English Portugues Japanese

2009年10月

2009年10月08日

ADCC2009:ブラウリオからのお返事!


少し前に募集したブラウリオへの質問事項の返答が来たので、その一部を紹介します!

ブラウリオ、とってもまめな人でメールしたら日をおかずに返事をくれてます。

ここまで律儀なブラジル人はなかなかいませんよ!

想像以上のナイスガイでした。

それではみなさんからの質問のブラウリオからの返答です!


Q1:数々の大会で一本勝ちをものにし、今大会でもあのマルセリーニョからも一本を奪ったブラウリオ、いま一番一本をとりたい選手っていますか?

ブラウリオ:そんなことは考えたこと無いね。私は自分がどうすれば試合に勝つことができるか、ということに集中しているからね。ただサブミッションで勝つ、というのは私のゲームプランだから常にそれを狙ってはいるけれど。


Q2:白帯時代、誰のような柔術家に憧れていたんですか?

ブラウリオ:柔術を始めたばかりの白帯だった頃にはホイス・グレイシーとホイラー・グレイシーに憧れてたよ。ホイスは柔術を世界に知らしめたと思う。そしてホイラーは自分より大きな相手に大して芸術的なテクニックで戦っていたね。


Q3:好きな食べ物は?

ブラウリオ:ブラジルの新鮮なフルーツが好きだね。とても美味しいし健康にもいいから。


Q4:好きな女性のタイプは?

ブラウリオ:それは私の奥さんだ。ブロンドヘアで青い瞳でスリムなんだよ!


Q5:練習、試合において心がけていることは?

ブラウリオ:自分自身に挑戦することだ。常に自分の限界を超えれるように、と思っている。日々の練習で常に学ぶことはあるし、毎年成長していると自分自身で感じているよ。


Q6:現在のブラジリアン柔術界のP4Pは誰だと思う?

ブラウリオ:ホジャー・グレイシーだ。


Q7:ホジャーのスパーパートナーだそうですが、3年前に一回のスパーでホジャーに5〜6回タップをさせられると聞いたことがありますが今もそれくらいの差があるんですか?

ブラウリオ:ホジャーとの練習は素晴らしいよ。彼から学んだことはたくさんあるし、彼もまた私から学んだことは少なくないだろうね。いまだにホジャーには極められてるけど、今は昔ほど多くはないよ(笑)


Q8:MMAに関心はありますか?

ブラウリオ:もちろんだ。私のMMAデビューは日本で、と考えてる。


Q9:MMAに転向した柔術家で誰のスタイルが好きか?

ブラウリオ:デミアン・マイアとホジャー・グレイシーだ。


Q10:ホジャーのMMA挑戦をどのように考えているか?

ブラウリオ:ホジャーはMMAでいかに柔術のテクニックを使うかを完璧に体現してるよね。私も彼に倣いたいと思うよ。


Q11:柔術がブラウリオの考え方や人生にどのような影響を与えているか?

ブラウリオ:柔術はライフスタイルだ。それは自分の日常そのもので体に良い食事を摂り、気の置けない仲間と練習をして、常に自分の健康に気を遣う。そして常に謙虚であることを心がけているよ。


…どうだったでしょうか?

好きな女性のタイプに「自分の奥さん」と返答するブラウリオ、素敵です!

また自身のMMAデビュー戦を日本で、と考えてるあたり嬉しいですね。

もしかしたらもう具体的なオファーがあったのかも?!

こんなニュースもあるだけに気になりますね〜。

盟友のホジャーはストライクフォース参戦が決まったようですがブラウリオのMMAデビューはどうなるのか楽しみですね!



2009年10月07日

デラヒーバカップ2009東京大会、締め切り迫る!


毎年恒例のデラヒーバカップ、今年は東京、大阪、広島の3都市での開催!

そして大会第1弾となる東京大会(10/24&25の2日間!)の出場者締め切りが10/8の23:59分までとなっています。

わかり易くいえば木曜の深夜0時まで、ってことです。

今年のデラ杯はバージョンアップして無差別級は伝説の賞金マッチ「ISAMI杯」として開催され、優勝者にはISAMIで使える商品券が贈呈されます。

黒帯ではなんと10万円!

もし優勝したならばギ、ラッシュ&ファイトパンツ、柔術DVDに雑誌と買いまくり三昧!

アブダビ王子もびっくりの柔術ミリオネアー気分が堪能できるでしょう!

また参加者全員に参加賞でデラヒーバのロゴ入りスポーツタオルもプレゼント!

そしてMVP選手には特製のデラヒーバ・モデルのキモノも贈呈です!

なんたる大盤振る舞い!

他にもちょーCOOLなデラヒーバのフォトプリTシャツが限定100枚で会場限定発売されたりと盛り沢山な大会となってます。

★Tシャツのデザインはコチラでチェック!

これは行く&出場するしかないでしょう!

★大会詳細はコチラから!




2009年10月06日

ADCC2009:-77kg・2回戦 クロンvsマルセリーニョ

さあ1日引っ張ってもったいづけて紹介するクロンvsマルセリーニョの-77kg級2回戦です。

ADCCは2日間で開催されるのですが、初日は2回戦までを行い、準決勝以降は2日目に行われます。

その2回戦で行われた屈指の好カード、それがこのクロンvsマルセリーニョでした。



クロン・グレイシー
vs
マルセロ・ガルシア
試合序盤はマルセリーニョが引き込んでましたが、後半はクロンが跳びつきガードなどで引き込んでいました。




マルセリーニョはガードパスのアタック。




それに合わせてギロチンを仕掛けるクロン。
だがこれは極めれず。




マルセリーニョは攻めながらも無理はしない感じに見えました。




延長戦に入るとクロンは疲れのせいか動きが落ちます。
そのスキをマルセリーニョが見逃しません。




ハーフ、マウントから




フィニッシュはギロチン!
これでクロンはタップです!




夢の対決はマルセリーニョの一本勝利でした。




クロンのADCC初出場は2回戦敗退という結果に終わりました。


クロンはグラップリングの経験が浅いわりにはマルセリーニョ相手に延長戦に持ち込むなど高い適応能力を見せました。

試合後に話を聞いたら試合序盤にヒザを怪我してしまったそうです。



ホテルでのクロン。
右ヒザにはサポーターが巻かれ、歩きづらそうにしていました。
大会翌日には松葉杖姿が目撃されています。



またセコンドにヒクソンの姿はなく、なぜかハニの師匠であるアタイジ・ジュニオールが務めてました。

これまではクロンの試合の際には常にヒクソンの姿があっただけにこのADCCではヒクソン不在も関係あったのかもしれません。


2009年10月05日

ADCC2009:クロン・グレイシーの1回戦

ADCCは高額な賞金トーナメントであると共に世界最高権威のグラップリング大会として認識されており、これまでも多くの柔術家が参戦し好成績を収めてきました。

今大会でも連年どおり、各階級の優勝者はブラジル人柔術家が占めて狃製儔氾傾餃瓩陵輿蠅鯆茲靴討い泙后

そんな中、ひときわ注目を集めていたのがADCCに初参戦したクロン・グレイシーでした。

当初、クロンのADCC参戦のニュースが流れたときも周囲は「どうせ本戦には出ない、いつもの狃个觸个觝承臭瓩世蹐Α廚販笋瓩身娠でした。

かくいう自分も「クロンは出場OKの意思を表明していない」との情報を聞いていたこともあり、この参戦には半信半疑だったのは事実です。

そしてバルセロナ入りしてホテルでクロンの姿を見たときに「ああ、本当に出るんだ」と初めて確信したぐらいでした。



計量時のクロン。
ホテルでクロンを発見して初めて本当に出場するんだ、と思いました。




そもそも予選にも出てなくて黒帯になってからはムンジアル入賞すら果たしていないクロンがなぜADCCに出れたのかは疑問ですが、やはりグレイシーの姓は特別なんでしょうか。

クロンはこれまで公式にはグラップリングの試合は1試合しか出ておらず(2006年の『X-MISSION』でアンディ・ウォンと対戦:判定勝利)、グラップリングの実力は未知数です。

それだけにクロンのADCC参戦は興味深いところでしした。

ではクロンのADCCでの試合を1回戦から紹介していきたいと思います。



クロン・グレイシー
vs
エンリコ・コッコ
クロンの1回戦の相手、エンリコはアメリカのウエストコースト・トライアルの優勝者。
その予選では1回戦以外を全て極めて勝利したという、極めの強い選手との触れ込みだったのですが…。




クロンには逆に極められてしまいました!



初戦ということもあり、やや攻めあぐねる場面も見られたクロンでしたが最後はきっちりと極めて勝利したのはさすがです。

この勝利で2回戦、マルセリーニョとの対戦になりました!

クロンvsマルセリーニョの夢の初対決が実現です!

その模様は明日紹介します!

最後にエンリコのこぼれ話を。

ずっと女連れで手をつないでカメラ片手にうろうろしてたヤツがいました。

そして時折、マットサイドに来ては声援を送ったり熱心にビデオ撮影してたり、と気になってたんです。

そいつは選手用Tシャツ着てるし、でも試合で見た覚えはないし、と不思議だったんで思い切って聞いてみました。

ズバリ「お前、何者?」と!

そしたら「選手だよ!昨日試合したんだ。」と言うんで「マジか!誰とやったの?」と聞いたら「クロンとやってチョークされちった!ヤツは強ぇえよ!」と苦笑いしながら話してくれました。

まあ女連れで観光気分で来てるんじゃ負けてやむなし、とも思いますが…。



コイツがエンリコ・コッコ。
もう一生会うことはないでしょう。
つーか会っても思い出せない可能性大です!



2009年10月04日

ADCC2009:スーパーファイト ジャカレvsロバート・ドライスデール

ADCC初日のメインイベントして行われたスーパーファイト。

通例では前回大会のスーパーファイト勝者とアブソ王者が戦うのですが、前回大会のスーパーファイト王者のホジャー・グレイシーが欠場となり、アブソ王者のロバート・ドライスデールの対戦相手が不在となっていました。

そしてホジャーの代役として選ばれたのがホナウド・ソウザ爛献礇レ瓩任后

ジャカレとロバートは元はBRASAのチームメイトでしたが現在は別々のチームに所属しています。

それではスーパーファイトの試合を紹介します!



前回大会のアブソ王者、ロバート・ドライスデール




スーパーファイトに抜擢されたホナウド・ソウザ爛献礇レ




まずは立ち技の攻防からスタート




先に仕掛けたのはジャカレ!
テイクダウンを狙います




テイクダウン成功!
でも試合前半はポイント加算がないのがADCCルールです




ジャカレはパスのアタック




ですがロバートは巧みにディフェンス




また立ち技の攻防に




常に先手を取るのはジャカレです




寝技の攻防はほとんどなく、すぐに立ち技の展開に




試合展開はジャカレのテイクダウン〜ロバートのガード〜立ち技へ
このループ状態でした
試合時間も後半になりジャカレがテイクダウンでポイントゲット!




スロースターターのロバートはやっとエンジンがかかってきた感じでポイントを挽回すべく攻めに転じていきます




ロバートのタックル!
ですがジャカレはスプロールして阻止




寝技に誘ってスイープ狙いも不発




ジャカレはもうロバートの攻めをいなす感じで自らは攻めません




ここでタイムアップ!
ジャカレがテイクダウンのポイントで勝利です




結局、試合を決めたのは1つのテイクダウンポイントでした
2−0でジャカレ勝利!




ジャカレがADCCスーパーファイト王者となり2011年の大会で今大会のアブソ王者のブラウリオ・エスティマと戦うことになりました!




2009年10月03日

ADCC2009:ブラウリオ・エスティマのちょっといい話


今大会で2階級制覇したブラウリオ・エスティマ。

-88kg級決勝でアンドレ・ガウヴァオンを、アブソルート決勝ではシャンジ・ヒベイロに勝利しての優勝です。

アブソ2回戦ではマルセリ−ニョを一本で降してるのも特筆すべきことでしょう。

そのブラウリオに大会後にインタビューを申し込むと、

「ワイフがいるから明日にしてくれないか?これ以上放っておくと殺されてしまうよ!」

と言うので翌日の朝にインタビューさせてもらえるように改めてセッティングしました。

が、翌朝は当然のようにブラウリオは来ず…。

まあブラジル人が時間通り来ないことや普通に約束をすっぽかすことなんて日常茶飯事なんで「ああ、またか」ぐらいにしか思っていませんでした。

また「やはりブラジル人の『後で!』は信用できないな。無理言ってでもその場でやればよかった。いい教訓になった!」ぐらいに思ってました。

そしたら今日、見慣れないメアドからのメールが。

その主はなんとブラウリオからでした。

「ヘイ、ブラザー!

インタビューをすかしてゴメン!

あの朝、ロビーに行ったんだけど会えなかったね。

これがオレのメアドだから質問があったら何でもメールしてくれ!」

ブラウリオ、律儀にインタビューをスカしたことを謝罪するためにわざわざメールしてきてくれたのでした。

それに自分はブラウリオとメアドの交換なんてした覚えはないから、誰か人づてにメアドを聞いてメールしてきたのでしょう。

こんなブラジル人は初めてでちょっと感動しちゃいました。

とにかくこれでブラウリオとコンタクト取れるようになったんで、これからいくつか質問を送ってみようと思います!

その返答はこのブログで紹介しますのでお楽しみに!

もしブラウリオに聞きたいことがあればコメント欄に書き込みして下さい。

それも一緒に送りますよ〜。


★ADCC2009・アブソ決勝戦はコチラから!

★ムンジアル2009・ペサード決勝戦はコチラから!



2009年10月02日

ADCC2009:-66kg決勝 ハファvsコブリンヤ

これまで紹介してきたように-66kg級決勝戦はハファエル・メンデスvsコブリンヤという組み合わせになりました。

この両者はこれまで柔術で幾度となく対戦してきましたがADCCプロ柔術のイレギュラーなルールでの対戦でハファが1勝を挙げたのみでそれ以外はコブリンヤの勝利に終わっています。

6月に開催されたムンジアルの準決勝でもこの対戦は行われましたがコブリンヤが勝利しています。

★その試合はコチラから!

今年だけでパン選手権、アブダビプロ柔術、ムンジアル、そしてこの試合と4度目となるハファvsコブリンヤの因縁の対決!

ADCCの歴史に残るであろうこの一戦、50枚もの画像を使って詳細にレポートします!




ハファエル・メンデス
vs
フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬




早速、引き込みからアナコンダチョークを狙うハファ。




結構深く極まってるように見えましたが…




場外際でエスケープに成功。




vsレオジーニョ戦でも見せた、複雑に足を絡めてのスイープ!
バリバリに外掛けです!




絶妙なバランス感覚を持つコブリンヤ、片手をマットに着いて耐えますが、




スイープされてしまいます。




コブリンヤも負けじと足をクロスに組んで




スイープを仕掛ける!




これですぐさまポイントを取り返しました!




立ちの攻防から




またハファのアナコンダ!




今大会のハファはアナコンダチョークを多用していました!




コブリンヤは立ち上がるようにしてエスケープ。




そこからパスを狙います。




ハファは持たれた足を外しながら逃げる!




なかなかパスできないコブリンヤ。



また立ちの攻防になり、




ハファの引き込みからのスパイラルガード




スイープ成功、ポイントは4−2に。




コブリンヤもスイープのアタックをかけて




ハファに潜るようにスイープ!




これでまた4−4とポイントは同点に!




ハファは50/50狙い!




そしてスイープ!




上のポジションになるも足関節を取られます




コブリンヤはヒールホールド!




回転して逃げるハファ!




場外からマット中央に戻されてまたもヒール!




そこからスイープに変化し、




上になりかけるも、




ハファがアームロック!




さらにバック狙い!




この時点でポイントは4−4のまま!
ノンストップの攻防に場内は大歓声!




延長戦が続きややコブリンヤに疲れが見える




スタンドからバックについて




テイクダウン!




だがハファが態勢を入れ替えて




足に絡みつき50/50に!




そこから回転しながら




背中に飛びついて




バックマウント奪取!




コブリンヤはもがきながら逃げようとするもハファはがっちりキープ!




ハファにポイントが入り7−4に!



そのまま試合終了!




セコンドのジャカレ&アンドレ・ガウヴァオンも大喜び!




そこに飛び込むハファ!




ハファが激戦区-66kg級を制しました!




初出場&初優勝のハファ、賞金1万ドルをゲットです!




-66kg級表彰台
優勝 ハファエル・メンデス
準優勝 フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬
3位 ライアン・ホール

















2009年10月01日

ADCC2009:-66kg準決勝 ハニvsコブリンヤ

-66kg級準決勝のもう1試合はADCCのトーナメント初出場を果たしたコブリンヤと前回大会王者のハニ・ヤヒーラの対戦です。

コブリンヤは初出場ながらもムンジアル4連覇という実績を引っさげての推薦出場で1回戦で中村選手、2回戦でジョエル・トゥードを一本で降しての準決勝進出。

ハニは1回戦でアジア予選王者の八隅選手を一本で、2回戦でジェフ・グローバーを7−0で降しての準決勝進出でした。



ハニ・ヤヒーラ
vs
フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬




引き込んでガードを取るコブリンヤ。




サクッとスイープしハーフガードへ。




ハニはコブリンヤにしがみついて耐えてる様子。




ハーフガードからスイープを試みるハニだが…




その腕を極めにいくコブリンヤ!




コブリンヤはバックマウントに近い状態になりながら腕を狙い続ける!




下になった瞬間に腕を極めて「バギッ!」という鈍い音がはっきり聞こえました!




ハニが悲鳴を上げて試合はストップ!
コブリンヤが一本勝利です!




3試合連続で一本勝利のコブリンヤ、初出場で決勝戦進出を果たしました!




腕を折られたハニは3位決定戦を欠場。
ホテルでは腕を吊った姿を目撃しています。
聞くところによると腕の負傷は3箇所にも及んだそうです!


この動画の最後の1分がハニvsコブリンヤの試合です!