English Portugues Japanese

2012年06月

2012年06月30日

【コパ・ブルテリア2012】参加人数、500人超のため出場申し込み早期締切!


来週の日曜日の7/8(日)、東京・台東リバーサイドスポーツセンターにて開催される「コパ・ブルテリア2012」。

当初は出場申し込み受付締切が明日までとなっていましたが、締め切りを待たずしてすでに500人をオーバーする人数となってしまいました。

そのため誠に勝手ながら本日を持って出場申し込み締切とさせていただきます。

みなさまのご理解ご了承の程よろしくお願い致します。

また参加頂きました選手、また関係者には厚く御礼を申し上げます。

続きを読む

【新商品】アジア・オープン2010DVD、2巻同時リリース決定!

ムンジアル、パン、ヨーロピアンに並ぶ国際ブラジリアン柔術連盟主催の2年に一度開催されるアジア最大の柔術大会であるアジア・オープン。

今年はその爍嫁に一度瓩離▲献◆Εープン開催年として海外強豪選手から10月を待たずして早くも参戦表明があるなど、今から大きな盛り上がりを見せつつあります。

そんなアジア・オープンの前回大会、すなわち2010年の大会DVDが遂に来月上旬に発売決定!

このDVD発売は昨年秋にも「そろそろ発売」と予告したものの、諸事情により無期延期となっていました。

が、今春ドゥマウのDVDシリーズや教則DVD「ドクトル柔術」で知られる螢侫襯侫ースが制作に携わってからはトントン拍子でコトは進んで、このたび晴れて商品化されたのです。

この商品化までのゴタゴタというか諸事情はまたの機会に譲るとして、ここからはDVDの見所を紹介していきます。

2年前のアジア・オープンといえばアブマー・バルボーサ、イゴール・シウバ、マイク・ファウラー、ジョナサン・トーレスら世界トップクラスの柔術家が多数参戦、そこに国内の有名柔術家が加わり国際色豊かな大会となり、大きな話題を集めました。

そして今は黒帯となり、世界の強豪の仲間入りしたサトシの貴重な茶帯時代の試合も多数収録されており、その色帯離れした実力と猝イ擦覘畛邱腓屬蠅鷲見!

対戦相手をことごとく短時間で極めていく極めの強さには惚れ惚れします!

そして今作は試合だけではなく「チャンピオンズ・スペシャル・テクニック」と題し、アジア王者のマルコス・ソウザ&ラルフ・ゴーの2選手の試合で使ったテクニックも映像特典として追加収録。

試合と技術の1枚で2度オイシイ作品となっています。

惜しむらくは大会開催からすでに2年が経過してしまっており、完全に時期外れの感は否めませんが、今大会で行われた激闘の数々がこういったオフィシャルDVDとして発売されることの資料的価値は計り知れないことでしょう。

このDVDを見て、来るべきアジア・オープン2012の開催に備えて気分を盛り上げるべし!

一時はこのままお蔵入りか?!と懸念された幻のアジア・オープン2010DVDは上巻・下巻とも各3500円でブルテリアやイサミ、その他有名格闘技ショップにて7月上旬発売予定。

今度こそホントに発売されますので、ぜひ2巻揃ってのご購入をご検討下さい!



『アジア・オープン2010DVD・上巻』
上巻は黒帯と茶帯のアブソルートの試合を収録。
アブソならではの夢の対戦が続出!




『アジア・オープン2010DVD・下巻』
下巻は階級別の試合。
黒帯&茶帯の各階級決勝戦を余すところなく収録。
パブロ・シウバ、イゴール・シウバ、ハイファン・バルボーサら
階級別にのみ出場の選手もいるので要チェック!

※素材の都合上、茶プルーマ決勝戦のみ未収録となってます。
ご了承下さい。







©Bull Terrier Fight Gear

2012年06月29日

【ニュース】今後の大会予定

これから開催される主要大会の予定をザッと紹介しましょう。

まずは7月から。

7月はドゥマウ初の仙台大会、年に1度のコパ・ブルテリア、そしてJBJJFの全日本大会が開催されます。

ドゥマウはもう出場を締め切りましたが、コパ・ブルテリアとJBJJFの全日本大会はまだ出場申し込み受付中です。

ドゥマウの仙台大会ではHALEOのブースが出店され、マルキーニョス、サトシ、クレベルが来場、柔術とMMAのデモンストレーションを行います。

サトシは柔術のエキシビジョンを行い、その相手を務めるのは日本人最年少で黒帯を取得した岩崎正寛選手です。







続きを読む

2012年06月28日

【MMA】クレベル・コイケ、金網MMAで一本勝ち!

柔術で活躍中のクレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)。

クレベルは柔術の試合と並行してMMAの試合にも出場していることは熱心な柔術マニアでない限りあまり知られていないかもしれません。

とは言うものの、クレベルはこれまで12戦8勝3敗1分というなかなかの戦績を残しています。

最近は柔術をメインにしていたクレベルですが、ムンジアルも終わったことで今後はMMAにも積極的に出場していく意向のようです。

そんなクレベルが6/23(土)、兵庫県神戸市の神戸ファッションマート アトリウムプラザにて開催された金網MMA『HEAT 23』に初参戦しました。

昨年9月以来、そして2012年初のクレベルのMMAの試合を紹介します。

対戦相手は堂垣史善(パラエストラ加古川)、この試合はHEAT総合ルール ライト 級 ワンマッチ 5分×3Rで行われました。



HEATは金網MMAのプロモーションで主に名古屋で開催されているプロ興行。



続きを読む

【JJFJイースト・ジャパン2012】黒帯の試合 Part.1

6/24(日)、千葉県の千葉ポートアリーナで開催されたJJFJ主催「イーストジャパン2012」の黒帯の試合を紹介します。



<アダルト黒帯ライトフェザー級決勝>
佐藤和弥(パラエストラ八王子)
VS
井田悟(パラエストラ葛西)
パラエストラ支部対決の両者。佐藤選手が2ポイントを先制します。



続きを読む

2012年06月27日

【コパ・ブルテリア】サトシ、マルキーニョス、佐々木憂流迦らブルテリア・スポンサー選手がエントリー


7/8(日)、東京・台東リバーサイドスポーツセンター・柔道場で開催されるブルテリア主催「コパ・ブルテリア2012」にブルテリアがスポンサードする選手がt多数エントリーしました。

今大会に追加エントリーしたのは以下の選手です。


続きを読む

2012年06月26日

【発売中】ゴング格闘技最新号・柔術関連記事紹介


全国の柔術・グラップリングファンの皆様、お待たせしました! 『ゴング格闘技』最新号が6月23日より全国の書店で絶賛発売中です!

今回は5月31日から6月3日に米国カリフォルニアで開催された、BJJ世界選手権の模様をリポート!

日本を代表する柔術家となったホベルト・サトシ・ソウザが黒帯を巻いてのムンジアル初出場、アダルト黒帯レーヴィ級の表彰台に上りました。

ほかにも相変わらずの強さを見せるギイ&ハファのメンデス兄弟、2階級制覇のブシェシャ、ホドウフォ時代に暗雲!? などなど見所満載の試合レポートを掲載しています。



サトシ・ソウザのムンジアルでの試合を完全レポート!



また、今回はひとつのビッグニュースが!

WOWOWのUFC解説でもお馴染みの元MMAファイターで、現在は『アライアンス』ジムを主宰する“世界のTK”高阪剛氏が、現在ジムで『TK柔術』という道衣クラスを実施中。そこでアライアンスはJBJJF(日本ブラジリア柔術連盟)に加盟し、中井祐樹会長は高阪氏の黒帯を認可しました。

そこでゴン格は両者の対談を企画! そこでは数々の秘話が続出――柔術の世界がさらに広がっていきそうです。

今回も柔術・グラップリングの過去・現在・未来を追いかけるゴング格闘技最新号をよろしくお願いいたします!


【発売中】
『ゴング格闘技』
2012年8月号 No.242
発行:株式会社イースト・プレス 定価980円
http://www.eastpress.co.jp/gonkaku/
ゴング格闘技 ニュース速報twitterやってます!
アカウント GONG_KAKUTOGI



【今日が誕生日の柔術家】ファビアナ・ボルジェス(24)



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月25日

【ニュース】マルキーニョスがMMAデビュー!12月に中国で開催のMMAイベントで


今年の12月1日(土)に中国・河南省の鄭州市にある河南省体育館で初開催されるMMAイベント「REAL FIGHT CHAMPIONSHIP」(略してREAL)にてマルコス・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)のMMAデビューが決定しました。

河南省は中国で一番人口が多い省で、その人数は1億3千万人というから驚き!

また河南省は中国のルーツであり、三国志で出てくる中原とはこの河南省のこと。

そして少林寺発祥の地としても知られていえ格闘技熱も高く、その人口の多くが何かしらの格闘技を経験しているというのだから驚く他ありません。

今大会は日本人の山田重孝氏が代表を務める新MMAイベントで、山田氏はJJFC代表とワールドプロ中国代表を兼任し、中国の格闘技シーンを牽引する人物として知られています。

これまでも中国・上海に柔術アカデミー「アラバンカ柔術」を設立し、また中国政府公認協会であるWJAJC(レスリング・柔道・柔術委員会)の委員長も務め、中国政府とも太いパイプを持っており、今大会も中国政府のバックアップを得て開催されるそうです。

REAL旗揚げ大会のメインとなるのは今大会でMMAデビューを果たす8選手のワンデイトーナメントで円形のケージで行われます。

ケージのイメージは相撲の土俵というからユニーク。

この大会で日本を代表する柔術家であるマルコス・ソウザが日本&ブラジル代表としてエントリー、満を持してのMMA進出を果たします。

マルキーニョスは去年、マカオで開催が予定されていたDEEP・マカオ大会でMMAデビューが決まっていましたが、その大会は開催日の1週間前に急遽開催キャンセルになり、マルキーニョスのMMAデビューも白紙になりました。

その他の出場選手は4人が中国人選手で、3人は日本・韓国・北米から選出される見込みで国際色豊かな選手が顔を揃えることでしょう。



イベントロゴ。


この大会運営はかのアントニオ猪木が中国進出を目論んだ際に組んでいた武林風(ウーリンフォン)が携わる予定。

武林風は中国で一番有名な格闘技番組で、様々な格闘技イベントを手がけています。

そして今大会は旗揚げ前から中国全土でTV放送されることも決定しています。

このREALについての続報は今後もこのブログで紹介していきますのでお楽しみに!



大会会場の河南省体育館。
最大収容人数は5000人という中規模会場とのこと。



会場内の様子。
この会場では武林風が常用しており、いわば中国の武道館といった感じでしょうか?!





マルキーニョスのコメント
「MMAについては柔術を始めた頃からすでに意識していました。試合出場が決まったからには必ず勝ちます。試合はもちろん極めを狙いますが、もし極めれなかったとしてもKOで勝ちます。自分は柔術を代表して戦うつもりです。たぶんこの試合についてみなさんが応援してくれると共に不安もあることでしょう。でも安心して下さい。たくさん練習して必ず勝ちます。応援よろしくお願いします。」



©Bull Terrier Fight Gear


【JJFJイースト・ジャパン2012】主な結果


2012年6月24日(日)、千葉ポートアリーナにてJJFJ主催の「イースト・ジャパン2012」が開催されました。

その主な結果をお知らせ致します。

続きを読む

2012年06月24日

【発売中】『Fight&Life』Vol.31、ムンジアル大特集!


Fight&Lifeをいつもご覧いただいている皆さん。

こんにちは! 編集部の細田です。

6月23日(土)、Fight&Life最新号、vol.31が発売になりました!

早いもので今年も半分が過ぎてしまいましたが、5月から6月にかけての話題といえば、なんといってもムンジアルでしょう。

いまやブラジリアン柔術は世界中に広まり、ムンジアルには世界各地から選手が一同に集結。

オープン大会ゆえ誰でも出られる門戸の広さはあるものの、世界選手権の名に相応しい最高峰かつハイレベルな舞台といっても過言ではありません。

しかも今年の参加人数は過去最高の2,800人超!

ブラジリアン柔術の競技拡大が成功しています。

そこで、最新号では大会レポートと併せて「そもそもムンジアルって何?」という、根本に立ち返る企画を考えてみました。

「ALL ABOUT ムンジアル」と題した解説企画では、大会会場等の超基本情報から、毎年変わるメダルのデザインについて等のコア&レアなネタまで10個用意しています。

知っていそうで知らないムンジアルを、この機会に再チェックしてみましょう!



ALL ABOUT ムンジアル瓩妊爛鵐献▲襪魑浸体験?!



肝心の試合内容はというと、“現役最強”の呼び声高いホドウフォ・ヴィレイラを下し、マーカス・アルメイダ“ブシェシャ”が2階級を制覇!

ブシェシャvsホドウフォの一戦はムンジアル史上に残るベストバウトとなりました。

一方、日本人はというと、100名近い参加者の中、入賞者はごく僅かで、そのほとんどが1、2回戦で姿を消すという厳しい結果に……。

ムンジアルの優勝戦線に絡む選手の多くはこのムンジアル制覇のために1年を費やし、その生活の全てを投げ打って柔術に取り組んでいます。

日に8時間の練習を自らに課し、食事も身体を気遣ったヘルシーメニューでサプリメントも常用してコンディショニングを気遣う。

柔術以外のフィジカルトレーニングにも取り組み、自分のために使う時間は週末のみ、という生活を年間通してやり抜くのだから、そのストイックさは想像を絶するほど。

そんな海外トップ選手に追いつく日本人選手の誕生を願うばかりです!


試合レポではブシェシャを大きくフューチャー!



その他にはK-1エグゼクティブプロデューサーに就任した魔裟斗を直撃取材!

K-1復活から格闘家引退後に得た教訓まで、いまだからこそ語れる魔裟斗の本音が詰まっています。

4ジムのプロ練に迫ったトレーニング企画からロンドン五輪をより楽しむ企画まで、最新号も内容盛りだくさんです!



【発売中】
『Fight & Life』Vol.31
880円
■Amazonでの購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月23日

【新商品】GRACIE MAG#183レビューby杉山しずか


こんにちは、杉山しずかです。

今回のGRACIEMAGレビューも杉山しずかが担当させていただきます。

表紙は今回の特集、三角絞めに合わせてカイロン・グレイシーのがっちり三角絞めショット!

今回の主な内容は・・・

〈Face to face〉世界チャンピオン レオナルド・ノゲイラが柔術引退を意識

〈Intro〉・ニック・ディアスも注目する 世界柔術Expo2
     ・アンデウソン・シウバから学ぶこと
・ 柔術の世界での‘禅‘
・柔術での衛生、健康
・エリオ・グレイシー 15の健康メニュー
    
〈CHOKE MMA〉表紙はダン・ヘンダーソン
     ・ダン・ヘンダーソン特集
     ・UFCジャッジの詳細
     ・ドーピング問題

〈DOSSIER〉Squeeze 三角絞めのメカニズム

〈STEP BY STEP〉三角絞め打ち込み4タイプ

〈GUIDE〉柔術家がNOというべきもの
     ・ガードに戻すテクニック 5パターン

〈TRANING PROGRAM〉
     ・スパイダーガード アタック(マルコス・シューベルトによるスパイダーからの攻め方7パターン)

〈TRAINING FOR WARRIORS〉ジムトレーニングで培った力をそのままスパーリングで使うために

といった感じ。 

今回はとにかく三角絞めもいいんですが、TRAINING PROGRAMのスパイダーからの攻めが印象的!

なのですが、なにせ写真が豊富でこちらをみてもらったほうが絶対ためになるので、そちらは直接グレマガをチェックしてみてください!

そしてピックアップするのは<FACE TO FACE>のレオナルド・ノゲイラ!

■レオナルド・ノゲイラ(通称・レオ)
所属:アリアンシ
1987年5月12日生まれ
4x世界 Champion (2011 黒帯, 2009 茶帯/ 無差別, 2008 茶帯, 2006 青帯)
ブラジルナショナルChampion (2011 無差別, 2012)
リオオープン Champion (2008 茶帯/ 無差別)
ヨーロッパ Champion (2011)
ブラジルSilver Medallist (2010)
リオオープンSilver Medallist (2010 無差別, 2008 茶帯)
ブラジルナショナルBronze Medallist (2011);
リオオープン Bronze Medallist (2010, 2009)
 

ブシェシャにアブダビ予選決勝で負けたときに柔術を辞めることを意識したレオは、若干25歳にして試合するよりもセミナーで教えることの方がいいと考え始めたとか。

毎日6時間のトレーニングをするレオ。 

レオのトレーニング仲間には、あの負けなしの女子柔術家ガヴィ・ガルシアもいて、レオもガヴィについて誌面で語っています!

ん〜わたしとしてはレオも気になるけどガヴィも気になる!

そんなガヴィ、秋には初来日の噂!

試合?セミナー?詳細はまだわからないので続報をお楽しみに。

ということで、そんなグレマガ#183ぜひみなさんもチェックしてみてください。



グレイシーマガジン#183
★購入はコチラから!



★杉山しずかブログ「She is Yumm」はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月22日

【コパ・ブルテリア】エントリーリスト公開


7/8(日)、東京・台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるブルテリア主催「コパ・ブルテリア2012」のエントリーリストが公開されました。

コチラから!

大会締め切りはまだまだ先なので今後も増えることが予想されますが、特筆すべきは黒帯のカテゴリー。

今大会は黒帯は出場無料、そしてペナ級には海外招聘選手であるブルーノ・フラザトが出場するということで、締め切りを待たずしてすでに多くの選手がエントリーしています。

その黒ペナにはフラザトの他に大原道広(ポゴナ・クラブジム)、加古拓渡(GSB)、中塚靖人(グレイシーバッハ)、嶌崎公次 (クラブバーバリアン)、塚田市太郎(ダムファイト・ジャパン)など、日本を代表する選手ばかり。

これは豪華トーナメントになりそうです!



ブルーノ・フラザト(ATOS)


他にもマスターで久々に試合出場となるジョン・バチスタやシニアで出場の福住慎祐選手などもエントリー中。

大会出場締め切りは7/1(日)必着となっていますので、出場希望の方はお早目のお申し込みを!

★大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2012年06月21日

【柔術プリースト】ドゥマウインターナショナル2012 Part.1

2012y06m21d_022003917
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

#52は4月29日に愛知県半田市の青山記念武道館で開催されたドゥマウ主催「ドゥマウインターナショナル2012」の大会初日の模様をお送りします!

大会は2日連続で開催され、大会初日は階級別の試合が行われました。

今回はその初日の階級別の試合から茶帯・黒帯はもちろん女子の試合まで幅広く紹介します。

出場選手はまさにドゥマウオールスター的な日本人・日系ブラジリアンが総登場!

久々に勃発した暴動騒ぎも含めて、どの試合も興味深いことでしょう。



黒帯だけでこんなにも多くの選手が出場したドゥマウインターナショナル2012。
大会初日は階級別の試合です。




暴動騒ぎを起こした張本人、アンデルソン高橋!
普段は温厚でも怒り心頭で大暴れ!
ヤバいです。




大好評レギュラーミニコーナーのBJJテクニックファイルはクリスチアーノ上西編のラスト、亀の崩し〜サイドポジションをレクチャー!

このテクコーナーは15:00きっかりからスタートしますので、お見逃しなく!

また番組恒例の冒頭のオープニングアイキャッチには8月の初来日を控えたジョアオ&パウロのミヤオ兄弟が二人揃って登場!

さすが双子、同じ顔!という当たり前の感心はともかく、何回か撮り直した渾身のアイキャッチにも注目して下さい。

ちなみに歯抜け顔の方が兄貴のジョアオです。

このオープニングアイキャッチを見て来日時にどっちがパウロでどっちがジョアオか見分けが付くようにしときましょう!

そして次週の柔術プリーストはドゥマウインターナショナル2012の大会2日目、無差別級の試合の数々をお送りする予定です。

こちらもお楽しみに!


★#52はコチラから!






★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ヒカルド梅津(36)、マリーナ・ヒベイロ(27)



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月20日

【大会告知】7/21&22 台湾BJJ主催:柔術&ノーギ・トーナメント

来る7/21、22の2日間、台湾の台北市で台湾BJJ主催の柔術&ノーギのトーナメントが開催されます。

大会初日は柔術で2日目はノーギグラップリングとなっています。

今大会は茶帯と黒帯の出場日は無料で、また早期エントリーの割引、そして大会Tシャツが配布されるなど、多くの特典があります。

また大会協賛のスポンサー各社より豪華賞品があるというのも嬉しいですね。

今大会は日本からの出場者も広く募集中です。

大会を主催する台湾BJJはメインインストラクターが日本でもお馴染みの小笠原誠氏なので日本語での対応も万全ですので、安心して出場できることでしょう。



小笠原誠(台湾BJJ)


続きを読む

2012年06月19日

【ニュース】サトシが磐田市の広報誌に掲載


ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)が静岡県磐田市の広報誌「広報いわた」に掲載されました。

この「広報いわた」は磐田市の各家庭で回覧されている回覧板に封入されているフリーペーパーで、約6万世帯に配布されています。

サトシというと浜松というイメージが強いですが、実はサトシ&マルキーニョス(ついでにクレベルも)磐田市在住。

ここで地元のヒーロー的に取り上げられたのは日系ブラジリアンのサトシにとっても嬉しいことでしょう。

画像をクリックすると誌面の拡大画像が出るので記事全文も読めると思います。

そしてこれだけではありません。

ヨーロピアン&ワールドプロ優勝に続き、ムンジアルで3位入賞という快挙を果たしたサトシが磐田市の市長を表敬訪問(市長と対面)というプランもあるとか!

磐田市内には外国籍の国別人数としては一番多い約4500人のブラジル国籍の方が在住しているといいます。

そこでサトシに市内の日本人と外国人の方のパイプ役として、またブラジリアン柔術の磐田市での紹介としてサトシに支援して欲しいとのことなのです。

また磐田市としてもサトシの今後の活動に協力してくれるとのことで、それは双方にとって、そしてブラジリアン柔術界にとってもいいことでしょう。

この市長表敬訪問はぜひ実現させてもらいたいですね!



「広報いわた」
磐田市にて無料配布中!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月18日

【新商品】DVD:DUMAU JAPAN OPEN JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2011


昨年11月、台東リバーサイドスポーツセンターにて開催された「DUMAU JAPAN OPEN JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2011」がようやくDVD化となりました!

今大会の目玉ば、マルコス・ソウザと小室宏二選手の初対決に期待がかかったアダルト黒帯アブソルート級トーナメント。

この二人は決勝戦で顔を合わせることとなるのですが、この試合についてはネット上でも大きな話題となり、その動画も多く出回っていますのでご存じの方も多いでしょう。



マルキーニョスvs小室というビッグカードがアブソ決勝で実現!


トーナメントにはそのほかにも、小室選手の学生時代の同級生である岡本裕士選手、ベテラン関口和正選手をはじめ、塚田市太郎選手、アンデウソン天川選手ら、DUMAUではおなじみの実力派黒帯ファイター達が大挙出場。

このDVDには、それらトーナメント全試合を余すところなく収録しています。

特にマルキーニョスと小室選手の2人が決勝まで駆け上がる過程を目にしていただきたいと思います。

また試合後、小室選手が戦った全試合の感想を語ったロングインタビューも見どころの1つです。

“DUMAUは紫帯が熱い!”ということで、当然アダルト紫帯の試合もたっぷりと収録しています。

おなじみ、クレベル・コイケ、アンデルソン高橋、ヒロ・ヤマニハ、カーロス・キムラ等、日系ブラジリアンの熱くハイレベルな戦いはもちろん、嶋田祐太、荒井勇二など、今後の活躍にまさます期待の日本人選手たちにも要注目!

中でも現在は茶帯を巻くアンデルソン高橋&カーロス・キムラの紫帯時代の試合は今となってはレアでしょう。

他、ムンジアル王者イ・サンス、金井学、中尾亨による茶帯プルーマ級三つ巴マッチ、ワールドプロアジア王者の実績を持つ小寺桂が出場した女子青帯無差別トーナメント等、全12カテゴリ・41試合をDVD2枚組、約4時間の大ボリュームで収録!

そして先日の世界選手権でベスト8と健闘した小山貴之選手、規格外の“飛び技”が話題の嶌崎公次選手も登場!

ちなみに全71試合を収録した前作「DUMAU OPEN JIU-JITSU CHAMPIONSHIP 2011」も好評発売中です!

海外強豪選手の招聘、積極的な地方大会開催と話題に事欠かないDUMAUのオフィシャルDVDシリーズをよろしくお願いします。






【新発売】
『DUMAU JAPAN OPEN 2011
マルコス・ソウザ vs 小室宏二』
■詳細&購入はコチラから!




【好評発売中】
『DUMAU OPEN JIU-JITSU
CHAMPIONSHIP 2011』
■詳細&購入はコチラから!





©Bull Terrier Fight Gear

2012年06月17日

【ニュース】シャンジ、COPA IFに緊急参戦!


6/24(日)、東京・台東リバーサイドスポーツセンター柔道場で開催されるIF PROJECT主催「COPA IF PROJECT」の東京大会にて世界王者、シャンジ・ヒベイロの緊急参戦が決定しました!

シャンジが出場するのはアダルト黒帯アブソルート級です。

アブソなので軽量級の選手でも対戦するチャンスがあります!

世界王者と直接肌を合わせられるというこの貴重な機会をお見逃しなく!

これに伴い、大会出場締め切りが6/18(月)まで延長されるようです。

延長されるのはアダルト黒アブソだけではなく、その他全カテゴリーが対象です。

また大会後に行われるシャンジ・ヒベイロセミナーに関してはまだ若干の空きがあるとのこと。

セミナー&試合とも参加をご希望の方はお早めにお申し込みください!


※追記 シャンジが出場するアダルト黒アブソのみ当日受付OKとのことです!

★大会詳細はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2012年06月16日

【ムンジアル2012】黒帯ガロ決勝戦:ブルーノ・マルファシーニvsカイオ・テハ

いまや名勝負数え歌的に幾度となく激戦を繰り広げているブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)とカイオ・テハ(グレイシーエリートチーム)。

共に世界王者を経験しガロ級のトップ選手、というかガロはこの2トップとその他大勢というのが現状といっていいでしょう。

実に2009年から2012年の4年間もムンジアル黒ガロ決勝はこの二人の対戦となっていて、去年まではブルーノの3連勝中。

個人的な印象ですがブルーノはフィジカル&スピード、カイオはテクニック&戦略。

カイオが戦略を練って試合を作ろうとするところをブルーノが野獣のようなムーブでブッ潰す!的な感じです。

ブルーノはUGF時代は勝ったり負けたりの選手でしたが一念発起してアリアンシに移籍してから常勝軍団の一員となり、磐石の強さを発揮しています。

対するカイオも試合は勝ったり負けたりですが技術的な造詣は深く、複数発売している教則DVDもベストセラーとなっていて各地で行っているセミナーも連日満員御礼の大盛況の様子です。

セミナーの集客を増やすためにもここはブルーノにリベンジして2008年以来のムンジアル王者に返り咲きしたいとこでしょう。



黒帯ガロ級決勝戦
ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)
vs
カイオ・テハ(グレイシーエリートチーム)



続きを読む

2012年06月15日

【キモノレビュー】adidas:Traditional Cut


遂に日本に本格進出した世界的スポーツブランド、adidas製の柔術衣。

adidasの柔術衣といえば2年前に某格闘技メーカーから発売されたことがありましたが、それは日本で企画・販売されたもので今回入荷したものは海外で企画・販売された輸入モノです。

今日紹介するのは昨年、adidasのスポンサー選手としてプロモ来日したホムロ・バハルが試合&セミナーで着用していたモデルで、そのときはまだ数が限られており入手困難なものでした。

★ホミーニョの来日時のブログはコチラコチラから、セミナーの様子はコチラから!

ですがadidasの正規代理店を務めるアメリカ・ブドーマートのラウル氏が来日した際に静岡県浜松市のブルテリアまでわざわざ足を運んでの交渉でブルテリアでの取り扱いが決まりました。

その第一弾の入荷がこのTraditional Cutを含む4モデルなのです。

★その他の入荷モデル詳細はコチラから!

珍しいスポーツメーカーが作る柔術衣として注目されているadidasギ、その中からホミーニョも着用していたTraditional Cutを実際に着用した使用感をレビューします!


続きを読む

2012年06月14日

【柔術プリースト】ワールドプロ2012の茶黒帯決勝戦をドドン!と大公開


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

最近は日本国外からの視聴も多く、英語字幕を付けろ!とのリクエストも多々あるようですが、そんなもんはコスト的に無理!

つーことで海外市場はガン無視し、当分は字幕なしの日本語オンリーのドメスティックバージョンでいく所存であります。

とか言いつつ、今回紹介するのはワールドプロ2012の茶黒帯決勝戦!

アブダビで開催された賞金トーナメント、ワールドプロで行われた茶黒帯決勝戦の激闘の数々を惜しげもなく大公開というのだから海外でも大注目(なはず)。

それも男子だけでなく女子の決勝戦も!

女子は茶黒帯ではなく紫帯から黒帯までの混合トーナメントだったのでムンジアル2階級制覇のガヴィ・ガルシアvs紫帯という対戦もあります。

これがまたガヴィの圧勝か?!と思いきや、そうでもないのが面白いとこではあります。

またミッシェル・ニコリニvsキーラ・グレイシーの対戦ではキーラの一本負けという衝撃の結末。

グレイシーのタップというのはもはや珍しいことではなくなっていますが、自分はグレイシー直撃世代なのでやや複雑な思いがあります。

やはりグレイシーの姓を持つものは強くあって欲しい!と強く思う今日この頃です。

男子決勝ではIBJJFのオフィシャルレフェリー・カリオカ門下生というフェルナンド・ヴィレイラがマナウス出身らしい俊敏な動きを見せているのに注目!

このフェルナンジーニョ、2004年のムンジアルでかのビビアーノ・フェルナンデスに勝利している実力者で、近年は生活費を稼ぐためにMMAに専念していましたが、高額な賞金に見事に釣られて突如として柔術復帰!

それでいてサクッ!と優勝してしまうのだからさすがです。



カリオカ門下生のフェルナンド・ヴィレイラ!



ですが最大の注目は黒帯アブソ決勝で実現したアンドレ・ガウヴァオンvsホドウフォ・ヴィレイラの対戦!

ムンジアル2冠のホドウフォにかつて牴童瓩噺討个譴織ウヴァオンが挑むこの一戦はホドウフォの豪快な投げ、そしてレアなガードワークが見れるシーンもあり興味深いことでしょう。



ホドウフォの柔道スローは迫力満点!




また珍しく下になる場面もありますが意外と器用なガードワークに驚きです。



スタジオゲストには前回のゲストの居残り参戦でフルメタル柔術のジャグス&杉山しずかさんが参加!

相変わらずの行き当たりばったり感ありありでビミョーですが、それだけに実現したレアな組み合わせ、そして2度と実現は不可能であろう4人でお送りします。



左からジャグス、杉山、橋本、セラチェンのレアな4人の組み合わせ!


今回も内容充実&初公開映像満載でお送りする柔術プリースト#51、ぜひご視聴をお願いします!


★#51はコチラから!








★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】シーコ・メンデス(32)



©Bull Terrier Fight Gear


【締切間近】COPA IF-PROJECT/シャンジ・ヒベイロセミナー:6月15日必着


6/23大阪、6/24東京で行われる柔術オープントーナメント「COPA IF-PROJECT」と柔術世界王者シャンジ・ヒベイロセミナーがもうすぐ締め切りとなります!

締め切りは今週金曜の6月15日必着です。

シャンジ・ヒベイロのセミナーに関してはまだ若干空きがありますが、間も無く定員となる見込みとのことで参加希望の方はお早めのお申し込みを!


★その他、大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月13日

【ムンジアル2012】黒帯の試合動画、オフィシャルで公開中!


先日紹介した黒帯アブソ決勝のブシェシャvsレオ・ノゲイラの試合動画を含む黒帯の試合動画の3試合がムンジアルのオンライン配信を担当したブドービデオのYouTubeチャンネルで公開中です。

大会を生中継したブドービデオはこれからこの映像素材を使って大会DVDを制作するのに、そのメインコンテンツである黒帯の試合の数々、それも目玉の1つであるアブソ決勝を無料で公開するとはなんて太っ腹なことでしょう!

公開されているのはアブソ決勝のブシェシャvsレオノゲと準々決勝のブシェシャvsホドウフォ・ヴィレイラ、そしてシャンジが跳びつき腕十字を極めて勝利したシャンジvsトゥッサの3試合。

そのすべての試合がオフィシャルならではのベストアングル&ハイクオリティで公開されているので、これは見ておかないと損!

ブシェシャvsレオノゲは今日公開されたばかりでまだ閲覧数は少なめですが、先だって公開されていたブシェシャvsホドウフォの閲覧数はすでに57万回を超えており、その人気の高さが窺えます。

このブシェシャvsホドウフォは「Greatest BJJ match ever(過去最高の柔術マッチ)」と言われ、試合直後から多くのアンオフィシャル動画がアップされていました。

それがキチンとオフィシャルで配信されるのは画期的なこと!

返す返すもブドービデオは景気イイ!

聞いたとこによるとムンジアルに限らず柔術大会のオンラインPPVの購入者は年々増えていて、今年のムンジアルのオンラインPPVの購入者は1万人に届きそうな勢いだったとか。

さすがアメリカ、日本とはケタ違いの数字ですね。

ブドービデオのオフィシャルチャンネルにはムンジアル動画の他にもパン選手権でのクロンvsブシェシャや有名選手のムンジアルに向けたトレーニングの様子を紹介したインタビュー映像などもありますので、それらもぜひチェックしてみて下さい!



★ブドービデオのYouTubeオフィシャルチャンネルはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月12日

【ニュース】7/8 コパ・ブルテリア、ブルーノ・フラザト参戦決定!


7/8(日)、東京・台東リバーサイドスポーツセンター柔道場で開催されるブルテリア主催「コパ・ブルテリア 2012」にブルーノ・フラザトの参戦が決定しました!

フラザトといえばムンジアルこそ制していないものの、ヨーロピアン、パン選手権、ブラジレイロら多くのビッグトーナメントでの優勝経験があり、層が厚いペナ級でもトップ中のトップ選手。

ムンジアルでは2005年から2010年まで常に表彰台に立ち続け、またグラップリングでもADCCの本戦出場やDEEP Xの参戦で知られ、MMAでもいまだ無敗で活躍中など、格闘技全般で多彩な才能を遺憾なく発揮しています。

昨年の来日時にはヒクソン杯とグラバカ主催興行に出場、ヒクソン杯ではレーヴィで優勝し、グラバカ主催興行では金網の中での柔術マッチで国内トップ選手の一人である中村大輔選手を相手に2-0で勝利しています。



ブルーノ・フラザト(ATOS)



そして超技巧派集団・ATOSにおいても超絶テクを持つことで知られ、一時期柔術界の話題をさらった「50/50」もフラザトがオリジネイターと言われており、技のクリエイターとしても評価が高いテクニシャン。

特にガードワークには定評があり、50/50やデラヒーバからの多彩なスイープや防御に徹した際の鉄壁のディフェンスぶりは特筆モノでしょう。

今大会でフラザトはスーパーファイトではなく通常のトーナメントに出場で、エントリーするのはアダルト黒帯ペナ級です。

しかも今大会は黒帯の参加費用は無料!

タダで大会に参加できて、さらにフラザトと試合できちゃうとは、なんと素晴らしいことか!

世界のトップ中のトップであるフラザトと実際に肌を合わせられることは今後の柔術人生において大きな財産・経験になることは間違いありません。

まさに「フラザト・チャレンジ」といってもいいアダルト黒ペナのトーナメントはアツいカテゴリーになることでしょう。

そして今後フラザトはMMAに専念する予定なので当面は今大会がフラザトのラスト柔術トーナメントになる公算が大きいのが残念なところ。

それだけに黒帯の方はこの貴重なチャンスをお見逃しなく!










■『コパブルテリア 2012』■
【主催】ブルテリア
【日程】7月8日(日)
【会場】台東リバーサイドスポーツセンター
■大会詳細はコチラから!





©Bull Terrier Fight Gear

2012年06月11日

【ムンジアル2012】黒帯アブソルート決勝戦 Part.2


アブソルート決勝戦
マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
vs
レオ・ノゲイラ(アリアンシ)
片足タックルで組み付くレオノゲですがブシェシャは倒れず。



続きを読む

2012年06月10日

【ムンジアル2012】黒帯アブソルート決勝戦 Part.1

ムンジアルの最終日の最終試合として行われるのが黒帯アブソルートの決勝戦です。

このムンジアル・黒帯アブソの優勝者こそが柔術界における最高の栄誉とされ、今年も多くの黒帯がエントリーしていました。

その中には昨年度の2階級王者であるホドウフォ・ヴィレイラや過去のアブソ王者であるシャンジ・ヒベイロ、準優勝の経験があるホムロ・バハル、ベルイナルド・ファリアなどの強豪がこぞってエントリー。

そこで決勝戦に勝ち残ったのはマーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)とレオナルド・ノゲイラ(アリアンシ)でした。

どちらもムンジアルの優勝経験はなく新鋭といっていい若手選手。

ですがブシェシャはホドウフォに勝利して勝ち上がり、レオノゲもシャンジを下すという金星を挙げての決勝戦進出でした。

どちらが勝ってもムンジアル初優勝という黒アブソ決勝戦、まずは両者が出場した階級別の試合から紹介します。



スペルペサード決勝戦
レオ・ノゲイラ(アリアンシ)
vs
ベルナルド・ファリア(アリアンシ)
同門のためにシェア、優勝はレオ・ノゲイラに。



続きを読む

2012年06月09日

【柔術プリースト】#50はオーストラリア特集!ゲストに杉山しずか&ジャグス登場


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」の最新エピソードが公開中です。

今回は番組初の海外からのゲストを迎えてお送りするオーストラリア特集!

まずはオーストラリアで1年間に渡り柔術修行をしてきた女子格闘家であり柔術家である杉山しずが選手が登場。

杉山選手はブラジルブログで「やんしい日記」を連載していたので、ご存知の方も多かったでしょう。

今は日本に帰国しており、やんしい日記は休止中ですが得意の英語を活かしてグレイシーマガジンのレビューをやってもらっています。

★杉山さんの「やんしい日記」&グレマガ・レビューはコチラから!

そしてもう一人のゲストはオーストラリアからバケーションで来日していたフルメタル柔術主宰のジャグス!

ジャグスは杉山さんの柔術の師匠で青帯を授与した方でもあります。



ゲストは女子格闘家の杉山しずかさんとフルメタル柔術のジャグス!




杉山さんの青帯はジャグス認定の青帯です!




かなりの日本通でたびたび日本を訪れては観光やショッピング、そして練習に励んでいるんだとか。

そんなジャグスが日本に来たついでにサクッと収録に参加してもらった次第です。

今回は試合映像ナシで全編トークオンリーではありますが、たまにはこういうのもいいでしょう

また好評のBJJテクニックファイルシリーズには現在、上海のアラバンカ柔術アカデミーで指導中のクリスチアーノ上西が登場!

これから数週に渡り、クリスチアーノのテクニックを紹介してもらいます。



クリスチアーノ上西のテクニック、今週は亀の崩し方をレクチャー。
BJJテクニックファイルは15:29あたりから!



今週も内容充実の柔術プリースト、必見です!


★#50はコチラから!






★この「柔術プリースト」の編集&アップロードを担当してくれてる螢侫襯侫ースの
「フルフォース代表の日常ブログ(仮)」はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月08日

【ドゥマウ】大阪大会にミヤオ兄弟、プロチャレンジにレアンドロ・ロの来日決定!


8月19日(日)、大阪の吹田市で開催されるドゥマウの大阪大会「DUMAU KANSAI JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2012」にムンジアル王者のジョアオ&パウロのミヤオ兄弟の初来日が決定しました!

このミヤオ兄弟は2011年と2012年のムンジアル・紫帯プルーマを2年連続で兄弟で決勝戦に進出、優勝をシェアしている紫帯のトップ選手で、得意のベリンボロを駆使して多くの大会で優勝しまくってる強豪中の強豪。

今は道場に寝泊りし、日に3回の柔術の練習しかしていないという文字通り柔術漬けの毎日を送っているそう。

そんなミヤオ兄弟が二人揃って初来日を果たし、試合に出るというのだから、これは見逃せません!

現在のところ、来日時にまだ紫帯なのか茶帯に昇格しているのかわかりませんが、どちらにせよミヤオ兄弟の回転しまくりの試合が見られるのは非常に楽しみ。



ジョアオ&パウロのミヤオ兄弟の初来日が決定!



それだけではありません!

大阪大会の翌々月の10月に愛知県刈谷市で開催するドゥマウ久々の賞金トーナメント「DUMAU PRO CHALLENGE 2012」にも世界王者、レアンドロ・ロの来日が予定されています。

ロは今年のムンジアルであのサトシから勝利を収めて決勝戦に進出、そこで元世界王者のルーカス・レプリにも勝利してムンジアル初優勝を果たしました。

いま最も勢いのある選手の一人であるレアンドロ・ロ、もちろん今回が初来日!

あのノンストップでアタックし続ける無尽蔵のスタミナとアグレッシブさは必見!



現役世界王者、レアンドロ・ロも初来日!
ミヤオ兄弟もロもいま最も旬な選手といっていいでしょう。




ミヤオ兄弟もロも見た目は貧相ですが実は激強という、まさに柔術のイメージを体現したような素晴らしい選手。

彼らが日本に来て試合に出るというのだから、これはレア!

試合に出場する選手は世界のトップと実際に肌を合わせられるチャンスなだけに、これをお見逃しなく!


★ドゥマウの大阪大会詳細はコチラから!
プロチャレンジ詳細は決まり次第の発表となります。しばしお待ちを!




©Bull Terrier Fight Gear


2012年06月07日

【ムンジアル2012】ホベルト・サトシ・ソウザ、準決勝戦

JTと3度目の対戦を制してムンジアル準決勝戦に進出したサトシ。

これでムンジアル入賞は確定し、あとは表彰台の位置をどれだけ高くできるか?!

準決勝戦の相手はレアンドロ・ロ、パン選手権でも優勝している強豪中の強豪選手。

ロもJTと同じくサトシと同じ年齢の23歳で昨年のワールドプロで優勝してから多くのタイトルを獲得しています。

サトシvsロ、ムンジアル決勝戦進出を賭けた大一番!



試合前はいつものようにお祈りをしながら精神集中。



続きを読む

2012年06月06日

【ムンジアル2012】ホベルト・サトシ・ソウザ、準々決勝戦

これまで青帯から茶帯までムンジアルで優勝しているホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)。

黒帯に昇格したのは昨年5月だが、父親の逝去があり昨年のムンジアルは不出場で今年が黒帯を巻いて初のムンジアルとなります。

多くの選手が大会前にトレーニングキャンプを行う中、サトシは最後の1週間までを日本での練習に費やし、最終調整のみをLAからほど近いサンディエゴにあるアンドレ・ガウヴァオンのアカデミーで行う程度でした。

ムンジアルという世界最高峰の戦いでも気負うことなく自然体で試合に挑むサトシ、まさに「無心」の境地でしょうか。

そんなサトシは1&2回戦を危なげなく勝ち上がり、大会最終日に勝ち残りました。

その戦いぶりは余裕すら感じられるほどのリラックスぶり!

準決勝進出をかけて対するはヨーロピアン、ワールドプロと今年になって2回も対戦しているJTトーレス(ロイドアーヴィン)。

JTもサトシと同じく22歳で柔術の新時代を担う選手です。

強豪と知られながらもいまだメジャータイトル獲得には至っていないJTも気合十分の様子で大会初日には「オレが全員をスマュシュ&ドミネートするから見てろ!絶対優勝する!」と強気なコメント。

サトシvsJTの3度目の対戦、2度あることは3度あるのか、またはJTの3度目の正直となるのでしょうか?!



今年だけで3度目の対戦となるJTとサトシ。
これまでサトシが2連勝中。



続きを読む

2012年06月05日

【ムンジアル2012】黒帯の試合結果


ムンジアル2012、大会最終日に行われた黒帯の試合結果です。


続きを読む