・トレーニングを取り入れました。

今回はブドービデオからスポンサーして頂いたんで航空券代がかからなかったんでムンジアルに行けました。

もし航空券代も自腹だったら行けないとこでしたよ、貧乏なんで(苦笑)。

ブドービデオの方が去年のアブソ1回戦でルカ・ディアスに勝ったのをたまたま見ていて、それでスポンサードの話を頂きました。

なんで金銭的な負担が少ない分(笑)練習にも集中できました。

今年は3度目のチャレンジなんで3度目の正直でチャンピオンを狙います!」





2009年05月29日

ムンジアル直前インタビュー:中山徹選手

遂にムンジアル開幕まで1週間を切りました!

今日からはムンジアルに出場する選手のミニインタビューを紹介していきます!

トップバッターは久しぶりのムンジアル出場となる中山徹選手(トライフォース五反田)です!

今大会では黒帯を巻いて初のムンジアル、しかもレーヴィに階級を落としての出場です!



中山徹選手(トライフォース五反田)

「2005年からムンジアルに行くようになったんですが、当時からブラジル人のトップとやりたい、と思って柔術をやっているので黒帯になって、やっと本当のトップとやれるので行くことにしました。

黒帯でムンジアルに出るのは初めてなので、練習などをしていて圧倒的に勝てる、という選手ではないのを自分でもわかってるんで、まずは1回戦突破を目標に頑張りたいですね。

大会に向けての練習はずっと前からいい練習ができてて調子もよかったんですが、先週バイク事故を起こしてしまって…。

万全とは言い難いのですが、体重を早めに落としていたので体重の心配だけがないのが救いですね。

怪我の回復具合を見ながら、とりあえず今の自分でできる限りのことをしますよ。

今回は1階級を落としてレーヴィでのエントリーですが、減量は普通のことしかしていません。

食事内容の改善と有酸素運動を多めにやる、ということぐらいですね。

カロリーを減らすとキツくなるんで低脂肪のものにするのと、早めにアカデミーに来てバイクを漕いだり、ランニングしたり、などです。

レーヴィの注目選手、というか全員が自分より格上選手だと思ってるので、コレ!という選手はいないのですが、まず1回戦を勝ち上がって多くの選手と試合をしていい経験を得たいですね。

まずは1回戦突破、とにかく目標は1回戦を勝ち上がることです。」


★中山徹選手が指導するトライフォース五反田のオフィシャルサイトはコチラから!



2009年05月28日

「リバーサリング!!!グラップリング!!! Vol.1」:松下美保ちゃん!


お待ちかね!

今日はゲストで来て頂いた、スコラ初代イメージガールの松下美保ちゃんの紹介をしたいと思います。

この松下美保ちゃん、スコラが募集したイメージガールコンテストでグラビアアイドル18人の中からガチ投票で優勝したグラビアアイドルです!

若干17歳で現役女子高生のグラビアアイドルが西川口に降臨ですよ!

このシチュエーションだけでもたまらないものがありますね!

男ばっかのリバーサリング!!!に一服の清涼剤的なグラビアアイドルの投入はまずは成功といっていいんじゃないでしょうか?!

また次回大会でも何かステージイベントを企画してますので、そちらもお楽しみに!




まずはリング上でアイドルイベントのお約束であるユル〜いトーク。
そして最近ボイストレーニングしているということで歌を1曲。
中島美嘉さんの曲をカラオケで披露しました!




次は護身術を小野瀬龍也選手が指導。
普段は地味な小野瀬選手が意外とノリノリでやっててびっくり。




そして連載ページがある「スコラ」の宣伝もしっかりと!




休憩時間にはツーショットポラ&サイン会です。
長蛇の列で大盛況でした!




サイン入りポートレートは1枚2000円。
これを全種類購入したガチオタさんがいました!
万札が飛び交ってて、さすがオタは金持ちだ、と実感。



松下美保ちゃんの感想!
「格闘技を見るのは初めてだったんですが、迫力があってびっくりしました!
何かに夢中になっている人たちは素晴らしいですね!」
と、初体験のグラップリングに好印象でした!

松下美保ちゃんが掲載されている「スコラ」は
書店&コンビニで絶賛発売中!
今回のリバーサリングの模様は来月発売号に掲載予定!
付録DVDにも収録されます!
ぜひチェックして下さい!


★「スコラ」のブログはコチラから!

★松下美保ちゃんのブログはコチラから!



続きを読む

2009年05月27日

リバーサリング!!!グラップリング!!!Vol.1:初級の部

リバーサリング!!!グラップリング!!!の初級の部は上級の部とは正反対に多くの出場者がありました。

初級は白帯、青帯を対象にしたのですが、高度なスイープや極めも見られて熱戦が多かったです。

柔術では膠着しがちな攻防もギがないだけでこうもスピーディになるのか、と思いました。

また試合時間が3分というのもよかったのかもしれません。

3分しかないので攻めるほうも最初からハイスパート、先手必勝的な気持ちでガンガン攻める試合が見られました。

またスタミナに難がある選手も3分ならばスタミナ切れを起こす前に試合が終わる、という絶妙な試合時間でした。

今回は初級の各階級の決勝戦を紹介します。




初級プルーマ級決勝戦
杉田啓輔(Lotus パラエストラ世田谷)
vs
榎本悟(REDIPS)
2:51、裸絞めで一本勝利で榎本選手が優勝!



榎本選手は3試合連続の一本勝利で優勝を果たしました。
師である小野瀬龍也選手曰く「ヤツは才能ありますよ!将来はプロシューターになりますから期待して下さい!」とのこと。




初級ペナ級決勝戦
田所剛(パラエストラ葛西)
vs
杉山晋哉(REDIPS)
2:30、腕十字で田所選手が一本勝利で優勝!




田所選手も3試合全てを極めきっての優勝です。




初級レーヴィ級決勝戦
小林大輔(和術慧舟會A−3)
vs
徳山諭吉(PUREBREDアリーナ)
0-9で徳山選手が判定勝利で優勝!






初級メジオ決勝戦
岩波竜也(和術慧舟會A−3)
vs
小西博明(フリー)
2:10、小西選手が三角絞めを極めて優勝!




初級アブソルート決勝戦
高安敏郎(小見川道場)
vs
井出博貴(リバーサルジム)
この両者は階級別は1回戦負けでしたがアブソでは勝ち上がり決勝戦進出です。




またこの二人はリバーサルの新旧スタッフで高安選手は元スタッフ、井出選手は現スタッフです!




この新旧リバーサルスタッフ対決は元スタッフの高安選手が勝利!
引き込んでスイープを決めて2−0でした!
ちなみに現在の高安選手は千葉の田舎町で実家の農業を継いでます。
嫁も元イサミの店員です!



2009年05月26日

リバーサリング!!!グラップリング!!!Vol.1:上級の部

リバーサリング!!!グラップリング!!!上級の部は初心者向けの大会というコンセプトからか申し込みは少なく、開催されたのはレーヴィとアブソの2階級のみ。

しかもどちらもワンマッチ決勝というやや寂しいものでした。

が、2試合ともハイレベルな試合でさすが上級!と観客をうならせるベストバウトになりました。

今日はその2試合を紹介します。



上級レーヴィ級決勝戦
広瀬貴行(パラエストラ葛西)
vs
大塚博明(グラバカ柔術クラブ)




「イヤーッ!」と気合を入れながら引き込む広瀬選手。
これはある意味、フェイントでしょう!




スパイラルガードからスイープを決めトップポジションに。




そしてアナコンダチョークに捕らえました!




エスケープを試みる大塚選手をそのまま絞め上げてタップを奪う!




3:30、一本勝利で広瀬選手が優勝を果たしました!




上級アブソルート級決勝戦
碓井健太郎(小見川道場)
vs
大塚博明(グラバカ柔術クラブ)




上級メジオにエントリーするも対戦相手不在でアブソのみの出場となった碓井選手。
碓井選手はかつてはアマ修斗など総合の試合にも出場しており、アマ修斗ではフェザー級で試合していたそうです。
テイクダウンで2ポイント先制です。




大塚選手がガードからスイープ&マウントで一挙に6ポイント奪取!
大量ポイント獲得で一気に逆転です!




その後、スタンドになりまたもテイクダウンでポイントを追加した碓井選手が6−4で2ポイントビハインド。
このハーフガードから足を抜けば逆転の場面。




ですがそのまま凌いだ大塚選手が6−4で勝利してアブソ優勝です!



2009年05月25日

リバーサリング!!!グラップリング!!!Vol.1:CSFタイトルマッチ

今大会で開催されたCSF(コンバットサブミッションファイティング)タイトルマッチのスーパーファイト。

このルールはテイクダウン1ポイント、サブミッションでタップを奪うと4ポイントという変則的なものです。
また3分2ラウンドと試合時間も短いのでスピーディな攻防が期待できました。

最近は選手としてよりコラムニストとして知られている高谷選手に挑むのはグラバカ柔術クラブからの刺客、神田選手です。

神田選手は前回のリバーサリング!!!青帯大会で活躍し、このタイトルマッチに抜擢されました。

まだ青帯の神田選手ですが黒帯の高谷選手にどう挑むでしょうか?!




CSFタイトルマッチ
高谷聡(王者/パラエストラ吉祥寺)
vs
神田崇広(挑戦者/グラバカ柔術クラブ)
タイトルマッチ認定宣言と試合前の記念撮影。




神田選手の引き込みに合わせたテイクダウンで高谷選手が1ポイント先制。




1Rはそのままガードから三角絞めを狙う神田選手とそれを凌ぐ高谷選手いう展開。




インターバル中のラウンドガールは松下美保ちゃんが務めてくれました!




2R、引き込んだ神田選手のガードからのアタックで防戦一方の高谷選手。




試合終了間際に足関節の取り合いを見せましたが互いに極まらずタイムアップ。




高谷選手が1−0で辛勝でタイトル防衛!




スコラガール、松下美保ちゃんから副賞のスコラ最新号を手渡されます。




試合後のコメント

──まず試合の感想をお願いします。

「引き込む選手だったので引き込みに合わせたタックルを狙っていました。そして先制ポイントを奪ってから逃げ切る、という作戦だったのですが、最後の最後にアツくなり意地になって足関節の取り合いをしてしまって…。それまであまり面白くない試合だと自分でも思ってたんでつまんないのもどうかと思い、ラウンドの最後に残り20秒のとこだけやり合いました。」

──このCSFルール、久し振りだったと思うのですが、どうでしたか?

「正直いってスイープやアドバンテージがあるよりは戦いやすかったですね。思い切ったアタックができるので。このルールは高い技術を持った選手が戦えば盛り上げる試合ができると思います。 」

──次は誰か戦いたい相手はいますか?

「いや私も来年で40歳になるので積極的に戦いたいという気持ちはあまりないのですが、一応王座が続く限り防衛戦はしていきたいな、とは思います。 」

──年内にもう1回、防衛戦を組もうと思ってるのですが、それについては?

「そういうお話があるならぜひやらせて頂きます。」




素足に革靴という石田純一ばりの格好でポーズを決める高谷選手。
青帯選手に1−0と厳しい試合でしたが次の防衛戦ではぜひサブミッションポイントを極めて欲しいと思います!


★ラウンドガールを務めた頂いた松下美保ちゃんのブログはコチラから!


2009年05月24日

「リバーサリング!!!グラップリング!!! Vol.1」入賞者一覧

5/24(日)、埼玉県蕨市の「イサミレッスルアリーナ」で開催された「リバーサリング!!!グラップリング!!! Vol.1」の結果です。

★初級
☆プルーマ
優勝  榎本悟(REDIPS)
準優勝 杉田啓輔(Lotusパラエストラ世田谷)
3位  濱本健司(Krazy Bee)
青木秀太(総合格闘技闇愚羅)


☆ペナ
優勝  田所剛(パラエストラ葛西)
準優勝 杉山晋哉(REDIPS)
3位  柘植大児(パラエストラ松戸)
    若林研太(リトルコブラ会)


☆レーヴィ
優勝  徳山諭吉(PUREBREDアリーナ)


☆メジオ
優勝  岩波竜也(和術慧舟會A−3)

☆アブソ
優勝  高安敏郎(小見川道場)
準優勝 井出博貴(リバーサルジム)
3位  徳山諭吉(PUREBREDアリーナ)
    杉田啓輔(Lotusパラエストラ世田谷)


★上級
☆レーヴィ
優勝  広瀬貴行(パラエストラ葛西)

☆アブソ
優勝  大塚博明(GRABAKA柔術クラブ)


★CSFタイトルマッチ
高谷聡(パラエストラ吉祥寺)
vs
神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)
判定 1-0
高谷選手が王座防衛




階級別の優勝者




アブソルートの入賞者



CSF王座防衛の高谷聡選手とラウンドガールを務めた松下美保ちゃん。


★ラウンドガールを務めた頂いた松下美保ちゃんのブログはコチラから!


2009年05月23日

リバーサリング!!!グラップリング!!!、直前情報!

いよいよ明日開催の「リバーサリング!!!グラップリング!!!」の直前情報です。

健全な男の子なら誰でも一度は手にしたことがあるであろう老舗グラビア誌「スコラ」。

今大会ではそのスコラとコラボレーション!

なんと大会に初代スコラガールズグランプリの松下美保ちゃんが応援に駆けつけてくれます!

当日は歌や大会入賞者にメダル贈呈などをしてもらいます!

大会後には物販ブースで握手会の予定もあります!

生で見るアイドルは誌面で見るより数倍はよく見えます。

松下美保ちゃん、前に撮影したことありますが、めちゃめちゃ可愛いいっすよー!

まだ17歳(91年生まれ!)の現役高校生ですから!

ぜひその美貌を間近でガン見して下さい!

松下美保ちゃんの出番は14時ぐらいを予定してます!



前に撮影した松下美保ちゃん画像をお蔵だし!
現役JKアイドルです!




実物はこの画像の数倍かわいいっす!
ナイスなアイドルスマイル!



どーですか、このプリケツ!
ババアのたるんだケツとはわけが違う!
ナイス尻!



次はこのブログでもコラムを執筆中の人気コラムニスト、高谷聡選手が保持するCSF王座の防衛戦が決定!

CSFとはコンバット・サブミッション・ファイティングの略でニュージーランドのプライムタイム・プロモーション認定のグラップリングのタイトルです。

高谷選手は2007年の11月にニュージーランドのオークランドにて同王座を奪取しましたが、その後は防衛戦に呼ばれるまでもなく放置されていました。

そのまま王座は封印されちゃうのももったいないので、このたびリバーサリング!!!グラップリング!!!で王座復活、防衛戦を行うことになりました!

これはニュージーランドのプライムタイム・プロモーションからも正式に認可されている公式戦です。

その防衛戦の相手はグラップリングの名門アカデミー「グラバカ柔術クラブ」の選抜選手となっています。

果たして高谷選手はグラバカからの刺客を相手にどう戦うでしょうか?!



強豪アカデミー、グラバカ柔術クラブの挑戦を受ける高谷聡。
日本人初のCSF王者です!



また大会ではリバーサリングだけにリバーサルの商品の特価即売ブースなどもありますので、そちらもお楽しみに!


★大会詳細はコチラコチラから!

★会場へのアクセスはコチラから!



会場最寄り駅はJR西川口または蕨駅です!



2009年05月22日

新商品紹介:『ギリャルミ・メンデス ブラジリアン柔術テクニック』


昨日紹介したハファエル・メンデスの兄貴がこのギリャルミ・メンデス、通称ギィです。

このギィの教則DVDは先週発売されたばかりの新商品!

早速、注文が相次いでおり好調な売り上げを記録しているようです。

ハファは最近、コブリンヤに勝ったことで有名ですが、このギィもハファに負けない実績の持ち主です。

兄弟揃ってムンジアルの青、紫、茶で優勝という偉業は今後、誰も真似できないことでしょう。

二人で同じカテゴリーに出場して、互いに負けることなく決勝戦まで勝ちあがり、優勝は兄弟でシェアする…。

こんな離れ業を3年連続でやってるんですからね。

それもムンジアルという世界最高峰の大会で、ですよ?!

あり得ない兄弟ですよね。

そんなメンデス兄弟の兄貴でありリーダー格がこのギィで、ハファに比べてダイナミックさはやや劣りますが、その分、細かいテクニックが持ち味です。

ハファは若いせいか思い切りがよく、「ま、いいや!いったれ!」的なやや強引な試合を目にしますが、ギィはそういう「イチかバチか」みたいなことはせずに確実にポジショニング、ポイントにこだわるスタイルです。

それだけにテクニックも細かく堅実な柔術となっているのです。

そんな兄弟の柔術の違いもこのDVDでは見られるのではないでしょうか。

ぜひこの2本とも購入して頂き、その細かな差に気づいて欲しいな、と思います。

もちろん、ギィのDVDにもギ、ノーギの両方のテクニックが収録されています。

映像特典でオフショットやスパーリング、インタビューやプライヴェートの姿なども収録、普段の兄弟の仲のよさは微笑ましいです。

このDVDは1本3990円で好評発売中!






『ギリェルミ・メンデス ブラジリアン柔術テクニック』
3,990円
購入はコチラから!








『ハファエル・メンデス ブラジリアン柔術テクニック』
3,990円
購入はコチラから!



2009年05月21日

新商品紹介:『ハファエル・メンデス ブラジリアン柔術テクニック』


最近、柔術の教則商品のリリースが相次いでいます。

先週は佐々幸範選手の教則本&DVDの第2弾が発売され、明日は昨日のニュースでお伝えしたロバート・ドライスデールの教則本が発売されます。

教則本やDVDは手軽にテクニックが学べるので、忙しくて練習に行けない方や地方在住でアカデミーがなかったり、指導者がいない方などに多く購入されています。

ブルテリアからもテクニックDVDを発売していてコブリンヤのものやブルーノ・フラザトのものはベストセラーです。

特にコブリンヤのパート1は完売しており、ただいま再プレスの入荷待ちという状態。

このブリテリアの教則DVDシリーズは安価で多くの技が収録されていてコストパフォーマンスに優れたシリーズとして知られており、どれも人気商品となっています。

そのブリテリア・テクニックDVDが二ヶ月連続でリリースされたのはご存知でしょうか?

まず先月に発売された「ハファエル・メンデス」のテクニックDVDの紹介したいと思います。

ハファエル・メンデスはいまや飛ぶ鳥を落とす勢いがある若手柔術家です。

今月初旬に開催されたアブダビプロ柔術では遂に最強のペナ級選手であるコブリンヤから勝利を収めたことは柔術界に大いに衝撃が走りました。

この試合は6分で行われた変則的なものでIBJJFの公式戦ではないのでなんとも言えないのですが、コブリンヤから勝利したのは同じ階級の選手としては実に4年ぶりの出来事でいかに凄いことかおわかりでしょう。

そのハファエル・メンデスが昨年7月、DEEP Xに来日した際に収録されたのがこのDVDです。

当時はまだ茶帯でしたが、テクニックは折り紙つき。

少々、難易度が高いものが多いのですが、そこはDVD。

何度も何度も繰り返して見てテクニックの習得に励んでください!

ギ、ノーギと両方のテクニックが収録されているので、柔術をやらない方にもおすすめです!






『ハファエル・メンデス ブラジリアン柔術テクニック』
3,990円
購入はコチラから!





2009年05月20日

『サブミッション最短勝利の法則/ロバート・ドライズ デール』発売!


ADCC無差別王者、ロバート・ドライスデール初の技術書が発売されます!

ロバートは2007年のADCCアブソ決勝戦でADCC無敗だったマルセロ・ガルシアからアナコンダ・チョークでタップを奪い、一躍有名になった選手です。

大型選手ながら細かいテクニックを使いこなし、あのレオジーニョから初めて黒帯を授かったのがこのロバートです。

黒帯でムンジアルに優勝したこともある実力者です。

また最近はアメリカに移住、結婚、自身のアカデミー設立、MMAにも進出、と多忙な日々を過ごしているようです。

日本にも過去2回、来日しており、この教則本はそのときに撮影されたものです。

内容はチラッとみただけですがチョーク系の技術が多く載っていてさすがグラップリング系教則本だな、と思いました。

これにはDVDは付いてはいませんが、その分多くの写真とテキストで細かくテクニックを紹介しているので問題ないでしょう。

5月22日発売です。

ぜひご購入を!

★ロバート・ドライスデールの日本観光記はコチラコチラから!




『サブミッション最短勝利の法則/ロバート・ドライズ デール』
定価:1,365円、AB判 112ページ
ガードを越えろ!/亀攻略法/クロスフット大作戦/ヒップコントロー ルの展開バックで極めろ!/ラバーガードとオモプラータ!/ブラボーチョーク 七変化


2009年05月19日

ブラジレイロ2009:結果

cfbe3309.jpg先週末に開催されたブラジレイロの黒帯決勝戦の結果です。

★ガロ
○ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)
vs
×イヴァニエル・オロヴェイラ(カリオカチーム)
6−5


★プルーマ
○パブロ・サントス(PHチーム)
vs
×フェリッペ・フレイタス(バッハ)
2−0


★ペナ
○ブルーノ・フラザト(ATOS柔術)
vs
×セオドロ・カナル(UGF)
4−0


★レーヴィ
○マイケル・ランギ(アリアンシ)
vs
×ヴィニシウス・マリーニョ(GFT)
腕十字


★メジオ
○アラン爛侫ホ瓮淵轡瓮鵐函淵船Д奪マット)
vs
×チアゴ・アウベス(バルボサ)
腕十字


★メイオペサード
○ハファエル・アビヒハン(カーウソン)
vs
×タルシス・フンフェリー(アリアンシ)
腕十字


★ペサード
○ジェファーソン・モウラ(バッハ)
vs
×アレッシャンドレ・セコーニ(ヒリオン)
4−0


★スペルペサード
○アントニオ・ブラガ・ネト(ゴルド柔術)
vs
×マルセル・フォーチュナ(グレイシー・フロリアノポリス)
チョーク


★ペサディシモ
○レオナルド・レイチ(アリアンシ)
vs
×ブルーノ・マチアス(チェックマット)
クロックチョーク


★アブソルート
○タルシス・フンフェリー(アリアンシ)
vs
×ガブリエル・ベラ(アリアンシ)
同門決勝


かつてムンジアルが開催されていたチジューカテニスクルービで今も行われているブラジレイロ。

いまや多くのトップ選手がアメリカに移住しており、パン選手権やムンジアルのようなトップ選手同士の対戦は多くなく、やや寂しい感が否めません。

えすがパン選手権に出ていないブラジル在住の選手が出場しており、ブラジル最強決定戦の名にふさわしい大会になったのではと思います。

ガロは日本にも来ていたイバニエルが決勝に進出しましたがムンジアル常連のブルーノに敗れています。

プルーマはアジアチコ優勝のパブロ・サントスが優勝。

ペナはいまやATOS柔術の同門、ハファ&ギィの影にすっかり隠れてしまった感のあるブルニーニョが優勝です。

レーヴィはマイケル・ランギが決勝戦で一本で極めて優勝、パン選手権に続き連勝をスコア。

メジオは色帯時代にテレレ2世と称されていたフィホが腕十字で優勝、久しぶりの戴冠です。


メイオペサードはアブダビプロ柔術優勝のタルシスをハファエル・アビヒハンが31秒で腕十字を極めて優勝を果たし、メジャータイトルを奪取しました。


タルシスは階級別では敗れましたがアブソでは決勝戦に勝ちあがり、同門のガブリエル・ベラと優勝を分け合っています。

今回のブラジレイロで活躍した選手らが2週間後のムンジアルでも活躍すると思われ、この結果がどう影響するのか興味深いところです。


★結果詳細はコチラから!


★画像はアブソ優勝を分け合ったタルシス・フンフェリー&ガブリエル・ベラ。





2009年05月18日

『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』未収録テクニック・その3

『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』未収録テクニック紹介も今日がラストです。

その3はマウントポジションからの絞め技です。


このマウントポジションからの絞めはホジャー・グレイシーやクロン・グレイシーも得意にしているクラシックにしてベーシックの必須テクニックです。

テクニックはいたってシンプルなものですが、シンプルなものほど実用的で仕掛けやすいので、ぜひ身に着けて欲しいですね。




マウントポジションから。




親指を襟の中に入れるように差しこみ、襟を握ります。
その際、片手で襟を引くと奥まで手を差し入れることができます。




相手の奥襟をしっかり握ったら



手を床に着いて安定しながら前腕を喉に押し当てて圧迫します。
ここでタップしてしまう場合もあるでしょう。




そして反対側の襟も握り絞めを極めの態勢へ。




背筋を意識しながら相手に近づくようにして絞めを極めます。




襟を握れない場合は肩を握ってもいいでしょう。




肩を握る場合は指でギを引っ掛けるようにして深く握りこんで引きつけて絞めを極めます。




笑いながら絞めを極めてるのがわかるでしょうか?!
これがサディステック佐々の本性です!
SASAのSはサディステックのSです!



どうでしょうか?

これまで紹介した3つのテクニックはすべて絞め技でした。

絞め技を極めるポイントは「殺す気で絞める!」ことです。

これを忘れずに!



2009年05月17日

『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』未収録テクニック・その2

『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』未収録テクニック・その2はまたサイドポジションからの絞め技です。

佐々選手はスパイラルガードと共に絞め技の名手としても知られており「極め」の部分では絞めを多用しています。

これは「絞めは力を使わずに極められるから」という理由だそうです。

ではテクニックを見ていきましょう。


サイドポジションの状態から。
もうこの時点で帯、首の下の襟を握っておきます。




そしてニーインザベリーへ。
そのとき、握っていた襟を引き上げて相手の首を持ち上げます。




帯を握っていた手を離して襟に差し入れます。
その際は手を手刀のようにして4本指を差し込むこと。



ヒジを曲げるようにして前腕で喉を圧迫し絞めを極めます。




手を差し込む際のポイントです。
まず相手の首を引き上げてスペースを作り、襟に手を差し入れます。




襟にはなるべく深い部分に差し入れてからしっかり握ります。




握ったら両手を握り絞めを極めます。




襟を握るポジションを別アングルから。




前腕部分を喉に押し当てるようにして絞めを極めます。



このテクニックはもし失敗してもポジションを失うことなく元のサイドポジションに戻れるので、失敗を恐れずにトライして欲しいと思います。

絞め技を極めるポイントは「殺すつもりで絞める!」です。

これを忘れずに!








大好評発売中!
『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』
購入はコチラから!








ガードポジションからのテクニックを紹介!
『パラエストラ柔術・盾/佐々幸範』も再入荷!
この機会にぜひ。
2冊購入しても4000円以下とお買い得!
購入はコチラから!




『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』
プロモーション映像


2009年05月16日

『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』に未収録のテクニック・その1

今日からは『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』に未収録のテクニックを特別公開したいと思います!

当初はパスガードだけでなくパスガードしたあとのポジションからの極め技も収録しよう!といくつか撮影したものがあるのですが、技の説明で画像点数を多く使ったためにページが足りなくなってしまいました。

そのときに技を多くして画像点数を減らすか、技を減らすかわりに画像点数を多くして詳細な説明をするか、と大いに議論した結果、後者を選ぶことにしました。

技を詰め込むこちに固執したがゆえに1つ1つの技の説明がおろそかになったのではテクニック本としては本末転倒…。

それでは技の教則本ではなく、ただの技のカタログに成り下がってしまいます。

ですので涙を呑んでいくつかのテクニックをお蔵入りさせたのです。

そんなお蔵入りテクニックから『極め技』のいくつかを紹介します!

まずは「サイドからの絞め」です!




サイドポジションから




襟、帯を握りながらニーインザベリーをして相手の首を引き上げます。




帯を持っていた手を離し、襟を握ります。
その場合、先に握っていた襟より下部分を握ること。



先に握っていた方の手を相手の顔に回し、




絞めの態勢へ。




極めるときは相手に近づくようにし背筋を意識しながら絞めます。




襟の握り方はこのようにします。




手を回すときは少し襟をずらして隙間を作ると回しやすくなります。



絞め技を極めるときのポイントは?と佐々選手に聞いたら「相手を殺すつもりで絞めるんです!死ね、コノヤロウ!みたいな気持ちで!」となんともサディスティックな返答をしてくれました。

さすが「柔術黒帯、人間白帯」な佐々選手ですね!






大好評発売中!
『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』
購入はコチラから!








ガードポジションからのテクニックを紹介!
『パラエストラ柔術・盾/佐々幸範』も再入荷!
この機会にぜひ。
2冊購入しても4000円以下とお買い得!
購入はコチラから!




『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』
プロモーション映像



2009年05月15日

ノーギでも使える!『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』


今日も佐々テクニック本&DVDの宣伝です!

今回発売された「矛編」は全編パスガードオンリーというのは昨日のブログで書いた通りです。

この教則本&DVDはギありの柔術テクニックのものですが、実はここに収録されているパスガードの多くはノーギでも使える汎用性の高いものなんです。

ガードからのスイープの多くは襟やスソ、ギ・パンツを握ってホールドして返すのでギなしで使うには多少のテクニックのコンバートが必要な場合があります。

ですがパスガードの場合はワキを差したり首を殺したり、というムーブが重要な動作で、それらはギのある、なしにあまり影響されません。

この本で特に重点的に紹介されている「クロスニーパス」はギのあるなしはそれほど重要ではなく本書では襟を握る、となっているところをワキを差す、または肩を押さえる、などとアレンジすれば充分にノーギで使用可能なテクニックとなります。

その他にもノーギで使用可能なテクニックが多く収録されているので「オレはグラップリング専門だからいらねーぜ!」って人もぜひ読んで欲しいと思います!




本ではこのように紹介されているクロスニーパスですが…




このようにワキを差すなどしてアレンジすればノーギでも使えます!




大好評発売中!『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』
購入はコチラから!








ガードポジションからのテクニックを紹介した「盾編」も再入荷!
この機会にぜひ。
2冊購入しても4000円以下とお買い得!
購入はコチラから!




『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』
プロモーション映像


2009年05月14日

本日発売!『パラエストラ柔術・矛/佐々幸範』


今年2月に発売して瞬く間に書店から姿を消したという大好評のテクニック本&DVD「パラエストラ柔術・盾/佐々幸範」の続編である「矛編」が本日発売となります!

これは当初、4月発売の予定でしたが諸事情があり1ヶ月発売が延びてしまいましたが、このたび無事に発売されました。

このシリーズは96ページ(しかも一部カラー!)の教則本に本に掲載されているテクニック全てを収録した教則DVDまで付いて1900円(税抜き)という破格の値段で読者には大好評。

ですが「これって自分で自分の首を絞めてんじゃね?!スパイラルガードならぬデフレスパイラル!」とも思うのですが、それはこっちの事情で。

ま、読者は安い方がいいに決まってますもんねぇ。

余談ですがこの本の入稿は4月中旬が締め切りで、その時期はいろんな仕事が重なりまくっててヒーヒーいって作業してたのを記憶してます。

正直、あまりのハードスケジュールさ&パン選手権の時差ボケもあり作業中の記憶がところどころ無かったり…。

そんなこんなで苦労しながら作った思い出深い一冊になっております。

もちろん内容は保証済み!

この「矛編」は1冊目の「盾編」で紹介したガードポジションからの攻撃&ディフェンスをいかに攻略するか?!という、いわば1冊目のテクニックの解法が記された攻略本的な意味合いもあります。

1冊目が発売されてから約3ヶ月が経ち、「盾編」で紹介されていたテクニックもぼちぼち身に付いた頃かと思われます。

そのテクニックで日々攻撃されてる方も多いのではないでしょうか?!

そんなあなたはこの「矛編」を読めば悩みは解消!

どんな強固なガードをも貫く、鋭い矛の一撃的な強烈なパスガードの数々が満載されてます!

なんと1冊丸ごとパスガードのみ、という潔さ!

パスガードが苦手な人はこの1冊があれば他はいらない、と断言します!

佐々幸範、というとスパイラルガードのイメージが強いんですが、本人曰く「本当はパスガードの方が得意」というぐらいパスガードには自信があるそうです。

そのパスガードの極意を惜しげもなく紹介しています。

特に佐々幸範はいまだ現役選手で、試合もムンジアルやパン選手権など海外トーナメントを中心に出場し続けています。

佐々幸範が身をもって犖縮鯀手が実戦で使える瓩海箸鮠斂世靴深騨兔颪この「パラエストラ柔術 佐々幸範 盾編」&「矛編」なのです。

本書の中で特におススメなのが「クロスニーパス」。

現代柔術において猛威を振るう「クロスニーパス」はレオジーニョやマルガリータが多用して一躍有名になったパスガード・テクニックですが、本書の中にも多くのバリエーションが掲載されており、その数は他に類をみない充実ぶりです。

これを本屋で見かけたらぜひ手に取って見てみて下さい!

必ず「手元に置いときたい!」と思うような1冊になっている、と自負しております。

日本のブラジリアン柔術の教則本の歴史に残る一冊(盾編と矛編で2冊ですが!)である、というと大げさですが、それぐらいの内容の濃さはあると思います。

ちょっと気合が入りすぎて長くなってしまいましたので、このへんで。

多数の方のご購入をお待ちしております!






ガードポジションからのテクニックを紹介した「盾編」も大好評発売中です!
まだ未購入の方はぜひこの機会に!
2冊購入しても4000円以下でお買い得ですよ!


2009年05月13日

「第1回 全韓国オープン柔術トーナメント」

お待たせしました!

「第1回 全韓国オープン柔術トーナメント」のレポです。

今回、韓国でKBJJF(Korean Brazilian Jiu-Jitsu Federation)が新たに設立され、その記念すべきKBJJF主催の第1回大会がこの大会でした。

これまでも韓国には連盟らしき組織はありましたが紆余曲折あり離合集散を繰り返しているのが現状です。

ですが国際連盟であるIBJJFの承認を受けるべく設立されたKBJJFが活動すすることにより韓国の柔術が新たなチャプターに突入したといえる画期的なことであるといっていいでしょう。




KBJJFの役員&スタッフ、スポンサーなど。
多くの人々がKBJJF設立に関わっています。




大会前のルールミーティングの様子。
長い時間をかけてルールを説明していました。




試合マットは3面でフェンス、表彰台もあります。




韓国でもキッズ柔術は盛ん。
でも柔術衣じゃなくてテコンドー衣で試合してました!
「韓国では小さいサイズの柔術衣は手に入らないんだよ!」とのことです。




日本のキッズにやらせるのは空手やレスリングが人気がありますが韓国はテコンドー、ハッキドーをやってる子が多いようです。




日本に留学経験があるイサミ韓国店のスタッフ、イくんが大会に出場。
白プルーマで1回戦突破!
イくんは元グラバカです!




ですが2回戦で負けてしまいました…。
イくんは韓国ではチームパウという小さいチームで練習しています!




もう一人のイサミ韓国店のスタッフ、駒沢くんは白ガロで優勝!
3人エントリーの1回戦シードでいきなりの決勝戦でしたがテイクダウンの連発で快勝しました。




駒沢くんは元AACCで今年2月にオープンしたイサミ韓国店に勤務してます。
韓国人のガールフレンドもできましたが残念ながら韓国語はいまひとつ。
頑張れ、駒沢くん!




試合の合間にはダンスショーもありました。




アジアチコに来日したソンくんは青プルーマに出場、得意のスイープを決めて決勝戦に進出もその試合で敗れ準優勝。




ソンくんに勝って優勝したのはジョン・ジンソク(パレストラコリア)。
ジョンはパンクラスに参戦経験があり井上学に三角絞めで一本負けでした。
今大会では柔道三段の腕前という強烈な投げ技を連発してました!




わずか4試合のみ行われた紫帯でアブソ&メジオで2冠に輝いたのは韓国で英語教師をしているジャスティン・ヤソニア(POPS柔術)。
カッシオ・ウェルネック〜ハウフ〜シーザー〜韓国、といくつものアカデミーを渡り歩いてきた選手です!




元TTでアクションリアクション柔術代表のカン・ソンシルとKBJJFディレクターのイ・スンジェ。
この二人はアジアチコにそろって来日しました。
カンはコブリンヤと親交があり、韓国にセミナーで呼んだこともあります。
イさんはレオジーニョの茶帯でKBJJFの事実上の代表的な存在です。





今大会はイサミがサポートし大会記念Tシャツが選手に配布されました。
このような試みも韓国で初、もちろん選手は大喜びですぐに着用してました!




ソウル市内に4つの支部を持つイさんのアカデミー、M.A.R.C.のメンバー。
大会スタッフやレフェリーでお手伝いしてました。




KBJJFから招待されて大会を視察しに来た早川氏。
「韓国の柔術レベルは日本とそん色ない、韓国はすぐ近くなので日本の選手も韓国の大会に出たらいい経験になるはずです。どんどん国際交流して欲しいですね。」と語った。




2009年05月12日

Giグラ&Giアマで2冠の湯浅麗歌子選手のインタビュー!


湯浅麗歌子選手(ポゴナ・クラブジム)

「ずっと水泳をやってたんですけど、途中で部活で柔道を始めました。

でも途中で嫌になってレスリングも一応やってたんですけど、それも嫌になって(笑)

いろんなものをやってて今の自分がいるかな、と思いますね。

柔術とグラップリングだったらグラップリングの方が好きです。

元々はバトラーツジムで練習してたんですがジムがなくなってしまったんでポゴナ・クラブジムに入会しました。

去年の7月ぐらいですね。

中学の頃にバトラーツジムに入りました。

でも行ったり行かなかったりで。

それで高校1年のときに何もやる気がなくなって一回全部辞めたんですね。

でもまたやろうかな、と思って練習を再開してから何かスイッチが入ったみたいで面白くなって。

それが高1の終わりぐらいのときですね。

今は格闘技が楽しくて試合も大好きです。

極めはいつも狙ってますよ。

試合に勝っても極めれないと「何が悪かったんだろう?」って思ってしまいますね。

勝ったとしてもポイント勝利だと悔しいです。

これからの目標はどんどん試合に出て極めて勝って有名になって「この子の試合をまた見たいな」って思われる選手になりたいです。」

湯浅麗歌子(ゆあさ りかこ)
所属:ポゴナ・クラブジム
生年月日:1991年4月12日
出身地:埼玉県
血液型:B型
身長:155cm
体重:55kg
必殺技:リカコスペシャル
趣味:ベースを弾くこと
特技:競泳
好きな食べ物:和菓子
嫌いな食べ物:トマト
好きな格闘家:山本KID徳郁選手
好きな有名人:大泉洋さん
ライバル:女子高生皆(スポーツをやっている人)



☆湯浅麗歌子選手のブログ『りかっくま(・囚・)の格闘体験記』はコチラから!


☆主催者発表の公式記録はコチラから!


2009年05月11日

Giグラ&Giアマ・女子の試合

今回のGiアマで女子のエントリーが少なく、白、青ともにワンマッチ決勝となってしまいました。

とくに青はギ、ノーギで同じ顔合わせで富松恵美選手(パラエストラ松戸)vs湯浅麗歌子選手(ポゴナ・クラブジム)の対戦でした。


富松選手はスマックガールやパンクラスに出場経験があるプロ選手で湯浅選手もグラップリングでプロのリングに参戦経験があります。

また湯浅選手は現役の女子高校生選手として最近注目の選手です。




女子アダルト青帯アブソリュート級
富松恵美選手(パラエストラ松戸)
vs
湯浅麗歌子選手(ポゴナ・クラブジム)
引き込んだ湯浅選手はスイープを狙います。




ホレッタ風のスイープ&マウントでポイント奪取!




腕十字を狙うもこれは極まらず。




ですが優位な試合展開のまま試合終了し大差のポイント判定で快勝です!




女子エキスパートアブソルート級
富松恵美選手(パラエストラ松戸)
vs
湯浅麗歌子選手(ポゴナ・クラブジム)
レスリング経験のある湯浅選手は素早いタックルでテイクダウンに成功!




「常に極めを意識している」という湯浅選手はまたも腕十字を狙いますがこれまた不発。




ですが潜りからのヒザ十字一閃!




これでタップを奪い、極めの強さを見せ一本勝利!




湯浅vs富松の2連戦は湯浅選手の2連勝という結果になりました!




女子アダルト白帯ガロ級は湯浅選手と同門の伊元涼子選手が優勝しています。



☆主催者発表の公式記録はコチラから!


2009年05月10日

ADCC2009本戦大会はスペインのバルセロナで開催決定!


9月に開催予定、とだけ告知されていたADCC本戦大会の開催国が正式に決定しました。

その国とは愛と情熱の国、スペインです!

今、このニュースを聞いた瞬間の自分の頭の中ではフレディ・マーキュリー&モンセラート・カバリエの「バルセロナ」が鳴り響いています!

この開催国決定に至るまでには多くの国からのオファーがあったようで、当初はNYやラスベガスでの開催が噂されていましたがADCCコミッティーの慎重な競技の結果、スペインのバルセロナでの開催になったようです。

バルセロナ、といえばサッカーや闘牛、古くはやオリンピックの開催国として知られており、大きな会場も多数あるので前回以上の大きな会場での開催になるでしょう。

また初のヨーロッパ地区での本戦開催となります。

これはADCCヨーロッパ代表で日本にも何度か来日経験のあるマルコ・レイステン氏の努力によるヨーロッパ全域でのADCC普及が大きい、と思います。

とにかく初のスペイン、今から楽しみです!

ベサメ、ムチーョ!

テ・キエロ・アモール!

ラ・イスラ・ボニータ!


2009年05月09日

Giアマオープンの試合の様子

Giアマオープンには黒帯の試合こそありませんでしたが、茶帯から青帯までまんべんなく参加者が集まり、各カテゴリーで熱戦が繰り広げられました。

最近は連盟主催大会やその他非公式試合の増加により1大会あたりの参加者は減少気味の傾向がありますが、それでも今大会のような柔術とノーギの試合を平行して行う大会スタイルは人気のようで、多くの選手が集まりました。

中には柔術とノーギの両方の試合に出場した選手もおり、試合に次ぐ試合で疲労困憊の選手もいました。

それでは試合を見ていきましょう。




アダルト茶プルーマ決勝戦
金古一朗(下・ポゴナ・クラブジム)
vs
阿部博之(Kz Factory)
金古選手がプロシューター・阿部選手を2度のスイープで降しました。




マスター茶ペナ決勝戦
佐野英司(下・PUREBRED京都)
vs
奥泉直也(PUREBREDアリーナ)
PUREBREDの支部同士の対戦はベテランの佐野選手がスイープを決め2−0で勝利です。




マスター茶アブソ決勝戦
鈴木広隆(上・総合格闘技STF)
vs
奥泉直也(PUREBREDアリーナ)
対格差のあるこの試合は鈴木選手が勝利して優勝を果たしました。




アダルト紫メイオペサード優勝は宇野御本書選手(パラエストラ千葉)。
かつてはイギリスのホジャー・グレイシーのアカデミーで修行していた宇野選手、階級アップを優勝で飾りました。




マスター紫プルーマのワンマッチ決勝を制したのは松本康雄選手(グラスコ柔術アカデミー)。




松本選手はアブソでも準優勝でした!
ちなみに優勝は早川信彦選手(パラエストラ東京)でした。




若干17歳でアジアチコを制した松本崇寿選手(パラエストラ川越)がレーヴィ級で出場し優勝、その後アブソでも優勝し最近の不調振りから脱却。
ちなみに6試合中5試合で一本勝利を挙げるなど極めの強さを見せつけました!


2009年05月08日

Giグラップリング・エキスパートの試合の様子

Giグラップリング・エキスパートではADCC日本予選優勝の八隅孝平選手(Lotusパラエストラ世田谷)が出場しました。

八隅選手は日本トップ選手として知られており、今大会でも期待通りの活躍を見せてくれました。

八隅選手は1回戦シードでいきなり決勝戦に登場、鈴木良治選手(パラエストラ吉祥寺)と戦いました。




エキスパートレーヴィ級決勝戦
八隅孝平選手(Lotusパラエストラ世田谷)
vs
鈴木良治選手(パラエストラ吉祥寺)
八隅選手とすずき選手はまず立ち技の攻防を展開しました。




八隅選手の応援では練習仲間の青木真也選手が駆けつけ声援を送っていました。




以外にも先に引き込んだのは八隅選手でした。
そこからスイープを仕掛けていきます。




アームドラッグ風にバックに回り込んでトップポジションに。




そしてパスを仕掛けつつポジショニングで優位に立ちポイントを重ねていきました。




一本こそ奪えませんでしたがポイント10-0で完勝でした!




村田卓実(和術慧舟會A3)
vs
水洗裕一郎(X-TREME柔術アカデミー)
互いにグラップリングで実績がある選手同士の対戦となった決勝戦。




引き込んだ水洗選手のガードにパスを仕掛け、嫌がったところでバックに付いた村田選手。




そこからバックマウント〜裸絞めで一本で勝利!




エキスパートペナ級は村田選手が優勝です。




村田選手はエキスパートアブソでも優勝、2冠に輝きました!




エキスパートメジオ級決勝は北岡悟選手(パンクラスism)が一本で勝利、ワンマッチ決勝を制しました。




エキスパートガロ級はプロシューターでもある阿部博之選手が優勝しています。




エキスパートペナ&メジオの両優勝者と主催者であるIF−PROJECT代表、安井祐太氏と。


2009年05月07日

Giグラップリング関東予選、優勝は北岡悟選手!

Giグラップリング関東予選には当日エントリーで北岡悟選手(パンクラスism)が出場しました。

北岡選手はGiアマ関東オープンのエキスパート・メジオ級でも一本で勝利していますがワンマッチだったのでこのトーナメントにも出場したそうです。

無差別で開催されたこのトーナメントでは全3試合を戦い、そのすべての秒殺一本勝利で制し格の違いを見せ付けました。



1回戦
vs平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
先制のタックルでテイクダウン!




そしてパスのアタックをかけつつ…




フィニッシュはギロチン!
1:43、秒殺でした!




準決勝
vs荒井勇二(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)
自分より大きな荒井選手に対しても自らテイクダウンを仕掛けていきました!




マット際でテイクダウンに成功すると…




そこからアキレス腱固めで一本!




なんと試合時間は15秒の速攻でした!




決勝戦
vs西林浩平(グラバカ柔術クラブ)




引き込んだ西林選手に対しパスガードを仕掛けていきます。




パスに成功して抑え込みから…




ノースサウスチョークで一本!




試合時間は1:48でした!




優勝  北岡悟(パンクラスism)
準優勝 西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)
3位  荒井勇二(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)
    安達明彦(パラエストラ松戸)


2009年05月06日

Gi2009関東予選に優勝した小室宏二選手のコメント!


「試合は疲れましたね。

練習不足だったので。

試合に出ようと思ったきっかけは3月に結婚したんですよ。

それで嫁が自分が柔道の高段者大会に出て自分より全然年上の趣味でやってるような人をいじめるように一本取ってるところしか見たことがない、と。

だから出たんですね。

そういう邪な動機からです(笑)

嫁はまあ喜んでくれてたとは思います。

柔道をやってる姿が好きだ、と言ってくれてたので。

今回は柔術だったんですがルールの違いはあまり気にしませんでしたね。

前も今もそうですけど、スイープで何点、バックマウントで何点だ、みたいに考えながらやると自分は弱いんだ、っていうことに気づいたんですよ。

だからポイントのことはまったく気にせずにやりました。

いつもやってる柔道の寝技と同じことをやったんで。

柔術の試合に出ることで得られるものは緊張感のコントロールですね。

やはり久しぶりだったんで余計に力が入ったりしたんですけどそのスリルというかコントロールができたのがよかったです。

試合でしか得られないものってありますよね?

そういうのを身を持って経験しつつ、そういうのを下の子に伝えていければな、と思います。

今はまた中学、高校の教師に戻って教員になったんですよ。

講道館は3月で退職しました。

元々教師になりたかったんで。

高校では保健体育を教えています。

柔道は残念ながらまだ「部」ではなく同好会なんですよ、人数が足りなくて(苦笑)

あと一人部員を確保して同好会から部にするのが当面の目標です(笑)

今回の試合に出た理由がもうひとつあって今、晋遊舎さんで本とDVDを作ってるんですよ、コムロック2の。

そこに収録してる技を実際に使って極めたかったんですよ。

実際に使えるんだぞって証明したくて。昔の技よりもさらに進化してますしね。

その本とDVDも期待して欲しいと思います。」




2009年05月05日

Gi2009関東予選、小室宏二選手が優勝!

Gi2009関東予選に久しぶりに出場した小室宏二選手(RJJ)。

小室選手は柔道五段という腕前で柔道の強豪として知られていますが、これまでもたびたび柔術の試合に出場してきました。

ですが講道館の職員になったことで最近は柔術は練習のみ、という状況でした。

そんな中、教員試験に合格し講道館を退職した小室選手はこれまでのような制約がなくなり今回の試合出場になったようです。


無差別で開催されるこのトーナメントで体重はペナ級の小室選手は苦戦するかと思われましたが、終わってみれば全試合を一本で勝利するという圧勝の内容で終わりました。



1回戦
vs井出学(グレイシーバッハ東京)




小室選手得意のパターン、投げからの腕十字で一本!




試合時間はわずか43秒でした!




準決勝
板羽晃司(パラエストラ吉祥寺)




引き込んだ板羽選手がなんとスイープで先制!




そこからスイープで返して最後は時計絞めで一本!




試合時間は3:33でした!




決勝戦
平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)




グラップリングにも出場していた平尾選手は引き込みますが、小室選手はパスに成功。



そしてマウントに移行して…




最後は伝家の宝刀、袖車で一本!




試合時間は1:11、3試合連続で極めきって優勝を果たしました!




優勝  小室宏二(RJJ)
準優勝 平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
3位  板羽晃司(パラエストラ吉祥寺)
    荒井勇二(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)


2009年05月04日

Giグラップリング&Gi2009関東予選・主な結果

5/4(月・祝日)、光が丘体育館で開催された「Giグラップリング&Gi2009関東予選」の主な結果です。


★Giグラップリング関東予選


優勝  北岡悟(パンクラスism)
準優勝 西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)
3位  荒井勇二(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)
    安達明彦(パラエストラ松戸)



★Gi2009関東予選


優勝  小室宏二(RJJ)
準優勝 平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
3位  板羽晃司(パラエストラ吉祥寺)
    荒井勇二(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)


★Giグラップリング・優勝者
☆アダルトエキスパート
ガロ 
阿部博之(Kz Factory)

ペナ
村田卓美(和術慧舟會A3)

レーヴィ
八隅孝平(ロータスパラエストラ世田谷)

メジオ
北岡悟(パンクラスism)

アブソ
村田卓美(和術慧舟會A3)


☆女子エキスパート
アブソ
湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)

★Gi2009関東
☆アダルト茶
プルーマ
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)

☆マスター茶
ペナ
佐野英司(ピュアブレッド京都)

アブソ
鈴木広隆(総合格闘技STF)

☆アダルト紫
プルーマ
白木健太(パラエストラ柏)

ペナ
平田勝裕(パラエストラ川越)

レーヴィ
土橋隆行(ねわざワールド千葉)

メイオペサード
宇野御本書(パラエストラ千葉)

アブソ
土橋隆行(ねわざワールド千葉)

☆女子アダルト青
アブソ
湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)



湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)