English Portugues Japanese

2014年02月

2014年02月28日

【レポ】XI COPA DUMAU:アダルト黒ペナ

アダルト黒ペナにはドゥマウ常連の3選手、塚田・加古・小山の3選手のみのエントリーでした。

塚田&加古の両選手は今大会の1週間前の浅草大会にも出場しており、この「大会があれば出る」という積極性でドゥマウはほぼレギュラーで出場中です。

逆にこのレギュラー参戦の選手以外のエントリーが少なく、毎回のように同じ顔合わせの対戦が続いています。

なので誰と当たっても互いに手の内を知り尽くしているだけに、逆にやりづらい部分もあるかもしれません。


01
アダルト黒帯ペナ1回戦
加古拓渡(GSB)
vs
小山貴之(福住柔術)



続きを読む

2014年02月27日

【レポ】XI COPA DUMAU:アダルト黒メジオ&アブソルート

2/23(日)、愛知県半田市の青山記念武道館で開催されたコパ・ドゥマウは今回で11回目の開催です。

日本各地で大会を開催しているドゥマウですが、その中でも参加者数・規模ともに最大なのがこの愛知県大会。

2、5、9月と年に3回開催されていますが、そのどれもが500人規模の大会となっています。

今大会ではアダルト黒帯はやや少なめでしたが、逆にマスターやシニアの黒帯で多くの試合が行われており、中部地区の道場代表クラスがこぞって試合に出場してるのも特筆すべきことでしょう。

Impactoからはヨースキ、アサダ、バトレが、小川柔術からオガワ、ホシャからもホジェリオと道場代表自ら試合に出て生徒の士気を挙げているのは日系ブラジリアン系アカデミーならでは。

こういった点は日本勢も見習うべき点ではないでしょうか。

そんなドゥマウ愛知大会から昨年末に黒帯昇格を果たしたサダ・クリモリが活躍したアダルト黒帯のメジオ&アブソルートから紹介します。


01
ヨーロピアンから帰国後、約一ヶ月ぶりの試合に挑んだサダ・クリモリ(Impacto)。
メイオペサードに対戦相手がいなかったためにメジオに出場。
そのため1週間で7kgもの減量があったそうです。


続きを読む

2014年02月26日

【大会】今後の大会予定

これから開催される主な大会を紹介します。

いつものことながら、ほぼ毎週のように大会が開催されており、特に5月は東京で毎週日曜日に大会があるという過密スケジュール!

出る側からしたら自分の都合に合わせて出る大会を選べるのはいいのですが、1大会あたりの参加者減少は免れないだけに、そこは悩みどころかもしれません。


【3月】
0301
『OKINAWA CHAMPIONSHIP GI/NO-GI 2014』
日時:3/1(土)
会場:コザ武道館(沖縄市)
■大会詳細不明



続きを読む

2014年02月25日

【柔術プリースト】#119:Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは前回に引き続き1/19に開催した「Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO」から一般トーナメントの試合の数々を紹介します。

今大会では茶帯&黒帯、女子とMMAで活躍中の選手が多数参戦しており、中でも修斗の現役世界王者である弘中邦佳選手(マスタージャパン)が出場したのは大きな話題となりました。

茶帯では某覆面格闘家の狠羶鉢瓩箸い錣譴覺愃爛轡絅譽奪畚┝選手(ボンサイ)、女子では現役MMAファイターの魅津希こと井上瑞樹選手(白心会)、SARAMIこと高野聡美選手(クラブバーバリアン)がエントリー。

どの選手もメインはMMAながら柔術でも見事に結果を残したのは特筆に値するでしょう。

そんな中、ピュア柔術家の加古拓渡選手(GSB)が弘中選手と真っ向勝負したアダルト黒帯アブソルート級の一戦は緊張感漲るベストバウト!

10分間をフルに使ったハイレベルな技術戦は見応え十分です。

この回も1時間超えの長尺ですが、どの試合も必見な熱戦続きなのでぜひ最後まで見て頂きたいと思います!


01
弘中vs加古のアダルト黒帯アブソルート決勝戦。
互いの技術を駆使した高度な技術戦は必見!



07
関根爛轡絅譽奪畚┝選手の試合は階級別&無差別の3試合を完全配信!



10
女子MMAのトップファイター、魅津希こと井上瑞樹選手。
プロ選手らしい極めの強さを見せて一本勝ち。



11
プロのリングではSARAMIのリングネームで活躍中の高野聡美選手。
12月末のブルテリアオープンに続き、2ヶ月連続の柔術参戦。



2
BJJテクニックファイルはエジソン・カゴハラが初登場。
意外と教え上手なエジソンの初の教則動画です!



■#119はコチラから!





毎回恒例、スポンサー募集のお知らせです!

現在制作費高騰による存続の危機に直面中の柔術プリースト。

ほぼ毎週配信中の柔術プリーストのスポンサーをしてみませんか?

月1万円〜受付中で、金額&内容とも応・相談なので興味がある方はぜひご連絡を!

メールアドレスは reversaling@gmail.com(@が小文字)です。

ご検討、よろしくお願いします!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



oki
【大会】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 OKINAWA』
日時:4/13(日)
会場:未定(那覇を予定)
柔術&グラップリングを同時開催。
■大会詳細は決まり次第告知します。



【今日が誕生日の柔術家】キーナン・コーネリアス(22)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年02月24日

【結果】『XI COPA DUMAU DE JIU JITSU 2014』主な結果

03
2/23(日)、愛知県半田市の青山記念武道館で開催されたドゥマウ主催「XI COPA DUMAU DE JIU JITSU 2014」の主な結果です。


続きを読む

2014年02月23日

【発売中】『Fight & Life』最新号にヨーロピアンレポ・橋本欽也インタビュー他、掲載

FL41cover02
本日発売の格闘技雑誌『Fight & Life』に柔術関連記事が掲載されています。

『Fight & Life』には毎号寄稿させて頂いてますが、今号ではヨーロピアンの大会レポートの他に自分のインタビューも掲載して頂いてます。

選手ではない自分のインタビューはヨーロピアンでの優勝と黒帯昇格記念として行われたもので、仮にヨーロピアン優勝だけ、黒帯昇格だけでは掲載されることはなかったでしょう。

このインタビューでは自分の柔術歴15年で感じたことや自身の柔術観、練習方法などを話させてもらいました。

バリバリの競技者ではない41歳の中年柔術家がいかにして試合出場をし、日々の練習に取り組んでるかなど、ある意味犲駝柔術家瓩僚製僖薀ぅ侫好織ぅ襪論い涼翡柔術家には共感してもらえる部分も多々あるかと思います。

ぜひご一読頂けたら幸いです。

さらにポルトガル・リスボンで開催されたヨーロピアン選手権での日本人選手の試合ぶりもレポート。

国際大会では苦戦が続く日本勢ですが、今大会ではマスターで日系ブラジリアンが大奮闘し日本に多くのメダルを持ち帰りました。

そんな活躍ぶりをカラー2ページで掲載してます。

こちらも要チェック!

さらに自分の担当ページではないですが、日本人初のブラジレイロ王者である爛澄璽轡洵瓩海氾菘塚澗請手(ネクサセンス)のインタビューも。

いま格闘技雑誌で日本人柔術家のインタビューが掲載されることはそう多くないので、これは貴重な記事と言えるでしょう。

その他にも柔術茶帯の平野厚雄氏が取り組む発達障害を知ってもらうための活動レポートや、グラップリング大会を開催予定の新組織D-NETの主要メンバーのインタビューも。

今号はいつになく柔術愛好家にとっても興味深い1冊になっている『Fight & Life』最新号、ぜひご購入を!


FL41cover02
【本日発売】
『Fight & Life』最新号 Vol.41
定価 880円で好評発売中!
■詳細はコチラから、購入はコチラから!





【今日が誕生日の柔術家】マリオ・ヘイス(34)、ヴァリッジ・イズマイウ(46)、小林元和(38)、山本大気



©Bull Terrier Fight Gear


2014年02月22日

【レポ】『DUMAU TOKYO 2014』紫帯&女子の試合

紫帯ではいま最も勢いのある選手ともいうべき爛轡絅轡祗瓩海肇曠屮愁鵝Ε織鵐痢Impacto)が圧倒的な強さで2階級制覇を達成。

相変わらずの極めの強さで階級&無差別で1試合を除いて一本勝利しています。

またガロとメジオでMMAファイターの小塚選手(ガロ)と福本選手(メジオ)が参戦、ともに勝利しており最近のMMAファイターが柔術参戦した時の苦戦イメージを払拭する活躍を見せました。


01
アダルト紫帯ガロ決勝戦
○小塚誠司(Freedom@Oz)
vs
×ジウソン・ソネ(Infight)
6:40 腕十字



続きを読む

2014年02月21日

【レポ】「DUMAU TOKYO 2014」茶帯の試合

今大会の茶帯にはシンガポールからシェイン・スズキとヴィンス・タンの2選手がエントリーしていましたが、大雪の影響で来日が1日遅れて試合に間に合わず。

無念の欠場となり、目玉カードの実現は翌週のドゥマウ愛知大会に持ち越しとなってしまいました。

ですがプロシューターとして活躍中の石橋圭太選手(Duroジム)が参戦し、MMAファイターらしい極めの強さを発揮して活躍し、茶帯カテゴリーに新風を吹かせています。


01
アダルト茶帯ペナ1回戦
○田井達也(ラグナロク柔術)
vs
×ジエメルソン・ハッタ(Over Limit BJJ)
P2-0



続きを読む

2014年02月20日

【レポ】『DUMAU TOKYO 2014』黒帯の試合

ドゥマウ浅草大会の黒帯の試合は階級別3試合とアブソ4試合の計7試合のみと、いつもの大会に比べるとやや少ない感じでした。

しかも東京で行われている大会なのに地方から参戦してきた選手が過半数を占めているという状況。

黒帯の絶対数は他の地方よりも東京の方が多いと思われるだけに、これはどうしたことでしょうか。

今大会に出場した塚田選手は群馬県前橋市在住で、前夜の大雪の影響で車での移動ができずに自宅から最寄駅まで車で30分の距離を徒歩5時間をかけて会場入り!

そこまでして試合に出なくてもいいのでは?との問いに「せっかくエントリーしたんだから出ないと。相手に不戦勝で勝たせるのはシャクなんで!」との返答。

このガッツには感服する他ありません。


01
アダルト黒帯アブソルート1回戦
○加古拓渡(GSB)
vs
×新井雄一(ねわざワールド)
P4-2



続きを読む

2014年02月19日

【柔術プリースト】#118:プリーストカップ・スーパーファイト

0
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのはこの番組の冠大会「Jiu Jitsu Priest CUP 2014 TOKYO」から、スーパーファイトの3試合&キッズ団体戦をお送りします。

キッズ団体戦はパラエストラ小岩vsInfight JAPANの3vs3でキッズならではのイキのいい試合ぶりを見せてくれてます。

スーパーファイトは時間無制限&一本決着のみのTIFルールで行った3試合で紫帯、茶帯、黒帯の3試合をマッチメイク。

紫帯は石井拓(Art of Jiu Jitsu)vs杉本寛樹(AXIS千葉)の日米ガロ級のトップ選手之初対決、茶帯はアンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)vs有川大介(ボルケーノ柔術)の狃製vsMMA瓠△修靴胴帯では過去に何度も対戦している嶌崎公次(クラブバーバリアン)vs塚田市太郎(ダムファイトジャパン)のノンストップマッチ!

どの試合も見どころ充分な試合ですが、中でも特筆モノだったのは紫帯の石井vs杉本の一戦でしょう。

時間無制限ならではの44分にも及ぶ攻防はまさに激闘と呼ぶにふさわしい試合でした。

基本に忠実な柔術が信条でクローズドガードから試合を作っていく杉本選手に対し、メンデス兄弟直伝のモダン柔術テクを駆使して攻めまくるアグレッシブな石井選手という対照的な選手同士の試合、ぜひ見てもらいたい!

もちろん茶帯&黒帯の試合も「柔術=極め」というのを体現している素晴らしい試合となっているので、こちらも必見です。


07
TIFルール・紫帯スーパーファイト
石井拓(Art of Jiu Jitsu)
vs
杉本寛樹(AXIS千葉)
日米の紫帯ガロ級のトップ選手同士の初対戦!



02
TIFルール・茶帯スーパーファイト
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
有川大介(ボルケーノ柔術)
茶帯トップのアンデルソンに挑む鹿児島県初のプロシューター・有川選手の一戦!



13
TIFルール・黒帯スーパーファイト
嶌崎公次(クラブバーバリアン)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
過去に何度も対戦している両者の試合は好勝負必至のアグレッシブマッチ!



q
キッズ団体戦はパラエストラ小岩vsInfight JAPANの3vs3。
急遽決まったこの団体戦、キッズならではのイキのいい試合ぶりが見れます。



1
BJJテクニックファイルは塚田市太郎選手の最終回。
今回はパスガードからのバックポジションをレクチャーしてくれてます!



3
収録初参加の女子プロレスラーの加藤悠さんと、ゲスト解説の杉本寛樹選手。
珍しいメンツで収録した柔術プリースト、ぜひチェックを!


コチラから!




そんな柔術プリースト、現在制作費高騰による存続の危機に直面中。

定期的に訪れる存続の危機を救うのは新スポンサーの獲得しかない!ってことで新スポンサー様を大々的に募集中。

月1万円〜受付中で、金額&内容とも応・相談なので興味がある方はぜひご連絡を!

メールアドレスは reversaling@gmail.com(@が小文字)です。

ご検討、よろしくお願いします!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!


00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】エルベシオ・ペナ(53)、エンドレア・エンディ(23)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年02月18日

【動画】2/16『DUMAU JIU JITSU TOKYO CHAMPIONSHIP 2014』

2/16(日)に東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたドゥマウ主催『DUMAU JIU JITSU TOKYO CHAMPIONSHIP 2014』の試合動画をアップしました。

もともとドゥマウは柔術プリーストのスポンサーでほぼ全大会で大会配信用素材として動画撮影していましたが、プリースト本編で使用しない素材はそのままお蔵入りになっていました。

実際に過去大会で配信していない大会や試合は多くあり、埋もれたままになってしまっているのが現状です。

なので今年からは収録した試合を厳選してYouTubeにアップしていこう、ということになりました。

いまアップされてるものは撮って出しの未編集のものですが、将来的にはタイトルやロゴなども入れてドゥマウ公式チャンネルとしてまとめていくプランもあります。

まずその足掛かりとしていくつかの主要試合を公開してるので、ぜひ見てみて下さい!


06
アダルト黒帯ペナ決勝戦
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
vs
加古拓渡(GSB)
コチラから!



続きを読む

2014年02月17日

【結果】2/16『DUMAU JIU JITSU TOKYO CHAMPIONSHIP 2014』

02
2/16(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたドゥマウ主催『DUMAU JIU JITSU TOKYO CHAMPIONSHIP 2014』の主な結果です。


【アダルト黒帯】
01
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto)
準優勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
3 位 加古拓渡(GSB)、塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



続きを読む

2014年02月16日

【レポ】WPJJC 2014 日本予選:女子の試合

女子の試合は紫帯が行われずに茶帯と白・青帯のみでした。

茶帯は階級別は-66kgのみ1階級とアブソルートで、その-66kgも実際は軽い選手があえて階級アップしてエントリーして4人が揃うという状況。

なので階級別に出場した4選手がそのままアブソにも出場してトラベルパック獲得可能なトーナメントが成立したのでした。

青帯は本来はガロ級のケシア・タケウチ(小川柔術)が体格のハンデを感じさせずに階級&アブソで優勝。

ヨーロピアンに続く国際大会への出場を決めています。


01
-66kg1回戦
イザベレ・ソウザ(Impacto)
vs
湯浅麗歌子(パラエストラ品川)
ライバル関係にある両者はともに茶帯デビュー戦。
2年前のアジアオープン以来の対戦はイザがP4-2で勝利。



続きを読む

2014年02月15日

【レポ】WPJJC 2014 日本予選:紫帯の試合

今大会から各国の予選の規定が変更になって「予選が行われる国の国籍がある選手のみ出場可能」という規定が撤廃されました。

そのために今大会にも韓国やオーストラリア、ポーランドから選手が出場しており、日本予選なのに韓国vsポーランドやアメリカvsオーストラリアという対戦も。

そんな海外勢の中で突出した実力を見せたのがポーランドから単身来日して出場したジェラルド・ラビンスキー(コパカバーナ)です。

ジェラルドは階級別&軽量級アブソで優勝し2冠に輝き、トラベルパックを獲得、本戦行きを決めています。

かなりの強さでしたが、それもそのはずで去年は青帯でヨーロピアン優勝、パン&ムンジアルで準優勝をしている強豪。

紫帯1年目とはいえすでにトップクラスの実力を持ち、しかもまだ20歳という若さ!

この選手は今後も活躍するのは間違いないので今からチェックしておく必要がありそうです。


02
ジェラルド・ラビンスキー(コパカバーナ)は80kg&軽量級アブソで優勝。
今大会に出場した紫帯の中で突出した実力を見せました。


続きを読む

2014年02月14日

【レポ】WPJJC 2014 日本予選:茶帯の試合

WPJJC 2014 日本予選の茶帯は過去の本戦でも実績を残しているクレベル・コイケと関根爛轡絅譽奪畚┝のブルテリア・ボンサイの2選手が下馬評通りの活躍をしました。

クレベルが-88kg軽量級アブソと+88kg重量級アブソの2階級を制して本戦行きのトラベルパックを獲得しています。

ですがクレベル&シュレックも階級別トーナメントでは意外な苦戦をしており、クレベルは最後は一本で極める逆転勝ちでシュレックはまさかの敗北で国内2敗目を喫しての3位に。

そんな不調を感じさせる試合内容でも続くアブソルートではきっちりと優勝するのはさすがという他ありません。


10
-76kg級決勝戦
クレベル・コイケ(ボンサイ)
vs
ユンホ・ジヨン/Yune Ho Jeong(マチャドJJコリア)
ワンマッチ決勝だったこの階級、対戦相手の韓国人のユンホは
2011年の本戦で青帯3位の選手。
あっさり勝つかと思いや意外と苦戦し、最後の最後で絞めで一本。


続きを読む

2014年02月13日

【レポ】WPJJC 2014 日本予選:黒帯決勝戦

2/8(土)、東京・武蔵野市の武蔵野総合体育館で開催されたJJFJ主催「WPJJC 2014 日本予選」の黒帯決勝戦。

今大会はWPJJCルールに準じるために黒帯の試合でも6分という試合時間で行われています。

階級は-64kg、-70kg、-76kg、-88kgの4階級で、今回から4人以下のトーナメントではトラベルパックが獲得できないという改悪とも取れる規定が施行されました。

なのでエントリーが少ない階級の選手はあえて階級アップしたり、道場内の他の黒帯をエントリーっせたりと苦心したようです。


01
-64kg決勝戦
加古拓渡(GSB)
vs
富田仁之(PUREBRED大宮)


続きを読む

2014年02月12日

【結果】2/9 DUMAU KANSAI OPEN 2014:主な結果

01
2/9(日)、大阪・吹田市の吹田市武道館で開催されたドゥマウ主催「DUMAU KANSAI OPEN 2014」の主な結果です。


続きを読む

2014年02月11日

【高谷コラム】全日本サンボ選手権大会にみる、サンボ×柔道×ブラジリアン柔術・スタイル

2月9日(日)、神奈川県・横浜市南スポーツセンターにて「プーチン大統領杯・第40回全日本サンボ選手権大会」が行われた。

奇しくもこの日、当のプーチン大統領は冬季五輪の行われているロシアにおいて、日本の阿部首相と会談中であったという。

今大会、パラエストラネットワークから唯一出場していた74キロ級・渡部拳士郎選手(パラエストラ吉祥寺)は優勝を果たした。

4試合中3つがサブミッションによる一本勝ちという万全の内容であった。

柔道のキャリアを積んだ後、昨年よりブラジリアン柔術に転じ、現在青帯を巻いている選手である。

また、68キロ級で連覇を果たし、大会MVPとなった江藤康太(東海大学)という選手がいる。

「サンボゴリラ」とも呼ばれる彼は、全日本学生3位の柔道選手。

実はこの両選手、あるいは他の階級での優勝・入賞者の何名かは、同じ場所でサンボを学ぶ「同門」でもある。

渡部選手が所属しているパラエストラ吉祥寺道場では約1年半前から週一回、かつてはサンボの殿堂スポーツ会館にて開講されていたスクール・現SKアカデミーによるサンボクラスが行われている。

講師はサンボインストラクター・安藤嘉友先生。

この時間にはSKアカデミーのサンビストはもちろん、渡部選手以外にも多くの柔術選手、そして江藤選手ら東海大学などの柔道選手が一同に会して、サンボをメインにしながらも柔術・柔道との技術交流を行っている。

また時にはレスラーやMMA選手の顔が見えたりもする。

その思想は、時に柔術・柔道への応用を考えた「絞めあり」サンボ・スパーリングを実施したりもするのだ。

渡部・江藤両選手以外にも、今回優勝した62キロ級・駒杵選手、90キロ級・上原選手、100キロ以上級・岡選手といったメンバーも顔を出す。

いわば、この「チーム」から5階級を取ったとも言える。

また、この練習に初期から参加して積極的に技術を吸収してきた東海大学浦安高校柔道部の前田宗哉選手は昨年2つの大会において全国高校柔道個人チャンピオンに輝いた。

ブラジリアン柔術選手たちも、確実にコンペティションでの成果を挙げている。

以上、筆者が主催する道場でのエピソートであり手前味噌ではあったが、確実にサンボ・柔道・ブラジリアン柔術は相互の交流が有益な競技群である。

今回の「プーチン杯」の現場において、改めて痛感した。

ブラジリアン柔術を指導する立場としても、ぜひ多くの柔術選手がサンボ・柔道の技術を研究し、取り入れて欲しいと考えている。


1
今回の「プーチン杯」において74キロ級優勝の
渡部拳士郎選手(パラエストラ吉祥寺・右)。
昨年12月の「COPA IF-PROJECT」アダルト白帯ライト級優勝の後、
青帯へと昇格した柔術選手である。


2
「プーチン杯」68キロ級連覇の「サンボゴリラ」江藤康太選手(東海大学)。
昨年の世界大会でも5位に入るなど、いまや日本サンボの顔でもある。
さらに柔道・サンボにとどまらずブラジリアン柔術技術の研究にも貪欲に
取り組んでおり、柔術への参戦も待たれるところだ。



3
「プーチン杯」3日前の、パラエストラ吉祥寺におけるSKサンボクラスの参加メンバー。
写真中央、中腰なのが安藤嘉友先生。



4
「プーチン杯」開会式の模様。
会場の神奈川県・横浜市南スポーツセンターは、スポーツ会館なき後の
日本サンボにおける「台東リバーサイドスポーツセンター」であるとも言えよう。







高谷聡(こうたに・さとし)
パラエストラ吉祥寺・代表。
ブラジリアン柔術・黒帯、柔道四段。
JBJJF公認A級審判員。

現CSF(コンバット・サブミッション・ファイティング)王者。
CSF王座は2007年6/1、ニュージーランド、オークランド、トラスト・スタジアムにて前王者、ニール・スウェイルスと戦い、これを延長戦の末にポイント判定で降し王座獲得。
王座獲得の後、2年ぶりに王座防衛戦を行い、激戦の末に王座防衛を果たす。(2009年5月)
★CSF王座防衛戦の様子はコチラから!
★CSF王座獲得のの詳細は2007年06月01日のこのブログのニュージーランド編を参照のこと。
☆ニュージーランド編はコチラから!

★著者経歴
・昭和45年2月11日生まれ、44才(独身)
・昭和57年、12才で武道を始める。
・昭和59年、合気道初段。
・昭和61年、16才で柔道に転じ以降、高校・大学・実業団にて選手として出場。
・現在は母校の柔道部監督を務める。
・平成7年、柔道4段取得。
・実業団所属時代、鈴木道場サンボクラスに入門、初段を取得。
・平成9年、鈴木道場サンボクラスに出稽古の中井祐樹先生と知り合う。
・同年末に開設されたパラエストラ東京(当時パレストラ東京)に入門、ブラジリアン柔術を始める。
・平成13年、パラエストラ吉祥寺を設立。
・平成17年、ブラジリアン柔術の黒帯を取得。
・好きな女優は池脇千鶴、おニャン子クラブでは白石麻子が好きだった。

★高谷さんの人気コラムシリーズはコチラから、ブログはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】高谷聡(44)、クロン・グレイシー(26)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年02月10日

【柔術プリースト】#117:ブルテリアオープン2013 Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは前回に引き続きブルテリアオープン2013のPart.2です。

前回配信分では黒帯階級別&茶帯でしたが、今回は黒帯アブソルートと紫帯&女子のまとめ。

黒帯アブソルートはまたもミヤオ兄弟が大活躍で国内トップ黒帯たちを次々と撃破して勝ち進んでいます。

ミヤオ兄弟の代名詞であるベリンボロを駆使しての試合は試合動画ではありますが教則動画といってもいいほどで、ほぼ毎試合で繰り出されているので、これを見ればベリンボロ研究に最適。

前々回のドゥマウジャパンカップと前回のブルテリアオープン・パート1、そして今回のパート2でパウロとジョアオが昨年末に来日した際の試合の数々は完全収録なので、資料的価値も高いはず!

なにげにミヤオ兄弟の日本での試合映像は初来日のドゥマウ2連戦、2回目の来日のドゥマウ・プロチャレンジ&アジアオープン、3回目の今回とすべて残ってます。

この中でお蔵入り中のプロチャレンジ以外はこの柔術プリーストの過去アーカイブか螢侫襯侫ース製作のDVDで見られます。

特に初来日だったドゥマウ伊勢崎大会の回は現在5万8千回以上の再生数という異常人気!

数ある柔術プリーストの過去アーカイブの中でもダントツ1位の再生数の人気エピソードです。

■柔術プリースト#69 DUMAU伊勢崎大会はコチラら!

さらに海外大会でもヨーロピアン、パン選手権、ワールドプロなどの主要大会の映像は柔術プリーストで配信してるので、そちらもぜひチェックして頂きたいと思います!


01
パウロ・ミヤオはvs中塚、vs加古の2試合を収録。
vs中塚戦での中塚選手の異常にカタいディフェンスは必見!


05
ジョアオ・ミヤオはvsジュニオール・モレノ、vs塚田市太郎、vs伊東元喜の3試合で、
ジュニオールと塚田選手からベリンボロからの送り襟絞めで一本勝ち。



03
サダ・クリモリの黒帯初試合も収録。
一本勝ちで鮮烈な黒帯デビューを果たしています。



2
BJJテクニックファイルは塚田市太郎のパスガード編のPart.3。
3つ目のパスガードはパスからニーインザベリーの連携です。



■#117はコチラから!


そんな柔術プリーストは現在制作費高騰による存続の危機に直面中で、それに伴い新スポンサーを募集中。

月1万円〜受付中で、金額&内容とも応・相談なので、興味がある方はぜひご連絡を!

メールアドレスは reversaling@gmail.com(@が小文字)です。

ご検討、よろしくお願いします!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ヨースキ・ストー(35)、森本猛(43)、グスタヴォ・ディアス(26)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年02月09日

【結果】WPJJC 2014 日本予選:主な結果

2/8(土)、東京・武蔵野市の武蔵野総合体育館で開催されたJJFJ主催「WPJJC 2014 日本予選」の主な結果です。


01
【黒帯】
アブソルート
優 勝 キット・デール(チェックマット・オーストラリア)
準優勝 ホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ)
3 位 ペドロ・アキラ(ボンサイ)、加古拓渡(GSB)



続きを読む

2014年02月08日

【発売中】GRACIE MAG #202 Review by 内山裕規

GRACIE202-2
今回のGRACIE MAG #202のReviewは内山(@勉強がうまく行っていない)がお送りいたします。

さてさて今回の表紙は皆さんご存知と思いますレアンドロ・ロ!

昨年も表紙を飾っておりましたね。

いま最も注目されている選手の1人だと思います。

続きを読む

2014年02月07日

【プロレス】桜庭和志&永田裕二が柔術衣着用でvsグレイシーとの対戦!

1
2/6(木)、東京・中野区にある新日本プロレス事務所にて、2/11(火・祝)に大阪・大阪府立体育会館で開催される『THE NEW BEGINNING in OSAKA』の調印式&記者会見が行なわれました。

なんでプロレスのニュース?と思われるかもしれませんが、今大会で行われる桜庭和志&永田裕志vsホーレス・グレイシー&ダニエル・グレイシーの一戦で柔術衣を着用して試合を行う異種格闘技戦になったのです。

続きを読む

2014年02月06日

【コラム】柔術の黒帯は3種類?!

私事ですが、先日のヨーロピアンで優勝し黒帯昇格となりました。

やはり黒帯というのは柔術において最高ランクの帯なので、黒帯を巻くことが許されたときは感慨もひとしおでした。

と、同時に黒帯を巻くことの責任感のも重々感じている次第です。

ひと昔前は柔術黒帯といったら神様レベルで総合でも最強!という存在だったので、まさか自分がその帯を巻ける日がくるとは柔術を始めた15年前には想像だにしなかったのが正直なところ。

ですがそんな自分でさえも黒帯になることができたのだから、まさに「継続は力なり」です。


00
ヨーロピアンのマスター3茶帯フェザーでワンマッチ決勝戦を勝利して
優勝し、表彰台で黒帯を巻かれました。
この黒帯昇格は柔術歴15年の中で1つの区切りとなったのは間違いありません。



続きを読む

2014年02月05日

【告知】ドゥマウの今後の大会日程

logo
ドゥマウのいま決まっている2014年の大会日程を紹介します。

2014年の1発目は今週日曜の関西大会で、その翌週は浅草、さらに愛知大会と2月に3大会を開催。

続きを読む

2014年02月04日

【新商品】柔術プリースト&Jiu Jitsu NERDグッズ

先月に開催した「Jiu Jiutsu Priest CUP 2014 TOKYO」で新発売した柔術プリーストのポスターデザインを使ったTシャツ。

これは過去のプリーストカップの日程と今後開催予定の開催地をバックにプリントし、海外ロックTシャツのツアーTシャツ的なデザインとなっています。

限定50枚という超限定生産ですでに会場物販で過半数が売れてしまっており在庫は残り僅かとなっていますが、その在庫分がLas Conchasのサイトにて通販がスタート。

サイズによっては売り切れ間近となっていますので購入希望の方はお早めにご購入を!


01
「柔術プリースト」ツアーTシャツは
黒ボディにフルカラープリントの豪華版。



続きを読む

2014年02月03日

【柔術プリースト】#116:ブルテリアオープン2013 Part.1

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは昨年末に浜松で開催された「ブルテリアオープン2013」です。

今大会はドゥマウ浅草に続きミヤオ兄弟が参戦し大きな話題となりました。

続きを読む

2014年02月02日

【発売中】GRACIEMAG #201レビューby杉山しずか

gm201_1
こんにちは、今回のグレイシーマガジン#201、杉山しずかが担当させていただきます。

今回のグレマガ表紙はジャカレ様です!

〈COVER〉ではジャカレ様の記事とパスガードなどのテクニックを紹介しています。

では主な内容はこちら!

〈FACE TO FACE9〉

The wall 2013ADCC無差別級覇者のホベルト・サイボーグの記事

キーナンやブシェシャのパスやプレッシャーを凌いだサイボーグの凄さ!

〈INTRO〉

TAKEDOWN OF THE MONTH  今回は 巴投げ!

ヘンゾ・グレイシーの黒帯で柔道のオリンピック代表でもあるトラヴィス・スティーブンスによるデモンストレーションでは喧嘩よつからの巴投げが紹介されてます。


〈COVER〉

ジャカレ様によるテクニック講座

パスガードの打ち込みが4つ紹介されており、豊富な写真でデモンストレーションしてくれています。


〈ADCC2013〉

ADCC北京大会の大特集で実に11ページに渡って掲載されています!

コブリンヤとハファ・メンデスの死闘やガヴィ対中倉百合花選手など注目でしょう!


と、いうことで他にも盛りだくさんなGRACIE MAG#201どうぞ楽しみにみてみてください!


gm201_2
【好評発売中】
『GRACIEMAG #201』
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年02月01日

【告知】3/30『COPA Las Conchas 2014』

C_02las
今年で3回目となる『COPA Las Conchas 2014』が3/30(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されます。

また今回も3位までの入賞者全員に特製のメダル授与、さらに優勝者には副賞としてLas Conchasの商品贈呈もあります。

そして参加特典として参加者全員に大会スポンサーから提供された協賛商品&柔術グッズが当たる抽選会も実施されます。

以下、大会詳細です。


『COPA Las Conchas 2014』
主催:Las Conchas、螢潺紂璽坤┘鵐拭璽廛薀ぅ
協賛:BULL TERRIER / FULL FORCE / DUMAU / SCRAMBLE / KEDYSON
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
日時:3/30(日)
出場費:
第一次締め切り:2/17 3000円
第二次締め切り:3/10 4000円
最終締め切り:3/20 5000円
無差別級追加エントリー +1000円(Absoluto +1000yen)
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円

申し込み(Registration)方法:メールにて受付
メールアドレス: reversaling@gmail.com

下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。

【出場申し込みフォーム】
名前: 
所属:
年齢カテゴリー:
帯色:
階級: 
アブソエントリー有無:
住所:
電話:


■その他、大会詳細は大会告知ブログに随時更新。
コチラから!



©Bull Terrier Fight Gear