English Portugues Japanese

2009年06月

2009年06月12日

格闘王国にムンジアルレポートを寄稿

★格闘王国にムンジアルレポートを寄稿しました。

コチラコチラから!





2009年06月11日

ムンジアル2009:黒プルーマ決勝戦

物議を醸した黒プルーマ決勝戦。

勝ち上がってきたのはペナから1階級落としてきたギリャルミ・メンデス(ATOS)、ギィは今大会は初めて黒帯を巻いて出場の新鋭。

ですがこれまで青、紫、茶と4年連続でムンジアル王者となっていて今回優勝したら5年連続優勝という快挙達成です。

対するは昨年度の王者、サムエル・ブラガ(バッハ)。

サムエルもガロ(2005)&プルーマ(2008)で黒帯2階級制覇を果たしている強豪選手です。

まさに狄訓vsベテラン瓩凌渕阿箸覆辰新莨\錣陵融劼鮠匆陲靴泙后




互いに引き込んだ状態からギィがギィがトップから攻める展開に。
これでギィがアドバンテージ1を先制。




ギィ・メンデス、初めて黒帯でムンジアルに出場もすんなりと決勝戦に進出。




サムエルも3年連続の決勝戦進出を果たしています。
ちなみにサムエルが着てるのは「Shoyoroll」というニューブランドのギ。




デラヒーバガードから足関節&スイープを狙います。




ややヒールホールドのようにも見えなくもないですが反則にはならず。




それを潰して防御、ヒザでプレッシャーをかけていきます。




これが問題のシーン。
ギィがサムエルのズボン&パンツを引き上げてます。
ケツが露になり観客からは笑いが起こりました。




それを見かねたレフェリーが1度はタイムをかけて直す場面も。




それでもまたギィは同じことを繰り返しこの状態。
モロ出しです!




サムエルはプレッシャーが強いためか動けずそのままタイムアップ!




ポイント0−0、アドバンテージ1−0でギィ勝利!




勝ったギィはバッハ勢が陣取る観客席に向かって刀で切るパフォーマンス!
このパフォーマンスはアトスの定番でルーカス・レプリに勝った後にドゥリーニョもやっていました。




アトスとは「三銃士」の剣士の名前で、そこからこのパフォーマンスが始まったようです。
アカデミー・ロゴも剣と盾がデザインされています。




そのパフォーマンスの最中にサムエルがギィを突き飛ばす!




怒り心頭のサムエル!




テメー、フザけんな!と猛抗議!




ビビってひるむギィ!




なにはともわれ、ギィが黒帯で初優勝、ムンジアル5連続優勝を果たしました!




プルーマ
優勝 ギリャルメ・メンデス(ATOS)
3位 カルロス・ヴィレイラ(チェックマット)、ダニエル・ベレーザ(アカデミー・オブ・コンバチブ)
☆準優勝のサムエル・ブラガは試合後の暴力行為で入賞剥奪



2009年06月10日

準優勝剥奪のサムエル・ブラガ!


昨年のムンジアル優勝者のサムエル・ブラガは今年も順調に勝ち上がり決勝戦に進出しました。

そこでギィ・メンデスと戦いましたが、その試合中からサムエルはギィに不快感を表していました。

なぜならギィはサムエルのガードをズボンを引いてディフェンスしていたのですが、その時にズボンだけでなくアンダーウェアをも一緒に引き上げており、サムエルのケツが丸出しになっていたのです。

そしてそのケツをまるで四方に見せるかのように動き(ただディフェンスしてただけでしょうが)、このことをサムエルは「バカにされてる」と受け取ったようです。

さらに試合終了直後にバッハ勢が陣取る観客席に向かい、侍のように刀で切るパフォーマンス。

試合中でのこともあり、そのパフォーマンスに怒ったサムエルがギィを突き飛ばしてしまいます。

その行為が「非紳士的な行為」としてIBJJFから咎められて順位剥奪、という結果になってしまいました。

ですがギィがやった試合中のケツ出し行為はまだ攻防でのこととして弁解の余地はありますが、このパフォーマンスはただ相手チームを挑発するだけのことでいただけません。

サムエルがギィ突き飛ばしたときにはバッハ勢の隣に陣取っていたアリアンシ勢や他の観客もサムエルに喝采を送っていました。

それぐらいあのパフォーマンスは観客に不快な印象を与えていたのです。

試合後のサムエルのコメントです。

「あいつは対戦相手にリスペクトがないよ!

オレのギを脱がせてケツを見せることになんの意味がある?

ギのパンツだけならわかるよ、でもそうじゃない。

アンダーウェアまで脱がすことはないじゃないか。

それがテクニックなのか?

まったくバカげてる!

それにあのパフォーマンスだ!

あれには完全に頭にきたよ!

試合が終わったらノーサイドで相手に敬意を表して称えあうのがスポーツなんじゃないのか?

あいつからは尊敬の念のカケラも感じられないよ!

本当にふざけるのもいい加減にしろ!って気持ちさ。

確かに突き飛ばしたことはオレが悪かった。

そのことは謝りたい。

でもあのパフォーマンスには本当に我慢ならなかったんだ!」


このように試合中での行為や試合終了後のパフォーマンスにキレたことを明かしたサムエル。

それが結果的に順位剥奪という結果になったのですが、自業自得とはいえちょっとかわいそうな気がします。


個人的にもこの度を過ぎたパフォーマンスは多少、不快感が残りました。

対戦相手に勝利したあとにさらに侮辱とも取れる行為をするのはサムエルの言うとおり敬意のカケラも無いと思われても仕方がありません。

この刀で相手を切るパフォーマンスはルーカス・レプリを降した直後のドゥリーニョもやってブーイングを浴びていました。

実は去年もブルニーニョが負けた直後に相手側の観客席に対し中指を突き立てる行為をしていました。

ギィ、ドゥリーニョにブルニーニョはみんなATOSのハモン・レモス・アカデミー所属で、どうもハモンのアカデミーは品位に欠ける部分があるな、という印象を持ってしまいました。

彼らはみな20代前半と若い選手で、若さがゆえの暴走、といってしまえばそれまでですが、そこらへんも師であるハモンには指導して欲しいと思います。

強いだけであとはやりたい放題、では尊敬できません。

この不遜な行為でギィも多方面に悪い印象を与えてしまったのは紛れもない事実ですから。






カリーニョス、マーシオ&ヘンゾ!


ムンジアルの表彰式のときに写真を撮っていたらマーシオに声を掛けられました。

「ヘイ、ちょっと写真撮ってくんないか?

カリーニョスとヘンゾと3人で…。

あとで送ってくれよ!」

と。

もちろん快諾して送りましたが、何でわざわざ?と思っていたら…。

実はこの写真には深〜いワケがあるんです。

現在、マーシオはキーラととっくに別れててカリーニョスの娘、キャロラインと交際中。

んでヘンゾはキーラの後見人的存在の伯父。

今回のムンジアルでもキーラの声援で大声を張り上げていました。

ヘンゾにはキーラを捨ててキャロラインに乗り換えたマーシオをよく思ってないのでは?と。

なんとなくですがヘンゾとマーシオの間に微妙な空気が流れてたような気がしてたんです。

マーシオがよそよそしい、というか…。

そこで3人で写真を撮って双方と良好な関係をアピールするんじゃないかな、と勝手に想像してるんですが、どうでしょう。

ま、あくまでも自分の想像なんで真相はマーシオに聞かないとわかりませんね。

ちなみにカリーニョスは現在、前妻と別れて20代前半の若い奥さんと再婚、今年初旬に赤ちゃんが生まれたばかり!

自分の娘と数歳しか変わらない嫁をもらうなんてさすがグレイシー!

グレイシーは何人もの奥さんを抱えて子供を作りまくって現在の繁栄がありますからね。

まさにグレイシー・ウェイ!

つーか、マーシオもキーラからキャロラインにいくなんて、ある意味グレイシーハンターですね

マーシオ、恐るべし!





ムンジアル2009:女子表彰台


プルーマ
優勝 レティシア・ヒベイロ(ウマイタ)
準優勝 ミッシェル・ニコリニ・ドライスデール(ドライスデール柔術)
3位 クラウディア・マルティネス(Cクエンス柔術)、ナイジャー・イーストン(ロイド・アーヴィン)




ペナ
優勝 ビアンカ・バヘット(バッハ)
準優勝 塩田さやか(AACC)
3位 ジェニファー・ペトリナ(ウマイタ)、ファビアナ・ボルジェス(バッハ)




レーヴィ
優勝 ルアナ・アズギエル(アリアンシ)
準優勝 キーラ・グレイシー(バッハ)
3位 ジュリアナ・ボルジェス(ATT)、アナ・キャリリーナ・ヴィタウ(ウマイタ)




メジオ
優勝 アネッチ・エスタッキ(アンドレ・ネガオン)
準優勝 モニカ・ヴァネッサ・シウバ(アンドロ・ベラ・フリオ・ポジム)
3位 シャンチ・アベーリャ(チェックマット)、アナ・マリア・ソアレス(チェックマット)




メイオペサード
優勝 ペニー・トーマス(ウマイタ)
準優勝 ヴァレリー・ワシントン(カーウソン・グレイシー・チーム)
3位 キャロライン・ラセール(スール柔術)、フェルンアンダ・マゼリ(アギナルド・ゴエス)




ペサド
優勝 ラナ・ステファナック(トリニティBJJ)
準優勝 ルシアナ・ディアス(ウマイタ)
3位 ダイアナ・デ・ソウザ・メネゼス(ボンサイ)、エミリー・ウェッツェル(カーウソン・グレイシー・チーム)




アブソ
優勝 ラナ・ステファナック(トリニティBJJ)
準優勝 キーラ・グレイシー(バッハ)
3位 ガブリエル・ガルシア(アリアンシ)、ペニー・トーマス(ウマイタ)






2009年06月09日

ムンジアル2009:黒帯表彰台


ガロ
優勝 ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)
準優勝 カイオ・テハ(ブラザ)
3位 ベルナルド・ピテウ(ノヴァウニオン)、フェリッペ・コスタ(ブラザ)




プルーマ
優勝 ギリャルメ・メンデス(ATOS)
3位 カルロス・ヴィレイラ(チェックマット)、ダニエル・ベレーザ(アカデミー・オブ・コンバチブ)☆準優勝のサムエル・ブラガは試合後の暴力行為で入賞剥奪




ペナ
優勝 フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘
準優勝 ブルーノ・フラザト(ATOS)
3位 ハファエル・メンデス(ATOS)、マリオ・ヘイス(バッハ)




レーヴィ
優勝 マイケル・ランギ(アリアンシ)
準優勝 ジルベルト・バーンズ爛疋ゥ蝓璽縫膈瓠ATOS)
3位 フェリッペ・デラモニカ(バッハ)、ハファエル・バルボーサ(ソウルファイターズ)




メジオ
優勝 マルセロ・ガルシア(アリアンシ)
準優勝 セルジオ・モラエス(アリアンシ)
3位 ルーカス・レイチ(チェックマット)、アラン・ド・ナシメント(チェックマット)




メイオペサード
優勝 ホムロ・バハル(バッハ)
準優勝 タルシス・フンフェリー(アリアンシ)
3位 オタービオ・ソウザ(バッハ)、ヴィトー・エスティマ(バッハ)




ペサード
優勝 ブラウリオ・エスティマ(グレイシーバッハ)
準優勝 アレッシャンドレ・ソウザ(グレイシーフロリアノポリス)
3位 アレッシャンドレ・セコーニ(ヒリオン・グレイシー)、ハファエル・ヘイス(ウマイタ)




スペルペサード
優勝 ホジャー・グレイシー(バッハ)
準優勝 ヒカルド・ゴンザレス(ノヴァウニオン)
3位 チアゴ・ガイア(ノヴァウニオン)、ベルナルド・ファリア(アリアンシ)




ペサディシモ
優勝 ガブリエル・ベラ(アリアンシ)
準優勝 ホドリゴ・カバカ(チェックマット)
3位 マーシオ・コウレタ(ベーリンギ)、アンドレ・デ・フレイタス(シーザーグレイシー)




アブソルート
優勝 ホジャー・グレイシー(バッハ)
準優勝 ホムロ・バハル(バッハ)
3位 クラウジオ・カラザンス(ATOS)、ガブリエル・ベラ(アリアンシ)





★出場選手募集中!★

6/21(日)「reversaling!!! COPA REDIPS 2009」
出場はコチラから!





★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#146
特集「This ain't Disneyland!」
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!




☆会員募集中☆初心者にも親切指導☆
「ジュエルス格闘技スタジオ@MUSE」
お知らせブログはコチラから!



★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






2009年06月08日

速報・決勝戦の結果




ガロ
カイオ・テハvsブルーノ・マルファシーニ
0−2

プルーマ
サムエル・ブラガvsギリャルメ・メンデス
0−0、0−1

ペナ
ブルーノ・フラザトvsコブリンヤ
0−0、0−0、レフェリー判定でコブリンヤ


レーヴィ
マイケル・ランギvsジルベルト・ドゥリーニョ
9−2

メジオ
セルジオ・モラエスvsマルセロ・ガルシア
同門のため戦わずマルセリーニョ優勝

メイオ
ホムロ・バハルvsタルシス・フンフェリー
0−0、0−0でレフェリー判定でホムロ・バハル

ペサード
アレッシャンドリ・ソウザvsブラウリオ・エスティマ
0−2

スペルペサード
ヒカルド・ゴンザレスvsホジャー・グレイシー
4:06、マウントからの絞めでホジャー勝利

ペサディシモ
ガブリエル・ベラvsホドリゴ・カバカ
0−0、2−0

アブソルート
ホジャー・グレイシーvsホムロ・バハル
9:31、マウントからの絞めでホジャー勝利


女子
プルーマ
ミッシェル・ニコリニvsレティシア・ヒベイロ
2−2、2−4

ペナ
ビアンカ・バヘットvs塩田さやか
0:30、腕十字でビアンカ勝利

レーヴィ
ルアナ・アズギエルvsキーラ・グレイシー
4−2

メジオ
アネッチ・クアドロスvs?
2−0

メイオペサード
ペニー・トーマスvs?
8:16、送り襟絞め

ペサード
ラナ・ステファナックvsルチアナ・ディアス
7:15、キムラでラナ勝利

アブソ
ラナ・ステファナックvsキーラ・グレイシー
5−2




速報3

ルーカスVSクロン
2-0

マルセリーニョVSチアゴ・アウベス
0-0、3-0

ティコシオVSセルジーニョ
4-4、0-2

フィホVS?
6-2

ヴィトー・エスティマVS?
2-0

ホミーニョVS?
6-0

オタービオ・ソウザVS?
2-0

グレゴー・グレイシーVSタルシス
0-2

ピンネイロVSブラウリオ
2:48 三角絞め

ホジャー・グレイシーVSブルーノ・バストス
7:00、絞めでホジャー勝利

マルセリーニョVSルーカス
6-0

フィホVSセルジーニョ
8:00 絞めでセルジーニョ勝利

ホミーニョVSヴィトー・エスティマ
3:39 絞めでホミーニョ勝利

オタービオ・ソウザVSタルシス
0:54 アキレスでタルシス勝利

ブラウリオVS?
4:25 絞めでブラウリオ勝利

フェルナンドVSホジャー
2:13 絞めでホジャー勝利

ホドリゴ・カバカVSマーシオ・コウレタ
0-0、3-2

ロバトVS?
0-2


速報2

エスキジートVSバラタ
6-0

マリオVSハニエリ
2-2、4-0

ブルニーニョVSジョナタス
2-2、3-0

ハファVSエスコヘーガ
4-0

コブリンヤVSメガトン
6:22 絞めでコブリンヤ勝ち

ドゥリーニョVSバッハの選手
1:47 チョークでドゥリーニョ勝利

ハファエル・フォーミガVSアマゾンに勝ったバッハの選手
2-0

マイケル・ランギVSグスタボ・メンデス
4-4、1-0

カイオ・テハVSピテウ
2:44、アンクルでカイオ勝利

ピテウVSフェリッペ
3:37、腕十字でピテウ勝利

エスキジートVSハファ・メンデス
0-0、0-1

マリオ・へイスVSブルニーニョ
0-2

ハファ・メンデスVSコブリンヤ
4-4、1-1、レフェリー判定でコブリンヤ勝利

ハファエル・フォーミガVSドゥリーニョ
2-10

マイケル・ランギVSフェリッペ・デラモニカ
4-2


ムンジアル速報

黒ガロ
大賀vsブルーノ
1:23、絞めでブルーノ勝利

澤田vsピテウ
17-2でピテウ勝利

黒プルーマ

ジョンパウロvsダニエル・ベレーザ
0:52、絞めでダニエル勝利

日本人選手は全滅です!


2009年06月07日

3日目の日本人選手の結果速報!

茶メジオ・磯野選手、初戦敗退。

黒プルーマ、ジョン・パウロ選手、ベスト8進出。

黒プルーマ、生田選手、1回戦を腕十字で一本勝利、2回戦、パブロ・サントスにバックから送り襟絞めで一本負け。

黒プルーマ、吉岡選手、1回戦、ハファエル・フレイタス爛丱薀伸瓩烹押檻阿波縦衂蕕院

黒プルーマ、マウリシオ・ソウザ選手、腕十字で一本負けで初戦敗退。

黒ペナ、佐々選手1回戦13−0で判定勝利、2回戦でコブリンヤに送り襟絞めで一本負け。

黒ペナ、関口和正選手、1回戦敗退。

黒ペナ、柿澤選手、1回戦でブルーノ・フラザトに判定負け。

黒ペナ、植松選手、1回戦でガブリエル・ウゥルコックスに判定負け、アブソは1回戦でエジソン・ジニスに6−0で判定負け。。

黒ペナ、中山巧選手、マリオ・ヘイスに三角絞めで一本負け、初戦敗退。

黒レーヴィ、杉江アマゾン選手、1回戦でバックアからの送り襟絞めで一本勝利、2回戦、バッハの選手に絞めで一本負け。

黒レーヴィ、中山徹選手、1回戦は絞めで一本勝利、2回戦でマイケル・ランギに送り襟絞めで一本負け。

黒メジオ、時任選手1回戦、ホレッタからのヒザ十字で一本勝ち、2回戦でセルジオ・モラエスに腕十字で一本負け。

黒メジオ、マルコス・ソウザは1回戦でグットー・カンポスに2−2、アドバンテージ2−1で初戦敗退、アブソはレフェリー判定負けで初戦敗退。


黒アブソ、新川選手、岡選手ともに1回戦で一本負けで初戦敗退。

女子・茶黒ペナ、塩田さやか選手、1回戦でファビアナ・ボルゲスにヒザ十字で一本勝利、アブソでは2回戦でキーラ・グレイシーに三角絞めで一本負け。

このように日本勢は勝ち残ってる選手は今日試合のなかったガロ級の選手とジョン・パウロ選手、塩田さやか選手のみという惨敗といっていい結果になってしまいました。

佐々選手の一本負けは「人生初」らしく「コブリンヤの強さは想像以上。次にやっても勝てる気がしない。もう柔術をやめたくなった。」と言わしめるほどの衝撃でした。

また吉岡選手の初戦敗退、アマゾン選手の一本負けも予測できないものでした。

これらの試合の詳細は後ほど更新します!





★出場選手募集中!★

6/21(日)「reversaling!!! COPA REDIPS 2009」
出場はコチラから!





★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#146
特集「This ain't Disneyland!」
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!




☆会員募集中☆初心者にも親切指導☆
「ジュエルス格闘技スタジオ@MUSE」
お知らせブログはコチラから!



★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






ムンジアル2日目:日本人選手の結果・茶帯

ムンジアル2日目、茶帯のカテゴリーに出場した日本人選手の結果です。



茶プルーマに出場の芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)。
初戦をテイクダウンで2−0で突破!



2回戦で2−2、1−0で敗退でした。




茶ペナに出場の嶌崎公次選手(クラブバーバリアン)。




3回戦で優勝したザック・マックスウェルの三角絞めで一本負け。




茶ペナ&アブソに出場の塚田市太郎選手(ノヴァウニオン)はともに1回戦敗退でした。




茶ガロに出場の伊東圭選手(AXIS柔術アカデミー)は決勝で大差の判定負けも準優勝で銀メダル!





2009年06月06日

ムンジアル2日目の主な結果

732eb4a9.JPG紫ガロ・岡村和佳選手は優勝した選手に1回戦で当たり初戦敗退。

紫ガロ・鶴巻選手、2回戦敗退。

紫ガロ・江崎選手、2回戦敗退。

紫ガロ・村松選手、1回戦シード、2回戦敗退。

紫ペナ・中塚選手、1回戦不戦勝、3回戦敗退。

紫レーヴィ、ホベルト・ソウザ選手優勝!

紫メジオ、フェルナンド・ヴァレンベン、1回戦敗退。

女子紫ペナ&アブソ、高橋美季選手、初戦敗退。

女子紫メイオペサード・江本敦子選手、初戦敗退、アブソ2回戦敗退。

茶ガロ・伊東圭選手、準優勝。

茶プルーマ・柴本選手、初戦敗退。

茶ペナ、島崎選手、3回戦で優勝したザック・マックスウェルに敗退。

茶ペナ&アブソ、塚田市太郎選手、初戦敗退。

茶ガロ、ハイファン・バルボーサ、決勝で伊東選手に30-0で優勝、3位は韓国人のカン・ソンシル。。

茶プルーマ、アリ・ファリアス、4試合連続一本勝利で優勝。

茶ペナ、ザック・マックスウエル優勝、準優勝は元パラエストラ岐阜・現ATOS柔術のエドゥアルド・ラモス。

茶アブソ、レオナルド・ノゲイラが優勝、カイロン・グレイシーは準優勝。

女子紫メジオ、ヒラリー・ウイリアムス優勝。

女子紫レーヴィ&アブソ、ベアトリス・メスキータが2階級制覇。


★画像は59人の過酷なトーナメントで勝ちあがったホベルト・ソウザ選手。

6試合中、4試合で一本勝利でした!




2009年06月05日

直前インタビュー:岡村和佳

本日、これから試合に出場する岡村選手の直前インタビューです!

岡村選手は2年前のムンジアルも今回と同じカテゴリーである紫ガロに出場し、準優勝しています。

今回、ムンジアルに出場するにあたり中井先生から茶帯での出場を勧められるもそれを断り、あえて同じカテゴリーでる紫ガロに出場します!



岡村和佳(パラエストラ東京)
「ムンジアルは2年前に出場した時に負けてしまったのと、サラリーマンなので日程的に来年以降必ずムンジアルに行けるとは限らないので後々、後悔したくなかったので行ける時に出場したいと思い、出場を決意しました。

練習はパラエストラ東京で週3くらいの柔術練習と、残業等で練習時間に間に合わない時は30〜40分程度ランニングしてきました。

減量は通常体重より1〜2kg落とすだけなので試合前の食事で野菜を多く取り炭水化物を控えめにすればスムーズに落ちるので難しくはないですね。

取りあえず今は自分の事で精一杯ですが、普段稽古をつけて下さるパラエストラのみなさん、並びに昼柔術での所属道場の垣根を越えて練習して戴く方々の試合には微力ながら応援したいと思っています。

試合はまず負けたくないです。

そして今現在で自分の持てるものをぶつけたいです。

ムンジアルという舞台は柔術競技としての大会だと考えていますので、結果が全てだと思います。

まずは初戦をどんな形でも良いから勝ちに行きます!」


ボンサイ3兄弟が最終調整!


日本のブルテリア・ボンサイアカデミーから出場する、日系ブラジリアン人選手のボンサイ3兄弟が最終調整を行いました!

彼らはムンジアル出場に先駆けて1度ブラジルに戻り、そこでアメリカビザを取得してからロス入りしてきたそうです。

練習場所は「代表が知り合い」(マウリシオ・談)というレドンドビーチのマチャド・アカデミーです。

ここで3兄弟&2人の女子選手の5人で約1時間に渡り汗を流していました。

ではこの5選手のコメントを紹介します。




マウリシオ・ソウザ
黒プルーマに出場の3兄弟の長男、マウリシオ。
まだ2キロの減量があるそうです。
「久しぶりのムンジアルだからプルーマにしたんだ。次に出るときはペナにしたいね。でもコブリンヤとかブルーノ・フラザトがいるからね…。ムズかしいな。」




マルコス・ソウザ

次男、マルキーニョスは難関カテゴリー、黒メジオに出場します!
「みんな強い選手ばかり!でもできる限りのことをするよ。頑張る!」




ホベルト・ソウザ


3男のホベルト、通称サトシ。
アブダビ・プロ柔術でマイケル・ランギに肉薄した実力をムンジアルで発揮できるでしょうか?!

「まだヒザが万全じゃないけど調子は悪くないよ。絶対優勝するから見てて!」




ダイアナ・メネセス

ブラジレイロのペサード&アブソの2階級制覇チャンピオンのダイアナ。いかにも強そうな顔してます!ちょっとアメージング・コングにも似てると思うのですが、そうでしょうか?!




ビアンカ・カンピオン


ハイアン・アカデミーの紫帯、ビアンカ。グスタボ・カポエイラとセルシーニョに師事する26歳。一生懸命にマルキーニョスに教わってました。




アカデミー内の様子。
とても大きなアカデミーです。
さすがアメリカ!




3兄弟でスパー!
柔らかい動きながら10分以上は動きっぱなしでした。



マットは柱を境にして2面あります。
反対側もこの広さ!




マルキーニョスはビアンカにていねいに教えてあげてました。
ナイスガイ!




マルキーニョスvsマウリシオ!
テクニカルなスパーで見応えがありました!




RIGAN MACHADO BRAZILIAN JIU-JITSU ACADEMY
2416 Artesia BLVD,REDONDO BEACH,CA 90278
(310)376-2953


白ガロの梅沢選手!

日本人で一番最初に試合をしたのは昨日、直前インタビューで紹介した梅沢選手でした。

梅沢選手は今までいくつかの大会に出場していますが、いまだに優勝経験はありませんでした。

今回は初優勝を目指してロスまで来ました!


ムンジアルの開幕中に開催される「ノービス・インターナショナル」という白帯トーナメントに出場の梅沢選手は9時が集合時間でしたが勢い余って1時間も前に会場入り。

前日から何度も体重計に乗り体重もばっちり。

気合充分です!

さて試合はどうだったでしょうか?!




白ガロに出場の梅沢選手。
相手はアブドーラというクェート出身の選手です。
引き込まれてパスを狙いますが、なかなかガードを割れません。
試合終了間際、やっとガードを割ることに成功!
果敢にレオパスにいくも、そこで無念のタイムアップ!



互いにノーアドバンテージ、ノーポイントのまま試合終了。
梅沢選手はレフェリー判定負けでした…。




「何しにロスまで来たんだ…」とガックリの梅沢選手。
ちなみに梅沢選手に勝った選手は次の試合で負けてました。
それを見て「どっちにしろダメでしたね…。」と、またもガックリ。
アサイーをヤケ食いしてました!




グレイシーマガジンンの「なんで負けたのか?」特集号を手に無念の表情の梅沢選手!



メキシカンレストランでも浮かない顔!
しょっぱい!
ウメだけに…。




ムンジアル2009、開幕!

さあ遂に開幕した柔術界最高峰の大会、ムンジアル!

会場はいつもお馴染みのロングビーチ・ピラミッドです。

まずは会場の様子から紹介します!




カリフォルニア州立大学の体育館が会場です。




これがピラミッド!
この中で試合が開催されてます。





中はこんな感じ。
朝イチで行ったのでまだ誰もいません。




今年から色帯の試合でも入場料がかかるようになりました。
チケットは$10で入場時に手の甲にスタンプが押されます。




マットコンディショナーと呼ばれる誘導係。
その中には世界王者、ファビアナ・ボルジェスも働いてました。




試合中の様子。
マットは8面で今日は白帯と青帯の試合が行われました。




なんと得点板がこれまで決勝戦でしか使われてなかったモニターのものになってました!




表彰台。
今年は何人の日本人選手がこの上に上がることができるでしょうか?!




2009年06月04日

ムンジアルの見所:黒メジオ

黒メジオの見所です。

今年の黒メジオの注目はあのマルセリーニョの2006年以来、実に3年ぶりとなるムンジアル出場でしょう。

マルセリーニョは今大会に先立ってアブダビ・プロ柔術に出場しましたが、その大会では階級別&無差別とも優勝できませんでした。

このムンジアルではマルセリーニョ不在の間に多くの選手が台頭してきたので新世代選手との対戦が楽しみです!

それでは主な出場選手を紹介します。




マルセロ・ガルシア(アリアンシ)

マルセリーニョが遂にロングビーチのマットに立ちます!このムンジアルの会場のロングビーチといえば2005年のアブダビ・ロス大会が開催された場所で、ここでマルセリーニョがまさに神のごとき活躍をしてマルセロ・ガルシアという選手の存在を世界中に知らしめました。特にアブソでのvsリコ・ロドリゲス戦は反則気味な攻撃をされながらも逆転の一本勝利で場内の喝采を浴びていたのは今でも忘れられません。そのゲンぼいい場所であるロングビーチ・ピラミッドでどんな活躍をしてくれるのか楽しみです。



セルジオ・モラエス(アリアンシ)

マルセリーニョの同門選手のセルジーニョは昨年のムンジアルであのクロン・グレイシーから初の一本勝利を果たしそのままの勢いで優勝、一躍犹の人瓩箸覆蠅泙靴拭今年もムンジアル優勝候補の一角であるのは言うまでもありません。




エジソン・ジニス(ATT)

懐かしいエジソン・ジニスもムンジアル出場です。かつてはペナ級の選手でしたが今はメジオ…。往年の名選手がどこまでいけるか?!




クラウジオ・カラザンス(中央・ATOS)

アブダビ・プロ柔術にも出場していたカラザンスはムンジアルでは3位が最高位ですがコパドムンドでは優勝したことがある隠れた実力者です。メンデス兄弟やブルニーニョが所属するATOSに移籍してからどれだけ実力が伸びたでしょうか。




グスタボ・カンポス(ATOS)
元BTT〜ヒクソン〜ATOSとこの2年でこれだけ所属の変わった選手も珍しい。2006年のコパドムンドではアンドレ・ガウヴァオンを降して優勝、2008年のパンナムでもオタービオ・ソウザを降して優勝しており、なかなか侮れません。



チアゴ・アウベス(バルボーサ)

ボンバヘッドが印象的なチアゴ。陽気な性格でカタコトの日本語で話しかけてくるナイスガイですがメジオに階級アップしてからは実績を残せないでいます。トップ選手なのは間違いないですが「金がないからこのキモノを買ってくれ!」と会場内でキモノを手売りしてた姿は哀愁を誘いました…。




マルコス・ソウザ(ボンサイ)

日本からマルキーニョスがムンジアル出場です。マルキーニョスはすっかり日本に馴染んでいるので、こうやってムンジアルで試合を見るのは新鮮な感じがします。が、アジアチコやアブダビ・プロ柔術予選など、いいとこまでいくのに負けちゃう、ってのはどうにかならないんでしょうか。



アラン・ド・ナシメント爛侫ホ瓠淵船Д奪マット)

ヨーロピアン王者、フィホ。昨年のムンジアルではビル・クーパーの速攻の前に一本負けしてましたが、今大会ではどうなるでしょうか。爛謄譽譯伽き瓩秘陲錣譴秦農欧蕕靴ち納舛了ち主だけに、いつブレイクしてもおかしくありません。




ルーカス・レイチ(チェックマット)

眉毛繋がり男、ルーカス・レイチ。2007年のムンジアル優勝以来、やや低迷していた感がありましたが今年のパンナムでクロンを降して優勝し、それを脱却。今大会でも活躍が期待されます。ルーカスのハーフからのスイープは絶品です!



カルロス・ディエゴ(クルービ・ピニャ)

マナウスから出場のディエゴはパン選手権にも出場していて、ビル・クーパーに勝利するなどして3位入賞を果たし、いい動きを見せていました。マナウスの選手は無名ながらも強い、という選手が多いので要注意です!




アウグスト・ヴィレイラ爛謄コシーオ瓠淵丱奪蓮

最近その存在が注目され始めたティコシーオは元ドラクリーノの門下生で現在はNYのヘンゾ・アカデミーの所属選手です。ドラクリーノ門下生には強豪選手が多いのですが、このティコシーオもそれに漏れることなく強豪といっていい選手に育っています。パン選手権では優勝したルーカスが「一番強かった!」とコメントしていました。




クロン・グレイシー(グレイシーウマイタ)

色帯時代は一本での連勝記録を続けていましたが黒帯に昇格してからは逆に一本負けをし、約半年間に渡り沈黙。今年になってからヨーロピアンに出場し優勝を果たすと続けてパン選手権にも出場するも準優勝に終わりました。かつての神懸かり的な強さはありませんが、それでもコンスタントに一本勝利を量産してるのは凄いです。黒帯2年目の今年は正念場でしょう。




マイク・ファウラー(ロイド・アーヴィン)

アジアチコ・アブソ王者、マイク・ファウラー。マイクもムンジアルではベスト8が最高位でいまひとつ活躍できないでいます。またマイクといえば有名なのが「毎回カノジョにやってもらってる」という豹柄に染め上げた頭髪。それも一見の価値あり!です。




時任琢磨(PUREBRED大宮)

出場予定だった遠山拓則選手が欠場のため、この階級唯一の日本人選手となった時任選手。直前インタビューでも語っていた通り、得意のホレッタに繋げるムーブをいくつか用意してきてるようです。去年もホレッタで返すもそのまま後ろからクロスガードで組まれアドバンテージ止まり、というもったいない場面が多かっただけに、その対処に期待です。







★出場選手募集中!★

6/21(日)「reversaling!!! COPA REDIPS 2009」
出場はコチラから!





★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#146
特集「This ain't Disneyland!」
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!




☆会員募集中☆初心者にも親切指導☆
「ジュエルス格闘技スタジオ@MUSE」
お知らせブログはコチラから!



★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






ムンジアル2009直前インタビュー:梅沢隆志

無事にロスに到着です!

今日は一緒にムンジアルに来た梅沢選手の直前インタビューを紹介します。

この梅沢選手は記念すべきリバーサリング!!!の第1回大会に出場していたそうですが、覚えてなくてほとんど初対面です。

初めて見たときの印象は「貧乏くさい、アジアを放浪してそうなバックパッカー」でした。

でも聞いたら難しそうな仕事してて真面目なサラリーマン野郎でした!

梅沢選手は明日開催のノービス・インターナショナルのガロ級に出場します!



梅沢タカシ(パラエストラ東京)
「出ようと思ったきっかけは仕事がうまく調整できて休みが取れたから出ることにしました。本場ブラジルの黒帯選手の試合を生で見てみたかった、というのもあります。大会に向けての練習は週に3回、パラエストラ東京で普段通りやってきました。試合の前はスパーを多めに、ですね。今までの戦績は全日本新人戦準優勝、GIアマ関東準優勝と準優勝ばかりです。今回は3回勝てば優勝なので準優勝ではなく優勝できるように頑張ります。」





★出場選手募集中!★

6/21(日)「reversaling!!! COPA REDIPS 2009」
出場はコチラから!





★NEW★ 
グレイシーマガジン最新号・#146
特集「This ain't Disneyland!」
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!




☆会員募集中☆初心者にも親切指導☆
「ジュエルス格闘技スタジオ@MUSE」
お知らせブログはコチラから!



★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト







2009年06月03日

これから

cea107f9.jpgLAに出発です!

メジオ以上の見所は明日以降に更新します!

それでは!


「reversaling!!! COPA REDIPS 2009」開催!




以下の要項で大会を開催します。

奮ってご参加下さい!

大会名:「reversaling!!! COPA REDIPS 2009」

日時:6月21日(日)

大会内容:ブラジリアン柔術&ノーギのオープントーナメント(アダルト&マスター)

場所:イサミレッスル武闘館(JR西川口駅より徒歩10分)
☆会場詳細はコチラから!

主催:reversal&ISAMI

参加費:柔術、またはノーギ1種目のみ 4000円
     柔術とノーギの両方 7000円


当日払い:1種目のみ 5000円
       両方  8000円

申し込み締め切り:6月15日(月)必着

★出場者全員に参加記念のノベルティ付き。

★大会終了後に大会参加者を対象にした小野瀬龍也セミナーあり(柔術・大会出場者は無料!)。

★セミナーのみの参加は当日受付で2000円(当日受付のみ)。


☆大会詳細はコチラから!


☆大会要項はコチラからダウンロードできます。


☆出場申し込み用紙はコチラからダウンロードできます。


☆オンライン申し込みはコチラから!


2009年06月02日

ムンジアルの見所:黒レーヴィ

2006&2008年のムンジアル王者、セルソ・ヴィニシウスがヒザの負傷で欠場するレーヴィ級。

優勝候補の一人がいないのは残念ですが、レーヴィも強豪揃いのトーナメントになってます。

パン選手権に出ていない選手も多く優勝予想は難しいですがルーカス・レプリ&マイケル・ランギの2強の牙城を崩すのは難しいかと思われます!




杉江爛▲泪哨鶚畭臺紂淵▲薀ぅ屐

ここ数年、毎年ムンジアルに出場し続けている杉江アマゾン選手。今年はヨーロピアンで準優勝を果たすも、優勝したマイケル・ランギにはポイントで大量リードされ最後は一本負け。この約半年でどれだけその差を詰められたか?!




ルーカス・レプリ(アリアンシ)

2007年度のムンジアル王者、ルーカス。今年はパン選手権でもマイケル・ランギと優勝を分け合っており、優勝候補最右翼。このルーカスはここ数年で負けたのはセルシーニョのみなので、決勝戦進出はほぼ当確でしょう。




マイケル・ランギ(アリアンシ)


黒帯を巻いて2年目のマイケル、ヨーロピアン、パン、ブラジレイロと3連勝中で絶好調!まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。マイケルも毎回苦杯を舐めさせられているセルシーニョ不在でムンジアル優勝も夢ではありません。




ジョアオ・シウバ(アロイジオ・シウバ)

パン選手権には出場しなかったジョアオもムンジアル出場です。まあ表彰台に乗ることはまずないでしょうが、かつてマリオ・ヘイスに足関節で追い込んだ、という実績があるので、何かしでかす可能性も。




アレッシャンドレ・クリスピン(バッハ)

ハウフ・グレイシーの黒帯、クリスピン。ここ数年はメジオに出ていましたが、やっと本来のレーヴィ級に出場で活躍が期待されます。帯の昇格が厳しいハウフの黒帯の実力を発揮して欲しいところです!




中山徹(トラーフォース柔術アカデミー)

黒帯を巻いて初めてのムンジアルとなる中山選手。怪我の回復具合が気になります。「1回戦突破が目標」と控えめな言葉も海外経験豊富なのでそれ以上の結果を期待したいです。



この他にも懐かしいフレジソン・アウベスやレフェリーでお馴染みのハファエル・バルボサ、バッハ・アメリカのインストラクターのフェリッペ・デラモニカ、デサフィオ2で早川光由選手に勝利したルシアーノ・ヌッチらが出場します!



2009年06月01日

ムンジアルの見所:黒ペナ

先日のアブダビ・プロ柔術で遂にコブリンヤが敗れたのは衝撃でした。

コブリンヤは2006年のムンジアルで優勝して以来、足掛け4年間で階級別無敗のまさに帝王的な存在。

そのコブリンヤが6分というイレギュラーな試合タイムとはいえ新鋭のハファエル・メンデスに敗れた、と聞いたときは驚きつつ新時代の到来を感じたものです。

かのホイラー・グレイシーも4年間のムンジアル制覇の翌年からムンジアルには出場しなくなりました。

今年、コブリンヤはホイラーが保持するムンジアル4連覇の記録に並ぶことを目標にムンジアルに出場します。

が、その道は限りなく険しい、と言わざるを得ません。

それぐらい強豪メンバーがエントリーしてきています。

それではペナの主な出場選手を見ていきましょう。




フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘

遂に最強伝説の終焉か?!それとも偉大なるチャンピオン、ホイラー・グレイシーの記録に並ぶムンジアル4連覇達成か?!コブリンヤの戦いは超・必見!




ブルーノ・フラザト(ATOS)

コブリンヤのライバルといえばこのブルニーニョです。ライバル、といいつつもいつもコブリンヤにやられていますが…。ムンジアルに先立って開催されたブラジレイロ優勝の実績を引っさげて今年こそムンジアル優勝なるでしょうか?!




ハファエル・メンデス(ATOS)

最強のペナ級選手・コブロインヤを降したのがこのハファエル・メンデスです。ハファはブルニーニョと同じくATOS柔術の選手でこの「ATOS」とは聖書という意味らしいです。ハファはパン選手権で外掛けで反則負けでしたが、その反則を取られるまではアドバンテージ差でコブリンヤにも勝っていました。このムンジアルでもコブリンヤ相手に連勝できるか注目です!




ジョナタス・グージェウ(ATT)

元ノヴァウニオンのジョナタスがなんとATTに移籍してムンジアル出場です。昨年はレーヴィに出場していましたがまたペナに階級を戻しています。地味ながら強いジョナタスは2007年のムンジアルでは佐々選手を降して3位入賞を果たしています。




ホドリゴ・ハニエリ・ファリア(チェックマット)

このハニエリは元々はプルーマで試合してましたが、ここ数年はずっとペナで出てて、階級を上げてからはあんまし活躍できてないのが残念ですね。




植松直哉(クロスポイント)

最近は選手としてより大会に携わる裏方的な姿を目にしていた植松選手ですがこのムンジアルで久々に試合出場です。




セオドロ・カナル(GFチーム)

地味ながら強い!のがこのセオドロ・カナルです。いつもいいとこまでいきながら優勝はならず準優勝とか3位に甘んじてます。昨年のムンジアルは3位、今年もブラジレイロは準優勝、といまいち地味な感が否めない選手ですね。




マリオ・ヘイス(バッハ)

かつての統一世界王者も最近は新鋭の活躍の陰に隠れがちですがヨーロピアンで優勝、パン選手権で準優勝と復活しつつあります。昨年のムンジアルでは反則失格という残念な結果に終わったので今年は頑張って欲しいです。




ウエリントン・ディアス爛瓮トン瓠淵Ε泪ぅ拭

鉄人・メガトンももちろん出場!これまで日本人選手相手に負けなしというメガトン、今大会も5人の日本人選手が出場するので日本人キラーぶりを発揮するのでしょうか?ちなみに昨年のムンジアルではベスト8という結果を残しています。
☆メガトン・インタビューはコチラから!





佐々幸範(パラエストラ東京)

現在発売中の教則本&DVDも好評な佐々選手もムンジアルに出場です。パン選手権は出場を予定していながらも「自分の求める柔術が未完成、と気づいたから出ない」と急遽出場を取りやめ!佐々選手の求める柔術は完成したのでしょうか?!




柿澤剛之(PUREBRED大宮)

これまでレーヴィ級に出場していた柿澤選手が1階級落としてペナに出場です!柿澤選手はアジアチコのレーヴィ王者でかつて紫帯時代には青木真也選手にもスイープで勝利したことがあります。




中山巧(パラエストラ大阪)

この中山選手もアジアチコ王者で、ヨーロピアンでは優勝したマリオ・ヘイス相手に絞め落とされるも果敢に挑み、試合後に拍手喝采を浴びたとか。昨年のムンジアルは会場まで来ながらも計量オーバーで失格、という残念な結果に終わってしまいました。




関口和正(PUREBRED大宮)

戦う弁護士として有名な関口選手。色帯時代からムンジアルには出場し続けており、国際大会の常連です。最近はムンジアルとパン選手権の開催間隔が短いためにムンジアル1本に照準を絞っています。




バレット・ヨシダ(アンディスピューテッド)

なんと!あのバレットがムンジアルに出場です。今年のパン選手権にはマスターで出場し準優勝でした。ですがムンジアルはアダルトのカテゴリーのみの開催、どんな試合になるか楽しみです!


以上がペナの主な出場選手です。

果たして誰が優勝するのでしょうか?!

とてもじゃないですが勝敗予想なんてできません!