English Portugues Japanese

2011年04月

2011年04月10日

パン選手権2011:湯浅選手の記念撮影 グレイシー編


昨年のムンジアルのときにやった湯浅選手と外国人選手の記念撮影紹介。

今回もたくさんの有名選手を撮影してきたので紹介したいと思います。

まずはグレイシー編から!

昨年のパン選手権にはカイロン・グレイシー、クロン・グレイシーらが出場していましたが今大会にグレイシー姓を持つ選手はクラーク・グレイシーただ一人でした。

ですが会場には多くのグレイシーが訪れていたので、片っぱしから撮影してきました。




まずはカルロス・グレイシーJr、IBJJF会長です。
最近の大会ではカリーニョスが会場に姿を現さないこともしばしばですが
今大会にはしっかり本部席にいらっしゃいました。
最近、若い女性と再婚したカリーニョス、さすがの貫禄でした。




次はグレイシー柔術創始者、エリオ・グレイシーの長男、ホリオン・グレイシー。
ホリオンがIBJJFの大会に来るのはレア!
自分も5年ぶりぐらいに会いました。




ヘナー・グレイシー
ホリオンの次男、ヘナーは最近、WWE DIVAとの熱愛が発覚し
新たなグレイシー幻想を持たせてくれました。
聞くところによると普通にクラスに参加してたのをナンパしたんじゃないか、との話ですが真相は定かではありません!




ホイラー・グレイシー
昨年のムンジアルではホイラーを前にして「この人、誰ですか?」という衝撃発言をカマした湯浅選手。
さすがに今回は覚えてたようでよかったです。




クロン・グレイシー
日本でもヒクソン杯で毎年来日しているクロン。
ワールドプロ予選で傷めた怪我が治らずにパン選手権は欠場でした。




カーウソン・グレイシーJr
日本人を見るとコニチワ!と必ず声をかけてくる日本人大好きなカーウソンJr.。
グレイシーの中で一番、愛想がいいのはこのカーウソンJrで間違いない!




カイロン・グレイシー
カリーニョスの長男、カイロンも今大会は怪我で欠場。ややほっそりした印象を受けましたがムンジアルは普通にメジオで出場のようです。
ダイエットは嫌いだよ、と笑うナイスガイです。




ホニス・グレイシー
まだ茶帯のグレイシーであるホニスはカリーニョスの妹、ライールの孫。
血筋的に近いカイロンと仲がいいようです。
ホニスもパン選手権は出場していませんでしたがムンジアルには出場予定です。




クラーク・グレイシー
日本にもゆかりがあるカーリー・グレイシーの長男、クラーク。
アメリカ生まれだけあって他のグレイシーにはないスタイリッシュさ。
一見するとサーファーみたいな優男風ですが茶帯を長く経験しただけに黒帯昇格後すぐに結果を出しました。
パン選手権で黒メジオ3位入賞です。



©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月09日

富山オープンの大会レポート

富山GIGAFIGHTの竹田さんより4/3に開催された富山オープンのレポートが届いたので紹介させて頂きます。

『ご連絡が遅れてましたが富山オープン柔術大会が無事開催されたことをご報告させて頂きます。

大会前に東北大震災があり出場者キャンセルが相次ぎ又、同日に滋賀県のコパ・アミザデが開催されるなど苦しい状況ではありましたがブラジルブログでの大会告知の効果で県内はもとより新潟・石川そして大阪・愛知・静岡からも参加があり、総勢100名の参加者となりました。

今回、アブソルートながら富山初となる黒帯トーナメントが行われ県内でトップレベルの攻防を見れる良い機会となりました。

子供のトーナメントも開催され、今後の柔術界を盛り上げてくれるであろう選手たちの白熱した試合に場内も大歓声で盛り上がっていました。

第1回大会ということもあり運営面で多くの問題点もありましたが、来年に第2回大会開催も決定しており、次回大会の課題としてよりよい大会運営が出来るよう頑張りたいと考えております。』



開会式の様子




初開催の富山オープンは県外からも多くの選手が集まり100人規模の大会になりました。




黒帯の試合も行われ、それには富山県を代表する選手である嶌崎公次選手(クラブバーバリアン)が出場!




子どもの試合も盛況だったようです!



また同日に開催されたコパ・アミザデに出場したアンデルソン高橋(ホシャ柔術)はアダルト紫帯メジオ&アブソルートにエントリーし3試合のすべてをサブミッションで一本勝利しました。

アンデルソンは来月のDUMAUの愛知大会と東京大会の2連戦にも出場予定で、1月のヨーロピアンから2月のDUMAU愛知大会&東京大会、3月はパン選手権、4月はコパ・アミザデと毎月試合出場していることになります。

また6月にはムンジアル出場を控えており、6ヶ月連続試合出場という驚異的なペースで試合出場しています。

今後もアンデルソンの活躍に注目です!



驚異的なペースで試合出場しているアンデルソン高橋(ホシャ柔術)。



©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月08日

グレイシーマガジン#167 レビューby新明佑介


こんにちは!トライフォース柔術アカデミー・ゼネラルマネージャーの新明(しんみょう)です!!

グレイシーマガジンのレビューの時間ですよ!

毎度お馴染みの表紙の人物紹介です。

Locks dossier(ロックスドシエ=関節技関係書類)と銘打たれた表紙の題字と共にマウントからの腕十字を仕掛ける若き日のハリソン・フォードを髣髴させる伊達男。

「ロック」と言っても、4月3日のレッスルマニア27で7年ぶりに電撃復帰をしたWWEスーパースターのザ・ロックではありませんよ!(※橋本さんが現地で生観戦したそうです。うらやましい!)

また「ロック」と言っても、”日本ロック界の神様”忌野清志郎でもありませんよ、ベイベー!!

長くなりましたが、彼はジェファーソン・モウラ(Jefferson Moura/グレイシーバッハ)選手です。

最近は活躍を見ることがありませんが、過去の主な戦績は、

□ブラジレイロ2001年優勝、2003年2位、2005年2位
□世界選手権2001年3位、2003年優勝、2004年2位

という輝かしい実績の持ち主です。(※IBJJF=国際ブラジリアン柔術連盟公式結果参照、新明調べ)

雑誌の中では、Slick lock artist(滑らかな関節技の芸術家)として紹介されています。

残念ながら雑誌の中のテクニックの実演は別の選手がおこなっています。

YOUTUBEでGracie Barra Rio De Janieroで検索すると彼の公式テクニック動画が数個見ることができました!

興味のある方は是非ご覧下さい。

では実際のLocks dossier(ロックス ドシエ=関節技関係書類)の内容の紹介です。

6種類のロック技(関節技)に分類して、Tip=こつ、Mistake=間違い、Antidote=対策の3つに項目分けして写真と共に説明が掲載されています。

その6種類とはアームバー、キムラ、オモプラータ、リストロック、ストレートニーバー、アンクルロックです。

また今回も豪華な黒帯ゲストが選手達のテクニックが進化するこつを教えてくれています。

金髪ロン毛で杖を持った”ロック界の大御所”内田裕也さんも出てきそうなくらい超豪華なゲストは以下の9名!

内田裕也さん、ロック違いですよ!シェケナベイベー!

・ファビオ・グージュ(アリアンシ)
・アルバロ・マンスール(ソウルファイターズ/IBJJFレフェリングディレクター)
・ホドリゴ・カバカ(チェックマット)
・ハモン・レモス(アトスJJ)
・ホイラー・グレイシー(グレイシーウマイタ)
・ホジャー・グレイシー(グレイシーバッハ)
・フェリッペ・コスタ(ブラザ)
・マーシオ・フェイトーザ(グレイシーバッハ)
・パブロ・ポポビッチ(ジ・アベンジャーズ)

彼らのロック観にも注目です!

是非グレイシーマガジンをお求めになってご覧下さい!

もうひとつの注目記事は、トレーニングプログラムで紹介されているセルフディフェンステクニックです。

今回の実演はヴァレンテ・ブラザーズです!

ヴァレンテ家は3世代56年に渡りエリオ・グレイシーよりグレイシー柔術の真髄を学んでいる最もグレイシーらしい非グレイシーとして知られています。

アメリカのフロリダに道場を構えるヴァレンテ・ブラザーズ、2009年にはイラク・バクダットで米軍にセルフディフェンスを講習すような本格派です。

今回は6つの状況からの反撃方法のテクニックを紹介。

1、ヘッドロック
2、キック
3、パンチ
4、前方から両手で首を絞めらる
5、片手で胸ぐらをつかまれる
6、後ろから胴体を抱えられる

昔の柔道家を思わせるそでとすその短い道着を着用したヴァレンテ・ブラザーズの至高のテクニックをご覧下さい。

「英語の解説じゃわからない」っていうそこの貴方!

上記の状況からのエスケープもしくは反撃方法が掲載された日本語の参考書がありますよ!

「とっさに使える!護身術 早川光由著/愛隆堂」です。

是非グレイシーマガジンと合わせてお買い求め下さい!

今号のグレイシーマガジンのその他の主な内容は以下の通りです。

・Face to Face ジョナサン・トーレス
・INTRO カーウソン・グレイシー
・チョークMMA ジョゼ・アルドのハーフガードからのチョーク
・ジナスチカ・ナチュラル
・The best of 2010
・Managing tip 「Who are my students?」
・GMA CLASS ラペラチョーク
・NEWSROOM
・アンソロジー マーシオ・フェイトーザ VS ビトー・"シャオリン"・ヒベイロ

ではまた会いましょう〜!

東日本大震災の被災にあわれた方にお見舞い申し上げます。



グレイシーマガジン#167
購入はコチラから!




トライフォース柔術アカデミー
ゼネラルマネージャー 新明佑介
Twitter ID : Yusuke_Shinmyo
Facebook : Yusuke Shinmyo

トライフォース柔術・池袋アカデミー&新宿アカデミーでは随時会員募集中です!

★ホームページはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月07日

本日締め切り!4/17 adidas cup


4/17に上板橋体育館で開催されるIF-PROJECT主催「adidas cup」の出場申込み締切りが本日4/7までとなっています。

今回のadidas cupを開催するにあたりIF-PROJECTから大会売上の一部を義援金に、adidas Budo Mart japan 様より当日のブース販売の売り上げを全額義援金に、そして参加費の一部も日本赤十字社を通じて寄付することになりました。

また今後の大会においても募金箱を設置し、同社を通じての寄付活動を行うとのこと。

そして今大会はBJJFJのランキング指定大会でランキング制度に則って入賞者にはポイントが付与されます。

年間ランキング上位者には副賞(来年度の世界選手権への航空券)が授与されます。

★BJJFJランキング詳細はコチラから!

大会副賞として入賞者全員に当日物販ブースとイサミ水道橋店で使えるadidas budo商品割引クーポン券が贈呈されます。

優勝者 / 30%adidas budo商品割引クーポン券
準優勝者 / 20%adidas budo商品割引クーポン券
第三位(二名) / 10%adidas budo商品割引クーポン券
★クーポン券の使用期限は2011年末まで。


MVP賞として下記カテゴリーから各1名MVPを選出し、計3名の方にadidas budo スポーツバックを贈呈されます。

男子柔術部門1名
男子no-gi部門1名
女性カテゴリー1名




adidas&BJJFJ コラボラッシュガード
参加選手限定特別価格、2000円



★adidas cup、大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月06日

グレイシーがレッスルマニア観戦!


私事ですがパン選手権が終わってからアトランタに行き、プロレスの大会「レッスルマニア」を観戦しに行きました。

もともと自分はプロレス好きで10代の頃は本気でプロレスラーになろうと思い、体を鍛えながらメキシコ行こうとしてスペイン語も勉強していたぐらいなのです。

ですがそれから紆余曲折あり、今は柔術をやっている次第です。

まあそれはどうでもいいんですが、そのレッスルマニアで珍しい人物に遭遇しました。

なんとホリオン・グレイシーの次男、ヘナー・グレイシーです!

実はこのアトランタ入りする前にある方から「ヘナーも明日からアトランタ行くらしいですよ。まさかレッスルマニアを観に行く訳ではないでしょうけどね。」なんて話を聞いていたのです。

自分もヘナーがレッスルマニア観戦なんて想像できなかったんで、その話はすぐに忘れていました。

が、関係者入り口で見覚えのある長身の坊主頭を発見。

よく見るとヘナー・グレイシー本人でした!

しっかりとエリオのトリビュートTシャツを着用してWWE関係者の中にいるヘナー、なかなか異質でした。

向こうも自分がいることにびっくりした様子でお互いに「なんでいるの?」と。

自分の場合は普通にバケーションだよ、と言い、ヘナーはというと、なんとガールフレンドがWWEのDIVA(エバ・トーレス)らしいのです。

レッスルマニア観戦も今回で3回目という常連さんでした。

グレイシー、それもエリオ直系の本家本元グレイシーがエンターテイメント・プロレスの最高峰・WWEを観戦するなんてちょっと意外でした。

ちなみにヘナーが住んでるLAから今回のレッスルマニアが開催されたジョージア州アトランタは飛行機で5時間弱、時差も3時間あります。

ちょっと観に行くか〜みたいな簡単に行ける距離じゃないのに、わざわざ観戦に訪れるなんてずいぶんと熱心ですね!

まあお目当てはレッスルマニアよりガールフレンドなんでしょうけど。

ちょっと面白かったんで、小ネタですがこちらで紹介させて頂きました!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月05日

チャリティーセミナー「柔術特別レッスンin AICHI HANDA」を開催!


3月11日に起きた東北関東大震災のための支援物資を集めるチャリティーセミナーを4月17日(日)10時〜15時に愛知県半田市青山武道館にて行うことが決まりました。

今回、ボランティアで講師としてマルコス・ソウザ、カーロス・トヨタ、アレッシャンドリ小川ら日系ブラジリアンの黒帯たちが多く集まり、一人につき1〜2の技を教えてくれます。

参加は無料ですが、そのかわり支援物資集める事になっていますのでよろしくお願い致します。

マルコス・ソウザよりメッセージ
「幸せなことに僕達の周りでは、大きな被害はありませんが、スーパーでは水や非常食等がまったくなく、ガゾリンも手に入りにくい状況となっています。

そこで私たちは被災地に寄付するために、ブラジリアン柔術の選手達で、チャリティー活動を行うことにしましたので、ご協力してくださる皆様はよろしくお願い致します。」


『柔術・特別レッスン in AICHI HANDA』
開催日時:4月17日(日曜日)10時〜15時

会場:青山武道館(愛知県半田市青山町2−1−2) TEL 0569‐24‐0666

【参加する方にお願い】
☆真心の救援物資を御持参下さい。
ー尊櫃乏Г気泙凌真瓦竜澑臺資をトラックに積んで東北へ運搬をして参ります。
∩る物資の例…トイレットペーパー、お米、オムツ(子供用〜大人用)、水、服、粉ミルク、スパゲッティーなど、生活必需品。

☆レッスンを受ける方は、柔道着か、動きやすいジャージを御持参下さい。

【お問い合わせ連絡先】
〒475‐0823 アジサプリメント
愛知県半田市港町2‐17‐2 フクオカ アジナルド
携帯  080‐3285‐1194 サイキ
   ◆090‐1750‐3962 アジサプリメント
FAX 0569‐32‐8593

★チャリティーセミナーの詳細はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月04日

DUMAUが5月に愛知と東京で2大会を開催!


先日、パン選手権に多くの選手を派遣したDUMAUが5月に愛知県と東京で2大会を開催します。

もちろんこの大会もDFCのポイント対象大会となっているので来年のヨーロピアンやパン選手権、ムンジアルに出場を検討している方は無料航空券獲得のチャンスです。

また今大会は出場費が安めに設定されており、カテゴリーのみだと男子4000円、女子3000円というのも出場しやすいですね。

そして黒帯の選手は4/12までに出場申し込みをすれば出場費用が無料になっているというのも特筆すべきことでしょう。(東京大会のみ、愛知大会は4/1に締切り済)

経験を積みたい初心者から海外大会を目指す上級者までみんなにおすすめな大会なのでゴールデンウイーク前に試合出場してみてはいかがでしょうか?!。


大会詳細は以下から。


【愛知大会】
『DUMAU JIU JITSU INTERNATIONAL CHAMPIONSHIP 2011』
開催日時:2011年5月1日(日)
会場:青山記念武道館(愛知県半田市)
選手集合・計量開始 9:00  試合開始 10:00

★詳細はコチラから!

【東京大会】
『DUMAU JIU JITSU TOKYO OPEN CHAMPIONSHIP 2011』
開催日時:2011年5月3日(火・祝)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター柔道場
選手集合・計量開始 9:00  試合開始 10:00

★詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月03日

パン選手権2011:エジソン籠原のパン選手権の総括


「ヨーロピアンに続きパン選手権にも日本から多くの選手を派遣しました。

そのヨーロピアンではほとんど(9割)の人がメダル獲得することができたのですが、パン選手権では来た選手の半分位しかメダルを獲得できませんでした。(試合結果:銅×5、金×1、他はベスト8が多かった)

でも大会のレベルを考えると、結果的にはよかったと思います。

なぜなら、、自分はヨーロピアン、ムンジアル、パン選手権の世界大会の中で、大会の名前としてはムンジアルが世界選手権なので1番ですが、試合の内容的にはパンナムが1番高いレベルだと思っているからです。

パン選手権のアダルトに出場している選手は、ほとんどムンジアルにも出場します。

ですがパンナムはアダルト、マスター、シニアの3つの年齢カテゴリーに別れているので、アダルトはアダルト、マスターはマスター、シニアはシニアで出場します。
しかし、ムンジアルはカテゴリーがアダルトしか無いので、普段マスターやシニアで出場している選手もアダルトでエントリーしてきます。

そうすると、ムンジアルの場合は人数も増えますし、1、2回戦でマスターやシニアの人と当たる確率が高くなるのでその分、勝ち上がりやすくなります。

なので、私は試合の内容的にはパンナムが1番高いレベルだと思っているんです。

なので今回の結果は、さっきも言ったとおり、ヨーロピアンに比べて、見た目は成績が下がったようにも見えますが、勝ち上がるのが難しい試合なので、結果は悪くないと言えますね。

また、今回の試合結果から、ムンジアルはさらなる期待ができると思うので、すごく楽しみです。

ちなみに、現在のDUMAUのポイント制システムのランキングで、ムンジアル行きが決まっている選手は、今回パンナムにも出場したマルコス・ソウザ(黒帯/ブルテリア・ボンサイ)と、アンデルソン高橋(紫帯/ホシャ柔術)、パンナムには怪我で来れなかったホベルト・サダヨシ(紫帯/INFIGHT JAPAN)の3人です。

5月1日に行われるの愛知大会、5月3日に行われる東京大会でもポイント制システムにて、何人かの選出を予定います。

ちなみに、ムンジアルはカテゴリーはアダルトしかないため、ムンジアル出場の選出はアダルトにエントリーしている選手の中から選びますので選ばれたい人はアダルトで参加してください。

また、今回選ばれなくても、選ばれても、ムンジアル(アダルトのみ)とヨーロピアン(アダルトマスターシニア)の分のポイントにはつながります。

この海外の大会に日本から選手を派遣するDFC(Dumau Free airticket Circuit)は今後も継続して続けていきますのでDUMAUの大会をよろしくお願いします。」



★DUMAUの今後の大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月02日

パン選手権2011:湯浅麗歌子選手の試合後のインタビュー


「今回のパンナムは2月に行われたDUMAUの試合に出てMVPを頂けたので出場することが出来ました。

★その試合はコチラから!

なので、去年初めて出場したムンジアルに続き、今回は2度目の世界大会にとなります。

私の中でパンナムのイメージは、ムンジアルの2ヶ月前に行われる試合で、ムンジアルのための試合という感じです。

去年のムンジアルは青帯で出場していましたが、今年は紫帯での出場となり、世界の紫帯の中で、自分がどのレベルにいるのかが知れることが楽しみでした。

でも、余裕が出てきた分、日本の試合と同じようにすごく緊張していた部分もありました。

去年は初めての世界大会ということで、試合以外にも色々と不安があったけれど、周りは英語とポルトガル語しか聞こえないし、セコンドの声もよく聞こえるので、今年は試合以外は特に緊張もなく、いつも通りの動きができたと思います。

結果としては、今年もベスト8になってしまいました。

でも去年と違って、試合中冷静に対処出来るようになったような気がします。

攻め続けるのが私のスタイルですが、今回の試合で駄目だったところは、打ち込みが足りなかったのでその動きが瞬時に試合で出せなかったところですね。

先月行われたADCCの時もそうでしたが、瞬時にしっかりとした対処ができなくて、隙を産んでしまい、それが敗北につながりができました。

今回もやられた技は違っていても根本的な敗因は同じです。

なので、次の試合に向けての課題は、隙を作らないことが目標です。

そのためには、技に対する防御も覚えなければならないので、上からも下からもしっかり練習していきたいと思います。

次回の試合はまだ決まっていませんが、いつでも試合ができるように、帰ったらまたたくさん練習して次の試合に臨みたいと思います。」



★湯浅麗歌子選手のパン選手権の試合の様子はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2011年04月01日

パン選手権2011:ホベルト・サトシ・ソウザ、試合後のインタビュー


ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)

──優勝おめでとうございます。初出場したパン選手権で初優勝でした。優勝した感想を教えて下さい。

「優勝できてすごく嬉しいです。

パン選手権に出たのはまだ1回目ですが、それで優勝できたのでとても嬉しく思います。

試合のレベルもムンジアルに近く、またムンジアル以上に難しい試合もありました。

大会全体に関してはIBJJF(国際連盟)がやる大会はいつも運営がうまくできていて混乱がないのがいいですね。

同じLAでの開催だからかどことなくムンジアルの会場の雰囲気にも似ていました。」


──試合は4試合ありました。どの試合が1番難しかったですか?

「4人ともみんな難しかったですよ、簡単な試合なんてありませんから。

けど最初の試合は減量が厳しかったので自分の力を100%出せなかったですね。

いつも1試合目が1番難しいんです。

対戦相手が誰だから、というのではなくて。

しかも今回は1試合目からアリアンシのジョルダン。

ジョルダンはヨーロピアンの決勝でもやりましたが、とても強い選手で大変でしたね。

やはり1試合目ということもありかなり厳しい試合になりました。

その後の試合を見ても極めれなかったのはその1試合目だけですから、いかに厳しい試合だったかがわかることと思います。」


──以前からATOSのラルフ・ゴーが何度もサトシと試合をしたいと言っていました。その試合が遂に実現し、サトシが一本勝ちしました。その試合について教えて下さい。

「今はラルフ・ゴーに限らず僕と試合したい人はたくさんいます。

だけどラルフは私と同じくアジアで活躍している選手なので、アジアの選手同士で、アジアのレベルを皆に見せることができて、それがすごく嬉しいです。

でも僕にはラルフだろうが誰だろうがずっと勝つことしか考えてないから対戦相手は選ばないし、相手が誰々というのは特に意識していません。」


──今回のパン選手権で特に印象に残った選手はいますか?

「黒帯で一番の活躍をしたのは階級別と無差別で優勝したホドウフォ・ヴィエイラ(GFチーム)だと思います。

試合運びもいつも自分が一歩先に進んでいて、どの選手も何も出来なかったですね。

ブラガ・ネトやレオ・ノゲイラに勝てたということは、たくさん練習した結果だと思います。」


──ヨーロピアン、パン選手権と優勝しました。次の目標を教えて下さい。

「とりあえず今はしっかり休みたいですね。

この試合に向けてすごく厳しい練習をしてきたのですごく疲れているんです。

まだ怪我も100%治ってるわけではないですしね。

ですがムンジアルは出たいと思っていますよ。

ムンジアルはすごく大事な大会ですから。

昨年、私は茶帯レーヴィで優勝したけど、今年も同じく優勝という結果を維持することは凄く難しい。

私はすでに皆に知られてしまっているから、今までと同じことをしていてはダメだとも思います。

だから今まで以上に練習してもう一度、ムンジアルで優勝したいです。」



★ホベルト・サトシ・ソウザの試合はコチラコチラから!




text by Anderson Takahashi




©Bull Terrier Fight Gear