English Portugues Japanese

2014年06月

2014年06月30日

【結果】ASJJF『ジャパンオープン 2014』

01
6/29(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたASJJF主催『ジャパンオープン2014』の主な結果です。


続きを読む

2014年06月29日

【レポ】全日本選手権2014:紫帯ほか

今年の全日本でベストマッチとなったのが紫帯ライト級決勝戦、峯岸零弥(パラエストラ)vsホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)の一戦。

爛轡絅轡祗瓩海肇曠屮愁鵑魯爛鵐献▲襪覇嘘級準優勝の銀メダリストでヨーロピアンでも3位入賞を果たしている。

国内では連戦連勝中の快進撃を続けており、階級&無差別のW優勝も珍しくない強豪中の強豪選手。

そんなシュシャに対しP18-0という圧倒的な試合内容で勝利し優勝したのが峯岸選手だ。

峯岸選手は師匠であるがっちりクローズドガードでお馴染みの爛疋トル畭臚盞匹らは想像つかないアグレッシブな柔術を見せるパラエストラ小岩期待のティーンエイジャー。

これまでも練習での強さには定評があったが、それが試合で出せないという課題があった。

そんなハートの弱さを克服したかのようなこの完勝劇、柔術プリーストでの公開に先駆けて先行アップしてるので、ぜひ見てもらいたい。


01
ライト決勝戦
峯岸零弥(パラエストラ)
vs
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)



続きを読む

2014年06月28日

【大会】6/29 ASJJ:ジャパンオープン2014

01
6/29(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるASJJ主催「ジャパンオープン2014」。

これはASJJの初開催大会で大会独自の特殊ルールが採用されてるのが特徴です。

国内ではほぼIBJJFルールで大会が行われていますが、今大会はIBJJFルールとは異なる点が多数あるので、主だった違いを列記していきたいと思います。

まず試合時間ですが、白帯から茶帯まではIBJJFルールと同じで黒帯のみが異なり、茶帯と同じアダルト8分・マスター・6分・シニア・5分となっています。

そしてIBJJFルールでは禁止技となっている白帯のモンジバカ(リストロック・手首固め)が有効で、さらに茶帯&黒帯のみでカニ挟みも有効です。

また一部でヒールホールドが有効との表記がありましたが、これはIBJJFルールと同じく全帯で禁止、反則です。

大会独自ルールの「アドバンテージ・レフリー判定なし」という特殊ルールですが、これは同ポイントで試合が終わった場合は引き分けとなり、すぐに延長戦・サドンデスに突入。

延長戦で最初にポイントを獲得した選手が勝利となります。

この延長戦の試合時間は特に決まっておらず、両者に動きがない場合はスタンドで再開、またはヒザ立ちからの再開となり、そこから最初にポイントを先取した選手が勝利となります。

入賞者は3位までで、3位決定戦がありメダルは優勝・準優勝・3位までに授与、そしてアブソルートは3位入賞の選手のみが参加可能で、アブソ出場は表彰式で受付します。

その他のルールに関する説明は大会前のルールミテーティングを実施しますので、そこで質疑応答の時間が設けられるとのことです。

ルールを説明した動画がありますので、そちらも参照してください。

■ルール説明の動画はコチラから!

大会サイトには集合時間、試合開始時間、トーナメントも公開されています。

コチラから!

開場は9:20で9:40からルールミーティングが行われ、10:00から黒帯から紫帯の試合開始、11:30から青帯&白帯の試合開始となります。

注目はアダルト黒帯ライト級で1回戦で塚田vsセリンゲロ、ヨースキvs弘中の初対戦が組まれました。

茶帯では全日本選手権で優勝し茶帯昇格したパンテーラの茶帯デビュー戦もあります。

来日予定だった大会主催者のジョアオ・シウバは予算不足で来日キャンセルとなりましたが、10月のアジアオープンで改めて来日となるようです。

いろんな意味で楽しみなASJJの初大会、当日はツイキャスで生配信予定なので、ぜひチェックを!

01
『Japan Open Jiu-Jitsu Championship 2014』
日時:6/29(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
主催:ASJJF
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ヴァネッサ・オリヴェイラ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月27日

【レポ】全日本選手権2014:茶帯 Part.2

茶帯で2階級制覇した世羅智茂(GROUND CORE)は昨年のワールドプロで紫帯-76kg級で優勝し茶帯昇格を果たした選手。

京都在住の選手だけになかなか首都圏で試合を見る機会は少ないが関西では絶大な知名度を誇っており、まさに今が旬の売り出し中の逸材といえる。

昨年はGIとMATSURIの東京・大阪のプロ柔術に出場し2連勝し、今年はドゥマウ九州大会にもゲスト選手として特別参戦、アンデルソン・タカハシに2連敗を喫するも好勝負を展開したのは記憶に新しいだろう。

そんな世羅選手がエントリーしたライト級からオープンクラスまでをレポートする。


09
ライト級決勝戦
世羅智茂(GROUND CORE)
vs
アレッサンドロ・エト(INFIGHT JAPAN)



続きを読む

2014年06月26日

【レポ】全日本選手権2014:茶帯 Part.1

全日本の茶帯にも黒帯に負けず強豪揃いの過酷なトーナメントとなった。

茶帯はいわば爛優スト黒帯瓩箸發い┐訛喊Г如∈B膕颪燃萍すれば黒帯昇格も近いといっていい。

実際にフェザーで優勝した鍵山選手は大会後に黒帯昇格を果たしている。

この茶帯トーナメントは2回に分けてレポート予定で、まず今回はルースターからフェザーまでの4階級を紹介したい。


01
ルースター決勝戦
伊藤正純(パラエストラ)
vs
中尾亮(X-TREME柔術アカデミー)



続きを読む

2014年06月25日

【レポ】全日本選手権2014:黒帯トーナメント

JBJJF主催大会の中で最大規模なのがこの全日本選手権だ。

初開催は98年で開催当初は2年に1度だったが今では毎年開催となり毎年日本全国から選手が参戦してくるビッグトーナメントとなっている。

今大会はその名の通り狷本最強瓩魴茲瓩襪冒蟇しい強豪揃いのトーナメントが行われ、ムンジアル参戦組も多数エントリーがあり過去最高メンバーでの激闘が繰り広げられた。

まずは黒帯のトーナメントからレポートしていきたい。


01
ルースター決勝戦
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)
vs
江崎壽(パラエストラ)



続きを読む

2014年06月24日

【発売中】GRACIE MAG #207 レビュー bY 内山裕規

gm207a
毎月恒例のグレマガレビュー。

今回も内山が担当させて頂きます。

いま絶賛発売中のGRACIE MAG #207、今号の表紙はみなさんご存知のホレッタ!!

表紙はホレッタをかけているのは技の名前ともなっている往年の名選手、ホレッタことホベルト・マガリャエスですね。

ということでCOVERはホレッタのインタビュー!

ちなみにこの爛曠譽奪伸瓩箸魯櫂襯肇ル語で爛襦璽譽奪鉢瓩箸いΠ嫐があり、ホレッタスイープを仕掛ける際に足を大きく回転させることから、このニックネームが付いたんだそうです。

豆知識!

ちょっと気になるのはホレッタのクラスのお話と、卒業生のこと。

卒業生は約30人ほどいるそうですが、ホレッタのように変わった動きをする生徒さんは3人だよ。

と笑顔で答えていたそうですw

さてさて、そんな彼が教えてくれるテクニックは5つ!!

スイープ3つのパス?2つのバランスがいい感じです。

ぜひ試してみたい気もしますが…動きが難しそう!

サイボーグがやるトルネードガードの原型ともいえるこのテクニック、注目です!!

もう1つテクニックを紹介するのはグレゴー・グレイシー!!

総合に出ているギレゴーが教える技はハーフガードからのパスガードを3つ紹介しております。

こちらも是非ともご覧ください!!

今回のCOMPETITIONはWPJJC!!!

いきなりでかでかとブシェシャVSホドウフォの写真。

もちろん横に解説有!!

中をのぞいていくと2人の決勝までの試合の写真が!

ホドウフォVSレアンドロ・ロももちろんあります。

またヴィトー・エスティマ

ブラウリオ・エスティマ

キーナン・コーネリアス

オタービオ・ソウザ

ジョアオ・ミヤオ

アンドレ・ガウヴァオン

そして日本からホベルト・サトシなどなど、名だたる選手の試合の様子が載っております。

もちろん女子の試合もございます!!

こちらも是非とも見てみてください^^!

またそのほかにもFACE TO FACE はジョアオ・ガブリエルの新しい挑戦に対するインタビュー、

MMAはジョン・ジョネスの試合の様子、また筋トレの紹介(今回はベンチプレス使用)、投げ技紹介等々、盛りだくさんとなっております。

是非ともご覧ください^^


gm207b
【好評発売中】
『GRACIE MAG #207』
■内容詳細&購入はコチラから!
■プレビュー動画はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ダグラス・コバヤシ(28)、小澤幸康(37)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月23日

【結果】JBJJF:第15回 全日本選手権

c_06jbjjfall
6/22(日)、東京・練馬区の光が丘体育館で開催されたJBJJF主催「第15回 全日本選手権」の主な結果です。


続きを読む

2014年06月22日

【柔術プリースト】#134:ヘイゾングレイシーカップ

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今日から配信スタートしたのは5/25に東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたIF-PROJECT主催「ヘイゾン・グレイシー・カップ」です。

今大会はブラジル・リオデジャネイロから柔術赤帯のヘイゾン・グレイシーを迎えて開催されました。

柔術&グラップリングが同時開催もグラップリングの試合は1試合のみで、ほぼ全試合が柔術マッチで占められていました。

その中から黒帯2試合と紫帯&茶帯の試合を厳選して紹介します。
今回配信するのは以下の試合です。

■アダルト黒帯ミドル決勝戦
岡本裕士(RJJ)
vs
井上祐弥(パラエストラ上越)

■アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
アダルト黒帯メジオ決勝戦
岡本裕士(RJJ)
vs
井上祐弥(パラエストラ上越)


03
岡本vs井上の階級&アブソの2連戦!


■マスター1茶帯ライトフェザー決勝戦
坂本純選手(トライフォース柔術アカデミー)
vs
亀田新(デラヒーバジャパン)


■マスター1紫帯オープンクラス決勝戦
村上太郎(和術慧舟會HEARTS)
vs
岩崎英明(リバーサルジムMe,We)


08
電光石火のキムラを極めてアダルト茶帯プルーマを優勝した
坂本純選手(トライフォース柔術アカデミー)。
2:34という早業!




試合だけでなくレギュラーコーナーも充実!

BJJテクニックファイルはバレット・ヨシダがパスガードをレクチャー。

新商品紹介は頭のベルトランクラッシュガード&ファイトパンツ、お宝紹介は柔術小冊子「ゴスタール」です。

ぜひ見て頂きたいと思います!


2
BJJテクニックファイルはバレット・ヨシダがパスガードをレクチャー。
足を畳んでレッグドラッグにいくパスガードです。



3
橋本柔術コレクション紹介は柔術小冊子「ゴスタール」。
これは日本初のプロ柔術「Gi-um」のパンフとして制作された貴重な1冊!



■#134はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月21日

【告知】6/23発売『Fight & Life』最新号

5
6/23(月)に発売される隔月格闘技雑誌『Fight & Life』。

今号でも柔術関連記事が多数掲載されていて見所満載となってます!

まずは自分が寄稿させて頂いたページから紹介します。

今回自分が担当させて頂いたのは6ページで、いつもは4ページなので50%増でした。

そのどれもがカラーで掲載されてるのは嬉しい限りです。

まずは毎回恒例の海外大会レポではムンジアルを日本人入賞者&黒帯決勝戦を厳選してピックアップ。

本文では来年から採用されるムンジアル参加のためのポイントシステムについて書かせて頂きました。

そして日本柔術界悲願の日本人初・黒帯世界王者となった八木沼志保選手のインタビュー&テクニック。

最後は遂にMMAデビューが明らかとなったクロン・グレイシーをLAにあるクロンのアカデミーに訪ねてインタビューを敢行。

クロンはマスコミには練習を一切公開しないということで練習後の訪問になりましたが、長く時間を割いてもらい、たっぷりと話を聞くことができました。

今号で掲載しきれなかった分は次号・8月発売予定の『Jiu Jitsu NERD』にて再録予定になってますので、そちらもお楽しみに!


4
毎号恒例の海外大会レポは柔術世界選手権・ムンジアル!
いつもは日本人選手ばかりですが今回は黒帯決勝も厳選して掲載。


3
日本人初の黒帯世界王者、八木沼志保選手は
インタビュー&テクニック、さらに女子選手の活躍もレポ。



1
日本でMMAデビュー戦を行うクロン・グレイシー。
練習後で疲れた様子でしたが、たっぷりと時間を割いてロングインタビュー敢行。




その他、ムンジアル関連で爛澄璽轡洵疆菘塚蟻請手の出稽古ツアーに狃製兩崑哭瓮悒ぅ哨鵝Ε哀譽ぅ掘爾離ぅ鵐織咼紂爾發△蠅泙后

このヘイゾンのインタビューが素晴らしい!

前の号のホドリゴ・メデイロスのインタビューもそうでしたが、昔の柔術家ならではの深い言葉が満載で知られざるグレイシーのルーツも解き明かされてます。

柔術好きなら必読のインタビューでしょう!


2
念願の初来日を果たした柔術赤帯の
ヘイゾン・グレイシー御大。
高齢ですが明朗快活でまだまだお元気!




いま格闘技雑誌で柔術関連記事が多く掲載されるようになりましたが、今号もここでしか読めない記事が満載です。

ぜひご購入をお願いします!



fl43_500
【6/23(月)発売】
『Fight & Life』最新号
■詳細&購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】マリーナ・ヒベイロ(29)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月20日

【本日締め切り】6/29 ASJJF『JAPAN OPEN 2014』

01
6/29(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるASJJF主催「JAPAN OPEN 2014」の最終締め切りが日本時間の本日となっています。

エントリーリストはすでに公開中で随時アップデートされており、徐々に参加者も増えていってます。

コチラから!

過去のブログでは弘中邦佳選手やアンデルソン・タカハシ、ルアナ・ディアスらの参戦を書きましたが、いまエントリーされてる他の注目選手を紹介します。

なんと今大会の運営協力者で大会スタッフに名を連ねているエジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)が急遽参戦!

エジソンはいま日本とフィリピンを往復しながら日本にいる間は昼夜二部練をこなしグッドコンディションを維持。

10月のワールド・マスターズ参戦を見据えすでにハードトレーニングを自らに課してるようです。


1
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)


そしてヨースキ・ストー、パンテーラ、シュシャのImpacto Japan BJJの精鋭もエントリー。

このシュシャ&パンテーラのImpacto BJJ Japan 紫帯ツートップはこの大会の前の週に開催されるJBJJFの全日本選手権にも参戦するので2週連続の試合参戦となります。


2
ヨースキ・ストー(Impacto BJJ Japan)



3
パンテーラ&シュシャ(Impacto BJJ Japan)




さらにパン選手権で柔術でビューし白帯ベスト8だったパンクラスで活躍中のMMAファイター、飯嶋貴幸(Natural 9)が青帯を巻いて国内柔術初試合にチャレンジ!

なかなかの豪華メンバーが顔を揃えたASJJの初大会、要チェックでしょう!


01
【本日最終締め切り】
『Japan Open Jiu-Jitsu
Championship 2014』
日時:6/29(日)
会場:台東リバーサイド
スポーツセンター(東京・浅草)
主催:ASJJF
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ハファエル・メンデス(25)



©Bull Terrier Fight Gear

2014年06月19日

【レビュー】DVD:The Miyao Brothers/The Berimbolo and Beyond

miya1
いま世界的に人気・実力ともトップクラスにあるパウロ&ジョアオのミヤオ兄弟。

黒帯昇格後、1年目にして兄弟揃ってムンジアル準優勝は快挙といえる活躍でしょう。

ほぼベリンボロ一本槍でその試合スタイルは研究され尽くされてるはずなのに、それでも決めてしまうベリンボロはまさに必殺技と呼ぶに相応しいもの。

少し前まではベリンボロ=メンデス兄弟というイメージでしたが、いまは完全にミヤオ兄弟の代名詞となっています。

ベリンボロのオリジナルはサムエル・ブラガで、技を認知・拡散させたのはメンデス兄弟、そしてベリンボロを発展させて独自進化させたのはミヤオ兄弟。

そんなミヤオ兄弟の初の教則DVDが今作品です。

DVDのパッケージデザインもチープで発売元のクレジットさえない怪しさ満点ではありますが、内容的には折り紙つき。

なにしろ現役のトップ選手が自分の得意技を惜しげもなく公開してるだけに説得力は充分!

収録されてるテクニックもミヤオ兄弟が実際に試合で使ってるモノばかりなので、ミヤオ兄弟の試合を見たことがある方ならばどっかで見たことあるな、と思うはず。

これはDVD4枚組みで各ディスク40分ほどなのでサクッと見れてしまいます。

なので4枚組でも2時間半ほどなので詰め込んでしまえば余裕で1枚にできたんじゃ?と思いますが、これはあえて枚数を多くして値段を吊り上げる作戦でしょう。

ちなみにディスク1はデラヒーバ&バリエーション、ディスク2はXガード&その他、ディスク3がベリンボロ&Wガード、ディスク4がパス&パスのカウンターとなっています。

目玉はやはりベリンボロが収録されてるディスク3ということになるんでしょうが、いまベリンボロの教則動画はメンデス兄弟がYouTubeで無料公開してたりして、それ自体には特筆すべきものはないかもしれません。

が、基本のベリンボロ〜バック以外のバリエーションの豊富さはこんなのもあるのか!と新たな発見が多数ありました。

またディスク4ではパスガードが収録されてる点にも注目!

ミヤオ兄弟のパスガードの教則動画はこれが初出しと思われます。

さらにパスガードに対するカウンターもミヤオ兄弟の試合でよく見るテクニックがいくつも!

個人的には両足担ぎに対するカウンターのバリエーションは面白かったです。

そしてWガードからの展開もいわゆるモダン柔術的なムーブが多数収録されてるとこも高ポイント!

このDVDで最初に見るべきはディスク3と4ではないでしょうか?!

逆にいえば、この2枚だけでもよかったのでは?と思うほどの充実度です。



02
ジョアオがムンジアルのvsブルーノ戦で見せたラペラを引き出しての
スイープも収録されてました!



05
ベリンボロ&Wガード以外ではXガードからのスイープや
パスガードもいいテク満載!




いいとこだけでなく悪かったとこも。

基本的に今作品ではテクニックのやり方を淡々とレクチャーするだけで、ディテール的な説明は一切ありません。

ここを持つにはこういう意味がある、とかこうやってはいけない、なぜならば〜みたいな説明は皆無です。

理由としてはミヤオ兄弟が指導の経験があまりないということ、そして物事を伝達するというコミュニケーションが不得意ということが挙げられるでしょう。

これではテクニックのやり方はわかっても、テクニックの細かいディテールの理解度はかなり厳しいかと。

あと細かいとこを言うとDVDのパッケージ(入れ物)がショボくて噛み合わせが悪くて、すぐパカパカ開いてしまいます。

さらにジャケのデザインも明らかな手抜きで同じ写真を表ジャケ&裏ジャケ、そして盤面にまで使い回すという荒技も!

それらのマイナス面を差し引いても、内容的なプラス面が上回るのでこれは買い!

特に最新テクニック好き&モダン柔術好きはマストバイ!なDVDセットといえるでしょう。


miya2
【近日入荷予定】
『The Berimbolo and Beyond』
by The Miyao Brothers


©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月18日

【柔術プリースト】#133:ドゥマウ浅草大会

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今日から配信スタートした最新エピソードは5/18に開催されたドゥマウの浅草大会。

今大会でもドゥマウの顔ともいえる日系ブラジリアンの選手たちが中部地区から大挙遠征して参戦しており大会を盛り上げました。

今回の注目は黒帯デビュー戦のセリンゲロ・キムラの試合と驚異の14歳、ルアナ・ディアスを大フィーチュア。

セリンゲロの2試合とルアナの試合はジュベニウ、アダルト階級&アブソルートを完全収録。

そして茶帯アブソルートで一本勝ちで決まった試合をピックアップして配信してます。

01
今大会で黒帯デビューの爛札螢鵐殴蹲瓩海肇ーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)。
階級別の2試合を紹介してます。



10
いま女子選手の中で一番精力的に試合参戦してるルアナ・ディアス(東海BJJ)
個人的に注目していたレベッカ・ロボとジュベニウ&アダルトで2連戦。
さらにアブソルートにも出場!



07
極めが強いアンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)。
アブソでも体格差を感じさせない試合ぶり!




以下は今回配信した試合リストです。

■アダルト黒帯レーヴィ1回戦
セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)

■アダルト黒帯レーヴィ1回戦
セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)

■女子ティーンオレンジ帯レーヴィ決勝戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
レベッカ・ロボ(Infight JAPAN)

■女子アダルト白帯プルーマ決勝戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
レベッカ・ロボ(Infight JAPAN)

■女子アダルト白帯アブソルート準決勝
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
キャロリーナ・ミホ(Infight JAPAN)

■女子アダルト白帯アブソルート準決勝
サラ・ペイン(Endure BJJ)
vs
天野理恵子(X-TREME柔術アカデミー)

■女子アダルト白帯アブソルート決勝戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
サラ・ペイン(Endure BJJ)

■アダルト紫帯アブソルート決勝戦
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
vs
中島良介(リバーサルジム・スタンドアウト)

■アダルト茶帯アブソルート1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
野口学(南河内柔術クラブ)

■アダルト茶帯アブソルート1回戦
中倉三四郎(ねわざワールド小江戸)
vs
西本健治(パラエストラ北九州)

■アダルト茶帯アブソルート準決勝
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
中倉三四郎(ねわざワールド小江戸)

■アダルト茶帯アブソルート決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
井草紘明(PUREBRED大宮)


今回も試合数が多めですが、一本決着の試合ばかりなので飽きずに見られると思います。

その他、新コーナーの新商品紹介や毎回レギュラーのBJJテクニックファイル、コレクション紹介などもあります。

ぜひチェックして下さい!


2
BJJテクニックファイルにはバレット・ヨシダが登場!
インタビュー&テクニックを掲載した「Fight & Life」誌で紹介した
テクニックの動画版を紹介。



3
コレクション紹介はUFCフィギュアのデミアン・マイアの限定版。
限定3000体のレアアイテム!


■#133はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月17日

【JBJJF】6/22 JBJJF全日本選手権、エントリーリスト公開中

c_06jbjjfall
6/22(日)、東京・練馬区の光が丘体育館で開催されるJBJJF主催「全日本選手権」のエントリーリストが公開中です。

コチラから!

今年の全日本は国内トップ選手がズラリと顔を揃えており、これぞ全日本!という豪華トーナメントが実現しそうです。

日系ブラジリアンのエントリーが少ないのは残念ではありますが、日本人選手中心のトーナメントはまさに全日本王者=日本人最強といって差し支えないものとなるでしょう。

特筆すべきはムンジアル凱旋組がすでに多数参戦していることです。

今年もある意味例年通りの結果となってしまったムンジアルですが、その敗北をただの負けにしないためにも早い段階で試合復帰し再起を図るのは選手として重要。

そして海外大会で好成績を残すためには国内大会で試合経験を積むことが必須なのは間違いありません。

いま日本では全国各地でほぼ毎週のように大会が開催されていますが、日本全国からここまでの強豪がこぞって参戦してきているのは全日本ならでは。

ムンジアル終了後、中3週間という短い間隔で試合復帰する凱旋組の意識の高さは特筆に値します。

黒帯はもちろんですが、黒帯予備軍の茶帯、そして次代を担う紫帯にも注目の全日本選手権。

今大会で行われるであろう激闘の数々はブラジルブログ、並びに柔術プリーストでも紹介予定です。


c_06jbjjfall
『第15回 全日本ブラジリアン柔術選手権大会』
主催:JBJJF
日時:6/22(日)
会場:光が丘体育館(東京・練馬区)
■大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年06月16日

【好評発売中】『Jiu Jitsu NERD』Vol.3 1冊から通販可能!

01
100%柔術&グラップリング専門誌『Jiu Jitsu NERD』Vol.3が好評発売中です。

発売してからまだ1ヶ月も経過してませんが、今回は過去最高の出足で在庫も残すところ100部を切りました。

最新号ではマリオ・ヘイスの1万字インタビューに隠れた強豪、ジヴァ・サンタナのインタビュー&テクニック、さらに国内では2013年MVPの杉江爛▲泪哨鶚畭臺總手に女子モノで加藤悠選手も。

そして国内外の主要大会を網羅した大会レポートにレギュラーページのコラムやDVDクロスレビューなどなど。

柔術好きならば必ず楽しんでもらえるであろう1冊になっていると自負しております。

完売間近ではありますが、もし完売してしまったら追加の増刷は一切行わないので、まだ未購入の方はお早めに!

オールカラー・64ページで500円という激安プライスで頑張っております。

同人誌扱いの本誌は一般の書店流通はありません!

なのでご購入は道場卸の各アカデミー、そしてブルテリア、イサミ各店舗、公武堂、書泉グランデなどでお願いします。

また通販も1冊から承り中です。

通販希望の方は reversaling※gmail.com(※を@に変換)して件名に「Jiu Jitsu NERD 購入希望」と明記の上、メールして下さい。

1冊500円+送料80円で通販させて頂きます。

またはLas Conchasのサイトからも注文可能です。

Las Conchasのサイトから注文頂くと1冊につき1枚、非売品ステッカーをプレゼント!

コチラから!

ぜひこの機会にご購入を!


01
表紙はワールドプロ優勝のサトシ・ソウザ!



02
今号の目玉はマリオ・ヘイスの1万字インタビュー!
移籍を繰り返した真相から柔術遍歴、さらに自身の柔術観までを
赤裸々に語っています。
なぜテクニック紹介やプライベートレッスンをやらないのかにまで言及。



03
隠れた強豪として知る人ぞ知るジヴァ・サンタナ。
爛◆璽爛弌璽灰譽ター瓩琉枳召鮖ち、MMAにおいて
腕十字での勝率はかなりのモノ!
ジヴァには得意の腕十字のバリエーションも紹介してもらいました。



03a
毎号ある狃子モノ瓮據璽犬謀仂譴僚子プロレスラー・加藤悠。
本誌初の柔術白帯のインタビュー&テクニックで、テクニックは白帯らしく
ごくシンプルにマウントからのアームロック&腕十字のバリエーション。



04
道場紹介はサンディエゴにあるレティシア・ヒベイロのグレイシーサウスベイ。
レティシアには「道場に飾るから」と5冊も強奪されてしまいました!



05
ムンジアルの会場でNERD Tシャツを着てた人も。
愛読者かと思ったら、ただ単にロゴのデザインが気に入って買ったんだとか。
とりあえず買ってくれたお礼に最新号をプレゼント!



06
記念すべき創刊号の表紙のタンキーニョ。
自身初の雑誌の表紙とのことでとても喜んでくれました。
創刊号からのバックナンバーは在庫あります。
まとめ買いも大歓迎!



【Vol.3 道場卸リスト】※順不同
VOLCANO柔術アカデミー
ねわざワールド
トラスト柔術アカデミー鹿児島
トラスト柔術アカデミー
吹田柔術
RJJ
パラエストラ池袋
パラエストラ上越
パラエストラ小岩
パラエストラ綾瀬
パラエストラ葛西
パラエストラ浦安
パラエストラなかがわ イデDOJO
パラエストラ岐阜
パラエストラ吉祥寺
X-TREME柔術アカデミー
ネクサセンス
グレイシーバッハ徳島
バッファロー柔術
THEパラエストラ沖縄
若柔術
ボヘミアンズBJJ
慧舟會HEARTS
リバーサルジムスタンドアウト
リバーサルジムREDIPS
福住柔術
書泉グランデ
パラエストラ八戸
Impacto Japan BJJ
デラヒーバジャパン
ハイブリッドレスリング山田道場
レナトゥス柔術アカデミー
TATORU
藤田柔術
WARP
ミューズ柔術アカデミー
パラエストラ川崎

【海外】
ブドービデオ(USA)
Scramble(UK)




01
【好評発売中】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.3 
定価500円 オールカラー 64P

【Contents】
<インタビュー>
マリオ・ヘイス
ジヴァ・サンタナ
杉江爛▲泪哨鶚畭臺
加藤悠

<大会レポート>
ヨーロピアン選手権
パン選手権
WPJJC
メタモリス
Jiu Jitsu Priest CUP
DUMAU
COPA Las Conchas
COPA DE GUNMA

<その他>
LA出稽古日記
世界のタタミから
Tシャツコレクション
DVDクロスレビュー
黒帯名鑑
グレイシートレイン
BJJアーカイブス




n3
【好評発売中】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.2 
定価500円 64P
■内容詳細はコチラから、
購入はコチラから!!



01
【好評発売中】
『Jiu Jitsu NERD Vol.1』
定価500円 60P
■内容詳細&購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ラナ・ステファナック(39)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月15日

【レポ】ムンジアル2014:女子黒帯ペナ決勝戦

今大会で一番印象に残る試合となった女子ペナ決勝戦。

若干19歳の新黒帯、タミー・ムスメシ(ATOS)とムンジアル優勝8回を誇るベテランのミッシェル・ニコリニ(チェックマット)の狄訓vsベテラン瓩箸いΔ海琉貔錙

タミーはパンでマッケンジー・ダーン(ウマイタ)から勝利して優勝し、今大会でも準決勝でマッケンジーと再戦も再度勝利。

パン決勝での勝利がまぐれ勝ちではないことを証明し決勝戦に進出した。

対するニコリニもムンジアル初優勝に意気込むナディア・メロ(GFチーム)を一蹴し、この階級別とアブソの2階級で決勝戦の勝ち残っている。


1
女子黒帯ペナ決勝戦
タミー・ムスメシ(ATOS)
vs
ミッシェル・ニコリニ(チェックマット)
フロリダ在住のタミーだが大会前にはわざわざLAに来てメンデス兄弟から
数々の秘策を伝授され、コーチにもギィが就いている。




続きを読む

2014年06月14日

【レポ】ムンジアル2014:黒帯メジオ〜ペサード

昨年のレーヴィ王者、レアンドロ・ロは今年からメジオに本格参戦中でパン選手権ではムンジアル王者のオタービオ・ソウザから勝利し優勝。

さらにアブソでもアンドレ・ガウヴァオン相手に互角の試合を展開したのは記憶に新しいところでしょう。

そのパン選手権のメジオ決勝戦の再戦がムンジアルでも実現しました。

2年連続でムンジアル・メジオ級王者となっているオタービオとパン選手権でオタービオに勝利しているロの一戦はP2-0で終わったパン決勝とは違い激しい攻防が繰り広げられました。


1
黒帯メジオ決勝戦
オタービオ・ソウザ(グレイシーバッハ)
vs
レアンドロ・ロ(PSLPBシセロコスタ)
パン決勝のリマッチは大激戦に!
オタービオが得意とするオモからのスイープ&アームロックが猛威を振るうも
ロもパスで応戦。



続きを読む

2014年06月13日

【レポ】ムンジアル2014:黒帯ペナ&レーヴィ

今大会を前に何度目かの引退宣言をしていたコブリンヤ。

正直、コブリンヤの引退宣言はプロレスラーのそれ並に信じられないものがあるが、今回ばかりは本当のようだ。

かつてのライバルでいまは盟友となっているマリオ・ヘイスも「コブリンヤの引退の花道は同門シェアだ!」と意気込んでいたが、そのマリオは準決勝まで勝ち上がるもハファ・メンデスにあっさりとタップアウト。

諦めタップに思えなくもない比較的早め(に感じた)一本負けで、もう少し頑張って欲しかったとこではありますが、またも3位入賞を果たしムンジアルでの入賞は2003年以来、12年連続という驚異的な記録を更新中です。

コブリンヤは初のメジャータイトル獲得に闘志を燃やすイザッキ・パイヴァを降して決勝に進出し、ペナ決勝はハファvsコブリンヤの名勝負数え歌的な対決に!


01
黒ペナ決勝戦
ハファ・メンデス(ATOS)
vs
フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘
ハファは最初からベリンボロ、50/50、レッグドラッグと持てる技術を
フル活用してコブリンヤを攻める!



続きを読む

2014年06月12日

【発売中】GRACIE MAG #206 レビューby内山裕規

gm206a
日本では梅雨入りし、ジメジメとした雨の日が続きますね。

こんな日は外に出るのも苦ですが(笑)、こういったとき柔術が屋内競技でよかったなと思う内山です。

さてさて余談はさておき毎月恒例のグレイシーマガジンのレビューをいきましょう。

今号の表紙はリア・ネイキッド・チョークのイメージ画像!

リアネイキッドチョークといえばマルセロ・ガルシア!ってことでマルセリーニョが紹介するテクニックページも。

そこでは実際にマルセリーニョが使っていた極め技の数々が!!

そんな貴重なサブミッションが4つも紹介されております。

あの時のあの技がここに!!って感じです><笑

実際に試したくなる極め技なので、チェックして練習してみてください。

まだまだ今回はテクニックが盛りだくさん!

過去に日本にも来たことがある世界王者、ギルバート・ドゥリーニョが紹介するテクニックは“Guide to surviving on the bottom” という、その名の通り抑え込まれた時のエスケープです。

そんなにあるの??と思う方もいらっしゃると思いますが、

今回は逃げ方を狎気靴き瓠犂岼磴き瓩發弔韻弔6つのポジションを紹介しております。

極めさえ逃れられれば、まだまだ挽回のチャンスはありますからね!

逃げることはとても大切だと思います。

とあるグレイシーの道場では白帯の時はずっとエスケープしかやらない、と聞いたこともあります。

そんな話があるぐらいにエスケープは重要ですので是非ともチェックしてみてください。

マルコス・シューベルトが紹介するパスガードされそうになった時のスイープ等々…返し技のテクニックが3つ紹介されております。

そしても一つ、チョークの入り方とディフェンスの方法が紹介されております。

ここでもしっかりとセルフディフェンス!ということで対処法があり、チョークをまんべんなくって感じですね!

逃げ方がわかるということはどこが弱点かもわかるので、どこを強固にすればいいか自ずと理解できるので両方覚えるのがベストです!

今号は過去最高なほどにテクニックページが多いので、気になる方はぜひぜひ読んでみてください!

FACE TO FACEはYves Carbinattiのインタビュー。

下半身不随でありながらのチャンピオンに学ぶ柔術とは。

そして個人的にきになったのがINTROのGracie Diet!!

ご飯のメニューやスムージーのレシピ等々載ってますので、これも見てみてください^^


gm206b
【好評発売中】
『GRACIE MAG #206』

■内容詳細&購入はコチラから!

■レビュー動画はコチラから!





©Bull Terrier Fight Gear

2014年06月11日

【レポ】ムンジアル2014:黒帯ガロ&プルーマ

ムンジアルの黒帯ガロ&プルーマにはジョアオ&パウロのミヤオ兄弟が揃って勝ち上がり。

黒帯を巻いて初めてのムンジアルでいきなり決勝戦進出を果たしたのはさすがという他ありません。

パン選手権では二人でプルーマを決勝戦でシェアしましたが、今大会ではジョアオがガロ、パウロがプルーマと階級を分けての出場でした。

これは「二人とも優勝がいいからそうした」と素っ気なく語ってましたが、そのためにはジョオアはいつもの減量に加えそれ以上のことをしなければならず、かなりの覚悟が必要。

それだけにこのムンジアル・黒帯初優勝に賭けているんだな、と感じた次第です。


00
大会前日のミヤオ兄弟&ヨーロピアン茶帯2冠のヤゴ・デ・ソウザ。
真ん中のジョアオの細さが病気的なほど!
でも二人とも機嫌よくて、さらにレアな笑顔でコンディションは良さそうでした。


続きを読む

2014年06月10日

【レポ】ムンジアル2014:黒帯アブソほか

ムンジアル2014の最後に行われる試合はいつも黒帯アブソルートの決勝戦です。

まず女子アブソ決勝を行い、その次に男子アブソ決勝戦が行われるのが常。

この男子アブソ決勝戦は名勝負数え歌的なホドウフォvsブシェシャの対戦となりました。

ホドウフォは今大会ではスペルペサードに階級アップして優勝、そしてブシェシャもペサディシモで優勝し、ともに階級別を全試合一本勝ちで優勝。

さらにホドウフォはアブソ決勝戦までの全試合も一本勝ちで勝ち上がっており、調子の良さがうかがえました。

ブシェシャもアブソのvsキーナン戦こそ判定勝利でしたが、それ以外は極めて勝利しており、このホドウフォvsブシェシャの一戦はムンジアル最終試合に相応しい顔合わせといえるでしょう。


01
ペサディシモ決勝戦
アレックス・トランス(チェックマット)
vs
マーカス・アルメイダ爛屮轡Д轡祗瓠淵船Д奪マット)
引き込んだブシェシャがアレックスにいきなりパスを許すという意外な幕開け!



続きを読む

2014年06月09日

【本日二次締め切り】6/29 ASJJF『JAPAN OPEN 2014』

01
6/29(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されるASJJF主催「JAPAN OPEN 2014」の第二次締め切りが本日となっています。

これは「柔術をオリンピック競技に!」をスローガンに掲げてスタートした連盟であるSJJIF(Sport Jiu Jitsu International Federation)の日本組織であるASJJF(Asian Sport Jiu Jitsu Federation)の初主催大会。

いま主流となっているIBJJFルールとは少し違うアドバンテージなし&レフェリー判定なしで、ノーポイントで試合が終わった場合は延長戦でサドンデスに突入という特殊ルールです。

さらにアブソルートは3位入賞した選手のみが出場可能というのも国内大会では珍しい点でしょう。

今大会には連盟会長のジョアオ・シウバの来日も予定されておりASJJF初開催らしく大々的に行われるとのこと。


01
SJJIF会長 ジョアオ・シウバ



大会運営はドゥマウのエジソン・カゴハラが協力しており、エジソンはASJJFのスタッフとしても名を連ねています。

そんなASJJF初大会「JAPAN OPEN 2014」の第二次締め切りがアメリカ時間の6/9となっており、日本時間で明日です。

まだエントリーはそれほど多くはないのですが、すでにドゥマウの常連選手らが名を連ねています。

ムンジアルに出場した高本裕和選手、アンデルソン・タカハシ、ケビン・キムラらがLA滞在時にジョアオ・シウバのアカデミーを訪れ、出稽古をさせてもらいながら大会参加を表明しました。


02
高本&アンデルソンはすでにエントリー済み。
ジュベニウ青帯のケビンも出場を検討中。



06
さらに1月のプリーストカップ以来の柔術参戦となる弘中邦佳選手もエントリー中!



12
女子では驚異の14歳、ルアナ・ヒカリ・ディアスがアダルト&ジュベニウでWエントリー。
またワールドプロ王者&パンアジア2冠のマテウス・オンダも出場します。



03
ジョアオのアカデミーに貼られていた今大会のフライヤー。
アメリカ本土からも選手参戦がある予定とのこと。


04
すでに日本に到着している大会メダル。
直径9cmの大型でメダル全面に鏡面加工が施されている豪華版。



05
ジョアオのコメント
「今大会は私たちの記念すべきアジア初開催大会です。今後はこの日本を皮切りにアジア全土で大会を開催していく意向で、すでに韓国と台湾、そしてフィリピンと交渉中で、10月にはASJJFのアジア大会の開催も決定済みです。私たちはこれから柔術をさらに発展させるためにオリンピック競技にしたいと考えています。そのためには非営利団体でなければいけません。利益よりも大事なことがあると確信し、こうやって多くの方々の協力を得てアジアで初の大会開催にまでこぎ着けました。すでに他国では多くの大会を開催してますが、アジアではこれが初めてでこれを大きな一歩して今後も頑張っていきたいと考えてますので、ぜひ多くの選手に試合出場して頂きたいと思います。ではみなさん会場でお会いしましょう。」



初開催ながら大きな注目を集めている今大会、最終締め切りは6/19となっています。

本日までに申し込みをすれば5000円、それ以降は6000円となります。

出場を検討してる方はお早めにお申し込みを!


01
【出場申し込み受付中】
『Japan Open Jiu-Jitsu
Championship 2014』
日時:6/29(日)
会場:台東リバーサイド
スポーツセンター(東京・浅草)
主催:ASJJF
■大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年06月08日

【告知】8/10『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』

gf
プリーストカップ岐阜大会、開催決定!

今年は1月に浅草、4月に沖縄で大会を開催したプリーストカップの次回大会は岐阜県で行います。

今大会はパラエストラ岐阜の開催協力で実現し、ギ&ノーギを同時開催です。

毎回恒例の参加者全員にノベルティの配布&豪華賞品が当たる抽選会、メダルガール、大会生配信などなどを実施。

さらに今回も大会スポンサーのShoyorollのギがアダルトの青帯から黒帯のアブソ優勝者に贈呈されます。

いま世界的に入手困難なShoyorollのギを入手するチャンス!

多数のご参加をお待ちしております!

また、今大会のポスターをセブンイレブンのネットプリントに登録しました。

セブンイレブンに設置されているマルチコピー機でデータ登録されているポスターが100円でA4サイズ&フルカラープリントできます。

jpegデータをプリントするよりもキレイな仕上がりです。

登録番号は 14945235 となっていますので、ぜひご活用を!


gf
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
大会内容:柔術&ノーギのオープントーナメント。
出場費:
第一次締め切り:7/7(月)
柔術・ノーギどちらか 3000円 両方 5000円
第二次締め切り:7/28(月)
柔術・ノーギどちらか 4000円 両方 7000円
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
無差別級追加エントリー 各+1000円

年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円

■柔術
帯別・体重別・年齢別のオープントーナメント。
※アブソのみのエントリーは不可。

ノーギ
クラス分け(ビギナー/初級、アドバンス/中級、エキスパート/上級)、体重別、年齢別のオープントーナメント。階級はIBJJFのノーギに準ずる。
※ビギナー&アドバンスはノーギ柔術ルール、エキスパートのみ外掛け&ヒールフックOK

申し込み(Registration)方法:メールにて受付
メールアドレス: reversaling@gmail.com

件名に「プリーストカップ岐阜出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。

申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。

【出場申し込みフォーム】(コピペしてお申し込み下さい)
名前: 
所属:
出場種目:柔術・ノーギ・両方
<柔術>
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:
<ノーギ>
クラス:
階級:
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:
住所:
電話:

その他、大会詳細は大会ブログに随時更新。

エントリーリストは第一次締め切り以降に大会ブログにて発表します。


■大会ブログはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年06月07日

【柔術プリースト】#132:PAN ASIAN INTERNATIONAL 2014

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

配信開始したばかりの最新エピソードは5/10&11にフィリピンのマニラで開催された「PAN ASIAN INTERNATIONAL 2014」の大会を紹介します。

この大会、今回初めて行ったのですが大会規模&レベルともかなりのモノがあってびっくりしました。

そこに日本から多数の日系ブラジリアンが参戦し好成績を残したので、それをばっちり見て頂きたいと思います。

00
フィリピンのマニラで開催されたパンアジア。
今回で10回目という歴史ある大会です。



01
今大会には日本から多くの選手が参戦。
特に日系ブラジリアンが大活躍しています。




ムンジアル準優勝したシュシャやパンテーラ、若干14歳のルアナ、ワールドプロ優勝のシェイン・スズキに加え、今回の目玉はエジソン・カゴハラの試合!

エジソンの健闘ぶりはぜひ見て頂きたい熱戦でした。


2
エジソン・カゴハラの試合はレア!
意外と言っては失礼ですが、かなりの激闘でイイ試合でした!


03
若干14歳のルアナ・ディアスはアダルト白帯を全試合一本勝ちで優勝!



08
紫アブソはエリクソン・タケウチ&ホブソン・タンノの
Impacto Japan BJJが1&2フィニッシュ。



03
さらにワールドクラスの強豪であるホドリゴ・カポラルの段違いの強さも必見です!



04
ワールドプロ優勝のシェイン・ズズキは見事な一本勝ち。
4試合中3試合を極めきった極めの強さはさすがです。




番組終盤には現在発売中のJiu Jitsu NERDの内容紹介もあります。

そんな感じで今回も盛りだくさんでお送りしてますのでお楽しみ頂けること間違いなしです。


3
レギュラーコーナーのBJJテクニックファイル。
生田誠編の「マウントからのバック」をレクチャー。



4
お宝紹介コーナーでは女子柔術家初の写真集!
かなりのセクシーショット満載の1冊です。



■#132はコチラから!






★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【開催決定】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』開催決定!
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細は明日改めて告知します!




00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年06月06日

【レポ】ムンジアル2014:サトシ・ソウザ、3位入賞!

3回戦でAJアガザーム、準々決勝でセルシーニョという強豪2選手に勝利してメダル獲得を確定させたサトシ。

準決勝の相手は2007年のムンジアル王者、ルーカス・レプリ(アリアンシ)との対戦に。

レプリは最強軍団・アリアンシが誇る黒帯レーヴィ級のツートップの一角でパスガードに定評がある選手だが、過去にサトシが勝利している。

だが、その勝利は試合時間が6分のワールドプロでの試合でIBJJFの10分では初対戦。

今年のパン選手権ではランギと1&2フィニッシュしたレプリもムンジアルは初優勝した2007年以来は金メダルは獲得できていない。

それだけに初優勝を狙うサトシと王座奪回を期するレプリが相対する決勝戦進出を賭けた重要な一戦となった。


08Fb
準決勝
ホベルト・サトシ・ソウザ(ATOS)
vs
ルーカス・レプリ(アリアンシ)



続きを読む

2014年06月05日

【レポ】ムンジアル2014:サトシ・ソウザ、準々決勝戦

01Fb
日本柔術界の至宝ともいえるホベルト・サトシ・ソウザ(ボンサイ)はATOS所属でムンジアル参戦。

ムンジアル前にはアメリカビザ取得のトラブルで急遽ブラジルに帰国し、ブラジルでアメリカビザの手配をしてから、ギリギリになってのアメリカ入りだった。

サトシは4月にUAEのアブダビで開催された爐發Γ韻弔寮こβ膕餃瓩箸發い┐襯錙璽襯疋廛蹐韮嫁ぶり・2回目の優勝をし、好調を維持したままムンジアルでも念願の初優勝が期待されていた。

なにしろサトシは黒帯昇格後に負けたのはカロキンヤとレアンドロ・ロの2人のみで、それ以外の選手からは全勝中という驚異的な勝率を誇っている。

そのカロキンヤからはワールドプロで一本勝ちし、レアンドロ・ロはメジオに階級アップしており、レーヴィ級にはこれといったライバルが不在。

もちろん他の選手も注意しなければいけないのは当然だが、大会最終日のベスト8に勝ち残ったマイケル・ランギやルーカス・レプリ、JTトーレスなどは過去の対戦でサトシが勝っており、かなり優勝の確率が高いと思われていた。

そんなサトシの大会最終日の試合は準々決勝戦からスタート。

相手は過去の世界王者爛札襯掘璽縫膈瓩海肇札襯宗Ε凜ニシウス(グレイシーエリート)。

セルシーニョはハーフガードの始祖・ゴルドの愛弟子で自身もハーフガードを得意としている選手でレーヴィ級の中では小柄ではあるがMMAでも4連勝中でいまだ無敗だけにMMAにも対応した高いフィジカルを備えている。

過去には2005年、2006年にムンジアルを制しているベテランのセルシーニョだが最近はMMAに専念しており、久々の柔術復帰でムンジアル参戦だったが、きっちりと最終日に勝ち残るとはさすが。

まさにベテラン健在!を強く印象付けたといえるだろう。


02Fb
準々決勝
ホベルト・サトシ・ソウザ(ATOS)
vs
セルソ・ヴィニシウス(グレイシーエリート)
セルシーニョのハーフガードを警戒してか先に引き込んだサトシ。
対するセルシーニョは体勢を低くしてパスガードを狙う。



続きを読む

2014年06月04日

【インタビュー】「語ろうグレイシー!! ヒクソンの息子クロンのMMAデビューを10倍楽しむ方法」

image
ムンジアルで盛り上がってる真っ最中ではありますが、ここで1つ告知をさせて頂きます!

このムンジアルの渡米直前に行われたクロン・グレイシーのMMAデビュー記者会見を踏まえたインタビューをプロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルに掲載して頂きました。

お題はもちろんブラジリアン柔術&グレイシー柔術についてです。

タイトルもそのものズバリ「語ろうグレイシー!! ヒクソンの息子クロンのMMAデビューを10倍楽しむ方法」となっていて、自分で言うのもナンですけど、かなり面白い内容となっていると自負しております。


kron
日本でのMMAデビューを控えたクロン・グレイシーと
その他のグレイシーファミリーの伝説&エピソードを語りまくり!




当初は30分ほどの予定だったのが、いつもながら話が脱線しまくって予定の3倍の1時間半もあれこれと話させて頂きました。

それをギュッ!と濃縮して読みやすくまとめたのがこのインタビューです。

柔術を知らないプロレスファン向けのものですが、かなりマニアックな話もしてるので現在のブラジリアン柔術をフォローしてる方にも楽しんでもらえると思います。

前半は無料で後半は有料となっていますので、とりあえず無料版を読んで頂き、後半も読みたい!となったらぜひチャンネル入会してご購読頂きたい!

このインタビューの反応いかんでは続編もあるかも?!

ぜひご一読を!


ch1281
コチラから!



また本日、6月4日(水)発売の日本経済新聞発行の「日経MJ」という新聞の最終面にブラジリアン柔術についての記事がカラーで掲載されます。

JBJJF会長・中井祐樹氏のインタビューやミューズ柔術アカデミーでの練習、ヘイゾン杯の大会の模様などが載るようです。

この新聞は駅の売店や駅近くのコンビニなどで販売されます。

どんな記事になってるか、ぜひチェックしてみて下さい!

■「日経MJ」サイトはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年06月03日

【速報】ムンジアル2014:大会最終日の日本人選手の結果

01
ムンジアル2014、大会最終日の日本人選手の結果です。


続きを読む

2014年06月02日

【速報】ムンジアル2014:大会3日目の主な結果

t1
ムンジアル2014、大会3日目の主な結果です。



続きを読む

2014年06月01日

【速報】ムンジアル2014:大会2日目の主な結果

w2014d2
ムンジアル2014の大会2日目の主な結果です。

※1回戦シードの選手も最初の試合を1回戦と表記しています。


続きを読む