English Portugues Japanese

2013年06月

2013年06月30日

【試合レポ】チャイナオープン2013:黒帯アブソ

チャイナオープンの黒帯アブソは6人がエントリー。

-74kgに出場した4選手に加え、オガワの黒帯であるアミール・サントス、大王柔術のインストラクターのブラジル人、アウグスト・リマが参加です。

ですが6選手中4選手が日系ブラジリアンで会場内にエジソンもいたので、なんとなくドゥマウちっくなトーナメントに見えてしまいました。


01
1回戦
アミール・サントス(小川柔術)
vs
フラビオ・ブエノ(チャイナトップチーム)



続きを読む

2013年06月29日

【コパ・ブルテリア】海外招聘選手発表

7/7(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるブルテリア主催「コパ・ブルテリア2013」の海外から招聘するゲスト選手の発表です。

昨年はブルーノ・フラザト一人でしたが、今年は2選手を招聘しました。

まずは今年、紫帯でパン選手権2階級制覇&ムンジアルで優勝し茶帯に昇格したばかりのマイケル(ミカエル?)・リエラJr(ATOS)がアメリカ・サンディエゴから初来日を果たします。


01
マイケル・リエラJr.(ATOS)


マイケルはサウロ・ヒベイロの元で柔術を始め、昨年からアンドレ・ガウヴァオンのアカデミーに移籍してからメキメキと頭角を現してきた選手でムンジアルの表彰台でアンドレ・ガウヴァオンから茶帯を巻かれました。

まだ19歳と非常に若く伸び盛りで、まさにいまが狃椨瓩料手です。

もう一人はこちらも帯昇格したばかりの新黒帯、キット・デール(チェックマット・オーストラリア)で、キットはオーストラリアのメルボルンからの来日。

キットは昨年のアジアオープン茶帯メイオペサード優勝&アブソ3位、今年のワールドプロの茶帯-82kgで準優勝している選手です。


02
キット・デール(チェックマット・オーストラリア)


ムンジアルでは茶帯メイオペサードに出場し1回戦でキーナン・コーネリアスと対戦、超接戦で互いに1回ずつスイープしP2-2からのペナルティのアドバンテージ1差で惜敗しています。

初戦敗退となったムンジアルの後に黒帯昇格となったキットですが、すでに黒帯デビュー戦の大会で2階級制覇で優勝しており他の黒帯を比べても遜色ない実力を持っていることを証明しました。


03
ムンジアルでは茶メイオペサード1回戦でキーナンと対戦。
かなりの接戦となり好勝負を展開!


05
あのキーナン相手にP2-2、A1-0で敗戦は大健闘。
この大会後にキットは黒帯昇格を果たしました。



リエラ、キットとも帯色が変わったばかりでの試合なので、今大会に出場する日本人選手とどんな試合をするのか、ある意味日本の柔術レベルの試金石ともいえるでしょう。

すでに延べ人数で500名以上のエントリーがあるコパ・ブルテリア、出場申し込み締め切りは6/30(日)の23:59です。

出場予定の方はお早めのお申し込みを!


01
【参加申し込み受付中】
『コパ・ブルテリア 2013』
日時:7/7(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター・第一競技場
■大会詳細&申し込みはコチラから!



★エントリーリストはコチラから!

★過去のコパブルテリア情報はコチラから!








©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月28日

【試合レポ】チャイナオープン2013:アダルト黒帯-74kg級

6/22(土)、中国・上海で開催されたWJAJC/JJFC主催「チャイナオープン2013」に日本から日系ブラジリアンが大挙参戦し、参戦したほぼ全員がメダルを獲得するという好成績を残しました。

中国の柔術熱の高まりは目を見張るものがあり、今回で4回目の開催となる今大会は4面での試合進行、そして参加選手も200人を超えています。

また参加国も中国だけでなく日本、香港、台湾、マカオなどからも多数あり、国際大会として認知されつつあるといえるでしょう。

黒帯の試合も中国にあるアカデミーのインストラクターらが出場し、生徒の応援もあり大きな盛り上がりを見せました。

まずは唯一行われた黒帯の階級別、-74kg級のトーナメントを紹介します。

このトーナメントは4人エントリーで行われました。


01
1回戦
ベルナルド・クルス(アラバンカ柔術)
vs
アンドリュー・ヤマネ(Over Limit BJJ)
上海のアラバンカ柔術のインストラクター、ベルナルドが1:05、腕十字を極めて一本勝ち。


続きを読む

2013年06月27日

【好評発売中】『ゴング格闘技』最新号レビュー

01
全国の柔術・グラップリングファンの皆様、ご無沙汰です!

ゴング格闘技最新号では、5月30日から6月2日にアメリカ・ロサンゼルスで行なわれたムンジアルと、6月9日のメタモリス――クロン・グレイシーvs青木真也戦を巻頭で特集しております!!

続きを読む

2013年06月26日

【柔術プリースト】#91:ミヤオ兄弟inパン&WPJJC!

01
日本唯一の柔術&グラップリングの専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

前回の配信からちょっと間が空いてしまいましたが、最新回は新たな試み!

なんと日本語、英語、ポルトガル語の3ヵ国語のトライリンガル対応での配信です。

とは言うものの、実況・解説部分までトライリンガルでできるかっつーとそれはさすがにまだ無理なのでVTRフリ前のみという中途半端感は否めませんがご容赦頂きたい!

今回の配信では祝!ミヤオ兄弟・黒帯昇格ということで1本まるまるミヤオ特集です。


02
つい昨日、満を持して黒帯昇格を果たしたミヤオ兄弟!
今回はミヤオ兄弟大特集です!


ミヤオ兄弟のパン選手権とアブダビ・ワールドプロでの試合ぶりをまとめて1時間、全部がミヤオの試合だけというミヤオ尽くし!

物議を醸したパウロvsキーナンinWPJJCやジョアオがパスガードされて負けた試合、パウロvsクレベル、そしてミヤオvsミヤオのWPJJC決勝戦などなど、どれもが必見の試合の連続。

過去に配信したミヤオ兄弟が参戦したドゥマウ伊勢崎大会がすでに3万回以上の再生回数で4万回に届きそうな勢いなので、今回のもかなりの反響が期待できそうです。

★ミヤオ兄弟参戦のDUMAU伊勢崎大会はコチラから!

これはムンジアルでLAに行ったときに収録したもので、収録場所はヒルトンホテル!

収録メンバーも非常にレアで、今後このメンバーでの収録は諸事情により実現不可だと思われます。

そんないろんな意味で必見なミヤオ特集、ぜひご覧下さい!


03
収録メンバーは今回限りのこの4人!
左から橋本、ケシア、湯浅、岩崎のムンジアル2013のツアーメンバー。
英語担当を橋本、ポル語担当をケシアが務めてくれてます。



04
BJJテクニックファイルは広瀬氏による「重くないニーインザベリー」。
タイトルだけ見ると?なテクニック。
要チェックです!


★♯91はコチラから!









A9483_I1
【好評発売中】
『コパ・ブルテリア 2012』
155分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】ファビアナ・ボルジェス(25)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月25日

【コパブルテリア】チームブルテリア、参戦!

01
7/7(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるブルテリア主催「コパ・ブルテリア2013」の最新情報です。

今大会にブルテリアがスポンサードする選手たちの多数エントリーが決定しました。

すでにエントリーリストに名前が掲載されてるのでご存知の方も多いかもしれませんが、ここで改めて告知します。

続きを読む

2013年06月24日

【発売中】『Fight & Life』最新号の柔術記事

FL37cover
現在発売中の『Fight & Life』最新号に柔術関連記事を寄稿させて頂いてます。

まずはLAのロングビーチで開催された柔術の世界選手権、ムンジアルのレポートを2ページ。

今年も日本から多くの選手が参加し、過去最高メンバーと思われる最強の布陣で臨んだにも関わらずに獲得したメダルは青〜黒帯まで各1個ずつという寂しいものでした。

基本的に『Fight & Life』誌では頑張ってる選手を記事にし、負けた選手にはあえて触れない、というスタンスではありますが、ここはあえてこの惨敗ぶりをレポートしています。

ここ数年、日本と世界の差は開くばかりで、今後もこの状況は続くのか、それとも改善されるのか。

まずは日本勢のムンジアルでの試合ぶりをご覧下さい。

そしてムンジアルで訪れたLA周辺にある爛哀譽ぅ掘辞瓩量召魎Г靴織▲デミーの出稽古ツアー・レポ。

これはグレイシーバッハ・アーヴァイン、グレイシー柔術アカデミー・トーランス&ビバリーヒルズ、そしてクロン・グレイシー柔術センターの4つに実際に足を運んで練習に参加。

同じグレイシーでもどこがどう違うのか?!という練習内容の違いを実体験した参加者のコメントを含め紹介しています。

このレポートも2ページで、やや詰め込みすぎな感はありますが、それだけに情報量はあると自負していますので、ぜひこちらも読んで頂きたいと思います。

ムンジアル2ページ+グレイシー出稽古レポ2ページの計4ページを担当させてもらった『Fight & Life』最新号は現在好評発売中です。

ぜひご購入を!


FL37cover
【好評発売中】
『Fight & Life』Vol.37
定価880円
■内容詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】小澤 幸康(36)


©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月23日

【大会結果】チャイナオープン2013:主な結果

6/22(土)、中国・上海で開催されたWJAJC&JJFC主催「チャイナ・オープン 2013」の主な結果です。


01
アダルト黒帯アブソルート
優 勝 アレッサンドレ・オガワ(小川柔術)
準優勝 ベルナルド・クルス(アラバンカ柔術アカデミー)
3 位 アミール・ドスサントス(小川柔術)、アウグスト・リマ(大王柔術)


02
アダルト黒帯-74kg級
優 勝 アレッサンドレ・オガワ(小川柔術)
準優勝 ベルナルド・クルス(アラバンカ柔術アカデミー)
3 位 アンドリュー・ヤマネ(Over Limit BJJ)、フラビオ・ブエノ(China Top Team)



03
アダルト茶帯-83kg級
優 勝 ジュリアン・ヴァンデレイ(アラーニャJJ)
準優勝 ウィルソン・サンパイオ(Over Limit BJJ)



04
アダルト紫帯アブソルート
優 勝 リー・ジンリャン(China Top Team)
準優勝 アリ・アブドゥル(グレイシーバッハ・チャイナ)
3 位 アムリ・ジリ(China Top Team)、ユナス・エムレ(上海BJJ)



05
アダルト紫帯-74kg級
優 勝 ホドリゴ・ソウザ(Impacto BJJ)
準優勝 ヒカルド・シウバ(小川柔術)
3 位 アリ・アブドゥル(グレイシーバッハ・チャイナ)



06
アダルト紫帯-92kg級
優 勝 リー・ジンリャン(China Top Team)
準優勝 フレデリック・グリーナル(フロンティア・アジアBJJ)



07
アダルト青帯アブソルート
優 勝 リウ・ウェンボウ(大王柔術)
準優勝 タニグチ・ユウジ(INFIGHT JAPAN)
3 位 シ・ユウジン(アラバンカ柔術チェリーボム)、リダ・ハイサム・アイザック(アラバンカ柔術アカデミー)



08
アダルト青帯-92kg級
優 勝 リダ・ハイサム・アイザック(アラバンカ柔術アカデミー)
準優勝 アリジマンツ・コンタウツ(アラバンカ柔術アカデミー)
3 位 マゴメド・サカエフ(アラーニャJJ)、ジョセフ・ロバーツ(フロンティア・アジアBJJ)



09
アダルト青帯+92kg級
優 勝 リウ・ウェンボウ(大王柔術)
準優勝 タニグチ・ユウジ(INFIGHT JAPAN)
3 位 ワン・ケイジェ(大王柔術)



10
女子白帯-63kg級
優 勝 ナターシャ・サントス(小川柔術)
準優勝 キット・ニールセン(上海BJJ)
3 位 メーガン・ウッド(フロンティア・アジアBJJ)、ハオ・センジン(大王柔術)



11
チームポイント
優 勝 大王柔術
準優勝 小川柔術・China Top Team(同ポイント)
3 位 アラバンカ柔術アカデミー



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月22日

【コパ・ブルテリア】元修斗世界王者、松根良太参戦決定!

matsunex
7/7(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるブルテリア主催「コパ・ブルテリア 2013」にビッグネームの参戦が決定しました。

それは狃づ優献礇鵐ー畩昇良太選手です。

松根選手はかつて修斗で活躍しフェザー級(-60kg)で世界王者にまでなりました。

すでに修斗での現役は引退しており現在は故郷の沖縄で自身のアカデミーであるTHEパラエストラ沖縄を主宰し、指導者として第二の格闘技人生を歩んでいます。

そんな松根選手がなぜ柔術の試合に出場しようと思ったのか?

今回はミニインタビューで大会出場に至った経緯から試合に向けての意気込みなどを語ってもらいました。

──まず試合に出ようと思ったきっかけから教えて下さい。

「千葉にいるときは後輩の指導のために頑張っていましたが、次の目標が沖縄でジムを作ること、そして実際に作ってからは道場運営や地元での大会開催などで忙しくしていました。それが最近やっと落ち着いてきたので、次の目標として柔術の試合出場にしていました。なぜ今かというと、それはこの大会に生徒が出るというから、なら自分も、という感じですね。今大会には自分を含め6選手で参加する予定です。」

──柔術の試合はかなり久しぶりだと思いますが、いつぶりの試合でしょうか?

「記憶では紫帯になってからパラエストラ東京vsパラエストラ松戸の団体対抗戦でのvs佐々幸範戦、またはvs吉岡広明戦のどちらかだと思うので、もう10年以上も前になりますね。通常のトーナメントは青帯で出場した全日本選手権(2002年・松根選手は青プルーマで準優勝。ちなみに優勝はAXISのジョン・パウロ倉岡選手)が最後なので、かなり久しぶりです。」

──現在は黒帯を巻かれてますが、いつ取得されたのでしょうか?

「黒帯は2010年にパラエストラ松戸の10周年記念パーティの席で鶴屋さん(浩=パラエストラ松戸代表。当時の師匠)の推薦で中井祐樹先生から授与されました。」

──修斗時代はトップキープでパウンドというスタイルでしたが柔術ではどんな戦い方なんでしょうか?

「柔術ではトップポジション・ガードポジションとポジションの上下にこだわらずに両方とも満遍なく練習していますね。得意技といえるかはわかりませんが、最近はスイープが好きで練習では多用していますよ。」

──松根選手というとハーフガードからコツコツパウンドで渋く判定勝ちという印象がありますが、柔術の場合はハーフガードで動かないでいると膠着でペナルティの対象になってしまいますが大丈夫ですか?

「そうなんですね。ペナルティをもらわないギリギリのところで動いていけるように頑張ります(笑)。」

──では最後に試合にかける意気込みをお願いします。

「とても久々の柔術の試合なので常に試合に出ている他の選手の方々の胸を借りるつもりでチャレンジ精神で頑張ります。昔からよく橋本さんにはショッパい、と言われ続けているので、柔術の試合ではショッパいと言われないように、減塩したいと思います!」

──減塩柔術!楽しみです。頑張って下さい!

現在、松根選手が出場予定のアダルト黒帯プルーマ級は他のエントリーがない状態です。

ぜひ松根選手と戦ってみたい、塩漬けにされてみたい!という選手がいたら、ぜひエントリーを!

奇しくも同じ日・同じ会場の他のフロアではアマ修斗が開催されてる中、元修斗の世界王者が柔術の試合に参戦というのは興味深いことでしょう。

柔術とはいえ、かつて修斗で世界王者にまでなった松根選手の試合が見られるコパ・ブルテリア、観戦は無料なのでぜひ観戦に訪れて頂きたいと思います

★エントリーリストはコチラから!

★過去のコパブルテリア情報はコチラから!





01
【参加申し込み受付中】
『コパ・ブルテリア 2013』
日時:7/7(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター・第一競技場
■大会詳細&申し込みはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2013年06月21日

【大会告知】DUMAUの今後の大会予定

これから開催されるドゥマウの大会予定をお知らせします。

先週仙台大会を終わらせたドゥマウの次回大会は8/18(日)に大阪・吹田市の吹田武道館で開催される「DUMAU KANSAI Jiu Jitsu Championship 2013」です。

今大会はすでに出場申し込みを受付中で、7/16(火)までは第一次締め切り前なので出場費用がお安くなっています。

また黒帯は出場費用無料(第一次締め切り前の申し込みに限る)です。

最終締切日は8/8(木)となっています。

この関西大会は10月にLAで行われるIBJJFのマスター&シニアのDFCランキングの最終戦で、この大会をもってランキングが確定します。

★ランキングはコチラから!



06
★大会詳細はコチラから!




関西大会の翌月は東京と愛知で2連戦になります。

東京大会の「DUMAU Jiu Jitsu Championship 2013」は9/15(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでの開催です。

この大会の出場申し込み受付は7/1より開始します。


02
★大会詳細はコチラから!


最後は愛知大会「DUMAU OPEN JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2013」です。

愛知大会は9/21&22の2日間に渡っての開催で、会場は常打ちである愛知県半田市の青山記念武道館です。

大会初日の21日はキッズ、2日目の22日は大人の試合が行われます。

この大会が来年のヨーロピアンのDFCランキングの最終戦となり、今大会をもってランキングが確定しDFC獲得者が決定します。

大会出場申し込みは東京大会と同じく7/1から受付開始です。


03
★大会詳細はコチラから!



★ヨーロピアン2013のDFCランキングはコチラから!




04
ドゥマウの関西大会のメダルデザイン。
このメダルは新たなメダル業者に依頼し、従来のものよりも大幅に
サイズ&クオリティがアップしていますのでお楽しみに!



05
8/25(日)にはドゥマウが開催協力している
「群馬オープン」が群馬県伊勢崎市の伊勢崎市民プラザで
行われます。
今大会の主催はヘナート・シウバのINFIGHT JAPANです。
この大会は協賛各社から集められた多数の賞品(キモノ、Tシャツなど)が
贈呈されるようなので要注目です。
★大会詳細はコチラから!




00
ドゥマウ主催者・エジソン篭原氏
「関西大会でマスター&シニア、愛知大会でヨーロピアンのDFCがそれぞれ終了します。ランキング上位の選手はぜひ頑張ってDFCを獲得し、海外の大会でも活躍してもらいたいです。多数のご参加、お待ちしています。」



©Bull Terrier Fight Gear

2013年06月20日

【ムンジアル 2013】$147のムンジアル写真集

00
ムンジアルの会場には毎回いろんなブースが出店しています。

今年も様々な柔術関連のブランドがブースを出していましたが、その中で気になるアイテムを発見!

それは会場の端っこに陣取っていたグレイシーマガジンのブースにありました。

ブースのテーブルに並べられた各種グッズの中にあった豪華な写真集です。

内容はムンジアルの歴史を豊富な写真で綴ったモノ。

これは!と思って価格を聞くと、なんとびっくりそのお値段は$147!

日本円にして15000円ほどという超・高級写真集でした。

自分も多数の写真集をコレクトしてますが、こんなに高い写真集は買ったことありません。

なのでさすがに購入を迷いましたが、グレイシーマガジンの2年間定期購読特典特別価格の$97にしてくれるということと、限定100冊オンリーということもあって思い切って購入してしまいました。

やはり「買わずに後悔するなら買って後悔」という自分のポリシーは曲げられません!

自分はグレイシーマガジンの輸入代理店みたいなこともしてるので、グレイシーマガジンの編集長であるルカ・アタラ氏に電話で直談判しさらにディスカウントできないかと懇願するもあっさりとNO!という返答。

理由は「友人全員にディスカウントしてたら赤字になる!」と。

確かにこの写真集は100冊作られてないし、ここに出てる選手が全員買ったら100冊では足りないぐらいでしょう。

これは間違いなくムンジアル17年の歴史を網羅した資料的価値ある一冊だと思うので、この値段も仕方ないと思います。

結果的には買って満足です!


01
表紙は2004年のムンジアル・黒帯決勝戦のホジャー・グレイシーvsジャカレの一戦。
かの有名な腕折り事件の1枚です。



02
100冊限定ということで1冊ごとにシリアルナンバーと
ルカのサイン入り証明書も添付。



03
会場にいたかつての世界王者も続々と購入!
コンプリドやレティシア・ヒベイロなども購入してました。
他には今年のムンジアルの黒帯優勝者にも副賞で贈呈されてます。


©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月19日

【試合レポ】DUMAU NORTH EAST JAPAN 2013:色帯の試合

DUMAU NORTH EAST JAPAN 2013、茶帯と紫帯の階級別はすべてワンマッチ決勝戦になりました。

ですがほぼ全部の試合が東北勢vs遠征組の対戦になったので新鮮な顔合わせといっていいでしょう。

特に東北勢と日系ブラジリアンの対戦は興味深かったです。


01
マスター茶帯ペナ決勝戦
伊藤正規(山田道場)
vs
後藤貴史(チームレグナム)
試合序盤は優位に試合を進めていた後藤選手でしたが、試合終了間際に
伊藤選手がバックを奪い逆転勝ち!



02
DFCのポイント狙いで大阪からわざわざ遠征してきた後藤選手、無念の敗退です。



03
マスター紫帯レーヴィ級決勝戦
ホドリゴ・ソウザ(IMPACTO BJJ)
vs
七戸明宏(カシオペア柔術)
チームの帯昇格式があるにも関わらず単身遠征してきたホドリゴが
腕十字を極め、4:40一本勝ちで優勝。



04
アダルト紫帯プルーマ級決勝戦
ジエメルソン・ハッタ(OVER LIMIT BJJ)
vs
佐藤祐司(禅武道場草柔会)
ジエメルソンがポジショニングで圧倒して勝利!



05
アダルト紫帯ペナ級決勝戦
浅野良夫(セレジェイラ)
vs
武山英樹(禅武道場草柔会)
この対戦は東北勢同士の顔合わせで浅野選手が勝利です。



06
アダルト紫帯レーヴィ級決勝戦
アレッサンドロ・エト(OVER LIMIT BJJ)
vs
後藤拓磨(草柔会仙台)
いつもはアグレッシブなエトですがこの試合ではスタミナ切れが顕著で
P2-0でギリギリの勝利でした。



07
アダルト紫帯メジオ級決勝戦
足立玄(草柔会仙台)
vs
大森和貴(ヒロBJJ)
足立選手がホレッタスイープを決めP2-0で勝利!



08
アダルト紫帯ペサード級決勝戦
フェリッペ・アバジアス(EXTREME BJJ)
vs
ガブリエル・カンポス(パラエストラ八戸)
2:49、腕十字を極めたフェリッペが優勝。



09
アダルト紫帯アブソルート級
フェリッペ・アバジアス(EXTREME BJJ)
vs
足立玄(草柔会仙台)
今大会のペサード王者vsメジオ王者の対戦はフェリッペがポジショニングで
圧倒して11-0で完勝!



10
フェリッペは2階級制覇達成でDFCランキング1位を独走中です。



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月18日

【USTREAM】6/19:Jiu Jitsu NERD 創刊号企画会議・生配信

0cover
明日(6/19)の21:00から2時間の予定で7/7発売予定のJiu Jitsu NERD創刊号の企画会議をUSTREAMにて生配信します。

このUSTREAMの企画会議生配信は過去にも何回かやっていますが、それなりに好評なようで嬉しい限り。

やはり雑誌作りは一方的になりがちなので、その過程をなるべくみなさんに見て頂き、誌面の出来上がりを楽しみに待ってもらいたいと思ってます。

そういった意味ではこのUSTREAMは雑誌の映像版の予告編みたいなものと思ってもらえたらいいのではないでしょうか。

もうすでに台割もほぼ決まりつつあり、制作は進行中です。

そして実は締切まであと10日足らずということで、今回は企画会議というよりも進捗報告会のようなものになる予定。

それだけにこの企画会議を見れば次号がより一層楽しめるものになるはずです。

もちろん生配信なのでUSTREAMで直接ご意見&ご希望を送ってもらうのも大歓迎!

ぜひご観賞を!



NERD_logo
【USTREAM】
『Jiu Jitsu NERD 創刊号企画会議』
6/19(水)、21:00頃から生配信!
★配信アドレスはコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月17日

【試合レポ】DUMAU NORTH EAST JAPAN 2013:黒帯の試合

去年初開催されたドゥマウの仙台大会。

今年は場所を移して宮城県体育館で開催されました。

同日に近隣でアマ修斗の大会が行われていたために昨年よりもやや少ない試合数ではありましたが、東北以外からも選手が多数参戦し地域対抗戦的な色合いもあり盛り上がりを見せました。

今大会の試合レポート、まずは黒帯の試合を紹介します。


01
アダルト黒帯ペナ級決勝戦
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
vs
岡本裕士(RJJ)
過去、4回対戦して岡本選手が全勝中というこの対戦。
塚田選手はなんとかして勝ちたい、と岡本選手のエントリーを追っての出場でした。



02
今回は極め狙いの岡本選手を塚田選手がポジショニングで優位に試合を進めます。
ですが岡本選手も上でも下からも極めを仕掛け続け、緊張感のある攻防に。



03
最終的には1回のスイープを許すもポイント的には12−2と大差をつけて塚田選手が勝利。
vs岡本戦で初勝利して優勝です。



04
アダルト黒帯レーヴィ級決勝戦
奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)
vs
高本裕和(小金井柔術クラブ/PGN東大和)
ペナに続き、レーヴィもワンマッチ決勝戦でした。
引き込んだ奥田選手がディープハーフでスイープを狙う展開。


05
試合終盤にパスガードを成功させた高本選手が3−0で勝利、優勝!



06
アダルト黒帯アブソルート決勝戦
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
vs
高本裕和(小金井柔術クラブ/PGN東大和)
ペナ王者vsレーヴィ王者というチャンピオン対決となったアブソ決勝。
引き込んだ塚田、パス狙いの高本という試合展開に終始しました。


07
最初から最後までポジションが変わらないままレフェリー判定で塚田選手が勝利。
自身初の黒帯2階級制覇を達成です。



08
シニア1黒帯レーヴィ級決勝戦
大原道広(ポゴナ・クラブジム)
vs
アンドリュー・ヤマネ(OVER LIMIT BJJ)



09
大原選手がポイントで圧倒しつつ試合終了間際に三角絞め炸裂!



10
4:57、一本勝ちでワンマッチ決勝を制して優勝です。



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月16日

【大会結果】DUMAU NORTH EAST JAPAN:主な結果

6/16(日)、宮城県仙台市の宮城県武道館で開催されたドゥマウ主催「DUMAU NORTH EAST JAPAN CHAMPIONSHIP 2013」の主な結果です。


12
アダルト黒帯アブソルート級
優 勝 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
準優勝 高本裕和(小金井柔術クラブ/PGN東大和)
3 位 奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)




02
アダルト黒帯ペナ級
優 勝 塚田市太郎(ダム・ファイトジャパン)
準優勝 岡本裕士(RJJ)



03
アダルト黒帯レーヴィ級
優 勝 高本裕和(小金井柔術クラブ/PGN東大和)
準優勝 奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)



01
シニア1黒帯レーヴィ級
優 勝 大原道広(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 アンドリュー・ヤマネ(OVER LIMIT BJJ)



04
マスター茶帯ペナ級
優 勝 伊藤正規(山田道場)
準優勝 後藤貴史(チームレグナム)


13
アダルト紫帯アブソルート級
優 勝 フェリッペ・アバジアス(EXTREME BJJ)
準優勝 足立玄(草柔会仙台)
3 位 後藤拓磨(草柔会仙台)、ジエメルソン・ハッタ(OVER LIMIT BJJ)



07
アダルト紫帯プルーマ級
優 勝 ジエメルソン・ハッタ(OVER LIMIT BJJ)
準優勝 佐藤祐司(禅武道場草柔会)



08
アダルト紫帯ペナ級
優 勝 浅野良夫(セレジェイラ)
準優勝 武山英樹(禅武道場草柔会)



09
アダルト紫帯レーヴィ級
優 勝 アレッサンドロ・エト(OVER LIMIT BJJ)
準優勝 後藤拓磨(草柔会仙台)



10
アダルト紫帯メジオ級
優 勝 足立玄(草柔会仙台)
準優勝 大森和貴(ヒロBJJ)



11
アダルト紫帯ペサード級
優 勝 フェリッペ・アバジアス(EXTREME BJJ)
準優勝 ガブリエル・カンポス(パラエストラ八戸)


14
マスター紫帯アブソルート級
優 勝 ホドリゴ・ソウザ(IMPACTO BJJ)
準優勝 七戸明宏(カシオペア柔術)
3 位 ガブリエル・カンポス(パラエストラ八戸)



06
マスター紫帯レーヴィ級
優 勝 ホドリゴ・ソウザ(IMPACTO BJJ)
準優勝 七戸明宏(カシオペア柔術)



05
シニア2紫帯ペナ級
優 勝 中村淳(草柔会仙台)
準優勝 小林幸夫(AXIS群馬)


15
チームポイント
優 勝 WARP 98P
準優勝 草柔会岩手 80P
3 位 草柔会仙台 44P



【今日が誕生日の柔術家】ラナ・ステファナック(38)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月15日

【大会告知】7/20-21:台湾国際BJJ/No-Giチャンピオンシップ 2013

BIG 2013 Taiwan International BJJ No-Gi Championship
毎年恒例の台湾BJJ主催の柔術&ノーギの大会が今年も2日間に渡り開催されます。

台湾で最大にして唯一の大会といっていい今大会は台湾BJJのヘッドインストラクター、小笠原誠氏が日本語で完全サポートがあるので、日本からの参加者も安心でしょう。

また今年の大会には自分も行く予定になっていますので、大会レポートなども紹介できることと思います。

親日国家として有名な台湾での大会、航空券代金も約3万円ほどなので、観光ついでに行ってみるのもアリなんじゃないでしょうか?!

以下、大会詳細です。


【開催日程】 2013年7月20日(土)、21(日)

【開催場所】 中華民国(台湾)台北市内 国立台湾大学

【主催】   台湾ブラジリアン柔術アカデミー
       
【大会概要】 20(土):ブラジリアン柔術
        21(日):ノーギグラップリング
★両大会ともIBJJFルールにて開催

【出場資格】 心身共に健康な16歳以上の男女

【申込方法】 オンラインによる申込
6月8日(土)より、下記ウェブサイト上にて受付中。

コチラから!

【申込〆切】 2013年7月12日(金) ***(日本時間22:59)
早期エントリーに拠る出場割引の〆切は以下期日となります
2013年6月30日(日) ***(日本時間22:59)

【参加費】  申込日により異なります
       早期エントリーして頂けます方には、
出場料割引、並びに、大会Tシャツ無料プレゼントが御座います
無差別級出場を希望される方は、両日共、別途出場費が必要となります
※黒帯並びに茶帯の選手の皆様の出場費は無料とさせて頂きます

【特記事項】
(大会募集年齢)
アダルト  (誕生年) − (現在の年) ≧ 16
マスター  (誕生年) − (現在の年) ≧ 36
上記、変則的な、2カテゴリーでの募集となります
対戦相手不在により、マスターカテゴリーで申し込みされた方に、
アダルトカテゴリーの出場を御願いする事が御座います
御理解、御了承下さいませ

(大会二日目カテゴリー)
ノーギグラップリングは以下に記す全3カテゴリーでの募集となります

ビギナー (ブラジリアン柔術白帯、或いはノーギグラップリング等の御経験2年未満)
アドバンス(ブラジリアン柔術青帯、或いはノーギグラップリング等の御経験2-5年)
エリート (ブラジリアン柔術紫帯以上、或いはノーギグラップリング等の御経験5年以上)

(大会二日目試合時間)  
ビギナー 5分、 アドバンス 6分、 エリート 7分

(大会二日目ルール)
ビギナー IBJJF白帯、 アドバンス IBJJF青帯、 エリート IBJJF黒

(大会二日目階級)
ノーギグラップリングは以下に記す階級となります(試合時衣類等込み)

女子 58kg以下、68kg以下、68kg以上、無差別
男子 63kg以下、70kg以下、77kg以下、88kg以下、88kg以上、無差別

【計量場所】 大会開催当日、会場にて計量致します

【計量時間】 大会開催三日前に台湾ブラジリアン柔術ウェブサイト上にて発表致します。

コチラから!

【協賛各社】 
ブルテリア様       http://www.b-j-j.com/
ドゥマウキモノス様    http://www.dumau.com/
ケジソンキモノス様    http://www.kedyson.com/?lang=en
サムライム様       http://samulime.net/
エターナルデスティニー様 http://i-eternaldestiny.com/productshome
クナイファイトウェアー様 http://kunaifightwear.com/
夢幻の泉Dream Water 様 http://www.dreamwater.asia/zh/
アジアファイトショップ様 http://www.asiafightshop.com/
ライブトゥプレイ様    https://www.facebook.com/pages/Live-to-Play-Wellness-Center
ドスチノス様       https://www.facebook.com/DosChinosTW?fref=ts
※協賛各社様より、各種賞品が御座います

【注意事項】 対戦相手不在の場合、こちらより、メールにて連絡させて頂きます
出場申込後、怪我等で、やむを得ず出場不可能となった場合、
御手数ですが、速やかに主催者まで御連絡下さい

【大会情報】大会最新情報は、下記ウェブサイト上にて随時更新させて頂きます
BJJアジアブログ        
台湾ブラジリアン柔術アカデミー 

【御連絡先】 日本語専用となります。

下記メールアドレスまで、御気軽に御問い合わせ下さい!

nihonnominasamataiwanbjj@gmail.com


©Bull Terrier Fight Gear

2013年06月14日

【コパブルテリア】エントリーリスト、公開!

01
7/7(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるブルテリア主催「コパ・ブルテリア 2013」のエントリーリストが公開されました。

コチラから!

締め切りの6/30まで2週間以上あるので、まだそれほど多くはありませんが、キッズ・アダルトともすでにエントリーが集まりつつあります。

特筆すべきはシニアの充実度です。

アダルトやマスターだけでなくシニアのカテゴリー、特にシニア1のエントリーが多いのには驚かされました。

シニア1は35歳以上の年齢カテゴリですが、このエントリーリストがまさにアラフォー世代の柔術家が多い日本の柔術シーンを端的に表していると思います。

いまから出場しようと思っている選手のシニア勢はこのエントリーリストで名前があるカテゴリーに狙いを絞ってエントリーしてみてはいかがでしょうか?!

またコパ・ブルテリアといえば海外からの招聘選手が目玉ですが、現在ビザ・航空券などの招聘準備の最終調整中です。

今年も世界王者クラスの選手が多数リストアップされており、誰が来ても話題になる注目度が高い選手ばかり!

この招聘選手は早ければ来週ぐらいに発表できる見込みとなっていますので、正式発表をお楽しみに!


01
【参加申し込み受付中】
『コパ・ブルテリア 2013』
日時:7/7(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター・第一競技場
■大会詳細&申し込みはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】シーコ・メンデス


©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月13日

【動画】ムンジアル、メタモリス、Jiu Jitsu Battleの動画

いまや柔術の本場・ブラジルを凌ぐ勢いで柔術シーンが盛り上がっているのがLAです。

LAには有名選手のアカデミーがひしめき合い、どこも盛況で昼夜問わず練習してる人がたくさんでした。

そんなLAで柔術関連の大きなイベントが2週間で3つ開催されていたのは既報の通り。

5/30〜6/2で行われたのがムンジアル、6/8にはJiu Jits Battle、その翌日の6/9はメタモリスです。

海外ではオンラインの有料動画配信も盛んでムンジアルとメタモリスはライブ中継され、Jiu Jitsu Battleも大会の2日後に配信スタートしています。

どれも今からでも購入可能なので興味のある方は購入してみてはいかがでしょうか?!

個人的なオススメはJiu Jitsu Battleです。

約$5と値段も安い上にいい試合がたくさんあり、日本からクレベル・コイケ&嶋田裕太も出場、そして茶帯で優勝したパウロ・ミヤオの大激闘は特筆モノ!

ジョアオが準決勝で極められて敗れた相手と決勝戦で対戦。

ガンガン極めにくる相手に苦戦しつつも最後はキッチリと極めてリベンジするぜひ見てもらいたい!

ムンジアル、Jiu jitsu Battle、メタモリスとどれも見どころ多いので要チェックです!


p1
■ムンジアルのオンデマンドは後日、編集版が配信予定です。
コチラから!




p2
■Jiu-jitsu Battle 3はコチラから!




p3
■メタモリスはコチラから!

★なお、YouTubeでも試合動画は見られる模様。コチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月12日

【大会レポ】Jiu Jitsu Battle

ノータイムリミット&オンリーサブミッションをウリにしている大会、それがこのJiu Jitsu Battleです。

今大会は賞金が懸かったプロトーナメントで、本戦に出場できるのは予選の優勝者と主催者推薦で選ばれた海外招聘選手のみ。

すでに過去2大会が行われ、中には1時間半もの試合時間だった激戦もありました。

オンリーサブミッションマッチはメタモリスが有名ですが、Jiu Jitsu Battleはオンリーサブミッションに加え、ノータイムリミット(今大会では決勝のみ)という過酷なルール。

それだけに通常の試合よりさらに「極め」にいくことが重視されており、他の大会と一線を画したものとなっています。

その茶帯カテゴリーは無差別級で行われ、いま世界的な人気選手となったパウロ&ジョアオのミヤオ兄弟に日本からクレベル・コイケも出場し、大きな注目を集めていました。

なお今大会から決勝戦のみが時間無制限で行われ、それ以外は茶帯が15分、紫帯は10分で試合が行われています。


01
1回戦
パウロ・ミヤオ
vs
ジョルドン・シュルツ
当初出場予定だったフランシスコ・シニストロの代替選手として急遽出場のジョルドン。
ATOSから単身での参戦で誰もセコンドがいない中での試合でした。


02
誰が相手でも自分スタイルを貫くのがミヤオスタイル。
ギ・パンツをつかんでのベリンボロでジョルドンのケツが丸出しになる
ハプニングにもお構いなしでバックを奪いにかかる!



03
バックからの送り襟絞めで10:28、一本勝ち。



04
1回戦
ヴィトー・パスコール
vs
ダーソン・ヘミング
ダーソンが11:06、三角絞めで一本勝ち。



05
1回戦
フェリッペ・シウバ
vs
クレベル・コイケ
主催者推薦で出場したクレベル、ガンガン極めにくるシウバの
ヒザ十字に捕まり7:39で一本負け、初戦敗退でした。



06
1回戦
ジョアオ・ミヤオ
vs
ゲーリー・トロン
1回戦の最後の試合は大激戦に。
試合時間15分では決着つかずに延長5分でも互いに極めれず。
最終的には判定でジョアオ勝利。



07
準決勝
パウロ・ミヤオ
vs
ダーソン・ヘミング
Wガードの攻防などをしながらもパウロのベリンボロが炸裂し
バックからの送り襟絞めで6:39、一本勝ちで決勝へ。



08
準決勝
フェリッペ・シウバ
vs
ジョアオ・ミヤオ
準決勝でアップセット!
クレベルに勝利したシウバがベリンボロ狙いのジョアオをヒザ十字で
極めて一本勝ち!
試合時間も3:10という短いものでした。
ジョアオは1回戦で疲労したか?!



09
決勝戦
オアウロ・ミヤオ
vs
フェリッペ・シウバ
両者とも2試合連続の一本勝ちで決勝戦に進出。
送り襟絞めvsヒザ十字の極め合戦!



10
パウロのベリンボロ狙いをシウバがアンクル、アキレス、ヒザ十字と足関地獄!
それを凌いでベリンボロを成功させたパウロがバックに張り付く!


11
バックを奪いながら延々とポジションキープし絞めを狙い続けたパウロが
11分過ぎに遂に一本勝ち!
3試合連続で送り襟絞めを極めトーナメント優勝!



12
優勝賞金の$1000を獲得したパウロ。
ムンジアルの翌週、そして特殊なルールでもきっちりと極めて勝つパウロ、さすがです。



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月11日

【大会結果】METAMORIS 2:全試合結果

07
6/9(日)、ロサンゼルス・UCLAのポーリーパビリオンで開催された「METAMORIS 2」の全試合結果です。


06
メインイベント・ノーギ
○クロン・グレイシー(クロン・グレイシー柔術アカデミー)
vs
×青木真也(EVOLVE MMA)
6:48 ギロチンチョーク


05
セミファイナル
○ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)
vs
×ブラウリオ・エスティマ(グレイシーバッハ)
判定


04
第4試合
○アンドレ・ガウヴァオン(ATOS)
vs
×ハファエル・ロバト(ヒベイロJJ)
判定


03
第3試合・ノーギ
○ホベルト・サイボーグ・アヴェルー(ジ・アヴェンジャース)
vs
×ブレンダン・シャウブ(グレイシー柔術アカデミー)
判定


02
第2試合
△マッケンジー・ダーン(メガトンJJ)
vs
△ミッシェル・ニコリニ(チェックマット)
ドロー


01
第1試合
△JTトーレス(ATOS)
vs
△ヴィトー・エスティマ(グレイシーバッハ)
ドロー


08
次回大会でホイラー・グレイシーとエディ・ブラボーの10年ぶりの再戦が
組まれることが発表されました。
なお次回大会の日時・会場はまだ未定とのことです。



【今日が誕生日の柔術家】ジョエル・トゥード



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月10日

【大会結果】Jiu Jitsu Battle 掘Д僖Ε蹇Ε潺筌が優勝!

1
6/8(土)、ロサンゼルスのグラフィティハウスで開催されたWANT VS NEED主催「Jiu Jitsu Battle 掘廚亮腓雰覯未任后


2
茶帯決勝戦
○パウロ・ミヤオ
vs
×フェリッペ・シウバ
送り襟絞め 11分ぐらい



3
紫帯ヘビー級(+76kg)
○ウエリントン・ルイス
vs
×ハンター・エワルド
エゼキエル 8分ぐらい


4
紫帯ライト級(-76kg)
○エドウィン・ナジミ
vs
×シルビオ・ドゥラン
送り襟絞め 20分ぐらい




5
青帯
○ベンジー・シウバ
vs
×ニックバードン
三角絞め 5分ぐらい



6
嶋田裕太(NEXSUSNSE)
紫帯-76kg級に出場、初戦でアイザック・ドーデリーンと対戦。
10分フルタイムを戦い、レフェリー判定で敗退。



7
クレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)
茶帯に出場、1回戦でフェリッペ・シウバと対戦。
7:39 ヒザ十字で初戦敗退。



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月09日

【新商品】アジアオープン2012:DVDレビューby螢侫襯侫ース

1
昨年10月13&14日の2日間に渡って開催されたアジア最大のビッグコンペティションIBJJF主催「アジアオープン選手権大会2012」のDVDをリリースいたしました。ジャケット裏を見ていただければ一目瞭然、撮影した映像素材をほぼ漏れなく収録した結果、3ディスク380分に117試合という大ボリュームとなりました!

昨年のアジアオープンは、海外からJTトーレス、アブマー・バルボーザ、イザッキ・パイヴァ、そしてミヤオ兄弟らが参戦し、日本トップ選手団がいかに迎え撃つかが話題となりました。それらの試合を会場やYouTube等でご覧になられた方も多いかと思いますが、2階スタンド席からということで、やや見づらかった部分もあるのではないでしょうか。しかしそこはオフィシャル!このDVDではバッチリ正面センターから間近で撮影しており、見やすさが違うと断言!大会から半年以上経過した今、新鮮な気持ちで試合内容を検証していただけると思います。

アダルト黒帯はどのカテゴリも見所といって過言ではありませんが、特に注目だったのが、いま最も世界王者に近いと思われる芝本幸司選手が出場したルースター級、そしてストップ・ザ・イザッキに注目が集まったフェザー級ではないでしょうか。

ルースター級には芝本幸司選手を筆頭に、戸所誠哲選手、江崎壽選手、ベテラン勢ともいえる泊憲史選手、北出拓也選手、澤田真琴選手という普段の試合会場ではなかなか見る事のできない、アジアオープンならではの豪華メンバーが揃いました。

フェザー級では“ブルーノ・フラザト”を極めた男、イザッキ・パイヴァと、国内トップの中村大輔選手、加古拓渡選手、中塚靖人選手らが激突!このブラジルブログ内でも、「世界を目指すならば越えなくてはならない壁」と煽られた試合の数々をじっくり見ていただきたい!

アダルト茶帯の注目は、やはりパウロ・ミヤオ選手。自身の階級であるライトフェザー級のみならず、オープンクラスでも段違いの強さで大活躍!特に会場内が異様なテンションの中行われた、オープンクラス決勝のクレベル・コイケ戦は必見の内容。紫帯でエントリーした弟、ジョアオ・ミヤオの試合もオープンクラスの模様をしっかりカバー!ミヤオの試合だけでも11試合収録しており、弊社作品「Miyao Strikes!」同様、視聴後は、どんな角度からもバックを狙いたくなる、そんな心境にさせてくれることでしょう。

そしてぜひアピールさせていただきたいのが、これまで収録尺等の都合でカットされることの多かった、黒帯マスター&シニアの試合や女子の試合もしっかり押さえている点です。マスターカテゴリでは、DUMAUの試合会場でもおなじみ、ヨースキ・ストー選手、台湾BJJから、“謙虚すぎる柔術家”小笠原誠選手、海外からの大物として、ロイド・アーヴィン(当時)のジャレッド・ウィナー選手等、カットするにはもったいなすぎるテクニカルな攻防が堪能できます。ヘビー級とオープンクラスの2階級制覇を果たした、レオナルド・デ・ソウザのゴリラ的な強さも、ぜひチェックしていただきたいところです。

シニアカテゴリには、日本柔術界草創期を支えたベテラン日本人選手がズラリと揃い踏み!福住慎祐選手、朝倉孝二選手、高谷聡選手等に加え、“ドクトル柔術”大内敬選手、さらにはDUMAUのエジソンさんことエジソン篭原選手まで押さえているのは、近年の柔術映像作品では少ないのではないでしょうか。女子カテゴリでは国内トップの湯浅麗歌子選手を中心に、青帯の試合までしっかりカバーしています。

もちろんこれらの試合をすべてノーカットで収録することはできないため、一部の試合に関してはカット編集してはいるのですが、むやみにバッサバッサと切るのではなく、こう着など動きの少ない部分を厳選してカットしました。技のセットアップ部分は可能な限り収録していますので、サクサク見れてしまう割に、試合映像から技術を学ぶ派の方にも安心の編集となっています。

これからは毎年開催となり、今年も10月に開催が決定しているアジアオープン。ぜひこのDVDで前回大会の熱を感じていただければと思います。DVD「ブラジリアン柔術 アジアオープン選手権大会2012」は、ファイターズショップ ブルテリア、弊社フルフォース通販サイト等で好評発売中です。ぜひお買い求めください!








■プロモ動画はコチラから!



2
裏ジャケには収録試合がズラリ!
全117試合収録の大ボリュームです。
収録内容詳細はコチラから!




1
【好評発売中】
『ブラジリアン柔術 アジアオープン選手権大会2012』
2012年10月13&14日の2日間に渡って開催されたアジア最大のビッグイベント、IBJJF主催・アジアオープン選手権大会2012が完全映像化!
ハイレベルな攻防が会場を揺るがしたアダルト黒帯・茶帯をメインに、黒帯マスター&シニア、紫帯、女子の試合までもカバー!
芝本幸司、金古一朗、中村大輔、加古拓渡ら日本トップ選手に加え、ミヤオ兄弟、イザッキ・パイヴァ、JTトーレスら海外勢が猛威を奮う!
3ディスク・380分に31カテゴリ117試合を収録。
★内容詳細&購入はコチラから!


★過去のDVDレビューはコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2013年06月08日

【コパ・ブルテリア】大会情報!

01
7/7(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるブルテリア主催「コパ・ブルテリア 2013」の大会情報です。

大会で入賞者に贈呈されるメダルのサンプル画像がブラジルより送られてきたので紹介します。

ブラジル製のメダルはクオリティが低いのもよくありますが、今大会のはばっちり!

メダル代だけでン十万円という莫大なコストをかけただけに抜群のクオリティと言っていいでしょう。

デザインはこれまでのものを踏襲しつつ、さらに豪華にアレンジを加えたものでストラップ部分にもロゴ入りです。

このメダルは3位までに入賞した選手全員に贈呈されます。

01
今年の大会メダルのサンプル画像。
デザイン&クオリティともにばっちり!です。




そして次は大会記念Tシャツ。

昨年の大会でも大会記念Tシャツを発売しましたが、発売開始から数時間で完売し入手困難となったコパ・ブルテリアの大会記念Tシャツ。

それもそのはず、大会スポンサーのロゴがずらりと並ぶ豪華版だったのに加え、限定数しかなかったのも早くに完売した要因の1つでした。

今年はさらに多くのスポンサーが付き、ブドービデオ、Shoyoroll、HALEO、DUMAU、KEIKO、REDNOSE、REAL FIGHTなど世界に名だたる格闘技ブランドのロゴがズラリ!

やはり大会Tシャツはロゴが多く並んでた方がカッコいい!のは間違いないでしょう。

さらに今年はTシャツのボディ&プリントのクオリティにもこだわって品質も大幅にアップ。

これなら何回来てもそう簡単にはヨレることなく着続けることができるはず!

気になるお値段はまだ未定ながら、会場限定価格でお手頃価格になる見込みです。

また今年も完売が予想されるので、購入希望の方はぜひお早めのご購入を!


02
大会記念Tシャツのデザイン。
今年も白・黒・赤の3色展開!



03
サンプルで上がってきたTシャツの画像。
フロント。



04
バック。
これだけ多くのスポンサーロゴが並ぶと壮観!
今年も完売は必至なので、ご購入はお早めに!




大会の出場者申し込みは現在受付中です。

今年は出場者数の制限はないので、たくさんのエントリーをお待ちしております!


01
【参加申し込み受付中】
『コパ・ブルテリア 2013』
日時:7/7(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター・第一競技場
■大会詳細&申し込みはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2013年06月07日

【柔術プリースト】# 90:パン選手権2013特集!

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

いま配信してる最新エピソードは3月に行われたパン選手権!

世間はムンジアルが終わったばかりでパン選手権はDVDも出てるのに今頃配信かよ!という感はなきにしもあらず。

配信が遅れたのにはいろんな事情があるのですが、今後はもう少しタイムラグがないようにしていきたい所存ではあります。

今回は日本人選手の試合を中心に構成しています。

青帯で優勝した杉本寛樹選手に高須宝亀選手、そして茶帯のサダ・クリモリ、玉木強選手、セリンゲロ、黒帯の岩崎正寛選手、吉岡崇人選手、金古一朗選手、柿澤剛之選手などなど、日本でも著名な選手の試合が目白押し!

そしてスタジオゲストにはJiu Jitsu NERDのデザイナーであり、外国人選手にも詳しい爛蝓璽癲辞瓩海反考座膸瓩鵬辰─日本人初のブラジレイロ優勝という快挙を成し遂げた爛澄璽轡洵瓩海氾菘塚蟻請手のネクサセンス勢を解説に迎えています。

マニアックな解説とともに日本人選手の世界での戦いの数々をぜひご覧下さい。


2
青帯ガロで全試合を一本勝ちで優勝した
杉本寛樹選手(AXIS柔術アカデミー)。
「いたらゴメンネ(笑)」でお馴染み!


3
玉木強選手(トライフォース青山)は大会前にカイオの
トレーニングキャンプに参加してからの出場でした。



4
ヨーロピアンに続き国際大会に連続参戦の岩崎正寛選手(HALEO TOP TEAM)は
大ベテランのマリオ・ヘイスとの対戦に!



6
ヨーロピアン準優勝の芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)は
Wガードの攻防の末に初戦敗退という過酷な現実!



7
BJJテクニックファイルは広瀬貴行選手のマウントからの絞め&腕十字の
コンビネーションです。
極めの連携テクニックは実用度が高いので必修でしょう。



★#90はコチラから!










A9483_I1
【好評発売中】
『コパ・ブルテリア 2012』
155分収録 3000円
★詳細&購入はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月06日

【ムンジアル 2013】芝本幸司、メダル獲得ならず!

国際大会の常連選手、芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)。

今年のヨーロピアンでは準優勝もパン選手権では初戦敗退と今年の戦績はいまひとつ。

そんな中、迎えたムンジアルでは1回戦を秒殺の足関節で勝ち上がって準々決勝に進出しました。

メダル獲得を賭けた試合の相手はイヴァニエル・オリヴェイラ(チェックマット)、マナウス出身の選手です。

イヴァニエルもムンジアル優勝の実績こそないものの、実力者といっていいでしょう。


01
引き込んだ芝本選手。
最近の試合では引き込んで攻める試合が最近の定番スタイルです。


02
イヴァニエルにパスガードを2回許してしまい6−0に。


03
試合時間が半分に差し掛かったところでバックから片羽絞めのエゼキエル!

04
これが極まり4:22、一本負けでメダルに一歩届かずでした。



©Bull Terrier Fight Gear




2013年06月05日

【ムンジアル 2013】佐々幸範、3位入賞!

今年、久々のムンジアル参戦を果たした佐々幸範選手(パラエストラ東京)。

これまではペナ級で出場していましたが今大会では1階級落としてプルーマ級でエントリーしました。

大会3日目に行われた1、2回戦を勝ち上がり、大会最終日の準々決勝戦に進出したのはプルーマに出場した日本人選手8人の中で佐々選手のみ。

準々決勝の相手はかつての世界王者、サムエル・ブラガ(グレイシーバッハ)です。

サムエルはガロとプルーマの2階級で世界王者となっている強豪中の強豪で、ベリンボロのオリジネイターの一人として知られている選手。

ここで勝てばメダルが確定するだけに負けられない一戦でした。


01
サムエル・ブラガとの試合ではWガードの攻防に多くの時間を費やしました。
そしてサムエルに膠着のペナルティ。
ですがパスガードのアドバンテージを2つ獲得しサムエルがリード。


02
試合終了間際に佐々選手が立ち上がるのと同時にサムエルにペナルティが追加!
ここで試合終了!



03
P0-0、A2-2、ペナルティ0-2で佐々選手勝利!
準決勝進出を決めました。



04
準決勝はアリ・ファリアス(ATOS)との対戦。
アリは去年のムンジアル準優勝のラエルシオに勝利して勝ち上がりです。



05
引き込んだ佐々選手はアリのパスガードを凌ぐ展開。


06
試合終盤にパスガードを許し3−0。
反撃のチャンスがないまま試合終了。


07
準決勝敗退も3位入賞、銅メダル獲得です。



08
黒帯プルーマ決勝戦
優 勝 ガブリエル・モラエス(チェックマット)
準優勝 アリ・ファリアス(ATOS)
3 位 ダニエル・ベレーザ(SAS)、佐々幸範(パラエストラ東京)





©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月04日

【ムンジアル 2013】大会の動画

昨夜終わったばかりのムンジアルの動画がJits.マガジンのサイトで続々とアップされています。

Jitsu.マガジンはプリント版だけでなくオンラインでもPDFで無料配布されている柔術雑誌です。

★Jits.マガジンのサイトはコチラから!


Ary Farias vs Gabriel Moraes
プルーマ決勝戦
アリ・ファリアスvsガブリエル・モラエス




Mario Reis vs Augusto Quexinho IBJJF Worlds 2013
ペナ準々決勝
マリオ・ヘイスvsアウグスト・ケシーニョ




Leandro Lo vs Vinicius Marinho IBJJF Worlds 2013
レーヴィ準々決勝
レアンドロ・ロvsヴィニシスス・マリーニョ




Romulo Barral vs Guto Campos IBJJF Worlds 2013
メイオペサード準決勝
ホムロ・バハルvsグットー・カンポス




Leandro Lo vs Michael Langhi IBJJF Worlds 2013
レーヴィ決勝戦
レアンドロ・ロvsマイケル・ランギ




Braulio Estima vs Rodrigo Fajardo IBJJF Worlds 2013
メイオペサード準々決勝
ブラウリオ・エスティマvsホドリゴ・ファジャルド




Rafael Mendes vs Mario Reis IBJJF Worlds 2013
ペナ準決勝
ハファ・メンデスvsマリオ・ヘイス




Caio Terra vs Bruno Malfacine IBJJF Worlds 2013
ガロ決勝戦
カイオ・テハvsブルーノ・マルファシーニ




Bruno Malfacine vs Felipe Costa IBJJF Worlds 2013
ガロ準決勝
ブルーノ・マルファシーニvsフェリッペ・コスタ




Leandro Lo vs Lucas Lepri IBJJF Worlds 2013
レーヴィ準決勝
レアンドロ・ロvsルーカス・レプリ




Braulio Estima vs Andre Galvao IBJJF Worlds 2013
メイオペサード準決勝
ブラウリオ・エスティマvsアンドレ・ガウヴァオン




Gui Mendes vs Daniel Beleza IBJJF Worlds 2013
プルーマ準々決勝
ギィ・メンデスvsダニエル・ベレーザ




アブソルート決勝戦
マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗vsホドウフォ・ヴィレイラ



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月03日

【ムンジアル 2013】黒帯の試合結果

大会最終日に行われた黒帯の大会結果です。


01
アブソルート
優 勝 マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
準優勝 ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)
3 位 ベルナルド・ファリア(アリアンシ)、レオ・レイチ(アリアンシ)



02
ガロ
優 勝 カイオ・テハ(ブラザ)
準優勝 ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)
3 位 イヴァニエル・オリヴェイラ(チェックマット)、フェリッペ・コスタ(ブラザ)


03
プルーマ
優 勝 ガブリエル・モラエス(チェックマット)
準優勝 アリ・ファリアス(ATOS)
3 位 ダニエル・ベレーザ(SAS)、佐々幸範(パラエストラ東京)



04
ペナ
優 勝 アウグスト・メンデス爛織鵐ーニョ瓠淵愁Ε襯侫.ぅ拭璽此
準優勝 ハファエル・メンデス(ATOS)
3 位 マリオ・ヘイス(アリアンシ)、フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘



05
レーヴィ
優 勝 レアンドロ・ロ(シセロ・コスタ)
準優勝 マイケル・ランギ(アリアンシ)
3 位 ルーカス・レプリ(アリアンシ)、ホドリゴ・カポラル(ATOS)



06
メジオ
優 勝 オタービオ・ソウザ(グレイシーバッハ)
準優勝 クラウジオ・カラザンス(ATOS)
3 位 ヴィトー・エスティマ(グレイシーバッハ)、ヴィトー・エンリケ(グレイシーバッハ)



07
メイオペサード
優 勝 ホムロ・バハル(グレイシーバッハ)
準優勝 ブラウリオ・エスティマ(グレイシーバッハ)
3 位 グットー・カンポス(ATOS)、アンドレ・ガウヴァオン(ATOS)



08
ペサード
優 勝 ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)
準優勝 ルーカス・レイチ(チェックマット)
3 位 ニヴァウド・リマ(チェックマット)、シャンジ・ヒベイロ(ヒベイロJJ)



09
スペルペサード
優 勝 ベルナルド・ファリア(アリアンシ)
準優勝 ジョアオ・ガブリエル(ソウルファイターズ)
3 位 ルイス・フェルナンド(バルボーザJJ)、ハファエル・ロバトJr.(ヒベイロJJ)



10
ペサディシモ
優 勝 マーカス・ヴィニシウス爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
準優勝 ホドリゴ・カバカ(チェックマット)
3 位 アブラハム・マルテ(ヤマサキJJ)、アレクサンダー・トランス(チェックマット)



【女子】
11
アブソルート
優 勝 ガブリエレ・ガルシア(アリアンシ)
準優勝 ビア・メスキータ(グレイシーウマイタ)
3 位 ルイザ・モンテイロ(シセロコスタ)、ルアナ・アズギエル(アリアンシ)


12
ルーマ
優 勝 ギャザリー・マツダ(ATT)
準優勝 ナイジャ・イーストン(ロイドアーヴィン)
3 位 ミリアン・カルドソ(エリートBJJ)、イナバ・カナコ(チャンピオンJJ) 


13
ペナ
優 勝 マリーナ・ヒベイロ(チェックマット)
準優勝 ルイザ・モンテイロ(シセロコスタ)
3 位 マッケンジー・ダーン(グレイシーウマイタ)、アナ・キャロリーナ・ヴィタウ(グレイシーウマイタ)



14
レーヴィ
優 勝 ビア・メスキータ(グレイシーウマイタ)
準優勝 ファビアナ・ボルジェス(グレイシーバッハ)
3 位 ナディア・マリア(GFチーム)、トレイシー・グッデル(ATOS)



15
メジオ
優 勝 ルアナ・アズギエル(アリアンシ)
準優勝 ヴァネッサ・オリヴェイラ(GFチーム)
3 位 イダ・ハンソン(チェックマット)、シャンチ・アベーリャ(チェックマット)



16
メイオペサード
優 勝 ミッシェル・ニコリニ(チェックマット)
準優勝 フェルナンド・マゼリ(ストライカーJJ/ゴエス)
3 位 アネッチ・エスタッキ(ブラジル021)、タリタ・ノゲイラ(グレイシーエリートチーム)



17
ペサード
優 勝 アンドレッサ・コレア(アリアンシ)
準優勝 ガブリエレ・ガルシア(アリアンシ)
3 位 ルジア・カルメン(グレイシーバッハ)、マリア・ド・カルモ(デラヒーバ)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月02日

【ムンジアル 2013】大会3日目:日本人選手の主な結果

大会3日目に行われた日本人選手の主な結果です。


【ガロ】
01
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)
1回戦 シード
2回戦 1:41、アキレス腱固めで一本勝ち
※ベスト8進出



02
澤田真琴(DRAGON'S DEN)
1回戦 P0-2で初戦敗退
※スイープ



03
吉岡崇人(徳島BJJ)
1回戦 P0-3で初戦敗退
※パスガード



【プルーマ】
04
佐々幸範(パラエストラ東京)
1回戦 P0-0、A1-0
2回戦 12-0
※ベスト8進出



05
木内康(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
1回戦 P6-4
2回戦 2:55、絞めで一本負け



05a
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
1回戦 P2-2、A1-0
2回戦 P0-0、A3-0で敗退



05b
吉岡大(東京イエローマンズ)
1回戦 P0-0、A0-1で初戦敗退



06
松本義彦(グラバカ柔術クラブ)
1回戦 4:12、ラペラチョークで一本負けで初戦敗退



07
平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
1回戦 シード
2回戦 ポイント負け



08
山田悦弘(パイシャオン柔術)
1回戦 P0-0、A0-3で初戦敗退


09
加古拓渡(GSB)
1回戦 P2-0
2回戦 P0-0、A0-3で敗退



【ペナ】
10
小山貴之(福住柔術)
1回戦 P5-0
2回戦 6:04、十字絞めで一本負け



11
中村大輔(グラバカ柔術クラブ)
1回戦 P9-0で初戦敗退



12
岩崎正寛(HALEO TOP TEAM)
回戦 P2-2、A0-4で初戦敗退



13
中塚靖人(Me,We)
1回戦 P15-0で初戦敗退



14
アサダ・トシオ(Impacto BJJ)
1回戦 初戦敗退



15
岡本裕士(RJJ)
1回戦 2:30、反則負け
※三角絞めが極まった状態で場外逃避




【レーヴィ】
16
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
1回戦 シード
2回戦 0:49、三角絞めで一本勝ち
3回戦 P2-0で敗退



17
金子竜也(パラエストラ東京)
1回戦 P3-0
2回戦 0:49、三角絞めで一本負け



18
柿澤剛之(PUREBRED大宮)
1回戦 P0-0、A0-1で初戦敗退



【メジオ】
19
マルコス・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
1回戦 P4-0
2回戦 P2-2、A0-1で敗退



【メイオペサード】
20
中村勇太(T-REX柔術アカデミー)
1回戦 1:22、十字絞めで一本勝ち
2回戦 三角絞めで一本負け



21
女子黒帯レーヴィ
塩田さやか(チェックマット)
1回戦 初戦敗退



23
茶帯メジオ
ルアン・アロウカ(Impacto BJJ)
1回戦 2:26、ヒザ十字で一本勝ち
2回戦 P2-2、A0-1で敗退



22
女子茶帯プルーマ
八木沼志保(アンプラグド国分寺)
1回戦 4:15、三角腕固めで一本負け、初戦敗退
※ぎっくり腰



24
アダルト茶帯アブソルート決勝戦
パウロ・ミヤオ(シセロコスタ)
vs
キーナン・コーネリアス(ATOS)



25
P4-4、A3-1でパウロが勝利して優勝!



26
アダルト茶帯アブソルート表彰台
優 勝 パウロ・ミヤオ(シセロコスタ)
準優勝 キーナン・コーネリアス(ATOS)
3 位 ジャクソン・ソウザ(チェックマット)、クリストファー・ボウイ(グレイシーバッハ)



茶帯アブソルート決勝戦
パウロ・ミヤオ(シセロコスタ)vsキーナン・コーネリアス(ATOS)



【今日が誕生日の柔術家】デニウソン・ピメンタ(33)、ルーカス・タニ(30)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年06月01日

【ムンジアル 2013】大会2日目:女子の主な試合

大会2日目に行われた女子の主な試合結果です。


01
紫帯プルーマ
湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)
1回戦 3:02、腕十字で一本勝ち
2回戦 4:45、腕十字で一本勝ち
3回戦 P0-2で敗退
※ベスト8



02
レーヴィ
イザベレ・ソウザ(Impacto BJJ)
1回戦 送り襟絞めで一本勝ち
2回戦 判定負け



05
レーヴィ
八田弥生(T-REX柔術アカデミー)
1回戦 4:58、バックマウントでタップ



03
青帯プルーマ
竹下栞(DRAGON'S DEN)
1回戦 P0-0、A0-1で初戦敗退



04
青帯プルーマ
ケシア・タケウチ(小川柔術)
1回戦 P0-0、A1-0で勝利
2回戦 肩固めで一本負け



06
青帯メジオ
内山裕規(パラエストラ千葉)
1回戦 2:04、送り襟絞めで一本負け



©Bull Terrier Fight Gear