English Portugues Japanese

2014年07月

2014年07月31日

【レポ】TAIWAN INTERNATIONAL 2014:GI Part.1

01
7/26&27の2日間、台湾の台北にある台湾大学体育館で台湾BJJ主催「TAIWAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014」が開催された。

昨年の大会では参加者130名ほどだったが今年は参加者が倍増し台湾のみならず日本、香港、上海、タイ、ベトナムなど近隣諸国から230人ものエントリーがあり大盛況。

大会初日はギありの柔術で2日目はノーギが行われたが、参加者は初日の柔術に集中し、初の3面での進行となった。

この柔術には香港からホドリゴ・カポラル、沖縄から修斗の元世界王者の松根良太が参戦、さらにエジソン・カゴハラ、ヨースキ・ストーら日系ブラジリアンも参加し多彩なメンバーが顔を揃えた。

まずは大会初日に開催された柔術から黒帯の試合を紹介する。


続きを読む

2014年07月30日

【発売中】DVD:ADCC 2013 7枚組

adc2
好評発売中の世界最高峰のグラップリング大会・ADCCの2013年に 北京で開催された世界大会の豪華7枚組。

ADCC初のアジア圏で開催されたこの北京大会は大会開催時にオンラインPPVが実施されたにも関わらずに、その実施告知が大会数日前だったドタバタ劇と接続が不安定だったこともあり、あまり視聴者数は伸びなかったようです。

続きを読む

2014年07月29日

【柔術プリースト】#139 ASJJFジャパンオープン2014

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信してるのは6/29に東京・浅草で開催されたASJJF「ジャパンオープン2014」です。

記念すべきASJJF初の主催大会で実現したヨースキ・ストーvs弘中邦佳、アンデルソン・タカハシvs爛僖鵐董璽薛瓮凜.鵐妊譽ぁΕ織サキのビッグカードは必見!

特にアンデルソンvsパンテーラはアンデルソンが今大会後に黒帯昇格を果たしたのでこの再戦は当分は見られない一戦となりました。
さらに大会主催者のエジソン・カゴハラや驚異の14歳、ルアナ・ディアスの試合もあります。

その他のレギュラーコーナーもありますので今回もお見逃しなく!

【配信試合リスト】
■茶帯ミドル級1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
桜田良彦(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)

■茶帯ミドル級決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
ケンジ・シオザキ(Over Limit BJJ)

■茶帯フェザー級決勝戦
ヴァンデレイ・タカサキ(Over Limit BJJ)
vs
片山師斉(徳島柔術)

06
■茶帯無差別1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)


09
■茶帯無差別決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
桜田良彦(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)


03
■アダルト黒帯ライト級準決勝
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
弘中邦佳(マスタージャパン)


02
■アダルト黒帯ライト級準決勝
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)


04
■アダルト黒帯ライト級3位決定戦
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
vs
弘中邦佳(マスタージャパン)


05
■アダルト黒帯ライト級決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)


■アダルト黒帯アブソルート級決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
弘中邦佳(マスタージャパン)


01
■シニア2黒帯フェザー決勝戦
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
佐野英司(京都何気)


07
■女子アダルト青帯ライト決勝戦
ジュリアナ・ササキ(チェックマット)
vs
ヴァネッサ・ツジ(ノヴァウニオン)


09
■女子アダルト白帯オープンクラス決勝戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
キャロリーナ・ミホ(Infight Japan)



2
BJJテクニックファイルは狷本人初の黒帯世界王者疊木沼志保による
マウントからの腕十字です。



3
コレクション紹介は柔術ポップコーン。
MADE IN アブダビの非売品レアアイテム!



■#139はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
出場費:
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
※無差別級追加エントリー 各+1000円
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円

■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月28日

【結果】7/26&27「TAIWAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014」

taiwan
7/26&27の2日間、台湾・台北市の台湾大学体育館で開催された台湾BJJ主催「TAIWAN INTERNATIONAL GI&NO-GI 2014」の主な結果です。


続きを読む

2014年07月27日

【明日】二次締め切り:8/10『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

gf
8/10(日)、岐阜県可児市の錬成館で開催される『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』の二次締め切りが明日の7/28(月)までとなっています。

現在、柔術&ノーギ合わせて130名ほどの参加者があり、黒帯もアンデルソン・タカハシ、伊東元喜、レアンドロ・クサノの3選手がエントリー中。

■エントリーリストはコチラから!

この3選手は揃ってアブソにもエントリーしてるので階級別&無差別と激戦が展開されるのは必至。

さらに通常のトーナメント以外に黒帯スーパーファイトもあります。

対戦カードは地元・岐阜の戸所誠哲(パラエストラ岐阜)とブラジル帰りの強豪、ホベルト・タケシ(ホシャ柔術)の一戦で、この試合は黒帯ガロ級契約・通常ルールで行われます。


tm
戸所誠哲(パラエストラ岐阜)



rk
ホベルト・タケシ(ホシャ柔術)



今大会の第二次締め切りである7/28(月)までに申し込めば、柔術・ノーギどちらかなら4000円、両方の場合は7000円で、アブソルートに追加エントリーは各+1000円です。

参加者全員プレゼントに豪華賞品が当たる抽選会もあります。

大会スポンサーのLas Conchasの大会物販も大セール予定!

今年最後のプリーストカップ、奮ってご参加を!



gf
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
大会内容:柔術&ノーギのオープントーナメント。
出場費:
第二次締め切り:7/28(月)
柔術・ノーギどちらか 4000円 両方 7000円
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
※無差別級追加エントリー 各+1000円

年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円


keyc1
大会参加者全員に贈呈されるノベルティ、
今大会のために作成したキーホルダー。
もちろん非売品のレアアイテム!

【出場申し込みフォーム】
(コピペしてメールでお申し込み下さい)
名前: 
所属:
出場種目:柔術・ノーギ・両方
<柔術>
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:
<ノーギ>
クラス:
階級:
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:
住所:
電話:

■出場申し込みメールアドレス:reversaling@gmail.com

■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ナイジャ・イーストン(27)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月26日

【レポ】JBJJF東日本&ノーギ全日本

01
浅草でドゥマウが開催されていた同日、世田谷区の小豆沢ではJBJJFの東日本選手権とノーギ全日本が開催されていた。

同大会には今年のムンジアル王者、レアンドロ・ロ(PSLPBシセロコスタ)が特別参加。

その他にもスーパーファイト的なスペシャルマッチも組まれ、大いに盛り上がったようだ。



続きを読む

2014年07月25日

【レポ】「DUMAU JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2014」その他の試合まとめ

「DUMAU JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2014」で行われたその他の試合まとめです。

試合動画も併せて紹介してますのでチェックしてみて下さい。


01
アダルト茶帯フェザー級1回戦
若林拓磨(ポゴナ・クラブジム)
vs
野口学(南河内柔術クラブ)
グラスコからポゴナに移籍した若林が野口を腕十字で瞬殺。
0:26の早業で一本勝ち。
決勝戦は坂本勝康(頂柔術)と対戦しP2-2、A1-0で辛勝。
■動画はコチラから!



続きを読む

2014年07月24日

【ニュース】ヒクソン新連盟、JJGFの積極的なプロモーション

r3
7/18(金)、オフィシャルサイトの公開と共に全貌が明らかになりつつあるヒクソン・グレイシーが作った新連盟、Jiu Jitsu Global Federation、略してJJGF。

広報担当のトニー・パセンスキーからヒクソンへのインタビューのオファーがあったことは既報の通りですが、そのインタビューが無事に終わり、そこで新連盟を作った意図や今後の方針などが語られました。

日本向けのインタビューの他にブラジル・TATAME誌、アメリカ向けにはジョー・ローガンのポッドキャストなど積極的なプロモーション活動をしているようです。

またこのインタビューでは新連盟のことの他にもマスターカウンシルなる柔術評議会を作りたいという意向も明らかに。

これは柔術コミュニティー全体の意見を聞くためのひとつの場として柔術界の重鎮を招待し、そこで意見交換や新たな試みなどを話し合っていくというもの。

すでにこの評議会に参加表明しているのはジョアオ・アルベルト・バヘット、アルバロ・バヘット、フラビオ・ベーリンギ、ペドロ・サウアーら赤帯・赤黒帯の重鎮らがズラリ!

他にもカーロス・グレイシーJr.やマーシオ・フェイトーザにも招待状を送っているというから、その返答が気になるところです。

さらに評議会では一般の人もヒクソンに直接質問できるような質問コーナーも設けるというプランも。

もしこれが実現したら技術的なことはもちろん、柔術の歴史的な史実などもグレイシー柔術〜ブラジリアン柔術の生き証人ともいえるヒクソンに聞ける画期的なこととなるはず!

またエディ・ブラボーも参加メンバーに名を連ねている若手育成のためのデベロップメント・カウンシルも組織されるようです。

ヒクソンの新連盟JJGFは連盟の運営だけでなく様々な試みもあるようなので今後の動向にも注目でしょう。

今回行ったヒクソンの1時間以上にも渡るロングインタビューは来月発売のFight&LifeとJiu Jitsu NERDに掲載予定。

乞うご期待!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年07月23日

【レポ】「DUMAU JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2014」その他の黒帯の試合

今大会ではアンデルソン・タカハシの黒帯デビュー戦が大きな注目を集めていたが、その他の黒帯もいつも出場しているレギュラーメンバーが顔を揃え、多くの黒帯マッチが組まれた。

その中でもひさびさの出場となるレアンドロ・クサノ(クサノチーム)はヨースキ・ストーとのワンマッチ決勝戦が実現し、強豪同士の対戦となった。

ヨースキは階級別はアダルトで黒帯デビューのアンデルソンから一本勝ちし、アブソではマスターでクサノとワンマッチ決勝という過酷な2連戦に挑んだ。

いつもながら大会前日は仕事と指導、その後は数時間の仮眠の後に5時間のドライブして東京入りし試合&レフェリーというヨースキはタフ過ぎる!


01
マスター黒帯オープンウエイト決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
レアンドロ・クサノ(クサノチーム)



02
好勝負が期待された一戦は試合途中にヨースキが負傷し、そこで試合ストップ。
ワキ腹を傷めたヨースキが4:01 負傷棄権となり、やや不完全燃焼に終わった。
だがヨースキは応急処置しその後も普通にレフェリーしてたのには脱帽!



03
アダルト黒帯フェザー1回戦
×セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
○塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
黒帯昇格後まだ優勝経験のないセリンゲロが階級を落としてフェザーで参戦。
塚田とP2-2、A1-1の互角の試合を展開するもレフェリー判定で敗れた。
■動画はコチラから!



04
アダルト黒帯フェザー1回戦
×セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
○加古拓渡(GSB)
3人エントリーの巴戦で加古と対戦のセリンゲロ。
6:22 送り襟絞めで敗れ勝利ならず。
■動画はコチラから!



05
アダルト黒帯フェザー決勝戦
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
vs
加古拓渡(GSB)
塚田vs加古の定番対決は10分間フルタイムをほぼ同じポジションで過ごすといういつもの展開に。



06
互いにペナルティが入る膠着気味のこの試合は
P0-0、A0-0、ペナルティ1-1からレフェリー判定で塚田が制した。
■動画はコチラから!



07
アダルト黒帯ライト決勝戦
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)
vs
奥田照幸(X-TREME柔術アカデミー)
この試合も最初から最後までほぼ同じポジションで動きが少ない試合。



08
ノーポイント、ノーアドバンテージで終わった試合はレフェリー判定で
高本勝利でワンマッチ決勝で優勝。
■動画はコチラから!


09
シニア1黒帯ミドル決勝戦
ホジェリオ・クリスト(ホシャ柔術)
vs
ヤスダ・シンゴ(Impacto Japan BJJ)
Aマット第1試合はシニア1黒帯のワンマッチ決勝戦。



10
ヤスダのベリンボロ狙いをヒザ十字で切り替えしたホジェリオが
3:32 一本勝ちで優勝。



【今日が誕生日の柔術家】オタービオ・ソウザ(28)、セルジオ・モラエス(32)、ホベルト・ナカヤ(45)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月22日

【レポ】アンデルソン・タカハシ、黒帯デビュー戦!

今月上旬、トップ茶帯として多くの輝かしい実績を残していたアンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)が満を持して黒帯に昇格した。

そのアンデルソンはこの「DUMAU JIU JITSU CHAMPIONSHIP 2014」で黒帯デビュー戦に挑んだ。

今大会の階級別ではいきなり国内トップの強豪、ヨースキ・ストーとワンマッチ決勝戦となり、この試合ではマウントから三角絞め&腕固めの複合技で一本負けに終わった。

茶帯では無類の強さを見せつけていたアンデルソンも黒帯では並の選手になってしまうのか?!と思われたアンデルソン。

だがその後の無差別級では塚田、高本、加古という日本を代表する黒帯から勝利して見事に優勝。

しかもその3試合中、2試合を一本勝ちという文句なしの試合内容で黒帯初戦でいきなり優勝という鮮烈デビューを果たした。

このアンデルソンの黒帯昇格はマンネリ気味の国内黒帯シーンに新風を巻き起こすに違いない。

アンデルソンの次の試合は8/10に岐阜で開催されるプリーストカップ岐阜大会。

ここで関西の雄、伊東元喜との2連戦が決定済みだが、まだ申し込みは締め切られていないので他の黒帯の追加エントリーも有り得る。

誰が相手でも新鮮な顔合わせとなるアンデルソン絡みの試合に注目だ。


01
アダルト黒帯ミドル級決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
アンデルソンの黒帯デビュー戦はいきなりヨースキ!



続きを読む

2014年07月21日

【結果】7/20『DUMAU CHAMPIONSHIP 2014』

05
7/20(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたドゥマウ主催『DUMAU CHAMPIONSHIP 2014』の主な結果です。


続きを読む

2014年07月20日

【レポート】ブラジルフェス2013

00
毎年の恒例行事となっているブラジルフェス。

今回で9回目となった今年も東京・代々木の代々木公園で7/19&20の2日間の予定で開催されています。

初日の土曜日は時折雨が降る曇天ながら相変わらずの盛況ぶり!

特に今年はブラジルで開催されたワールドカップが終わったばかりでもあるだけに、いつも以上の集客がありました。

ブラジル名物のシュハスコやアサイー、ガラナなどの飲食類に加えブラジリアンカラーの雑貨類のショップなどが出店しブラジル好きにはたまりません!。

続きを読む

2014年07月19日

【珍キモ】ジョオン・ホーキから購入のIPPON KIMONO

00
柔術プリーストの#135 ムンジアル2014 Part.1の柔術コレクション紹介で披露したIPPON KIMONO。

番組の中でも話していますが、これは当時修斗に来日していたノヴァウニオンの黒帯、ジョオン・ホーキから売ってもらったキモノです。

■映像はコチラから、コレクション紹介は1:03:07から!

この映像の中では2000年と言ってましたが、その後の調査で99年12月の入手であることが判明したので、ここで訂正したいと思います。

テキトーこいてスイマセン!

ついでにホーキ自身が着用してた写真も発掘しました。

当然ながら状態もよく今では剥がれてしまった胸のパッチも健在です。

自分が柔術を始めたのは99年10月で当時は国産の柔術衣はイサミのみで、それずらも受注生産で柔術衣自体が入手困難のレアアイテムでした。

なので青のギなんてレア中のレアで見た瞬間に欲しい!と思い、ホーキに直談判して売ってもらったという個人的にも思い出深いひと品なのです。

入手した当時は青のギなんて自分以外に持ってる人などいなくて練習でも好んで着てました。

続きを読む

2014年07月18日

【柔術プリースト】#138:JBJJF 全日本 Part.2

a
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回も前回に引き続きJBJJF主催「全日本選手権」のPart.2です。

前回配信から日を置かずにすぐさまPart.2を配信する螢侫襯侫ースのやる気に乾杯!

そんなPart.2は茶帯&紫帯のベストマッチをピックアップ。

配信している試合は以下の通りです。


■茶帯ライトフェザー決勝戦
宮地一裕(修斗ジムroots)
vs
加藤木俊介(トライアル)

■茶帯フェザー準決勝戦
小平亮(ネクサセンス)
vs
玉木強(CARPE DIEM)

07
■茶帯フェザー決勝戦
鍵山士門(デラヒーバジャパン)
vs
玉木強(CARPE DIEM)

■茶帯ミディアムヘビー準決勝戦
神田崇広(グラバカ柔術クラブ)
vs
西本健二(パラエストラ北九州)

■茶帯ライト級決勝戦
世羅智茂(GROUND CORE)
vs
アレッサンドロ・エト(INFIGHT JAPAN)

14
■茶帯オープンクラス決勝戦
世羅智茂(GROUND CORE)
vs
神田崇広(グラバカ柔術クラブ)

03
■紫帯ライト級決勝戦
峯岸零弥(パラエストラ)
vs
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)

■紫帯オープンクラス準決勝
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
井上啓太(GROUND CORE)

■紫帯オープンクラス準決勝
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
vs
中島良介 Ryosuke Nakajima(リバーサルジム東京スタンドアウト)

10
■女子ルースター決勝戦
杉内由紀(ポゴナ・クラブジム)
vs
関友紀子(トライフォース柔術アカデミー)




茶帯・紫帯・女子と今回も盛りだくさんな内容と自負しております。

特筆すべきは茶帯で2階級制覇した世羅選手の試合とムンジアル準優勝のシュシャvs峯岸選手のコパラスコンのリマッチ。

世羅選手の華麗なポジショニングと峯岸選手の常に先手で攻めるアグレッシブさに注目して頂きたいと思います。

その他の試合も一本決着が多いので見応え充分でしょう。

ぜひ見てください!


b
BJJテクニックファイルは八木沼志保選手の2回目。
得意のアキレス腱固めのバリエーションをレクチャー。



■#138はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
出場費:
第二次締め切り:7/28(月)
柔術・ノーギどちらか 4000円 両方 7000円
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
※無差別級追加エントリー 各+1000円
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円

■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月17日

【発売中】DVDレビュー:「GOING UPSIDE DOWN」by内山裕規

_0025461
最近は大会・教則、国内外を問わずに柔術関連のDVDリリースラッシュ。

たくさん出てるので、どれを買ったらいいのか選ぶ方も大変!

でもそれだけ選択肢があるというのは嬉しいことかもしれないですね。

今回紹介するのは世界一の格闘技メーカーと言っても過言ではないBUDO VIDEOの創始者にして名門・グレイシーバッハの黒帯でもあるブドー・ジェイクことジェイク・マッキー初のDVD作品、その名も「GOING UPSIDE DOWN」です。

これはそのものズバリ「GOING UPSIDE DOWN」のタイトル通りにひたすらインヴァーデッドガードに特化しているDVD。

ですが通常のテクニック紹介の教則モノではなく、インヴァーデッドガードを習得する際に必要なムーブメントをドリル形式で紹介したものなっております。

まず実際に試合で使われてる映像で、どのようなシチュエーションでインヴァーデッドガードを使うかを見てもらった後に、その動きを模したドリルを紹介し、徐々にグレードを上げて打ち込みしていく方法を説明しています。

最初は簡単な動きから少しずつ難しめの動きに段階を経て紹介しているので初心者にも覚えやすく、動きも馴染みやすいかなと思います。

既にインヴァーデッドガードを習得済みでこんなんじゃ甘いぜっ!!!という方よりも、インヴァーデッドガードって何?!という方や、技は知ってても実際にやったことのない、これから始めたい方、より動きを滑らかにしたい方などにお勧めできるDVDでしょう。

ここで紹介されてるドリルを練習前のウォームアップに取り入れるのもいいかもしれません。

収録時間も40分と短めでサクッ!と見れてしまうお手軽さもいい感じです。

難点はブドービデオお得意の日本語吹き替えがないことですが、ムーブメントやドリルのレクチャー中心なので、吹き替えがなくてもそれほど困らないことと思います。

マイケル・ランギやヴィトー・エスティマ、バラタらビッグネームの教則DVDのリリースラッシュの影に隠れてしまった感がある今作ですが意外と息の長いベストセラーとなってるとのこと。

私も個人的にお気に入りなのでオススメです。

是非ともご覧あれ!!


wi2
【好評発売中】
DVD「ゴーイングアップサイドダウン」
byブドー・ジェイク
収録時間:40分
価格:4300円

■詳細&購入はコチラから!

■プロモ映像はコチラから!




©Bull Terrier Fight Gear

2014年07月16日

【新発売】「MIYAO STRIKES! 2nd Impression」

FFP1125_omote
昨年12月、ミヤオ兄弟の連続参戦が大きな話題となった「DUMAU JAPAN CUP 2013」と「ブルテリアオープン2013」の2大会が、「MIYAO STRIKES! 2nd Impression」として、いよいよ映像化となります。

前作となる「MIYAO STRIKES!」は2012年にミヤオが初来日となったDUMAU大阪大会をフィーチャーしたもので、発売時期がアジアオープンでのミヤオの活躍と重なったこともあり、柔術の大会DVDとしては異例の大ヒット商品となりました。

“2nd Impression”と銘打った今作では、これら2大会の中からパウロとジョアオが参戦したカテゴリーのみを厳選し、特にミヤオ兄弟2人の試合は全試合完全ノーカットで収録しています。

杉江アマゾン大輔、加古拓渡、塚田市太郎、嶌崎公次ら、国内トップ柔術家を相手に、執拗なベリンボロでバックを奪い、チョークで仕留めにかかる圧倒的な強さは、練習量のスゴさも垣間見え、恐怖を超えてもはや感動!

映像を数試合分まとめて見ることで、ミヤオが「バックを獲る」ことを概念として理解していることがよくわかります。

今年のムンジアルでのルール改正により、よりファイトスタイルの違いが顕著となった2人ですが、この2つの大会でも、その変化を垣間見ることができると思います。

そして今作の目玉として、塚田市太郎選手と加古拓渡選手によるテクニック映像を収録!

ミヤオの試合映像を研究材料にテクニックを分析する「ミヤオテクニック解説」篇、「加古拓渡オリジナル」篇、「塚田市太郎オリジナル」篇、の3部構成となっており、いずれも本編の試合映像と親和性の高い内容となっています。

くしくもミヤオ兄弟初となるテクニックDVD「The Berimbolo & Beyond」がリリースされたばかりですので、そのサブ教材として使い、いまや必修テクとなったベリンボロを、改めて研究してみてはいかがでしょうか?


■フルフォースFacebookページはコチラから!



ffp1125ura
裏ジャケ。
収録内容はこの裏ジャケを参照!


【今日が誕生日の柔術家】クラウジオ・カロキンヤ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月15日

【ニュース】ヒクソンの新連盟「Jiu-Jitsu Global Federation」続報!

a
昨日、突如明らかになったヒクソン・グレイシーが立ち上げるという新たな柔術連盟。

その新連盟の組織名が判明しました。

名前はJiu-Jitsu Global Federation、略してJJGFです。

これは広報的な役割を果たしていると思われるトニー・パセンスキーがFacebookにファンページを作ったことで明らかになりました。

■Facebookページはコチラから!

トニーはLAでマーケティング会社を運営しており、そのツテで今回のJJFG設立に関わっているようです。

JJFGのオフィスはLA・トーランスにあり、来週予定しているヒクソンの新連盟発足についてのインタビューもこのオフィスで行うことになっています。

すでにオフィシャルサイトもjjfg.comで用意されていますが、まだトップページのみでその他のコンテンツはLA時間の7/18にオープンするようです。

■オフィシャルサイトはコチラから!

またオフィシャルのYouTubeチャンネルも開設済みで、ここではプロモビデオが公開中。

■オフィシャルYouTubeチャンネルはコチラから!

オフィシャルのツイッター、インスタグラムもありアカウントはともに@1jjfgですが、まだ現時点でフォロワーはそう多くありません。

現状ではこれ以上の情報がないヒクソンの新連盟、JJFG。

とりあえずは7/18のオフィシャルサイトのオープンを待つしかなさそうです。



【今日が誕生日の柔術家】レオナルド・ペッサーニャ(32)、シンディ・ヘイルス(40)、ブルニーニョ・マイア、鈴木陽一(49)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月14日

【ニュース】ヒクソン・グレイシー、新連盟発足?!

ric
海外柔術サイトBJJ Eastern Europeがヒクソン・グレイシーが新連盟発足するというニュースを報じています。

コチラから!

このサイトによるとヒクソンは過去のインタビューで現行のスポーツに特化したルールを好きではない、と発言し、このままでは日常で起こりうる避けられない争いに対応できなくなると危惧。

そのためこの新連盟ではガード引き込みにネガティブポイントを与えたり、サブミッションの狙う動きにポイントを与えたりという過去のブドーチャレンジを踏襲したようなルールを施行するのでは?と予想しています。

なおこの新連盟にはなぜかトニー・パセンスキーが関与しており、広報的な立場で動いている模様。

実は自分のところにもトニーからメッセージがあり、この件に関してヒクソンから話したいことがあるからインタビューできないか?という申し出があったのでLA在住の関係者に代理でインタビューをお願いしています。

このインタビューは7/20に公開されるという新連盟のオフィシャルサイトの公開を待って行う予定です。

続報をお待ち下さい!



【今日が誕生日の柔術家】アルバート・クレーン、レアンドロ・クサノ、クリスチアーノ・カミニシ、ホーレス・グレイシー



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月13日

【柔術プリースト】#137:JBJJF 全日本選手権 Part.1

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今日から配信スタートした最新エピソードはJBJJF全日本選手権。

この大会をPart.1とPart.2の2回に分けて配信します。

今回のPart.1は黒帯決勝戦です。

ルースターからオープンクラスの決勝戦の数々を一挙配信!

どの試合も全日本にふさわしい激闘の数々でした。

配信する試合は以下の通りです。

03
■ルースター決勝戦
芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)
vs
江崎壽(パラエストラ)


06
■ライトフェザー決勝戦
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
vs
山田秀之(デラヒーバジャパン)


13
■フェザー決勝戦
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
vs
加古拓渡(GSB)


10
■ライト決勝戦
チャールズ・ガスパー(Impacto Japan BJJ)
vs
廣瀬貴行(パラエストラ)


15
■オープンクラス準決勝
白木大輔(SAD)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)


14
■オープンクラス準決勝
細川顕(ALIVE)
vs
中村勇太(T-REX柔術アカデミー)


2
BJJテクニックファイルは日本人初の黒帯世界王者、八木沼志保選手が登場!
これから数回に渡り得意技を伝授してくれます。
乞うご期待!



3
コレクション紹介はメタモリス・ウォーター!
こういう非売品アイテムは大好き!



■#137はコチラから!





★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月12日

【柔術プリースト番外編】ムンジアル2014:感想雑談

xe2
先週&今週と2回に分けて配信した柔術プリーストのムンジアル編がお陰さまで好評です。

日本人選手中心の構成で漏れた試合も多かったですが主要な試合はあらかた紹介できました。

なのでこの前編・後編の2回を見れば今年のムンジアルの日本人選手の戦いぶりは見て頂けます。

黒帯はベスト8以上はブドービデオが発売するDVDに収録されるので、そちらに気を遣ってあえて配信しませんでした。

その点はご了承下さい。

ですが2回戦だったためにDVDに収録されるかどうかわからないパウロ・ミヤオvs柳沢友也戦の名勝負や日本人同士の対戦となった金古一朗vs小山貴之戦のベスト8進出を賭けて戦った一戦、そして一本勝ちの連続で勝ち上がったサトシのイリミネーション・ラウンドの試合などが埋もれずに映像が残せたのはよかったです。

これらの試合はぜひ見て頂きたい激闘でした。

そんな柔術プリーストで紹介した試合以外の部分を雑談形式で話しているのが今回紹介する柔術プリースト番外編のムンジアル2014:感想雑談です。

この感想雑談、実は去年のムンジアル後にも収録したのですが、それは配信できないような余計なことをしゃべりまくってしまい残念ながらお蔵入りとなってしまいました。

そのことを踏まえて収録したヨーロピアン後の感想雑談は帰国翌日の収録だったこともあり、マニア層からなかなか好反応を頂けました。

感想雑談は螢侫襯侫ースのアカウントではなく個人アカウントでのアップとなっており、ツイッターとFacebookでしか告知してなかったので、まだ知らない方も多いかと思い、今更ながら紹介した次第です。

プリーストのムンジアル編を見た後にこの感想雑談を見れば、より一層ムンジアルのことが伝わるかと思います。

雑談なので試合映像などは一切ないもでラジオ代わりにでも見て下さい。

コチラから!


■プリースト・ムンジアル編 Part.1はコチラ、Part.2はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月11日

【大会】台湾インターナショナル GI&NO-GI 2014、締め切り間近!

taiwan
7/26&27の2日間に渡り台湾の台北にある台湾大学で開催される台湾BJJ主催「台湾インターナショナル GI&NO-GI 2014」。

今大会は台湾最大のギ&ノーギ大会で昨年は130名を超す参加者がありましたが今年は締め切り前の時点で180名がエントリー済みとのことで過去最大規模となるの確実です。

昨年の大会はブラジルブログ、柔術プリーストでも取り上げています。

■大会レポはコチラコチラから、プリーストはコチラから!

日本からの参加者も倍増しており、黒帯では松根良太、嶌崎公次、エジソン・カゴハラ、ヨースキ・ストーがエントリー。

茶帯で若柔術・若山達也も試合出場予定。

さらに日系ブラジリアンの参加も予定されていますが、こちらはビザ取得の可否次第のようです。


ma
松根良太(THEパラエストラ沖縄)



ed
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)



sh
嶌崎公次(クラブバーバリアン)


2
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)




その他にも香港から瀧澤恵介も出場予定とのことで、これだけのメンバーが集まればプチ・アジアオープン的な豪華メンバーといっていいでしょう。

台湾は日本からも近く、LCCで行けば往復3万円足らずで行けるのも魅力。

そして台湾が大の親日国家であり日本人に対し非常に友好的で過去自分が訪れた国々の中でも随一です。

まだ出場申し込みも航空券の予約も間に合います!

柔術のみなら金曜に日本を出発し土曜に試合して日曜に帰国という強行日程も可能。

ぜひこの機会に台湾を訪れてみてはいかがでしょうか?!



taiwan
【出場申し込み受付中】
『台湾インターナショナル GI&NO-GI 2014』
日時:7/26&27 (26日:柔術 27日:ノーギ)
会場:台湾大学
締切:7/18(金)まで
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クロン・グレイシー、オスカー・ジュニオール、ジョアオ・アシス



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月10日

【告知】9/28『JAPAN OPEN 2014 KIDS&NO-GI』同時開催

anogi
6/29に第1回大会が開催されたASJJF主催大会。

すでに10月にアジアオープンの開催が決まっていますが、その前にも大会が決まりました。

次回大会もジャパンオープンで大会名はジャパンオープン・キッズとジャパンオープン・ノーギの大会でノーギとキッズが同時開催されます。

会場は東京・浜町の中央区スポーツセンター・柔道場です。

■アクセスはコチラから!

キッズ・ノーギ共にルールはASJJF規定のものでアドバンテージなし・延長戦&サドンデスありのルールで行われます。

ASJJFは年内に今大会と10月のアジアオープン、その後に沖縄での大会開催も予定しているとのこと。

12月にはASJJFの母体であるSJJIF(スポーツ柔術インターナショナルフェデレーション)主催の世界大会もLAのロングビーチで開催予定。

第1回大会は参加者があまり多くなく予算不足で大会主催者のジョアオ・シウバの招聘もキャンセルされてしまいましたが、今後も大会を継続開催することで定着していくことでしょう。


akids
『ASJJF JAPAN OPEN NO-GI 2014』
『JAPAN OPEN KIDS 2014』
日時:9/28(日)
会場:中央区スポーツセンター(東京・浜町)
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アズマ・エメルソン



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月09日

【レポ】ASJJF『ジャパンオープン2014』その他の試合

ASJJF『ジャパンオープン2014』、最後のレポはその他の試合まとめ。

いままで紹介してなかった試合の数々を厳選してレポートする。

シニア黒帯では11月のワールドマスターズ出場に意欲を燃やすエジソン・カゴハラが出場。

大会運営の責任者を務めながら試合に出場、ワンマッチ決勝ながら優勝するも極めきれなかったことを悔やんでいた。

女子では青帯でジュリアナ、白帯でキャロリーナとルアナと十代の日系ブラジリアンが活躍。

白帯アブソはINFIGHT JAPANのキャロリーナが制しvsルアナに初勝利。

キャロローナは19歳で過去にブラジルフェスのミスコン優勝歴がある美貌と実力と兼ね備えた選手で今大会後に青帯昇格を果たしている。



01
シニア2黒帯フェザー決勝戦
○エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
×佐野英司(京都何気)
Wガードの攻防からスイープを繰り返してP4-2でエジソン勝利でワンマッチ決勝を優勝。
エジソンは得意の足関節を狙っていたようだが極めれず。



続きを読む

2014年07月08日

【柔術プリースト】#136:ムンジアル2014 Part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回の続編でムンジアル2014のPart.2です。

Part.2では茶帯と黒帯のペナ以上の階級を紹介しています。

配信試合リストです。

【茶帯】
■茶ガロ決勝戦
ウェンデル・オサキ(小川柔術)
vs
伊東圭(AXIS)

■茶メジオ1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
マルコス・ヴィニシウス・ティノコ(アリアンシ・インターナショナル)

■女子茶プルーマ決勝戦
湯浅麗歌子(パラエストラ品川)
vs
パトリシア・フォンテス(チェックマット)

【黒帯】
■黒ペナ2回戦
岩崎正寛(CARPE DIEM)
vs
レアンドロ・カスカオン(BTT)

■黒レーヴィ1回戦
細川顕(ALIVE)
vs


■黒レーヴィ1回戦
チョイ・ワンチョイ(ATOS)
vs


■黒レーヴィ2回戦
サトシ・ソウザ(ATOS)
vs
金子竜也(パラエストラ東京)

■黒レーヴィ3回戦
サトシ・ソウザ(ATOS)
vs
AJアガザーム(グレイシーバッハ)

■黒メジオ3回戦
マルコス・ソウザ(ATOS)
vs
ヴィトー・オリヴェイラ(GFチーム)



ぜひ見てもらいたいのはやはりサトシ・ソウザの試合です。

ムンジアルという大舞台で一本勝ちの連続で大会最終日に勝ち残る奮闘ぶりでした。


07
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)



例によってベスト8以降の試合はDVDに収録されるので、ここでは未配信となりますのでご了承を。

その他、レギュラーコーナーも充実な今回の柔術プリースト、ぜひ見てみてください!


2
BJJテクニックファイルはJP瓩海肇献腑鵝Ε撻疋蹐離謄ニック。
今回はサイドポジションのエスケープです。



3
コレクション紹介は99年発売のムック本「闘うココロ 闘うカラダ」。
日本柔術シーン創成期を彩った1冊!



■#136はコチラから!




★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



gf
【参加者募集中】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県可児市)
■大会詳細はコチラから!



00
【New Item】
『Jiu Jitsu Priest』Tour Tee
50枚限定 4800円
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アデミール・オオタ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月07日

【本日】8/10『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』

gf
8/10(土)、岐阜県可児市の錬成館で開催される柔術&ノーギ同時開催の『Jiu Jitsu Priest CUP 2014 GIFU』の第一次締め切りが本日までとなっています。

この第一次締め切り終了後にエントリーリストを公開し、その後の7/28(月)が第二次締め切り、8/1(金)が最終締め切りです。

第一次締切までに申し込みすれば柔術・ノーギどちらかだと3000円、両方出場でも5000円のお得プライス!

これが第二次締め切り(7/28)になると柔術・ノーギどちらかで4000円(両方7000円)です。

プリーストカップ恒例の参加者全員に配布されるノベルティは今大会のために作成したキーホルダー!

そして大会参加者全員が対象の大会スポンサーから提供された豪華賞品が当たる抽選会もあります。

今大会の男子アダルト無差別級の優勝者には大会特別協賛に名を連ねるShoyorollの柔術衣を贈呈。

この柔術衣は世界的に入手困難なレアキモノを大放出します。

さらに今大会では黒帯のスーパーファイトを組む予定で、それには地元・パラエストラ岐阜のエース、戸所誠哲が出場予定です。


keyc1
大会参加者全員に贈呈されるノベルティ、キーホルダー。
もちろん非売品のレアアイテム!



09
黒帯スーパーファイトに出場する戸所誠哲(パラエストラ岐阜)。
地元・岐阜のメンツを賭けて強豪外国人選手と対戦予定!




その他、大会独自企画満載のプリーストカップ岐阜、多数の参加をお待ちしてます!


gf
【出場申し込み募集中】
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』

日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
大会内容:柔術&ノーギのオープントーナメント。
出場費:
第一次締め切り:7/7(月)
柔術・ノーギどちらか 3000円 両方 5000円
第二次締め切り:7/28(月)
柔術・ノーギどちらか 4000円 両方 7000円
最終締め切り:8/1 (金)
柔術・ノーギどちらか 5000円 両方 9000円
※無差別級追加エントリー 各+1000円
年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1、2、3) 
※当日払い+1000円
■大会詳細はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年07月06日

【大会】8/30『コパ・ブルテリア2014』参加申し込み受付開始!

cb1
8/30(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催されるブルテリア主催『コパ・ブルテリア 2014』の参加申し込みが開始されています。

コチラから!

昨年のコパ・ブルテリアは参加者750名を集め、ゲスト選手も紫帯から黒帯まで招聘し大々的に開催され大盛況となり、国内最大規模の大会の1つになりました。

大会Tシャツや限定キモノも即完売、そして参加者全員に「Jiu Jitsu NERD」創刊号も配布、そしてネットでの解説付きの大会生配信に現役アイドルのメダルガールなど大会以外の部分でも話題となったのを覚えている方も多いのではないでしょうか。

そんなコパ・ブルテリア、大会告知はかなり前からされていましたが、先日より大会申し込みが開始されました。

今年から他大会と同じように早期受付が導入され、早く申し込みをすればするほど参加費が安くなっています。

第一次締め切りが8/1(金)、第二次締め切りが8/15(金)、最終締め切りは8/22(金)です。

参加費は以下の通りとなっています。

【参加費】
第1次締め切り 8/1(金)〜Ate dia 1 de Agosto
出場費 / Taxa de Inscricao
男性 / Mascrino 4000円
女性 / Feminino 3000円
子供 / Infantil 2500円
無差別級 / Absoluto +1000円

第2次締め切り 8/15(金)〜Ate dia 15 de Agosto
出場費 / Taxa de Inscricao
男性 / Mascrino 5000円
女性 / Feminino 4000円
子供 / Infantil 3500円
無差別級 / Absoluto +1000円

最終締め切り 8/22(金)〜Ate dia 22 de Agosto
出場費 / Taxa de Inscricao
男性 / Mascrino 6000円
女性 / Feminino 5000円
子供 / Infantil 4500円
無差別級 / Absoluto +1000円


今年も例年通りに黒帯は参加費無料という特別待遇!

表彰は入賞者全員にメダル授与、さらに男子アダルト無差別級優勝者には副賞として柔術衣も贈呈されます。

エントリーリストは第一次締め切り後の発表となりますが、すでに海外からも大会参加の問い合わせがあり、国内もみならず海外からも参加者があるようです。

ただ今年は日曜日開催ではなく土曜日開催となるのがどう影響するか予測できない部分がありますが、数百人規模の大会となるのは間違いありません。

もちろん今年も豪華ゲスト選手を招聘予定で、その人選は現在調整中で決まり次第発表します。

■コパ・ブルテリア、大会ニュースや過去大会の様子はコチラから!

■柔術プリーストでの配信、2012年大会はコチラ、2013年大会はとコチラから!




copabullterrier2014out_2
【参加申し込み受付中】
『COPA Bull Terrier 2014』
日時:8/30(土)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナ(東京・浅草)
主催:ブルテリア
■大会詳細&申し込みはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】フェリッペ・デラモニカ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年07月05日

【レポ】ASJJF『ジャパンオープン2014』茶帯無差別

それぞれ階級別を優勝したアンデルソンとパンテーラ。

アンデルソンは2試合連続の一本勝ちで優勝だったがパンテーラは反則勝ちという不完全燃焼。

そのせいかパンテーラは当初無差別級のエントリーを渋る様子を見せていた。

「さっき反則したヤツと最後までやりたい。アイツが出るなら出るよ」と言っていたが、結局は無差別にもエントリー。

無差別はミドル級を戦った3選手にパンテーラを加えた4人トーナメントとなり、アンデルソンvsパンテーラは初戦で組まれた。


05
茶帯無差別1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
注目の初対決が実現!



続きを読む

2014年07月04日

【レポ】ASJJF『ジャパンオープン2014』茶帯階級別

茶帯には大会常連のアンデルソン・タカハシと今大会で茶帯デビューとなる爛僖鵐董璽薛瓩海肇凜.鵐妊譽ぁΕ織サキが参戦。

アンデルソンのミドル級は3人、パンテーラのフェザー級はワンマッチ決勝戦となっている。

やはり期待するのはアンデルソンとパンテーラの初対決に他ならない。

アンデルソンは今夏にも黒帯昇格の話があるだけに、この実現のチャンスを逃したら二人の試合は当分の間は見られないのは確実。

そんなアンデルソン&パンテーラが参戦した茶帯の階級別から紹介したい。


01
ミドル級1回戦
○アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
×桜田良彦(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)
試合開始からトバしたアンデルソン、0:32で絞めを極めて一本勝ち。



続きを読む

2014年07月03日

【レポ】ASJJF『ジャパンオープン2014』アダルト黒帯

日本初開催のASJJFの主催大会『ジャパンオープン2014』。

アドバンテージ&レフェリー判定なし、同ポイントの場合はサドンデス突入という特殊ルールを採用しており、今大会が初めてだけに大会前にはルール説明が行われた。

だが終わってみればサドンデスに突入する試合は多くなく、アドバンテージがないとはいえアダルト黒帯の試合は全試合がポイント判定で決着がつき、ルール的な混乱は皆無だった。

アダルト黒帯の注目はプロ格闘家で現役の修斗世界王者・弘中邦佳とヨースキ・ストーの初対戦。

弘中vsヨースキは階級別と無差別で2回の対戦もヨースキが2連勝で2階級制覇を達成し相変わらずの強さを見せた。

1月のプリーストカップに続きまたも優勝を逃した弘中も「これからまた柔術に出たい」と敗れてなお柔術に駅続参戦の意向を示したのは嬉しい限りだ。


01
ライト級1回戦
×カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
○塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
引き込んでスイープした塚田がP2-0で勝利。
セリンゲロは黒帯昇格後いまだ目立った活躍がない。


続きを読む

2014年07月02日

【大会】今後の主な大会予定

これから開催される主な大会予定です。

【7月】
05
『DUMAU JIU JITSU 2014』
日時:7/20(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■大会詳細はコチラから!




720jjfj
『第2回東日本柔術選手権』
『第3回全日本ノーギ柔術選手権』
『第8回全日本キッズ柔術選手権』

日時:7/20(日)
会場:文京区スポーツセンター(東京・文京区)
■大会詳細はコチラから!




3
なお今大会に世界王者のレアンドロ・ロの参戦が決定!
ロは2012&2013のライト王者で2014のミドル王者。
現役の世界王者の試合は必見でしょう。


【8月】
gf
『Jiu Jistu Priest CUP 2014 GIFU』
日時:8/10(日)
会場:錬成館(岐阜県・可児)
■大会詳細はコチラから!



jjfj-logo
『全日本柔術選手権大会 2014』
日時:8/24(日)
会場:墨田区総合体育館(東京・錦糸町)
■大会詳細はコチラから!




06
『DUMAU KANSAI 2014』
日時:8/24(日)
会場:吹田市武道館(大阪・吹田市)
■大会詳細はコチラから!




copabullterrier2014out_2
『COPA Bull Terrier 2014』
日時:8/30(土)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■大会詳細はコチラから!




77
『BJJ-JAM TOKYO ワンマッチ柔術オープン』
日時:8/31(日)
会場:文京区スポーツセンター(東京・文京区)
■大会詳細はコチラから!



【9月】
914n
『DUMAU CHALLENGE』
日時:9/14(日)
会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■大会詳細はコチラから!




77
『第4回全日本柔術オープントーナメント』
日時:9/15(月・祝)
会場:文京区スポーツセンター(東京・文京区)
■大会詳細はコチラから!



DUNAU0921-page-001
『DUMAU OPEN 2014』
日時:9/21(日)
会場:青山記念武道館(愛知・半田市)
■大会詳細はコチラから!



sjjif-banner-300x120
『ASJJF KIDS JAPAN OPEN 2014』
『ASJJF NO-GI JAPAN OPEN 2014』

日時:9/28(日)
会場:中央区スポーツセンター(東京・浜町)
■大会詳細はコチラから!



『群馬オープン』
日時:10/12(日)
会場:伊勢崎市民プラザ(群馬・伊勢崎市)
■大会詳細はコチラから!


lascon
『LASCON CUP WHITE RIOT 2014』
日時:10/13(月・祝)
会場:ミューズ音楽院・本館
※白帯限定大会



asjj ao
『ASJJF アジアオープン GI & No-GI 2014』
日時:10/18&19
会場:青山記念武道館(愛知県半田市)
■大会詳細はコチラから!



mas
『IBJJF ワールド・マスターズ』
日時:11/1&2
会場:ウォルターピラミッド(ロングビーチ・カリフォルニア)
■大会詳細はコチラから!




『アジアオープン2014』
日時:11/8&9
会場:愛知県武道館(愛知県・名古屋市)



『ヒクソン・グレイシー杯国際柔術大会2014』
日時:11/23&24
会場:東京体育館(東京・千駄ヶ谷)



【今日が誕生日の柔術家】ヒーガン・マチャド(48)



©Bull Terrier Fight Gear