English Portugues Japanese

2013年12月

2013年12月09日

【大会結果】12/8『COPA IF-PROJECT2013』

01
12/8(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたIF-PROJECT主催「COPA IF-PROJECT2013」の主な結果です。


続きを読む

2013年12月08日

【発売中】DVD『ザ・バラトプラッタ』byハファエル・フレイタス

1208
このDVDの主役、ハファエル・フレイタス爛丱薀伸瓩魯哀譽ぅ掘璽丱奪呂旅帯柔術家。

この爛丱薀伸瓩箸いΕ縫奪ネームはポルトガル語でゴキブリという意味で、その素早い動きがネーミングの由来となっているらしい。

しかしニックネームとはいえゴキブリだなんてイヤじゃないの?と思うけど、本人は全然気にしてない様子です。

それはさておき、最近のバラタは柔術よりもMMAに集中しており、得意の爛丱薀肇廛薀伸瓩鯢雋錣妨什漾■契鑢鞠圓箸いα農欧蕕靴だ鐇咾鮖弔靴討い泙后

さらにそのうち5戦をサブミッションでの一本勝ち中で、いまやMMAでも成功している選手と言っていいでしょう。

そんなバラタが出した初の教則DVD「バラトプラタ」が国内外でベストセラーを記録し、早くも新作の発売も決まっているほど!

そのオリジナル技「バラトプラタ」はその名の通り、バラタが考案したオモプラッタからのサブミッション。

先日のワールド柔術エキスポのスーパーファイトでカイオ・テハがこの技を極めたことも話題になったのは記憶に新しいところです。

バラトプラタはガード・サイド・マウントと様々なポジションから仕掛けられて、さらに跳び付きバラトプラタまで!

これがバシッ!と極まったら最高にカッコいい!

教則DVD2枚組にボーナス映像でバラタの試合もギ&ノーギとMMAの3試合が収録されてます。

MMAの試合でもバラトプラタを極めてるので、いかにこのテクニックが実戦的なのかがわかるでしょう。

独創的かつ実戦的なバラトプラタ、ぜひこのDVDで習得して下さい!


1208
【好評発売中】
『ザ・バラトプラッタ』
by ハファエル・フレイタス 2枚組
収録時間:140分
日本語吹き替え入り
価格:6900円(税込)
■プレビュー動画はコチラから!
■詳細&購入はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear


2013年12月07日

【ニュース】BJJブロガー座談会

1204
先日、都内某所でBJJを扱うブログの管理人の方々を集めて座談会を企画されて頂きました。

出席者は以下の4名です。

橋本欽也:ブラジルブログ
岩井英治:柔術新聞
BJケン:柔術魂BOX
加藤浩之:BJJ PLUS


座談会の進行役をセラチェン春山氏にお願いして、ブログを立ち上げたきっかけや編集方針、更新頻度などを紹介してもらいました。

メインの話題は2013年の10大ニュースとMVP・新人賞・その他各賞の受賞選手の選定です。

10大ニュースは12/23発売予定の「Fight & Life」誌に、各賞受賞選手の選定は来年1/19に発売予定の「Jiu Jitsu NERD」にそれぞれ掲載予定となっています。

また各賞受賞の選手は1/19に開催しる「Jiu JItsu Priest CUP 2014」の大会開会式で受賞セレモニーも行う予定です。

そしてこの座談会は映像収録もしてるので、近いうちに柔術プリーストで配信できるかも?!

そんな各賞受賞なのですが、ベストマッチ賞の選定が4者4様で決められなかったので、どこかの投票サイトを使うか、アンケートをするかし、柔術愛好家の皆さんに投票してもらって決めたいと思ってます。

それはどうやるか決まり次第、このブログ上で告知しますので、その際はぜひ投票のご協力をよろしくお願いします!



©Bull Terrier Fight Gear

2013年12月06日

【帯叩き】ハファ&ギィ・メンデス兄弟

1206
今年も残すところ1ヶ月を切りました。

海外ではムンジアルの後と年度末の年に2回が帯昇進の時期でそのタイミングで帯昇進が行われることが多いですが、日本では大きな大会後に帯昇進することが主流のように感じます。

すでに国内ではアジアオープンやヒクソン杯などの大きな大会が終わったので、その大会後に帯昇進した方も多かったことでしょう。

そこで帯昇進時のセレモニーについてです。

帯が昇進するときに帯が昇進した人を仲間が帯で叩いて祝う、いわゆる狢喘,瓩箸いι習があるのは柔術をやっている方なら知っていることと思います。

中には実際に帯叩きをやられてその痛みを味わった方もいるのではないでしょうか。

ですが自分はいま茶帯ですが、過去に帯叩きをされたことはないし、叩いたこともありません。

白帯から青帯になったときは中井祐樹先生からパーティで授与され、青帯から紫帯になったときは当時指導していたパラエストラ葛西のクラスに自分の最初の柔術の先生である鶴屋浩先生が来てくれて、クラス後に紫帯を渡されました。

そして紫帯から茶帯になったのは昨年の今頃のことで、実力的にはほぼ同じと思われるチームメイトがアジアオープンで優勝して茶帯を巻かれたついでのような感じで自分も茶帯になったのです。

その3回の帯昇進がありましたが、3回とも帯叩きはなく普通に帯を渡され、帯を巻いて記念撮影して終わり、という簡易的なものでした。

これは自分の場合ですが、チームメイトのときほぼ同じで帯叩きはなし。

なので帯昇進時のお約束的な帯叩きは叩かれる側としてはもちろん、叩く側でも一度も体験していません。

この帯叩きの風習はいま個人的に思うところがあって、いろんな人たちに意見を聞いています。

まずはハファ&ギィのメンデス兄弟に聞いた帯叩きについての意見を紹介します。

現在の柔術シーンの中で最先端技術を有し、実力・知名度とも世界トップクラスのメンデス兄弟。

彼らは昨年の7月に念願だった自身のアカデミー、Art of Jiu Jitsuを設立し、1年ほどで生徒数500人を数えるほどになりました。

またつい先日はメンデス兄弟として初めての黒帯も授与しています。

そんなメンデス兄弟は帯叩きについての意見です。

『私たちは帯叩きはしません。

なぜなら帯叩きは相手に痛みを与えてしまうものだから好きではないのです。

これは一部の人たちには好まれている風習ですが、いま私たちは女性や子供、そして高齢の生徒も多いので、彼らには好まれることではないでしょう。

それに柔術を練習している人たちは楽しむため、フィットネス目的でやっている人たちが多くなっています。

なので彼らのためにもベルトプロモーションのセレモニーは帯叩きのような相手に苦痛を与えるものではなく、楽しいものにする必要があると考えています。』


これはあくまでもメンデス兄弟のアカデミー、AOJでのことで同じATOSでもアンドレ・ガウヴァオンのアカデミーでは違うかもしれません。

今後、この帯叩きについての意見はシリーズ化して国内外の帯叩き事情を聞いていきたいと思ってます。

次回は2週間後に来日するミヤオ兄弟にシセロコスタアカデミーでの帯叩き事情を聞く予定です。

ミヤオ兄弟も帯叩きでブッ叩かれたのか?!

それとも普通に帯を渡されてそれ巻いて終わりだったのか?!

そのあたりのことも興味あります。

お楽しみに!



【今日が誕生日の柔術家】ホイラー・グレイシー(48)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年12月05日

【レポート】11/23マルキーニョス&サトシ・セミナーinパラエストラ小岩

souzabrosbjjseminarparakoiw
11/23(土・祝)、東京・江戸川区のパラエストラ小岩にてマルコス・ソウザとホベルト・サトシ・ソウザのソウザ兄弟によるテクニックセミナーが開催されました。

マルキーニョス&サトシが関東でセミナーをするのは6月にパラエストラ池袋で行われて以来、約半年ぶりのこと。

兄弟揃ってワールドプロ王者のソウザ兄弟による文字通り世界レベルに通じる技術の数々は参加者を大いに満足させました。

セミナーで披露されたテクニックは兄弟が実際に試合で使っている実戦的なものであるのはもちろん、ムンジアル前にLAのAOJとサンディエゴのATOSでの集中キャンプで学んだ最新テクニックの数々です。

続きを読む

2013年12月04日

【ブルテリアオープン】杉江爛▲泪哨鶚畭臺紂▲潺筌狩りに出陣!

btopen2013miyaobros
12/28(土)、静岡県浜松市の浜松武道館で開催されるブルテリア主催「ブルテリアオープン2013」に杉江爛▲泪哨鶚畭臺總手(SAD)の出場が決定しました!

杉江選手は当初、マスターでのエントリーを考えていたようですがミヤオ兄弟の参戦が発表されて急遽アダルトに年齢カテゴリーを変更しての出場になりました。

それはもちろんvsミヤオを意識してのことに他なりません。

そんな杉江選手に今大会出場に向けての意気込みなどを聞きました。


09b
杉江爛▲泪哨鶚畭臺紂SAD)

──ブルテリアオープンの参戦、今回出場を決めたきっかけは何でしたか?

アマゾン:この大会には元々出るつもりでしたが、少しハードな試合したいと思いマスターからアダルトに変更して参戦することにしました。


──アダルトで出場というとジョアオ&パウロのミヤオ兄弟との対戦もあるかと思いますが、ミヤオ兄弟の印象はどうでしょうか?

アマゾン:ミヤオの印象はベリンボロで、かなりヤバイとびびってます(笑)攻略はいつも通り上しかないかな、と。得意の脇差しパスガードとベリンボロの真っ向勝負をしたいですね。


──では最後に試合に向けての意気込みをお願いします。

アマゾン:意気込みは多分俺がやられたら日本人全員ダメでしょう(笑)。それぐらいの気持ちで頑張ります。


杉江選手は過去に日本で行ったvs外国人選手の試合は全勝中。

その対戦相手もマイク・ファウラー、アルバート・クレーン、ビル・クーパー、セオドロ・カナル、チョイ・ワンチョイという並み居る強豪をことごとく撃破。


さらに杉江選手は2013年に出場したほぼ全ての大会で優勝している国内トップ中のトップの強豪柔術家。

優勝した大会をザッと列記すると、プリーストカップ、ドゥマウ、コパ・バルボーザ、愛知オープン、JBJJF全日本選手権、IBJJFアジアオープン、そしてヒクソン杯と主要大会を総ナメ!

それだけに今回のvsミヤオ戦の勝負の行方が気になりますが、その試合はアブソルートで実現が濃厚です。

要注目!


bo
【出場申し込み受付中】
『ブルテリアオープン2013』
日時:12/28(土)
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
主催:ブルテリア
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ルカ・ディアス(51)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年12月03日

【柔術プリースト】#108:ワールド・マスター&シニア 2013

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今週配信したのは10月にLAで開催されたIBJJF主催「ワールド・マスター&シニア2013」です。

この大会は30歳以上の選手のみが出場できる世界大会で、その名の通りマスターとシニアの選手のための世界選手権です。

そこに出場した日本人選手の試合を中心に紹介します!

塚田市太郎、ヨースキ・ストー、正田正治、エジソン・カゴハラ、金古一朗、八木沼志保、大内敬、新川武志、荒牧誠、桑原幸一などなど、日本を代表するマスシニ世代の選手が大挙参戦し、好成績を収めました。

中でもエジソン・カゴハラの奮闘ぶりは見ものでしょう。

さらに試合後のインタビューではコメント最中に悔し涙を流すエジソンの姿も。

まさかそこまで本気で今大会に賭けてたとは!

2年連続参戦だったエジソン、来年の再チャレンジに期待せずにはいられません。

そんなアツい中年柔術家たちの激闘の数々、ぜひ見て頂きたいと思います!


3
負けて悔し涙のエジソン!
そこまで今大会に賭けてたなんて知りませんでした!



06
1回戦負けでもこんなにビッグスマイルの人もいるのに!
エラい違いです!



2
BJJテクニックファイルは香港柔術・荒牧誠氏のテクニック。
これから数週間に渡って得意技を紹介してくれます!



■#108はコチラから!




フ〓リーストカッフ〓2014東京
【大会告知】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014』
日時:1/19(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クリスチアーノ・マルセロ(36)、デヴィッド・ジュリアーノ・レモス(31)、シャンチ・アベーリャ(32)



©Bull Terrier Fight Gear


2013年12月02日

【本日締め切り】12/8 『COPA IF-PROJECT 2013』

copaif2013
12/8(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるIF-PROJECT主催『COPA IF-PROJECT 2013』の出場申し込み締め切りが本日の23:59までとなっています。

昨年の同大会では世界王者のシャンジ・ヒベイロを招聘し、会場内からデモンストレーションの相手を募ってのエキシビジョンを行い大いに話題となりました。

■昨年の大会の様子はコチラから!

今年は海外からの招聘はありませんが、その代わりに今大会のマスター以上のカテゴリーの優勝者の中から抽選で1名の選手に来年のワールド・マスター&シニア出場のための航空券が贈呈されます。

この抽選はなんと一人エントリーでの優勝認定も対象となるので、かなり高確率ではないでしょうか?!

もし当選した場合に海外が不慣れだったとしても現地サポートは自分が担当するのでご心配なく!

ホテルの手配から会場の往復、また出稽古や買い物ツアーまでアレンジ可能なので、何の不安もなく海外大会を満喫できるはず。

ぜひ今大会に参戦し、無料航空券を獲得して来年のワールド・マスター&シニアに出場しましょう!


copaif2013
【出場申込受付中】
『COPA IF-PROJECT 2013』
日時:12/8(日)
会場:台東リバーサイド
スポーツセンター(東京・浅草)
主催:IF-PROJECT 
公認:日本ブラジリアン柔術連盟
■大会詳細はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2013年12月01日

【告知】12/28 ブルテリアオープン2013にミヤオ兄弟参戦!

btopen2013miyaobros
12/28(土)、静岡県浜松市の浜松武道館で開催されるブルテリア主催「ブルテリアオープン 2013」にジョアオ&パウロのミヤオ兄弟の参戦が決定しました!

ミヤオ兄弟は12/22のドゥマウのJAPAN CUP 2013にも参戦が決まっていますが、実はこのブルテリアオープンの参戦も内定していました。

それなのになぜブルテリアオープンの参戦はいままで発表できなかったのか?!

その理由はミヤオ兄弟のビザがちゃんと出たことを確認してから発表することにしていたために他なりません。

ドゥマウは第一次締め切りが終わった瞬間にミヤオ兄弟の参戦を発表しましたが、実はこの時はまだビザの発給はおろか航空券さえも手配していない状態だった、ということが後に発覚!

そんな状態だったにも関わらずにドゥマウ主催者のエジソンは大会の宣伝を焦るあまりにミヤオ兄弟の参戦をフライングで発表してしまった、というのがドゥマウ参戦のニュースが先に出た真相です。

確かにドゥマウの12月大会は昨年同様に2フロアの会場を確保していて大会経費も大幅に上乗せされてるだけに焦る気持ちもわからないではないですが、ここでミヤオ兄弟のビザが出なかったらどーすんの?!と思いますが、つい先日無事にビザも出て航空券も購入できたのでミヤオ兄弟の来日は晴れて確定!

なのでセミナーツアーの告知とともに、このブルテリアオープンの参戦も発表できた次第です。

ブルテリアオープンでもドゥマウと同じくジョアオがプルーマ、パウロがペナにエントリーし、アブソにも二人で参戦予定。

残念ながらサトシ&マルキーニョスはクリスマス後にブラジルに帰省してしまうのでミヤオ兄弟との対戦はありませんが、それでもこのミヤオ兄弟のブルテリアオープン参戦は大きなニュース。

さらにブルテリアオープンは黒帯の参加費は無料となっているので、ミヤオ兄弟と対戦したい黒帯がこぞってエントリーしてくるのは確実。

12/22のドゥマウと12/28のブルテリアオープンと2週連続のミヤオ兄弟の大会参加はセミナーツアーと同じく日本の柔術シーンを活性化してくれるのは間違いありません。


bo
【出場申し込み受付中】
『ブルテリアオープン2013』
日時:12/28(土)
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
主催:ブルテリア
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】山内康悦(37)、シセロ・コスタ(33)



©Bull Terrier Fight Gear