English Portugues Japanese

2013年04月

2013年04月30日

【大会結果】DUMAU TOKYO OPEN 2013:無差別級の主な結果

4/29(月・祝)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたドゥマウ主催「DUMAU TOKYO OPEN 2013」の大会2日目の無差別級の主な結果です。


IMG_1888x1
アダルト黒帯アブソルート
優 勝 杉江大輔(SAD)
準優勝 レアンドロ・クサノ(クサノチーム)
3 位 奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)、加古拓渡(GSB)



続きを読む

2013年04月29日

【大会レポ】DUMAU TOKYO OPEN 2013:黒帯の試合まとめ

本日は2日間に渡って開催されるDUMAU TOKYO OPEN 2013の大会初日に行われた黒帯の試合模様をまとめてお届けしたいと思います!

黒帯の試合はアダルトで3階級、マスターで1階級、シニア1で2階級、シニア2で1階級で行われ、黒帯の試合だけでも19試合とかなりの試合数になりました。

これはエントリーの第一締め切りまでに申し込んだ場合、黒帯のみ参加費が無料になるということも大きな理由のひとつでしょう。

それではまずは最もエントリー数の多かったアダルト黒帯ペナ級の試合を御覧ください!

ペナ級は8名がエントリー初顔合わせの対戦カードもあり新鮮なトーナメントとなりました。


IMG_5640
<アダルト黒帯ペナ級一回戦>
岡本裕士(RJJ)
VS
北村潔(ノヴァウニオンジャパン)
岡本選手は昨年のDUMAUで膝を怪我してから半年ぶりの復帰戦でしたが、極めの強さは相変わらずで絞め(一番絞り)で一本勝ち!準決勝進出です。



続きを読む

2013年04月28日

【大会結果】DUMAU TOKYO 2013:大会初日の主な結果

4/28(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたドゥマウ主催「DUMAU TOKYO OPEN 2013」の大会初日の主な結果です。

■アダルト黒帯
IMG_0444x1
ペナ
優 勝 加古拓渡(GSB)
準優勝 岡本裕士(RJJ)
3 位 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)、西林浩平(Me,We)



続きを読む

2013年04月27日

【柔術プリースト】# 85:ジュエルスBJJ&グラップリングinWPJJC!


日本唯一の柔術&グラップリングの専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今週配信するのは女子総合格闘技ジュエルスの中で行われた女子のBJJマッチとグラップリングマッチです。

ジュエルスBJJマッチは3人の巴戦でグラップリングはワンマッチでした。

このBJJ巴戦に出た3選手は全員が注目選手といっても過言ではない顔ぶれが揃いました。

プロ格闘家の臼井環選手(PUREBRED川口REDIPS)、柔道ベースで2大会連続優勝で青帯昇格した阿部彩選手(徳島BJJ)、そして中学生ですがすでにオトナ以上の実力を持つ山口友花里選手(空手道白心会)です。

この3選手の巴戦の全試合をノーカット収録しています。



ジュエルスBJJ、もう中学生ならぬまだ中学生の山口友花里選手の
極めの強さに注目!



そしてワンマッチのグラップリングはレスリングでインカレ準優勝の実績がある杉本恵選手(AACC)と初グラップリングマッチに挑む三浦綾佳(U術)の一戦。

柔術とグラップリングで全4試合ですが、内容はいいのでぜひ見て欲しいと思います。

それだけではありません!

今回はアブダビで行われたWPJJCの選手ホテル内での収録だったので、そこらへんを選手がうろついてて、そこでガヴィ・ガルシアを発見!

その場で交渉してゲスト出演してもらいました!

しかもその通訳がサトシという豪華版!

ジュエルスBJJ&グラップリングに加え、大会直後のガヴィ&サトシのインタビューもあるという今回の柔術プリースト、ぜひ見て欲しいと思います!



番組後半にゲストでガヴィ&サトシが特別参加!
大会直後のインタビューとMMA挑戦の話も?!
必見です!



★#85はコチラから!








【出場申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2013 in NIIGATA』
日時:5/26(日)
会場:黒崎地区総合体育館(新潟・新潟市)
今年1月に初開催したプリーストカップの地方大会。
今大会は柔術&ノーギを同時開催。大会の様子はUstで生配信!
そして大会後には大内爛疋トル畄鼻柔術セミナーも開催!
★詳細はコチラから!







【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト Vol.2』
126分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!


★DVDプロモ動画はコチラから!







【発売中】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


【ブラジル】海外修行中の嶋田裕太がブラジレイロ優勝!


現在、ブラジル・サンパウロのアリアンシにて海外修行中の爛澄璽轡洵瓩海氾菘塚蟻請手(ネクサセンス)。

約1ヶ月の滞在期間の締めくくりとしてブラジレイロに出場、見事に優勝しました!

嶋田選手はアダルト紫帯プルーマに出場、19人エントリーで4回を勝ち抜いての金メダルでした。

ブラジレイロ優勝は色帯とはいえ日本人初の快挙です。

嶋田選手、おめでとうございます!



【今日が誕生日の柔術家】ホドリゴ・カポラル(30)、シジェイラ・エウバンクス、ハビエル・バスケス(37)、ブルーノ・ロペス、ヒカルド・デメンテ(29)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月26日

【好評発売中】GRACIE MAG #193レビューby内山裕規


GRACIE MAGAGIN #193、レビュー担当内山です!(2回目です)

今回も英語を勉強中の私が頑張ってお送りさせて頂きます^^

さてさて、今回の表紙は過去8回ムンジアルのチャンピオンになった爛曠咫璽縫膈瓩海肇曠屮愁鵝Ε皀Ε!!

SIDE ATTACKSということで、今回のCOVER HISTORYは彼の極めのテクニック紹介が6つも^^

サイドポジションやニーオンの状態からなど、全て極めに極めてますw

パスはできるけどなかなか極められない><極める技があまりないとお困りの方…

是非とも読んで試してみてください!!

もうひとつのテクニック紹介はTOP5にアンドレ・ガウヴァオン!!

彼もムンジアル優勝+近々ではホミーニョを破りアブダビ本戦でも優勝しましたね^^

今回は2005年のムンジアルで彼が使った膝十字ということでKNEEBAR含め4つ紹介されています。

膝十字は茶帯以上からですが、今のうちに練習で使って慣らすのがいいかも…

今回は極めのテクニックが多々ございます^^

INTROはKNIFE HANDではじまったとおり、ホブソン・モウラのラペラチョーク!

それに続き試合レポで2月24日に行われたサンフランシスコオープン。

黒帯アブソルート決勝戦、カイオ・テハvsグスタボ・エリアスの試合の様子が紹介されてます!!

こちらも絞めの写真がハイライト!!

そしてこの試合の勝者、グスタボ・エリアスの試合後コメントも…!?

私的にこの記事、好きです。笑

GMA ARENA にはレアンドロ・ロの賞金トーナメント優勝時写真やライアン兄弟のスイープ紹介、そしてキッズの試合の様子など…

子供なのにしっかり極めてるのがすごい><

PROFILEはいまや柔術家としてよりUFCファイターとして知られているデミアン・マイアの指導法について。

現役のMMA選手ならではのアップ方法など参考になる事柄が多く載っています^^

こんな感じで今回も盛りだくさんの内容のグレイシーマガジン、お見逃しなく!!



【好評発売中】
『グレイシーマガジン #193』
★詳細&購入はコチラから!




★過去のグレイシーマガジンのレビューはコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】バレット・ヨシダ(38)、ヘナート・シウバ(32)、藤井惠(39)、ニール・スウェイレス(36)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月25日

【近日発売】アブマー・バルボーザ教則DVD『ザ・ガード』2枚組


毎年コンスタントに発売されている大好評・ブルテリア教則DVDシリーズの最新作が発売されます!

爛▲Ε肇蹇悉製儉瓩海肇▲屮沺次Ε丱襯棔璽兇龍蟻В庁孱庁暇臍箸任后

タイトルは「ザ・ガード」という何のヒネリもないちょーシンプルなものですが、これはこれで内容を表してていいのかも。

また今回も2枚組・185分という収録時間3時間オーバーの大ボリュームでの発売でお値段は6930円(税込)。

GW前の発売予定ということなので、GW中はこのDVDを見て新テクの習得に励んでみてはいかがでしょうか?

以下、収録内容です。

【Disc1】
■スパイダーガード&ラッソガードの章
01 スパイダーガードから後転スイープ
02 スパイダーガードからアブマー式回転スイープ
03 スパイダーガードからアブマー式三角絞め
04 スパイダーガードからスイープ or 三角絞め
05 スパイダーガードからアブマー式回転スイープ
06 スパイダーガードからアブマー式回転スイープ,ら三角絞め
07 スパイダーガードからサイドスイープ
08 スパイダーガードからサイドスイープバリエーション三角絞め
09 片巻きスパイダー(ラッソ)ガードからのオモプラッタ
10 片巻きスパイダー(ラッソ)ガードからの三角絞め
11 片巻きスパイダー(ラッソ)ガードからのスイープ
12 スパイダーガードから三角絞め&腕十字
13 スパイダーガードからクウォータースイープ
14 変形スパイダーガードから腕十字
15 変形スパイダーガードから変形アームバー
16 変形スパイダーガードからスイープ→腕十字
17 変形スパイダーガードからアームロック
18 片巻きスパイダー(ラッソ)ガードから腕十字
19 変形片巻きスパイダーガードからアームバー
20 変形片巻きスパイダーガードからテイクバック
21 変形片巻きスパイダーガードから回転スイープ
22 スパイダーガードからカウンター横三角絞め
23 スパイダーガードからカウンター三角絞め
24 片足担ぎされた状態からカウンターアームバー

【Disc2】
■クロスガードの章
25 クロスガードからアブマー式腕十字
26 クロスガードからスイープ
27 クロスガードからスイープ
28 クロスガードからオモプラッタ
29 クロスガードからアブマー式ヒップスロー
30 クロスガードから腕固め
31 クロスガードから回転式腕十字
32 クロスガードからアブマー式オモプラッタ
33 クロスガードからアブマー式オモプラッタ
34 クロスガードから回転式腕十字
35 クロスガードガードからラペラを利用して三角絞め
36 クロスガードガードからラペラを利用してアームバー

■バタフライガードの章
37 バタフライガードからスイープ
38 バタフライガードからフックスイープ
39 バタフライガードから三角絞め
40 バタフライガードからテイクバック
41 バタフライガードからテイクバック

■足を担がれた状態のガードの章
42 両足を担がれた状態から回転式腕十字
43 両足を担がれた状態からキムラロック
44 両足を担がれた状態から三角絞め
45 片足担がれた状態のガードから三角絞め
46 片足担がれた状態のガードからスイープ
47 片足担がれた状態のガードからスイープ

■ハーフスパイダー&インバーテッドデラヒーバの章
48 ハーフスパイダーガードから振り子スイープ
49 ハーフスパイダーガードからテイクバック
50 ハーフスパイダーガードからスイープ
51 ハーフスパイダーガードからテイクバック
52 インバーテッドデラヒーバガードからスイープ
53 ハーフスパイダーガードからスイープ
54 ハーフスパイダーガードから後転スイープ


収録テクニックの数は54種類で全部がガードからのテクということで、ガード好きの日本人柔術家にはウケそうな内容です。

裏ジャケに書かれてるアブマーのプロフィールがちょっと大げさで誇大広告じゃ?って感じなのですが、そこはあまり気になさらぬようお願いします。

アブマーを爛リスマ柔術家畍討个錣蠅呂気垢に言い過ぎでしょ!

しかも今どきカリスマって言葉のチョイス自体もビミョーな気が。

まあいいんですけど、ちょっと気になりました。

そんなアブマーの教則DVD2枚組は近日発売!

発売をお楽しみに!



【今日が誕生日の柔術家】三崎和雄(37)、エリオ・ダミアニ(33)、ハモン・レモス(34)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月24日

【WPJJC 2013】アダルト黒帯・階級別決勝戦

WPJJCの黒帯の階級別は優勝賞金が$8000、準優勝でも$3000という高額賞金。

今回で5周年というWPJJC、今では予選に勝てなくても自費で参加する選手も多くムンジアルと並ぶ世界大会として認知されてきました。

今年から茶帯と黒帯が別開催になりWPJJCならではの茶帯vs黒帯の対戦は見られなくなりましたが、それを抜きにしても豪華な顔合わせが実現。

8階級に渡って争われました。



-65kg決勝戦
サムエル・カンキエロ(UAE JJ)
vs
チアゴ・バヘット(チームバヘット)
昨年の-70kg王者、カンキエロが階級を落として参戦。
相手のチアゴは本来はガロ級の選手です。



続きを読む

2013年04月23日

【本日発売】『Fight & Life』にブルーノ・マルファシーニ インタビュー掲載


本日発売の格闘技雑誌『Fight & Life』に原稿を書かせてもらってます。

メインは3/31に開催された100万円賞金トーナメント『ガロ・カルナヴァル』に初来日した7 times World Champion瓮屮襦璽痢Ε泪襯侫.掘璽砲離ぅ鵐織咼紂次テクニック。

ブルーノは2週連続の試合&急な来日にも関わらずに圧倒的な強さを見せてトーナメントを優勝、見事に100万円を手にしました。

そのブルーノに世界王者になるためのトレーニングの秘密を聞いています。

そして得意とするテクニックのレクチャーもありますので、チェックしてみて下さい!



7 Times World Champion瓮屮襦璽痢Ε泪襯侫.掘璽



他には大会レポートでブルーノが出場した『ガロ・カルナヴァル』と『パン選手権』を掲載。

『ガロ・カルナヴァル』はブルーノの試合ぶりを中心にレポ、『パン選手権』では主に日本人選手の活躍を紹介しています。

特にブルーノのインタビューはこの『Fight & Life』にしか掲載されないので、ぜひご購読をお願いします!




【本日発売】
『Fight & Life』
880円
★詳細&購入はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月22日

【WPJJC 2013】黒帯アブソルートの試合

WPJJCは高額賞金が賭けられた賞金トーナメントですが、中でもアブソルートは賞金の他に特製のチャンピオンベルトが贈呈される特別なモノです。

特に黒帯は超高額賞金で男子が3万ドル、女子が1万ドル!

こんな賞金、WPJJC以外では獲得できないでしょう!

このアブソルートのトーナメントは大会最終日に開催され、まさに大会のメインを飾るに相応しい激闘が繰り広げられました。



黒帯準決勝はホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)とクラウジオ・カラザンス(ATOS)の対戦。
2010年の王者、カラザンスと2011&12の王者、ホドウフォの対戦は
テイクダウンにパス&マウントの9−0でホドウフォの圧勝!



続きを読む

2013年04月21日

【4/28 発売】100% 柔術オンリーマガジン「Jiu Jitsu NERD」新発売!


かねてより製作中のお知らせをしていた100% 柔術オンリーマガジン「Jiu Jiu NERD」を無事に完成させることができました!

先週の金曜の深夜に入稿完了し、4/28(日)に定価400円で全国一斉発売されます。

当初の予定では300円の予定でしたが、急遽アブダビで行われたWPJJCの試合レポをブチ込もう!と思い立ち、それを入れたせいでページが増えてしまいました。

なので+100円アップとはなりましたが、それ以上の価値ある1冊になったと自負しております。

表紙&インタビューで世界中でアイドル的な存在となっているミヤオ兄弟を大フューチュア!

人見知り&無口なミヤオ兄弟のインタビューに成功、過去のヒストリーと併せて知られざるミヤオ兄弟の秘密を大公開しています。


無口なミヤオ兄弟に1時間ものロングインタビューを敢行!
世界初のミヤオ兄弟インタビュー、必読です!
なかなか懐かなかったミヤオ兄弟も最近やっとまともに話せるようになってきました。
この画像のパウロの微笑みに注目!




そしてなかなか誌面に載せにくい海外試合レポに大きくページを割きつつも国内大会もしっかりフォロー。

海外大会はヨーロピアン、パン選手権、そしてWPJJCでなんと16ページ!

グレイシーマガジンでもできないような豊富な画像にマニアックな情報を盛り込んだキャプションで海外最新情報をお届け!



終わったばかりのWPJJCを世界最速レポ!
砂漠の国の賞金トーナメントはいかに?!



国内大会はちょっと少なめで6ページで担当はアシスタント1号こと梅沢くん。

最近パパになったウメ梅沢の新米ライターぶりを発揮したツッ込みどころ満載なテキストを存分にご堪能ください!

試合レポだけではなくコラムも充実。

「柔術新聞」ブス氏の担当ページであるアメリカ柔術シーンの一大スキャンダルとなったロイド・アーヴィン事件の相関図は複雑な人間関係がひと目でわかる!

貴重な女子モノページでは湯浅姉妹のWPJJC参戦記で姉・麗歌子と妹・志澄歌の珍道中を姉妹自らのテキストで紹介します。


湯浅姉妹の海外参戦記。
これは今後もレギュラーコーナー化していく予定!




そして海外出稽古体験記はニューヨークのマルセロ・ガルシア・アカデミーの訪問レポ!

NYのド真ん中で洪水の被害に遭いながらも再建されたマルセリーニョのアカデミーでの日常の練習風景を見て頂きます。

個人的にやりたかったことの週刊プロレスのレスラー名鑑のオマージュ的企画の「黒帯名鑑」は今後のレギュラーコーナー。

毎回数人の黒帯を有名・無名を問わずに紹介していく予定です。



黒帯名鑑で紹介している一人。
この黒帯の名前と経歴が言えたらかなりのマニア!



その他にも教則クロスレビューに裏方さんコラムなど読み物系も充実。

ただ前もって告知してるようにテクニックページだけは一切ないので、そこだけは期待せぬようにお願いします。

購入はブルテリア、イサミ各店舗の他にドゥマウの東京・九州・愛知の3大会で会場物販、海外ではアメリカ&インターナショナルでBudo videos、UK&ヨーロッパにはScrambleが取り扱いしてくれます。

そして道場卸もやります!

定価400円ですが、道場卸では10冊以上のご注文で1冊350円&送料無料でお届けします。

道場卸したい、という方はぜひメールにてコンタクトを!

件名に道場卸希望を明記の上、以下のメールアドレスにお申し込みください。

reversaling★gmail.com(★を@に変えてください)

出版社を通さずに完全に自費製作なので一般流通はせずに格闘技ショップと会場手売りのみという入手ルートが限られてるこの「Jiu Jitsu NERD」、確実に手に入れるなら道場卸がオススメです!

なお今回のがコケたら次号以降の予定を大幅修正せざるを得ません。

継続して出せるようにするためにも、ぜひご購入をお願いします!


【新発売】
『Jiu Jitsu NERD』
定価400円で4/28 on sale!!!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月20日

【柔術プリースト】# 84:DUMAU KANSAI 2013


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は2/10に大阪で開催されたドゥマウの大阪大会を紹介です。

この大会は日本同一主催者による初の東京・大阪同時開催となり話題を集めました。

その中から厳選した試合をお送りします。

アンデルソン高橋とレアンドロ草野の日系ブラジリアンズに森本猛、吉岡崇人の関西の雄などの試合をお届けします。

試合だけでなく選手インタビューも!

編集担当の螢侫襯侫ースがなぜかロングバージョンで収録していたのが徳島BJJの吉岡選手の試合後インタビュー。

髪の毛だけでなく眉毛まで金髪にした田舎ヤンキー的なビジュアルはかなりのインパクト!

ここも必見ポイントです!



吉岡崇人(徳島BJJ)の金髪&金眉!
田舎ヤンキー柔術!




レアンドロ・クサノvs森本猛のアブソの一戦!
クサノのバランスキープ力は必見。




レギュラーコーナーのBJJテクニックファイルは試合でお馴染みの嶌崎公次選手の得意技をレクチャーしてくれてます。

初回はマウントからのアームロック&腕十字です。

現役のトップ選手らしい実戦的なテクニックなのでぜひ活用して下さい!



クラブバーバリアンの嶌崎公次選手がBJJテクニックファイルに登場!
これから4週に渡りテクニックを紹介してくれます。



★#84はコチラから!








【出場申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2013 in NIIGATA』
日時:5/26(日)
会場:黒崎地区総合体育館(新潟・新潟市)
今年1月に初開催したプリーストカップの地方大会。
今大会は柔術&ノーギを同時開催。大会の様子はUstで生配信!
そして大会後には大内爛疋トル畄鼻柔術セミナーも開催!
★詳細はコチラから!







【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト Vol.2』
126分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!


★DVDプロモ動画はコチラから!







【発売中】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】林俊介、アラン・ゴエス



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月19日

【Metamoris】クロン・グレイシーvs青木真也のグラップリングマッチ実現!


来る6/9(日)、カリフォルニア州ロサンゼルスのロングビーチ・UCLAポーリー・パヴィリオンで開催されるプロ柔術「Metamoris 2」でビッグカードが組まれました。

グラップリングマッチで青木真也が参戦、その相手がクロン・グレイシーに決定しました。

このカードは正式発表前に主催者であるハレック・グレイシーから個人的にリークがあって知らされたのです。

そのときはまだ青木選手がONE FCでの試合を控えており、それが終わってからリリースされるとのことでした。

ご存知の通り、青木選手は朴光哲選手とのタイトルマッチに見事に勝利、満を持してこの試合の正式リリースとなりました。

青木選手はかなり前からtwittetrでMetamorisからオファーがあったことを漏らしていましたが、まさか相手がクロン・グレイシーになるとは!

もちろんこれはグラップリングとはいえ20分ノーポイントのオンリーサブミッションマッチなので、勝敗は一本決着か引き分けのみ!

この対戦には過去の因縁があり、クロンの父親であるヒクソンと青木選手の師である中井祐樹は95年4月に行われたバーリトゥードジャパンオープンで対戦しており、そこでヒクソンは中井祐樹からチョークスリーパーで一本勝ちしています。

その試合から18年が経過し、中井祐樹の弟子である青木真也がヒクソンの実の息子であり、愛弟子でもあるクロンと対戦というのは運命的なものを感じずにはいられません。

青木選手は今回戦うクロンの前にも過去にグレイシー姓を持つ選手と対戦経験があります。

それは犧廼のグレイシー瓩琉枳召鮖つホジャー・グレイシーで、それはADCC 2005のLA大会の無差別級で対戦し、そこではアキレス腱固めで一本負け。

なので青木選手にとってこの試合はグレイシーへのリベンジ的な見方もでき、非常に興味深いものでしょう。

この他にもいくつかのカードが発表されています。

【柔術】
ホドウフォ・ヴィレイラvsブラウリオ・エスティマ
アンドレ・ガウヴァオンvsハファエル・ロバト
マッケンジー・ダーンvsミッシェル・ニコリニ

【グラップリング】
ビル・クーパーvsライアン・ホール
ホベルト爛汽ぅ棔璽悪瓮▲凜Д襦vsブレンダン・シュワブ


今回は前回のようなグレイシー総登場!という編成ではないですが、これはこれで見応え充分なものばかり。

まだこの他にも予定されているカードがあるようなので、それらは正式リリースされ次第、随時紹介して行きたいと思います。

なお、この「Metamoris 2」は前回同様にオンラインPPVでライブストリーム配信される予定です。

価格は$19.9、約2000円弱で購入すればリアルタイムで見れるだけでなく、あとからアーカイブを見ることも可能。

今回は日本向けの日本語での実況&解説を導入の予定もあり、その人選のピックアップを頼まれていて何人か推薦しましたが、まだ正式決定には至ってません。

その動向も含めてこの「Metamoris 2」のオンラインPPVは必見でしょう。



「Metamoris 2」
★オフィシャルサイトはコチラから!

★オンデマンド購入ページはコチラから!





【今日が誕生日の柔術家】イゴール・シウバ



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月18日

高谷コラム:推薦図書「七帝柔道記」

先日、角川書店より「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」の著者・増田俊也氏の新刊「七帝柔道記」が発売された。

BABジャパン「秘伝」の連載小説、待望の単行本化である。

本作は、増田氏の北海道大学柔道部での経験をほぼそのまま小説化したものであり、登場人物も一部を除いては実名であり、極めてノンフィクションに近い、実録小説ともいえるもの。

当時の北大柔道部や七帝柔道の雰囲気がリアルに描かれている。

そして特に、井上靖氏が自伝的小説「北の海」において表現した「練習量が全てを決定する柔道」・高専柔道の流れを汲んだ、過酷なまでの寝技練習の模様が凄みを持って伝わってくる。

「町道場」ではなかなか味わえない「部活」ならではの情熱がひしひしと伝わってくるが、「強くなる」ための方法論として、環境に関わらず確実に存在するものだと思う。

筆者としては、七帝の中で当時「超弩級」と言われていた紫藤選手や道崎選手たち東京大学の選手名が頻繁に登場していたことが懐かしかった。

母校と東大との定期試合や合同稽古において何度か胸をお借りした経験から、本作で描かれている強さはリアルであることを証言したいところである。

日本中の柔道家だけでなく、ブラジリアン柔術家にも推薦したい本作品。

最終的には中井祐樹先生が登場するはずの「七帝柔道記」続編は「秘伝」にて連載継続中である。

全編を通しての単行本化に期待しなければならない。



角川書店から待望の単行本化「七帝柔道記」。
「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」に続く、
増田俊也氏の力作!




高谷聡(こうたに・さとし)
パラエストラ吉祥寺・代表。
ブラジリアン柔術・黒帯、柔道四段。
JBJJF公認A級審判員。

現CSF(コンバット・サブミッション・ファイティング)王者。
CSF王座は2007年6/1、ニュージーランド、オークランド、トラスト・スタジアムにて前王者、ニール・スウェイルスと戦い、これを延長戦の末にポイント判定で降し王座獲得。
王座獲得の後、2年ぶりに王座防衛戦を行い、激戦の末に王座防衛を果たす。(2009年5月)
★CSF王座防衛戦の様子はコチラから!
★CSF王座獲得のの詳細は2007年06月01日のこのブログのニュージーランド編を参照のこと。
☆ニュージーランド編はコチラ、画像はコチラ

★著者経歴
・昭和45年2月11日生まれ、43才(独身)
・昭和57年、12才で武道を始める。
・昭和59年、合気道初段。
・昭和61年、16才で柔道に転じ以降、高校・大学・実業団にて選手として出場。
・現在は母校の柔道部監督を務める。
・平成7年、柔道4段取得。
・実業団所属時代、鈴木道場サンボクラスに入門、初段を取得。
・平成9年、鈴木道場サンボクラスに出稽古の中井祐樹先生と知り合う。
・同年末に開設されたパラエストラ東京(当時パレストラ東京)に入門、ブラジリアン柔術を始める。
・平成13年、パラエストラ吉祥寺を設立。
・平成17年、ブラジリアン柔術の黒帯を取得。
・好きな女優は池脇千鶴、おニャン子クラブでは白石麻子が好きだった。

★高谷さんの人気コラムシリーズはコチラから、ブログはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月17日

【WPJJC 2013】完全詳報!マルキーニョス 優勝の軌跡 Part.2

マルキーニョスの決勝戦の相手はヴィトー・エスティマ(グレイシーバッハ)でした。

ヴィトーはムンジアル王者&ADCC王者のブラウリオ・エスティマの実弟で、兄貴の得意技であるインヴァーテッド・トライアングル(逆さ三角絞め)を武器に決勝戦に勝ち上がってきました。

特に準決勝戦ではクラウジオ・カラザンスからもこの技で一本勝ち、しかも秒殺勝利しており、今大会ではかなり調子のよさがうかがえます。

実績的にはマルキーニョスよりも格上と思える強敵のヴィトーとの決勝戦を紹介します。



決勝戦を前にやや緊張の面持ちのマルキーニョス。
初のビッグタイトル獲得なるか?!



続きを読む

2013年04月16日

【WPJJC 2013】完全詳報!マルキーニョス 優勝の軌跡 Part.1

WPJJC 2013で初のメジャータイトル獲得となる優勝を果たしたマルコス爛泪襯ーニョス瓮愁Ε供淵屮襯謄螢◆Ε椒鵐汽ぁ法

マルキーニョスはこれまで数多くの大会に参戦してきましたが、海外で行われる国際大会では昨年のヨーロピアンでの3位入賞が最高位でした。

潜在能力はサトシ以上とも評されるマルキーニョスも猝鬼Г亮体麓圻瓩箸いΕ櫂献轡腑鵑亡鼎鵑犬討い燭里現状。

そして昨年には柔術引退宣言&MMAデビューで、もう今後は柔術でのキャリアは望めないものと思われていました。

ですが突如、WPJJCの日本予選に出場すると圧倒的な強さで優勝し本戦への出場権を獲得。

過去5大会連続となる本戦出場で、3度目の正直ならぬ5度目の正直で4試合を戦い抜いての優勝でした。

今回は「マルキーニョス 優勝の軌跡」と題して2回の分けて全4試合を完全詳報します!



アダルト黒帯-82kg級に出場したマルキーニョス。
今回はATOSの所属名でエントリー、初戦の相手はヴィトー・ボンフィム(GFチーム)。
ボンフィムはMMAでも活躍中の選手で最近の戦績では
昨年のリオ・インターオープンで3位入賞しています。



続きを読む

2013年04月15日

【柔術プリースト】# 83:『COPA Las Conchas 2013』


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

#83は3/10に東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたLas Conchas/MUSE ENTERPRISE主催「COPA Las Conchas 2013」のメインカードのいくつかをピックアップして紹介します。

この大会は初回大会に比べ参加者・規模が倍増し盛況に終わりました。

茶帯、黒帯の試合も組まれ、それがまた熱戦続きの好試合の連続だったので、今回は内容的にも充実してます。

スタジオゲストに大会主催者のケニー板橋氏も参加し、大会の様子を振り返りながらの収録となりました。

またアシスタントは大会に出場して内山裕規が勤めており、自身の試合を自ら解説というのも面白いのではないでしょうか?!



黒帯アブソルートはベストマッチ!
嶌崎公次(クラブバーバリアン)vsファビオ・スガワラ(Infight Japan)の初対戦は
アグレッシブな攻防を展開し最後は一本決着!



日本初試合に挑んだハウフ・グレイシー系の茶帯、後藤悠司選手。
階級別&無差別と新井亮祐選手(パイシャオン柔術)と2連戦!



女子青帯アブソルート、内山裕規(パラエストラ千葉)と三浦彩佳(U術)の一戦。
試合に出場した内山選手自身が試合解説!





テクニック紹介コーナー「BJJテクニックファイル」、今回はパラエストラ川崎代表の北出拓也氏によるパススガードです。

基本的かつ実用的なテクニックなので、ぜひ活用して頂きたいと思います!



北出氏によるテクニック紹介、今回はパスガード。
相手の腰を制するのがポイントです。



★#83はコチラから!









【出場申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2013 in NIIGATA』
日時:5/26(日)
会場:黒崎地区総合体育館(新潟・新潟市)
今年1月に初開催したプリーストカップの地方大会。
今大会は柔術&ノーギを同時開催。大会の様子はUstで生配信!
そして大会後には大内爛疋トル畄鼻柔術セミナーも開催!
★詳細はコチラから!







【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト Vol.2』
126分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!


★DVDプロモ動画はコチラから!







【発売中】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】塚田市太郎(33)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月14日

【WPJJC 2013】大会最終日・アブソルートの主な結果

大会最終日に行われたアブソルート級の主な結果です。



黒帯
優 勝 マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
準優勝 ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)
3 位 クラウジオ・カラザンス(ATOS)



続きを読む

2013年04月13日

【WPJJC 2013】大会3日目:黒帯階級別の主な結果

大会3日目に行われた黒帯階級別の主な結果です。



-64kg級
優 勝 チアゴ・バヘット・カルドソ(チーム・バヘット)
準優勝 サムエル・ヘルゾグ・カンキエロ(UAE JJ)
3 位 ガブリエル・マルティンス(グレイシーバッハ)


続きを読む

【WPJJC 2013】大会3日目:紫茶黒帯・階級別の日本人選手の結果

大会3日目に行われた男子・紫茶黒帯と女子紫〜黒帯の階級別の日本人選手の主な結果です。



マルコス・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
黒帯-82kg級
1回戦 vsヴィトー・ボンフィム 11-0
2回戦 vsヘナート・カルドソ 5-0
準決勝 vsオスカー・ジュニオール 5-4
決勝戦 vsヴィトー・エスティマ 2-0
■優勝



続きを読む

2013年04月12日

【WPJJC 2013】大会2日目:青帯の試合結果


大会2日目に行われた青帯の主な試合結果です。



ジエドレ・サンタナ爛椒筌妊ぅ蹲瓠淵椒鵐汽ぁ




1回戦で一本負け、初戦敗退。
ちなみにニックネームのボヤデイロとはポルトガル語で「ロデオ」の意味だそうです。



ジャクソン・ナガイ(JAWS)
初戦敗退。




湯浅志澄歌(ポゴナ・クラブジム)
1回戦は絞めで一本勝ち、2回戦は一本背負でテイクダウンで先制。




しかしそこからバックマウントを奪われ4−0。




試合終盤にテイクダウンするもスイープされてしまい
6−2で2回戦敗退に終わりました。




昨年のムンジアル青ガロ優勝&アジア準優勝の
フィリピン人、エロス・バルヨット(ATOS)は3位入賞。
エロスもムンジアル優勝してもまだ青帯のまま!



女子青帯で優勝したのはアナ・キャロリーナ・ヴィレイラ(GFチーム)
ホドウフォの妹でした。
アナも昨年のムンジアルで優勝してますが、エロスと同じく
まだ青帯のままのようです。



なお白帯で出場したヴィニシウス・ブルット(Infight Japan)、佐々木亮(アラバンカ柔術アカデミー)はともに初戦敗退でした。


【今日が誕生日の柔術家】カリーム・バイロン、モニカ・エリアス、湯浅麗歌子



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月11日

【WPJJC 2013】大会初日・キッズの部の入賞


4/10(水)、UAE・アブダビのアブダビ・ナショナル・エキシビジョン・センターで開催中の「ワールドプロ柔術チャンピオンシップ2013」(以下、WPJJC)の大会初日に行われたキッズ部門の主な入賞者です。



ジュニア・-34.5kg オレンジ・黄色帯
優勝 鶴屋怜(パラエストラ松戸)
パラエストラ松戸・千葉・柏代表の鶴屋浩氏の息子、怜くんが優勝。




ジュニア・-34.5kg オレンジ・黄色帯
準優勝 丹羽飛龍(AXIS横浜)
決勝までの2試合を連続一本勝ちで勝ち上がるも決勝で鶴屋怜に8-4で敗れ準優勝です。

ジュニア・-42.5kg オレンジ・黄色帯
優勝 丹羽怜音(AXIS横浜)
全試合を通して危なげない試合運びで4試合中3試合で一本勝ちして優勝を果たしました。





柳生陽平(セキタニ・ゴールドチーム)
ティーン・-50.5kg・オレンジ・黄色帯で3位入賞。
初戦はV1アームロックで一本、準決勝で腕十字を極められ一本負けでした。




当初エントリーしていたジュニアの部では
相手不在の一人優勝で金メダルを獲得。




渡辺哲也(AXIS)
AXIS代表・渡辺孝正氏の長男、哲也くんは準決勝でガードからの腕十字を極め、
一本勝ちで決勝進出。




決勝はテイクダウンのポイントで0−2で敗れ準優勝でした。




ルーカス・タケダ(カーロストヨタBJJ)、初戦を突破も準決勝で送り襟絞めでタップ。



ですが3位入賞を果たしました。




バンフース小次郎(パラエストラ八王子)
初戦で丹羽飛龍(AXIS横浜)と対戦し、一本負け。
この階級には日本人選手が4選手エントリーしており、
どうしても対戦が避けられなかったようです。



【今日が誕生日の柔術家】ジョナタス・グージェウ(27)、ホセ・ジュニオール(28)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月10日

【告知】柔術オンリーマガジン『Jiu Jitsu NERD』創刊!


かねてよりUstなどで告知していた柔術オンリーマガジン『Jiu Jitsu NERD』を今月末に発売することが決定しました!

これは一般の出版社を通さずに執筆・デザイン・編集を自分の周囲にいる柔術関係者にお願いして作った、手作り感満載な1冊。

メインライターを橋本欽也(パラエストラ小岩/茶帯)が担当し、国内大会のレポートは主に梅沢隆志(パラエストラ東京/茶帯)、デザイナーは森雄大(NEXSUSENCE/黒帯)、編集はセラチェン春山(ジュエルス格闘技スタジオ@MUSE/白帯)というメンバーです。

サラリーマンの梅沢以外はみんな各方面で本業としてやってるバリバリのプロであり、これは「雑誌製作のスキルがある柔術家が集まって作ったプロレベルの柔術同人誌」的なモノと考えてもらったらいいでしょう。

出版社を通してないので書店流通はなく、当面の販売方法はISAMI、ブルテリアの両店舗での店頭販売&通販、そして各道場への道場単位での販売と大会会場での手売りでやっていこうと思ってます。

今回のはまず創刊準備号とし、フルカラー40Pほどのボリュームになる見込みでサイズはB5版、販売価格は300円です。

内容は自分がやりたかった海外大会のレポートに大きくページを割きつつ、国内大会もフォロー。

そして企画モノやインタビュー、そしてファミ通をパクッたDVDのクロスレビューにコラムなどバラエティに富んだ内容になったと自負してます。


表紙&原稿の一部。
表紙はまだ仮のモノで今後変更があるかもしれません。



今号はやや試合レポが多めになってますが、次号以降はインタビューや企画ページ、コラムなども増やしていく予定です。

ただよくあるインタビュー&テクニックだけはやるつもりはありません。

その理由はいま教則本(&教則DVD)はいくらでも出てるのでここでわざわざやることもないだろう、という考えからです。

安易に有名選手を並べてお決まりのインタビューにテクニックいくつかを並べて出す、というのはもういいだろう、と。

この「Jiu Jitsu NERD」では他の格闘技雑誌や専門誌でできないことを、というコンセプトでやってるので他誌で読めるようなことをわざわざここでやる必要はない!と思ってます。

なので、これが受け入れられるかどうかはわかりませんが、とにかく自分がやりたかったことをやりたいようにやるために、この雑誌を立ち上げました。

まずは初回の創刊号を出して次号以降のことはこれから考えます。

創刊号はお試しとしてなんとドゥマウの4/28&29の東京・浅草大会、5/3の九州・佐賀大会、5/5の愛知・半田大会に出場する全選手に無料配布!

もちろん大会当日に試合会場での販売もさせて頂くので、ぜひご購入をよろしくお願いします!



©Bull Terrier Fight Gear

2013年04月09日

【大会告知】7/7『COPA Bullterier 2013』開催決定!


毎年恒例のブルテリア主催の柔術オープントーナメント、コパ・ブルテリアが今年の開催日時が決定しました!

今年も初夏の7/7(日)の七夕の日に狃製僂寮暫廊疆豕・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催となりました。

会場は昨年と同じ台東リバーサイドスポーツセンターですが、今年は柔道場ではなく第一競技場にマットを敷いて行います。

台東リバーサイドスポーツセンターの柔道場は3面しか試合マットが取れないため、エントリーが殺到した昨年は申し込み多数のためにアダルト青帯と白帯のアブソルートを開催中止とせざるを得ない事態に。

そこはネガティブな印象を与えてしまいましたが、それ以外ではブルーノ・フラザト&マルコス・ソウザの柔術ラストマッチにUstreamの実況付き生配信、メダルガール初導入、大会Tシャツ完売など、非常に内容の濃い大会になりました。

ただここで柔術ラストマッチを行い、その後はMMAに専念するはずだったマルキーニョスが翌月のドゥマウ大阪大会ですぐさま試合復帰したのには驚きましたが!

逆にマルキーニョスと同じくこの試合の後にMMAに出る予定だったフラザトは決まっていたはずの試合がキャンセルされ、いまだにMMAはおろか柔術の試合にも出ていません。

MMAだけでなく柔術にも節操なく出てしまったマルキーニョスとは対照的なブルニーニョ、今後の動向が気がかりです。

とにかく、なにかと話題の多かった昨年のコパ・ブルテリアですが今年はそれ以上の大会になることは必至。

試合会場も倍増以上になったので昨年のような試合キャンセルということもなく普通に開催できるはずなのでご安心を。

まだ開催日時と場所以外はまったくの未定ですが、また世界王者クラスの招聘選手や好評だったUst配信、そしてメダルガールなどは実施される模様

その他にもいろんな企画がある様子なので、今年の七夕は今から予定を空けておいて欲しいと思います!

ちなみに昨年のコパ・ブルテリアのDVDが螢侫襯侫ースより近日発売予定!

こちらもよろしく。


フラザトにマルキーニョス&サトシの3強で黒アブソ表彰台を独占!



メダルガールを初採用!




実況・解説を入れたUSTREAMによる生配信を実施!


豪華コラボが実現した大会Tシャツは即完売!



『COPA Bullterier 2013』
日時:7/7(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター・第一競技場
主催:ブルテリア
■大会詳細は近日発表予定。


★昨年の大会の様子はコチラコチラから、柔術プリーストはコチラから!






©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月08日

【ガロ・カルナヴァル】賞金100万円ガロ級オンリー大会レポート

3/31(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでねわざワールド主催「ガロ・カルナヴァル」が開催されました。

本大会、ガロ級トーナメントというだけでも初の試みだと思われますが、賞金100万円という世界的に見ても階級別の賞金としては最高レベルの金額が複勝として与えられる注目すべき大会!

「日本人のブラジリアン柔術黒帯世界王者を誕生させよう!」という趣旨のもと、帯色問わず誰でも参加できるアダルト黒帯ルール適用のオープントーナメントとなりました。

大会は青帯から黒帯まで総勢23名がエントリーし、国内ガロ級のトーナメントとしては過去最大人数のエントリー。

中でも急遽参戦が決まった現役世界王者のブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)が大きな目玉!

ブルーノの参戦が発表されるや一気に注目度がUPし、大会への期待感も増したのでした。


IMG_3418
大会最注目の選手は言うまでもなく、7 times World Champion瓩海肇屮襦璽痢Ε泪襯侫.掘璽法淵▲螢▲鵐掘法
7度の世界タイトルの内訳は、
2004年/紫帯ガロ級
2005年/茶帯ガロ級
2007年、2009年、2010年、2011年、2012年/黒帯ガロ級
となっており、黒帯でなんと世界を5度制しています。今大会優勝候補最右翼!

それではブルーノの試合も含め全試合の様子をお届けします!


続きを読む

2013年04月07日

【セミナー】マルコ・バルボーザ・セミナーin九州 by 生田誠


3月24日(日)に福岡県春日市の春日市民スポーツセンターにて、マルコ・アントニオ・バルボーザ先生による柔術セミナーが開催されました。

当日は九州各地から40名近くの柔術家が集結し大盛況。

セミナーはますマウントポジションからの極めの動きから、基本の身体の動き、使い方などを細かく説明されていました。

「技よりも動きが大切だ」「スペースは与えていけない」などと何度も説明されていたのが印象的でした。

自分の体重を何倍にも感じさせるバルボーザ先生の重心コントロールやプレッシャーの掛け方、隙間無い密着の技術は相変わらずの精度で正確無比。

そのシンプルな動きの中で何もやらせてもらえない感覚はまさに現在に生きる達人といった感じです。

ここ数年、バルボーザ先生の来日が実現しなかったにも関わらず、セミナー後はたくさんの柔術家に写真やサインをお願いされていて日本での人気も相変わらずなのはみんなから慕われているその素晴らしい人柄に他なりません。









現在ブラジル・サンパウロにあるバルボーザ柔術には600名もの生徒が在籍していて、スタッフも12名雇っているとか。

活躍は柔術だけでなく、ブラジルのパラリンピックの柔道コーチにも就任されたそうです。

今後はローマやドイツなどヨーロッパでセミナーを行う予定になっているそうで、多忙を極めています。







なお現在、バルボーザ柔術の公式サイトでは、火曜日と木曜日にレッスンを有料でライブ配信しているそうです。

★バルボーザ柔術公式サイトはコチラから!


興味のある方は是非チェックしてみてください。

トラスト柔術アカデミー
生田誠








【今日が誕生日の柔術家】ベアトリス・メスキータ(22)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月06日

【柔術プリースト】# 82:COPA DUMAU DE JIU JITSU 2013


日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は2/17(日)、愛知県半田市で行われたドゥマウの『COPA DUMAU DE JIU JITSU 2013』を大特集!

ドゥマウの愛知大会は地元選手だけでなく関西や関東からも選手が遠征してきて毎回アツい戦いが繰り広げられていますが、今大会も例外ではありません。

そんな激闘の数々をたっぷりと見て頂きたいと思います。

まずは黒帯。

黒帯からはアブソルートと階級別からはガロ・プルーマ・ペナの決勝戦をピックアップ。

アブソでのクサノの圧倒的な強さ、ペナ決勝での高度な技術戦など見所満載です。



レアンドロ・クサノ(クサノ道場)


個人的には黒帯よりも茶帯、特にアブソルートの試合に注目して欲しいところ。

その茶アブソ準決勝で行われたクレベル・コイケvsルーカス谷の一戦は互いにアグレッシブに攻め続け、めまぐるしいポジションの奪い合いを繰り返しながら最後は劇的な一本決着。

この試合はまさにこれぞ柔術!という寝技の醍醐味を存分に見せてくれる素晴らしいものでした。

個人的には早くも2013年のベストマッチの1つになるのでは?!と思ってるほどなので、これはお見逃しなく!



2013年ベストマッチの1つになるであろうクレベルvsルーカスの一戦。
これこそ柔術の醍醐味を体現した素晴らしい試合でした。



レギュラーコーナーのBJJテクニックファイルはパラエストラ川崎代表の北出拓也氏による『マウントからの三角絞め』です。

結構普通のテクですが、ディティールにこだわる北出氏ならではのレクチャーに滑らかな動きが相まって説得力充分です。



BJJテクニックファイルは『マウントからの三角絞め』。
指導力に定評がある北出氏だけにテク説明もわかりやすい!




★#84はコチラから!









【出場申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2013 in NIIGATA』
日時:5/26(日)
会場:黒崎地区総合体育館(新潟・新潟市)
今年1月に初開催したプリーストカップの地方大会。
今大会は柔術&ノーギを同時開催。大会の様子はUstで生配信!
そして大会後には大内爛疋トル畄鼻柔術セミナーも開催!
★詳細はコチラから!







【新発売】
『橋本欽也の柔術プリースト Vol.2』
126分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!


★DVDプロモ動画はコチラから!







【発売中】
『橋本欽也の柔術プリースト vol.1』
DVD2枚組(119分+94分)
価格:3000円
■購入はコチラから!
■レビューはコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】ジャレッド・ウイナー(35)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年04月05日

【ADCC ASIA TRIAL 2013】男子各階級決勝戦

前回レポートでは大会再注目の山本聖子選手がエントリーした女子-60kg級を中心にお届けしましたが、今回は男子の決勝をまとめてお届け!

男子は5階級で本戦代表の座が争われました。

ADCCは2年に1度の開催に加え、ルールが独特なものでやや難解な部分がありますが、予選を勝ち抜くと世界最高峰の舞台で戦えるとあり、日本だけでなく韓国やモンゴル、台湾、オーストラリアなどアジア全域から参加者が集まりました。

本戦は誰でも出れるオープン大会ではなく各地域で行われている予選に勝たないと出れない選手権大会。

なので前回大会優勝者、または主催者推薦が受けられない限りは、過去にどんな実績があろうと必ず予選に出なければいけません。

それだけに予選から多くの組技に自信があるプロ&アマの有名格闘家がこぞってエントリーし、大会を豪華なものにしています。

まずは18名がエントリーした-66kg級からご覧ください!

IMG_2316
<-66kg級決勝戦>
佐々木憂流迦(和術慧舟會駿河道場)
VS
徹肌ィ朗(和術慧舟會東京道場)




続きを読む

2013年04月04日

【ADCC ASIA TRIAL 2013】-60kg級は山本聖子が初出場で優勝!女子の試合まとめ

2013年3月24日(日)東京都の駒沢オリンピック公園内球技場にて『ISAMI reversal presents ADCC ASIA TRIAL 2013』が開催されました。

今大会は2年に1度開催される組技の世界最高峰大会であるADCCのアジア地域の予選です。

まずは男子を差し置いて女子の試合からレポートしますが、その理由はレスリング世界王者に4度輝いた実績のある山本聖子選手がエントリーしたからに他なりません。

山本選手はかつて女子レスリングのトップ中のトップとして活躍したアスリートでレスリング世界選手権で優勝すること4回。

そして父が山本郁榮、姉に美憂、兄にKID疇前蠅罰米ファミリーです。

現在は第一線を退いてるとはいえ、まだ32歳で完全引退するには若すぎます。

そんな山本選手が前触れもなく出場してきたのだから大きな注目を集めたのは当然のことでしょう。

女子は60kgを境にそれ以上と以下しかなく、山本選手がエントリーしたのは-60kgで、他にエントリーしたのは2007年のADCC女子-55kg級で優勝を果たし世界王者となった塩田さやか選手、2011年ADCCアジア代表で総合格闘家としても有名な端貴代選手、ブラジリアン柔術ヨーロピアン&アジア王者の湯浅麗歌子選手、総合格闘家でリングネーム♂ha@THE♀でおなじみの海老原まどか選手など錚々たるメンツ!

元ADCC王者にプロ格闘家、そして柔術家に元レスリング世界王者と多彩な顔ぶれが揃った女子-60kg、非常に見所が多いトーナメントになりました。

IMG_0843
今大会の目玉選手、山本聖子(KRAZY BEE)。
10年以上も前に柔術の試合に出場したことがありますが、グラップリングは初参戦。
セコンドはKRAZY BEEで柔術のインストラクターをしていたことがある
reversal GYM TOKYOの片岡誠人氏。

続きを読む

2013年04月03日

【好評発売中】GRACIE MAG #192レビューby杉山しずか


GRACIEMAG192レビュー!

今回は杉山しずかが担当させていただきます!

表紙はフランク・エドガーとヒカルドBig Dog瓮▲襯瓮ぅ澄△修靴謄悒鵐勝Ε哀譽ぅ掘次

今回の主な内容はこちら!

〈INTRO〉   
「Takedown of the month:KATAGURUMA」
ジミー・ペドロとtラビス・ステフェンスによる新しいグレマガのコーナーです。ふたりは柔道家でいままでグレマガのコーナーでこういった柔道の技でのテイクダウンを紹介することはあまり見ませんでしたが、今回から始まったようですね。二人による肩車でのテイクダウンの仕方が写真つきで紹介されています。

〈WHITE PAGE〉
「10tips for white belts」
ハーフガードの達人・ゴルドの実弟であるハファエル爛乾襯検璽縫膈瓮螢泙砲茲詛鯊咾篏蘓桓圓悗10のアドバイス

〈COMPETITION〉
「Jiu-Jitsu heats up European winter」
今回のヨーロピアンオープン、黒帯無差別の決勝だけでなくほかにも多くの試合がリスボンの会場を盛り上がらせました。特にテレレやミヤオ兄弟、そしてキーナン・コーネリアスの活躍などがカラー写真と共に9ページに渡って紹介されています!

〈INVESTIGATION〉
「The triangle enigma」
UFCの試合ではオーソドックスな柔術技である三角絞めで試合が決まることが少ない(2012年はたった3人だけが三角絞めを極めた)その謎について、柔術家でもあり総合格闘家でもあるファイターたちがその理由について答えています。

〈COVER STORY〉
「MMA lessons to turbo charge your Jiu-Jitsu」
ヒカルド・アルメイダが金網での戦いで学んだ技をGiでの技に合わせて9つのカテゴリーに分けて紹介しています。
MMAもやりたいし、柔術もやりたい、そんな私にこのコーナーはすごく興味深いです。テイクダウンからバックアタック、逆に、バックアタックされた状態からガードに戻す、打撃の距離からの潰し技やパウンドを意識した柔術、写真ページでわかりやすく載っています!

〈TRAINING FOR WARRIORS〉
おなじみマーティン・ルーニーさんのマッチョコーナー。今回は、体幹トレーニングです。片足腕立てや片手プランクなどをダンベルを使った腕立ての姿勢から6つ紹介してくれています。

ということで、今回のグレマガレビューはここまで!

ご紹介した以外にも面白いページもたくさんあるので、ぜひグレイシーマガジン#192、ご覧になってみてください!



【好評発売中】
『グレイシーマガジン #192』
★詳細&購入はコチラから!




★過去のグレイシーマガジンのレビューはコチラから!

★杉山しずか「やんしい日記」はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear