English Portugues Japanese

2013年03月

2013年03月31日

【パン選手権2013】アダルト黒帯アブソルートに出場した日本人選手の試合


大会4日目に行われたアダルト黒帯アブソルートの試合は日本人2選手が出場しました。

アダルト黒帯のアブソルートは3位までに入賞しないと出れない他のカテゴリーとは違い、エントリーすれば誰でも出ることが可能なのです。

出場したのはペナの岩崎正寛選手(TEAM HALEO)とガロの吉岡崇人選手(徳島BJJ)。

ヨーロピアンでもアブソに出場していた岩崎選手、そのときは初戦を突破も2回戦でレオ・ノゲイラに一本負けを喫して玉砕。

吉岡選手はまだ階級別の試合前日で体重オーバーしており、少しでも身体を動かして体重を落とそう、という目的での出場でした。



ガロという最軽量階級でのアブソ出場という無謀とも思える挑戦をした吉岡選手。
出るからには1勝を!と果敢に攻めます。



続きを読む

2013年03月30日

【ガロ・カルナヴァル】"7 times World Champion"ブルーノ・マルファシーニ、初来日!


3/31(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるねわざワールド主催「ガロ・カルナヴァル」に出場する7 times World Champion瓮屮襦璽痢Ε泪襯侫.掘璽法淵▲螢▲鵐掘砲初来日を果たしました。

ブルーノは主催者側からの「大会に興味はあるか?」というメールでのアプローチに即座に反応し、自費で航空券を手配しての初来日が実現です。

続きを読む

2013年03月29日

【柔術プリースト】# 81:2/10 DUMAU 浅草大会!


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」、最新エピソードが公開中です。

いま配信してるのは2/10に東京・浅草で開催された『DUMAU TOKYO Jiu Jitsu CHAMPIONSHIP 2013』です。

この大会は2月に行われたDUMAU3連戦の東京大会で、同日には大阪でもDUMAUの大会が行われており、日本初の東西同日開催が話題になりました。

その中から女子の試合に茶・黒帯のベストマッチをピックアップして紹介しています。

女子は女子総合格闘技ジュエルスで活躍中のプロ選手であるMIZUKIが本名の井上瑞樹として出場、青帯で2階級制覇。

茶帯では名勝負数え歌的な玉木強vs大塚博明の試合、そして黒帯は階級別と無差別をたっぷりとお届け!

特に黒レーヴィとアブソで繰り広げられた嶌崎選手と高本選手の激闘は必見!

2試合とも一本決着となり見応え充分です。



アシスタントは番組初登場の岩崎正寛選手。
現役トップ選手の試合解説は説得力十分です!




DUMAUの過去2大会では反則負けの連続だったMIZUKIこと井上瑞樹選手。
ルールを勉強し直して久々の優勝でした。



茶帯の玉木vs大塚は互いに手の内を知る中だけに常に接戦!




階級別&無差別で2連戦だった嶌崎vs高本は好勝負!



大好評のBJJテクニックファイルは軽量級のテクニシャン、北出拓也氏がバックからの絞めのバリエーションを紹介。

このテクはかのミヤオブラザースも多用する実戦的なモノなので、ぜひ試してみて下さい!




レギュラーコーナーのBJJテクニックファイル。
バックからの絞めのバリエーションを紹介してくれるのは
パラエストラ川崎代表の北出拓也氏です。



★#81はコチラから!









【出場申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2013 in NIIGATA』
日時:5/26(日)
会場:黒崎地区総合体育館(新潟・新潟市)
今年1月に初開催したプリーストカップの地方大会。
今大会は柔術&ノーギを同時開催。大会の様子はUstで生配信!
そして大会後には大内爛疋トル畄鼻柔術セミナーも開催!
★詳細はコチラから!







【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト Vol.2』
126分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!


★DVDプロモ動画はコチラから!







【発売中】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月28日

【パン選手権2013】大会最終日の日本人選手の試合 Part.2

毎年多くの選手が参戦しているペナ級も今年は岩崎正寛選手(TEAM HALEO)の一人のみ。

岩崎選手は今年から国際大会に照準を合わせ、ヨーロピアン・パン・ムンジアルに参戦予定。

1月のヨーロピアンでは階級別でワールドプロ王者・タンキーニョと、アブソでは世界王者・レオノゲと対戦し共に一本負け。

惨敗も世界標準の強さを体感しさらなる進化を遂げました。

そこでvs世界・第2戦となる今回のパン選手権。

トーナメントは初戦でいきなり元・統一世界王者のマリオ・ヘイス!

マリオは超・トップが凌ぎを削る現在のペナ級戦線の中ではさすがにトップとはいえないまでも、過去にはvs日本人で全勝中の大ベテラン。

注目の一戦です。



引き込んで得意のハーフガードからスイープ狙いの岩崎選手。
ハーフガード、特にディープハーフにはかなりの自信を持っています。




その自信を証明するかのようにスイープに成功!
2−0と先制点を挙げるも、直後に三角絞めに捕らえられてしまいます。




マリオの得意技である三角絞めを耐え続けるも、オモプラッタから腕狙い
に移行されピンチに!




最後は裏になった状態で腕を極められて一本負け。
ヨーロピアンに続き、パン選手権でも腕十字で敗れてしまいました。




敗れたとはいえ、1回はスイープを決めた岩崎選手。
爍嚇挂椶寮議将瓩箸覆襯爛鵐献▲襪任寮錣い亡待です。




元ブルテリア・ボンサイ、現アリアンシのフアン・カイオ。
フアンは昨年のムンジアル茶レーヴィ王者でその後に
満を持しての黒帯昇格。
今大会が黒帯デビュー戦です。



1回戦はポジショニングで圧倒し、バックからの送り襟絞めで一本勝ち。




2回戦、ザック・マックスウェル(グレイシーウマイタ)と対戦。
ガードからの攻めをことごとく潰されて動くに動けず!




ポイント2−0で敗れ、2回戦敗退でした。




茶帯ペナ級に出場の大塚博明選手(グラバカ)は初戦で8−7で敗退。




同じく茶帯ペナ級の玉木強選手(トライフォース青山)も初戦敗退でした。




ヨーロピアンで準優勝したサダ・クリモリ(Impacto BJJ)は
初戦突破も2回戦で敗退。
試合後はヒザの負傷で歩くのも辛そうな状態でした。



このようにアダルトの茶・黒帯に出場した選手はみんな初戦敗退、または2回戦負けという残念な結果になってしまいました。

5月末に開催のムンジアルではパン選手権以上に過酷なトーナメントになることは必至で、日本人選手の奮起に期待したいですが、現実はそう甘くないと言わざるを得ないでしょう。

日本と世界の差は開くばかりで、この現状をどう打破したらいいのか、その打開策はまだ見つかってません。



©Bull Terrier Fight Gear

2013年03月27日

【パン選手権2013】大会最終日の日本人選手の試合 Part.1

パン選手権2013の大会最終日はアダルト黒帯と茶帯の試合が行われました。

今年は例年に比べ日本人選手の参加が少なく、黒帯は5人で茶帯は3人のみ。

これはパン選手権からムンジアルまで2ヶ月ほどしか期間がないことや、パン選手権の2週間後にワールドプロの開催があることなどが関係していることでしょう。

ですが黒帯の5選手中の4選手、そして茶帯の3選手中の2選手はヨーロピアンにも参戦している国際大会の常連なだけに海外大会にも慣れたもので、好成績が期待されました。

が、実際にはそうはならずに惨敗といっていい結果となってしまったのは残念でなりません。



吉岡崇人選手(徳島BJJ)はヨーロピアンで3位入賞も
初戦敗退の勝ち星なしのメダリストでした。
今大会では初戦をスイープ&バックの6−0で完勝しての2回戦進出。




2回戦は7 times World Champ瓮屮襦璽痢Ε泪襯侫.掘璽法淵▲螢▲鵐掘砲判藺仞錙
大量ポイントを献上も1回スイープに成功し10−2に。




最後は電光石火の腕十字を極められて5:42、一本負け!




ヨーロピアン3位に続くパン選手権は2回戦敗退のベスト8に終わりました。
吉岡選手は今週末のガロ・カルナヴァル、そして5月末開催のムンジアルにも出場予定です。




芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)もヨーロピアンから連続参戦。
ヨーロピアンでは準優勝も決勝戦では一本負けでした。
初戦の相手はLAのコブリンヤのアカデミーでインストラクターを務める
ファビオ・パッソス(アリアンシ)と顔合わせ。




両者同時引き込みのWガードから相手が立ち上がりアドバンテージ。
それを最後まで返すことができずに試合終了。




0−0、0−1でまさかの初戦敗退!
ヨーロピアンのメダリスト2選手ともパン選手権では表彰台に届かずという
予想外の結果に終わりました。




黒帯プルーマに出場の金古一朗選手(ポゴナ・クラブジム)。
Wガードの状態で試合時間のほぼ全ての時間を浪費し、
残り時間3秒で立たれてアドバンテージを奪われ0−0、0−1で初戦敗退でした。




黒帯レーヴィに出場の柿澤剛之選手(PUREBRED大宮)は単身でのLA入り。
初戦は手堅くスイープの2−0で勝利。




2回戦は久々にアメリカでの試合に復帰した元・世界王者の
マイケル・ランギ(アリアンシ)と対戦。
いつも通り引き込んでガードから攻めるもランギのパスガードを凌ぐので精一杯。




最後までパスガードを許さずともアドバンテージ3つで0−0、0−3で2回戦敗退でした。
現在36歳の柿澤選手は今年限りでアダルトからの引退を決意しており、
有終の美を飾るべく最後のムンジアルに挑戦します。



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月26日

【パン選手権2013】アダルト黒帯の主な結果

大会最終日に行われたアダルト黒帯の主な結果です。



アブソルート
優 勝 マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
準優勝 アンドレ・ガウヴァオン(ATOS)
3 位 ニヴァウド・リマ(チェックマット)、ベルナルド・ファリア(アリアンシ)



ガロ
優 勝 カイオ・テハ(ブラザ)
準優勝 ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)
3 位 ファビオ・パッソス(アリアンシ)、フェリッペ・コスタ(ブラザ)



プルーマ
優 勝 ギリャルメ・メンデス(ATOS)
準優勝 ラエルシオ・フェルナンデス(アリアンシ)
3 位 トーマス・リスボア(アリアンシ)、グスタボ・カルピオ(マッハセンキ)



ペナ
優 勝 ハファエル・メンデス(ATOS)
準優勝 フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘
3 位 マリオ・ヘイス(アリアンシ)、アウグスト・メンデス爛織鵐ーニョ瓠淵愁Ε襯侫.ぅ拭璽此




レーヴィ
優 勝 マイケル・ランギ(アリアンシ)
準優勝 ルーカス・レプリ(アリアンシ)
3 位 ジョナサン・トーレス(ATOS)、ヴィニシウス・マリーニョ(GFチーム)




メジオ
優 勝 クラーク・グレイシー(グレイシーエリートチーム)
準優勝 マルセロ・マフラ(チェックマット)
3 位 DJジャクソン(ロイドアーヴィン)、ヴィトー・オリベイラ(GFチーム)



メイオペサード
優 勝 アンドレ・ガウヴァオン(ATOS)
準優勝 グットー・カンポス(ATOS)
3 位 タルシフ・ハンフリー(アリアンシ)、ホムロ・バハル(グレイシーバッハ)



ペサード
優 勝 ホベルロ・アレンカール爛肇ゥ奪記瓠淵哀譽ぅ掘璽丱奪蓮
準優勝 ニヴァウド・リマ(チェックマット)
3 位 ルーカス・レイチ(チェックマット)、パウロ・ペッソア(チェックマット)


スペルペサード
優 勝 レオ・ノゲイラ(アリアンシ)
準優勝 ガブリエル・ヴェラ(ストリートスポーツ)
3 位 フェリッペ・マトス(バルボザJJ)、アンドレ・カンポス(グレイシーバッハ)



ペサディシモ
優 勝 マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
準優勝 アレキサンダー・トランス(チェックマット)
3 位 グスタヴォ・ディアス(グレイシーウマイタ)、ホベルト爛汽ぅ棔璽悪瓮▲凜Д襦次淵検Ε▲凜Д鵐献磧璽后




アダルト茶帯アブソルート
優 勝 キーナン・コーネリアス(ATOS)
準優勝 パウロ・ミヤオ(シセロコスタ)
3 位 ジョアオ・ミヤオ(シレロコスタ)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月25日

【ADCC ASIA TRIAL 2013】各階級の結果

IMG_2809
2013年3月24日(日)東京都の駒沢オリンピック公園内球技場にてISAMI reversal present ADCC ASIA TRIAL 2013が開催されました。

各階級の表彰台の結果をお知らせいたします。
なお、優勝者は今年10月に北京で行われる本戦出場権が与えられました。

IMG_2761
-66.0kg級
優 勝 佐々木憂流迦(和術慧舟會駿河道場)
準優勝 徹肌ィ郎(和術慧舟會東京道場)
3 位 齊藤曜(和術慧舟會トイカツ道場)



IMG_2752
-77.0kg級
優 勝 山田崇太郎(総合格闘技津田沼道場)
準優勝 下石康太(修斗ジムBLOWS)
3 位 松本光史(MASTER JAPAN)



IMG_2696
-88.0kg級
優 勝 安西信昌(TEAM CLIMB)
準優勝 荒井勇二(Free)
3 位 オドゥスレン・ボルドエルデン(ADCC Mongolia)



IMG_2683
-99.0kg級
優 勝 小澤幸康(TEAM-KAZE)
準優勝 シビサイ頌真(チーム新日本)
3 位 増田裕介(AACC)



IMG_2670
+99.0kg級
優 勝 関根秀樹(ブルテリアボンサイ)
準優勝 パク・ヒョンガップ(ADCC Korea)
3 位 ボルドプレフ・ウヌルジャルガル(ADCC Mongolia)



IMG_2731
女子-60.0kg級
優 勝 山本聖子(KRAZY BEE)
準優勝 塩田さやか(CHECKMAT JAPAN)
3 位 端貴代(和術慧舟會AKZA)



女子+60.0kg級
優 勝 中倉百合花(カメジム)
※表彰式に参加しなかったため画像なし


photo and text by Takashi Umezawa



【今日が誕生日の柔術家】武林 佑(35)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月24日

【パン選手権2013】大会4日目の日本人選手の試合

パン選手権2013、大会3日目に出場した日本人選手(&日系ブラジリアン)の試合を紹介します。

まずマスター茶帯で爛札螢鵐殴蹲瓩海肇ーロス・キムラ(小川柔術)がレーヴィ級に出場。

セリンゲロは今年のヨーロピアンで同階級を優勝しており連続入賞が期待されています。

そしてシニア2黒帯ペナ級にマスター&シニア・ワールズに続いての海外大会参戦の大原道広選手(ポゴナ・クラブジム)が、シニア4黒帯ペナ級&アブソルートには海外初参戦のカミタニダ・コウイチ選手(ねわざワールド桜島)がエントリーしています。


01
カーロス爛札螢鵐殴蹲瓮ムラ(小川柔術)




アグレッシブな攻めが持ち味のセリンゲロ。
試合開始早々に跳び付き腕十字!


03
腕十字は極らずもガードから攻め続け、動きを止めることはありません。
腕十字とスイープでアドバンテージ2つリード。


04
スイープを仕掛けたところをバックに回り込まれ、
そのまま裸絞めを極められて4:33、一本負け!



05
ヨーロピアン王者が初戦敗退という意外な結末。
「この試合は相手に負けたんじゃなくて自分に負けた。ミスが多過ぎた!」と悔しそうでした。



13
大原道広選手(ポゴナ・クラブジム)はセリンゲロと同じく
ドゥマウのDFCで無料航空券を獲得しての参戦。
初戦はポイント0−0、アドバンテージ0−0という動きの少ない試合で、
相手に膠着のペナルティが入っての辛勝で2回戦へ。



14
2回戦の相手はヘナート・タヴァレス。
ATTの柔術部門を取り仕切る重鎮という大ベテラン。
昨年のマスター&シニア・ワールズでも優勝している強豪です。



15
この試合はテイクダウン&パスの5−0で敗退。
2回戦負けでメダルまで一歩届かずでした。



16
シニア4黒帯ペナ級に出場のカミタニダ・コウイチ選手(ねわざワールド桜島)。
奥さんを伴ってのLA入りで初参戦のパン選手権に挑みます。



17
初戦は先制のスイープを許すもポイントを取り返し、最後は残り時間13秒のことろで
アームバーで逆転の一本勝利。


18
決勝戦では逆にアームバーで一本負けですが準優勝で銀メダル獲得でした。
アブソルートは5人参加で3位入賞です。



【今日が誕生日の柔術家】マッケンジー・ダーン(20)、マリオ・セルジオ・ヨコヤマ(34)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月23日

【パン選手権2013】マスター青帯プルーマ、高須宝亀が準優勝!

パン選手権2013、大会3日目はマスターとシニアの青・紫帯が行われました。

その中で唯一の日本人選手でる高須宝亀(ほうき)選手(小川柔術)がマスター青帯プルーマ級に出場しました。

高須選手はドゥマウのDFCを獲得して参戦した昨年のマスター&シニア・ワールズでも2個のメダルを獲得しており、今回のパン選手権もまたDFCで無料航空券を獲得しての参戦です。



マスター青帯プルーマ級に参戦した小川柔術の高須宝亀(ほうき)選手。




1回戦はシードで2回戦が初戦でした。
テイクダウン×2、パスガードで7ポイント、さらに
場外逃避で2ポイントを追加して9−0で快勝。




3回戦、引き込んできた相手をパスガードし3−0で勝利、準決勝戦へ!




決勝戦進出を賭けた戦いとなった準決勝戦。
試合開始直後から激しい立ち技の攻防に。
しかし柔道の経験がある高須選手が相手の投げをカウンターで背負投げ!




投げで2ポイント獲得も相手のガードからの攻めを凌ぐので精一杯だった高須選手。
ですがなんとか凌ぎ切って2−0で辛勝!



決勝戦も相手の投げを払い腰で豪快に投げ飛ばした高須選手が先制ポイント獲得。



ですが高須選手は足が吊ってしまい、思うように動くことができずに不完全な態勢に。




クローズドガードの状態から前傾姿勢になったところを狙われてしまい…


09
腕十字を極められタップ!



10
かなりキツく極まってしまい腕を負傷!
すぐさま救護班が駆け寄り応急処置!



11
2:57、一本負けで敗退、準優勝に終わりました。



12
マスター青帯プルーマ級表彰台
優 勝 ジャスティン・コート(ヘナートタバレスアソシエーション)
準優勝 高須宝亀(小川柔術)
3 位 ホメル・バゴ(アブソルートMMAベーリンギ)、ブライアン・アンソニー(グレイシーエリートチーム)



13
『メダルを持って帰れることは嬉しいけれど、準優勝という結果には満足していません。ヨーロピアンでチームメイトのみんながメダルを獲得した中、自分だけメダルなしだったのがずっと引っかかっていて、試合の前日はいろんなことを考え過ぎてしまい、一睡もできない状態でした。そのせいか試合中に片足が吊ってしまい、思うように動けず最後は一本負け。階級別の試合で極められたのは初めてのことで、これも非常に悔しいです。この悔しさをバネにして10月のマスター&シニア・ワールズに向けて再調整したいと思います。結果的には一本負けで完敗なので、まだまだ実力不足です。応援してくれていたチームメイトに申し訳ない気持ちでいっぱいです。また頑張ります。』




【今日が誕生日の柔術家】レオナルド・ヴィレイラ(37)、ホブソン・モウラ(35)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月22日

【パン選手権2013】アダルト青帯ガロ級で杉本寛樹が優勝!


パン選手権2013、大会2日目はアダルト青帯のトーナメントが主に開催されました。

朝の9時からスタートした大会は軽量級からスタート。

まずガロとプルーマが同時進行で、ここには2人の日本人選手が出場していました。

ガロにはDFCで無料航空券を獲得した杉本寛樹選手(AXIS千葉)、プルーマはLAのコスタメサにあるメンデス兄弟のArt Of Jiu Jitsu所属の石井拓選手です。

その杉本選手が20人参加のトーナメントを勝ち抜いて見事に優勝を果たしました。

それも全試合秒殺の一本勝ち(1試合は反則勝ち)で全部の試合時間の合計が6分27秒という圧倒的な内容です。

まずは杉本選手の試合から紹介します。



杉本寛樹(AXIS千葉)




1回戦、引き込んで三角絞め!
そこから腕十字を極めて2:17、一本勝ち。




2回戦、引き込んで三角絞めに捕らえるも、相手が持ち上げてディフェンス。



そこから落とされてスラミングの反則勝ち。
試合時間は0:38でした。




準決勝も安定の試合ぶりで引き込み〜バック〜片羽絞め!
2:29、一本勝ちで決勝戦進出です。




決勝戦は両者引き込みから上を選択した杉本選手。
相手がタックルにきたところをバックに回り込んで片羽絞め。





相手が耐えてしばらく絞め続けると失神!
決勝戦は絞め落としての勝利という衝撃的なフィニッシュ!




全4試合を一本で極めて(反則勝ち含む)パン選手権優勝。
昨年はベスト8に終わった雪辱を晴らしました。




アダルト青帯ガロ級表彰台
優 勝 杉本寛樹(AXIS千葉)
準優勝 ケヴィン・オーティス(ドライスデール柔術)
3 位 アベル・サントス(DBCF)、オクタビオ・フローレス(ノヴァウニオン)




『全体的に自分の形で試合をすることができ、良かったと思います。1回戦か2回戦のどちらかだと思いますが不戦勝で1試合少なくなり、決勝戦の前までそのことを知らなかったというハプニングがありました。なので決勝戦が終わってからも優勝したかどうか半信半疑で、しばらくは優勝した実感がなかったのですが、表彰台で金メダルをもらえたときに安心しました(笑)。心残りがあるとすれば2回戦で相手が試合開始早々にスラムをしてきたので反則勝ちになり、不完全燃焼に終わってしまったことでしょうか・・・。去年は3回戦で敗れベスト8でしたが、今年は優勝でき、非常に嬉しいです。この優勝はいつも一緒に練習してくれるAXIS千葉、AXIS本部の皆さん、家族や、日本から応援してくださった方々、僕に関わる全ての人のお陰だと思っています。心からお礼を申し上げます。ありがとうございました!この勢いで次の試合であるガロカルナヴァルも優勝したいと思います!』





石井拓(Art Of Jiu Jitsu)




石井拓選手はプルーマに出場も初戦で0−0、0−2で敗退。



試合後は「相手がどうこうではなく自分が弱かった、ただそれだけです」と
がっくりと肩を落としていました。
残念!



【今日が誕生日の柔術家】エジソン・ジニス



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月21日

【パン選手権2013】大会初日の様子

今日からパン選手権の大会がスタート。

大会初日は午前中はレフェリーミテーティング、夕方4:00から白帯の試合です。

なぜ夕方からなのかは不明ですが、大会終了予定時間は20:00となっていましたが、実際に試合が終わったのは21:00を回ってからのようです。

まずは大会初日の会場の様子を紹介します。



会場はいつもと同じアーヴァインのブレンイベントセンター。
マットは10面でしたが選手・観客とも少なめでした。



まずは会場物販をチェック!
大会スポンサーでもあるブドービデオのブースにはShoyorollのギを販売中。
日本にはなかなか入ってこないTシャツ類も豊富にありました。




根強い人気のKEIKOのブース。
ギの他にもギの生地を使ったペンケースやポーチなど小物類が充実してます。




出ました!
今大会で先行発売されてるブラジル&アメリカ限定モデル。
各300着オンリーですが値段は割と普通で$165というお手頃価格。



こちらもお馴染みグレイシーマガジン。
バックナンバーやアパレルを販売中。



レアキモノ発見!
なんとグレイシーマガジンのロゴが刺繍で入ったモデル。
タグにもちゃんとロゴ入りという特注モノ。



KORALは入口から一番近いグッドポジション。
商品点数も多く賑わってました。



新興ブランド、DOMファイトウェア。
なぜか柔術とまったく関係ないバスローブとかも売ってるのが謎。



大会Tシャツの配布担当はキャロライン・グレイシー。
連盟会長・カリーニョスの娘でも大会スタッフとして勤務中!




今年の大会Tシャツ、なんかビミョーなデザイン!
毎年少しづつダサくなってるような?



バックプリントもフロントとほぼ同じという手抜き(?)デザイン。
スポンサーロゴは例年に比べて増えてます。




表彰台。
メダルガールはいつものパツキンのお姉さんでした。




大会メダル。
シンプルなデザインがGOOD。




メダル裏面。
これは一体何を表しているのか?
謎です。



会場にいた有名選手も今日は少なめ。
ホベルト爛汽ぅ棔璽悪瓮▲凜Д襦次淵検Ε▲凜Д鵐献磧璽后法
トルネードガード!




ハファエル・フレイタス“バラタ”(グレイシーバッハ)。
今大会はなぜか不出場!




ホベルト・カマルゴ爛肇ゥ奪記瓠淵哀譽ぅ掘璽丱奪蓮法
ペサードの優勝候補筆頭!




ファビオ・パッソス(アリアンシ)。
コブリンヤ・アカデミーのインストラクターで、芝本幸司選手の初戦の相手です!




カーロス・テヒーニャ(グレイシーバッハ)。
ドラクリーノの黒帯でシニア2メジオに出場!
初日はレフェリーとして働いてました。




明日のアダルト青帯ガロに出場する杉本寛樹選手(AXIS千葉)

「去年に続き2年連続でDFCで航空券を頂き、今年もパン選手権に出場することができました!前回は3回戦敗退でベスト8で表彰台に一歩届かずでした。またその後のムンジアルも初戦で敗れてしまいましたが、アジアオープンで優勝できたので、その国内でのこれまでの経験を活かし、今大会は何としても優勝したいと思ってます。そして今月末に開催されるガロカルナヴァルと最終目標であるムンジアル優勝にいい形で繋げていきたいです。応援よろしくお願いします。」
好成績を期待!


【今日が誕生日の柔術家】ジャンニ・グリッポ(21)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月20日

【パン選手権】日本人選手、渡米!


3/20から開幕するIBJJF主催のパン選手権。

今年は参加者数が3000人を超え、初の5日間の開催になるなど世界最大の柔術大会の名に相応しい規模で行われます。

が、例年に比べると日本人選手の参加がやや少ないのが残念です。

そんな日本人選手の一部が大会初日の前日である3/19、羽田空港からLAに飛び立ちました。

この選手らはみんな違う所属ですが呉越同舟でLAに乗り込みます!


岩崎正寛(HALEO TOP TEAM)
※アダルト黒帯ペナ級に出場
岩崎選手はヨーロピアンに続いて国際大会連続出場。ヨーロピアンではタンキーニョ、レオノゲと対戦し一本負けも世界王者クラスと肌を合わせたことで大きな経験値を得ました。それを糧にパン選手権に挑戦します。その初戦の相手はマリオ・ヘイス!元とはいえムンジアル&コパドムンドの2冠を制したベテランのビッグネーム。大物食いに期待です。



サダ・クリモリ(Impact BJJ)
※アダルト茶帯メジオ級に出場
ヨーロピアンでは茶メジオで準優勝のサダ、今大会でも同階級に出場。ですがまだ3kgの減量があるそうでホテルに着くなり、ホテル内のジムで汗を流していました。サダと同じカテゴリーにはUFCファイターのベンヘン・ヘンダーソンがいます。果たして対戦なるか?!



カーロス・キムラ(小川柔術)
※マスター茶帯レーヴィに出場
昨年はDFCを獲得するもアメリカビザ取得ができずに涙を飲んだセリンゲロが念願のアメリカ国内の試合に挑みます。1月のヨーロピアンでも優勝しているセリンゲロは現在無職。ヨーロピアンが終わって帰国したらクビになってしまい、いまは失業保険をもらいながら練習する毎日だそうです。すき屋とコーヒーが大好きなセリンゲロ、頑張って欲しい!




杉本寛樹(AXIS千葉)
※アダルト青帯ガロに出場
国内トップクラスの青帯ガロ級選手である杉本選手、昨年に続いてパン選手権は2回目の出場。昨年はパンでベスト8、ムンジアルで初戦敗退、ですがアジアオープンでは優勝とその後の成長目覚しい逸材。柔術のために大学を中退し、最近はメイド喫茶に足しげく通う23歳。財布の中にはいろんなメイド喫茶のポイントカードがたくさん!




高須宝亀(小川柔術)
宝の亀と書いて爛曠Ε瓩汎匹犢眇楞手。高須選手も海外大会の常連でヨーロピアンこそ初戦敗退も昨年のマスター&シニアでは階級・無差別ともメダルを獲得しています。トラックの運転手が本業で、時間通りに仕事が終わらずになかなか練習時間が確保できない中、しっかりと試合で結果を残してDFCを獲得してのパン選手権参戦です。



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月19日

【パン選手権】大会スケジュール発表


今年から5日間の開催となった世界最大の柔術大会であるIBJJF主催のパン選手権の大会スケジュールが確定しました。

大会初日は白帯のみになり青帯は2日目に。

3日目は主にマスター&シニアの青・紫帯、4日目は例年通りアダルト黒帯の無差別級とジュベニウがメイン。

最終日はアダルトの茶・黒帯の全階級となりました。

以下、スケジュールの詳細版です。


【パン選手権2013 スケジュール】
20日(水曜)
男子・女子・アダルト白帯全階級
男子・マスター&シニア白帯全階級

21日(木曜)
男子・女子・アダルト青帯全階級
男子アダルト紫帯(無差別級以外)

22日(金曜)
男子アダルト紫帯無差別級
男子・女子・マスター&シニア青帯全階級
男子・女子・マスター&シニア紫帯全階級
女子アダルト紫帯全階級

23日(土曜)
男子・女子・マスター&シニア茶帯全階級
男子・女子・マスター&シニア黒帯全階級
男子アダルト黒帯無差別級
ジュベニウ全階級

24日(日曜)
男子・女子・アダルト茶帯全階級
男子・女子・アダルト黒帯全階級(無差別以外)


パン選手権は日本時間であさって開幕!

今年もブドービデオでオンラインPPVがありますので、興味のある方はぜひ見てみて下さい!


コチラから!









©Bull Terrier Fight Gear

2013年03月18日

【ドゥマウ】東京・九州・愛知の3大会のオンラインレジストレーション開始


先日、ホームページのトップページをリニューアルしたドゥマウ。

今後は大会情報や公式結果、ギャラリー、動画ページなどより一層の充実を図る中、初の試みを導入しました。

大会申し込みのオンラインレジストレーション(出場申し込み)を開始したのです。

現在受付中なのは4月末〜GW中に開催する東京(4/28&29)、九州(5/3)、愛知(5/5)の3大会。

オンラインで出場申し込みをしてから出場費用を銀行振込みか現金書留での郵送になります。

ただエジソンによると「システム稼動が初めてなのでトラブルが起こる場合があるので、なるべく早く申し込みをして欲しい」とのことです。

また「もしトラブルがあった場合はメール、電話で連絡してもらえれば即対応します」ということなので、もしもの場合はドゥマウまでご連絡を。

この3大会は来年のヨーロピアンのDFC対象大会となっており、そのランキング確定は例年通り9月頃となる予定です。

DFCの中でも最も長期間で行われるので、多くの選手に無料航空券獲得のチャンスがあると言っていいでしょう。

もちろんこの3大会はブラジルブログ・柔術プリーストで完全フォロー予定ですので、大会のレポートもお楽しみに!



『DUMAU TOKYO OPEN JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2013』
日時:4/28&29
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
大会初日は階級別、2日目はアブソルートが行われます。
今大会から来年のヨーロピアンのDFCがスタート!
★大会詳細はコチラから!


『DUMAU TOKYO OPEN KIDS JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2013』

日時:4/29(月・祝)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
ドゥマウでは珍しいキッズオンリーの大会。
★大会詳細はコチラから!




『DUMAU SOUTH JAPAN JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2013』
日時:5/3(金・祝)
会場:基山町総合体育館(佐賀県)
協力:OJJ&基山少年柔道OB会
今回で3回目の開催となったドゥマウの九州大会。過去2大会ではスーパーファイトを組むなど独自企画があり好評です。
★大会詳細はコチラから!





『DUMAU INTERNATIONAL JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2013』
日時:5/5(日)
会場:青山記念武道館(愛知県半田市)
2005年から始まったドゥマウ主催の国際大会で今年で9回目の開催。
国際大会といいつつも外人選手の参戦はあるのでしょうか?!
予定は未定!
★大会詳細はコチラから!



■ドゥマウの新ウェブサイトはコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月17日

【ニュース】最新ニュースまとめて!

最新ニュースをまとめて紹介します!



『コパ・ポジオのスーパーファイトでシャンジvsブラウリオ決定!』
ブラジルで定期開催されているプロ柔術「コパ・ポジオでシャンジ・ヒベイロとブラウリオ・エスティマのスーパーファイトが決まりました。この試合は5月5日に行われ、オンラインでライブストリーミング中継されます。過去に幾度となく対戦してる両者だけに今度の試合も激闘となるのは必至でしょう!
★コパ・ポジオの詳細はコチラから!




『フェルナンド・ヴァレンベン、カンポグランジの大会で2冠に!』
元ブルテリア・ボンサイで現NINE NINE柔術のフェルナンド・ヴァレンベンがカンポ・グランジで行われた大会で2冠に輝きました。フェルナンドは紫帯までを日本のブルテリア・ボンサイで過ごし、ブラジルに帰国してからはエドゥアルド・テレスの元で黒帯を取得。そのテレスがアメリカに移住したことをきっかけに現在はブラジルのNINE NINE柔術の代表を務めることになったようです。




『フェルナンド・ヴァレンベン、MMAでも活躍中』
そんなフェルナンドですが、柔術と並行してMMAでも活躍中です。まだブラジルのローカルプロモーションでの試合が主ですが、日本での試合を熱望しており自費での来日も辞さない様子。フェルナンドの日本での試合は実現するでしょうか?!




『ATOSのパン選手権チームTシャツが発売』
パン選手権やムンジアルなど大きな大会ではチームごとに大会Tシャツを作って揃いで着て応援することが常となっています。その中でもATOSのチームTシャツのデザインがシンプルかつモダンな感じでまとまっていました。チームのロゴと大会のロゴを配したTシャツはひと目でATOSとわかります。まさにチームTシャツのお手本のようなデザインでした。これは$25でATOSメンバー向けに発売されます。



『ハファvsビル・クーパー&ギィvsジョエルのスパー動画が公開中』
ビル・クーパーとジョエル・トゥードのAOJへの出稽古のニュースは既報の通りですが、そのときのメンデス兄弟とのスパー動画が公開中です。ハファはビルと、ギィはジョエルとそれぞれスパーしており、相変わらず極めまくっています。特にハファのオモプラッタキレは最高で自分より2階級上でムンジアル準優勝の実績を持つビルをまったく問題にせずガチ極めの連続。必見です。
★ハファvsビルはコチラ、ギィvsジョエルはコチラから!



『ATOSの茶帯、ワカ若山が沖縄で道場設立!ブログも復活』
ブラジルで7年に渡る柔術修行を経て帰国し、沖縄で自身のアカデミーを設立すべく奮闘中のワカ若山こと若山達也がブログを再更新しています。このブログはブラジル滞在中の日常から練習の様子までを綴っておりブラジルの生の柔術シーンが垣間見れる貴重な情報源でした。その過去記事は今でも見れるので、ぜひご一読を!
★若柔術のHPはコチラから、ブログはコチラから




『バンコクBJJ、広くなって移転!』
タイのバンオクにある柔術アカデミー、バンコクBJJが広い場所に移転してリニューアルオープンします。今まではホテルの敷地内にありましたが、今度はバンコクの中心街であるスクンビットのソイ13にあるオフィスビルの4Fという好立地です。タイは毎年秋にバンコクBJJのオーナーであり、BJJ-ASIAの運営責任者でもあるルーク・チャヤ主催の大きな大会が開催されているので、現地を訪れた際にはぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?!住所はスクンビットのソイ13、トレンディビルの402です。




『KEIKOの限定モデルがパン選手権で先行販売!』
日本でも人気のキモノブランド、KEIKOの限定モデルがパン選手権の会場で先行販売されます。ブラジルモデル、USAモデルとも各300着限定で完売必至!どちらもKEIKOらしからぬ派手な色合いで人気となりそうです。またチーム・ロイドアーヴィンを離脱しATOS入りしたキーナン・コーネリアスが新たにKEIKOのスポンサード選手に加入、早速モデルとして登場しています。キーナンはパン選手権でもこのUSAモデルで試合するのでしょうか?!楽しみです。




ブラジルモデル。
お馴染みのイエロー&グリーンが映えます。




USAモデル。
スターズ&ストライプスをイメージした青&赤の色合いがGOOD!




『ガロ100万円トーナメントのエントリーリスト、随時更新中』
3/31(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるガロ級100万円トーナメント「ガロ・カルナヴァル」の最新エントリーリストが随時更新中です。現在のところ13人がエントリー中で今後も増える見込みです。出場申し込み締め切りは3/20(水)までとなっていますのでお早めに!
★エントリーリストはコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】松根良太(31)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月16日

【テクニック】スパイダー&スパイラルガードからのスイープ:大内爛疋トル畄

今日は大内爛疋トル畄瓢瓩新たに考案したオリジナルテクニック、スパイダー&スパイラルガードからのスイープを紹介します。

これは相手の片腕をスパイダーでコントロールしつつ、足をスパイラル(リバース・デラヒーバ)に捕らえながらスイープを仕掛けるテクニック。

最終的なポジションはレッグドラッグになるので、スイープ&パスまで一気に持ち込める素晴らしい連携技です。



スパイダー&スパイラル(リバース・デラヒーバ)の状態から




相手の足首に手を差し入れながら内側に回転していきます。
そのとき足で相手の上腕を押すようにして態勢を崩します。




相手の股間に潜って頭を出し、




足をXガードに組んで




反対側から見た状態




相手の後ろ帯を持って




Xガードで相手を浮かせながら




帯を引いて後方に倒し、




ヒザを立てながら起き上がり、




相手の足を潰しながら




レッグドラッグのポジションに移行してスイープ完成!


★このテクの動画はコチラから!







【好評発売中】
『ドクトル柔術』
大内敬氏のオリジナルテクニックが満載!
4000円で大好評発売中!
★詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アントニオ・カーロス・ジュニオール爛汽僖鉢瓠23)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月15日

【新商品】GRACIE MAG#191レビューby内山裕規


はい、今回のGRACIE MAGAZINのレビューは初登場の内山裕規がさせて頂きます^^

いつもレビューをしておられる帰国子女の杉山しずかさんの様な素敵なレビューは出来ませんが…できる限り頑張ります!

ってその前に英語大丈夫なんか―いって疑問があると思われますが…そこも←生暖かい目で見守ってください。。。(笑)

実はいま英語も勉強中なので、このレビュー依頼は自分としてもやり甲斐があります。

余談はさておき今回のGRACIE MAGAZIN!!

表紙にデラヒーバ―先生の写真と“THE DE LA RIVA CODE”と記載されている通り、デラヒーバ―ガードが目白押し!

30年前からあるデラヒーバ―ガード…年々進化していっていますね。

そんなデラヒーバ―ガードのについてのインタビューと共にデラヒーバガードのテクニックが6つも紹介されております!!

基本から応用まで、これを読めばデラヒーバガードが何たるか一目瞭然です!

是非とも読んで実践して欲しいですね!

続いてUFC初の女子タイトルマッチで女子バンタム級王者となったロンダ・ラウジーのインタビュー。

2月24日に行われた試合について、ですね。

“Armbars before Breaks”ということで試合の腕十字の写真も載ってます。

怖くて写真が直視できない…苦笑

美人で強いってうらやましい!!←

柔術テクニックについての紹介がもう一つ。

今年のヨーロピアンでかのテレレから勝利してメジオ級を制したクラウジオ・カラザンスのテクニック紹介です。

柔術・柔道共に黒帯のカラザンスならではで、極め・投げ、スイープ等…様々な方向から5つ、テクニックの紹介をしております。

こちらも要注目!?

『JIU-JITSU IN HISTORY』はカーロスと長男カーウソン・グレイシー!

その他ベンチを使ったトレーニング方法やアジアオープン シニア1黒帯 ポール・ハルメ選手について。

ということは…表彰台の写真載ってます。←

今回のGRACIE MGAZIN、是非ともご覧ください!



【発売中】
『GRACIE MAGAZINE #191』
★詳細&購入はコチラから!





★過去のグレイシーマガジンのレビューはコチラから!


©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月14日

【大会レポ】COPA Las Conchas 2013:3/10 浅草

今回で2回目の開催となるアパレルブランド Las Conchas(ラスコンチャス)が主催する柔術オープントーナメント「COPA Las Conchas 2013」が東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・柔道場で開催されました。

約半年ぶりの開催となった第2回大会は参加者・規模とも倍増し、今大会の1週間前には柔術FIGHTERS、翌週はJBJJFのマスター&シニアと関東オープンが行われるという大会ラッシュの中、150人を超える選手が出場し、中規模大会として認知されつつあるのを感じました。

中でも大会終盤のラスト2試合の黒帯・茶帯・女子青帯のアブソルート級決勝戦は全てワンマッチ決勝ながら初対戦の顔合わせが実現。

またその試合が前評判以上の激闘となり大いに大会が盛り上がったところで全試合終了となったので心地よい余韻を残しながら大会が終わったのが印象的でした。

主催者側は早くも次回大会の構想を思案中なようですが、今後は年1回の定期開催を目指していくようです。



大会主催者のケニー板橋。
ケニー氏はLas Conchasのデザイナー兼CEO。




大会スタッフ&レフェリー全員にLas ConchasのTシャツが
スタッフTシャツとして支給されました。
太っ腹!




今大会の最終試合を飾るに相応しい激闘となったアダルト黒帯アブソルート級の
ワンマッチ決勝戦。
嶌崎公次選手(クラブバーバリアン)とファビオ・スガワラ(Infight Japan)の
初顔合わせが実現!




試合開始直後に跳び付き三角絞めを仕掛けられるも冷静に対処して
最後はバックから送り襟絞め!




4:40、一本勝ちでワンマッチ決勝を制しました!




アダルト茶帯はアンデルソン高橋(ホシャ柔術)の急遽欠場により、
階級別と無差別で同じワンマッチ決勝の2連戦に。
アメリカ帰りの後藤悠司(ハウフ・グレイシー)と
新井 亮祐(ブラジリアン柔術スタジオパイシャオン)、もちろん初対戦です。
まず階級別のレーヴィでは後藤選手が5:17、アキレス腱固めで一本勝ち!




続く無差別では互いにポジションを奪い合う犢兇甅瓩療験が続く中、
7−6で後藤選手が競り勝つ。
これで後藤選手が2連勝で2階級制覇!




後藤選手は先ごろ日本に完全帰国し、これから横須賀で
自身のアカデミー設立のための準備に入ります。
ちなみに後藤選手の茶帯はハウフ・グレイシーの黒帯である
エドゥアルド・フラガから許されたもの。
アカデミー設立は春頃を予定しているそうです。




女子青帯アブソルート決勝戦、内山裕規(パラエストラ千葉)と三浦彩佳(U術)の一戦。
アジア王者・内山選手に挑むのは2年ぶりに試合復帰という三浦選手。
ともに柔道をバックグランドにしており、迫力ある立ち技の攻防を展開。




試合は13-0で内山選手がアジア王者の貫禄で完勝。
敗れた三浦選手はこれからも継続して試合出場の意向で今後に期待。




アダルト女子青帯アブソルート級表彰台
優 勝 内山裕規(パラエストラ千葉)
準優勝 三浦彩佳(U術)
なお準優勝の三浦選手は3/30(土)に新木場1st RINGで開催されるプロ興行の
「女子総合格闘技ジュエルス」にてオープニングファイトのグラップリングマッチに出場予定!



アダルト紫帯ガロ級で優勝した八田亮選手(ストライプル・オハナ)。
終始、積極的に極めを狙いながら最後は4:30、片羽絞めで一本勝ち。
八田選手は何かと話題のガロ100万円トーナメントにエントリー中!
並み居る強豪の中でどれだけやれるか要注目!




アダルト青帯で2階級制覇の杉本寛樹選手(AXIS千葉)。
ガロでも常にアブソも出場し、さらにアブソでの優勝経験も少なくないのは素晴らしい。
杉本選手はパン選手権とガロ100万円トーナメントの2連戦に挑みます。



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月13日

【ニュース】最近のニュースをまとめて紹介!

最近のニュースをまとめて紹介します!



『ルーカス谷、MMAデビュー戦でTKO勝利』
3/10(日)に愛知県西尾市の西尾勤労会館で開催された金網総合イベント『Pit Bullファイト』でルーカス谷(Impacto BJJ)がMMAデビュー戦に挑みました。対戦相手はブンブンファイターDON君(三河連合 No.666)で1R マウントからのパウンドでTKO勝利しました。
おめでとう、ルーカス!
★大会HPはコチラから!




『ジョナタス・サカタがブラジルに帰国、黒帯証書取得』
ジョナタス・サカタ(Impacto BJJ)がブラジルに帰国しており、現地のアカデミー「レオン・デ・ユダ」で黒帯証書を取得しました。ここはグレイシーバッハ系のアカデミーのようですが詳細は不明です。




『玉木強選手、カイオ・テハのトレーニングキャンプに参加中』
パン選手権参戦に先駆けて渡米中の玉木強選手(トライフォース青山)がカイオ・テハが主宰するトレーニングキャンプに参加中です。海外ではパン選手権やムンジアルなど大きな大会前には強豪選手が集まって合同トレーニングをするのが常で、一般参加も(有料ではありますが)可能です。



このトレーニングキャンプにはムンジアル王者のレアンドロ・ロやルイザ・モンテイロ、デラヒーバの黒帯であるルイス・ヴィセンチらも参加しており、かなり濃い練習ができているようです。この集合写真の2列目・左側に玉木選手の顔が見えます。またこの練習の様子は随時ブログで紹介されていますので要チェック!
★練習初日の様子はコチラから!





『ヴァンダレイ・シウバの息子がNAGAで入賞』
3/3に日本で開催されたUFCでの激闘の記憶も新しいヴァンダレイ・シウバですが、ヴァンダレイの息子であるソーくんがNAGA(North American Grappling Asociation)で準優勝しました。打撃系選手のイメージが強いヴァンダレイも実は柔術の黒帯保持者なので、その縁で息子にも柔術をやらせているのかも知れません。




『フェリッペ・デラモニカ、サンフランシスコオープンで3つの金メダルを獲得』
グレイシーバッハの黒帯、フェリッペ・デラモニカが先ごろ行われたサンフランシスコオープンでギ&ノーギで3つの金メダルを獲得しました。この結果に対しフェリッペは「大会の結果は長い柔術の旅のほんの一部分でしかない」とコメント。クールです!




『アリゾナ・オープンの賞金トーナメントでレアンドロ・ロが優勝』
アリゾナ・オープンで開催された黒帯アブソルートの賞金トーナメントでレアンドロ・ロがタンキーニョを4−0で下して優勝、賞金2500ドルを獲得しました。過去にタンキーニョに敗れているロが2年ぶりにリベンジです。他の出場者はブルーノ・バストスとルーカス・ホシャでした。




このロvsタンキーニョの試合動画が公開中です。
コチラから!





『Shoyorollの新作キモノ、プレオーダーは3/15(金)に!』
いま世界的な人気ブランドとなった「Shoyoroll」の新作キモノ、Batch #19 DLUXのプレオーダー(先行予約)が開始されます。日時は3/15(金)、12:00-20:00までの8時間。なおこのプレオーダーで注文すると定価の10% OFFとお得なプライスで購入可能となっています。人気サイズはすぐに予約完売のShoyoroll、確実に入手したい方はプレオーダーをオススメします!
★プレオーダー詳細はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2013年03月12日

【ADCC】ADCC 2013、本戦開催地は中国・北京!


日曜のお昼に一本の国際電話が掛かってきました。

電話の主はADCC中国代表の山田重孝氏。

そこで開口一番「ADCC、中国で決まったから。北京だよ!」と驚愕のニュースです。

実は前々から山田氏はADCCの本戦を中国で開催できないか?とADCC首脳陣に対しいろいろとアプローチしていたのですが、正直実現は難しいのでは?と思っていました。

すでに開催候補地があり、そこでほぼ決まりだろうと言われていたからに他なりません。

ですが交渉に交渉を重ねて、ADCCの運営トップであるガイ・ネイバンス氏を中国で現地視察するところまでに漕ぎ着け、ここで行われた山田氏とガイのトップ会談により、念願の中国での本戦開催が決まったのです。

これは山田氏の熱烈なアプローチが実った形ですが、ADCCにとっても渡りに船でした。

ADCCはスタート当初こそUAEのアブダビで開催されていましたが、その後は「ADCCを広めるために本戦を世界各地で開催したい」との意向で、ブラジル(2003)、アメリカ・LA(2005)、アメリカ・ニュージャージー(2007)、スペイン・バルセロナ(2009)、イギリス・ノッティンガム(2011)と世界中を転戦。

そして今回、初めてのアジア開催である中国大会が実現しました。

ADCC首脳のガイは「私たちはADCCを北京で開催できることは嬉しい」とコメント、山田氏も「この大会を必ず成功させてアジアに格闘技シーンを活性化させたい」と意気込んでいます。



ADCCの事実上のトップであるガイ・ネイバンスと山田重孝氏。



ガイだけでなくADCC首脳陣も現地視察に訪れていました。
左からガイ、山田氏、ピーター、ラフィ。



日時もすでに決まっており10/19&20の2日間、会場は中国・北京の地壇体育館です。

この会場は1989年に作られた古い体育館ですが、2008年の北京オリンピック開催の際にリフォームされ近代的な施設に生まれ変わったそうです。


本戦開催会場である地壇体育館。
ここはオリンピックでも使用された施設です。



内部のメインアリーナは面積14355平米で
観客席も2000席以上を備えています。




アジア開催でなぜ日本ではなく中国なのか?!という感はなきにしもあらずですが、ADCCがアジア圏で開催されるというのは非常に大きなこと。

日本からも近いので本戦の観戦ツアーも行きやすいです。

とにかくこのADCCの中国大会はビッグニュース。

3/24(日)に開催されるアジア予選もより一層、盛り上がってくることは間違いありません。

なお、このADCCアジア予選の出場申し込み締め切りは3/14(木)必着なのではまだ間に合います。

日本のみならずアジアの格闘技界にとって歴史的な大会になるであろうADCC中国大会、ぜひアジア代表の選手として名を刻んでみては?!



★アジア予選・大会詳細はコチラから!


★ADCC NEWSはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アラン・ド・ナシメント爛侫ホ瓠広瀬貴行(34)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月11日

【大会結果】COPA Las Conchas 2013:主な結果

3/10(日)、東京・台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたLas Conchas/ミューズエンタープライズ主催『COPA LasConchas2013』の主な結果です。



アダルト黒帯アブソルート
優 勝 嶌崎公次(クラブバーバリアン)
準優勝 ファビオ・スガワラ(Infight Japan)



続きを読む

2013年03月10日

【大会】COPA Las Conchas 2013:最終情報


本日、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・柔道場で開催されるLasConchas/ミューズエンタープライズ主催『COPA LasConchas2013』の最終情報です。

この大会はアパレルブランド「Las Conchas」が主催するオープントーナメントで今回で2回目の開催。

第1回大会は70名ほどの参加で1面開催の小規模大会したが、今大会では参加者倍増の150名を集めるなど盛況の様子です。

続きを読む

2013年03月09日

【プロレス】メキシコの柔術王者という狎纂垰粟き瓩日本でプロレス修行!


現在発売中の『週刊プロレス』に興味深い記事が掲載されています。

メキシコの国民的スターのルチャドール(プロレスラー)である狎纂堝鸚き瓩海肇┘襦Εぅ曄Ε妊襦Ε汽鵐箸梁子、ニエル・デル・サントが日本のプロレス団体「NOAH」にプロレス修行で来日する、というもの。

エル・イホ・デル・サントは直訳すると聖者の息子という意味で、この聖者とはエル・サントというメキシコのプロレス界のレジェンド。

そのサントの息子の息子、つまり孫に当たるのがこのニエルです。

※余談ですがニエルというのは間違いで本当はニエトじゃないか?と思います。なぜならニエトというのはスペイン語で狢広瓩箸いΠ嫐だからです。ですが、ここは週刊プロレスの表記のまま、ニエルにしときます。

これだけだったら何てことはないのですが、気になるのはニエルの経歴。

そこには「174cm、94kgでメキシコでは柔術をやっており、ある大会で優勝したこともある」と書かれているではありませんか!

メキシコのプロレスは爛襯船礇螢屮讚瓩箸いぁ派手な空中殺法が特徴ですが、その中にも爛献礇扠瓩噺討个譴詈雑な関節技の攻防も見所の1つです。

過去には狢斥朮礁稔瓮┘襦Ε愁蕁璽襪爛献礇扠瓩龍蟻本を発売したこともあり、ルチャリブレの中ではジャベも重要な部分を占めているのです。


エル・ソラールのジャベ教則本。
★詳細はコチラから!




そこでニエトは新たなジャベ・テクニックを習得するために柔術を学んだのでは?と推測していますが、真相はわかりません。

過去にルチャドールの中にはドスカラスJrのようにアマレスをやっていたという選手は少なくないのですが、柔術をやっていたルチャドールというのは初耳。

逆に日本では「闘牛・空」のリングネームで活躍した江本敦子(現在は引退)がムンジアルの紫帯で3位入賞して茶帯になったことがあり、また元藤原組〜バトラーツで活躍した小野武志もストライプルで柔術を学んでおり、こちらも茶帯という情報があります。



「闘牛・空」のリングネームで活躍した江本敦子。
2010年のムンジアルで紫帯で3位入賞を果たし茶帯に昇格。
★試合の様子はコチラから!




海外ではWWEでプロレスラーとしても活躍したシェイン・マクマホンもヘンゾ・グレイシーのアカデミーでプライベートレッスンを受けていたことや、ヘナー・グレイシーのガールフレンドがWWEのDIVA(女子マネージャー)だったりと何かと縁があります。

そしてこれはレスラー本人ではないですが、レスラーの子供が柔術をやっていて往年の大物レスラーであるダイヤモンド・ダラス・ペイジとジェイク・ロバーツがコブリンヤのアカデミーを表敬訪問というミスマッチな遭遇も実現しています。



コブリンヤのアカデミーでの1コマ。
みんなコブラポーズなのにダラスペイジは小さく爛札襯奸Ε魯ぁΕ侫.ぅ岫瓮檗璽此
ロバーツは息子と思わしき子供の首絞め。



そんな感じで何かとプロレス界と柔術は繋がってたりするのですが、まだプロレスラーで柔術を学んでいて、しかも大会で優勝したという本格派は珍しい、というか自分が知る限りでは初めてのこと。

この狎纂垰粟き瓠⊇製囘なプロフィールが気になり過ぎます!


©Bull Terrier Fight Gear

2013年03月08日

【ニュース】最新ニュースあれこれ!

柔術に関するニュースあれこれをまとめて紹介します!




『AOJにキーナン・コーネリアス合流』
先ごろチームロイドアーヴィン離脱&ATOS加入が自身のfacebookで発表されたキーナン・コーネリアスがメンデス兄弟のAOJ(Art Of Jiu-Jitsu)で行われているパン選手権に向けたトレーニングキャンプに合流しました。既報の通り現在AOJにはキーナンとライバル関係にあるミヤオ兄弟も長期滞在しており、AOJでキーナンとミヤオ兄弟が一緒に練習するという異常事態(?)が勃発。ミヤオ兄弟がキーナンと練習するときも試合さながらのガチモードなのか興味深い!そんなキーナン、最近ガールフレンドができて公私ともに順風満帆なリア充ぶり。「タタミが恋人」のパウロ・ミヤオの心中はいかに?!



続きを読む

2013年03月07日

【当選者】「青木真也の柔道&柔術入門」


先月、このブログで募集した「青木真也の柔道&柔術入門」の当選者の発表です。

厳正なる抽選の結果、以下の2名様が当選となりました。

中村様(東京都立川市)

嶋村様(東京都葛飾区)


当選者の方には今週中に発送させて頂きます。

多数のご応募、ありがとうございました!


【テクニック】レッグドラッグに対するカウンター:大内爛疋トル畄

最近の流行りテクの1つであるレッグドラッグ。

ベリンボロと同じくメンデス兄弟が多用して一気に広まったレッグドラッグ、そのカウンター技を紹介したいと思います。

レクチャーしてくれるのは最近はもっぱら選手としてよりもレフェリー(無免許)姿の方がよく見かける大内爛疋トル畄瓢瓩任后


レッグドラッグをやられたら




スネを相手に向けながらエビをして少し距離を取ります。




ヒザが外側に向いてしまうと潰されてしまうので注意!




スネで相手のパスを止めつつ、




ヒザ裏に足をかけてXガードへ。




そして足をすくって




スイープします。




相手を前方に送ったら立ち上がり、




反対側の足を持って返し、スイープの完成です。



★このテクニックの動画はコチラから!








【好評発売中】
『ドクトル柔術』
大内敬氏のオリジナルテクニックが満載!
4000円で大好評発売中!
★詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】パトリシア・ラージェ




©Bull Terrier Fight Gear

2013年03月06日

【出場受付中】日本の柔術史上最高金額賞金100万円!『GALO CARNAVAL』


3/31(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるねわざワールド代表・大賀幹夫氏が代表を務めるGalo Carnaval 実行委員会主催の『GALO CARNAVAL(ガロ・カルナヴァル)』。

これは「日本人のブラジリアン柔術黒帯世界王者を誕生させよう!」を旗印に初開催されるガロ級限定のトーナメントで、その優勝賞金はなんと100万円!という日本の柔術史上最高金額が用意されています。

これまでムンジアルの黒帯トーナメントで日本人・男子選手が最も表彰台に上がっており、黒帯では2007年に本間祐輔が準優勝、3位に大賀幹夫、2008年でも本間選手が準優勝入賞を果たしました。

そして2011年にも本間選手が3位入賞、昨年は芝本幸司選手がベスト8と表彰台まであと一歩というところにまで善戦しています。

また茶帯では優勝者を多く輩出しており、2008年には伊東圭選手、2010年は芝本幸司選手、2011年はイ・サンス選手が優勝しており、2012年は猿田洋祐選手が準優勝でした。

以上の結果を省みて日本柔術界の悲願である日本人によるムンジアル黒帯王者を誕生させるにはこの階級の選手が切磋琢磨をする場を作ることと、優秀選手に金銭的な援助を行うことが最も効果的と考えた大賀氏が立ち上げたのが今大会。

特徴的なのは高額賞金だけでなく、白帯から黒帯までが同じトーナメントに参戦すること、そして他競技の選手や外国人選手にまで広く門戸を開放している点でしょう。

このことは賛否両論あるようですが、大賀氏は熟考した上でのオープントーナメントにしたそうなので、細かい経緯は以下のリンクを参照して下さい。

コチラから!

とにかく今回が初開催なのでどういった大会になるか未知数な部分もありますが、これ1回だけの開催ではなく、できれば年1回ずつガロとプルーマの賞金トーナメントの定期開催を目指していくということなので、ぜひ成功を期待したいところです。

今大会はすでに出場申し込みを受付中で、エントリーリストも公開中です。

現在、エントリーしているのはムンジアルの茶帯で入賞経験がある倉岡ジョンカルロス選手、伊東圭選手、イ・サンス選手に加え、MMAでも活躍中の八田亮選手、そして青帯ガロ級の常勝王者・杉本寛樹選手の面々です。

出場申し込み締め切りは2週間後の3/20(水)となっているので、参加希望の方はお早めに!


■参加者募集中■
『GALO CARNAVAL』
ガロ級賞金100万円トーナメント
日時:3/31(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
★大会オフィシャルサイトはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月05日

【柔術プリースト】# 80:ヨーロピアン2013 Part.2 日本人選手の試合


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回から引き続きヨーロピアン2013特集のPart.2、日本人選手編をお送りします。

毎年多くの日本からの出場者があるヨーロピアン、今年は総勢30名以上もの選手が出場し好成績を収めました。

その中から茶帯・黒帯の試合を中心に日本人選手の激闘の数々を紹介します。

注目は2年連続で黒帯決勝戦に進出した芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)、ムンジアル以外の国際大会初参戦の中村大輔選手(グラバカ柔術クラブ)、そして国際大会初参戦の岩崎正寛選手(HALEO TOP TEAM)の3選手です。

芝本選手のブランドン・ミュリンスとの決勝戦、中村選手の初対戦となるvsコブリンヤ、岩崎選手はアブソで世界王者・レオノゲ&ワールドプロ王者・タンキーニョとの試合はどれも日本人選手が一本負けという結果ながらも、そこに至るまでの経過は決してやられっぱなしというものではないだけに、ぜひ見て頂きたいところ。

先週配信した黒帯決勝戦は比較的容易に見つけることができますが、今回配信の動画はほぼ全試合がここで初公開のレア映像の連続!

ぜひ海外で奮闘する日本人選手の戦いぶりを見て欲しいと思います!



去年のヨーロピアン王者、芝本選手は2年連続で決勝戦進出。
ワールドクラスの実力を遺憾なく発揮しています。



世界4連覇のコブリンヤと初対戦した中村大輔選手。
コブリンヤをスイープした場面をお見逃しなく!



岩崎選手はレオノゲ&タンキーニョと名だたる強豪と2連戦。
誰が相手でも自分のスタイルを崩さないのはさすが。



今回からBJJテクニックファイルは北出拓也氏に!
初登場の今回はかみつきパスガードをレクチャー。


★#80はコチラから!






【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト Vol.2』
126分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!


★DVDプロモ動画はコチラから!







【発売中】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月04日

【参加募集中】COPA Las Conchas 2013:本日締め切り!


3/10(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるLasConchas/ミューズエンタープライズ主催「COPA Las Conchas 2013」の出場申し込み受付が本日3/4到着分有効となっています。

今大会は参加者全員にノベルティ配布&豪華賞品が当たる抽選会など独自企画があり、また大会メダルもブラジルに発注した特製のモノが用意されているという主催者の気合が入りまくり!

すでにエントリーリストは公開中で延べ人数で120人以上の選手がエントリー中という中規模大会となる見込みです。

★エントリーリストはコチラから!


ブラジル製の特製大会メダル



出場申し込み受付は本日までとなっていますので、出場したい方は本日中にメールにてお申し込み下さい。

出場費用は5000円で無差別の追加エントリーは+1000円となっています。

申込方法は以下のメールで氏名/性別 ・所属 ・帯 ・階級 ・年齢カテゴリー(アダルト・マスター・シニア1・2・3)、アブソルートにエントリーする場合は、「アブソ出場」と明記して送ってください。

アドレスはinfo★las-conchas.com(★を@に返還)です。

多数のご参加、お待ちしております!

★大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アレッシャンドリ・パイヴァ



©Bull Terrier Fight Gear


2013年03月03日

【ドゥマウ】パン選手権のDFC獲得選手


2/17(日)に愛知で開催された「X COPA DUMAU DE JIU JITSU」の大会結果をもって終了したドゥマウのパン選手権のDFC。

これでランキングが確定し、各帯色のランキング1位と2位の選手がパン選手兼出場のための無料航空券を獲得しました。

以下、DFC獲得選手です。

【黒帯】
1位 大原道広(ポゴナ・クラブジム)
2位 金古一朗(ポゴナ・クラブジム)

3位 ヨースキ・ストー(Impacto BJJ)
黒帯は1位&2位をポゴナが独占。特に金古選手はシニア1の年齢ながらアダルトのカテゴリーで試合しての獲得です。2位と3位のポイント差はわずか1ポイントという接戦でした。


大原道広(右/ポゴナ・クラブジム)




金古一朗(ポゴナ・クラブジム)


【茶帯】
1位 カーロス・キムラ(小川柔術)
2位 サダ・クリモリ(Impacto BJJ)

3位 大塚博明(グラバカ柔術クラブ)
茶帯のDFCもドゥマウ常連のセリンゲロとサダがヨーロピアンに続き連続で獲得。ヨーロピアンでセリンゲロはマスターで優勝、サダはアダルトで準優勝入賞しています。連続入賞を期待。



カーロス・キムラ(小川柔術)



サダ・クリモリ(Impacto BJJ)



【紫帯】
1位 イザベレ・ソウザ(Impacto BJJ)
2位 榊原和正(小川柔術)

3位 アレッサンドロ・エト(Over Limit BJJ)
女子で唯一DFC獲得のイザとヨーロピアン2年連続優勝の榊原選手が紫帯のDFC獲得選手です。ですが榊原選手は家庭の事情でパン出場不可ということでDFC辞退!残念です。3位のエトはわずか1ポイント差でDFC獲得を逃しました。


イザベレ・ソウザ(Impacto BJJ)



榊原和正(小川柔術)


【青帯】
1位 高須宝亀(小川柔術)
2位 杉本寛樹(AXIS千葉)

3位 タナベ・オサム(Impacto BJJ)
激戦だった青帯のDFCはマスターで活躍中の高須選手とアダルトの杉本選手が獲得。特に杉本選手は最軽量のガロながらアブソでも入賞、そしてガロでも3大会連続優勝という活躍でした。3位のタナベ選手と杉本選手は同ポイントですが、その場合は試合数が多い方を選出するという規定があり、杉本選手が選ばれました。



高須宝亀(小川柔術)



杉本寛樹(AXIS千葉)



団体ランキング
1位 Impacto BJJ
地元・愛知だけでなく東京・大阪とどこの大会にもコンスタントに多くの選手を出しているImpacto BJJが団体ランキング1位を獲得。この団体ランキングで獲得したチケットでヨースキ・ストーがパン選手権に出場するようです。



DFC獲得選手のみなさん、おめでとうございます!


【今日が誕生日の柔術家】アウグスト・メンデス爛織鵐ーニョ瓠30)、滝川直央(36)、ファビオ・スガワラ(29)



©Bull Terrier Fight Gear