English Portugues Japanese

2014年01月

2014年01月31日

【柔術プリースト番外編】ヨーロピアン2014 感想雑談

0131
今日アップロードしたばかりの動画を紹介します。

これはヨーロピアン2014が終了した直後、帰国翌日に収録した雑談動画で、ここでヨーロピアンでのあれこれを話してます。

帰国直後でまだ熱気が冷めやらぬうちにまずトークでその興奮を残しておこう、ということで収録しました。

参加者は橋本欽也とラスコンチャス・ケニー板橋、そしてJiu Jitsu NERDデザイナー・リーモー森の3人です。

いつも試合レポはブラジルブログ、プラーベートは自堕落ブログで書いてますが、どうしても細かい部分や受け手が聞きたいことなどは触れられないまま時間が経過してしまいそのまま、ということがよくあるパターン。

なのでこうやって雑談形式でヨーロピアン遠征時のあれこれを話したものをそのままお伝えするのが一番早くて確実かと思ってます。

約2時間と長めではありますが、まだブログで紹介できてないエピソード満載なので、コアなマニアには必ず満足してもらえると自負しております。

試合以外のことでは最近のマイブームである帯叩きに関する部分は各自の持論が交錯する白熱加減で、なかなか興味深いはず。

ぜひチェックしてみて下さい!


コチラから!



【今日が誕生日の柔術家】福本吉記(50)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月30日

【ヨーロピアン】アダルト黒帯ペナ決勝戦:ハファ・メンデスvsパウロ・ミヤオ

ヨーロピアン2014のアダルト黒帯決勝戦の中で一番の注目試合だったハファエル・メンデス(ATOS)vsパウロ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)の初対戦です。

ハファは言わずもがなの元世界王者で世界トップ選手の一人。

対するパウロは茶帯で階級&無差別でムンジアル2冠を達成し黒帯昇格、その後もいきなりトップ黒帯として存在感を大アピール中。

昨年末には1年ぶりに来日し2週連続で試合出場して日本中をミヤオフィーバーに巻き込んだのは記憶に新しいところでしょう。

まさにベテランvs新鋭となったこの初対戦は世界中が注目した一戦でした。


01
アダルト黒帯ペナ決勝戦
ハファエル・メンデス(ATOS)
vs
パウロ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)



02
両者引き込みのWガードからパウロはインヴァーテッドから回転しベリンボロ狙い。



03
ハファは下に拘るかと思いきや上を選択し上のポジションへ。



04
パウロの頭を横三角絞めのような形で挟んで動けなくするハファ。




05
そこからパスガードし3ポイント獲得!
パウロがパスされたのは昨年のヨーロピアン茶アブソ準決勝の
vsキーナン戦以来のことです。



07
パスのポイントが入ってからはまたWガードの攻防へ。
ポイントで負けているパウロは必死に攻めにいくもハファは冷静に
攻めを受け流す感じ。



08
試合終盤のパウロは試合中に困惑した表情に。
何をしても動じないハファに対しどうすればいいの?!状態か。



09
試合はP3-0でハファ勝利。
アダルト黒帯ペナ級で優勝です。



04
アダルト黒帯ペナ級表彰台
優 勝 ハファエル・メンデス(ATOS)
準優勝 パウロ・ミヤオ(PSLPBシセロコスタ)
3 位 シモーネ・フランシスシーニ(サイクロン)、ジャンニ・グリッポ(アリアンシ)



11
注目の初対戦を制しご機嫌のハファ。
一方のパウロは表彰台でもずっと顔を上げずにうつむいたまま。
まさに明暗を分けた対照的な二人でした。



■試合動画はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト爛乾襯畢瓮灰悒◆43)、生田誠(37)、岡本裕士(36)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月29日

【結果】ヨーロピアン2014:アダルト黒帯の主な結果

1/23(木)から4日間に渡ってポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2014」の大会最終日に行われたアダルト黒帯の主な結果です。


01
アブソルート
優 勝 アレクサンダー・トランス(チェックマット)
準優勝 ユーリ・シモエス(ブラザ/カイオ・テハ)
3 位 ジャクソン・ソウザ(チェックマット)、ファビアーノ・ジュニオール・レイチ・ソウザ(アリアンシ)



続きを読む

2014年01月28日

【柔術プリースト】#115:ミヤオ兄弟参戦!ドゥマウジャパンカップ

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

ヨーロピアンの興奮も冷めやらぬ中お送りするのは昨年末に行われた「DUMAU JAPAN CUP 2013」です。

毎年多くの参加者を集めて大きな盛り上がりを見せるドゥマウの年度最終戦ですが、このときはミヤオ兄弟の参戦が急遽決まってさらにヒートアップ!

例年通りに2フロアを使っての大会開催でも出場者を早期締切するほどの人気で会場も入場規制&USTREAM生配信で対応したほどでした。

そんなミヤオフィーバー・開幕戦ともいえる今大会の熱気を密封して配信しています。

極めまくりのパウロにスタイルチェンジを模索中のジョアオと二人の試合は階級別&無差別を完全網羅!

過去に配信したミヤオ兄弟が出場したドゥマウ伊勢崎大会の配信回はケタ違いの回転数だけに、この回も人気になるのは間違いないでしょう。

さらに次週はパウロ・ミヤオvs杉江爛▲泪哨鶚畭臺紊行われたブルテリアオープンも配信予定!

なのでまずはこの回を見て頂き、次週のブルテリアオープンの配信を待って頂きたいと思います!


2
ベリンボロからバックのキレが凄まじいパウロ!
チョークで極めまくり。



3
黒帯になってからスタイルチェンジを模索中のジョアオ。
ベリンボロ一辺倒のスタイルから脱却を図っています。



4
BJJテクニックファイルは塚田市太郎編がスタート!
奇しくも今大会ではパウロに2回も極められてしまってますが、そんなのは関係ない!
日本屈指のパスガードの名手の技術を大公開です!




■#115はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ヒカルド・デラヒーバ(49)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月27日

【速報】ヨーロピアン2014:大会最終日の主な結果

00
1/23(木)から4日間に渡ってポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2014」の大会最終日の主な結果です。


続きを読む

2014年01月26日

【速報】ヨーロピアン2014:大会3日目の主な結果

1
1/23(木)から4日間に渡ってポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2014」の大会3日目の主な結果です。


続きを読む

2014年01月25日

【速報】ヨーロピアン2014:大会2日目の主な結果

0
1/23(木)から4日間に渡ってポルトガルのリスボンで開催されているIBJJF主催「ヨーロピアン2014」の大会2日目の主な結果です。


続きを読む

2014年01月24日

【ヨーロピアン】ヨーロピアン2014:大会初日の様子

01
1/23(木)から4日間に渡ってポルトガルのリスボンで開催されるIBJJF主催「ヨーロピアン2014」。

大会会場はいつもと同じカサル・ヴィストソです。

続きを読む

2014年01月23日

【表彰式】『BJJ AWARD 2013』表彰式

1
1/19(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターにて開催された「Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO」の開会式にてJiu Jitsu NERDが制定した「BJJ AWARD 2013」の表彰式が行われました。

これは柔術ブログを主宰する関係者が集まって座談会をして2013年に最も活躍した選手にMVPを、その他に一本勝ち賞、新人賞なども選びました。

続きを読む

2014年01月22日

【大会レポ】1/19『Jiu Jistu Priest CUP 2014 TOKYO』

1年ぶりに開催されたプリーストカップの東京大会。

昨年は初開催の東京大会以降は地方進出し、新潟と徳島で2大会を行いました。

今年も昨年同様にUST生配信、メダルガール、スーパーファイト、ノベルティ配布など試合以外の部分でも大会独自のカラーを出して他にない特徴を持たせようと趣向を凝らしています。

試合にはアダルト黒帯に修斗の現役王者である弘中邦佳選手がエントリーし、アブソのみではありましたが柔術の試合が見られるとあって大きな注目を集めました。

茶帯では関根爛轡絅譽奪畚┝選手も浜松から遠征参戦し、ドゥマウ九州大会に続く2ヶ月連続の試合で圧倒的な強さを見せつける活躍ぶり!

そして女子では青帯と紫帯で来月にプロ大会に出場予定の選手も出場、プロらしい極めの強さで2選手とも一本勝ちしています。

2014年の幕開け大会となったプリーストカップ東京大会は大盛況のうちに幕を閉じましたが、早くも次回大会が内定済み。

次回は4〜5月頃に沖縄での開催予定となっています。

沖縄大会でも今大会のような独自カラーを打ち出した企画を盛り込む予定なので乞うご期待!


01
アダルト黒帯アブソルート決勝戦
弘中邦佳(マスタージャパン)
vs
加古拓渡(GSB)
生粋の柔術家vs修斗現役王者の対戦が実現!



続きを読む

2014年01月21日

【プリーストカップ】スーパーファイトの結果

プリーストカップでスーパーファイトとして行われた時間無制限&一本決着のみのTIFルールでの試合は紫、茶、黒帯の3試合が収録用に組まれました。

この中で通常のトーナメント開始前に行われたのがアンデルソン・タカハシvs有川大介の茶帯マッチです。

アンデルソンは今大会の3日後にヨーロピアン遠征を控えてるためになるべく早く帰りたい、とのことでAマットの第0試合という試合順でした。


01
TIFルール・茶帯スーパーファイト
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
有川大介(ボルケーノ柔術)
鹿児島県初のプロシューターとして知られる有川選手。
プロシューターらしい極めの強さを見せ、腕十字を仕掛ける場面も。



続きを読む

2014年01月20日

【大会結果】1/19『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO』

フ〓リーストカッフ〓2014東京
1/19(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催された「Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO」の主な結果です。


続きを読む

2014年01月19日

【柔術プリースト】#114:DUMAU SOUTH JAPAN 2013

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは昨年の12/15に九州・佐賀で開催された「DUMAU JSOUTH JAPAN 2013」です。

この大会では国内のトップ選手である塚田市太郎選手、関根爛轡絅譽奪畚┝選手の2人がゲスト参加し、大いに大会を盛り上げました。

塚田選手も関根選手も階級別&無差別にエントリーして九州を代表する強豪選手と真っ向勝負しています。

その階級別&無差別の試合を中心にお送りします!

そしてドゥマウ九州大会の名物(?)のご当地アイドルの井尻アイドルプロジェクト「hipS Ship」のミニライブも特別収録。

ドゥマウ九州大会のテーマ曲『音速Mid Night』を初公開!

こちらもぜひ注目して下さい!


01
関根爛轡絅譽奪畚┝&塚田市太郎



04
hipS Shipが歌うドゥマウ九州大会のテーマ曲『音速Mid Night』を初公開。
これは激レアライブ!



2
BJJテクニックファイルは「ねずみ獲り」という絞め技。
このテクは上からでも下からでも仕掛けられるトリッキーな技です!


■♯114はコチラから!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月18日

【トーナメント表】1/19 『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO』&直前情報

フ〓リーストカッフ〓2014東京
1/19(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する「Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO」のトーナメント表&試合順です。

コチラから!

【スケジュール】

開場時間: 9:00

計量開始: 9:15
※計量が済んだ選手からくじ引き
※開会式開始までの計量に間に合わなかった選手は試合直前計量になります。

開会式 :10:00 
※この開会式の中で「BJJ AWARD 2013」の表彰式も行います。

試合開始:10:30

全試合終了&表彰式終了後に準備が出来次第、収録用のスーパーファイトを開始。

ただし茶帯スーパーファイトのアンデルソン・タカハシvs有川大介のみAマットの第0試合で行います。

【くじ引きについて】
計量が済んだ選手にくじ引き用のコインを渡しますので、それを物販ブースのくじ引きコーナーに出してくじ引きをして下さい。

【賞品リスト】
S賞 柔術衣(KEDYSON提供) 1名様
A賞 DVD各種(フルフォース提供) 5名様
B賞 Tシャツ(Scramble/ブルテリア提供)10名様
C賞 柔術プリースト100回記念Tシャツ(Las Conchas提供)5名様
D賞 Jiu Jitsu NERDキーホルダー 10名様
E賞 柔術プリースト タオル 10名様
F賞 パッチ各種 10名様
G賞 GRACIE MAGAZINE 15名様
H賞 Fight & Life他、雑誌各種 10名様

合計70名以上、約3人に1人に何かしら当たる高確率となってます!

くじの当たり&ハズレに関係なく、参加賞として卓上カレンダーもプレゼント!

出場選手のみなさんはくじ引きをお忘れなく!

なおUSTREAMの生配信はお昼ぐらいから実施予定。

■USTREAMの配信アドレスはコチラから!

ハッシュタグは #jiupri です。

もちろん実況&解説付きで生配信!

実況はセラチェン春山、解説はゲストを多数準備中。

乞うご期待!

そして今大会で開催するスーパーファイトの見どころと表彰式を行う『BJJ AWARD 2013』の受賞者を紹介したフライヤーを急遽製作!

会場内の物販ブースにて「Jiu Jitsu NERD号外」として部数限定で無料配布するので是非ゲットしてください。

またこのフライヤーはダウンロードも可能となっています。

ダウンロード版は以下のリンクから!

■フライヤーのダウンロードはコチラから!


medals
大会メダルも無事に到着!
2014年バージョンはサイズも大きくなってフルカラー版。
優勝〜3位までに入賞した選手全員に贈呈!



そして大会会場にて新発売する『Jiu Jitsu NERD』Vol.2は1冊 500円!

会場に来れない方には道場卸&個人通販もまだまだ受付中!

utf-8 ポスター02-page-001
■内容詳細はコチラから!

■YouTube『Jiu Jitsu NERD Vol.2 発売直前SP』はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2014年01月17日

【新発売】GI revival DVD

gidvd
昨年9月に開催されたプロ柔術「GI revival」のDVD&Blu-rayが発売中です。

サンプルを送って頂いたので早速見たのですが、これは掛け値なしの名作!と断言します。

第1試合からメインイベントのデラヒーバ引退試合まで凡戦がない神懸かり的な好勝負の連続。

好勝負以上の名勝負や歴史に残るであろう試合などが満載で犹邱腑皀里惑笋譴覆き瓩噺世錣譴觝魘瓩世韻法△海譴売れなきゃ何が売れる?!ともいうべき1枚となってます。

個人的にグッときたのは小野瀬vs岡本の衝撃的なフィニッシュの後の小野瀬選手の表情。

さらに大会裏メインと言われた佐々木vs植松のADCC特別ルールの試合やアマゾンvs柿澤の初対決、そして何といってもデラヒーバの引退試合!

世界的な柔術家であるデラヒーバが自らの選手生活の最後の試合の舞台を故郷のブラジルではなく、あえてこの日本を選んだということの歴史的な重みは大きい!

それだけでなく試合内容でも20分間まったくダレることなく緊張感を維持したまま戦い抜いたデラヒーバと中井選手の一挙手一投足はまさに生きた教科書とも言うべきもの。

試合開始直後の流れるようなデラヒーバの引き込みに対し、蹲踞の姿勢でベースを保ち続ける中井選手の動きは教則DVDなどでは学べないでしょう。

そしてデラヒーバが代名詞ともいえるデラヒーバフックとスパイダーガードのコンビネーションから繰り出したスイープはシンプルながら効果絶大。

過去にセミナーで習ったそのままのテクニックをこの場で成功させたデラヒーバ、まさに職人芸でした。

その他にも見るべき部分は多数あるのですが、ここでクドクドと説明するよりもまず見て頂きたい!

このDVDを見ることで得られるものは技術だけでない部分も多いと思います。

ムンジアルやパン選手権など海外の大会DVDもいいですが、いかんせん長時間&高価格になりがちなので、今作のような2時間ちょっとでサクッと見終わるぐらいのもちょうどいいのではないでしょうか。

なんと今作はDVDだけでなくBru-rayでも同時発売されてるので、美麗映像で永久保存したい方はBru-rayがオススメ!

DVDでは2枚組・4000円、Bru-rayは1枚モノ・5000円です。

ブルテリアにも近日入荷予定となっています。

ぜひご購入を!


gidvd
【新発売】
『GROUND IMPACT REVIVAL』
【収録内容】

■第1試合 茶帯フェザー級 BJJルール 6分
鍵山士門 vs 世羅智茂
■第2試合 黒帯ライトフェザー級 BJJルール 6分
山田秀之 vs 江崎 壽
■第3試合 黒帯無差別級契約 BJJルール 6分
新明佑介 vs 鶴屋 浩
■第4試合 黒帯無差別級契約 BJJルール 6分
小野瀬龍也 vs 岡本裕士
■第5試合 黒帯無差別級契約 BJJルール 6分
小澤幸康 vs 塚田市太郎
■第6試合 黒帯無差別級契約 BJJルール 6分
時任拓磨 vs 八隅孝平
■第7試合 66kg契約 ADCC特別ルール 8分
羽田徹ィ郎 vs 松本義彦
■第8試合 アダルト黒帯ライト級 8分
杉江アマゾン大輔 vs 柿澤剛之
■第9試合 ADCC特別ルール 8分 68kg契約
佐々木憂流迦 vs 植松直哉
■第10試合 20分一本勝負(判定無し)
ヒカルド・デラヒーバ vs 中井祐樹
(2013年9月21日 (土)東京・新宿FACE)
【DVD】
片面1層 DVD2枚組
71分+68分 4000円
【Blu-ray】
ブルーレイ1層ディスク1枚組
140分 5000円
■プロモ映像はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】大賀幹夫(43)、瀧澤恵介(39)、カーロス・グレイシーJr(58)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月16日

【Jiu Jitsu NERD】『Vol.2 発売直前SP』USTREAM配信動画

0115
1/19(日)に新発売する100%柔術&グラップリング専門誌「Jiu Jitsu NERD」の通算3号・Vol.2の発売を記念して『Vol.2 発売直前SP』と題してUSTREAMの生配信を行いました。

そのUSTREAMアーカイブ動画と高画質なYouTube版をアップしました。

内容は前半が今週末に開催する「Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO」の最新情報と見どころ解説、後半が「Jiu Jitsu NERD」Vol.2の内容紹介です。

約1時間半、柔術トーク100%でお送りしています。

スーパーファイトを組んだ意図から選手紹介、誌面紹介&取材こぼれ話など今回も濃い目の話がテンコ盛り!

この動画を見れば大会観戦も誌面もより楽しめるのは間違いなし!
ぜひチェックしてみて下さい!

■USTREAMアーカイブはコチラ、YouTube版はコチラから!

「Jiu Jitsu NERD」Vol.2はプリーストカップの会場物販にて1冊500円にて新発売。

その他、ブルテリア、イサミ各店舗、書泉グランデ(神田・神保町)の地下・格闘技&プロレスコーナーでも販売。

また10冊単位の道場卸、1冊単位の通信販売も対応中!

ご注文はメールにて!

reversaling★gmail.com(★を@に変えて下さい)

で、件名に「NERD 購入希望」と入れてお申し込み下さい。

よろしくお願いします!

n3
【1/19 新発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.2 

コンテンツ
【インタビュー】
カート・オシアンダー
ハファ&ギィ・メンデス
マルキーニョス&サトシ・ソウザ
ヘナート・ミグリッシアオ
ホジマール爛肇ーニョ瓮僖螢磧璽譽
無心デザイナー・石塚氏(bladeink)

【大会レポート】
ADCC 2013
アジアオープン
ワールド・マスター&シニア
ヒクソン杯
Tokyo Ippon Festival
DUMAU×6
コパ・ブルテリア&ブルテリア・オープン
プリーストカップ徳島
COPA IF-PROJECT
台湾インターナショナルBJJ NO-GI
GUNMA OPEN
GI revival

【特集】
BJJブロガー座談会「BJJ AWARD 2013」選考会議

【レギュラー】
世界のタタミから
DVDレビュー
柔術鉄道999
BJJアーカイブス



【今日が誕生日の柔術家】細川顕(30)、中山義規



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月15日

高谷コラム:推薦図書「バイタル柔道」

昨年末、数年来絶版となっていた日貿出版社「バイタル柔道」投技編および寝技編が新装改訂・再版された。

言うまでもなく、東京五輪・リオ世界選手権・全日本選手権の3大タイトルを制覇した不世出の柔道家・岡野功による渾身のシリーズ。

柔道選手はもちろん、多くのブラジリアン柔術選手にとっても既読であろうが、今般の再版を機により多くの方に目にふれてほしい名著である。

アントニオ・ホドリコ・ノゲイラが愛読していたことも、記憶されるところだ。

ブラジリアン柔術選手にとって大いに参考となるのは、やはり「寝技編」であろう。

ある程度のレベルに達した柔道選手向けであったため、攻撃パターンといったものに紙面を割き、多くの柔道技術書に見られる抑え込みの形や逃れ方などの技術は割愛されている。

その分、ブラジリアン柔術ならばパスガードやスイープ、サブミッションとカテゴライズ、そのまま用いることも出来る技法が満載である。

加えて、立ち技から巧妙に寝技に持っていくような捨身技術や、「亀」へのアタック法などは、ブラジリアン柔術教則にはあまり掲載されないものであるが、だからこそ大いに参考となるのではないだろうか。

もちろん「投技編」も、大いに推奨されなければならない。

担ぎ技や足技、腰技といった投技だけでなく捨身や返し技、あるいは「脚取り」に関しても極めて実践的。

これもブラジリアン柔術教則では少ない「テイクダウン」技法解説として、ぜひとも取り入れ応用されてほしい。

初版からそれぞれの巻末に掲載されていたコラム、そして今回の新装改訂で付け加えられた柔道競技規則の変遷と岡野功インタビュー。

これらも全ての競技者、そして武人に必読の内容である。

特に、岡野功による「稽古」論は壮絶だ。

今なぜ「バイタル柔道」復活なのか?

実は、この書籍に掲載されている技術のいくつかは近年の柔道競技規則改訂により反則となっている。

幅が狭まっていく柔道競技へのアンチテーゼであろう。

そしてブラジリアン柔術のような、柔道と根を同じくする競技に応用されることも、名著復活の意義であるとも思えるのだ。

(文中敬称略)



t2
昨年12月に新装改訂された「バイタル柔道」投技編と寝技編。
初版はそれぞれ1972年・75年。
約40年に渡って読み継がれている名著である。


t1
2003年に日本スポーツ出版社より刊行された中井祐樹先生による「バイタル柔術」。
そのネーミングは間違いなく「バイタル柔道」のオマージュであろう。




高谷聡(こうたに・さとし)
パラエストラ吉祥寺・代表。
ブラジリアン柔術・黒帯、柔道四段。
JBJJF公認A級審判員。

現CSF(コンバット・サブミッション・ファイティング)王者。
CSF王座は2007年6/1、ニュージーランド、オークランド、トラスト・スタジアムにて前王者、ニール・スウェイルスと戦い、これを延長戦の末にポイント判定で降し王座獲得。
王座獲得の後、2年ぶりに王座防衛戦を行い、激戦の末に王座防衛を果たす。(2009年5月)
★CSF王座防衛戦の様子はコチラから!
★CSF王座獲得のの詳細は2007年06月01日のこのブログのニュージーランド編を参照のこと。
☆ニュージーランド編はコチラ、画像はコチラ

★著者経歴
・昭和45年2月11日生まれ、43才(独身)
・昭和57年、12才で武道を始める。
・昭和59年、合気道初段。
・昭和61年、16才で柔道に転じ以降、高校・大学・実業団にて選手として出場。
・現在は母校の柔道部監督を務める。
・平成7年、柔道4段取得。
・実業団所属時代、鈴木道場サンボクラスに入門、初段を取得。
・平成9年、鈴木道場サンボクラスに出稽古の中井祐樹先生と知り合う。
・同年末に開設されたパラエストラ東京(当時パレストラ東京)に入門、ブラジリアン柔術を始める。
・平成13年、パラエストラ吉祥寺を設立。
・平成17年、ブラジリアン柔術の黒帯を取得。
・好きな女優は池脇千鶴、おニャン子クラブでは白石麻子が好きだった。

★高谷さんの人気コラムシリーズはコチラから、ブログはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】レーザ・モンファラディ、アレッシャンドレ・フランカ・ノゲイラ(36)、エルビス・マチャド(36)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月14日

【告知】『Jiu Jitsu NERD Vol.2』1/19発売!

n3
2013年・春に創刊した『Jiu Jitsu NERD』の通算3号目となるVol.2を1/19(日)に新発売します。

今回も試合レポート、インタビュー満載で前号よりもボリュームアップの全64ページ!

この64ページってのは中綴じの最大ページ数。

これ以上のページ数になると平綴じになり大幅にコストアップしてしまうので、なんとかこのページ数に収めました。

インタビューは大幅ページ増で読み応え充分!

まず表紙にもなったカート・オシアンダーにメンデス兄弟&ソウザ兄弟、さらにトッキーニョにヘナート・ミグリッシアオなど日本初インタビューの選手も!

このインタビューページの中で一際異彩を放ってるのがミグリッシアオ。

ミグリッシアオって誰?って思う人も多いかもしれませんが、このミグリッシアオこそ、かのコブリンヤに黒帯になって初めて黒星を付けた男なのです!

まさにNERD瓩蕕靴ぅ潺哀螢奪轡▲のインタビュー、なぜいまミグリッシアオなのか?から触れてますので、ぜひご一読を。


02
倏血メタル親父
カート・オシアンダー


03
狃法再来日
ハファ&ギィ・メンデス


04
犒稙阿2013年を振り返る
マルキーニョス&サトシ・ソウザ


05
狎鑿砲離辧璽襯侫奪
ホジマー爛肇ーニョ瓮僖螢磧璽譽


06
爛灰屮螢鵐笋望,辰臣豊
ヘナート・ミグリッシアオ




大会レポは前号を出したのが7月なので、それ以降の主要大会をフォローし、その全ページを橋本欽也が担当。

自分が実際に足を運び、現地で写真を撮り、見て感じたことをレポートしてます。

今回も日本のみならずLA、北京、台湾と海外大会も網羅。

国内も東京・大阪・愛知の他に徳島、群馬、佐賀・浜松など地方都市での大会もあります。

07
2年に1度のADCC本戦は各階級決勝戦とスーパーファイトを完全カバー。
女子で3位に入賞した山本聖子選手のインタビューも!



08
メダリストを多数輩出したワールド・マスター&シニア。
試合レポ以外にも日本から参戦した選手の全試合結果を掲載。



09
今回から毎年開催となったアジアオープン。
アジアで唯一のIBJJF主催大会を完全レポート!



10
メンデス兄弟が参戦したヒクソン杯。
MMAデビューから柔術復帰したサトシも出場!




その他、特集としてBJJブロガー座談会・BJJ AWARD 2013選考会、レギュラーの「世界のタタミから」「DVDレビュー」もあります。

が、Vol.0とVol.1であった「柔術Tシャツコレクション」と「黒帯名鑑」は今回はなし!

なぜかというとページ数を間違えてしまい、64ページを超えてしまったために泣く泣く次号回しとなってしまいました。

ページはすでに出来てたのですが、平綴じ&追加料金回避のために仕方ない。

なので全64ページに入れられるだけ入れた情報満載&濃密な1冊となっております。

もちろん今回もオールカラー!

それでもお値段据え置きの1冊500円!

『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO』の試合会場で先行販売。

その後、ブルテリア、イサミ各店舗、書泉グランデでも発売されます。

またいつものように10冊単位での道場卸もあります。

10冊購入で10%OFFの4500円&送料無料、さらに10冊ごとに1枚、非売品の特製パッチをプレゼント!

道場卸ご希望の方はメールでお申し込み下さい。

1冊単位での購入も可能ですが、その場合は送料として80円がかかります。

ご注文はメールにて!

メアドは

reversaling★gmail.com(★を@に変えて下さい)

で、件名に「NERD 購入希望」と入れてお申し込み下さい。

採算度外視で作っている渾身の1冊なので、一人でも多くの方に読んで頂きたいと思っています。

ぜひご購入を!


n3
【新発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.2 

コンテンツ
【インタビュー】
カート・オシアンダー
ハファ&ギィ・メンデス
マルキーニョス&サトシ・ソウザ
ヘナート・ミグリッシアオ
ホジマール爛肇ーニョ瓮僖螢磧璽譽
無心デザイナー・石塚氏(bladeink)

【大会レポート】
ADCC 2013
アジアオープン
ワールド・マスター&シニア
ヒクソン杯
Tokyo Ippon Festival
DUMAU×6
コパ・ブルテリア&ブルテリア・オープン
プリーストカップ徳島
COPA IF-PROJECT
台湾インターナショナルBJJ NO-GI
GUNMA OPEN
GI revival

【特集】
BJJブロガー座談会「BJJ AWARD 2013」選考会議

【レギュラー】
世界のタタミから
DVDレビュー
柔術鉄道999
BJJアーカイブス


このVol.2の発売を記念して宣伝を兼ねたUSTREAMを1/15(水)、21:00から生配信します。

参加者は発行人・橋本欽也、デザイナー・森雄大、編集・セラチェン春山の3人です。

配信アドレスはコチラからで、ハッシュタグは #BJJMTG です。

ちなみに上記URLで過去のアーカイブも見れます。

ご意見・ご感想もお待ちしております!



【今日が誕生日の柔術家】寒河江裕(47)、柳沢友也(27)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月13日

【結果】ZST『プロアマGT-F賞金争奪オープントーナメント2014』

0112
1/12(日)、東京・大森のゴールドジムサウス東京ANNEXで開催されたZST事務局/ZSTインターナショナル主催『プロアマGT-F賞金争奪オープントーナメント2014』の主な大会結果です。

■ライト級(70kg以下)優勝
太田裕之(OFC)
※GT-Fトーナメントを過去2回優勝している太田選手が3回目の優勝を果たした。


■フェザー級(65kg以下)優勝
牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)
※準決勝&決勝戦は牧野選手の得意技、ヒールホールドで一本勝ち。


■バンタム級(60kg以下)優勝
嶋田裕太(ネクサセンス)
※1回戦でプロシューターの猿田選手に2-1で判定勝ちすると、準決勝は0:56、アキレス腱固めで一本勝ち、決勝戦も判定3-0で優勝。


■フライ級(55kg以下)優勝
八田亮(ストライプルオハナ)
※八田選手は全試合一本勝ちで優勝。


優勝者は賞金5万円をそれぞれ獲得した。


【今日が誕生日の柔術家】フアン・カイオ(26)、フィリップ・イエマンス(40)、中西数雄(42)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月12日

【明日締め切り】1/19 「Jiu Jistu Priest CUP 2014 TOKYO」

フ〓リーストカッフ〓2014東京
1/19(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する「Jiu Jistu Priest CUP 2014 TOKYO」の最終締め切りが明日の1/13となっています。

明日中に出場申し込みして頂ければ出場可能で、出場費用は階級別のみで5000円、階級別+無差別で6000円です。

続きを読む

【レポ】ブルテリアオープン2013:女子まとめ

ブルテリアオープン2013、最後の試合レポートは女子のトーナメントです。

白帯はアダルト&マスターで複数の試合が行われましたが、青帯と紫帯は階級&アブソの2試合のみの開催でした。

その中から紫、青、白の各1試合ずつをピックアップして紹介します。


01
紫帯アブソルート決勝戦
高野聡美(クラブバーバリアン)
vs
パトリシア・ガナス(小川柔術)
二人とも階級別の試合がなくアブソのみのワンマッチ決勝戦でした。



続きを読む

2014年01月11日

【レポ】ブルテリアオープン2013:アダルト紫帯

ブルテリアオープンのアダルト紫帯では日系ブラジリアンが活躍。

Impacto BJJのツートップのホブソン・タンノ&ヴァンダレイ・タカサキのうち、ヴァンダレイが欠場も代理出場したニウトン・ケイロスが優勝しています。

そんな中、強豪のボヤデイロことジエドレ・サンタナから腕十字を極めて一本勝ちした肥後選手の活躍が光りました。

また台湾からブルテリア・ボンサイに長期柔術留学中のアンドレイも安定した試合ぶりでした。


01
ペナ決勝戦
○ニウトン・ケイロス(Impacto BJJ)
vs
×ヴァグネル・オカダ(小川柔術)
P4-2



続きを読む

2014年01月10日

【レポ】ブルテリアオープン2013:アダルト茶帯

ブルテリアオープンのアダルト茶帯は階級別2階級にアブソルートの3つのトーナメントしか開催されませんでした。

当初、クレベルがエントリーしたレーヴィにはクリスチャン・ブロードナックスというノヴァウニオンの強豪が出場予定でしたが、会場に現れず不戦勝に!

この一戦が実現していたら好勝負は間違いなかっただけに残念でした。


01
ペナ決勝戦
ウェンデウ・オサキ(小川柔術)
vs
ヒロ・ヤマニハ(ボンサイ)
茶帯デビュー戦のウェンデウとヒロの一戦はなぜかペナでの
ワンマッチ決勝戦でした。


続きを読む

2014年01月09日

【レポ】ブルテリアオープン2013:マスター&シニア黒帯

ブルテリアオープンのマスター&シニア黒帯のレポートです。

ここではImpacto BJJ、小川柔術、ボンサイの3チームの対抗戦のような感じで各階級で激戦が展開されました。

その中で活躍したのはヨースキ・ストー(Impacto BJJ)です。

ヨースキはドゥマウの9月大会で微妙なレフェリー判定で敗れたペドロ・アキラ(ボンサイ)と階級&アブソの2連戦で2勝し、そのうち1試合は絞めでタップを奪うという完勝ぶり。

不可解なレフェリー判定で敗れた屈辱を2連勝でリベンジしました。


05
マスター黒帯メジオ級決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto BJJ)
vs
ペドロ・アキラ(ボンサイ)
3:29 送り襟絞めでヨースキが一本勝ち!



続きを読む

2014年01月08日

【柔術プリースト】#113:琉球フリーファイト&COPA IF-PROJECT 二本立て!

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

2014年度の初配信は豪華2本立て!

11月に開催された「琉球フリーファイト」と12月に開催された「COPA IF-PROJECT」の2大会をまとめて紹介します。

琉球フリーファイトは沖縄で開催されているアマ修斗・柔術&グラップリングのアマ大会で修斗の元世界王者・松根良太氏が主催してます。

この大会で行われた茶帯の4人トーナメントと黒帯ワンマッチを見て頂きます。

茶帯トーナメントにはブラジルで7年間も柔術修行をしたアンドレ・ガウヴァオンの茶帯、ワカ・若山が参戦!

黒帯ワンマッチはかのフレジソン・パイシャオンの弟、イヴァン・サカモトが出場!

イヴァンはたぶんこれがメディア初登場では?

自分も昔からその存在は知ってましたが、試合動画は初めて見ました!

遂に秘密のベールを脱いだ未知の強豪、イヴァンの試合ぶりにぜひ注目してください。

さらに「COPA IF-PROJECT」ではマスター茶帯とアダルト紫帯ガロのワンマッチを紹介。

このマスター茶帯のトーナメントで優勝した井上選手がマスター以上の優勝者を対象にした海外航空券の抽選に当選し、2014年のワールド・マスシニに参戦します。

琉球フリーファイト&COPA IFの2大会、どちらも見どころたくさんです!


2
「琉球フリーファイト」の黒帯ワンマッチに出場したイヴァン・サカモト!
遂に秘密のベールを脱いだ未知の強豪!



03
「COPA IF-PROJECT」はマスター茶帯の試合を紹介!



10
さらにアダルト紫帯ガロのワンマッチ決勝戦も!



3
BJJテクニックファイルは村上直が得意技の三角絞めの秘技を
レクチャー!



■#113はコチラから!





フ〓リーストカッフ〓2014東京
【大会告知】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014』
日時:1/19(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!
★出場申し込み・最終締め切りは1/13(月)まで!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠24)、ヴィトー・エスティマ(29)、端智弘(38)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月07日

【ドゥマウ】年間最優秀選手&チーム表彰式

1
ドゥマウの年度最終戦のDUMAU JAPAN CUPの開会式で2013年のドゥマウ年間最優秀選手&チームの表彰式が行われました。

これはドゥマウが独自に行っている無料航空券獲得プログラムのDFC(ドゥマウ・フリーチケット・サーキット)の獲得ポイントを2013年の1年間分を集計して、各帯ごとの1位を選出したものです。

またチームポイントでも総獲得ポイントの1位が最優秀チームとして表彰されています。

表彰された選手にはトロフィーと副賞として柔術衣が贈呈されました。

続きを読む

2014年01月06日

【本日第二次締め切り】1/19「Jiu Jistu Priest CUP 2014」

フ〓リーストカッフ〓2014東京
1/19(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催する「Jiu Jistu Priest CUP 2014」の第二次締め切りが本日1/6となっています。

本日中に出場申し込みして頂くと階級別のみは4000円、階級別+無差別で5000円となっています。

次週、1/13の最終締め切りだとさらに1000円UPの階級別のみで5000円、階級別+無差別で6000円となりますので、出場を検討中の方はこの機会にお申し込みを!

大会参加者全員に非売品ノベルティで卓上カレンダーを贈呈!

さらに参加者全員を対象とした抽選を行い、当選者には協賛各社提供の豪華賞品の数々をプレゼント!

メダルガールは現役アイドルが来て、試合はUSTREMで生配信。

そして柔術プリースト配信用のスーパーファイトでTIFルールの試合を3試合行います。

すでに告知済の黒帯マッチ、嶌崎公次(クラブバーバリアン)vs塚田市太郎(ダムファイトジャパン)の他に、茶帯マッチ&紫帯マッチを組みました。

茶帯マッチはアンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)vs有川大介(ボルケーノ柔術)が決定です。


03
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)



1
有川大介(ボルケーノ柔術)



アンデルソンは昨年夏の第1回目のTIFにも出場し、見事に勝利を収めました。

対する有川選手は鹿児島県初のプロシューターとして知られる九州の強豪選手でボルケーノ柔術の代表兼インストラクター。

柔術の実績では昨年のアジアオープンでアダルト茶帯ペナで3位入賞しており、春のドゥマウ九州大会では2試合連続の一本勝ちで優勝しています。

プロシューターらしい極めの強さが持ち味の有川選手とヨーロピアン参戦を控えたアンデルソンの時間無制限&一本決着オンリーのTIFルールマッチ、ご期待してください!


03
ヨーロピアン参戦前のスーパーファイト出場のアンデルソン。
ここですっきり一本勝ちして弾みをつけたいところでしょう。



02
はるばる九州・鹿児島から参戦の有川選手。
アジアオープン以来の柔術マッチに挑みます。




フ〓リーストカッフ〓2014東京
【本日第二次締め切り】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014』
日時:1/19(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■詳細はコチラから!
★今日までの申し込みで出場費用が4000円!



【今日が誕生日の柔術家】ウィルソン・ヘイス(29)


©Bull Terrier Fight Gear


2014年01月05日

【レポ】12/22 DUMAU JAPAN CUP 2013:アダルト紫帯&女子

「DUMAU JAPAN CUP 2013」の試合後の試合レポはアダルト紫帯と女子をまとめて紹介します。

いま紫帯にはガロの杉本選手、ペナの爛僖鵐董璽薛瓩海肇凜.鵐瀬譽ぁ▲譟璽凜の爛轡絅轡祗瓩海肇曠屮愁鵑肇疋ゥ泪Δ両鈩∩手がほぼ毎大会出場&好成績を残しています。

今大会にもこの3選手は出場しており好勝負を展開しました。

また女子では決勝戦のほとんどが一本決着の連続で見応え充分でした。


01
アダルト紫帯ガロ決勝戦
○杉本寛樹(AXIS千葉)
vs
×赤堀祥一(ストライプル)



続きを読む

2014年01月04日

【レポ】ブルテリアオープン2013:黒帯アブソルート

黒帯階級別に続いて行われたアブソルートのトーナメント。

残念ながら杉江選手は欠場となりましたが、ジョオア&パウロは揃って出場。

さらにこれが黒帯デビュー戦となるサダ・クリモリも無差別のみにエントリーしており見どころ満載。

ミヤオ兄弟&サダ絡みの対戦はどれも注目試合といっていいでしょう。


01
1回戦
パウロ・ミヤオ(Impacto BJJ)
vs
中塚靖人(Me,We)
先週のドゥマウでは同じトーナメントに入るも初戦敗退で対戦できなかった
中塚選手がパウロと初対戦。
ポジションを奪われ極めを狙われ続けるも最後まで凌ぎきるもP12-0で完敗。


続きを読む

2014年01月03日

【レポ】ブルテリアオープン2013:黒帯階級別

今大会では当初ジョアオ・ミヤオはプルーマにエントリーしていましたが、パウロが「アマゾンと戦う」ためにメジオに階級アップして移ったために、ジョアオも同じく階級アップでペナに変更して参戦することになりました。

階級変更の時点でプルーマにエントリーがなかったのも理由の1つでしたが、これによりジョアオvs日本人選手の初顔合わせが多く実現!

今回ペナに参戦した日本人選手は誰と当たっても初対戦となります。


01
1回戦
ジョアオ・ミヤオ(Impacto BJJ)
vs
中塚靖人(Me,We)
序盤からジョアオのアタックを凌ぐので精一杯だった中塚選手。
ポジションを奪われつつも極めだけは許さず。


続きを読む