English Portugues Japanese

2014年10月

2014年10月31日

【告知】塚田市太郎&マッケンジー・ダーン・セミナー

今週末に開催されるセミナー情報です。

まず本日・金曜日には東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて塚田市太郎(ダムファイトジャパン)のセミナーが開催されます。

塚田選手の実績はもういまさら説明の必要がないほどの強豪選手で今年の全日本王者にして昨年のアジアオープン王者というトップ中のトップ選手。

ほぼ月イチ以上で試合をしており、優勝経験も多数という実力者で過去に行ったセミナーも盛況でした。

ですが今回のセミナーは平日ということもあり、まだ若干の余裕があるそうなので飛び込み参加も可能となってます。

また受講できない方でもオンライン動画サイト「ニコニコ生放送」で生配信が実施されるので、それを使っての視聴も可能です。

セミナーの有料生配信は海外ではたまに開催されたりしてますが、日本ではこれが初のことで、これが成功したら今後も継続開催が可能になります。

ニコ生での有料配信は1000円で生配信の他、タイムシフトで後からでも視聴可能。

タイムシフト有効期限内の1週間の間、繰り返し見られるのでコレはかなりのお値打ちモノ。

セミナー受講と共に、この日本初の試みであるオンラインセミナーをぜひ試してみて欲しいと思います。


tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!




そして土曜&日曜の2日間に渡って東京&愛知で開催されるのはマッケンジー・ダーンのセミナー。

マッケンジーはかの“鉄人”メガトン・ディアスの一人娘にして昨年の世界王者、アウグスト・メンデス“タンキーニョ”のガールフレンド。

幼少期よりメガトンの英才教育を受け、青帯から茶帯までムンジアルで優勝し黒帯では去年と今年で2年連続で3位入賞を果たしています。


mac1
左からタンキーニョ、マッケンジー、メガトン。


テクニックはもちろんパーソナリティも素晴らしく過去にメガトン宅で数日間を一緒に過ごしましたが、いつも笑顔を絶やさずに常にハッピーファミリーだったのが思い出されます。

もちろん実力も折り紙付きでスパーしたときは女子でしかも体格差がある中でも1回のスパーで3、4本は極められてしまった記憶があります。

スパーした感触は完全に力ではなく柔らかい動きの中にキレのある極め待ってる、という感じでした。

この感触は同じく女子のトップ選手のレティシア・ヒベイロとは違うマッケンジー独特の動きといえるでしょう。

■マッケンジー・ダーン技術研究『体格差を埋めるもの』はコチラから!


ホイラー・グレイシーの黒帯にして柔道の高段者でもあるメガトンのオールドスクールなテクニックに加え、タンキーニョが世界王者になり得た最先端コンペティションテクニックの両方を兼ね備えたマッケンジーの柔術は唯一無二のもの。

そんなマッケンジーの日本初セミナーは非常に貴重な機会で、次はいつ実現するかわからないだけに、このチャンスを逃さないで欲しいと思います。

ちなみにこのセミナーは男女とも参加可能で、参加費は6500円。

今回はアジアオープン参加に合わせた自費での来日なので渡航費用の負担がない分、他の海外選手のセミナーに比べ割安な価格設定となっています。


mack
【参加募集中】
『マッケンジー・ダーン JAPAN Tour』
<東京>
11月1日(土)PM19:00〜22:00@荻窪PHYSICAL SPACE
■参加予約はコチラから!

<名古屋>
11月2日(日)AM11:00〜PM2:00@愛知県北体育館
■参加予約はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】DJジャクソン(26)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月30日

【日記】江本敦子・オーストラリア柔術日記 Vol.1

0
約2年に渡るブラジル柔術修行から今夏帰国した江本敦子さん。

ブラジル滞在時にはドゥラードスのフェルナンド・ヴァレンベンのアカデミーで練習し、リオで開催されたマスター&シニア・インターナショナルのマスター茶帯で優勝したりしてました。

帰国後はヒロBJJに入会しプリーストカップ岐阜とコパ・ブルテリアに出場もイザベレ・ソウザに2連敗し、また海外修行に旅立ちました。

今回向かった先はオーストラリアのシドニー!

昔から放浪癖がある江本さんのオーストラリアでの柔術修行の日々を送ってもらったので、これから随時紹介していきたいと思います!


「というわけで、どういうわけだか?今オーストラリアはシドニーに来ています。

シドニーは思っていたよりまだ夏ではなくて、上着が必要なくらい薄ら寒いです。

私は今シドニーのど真ん中、タウンホールという所に住んでいて、語学学校に通っています。

今回は2、3ヶ月ほどの短期の滞在なのですが、こっちで柔術をするのも目的の内でした。

家から歩いて行ける所で道場を探したのですが、意外にシティは道場が少ないです。

多くは電車やバスを乗り継いで行く郊外にあります。

最初に見学に行った道場は、金曜日の夜と土日は練習がなくて、一回の練習時間も1時間15分くらいで終わり。

先生も「オージーは金曜日の夜から飲みに行くんだ、だれも週末は練習しないよ」なんて言って、やる気がない感じ、なのに料金は一週間に50ドル!一ヶ月に200ドル(二万円)もするんです!

今オーストラリアは景気がいいのと、インフレが進んでいるのとで、ここシドニーなんかは世界一じゃないかって言われているくらい物価が高いです。

なんせ最低時給は15ドル(1500円)ですから、道場の月謝が200ドルするのも、まあうなずけますが…。

気を取り直して、次に見学に行ったところが、今私がいるROOTS道場でした。

■サイトはコチラから!

道場はシティのど真ん中にあり、ビルの二階と三階がジムになっています。

柔術の他にもムエタイやボクシング、カポエラのクラスなんかもあって、会員は自由参加できます。

しかも、女性は男性の半額で一ヶ月120ドルくらいと、うれしい特典もあります。

先生はブラジル人のPaulo Guimaracs。

このパウロ先生、過去にブラジルでプロのサーファーをしていたり、プロのパイロットをしていたり、かなりぶっ飛んだ経歴をお持ちです。詳しくはHPにある経歴をごらんください。

2



練習はブラジル式で厳しく?先生の指示がなければ水を飲んだり、トイレに行ったりするのはNGです。先生が話している時に私語をしたりすれば、その場で腕立てとかあります。

メニューは最初にやっぱりしんどいブラジル式なウォームアップがあり、その後テクニックを2、3して、最後はスパーリングといった感じです。

オーストラリアの人は体が規格外にでかい人が多いので、ちょっと心配でしたが、ここの道場は比較的小さな方が多くて、スパーリングはやりやすいです。


1



更にこのROOTS道場には黒帯の女性柔術家Phillipa katonivualikuもいます!(おそらくオートラリアで唯一初の女性黒帯?)

彼女は31歳の時に柔術を始めて、かれこれ12年続けていて、去年黒帯になったそうです。

このフィリッパはシティから電車で20分ほどのRockdaleという所にあるROOTS道場支部で女性だけの柔術クラスを火、木、土曜日に開催しています。

もちろんそちらにもお邪魔して練習しています。

彼女のクラスには20人近くの女性が参加しています!

みなさんほとんど白帯ではありますが、これだけの女性が集まるクラスが他にあるでしょうか?

まさに老若の女性がフィリッパのクラスで柔術を練習しています。

フィリッパは柔術のためにレスリングも習い、レスリングで世界大会にも出場しています。

クラスはレスリングのテイクダウンや、護身術なども交え、スポーツ経験のない女性も気軽に参加できる感じです。

女の子達もみんなやる気に満ちあふれている人ばかりで、この先のオーストラリアの女子柔術が楽しみです。

こんな感じでオージー柔術ライフを満喫中ですが、来月にはシドニーで柔術の大会が多数開催されるようなので、参加してみようと思っています。

試合の様子はまたご報告します!

江本敦子」

3





【今日が誕生日の柔術家】山田悦弘(36)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月29日

【柔術プリースト】#152:TOKYO IPPON FESTIVAL 2014

a
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は年に1回の時間無制限の柔術デスマッチ「TOKYO IPPON FESTIVAL 2014」を配信します!

昨年初開催した「TOKYO IPPON FESTIVAL」略して“TIF”は時間無制限&一本決着のみの特殊ルールを採用した大会。

今年は1大会まるまるTIFルールでの開催ではなくTIFルール2試合と女子トーナメントとワンマッチを混合したイベント形式で行いました。

その全試合を選手コメントを含め、余すところなく完全配信します!

以下、配信試合です。


01
■TIFルール 黒帯フェザー級
加古拓渡(GSB)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



02
■TIFルール 黒帯ライト級
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
嶌崎公次(クラブバーバリアン)



03
■「Next Cinderella BJJ Tournament」決勝戦
山口友花里(白心会)
vs
ルアナ・ディアス(東海BJJ)



05
■「Next Cinderella BJJ Tournament」1回戦
山口友花里(白心会)
vs
ケシア・タケウチ(小川柔術)



04
■「Next Cinderella BJJ Tournament」1回戦
ルアナ・ディアス(東海BJJ)
vs
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)



06
■ASJJF NO-GI 女子アダルト青帯フェザー級スーパーファイト
井上瑞樹(白心会)
vs
三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA)




TIFルールは黒帯2試合、女子トーナメントは白帯&青帯混合マッチ、そしてノーギのスーパーファイトの合計6試合。

バラエティに富んだ今大会、ぜひ見て頂きたいと思います!



b
BJJテクニックファイルはクレバー・ルシアーノの紹介する
クローズドガードからレッグドラッグです。
基本&モダンのミックステクニック!



c
BJJコレクション紹介はアブダビで発行された1面カラーで柔術が扱われてる新聞です。
これぞまさに柔術新聞!



■#152はコチラから!





cup2015 tokyo
【開催決定】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
会場:台東リバーサイド(東京・浅草)

1/12(月・祝):アダルト&マスター白帯&マスター青〜黒帯
1/18(日):アダルト青〜黒帯
■大会詳細は決まり次第告知!



©Bull Terrier Fight Gear

2014年10月28日

【MMA】『REAL.1』開催記者会見

01
10/27(月)、都内のゴールドジム原宿にて総合格闘技イベント『REAL.1』の開催記者会見が行われました。

今大会は5月末にクロン・グレイシーのMMAデビュー戦が行われることのみが発表されていましたが、今回その開催概要と主要参戦選手の発表がされました。

まず開催日時は12/23(火・祝)、会場は有明コロシアムに決定。

さらに出場予定選手として菊田早苗(GRABAKA)、宮田和幸(BRAVE)、中原太陽(和術慧舟會GODS)、サトシ・ソウザ(ボンサイ)、カーロス・トヨタ(ハードコンバット)らが会見に出席。

さらに女子柔術世界王者、ガヴィ・ガルシアの参戦もMMAデビュー戦が行われることも併せて発表されています。


02
「REAL.1」を主催するFIGHTING GLOBE代表山田重孝氏。


そして『REAL』の開催概要として今後は継続的に年3〜4回国内外で開催すること、各階級のチャンピオンを決めるトーナメントを行っていくこと、そして大会の模様はBSフジで放送されることも決定済みで、その他にもインターネットでのオンライン配信も実施予定とのこと。

この旗揚げ戦となる『REAL.1』ではすでに4試合が決定していおり、その他には全13試合を組む予定ということです。

決定済み対戦カードは以下の通りです。

【決定対戦カード】
■メインイベント 73kg以下契約 5分3R
クロン・グレイシー(クロン・グレイシー柔術アカデミー)
vs
TBA

■REALウェルター級タイトルマッチ 5分3R
マルコス・ソウザ(ボンサイ/王者)
vs
高木健太(リバーサルジム川口REDIPS/挑戦者)

■スーパーライト級(74.2kg以下)スペシャルマッチ 5分2R
サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)
vs
DOO JAE JEONG(韓国)

■ウェルター級スペシャルマッチ 5分2R
菊田早苗(GRABAKA)
vs
SONG KENAN(中国)

■女子無差別級 5分2R
ガヴィ・ガルシア(ブラジル/アリアンシ)
vs
藪下めぐみ(FIGHT CHIX)

【出場決定選手】
宮田和幸(BRAVE)
中原太陽(和術慧舟會GODS)
KAZZ(GRBAKA)
カーロス・トヨタ(ハードコンバット)


03
サトシ・ソウザ(ボンサイ柔術)



04
カーロス・トヨタ(ハードコンバット)



今大会がクロン・グレイシーのMMAデビュー戦が最注目なのは間違いないですが、柔術的にはガヴィ・ガルシアのMMAデビューも裏メインといえるでしょう。

ガヴィは昨年のADCC後にMMA転向を表明、今年のムンジアルも不出場でした。

ですがワールド・ノーギではADCC以来、約1年ぶりにグラップリングの試合に出場し相変わらずの強さで余裕の優勝を果たしたのは記憶に新しいところです。

過去には130kgもあった体重を90kg台にまでシェイプし、打撃練習にも余念がないガヴィの初来日&MMAデビュー戦は必見です。

なお、この日に発表されなかったクロン・グレイシーの“超有名な外国人選手”という対戦相手は11月上旬に発表予定となっています。


05
ガヴィ・ガルシア(アリアンシ)



06
ガヴィのMMAデビュー戦はクロンのMMAデビューと並ぶビッグカード!
対戦相手は百戦錬磨のベテラン、薮下めぐみに決定済み。



07
昨年10月に北京で行ったMMAデビュー戦以来、2戦目のMMAに
出陣するサトシ・ソウザ。
サトシの試合も注目度が高く会見後には個別インタビューも。
このインタビューはMMAプラネットに掲載予定。



08
「REAL.1」
日時:12/23(火・祝)開場15:00 開始16:30(予定)
会場:有明コロシアム
主催:FIGHTING GLOBE

■大会サイトはコチラから!


<チケット料金>
SRS席50,000円 S席15,000円 A席10,000円
<チケット販売所>
■REALオフィシャルサイト超先行販売(抽選)
10月28日(火)12:00〜11月3日(月)23:00
http://realfightchampionship.jp/

■プレイガイド最速先行(ローソンチケット)
11月7日(金)12:00〜11月9日(日)23:00

■一般販売(各種プレイガイド)
11月15日(土)10:00〜

【チケットに関するお問い合わせ】
ディスクガレージ:050-5533−0888
(平日12:00〜19:00)



【今日が誕生日の柔術家】ジェファーソン・モウラ(37)、キャロライン・デ・ラセール、ホドリゴ・フェイジャオン、野川賢介



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月27日

【結果】プロ柔術『MATSURI』第6戦

m1
10/26(日)、大阪・世界館で開催されたMATSURI実行委員会主催プロ柔術『MATSURI』第6戦「誰がために鐘は鳴る」の公式結果です。

なお名前&体重、極まり技の表記は主催者発表のものをそのまま載せています。

続きを読む

2014年10月26日

【動画】『Jiu Jitsu NERD』Vol.4 校了&発売記念YouTube

01
10/29(水)に新発売する100%柔術&グラップリング専門誌『Jiu Jitsu NERD』Vol.4の校了&発売記念の告知動画をYouTubeにアップしました。

収録は編集スタッフの3人でメインライターの橋本欽也、デザイナーの森雄大、編集のセラチェン春山の3人。

この宣伝を兼ねた告知動画は毎回行ってますが、いつも誌面紹介だけでなく話が脱線しまくり状態になりますが、してる話は柔術に関するものだけなのでご了承を。

n4
左から森、橋本、春山の編集スタッフ。
この3人で『Jiu Jitsu NERD』は作ってます!


■動画はコチラから!



『Jiu Jitsu NERD』Vol.4、今回も自信作となってますので、ぜひご一読して頂きたいと思います!

またこのVol.4の告知ポスターがセブンイレブンのネットプリントでダウンロードプリントが可能となっています。

登録番号は「SXPJTDQQ」です。

プリントするのに100円かかってしまいますが、今年のムンジアル王者となった選手の勝ち名乗りシーンを集めたかなりイイ感じのポスターになってますので、ぜひプリントしてみてください!

NERD 05 poster
2014年のムンジアル王者がズラリ揃った告知ポスター。
全国のセブンイレブンでダウンロードプリントが可能!




01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円
<コンテンツ>
【大会レポート】
ムンジアル2014
DUMAU
プリーストカップ岐阜
JBJJF全日本選手権
TOKYO IPPON FESTIVAL 2014
コパ・ブルテリア2014
台湾インターナショナルGI&NO-GI
パンアジア2014
ヘイゾン・グレイシー・カップ
ASJJFジャパンオープン
JBJJF東日本選手権
一騎討

【インタビュー】
メンデス兄弟
キーナン・コーネリアス
クロン・グレイシー
ファブリシオ・マルティンス
ヒクソン・グレイシー

【テクニック】
ラルフ・ゴー
シェイン・スズキ
ステファン・カンフィウス

■道場卸受付中!コチラから!
※道場卸、29日到着分の締め切りは10/27(月)、13:00まで!



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】高橋廣輝(43)、ルッシオ・ホドリゲス、レアンドロ・ブラソロト



©Bull Terrier Fight Gear

2014年10月25日

【レポ】ASJJFアジアオープンGI&NO-GI 2014:Part.2

今大会の黒帯はアダルトは少なかったがシニア勢が元気だった。

特にアブソルートで優勝したダニエル・ハトがアブソ2試合で一本勝ち、特に決勝でホジェリオ・クリストを極めたのはアップセットといえる。

これまであまり知られた存在ではなかったハトだが、この試合ぶりを見ると今後も活躍が期待できるだろう。

そして来週末に開催が迫ったワールドマスターズ参戦組のホジェリオ・クリスト、エジソン・カゴハラはそれぞれ階級別で優勝している。


01
シニア1黒帯アブソルート1回戦
○ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
vs
×伊藤秀之(モンスターハウス)
4:24 送り襟絞めで一本勝ちのハト。
勝った瞬間、寝たまま雄叫びを挙げて勝ち誇る!



02
シニア1黒帯アブソルート1回戦
○ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
vs
×ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
電光石火のヒザ十字を極めたハト、なんと23秒の秒殺試合!
2試合連続の一本勝ちでシニア1黒帯で階級&アブソ優勝。



03
シニア1黒帯アブソルート表彰台
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
3 位 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



04
シニア2黒帯フェザー決勝戦
○エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
vs
×佐野英司(京都何気)
ジャパンオープンのリマッチのこの対戦はポイントも同じP4-2でエジソン勝利で
ワンマッチ決勝を制した。



05
アダルト茶帯はギとノーギで同じ顔合わせとなるホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)と
宮尾司(ダムファイトジャパン)のワンマッチ決勝。
ギではシュシャが三角絞めから腕を極めて4:07 一本勝ち。



06
シュシャのノーギはプリーストカップ岐阜以来となるも
三角絞めの状態からスイープし、上になった状態からアンクルロック。
1:42 一本勝ちでギ&ノーギで優勝。



07
シュシャ、宮尾とも階級別は一人エントリーの優勝認定だったので金メダル。
なのでシュシャはギとノーギで2個ずつの金メダル獲得で合計4つのメダルをコレクト。



08
ケシアの妹、カシエリ・ボニ(小川柔術)は男子との対戦に。
だが互角以上の試合ぶりを見せ最後は腕十字を極め4:05 一本勝ちで
ワンマッチ決勝を勝利して優勝。



09
体格差&パワー差がある男子との対戦でも一本勝ちしたカシエリ。
今後も試合経験を積んでいったらどんどん強くなっていくことだろう。



10
ルアナ・ディアス(東海BJJ)はアダルト白帯で1試合のみとなったが
きっちりと2分ジャストで一本勝ち。
決勝は同門シェアで戦わずして優勝。



11
いま最も勢いのあるジュブナイル、マテウス・オンダ(東海BJJ)だが今大会では敗北。
勝ったのはイゴール・タナベ(エクストリームBJJ)でテイクダウンによるP2-0で勝利、優勝した。



01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円
■道場卸受付中!コチラから!
※道場卸締め切りは10/26(日)まで!



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】新川武志(50)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月24日

【レポ】ASJJFアジアオープンGI&NO-GI 2014:Part.1

10/19(日)、愛知県半田市の青山記念武道館で開催されたASJJF主催の「アジアオープンGI&NO-GI2014」は“本家”ともいえるIBJJFアジアオープンのほぼ1か月前の開催となった。

このASJJFはアメリカにあるSJJIF(スポーツ柔術国際連盟)が運営母体のためにHPもほぼ英語オンリーで、またIBJJFアジアオープンと大会開催日が近かったために当初の見込みより参加者が下回ってしまい、選手総数は100人ほどというやや寂しいものとなってしまった。

当初は2日間での開催が予定されていたが急遽1日開催に変更され、また試合マットも2面のみに縮小されている。

これは大会サイトがほぼ英語でエントリーしにくいのが原因と思われ、英語のみのサイトは参加者にとってかなりハードルが高いと思われるが大会運営を担当したエジソン・カゴハラは「IBJJFのサイトも英語だけだから問題ない」とコメント。

とはいえ、この参加者数が現実なのでこの点は早急に改善が必要なのは間違いないだろう。

そんな中行われた試合は黒帯階級別はアダルト、マスター、シニアともほぼワンマッチ決勝だった。

まずは黒帯の試合からレポートする。


01
アダルト黒帯ライトフェザー決勝戦
○小山貴之(福住柔術)
vs
×バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)
シニア2のバトレがアダルトにカテゴリー変更で実現したワンマッチ決勝は
4:56 外掛け反則で小山が勝利。



02
アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
○小山貴之(福住柔術)
vs
×バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)
階級別と同じ顔合わせの無差別は小山がバックからのエゼキエルで6:47 一本勝ち。
ともにワンマッチ決勝ながら2階級制覇を達成。



03
アダルト黒帯アブソルート表彰台
優 勝 小山貴之(福住柔術)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



04
マスター黒帯アブソルート1回戦
○ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
×ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)
3人エントリーのマスター黒帯無差別。
1回戦は2:45 送り襟絞めでヨースキ一本勝ちで決勝戦へ。



05
マスター黒帯アブソルート1回戦
○セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
×ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)
階級別と同じ対戦は延長戦に突入する接戦に。
P2-2からスイープを決めたセリンゲロが競り勝って勝利。



06
決勝戦はヨースキとセリンゲロのImpacto Japan BJJでシェア。
ヨースキは今大会で全試合を極めて勝利し、来週のワールドマスターズ参戦に
向けて絶好調の様子。



07
シニア1黒帯ライト決勝戦
○ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
vs
×伊藤秀之(モンスターハウス)
1:39 アームロック



08
マスター黒帯ミディアムヘビー決勝戦
○ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
×アンデウソン・マルケス(東海BJJ)
3:49 腕十字



09
マスター黒帯フェザー決勝戦
○カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
×ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)
2:49 送り襟絞め



01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円
■道場卸受付中!コチラから!
※道場卸締め切りは10/26(日)まで!



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーin
ミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー
(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!


【今日が誕生日の柔術家】澤田真琴(40)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月23日

【本日発売】『Fight & Life』Vol.45

00
本日発売の『Fight & Life』に記事を寄稿させてもらっています。

今回は3本の原稿を載せて頂きました。

まずはワールドマスターズ・プレビューとしてヨースキ・ストーのインタビュー&テクニック。

当初、この記事は杉江“アマゾン”大輔&ヨースキ・ストーの対談形式で載せる予定でしたが、杉江選手がワールドマスターズ欠場となり、ヨースキの単独記事として再構成したもの。

対談では互いの印象や過去の試合の振り返りなどの感想など興味深い内容だっただけにこの部分がお蔵入りしてしまったのは残念。

ですが逆にヨースキの単独となったのでヨースキ自身のプロフィール的な部分にも多く触れられることができたのはよかったかもしれません。


01
当初予定してたトビラの大写真はこれ。
アマゾン&ヨースキの対談は残念ながらお蔵入りに!



ヨースキの紹介しているテクニック「クローズドガードからのアームロック」もパスガードからそのまま極めにいけるいいポジションなので、そこもぜひ見て頂きたいと思います。


10
ヨースキのテクニック、その場で「何がイイ?」と聞いて
「得意なのお願い」ってリクエストしたらこれを紹介してくれました。
「パスしてそのまま極められるから大好き」とのこと。




そしてもう1つはケシア・タケウチを二人の妹、カシエリ&パウラとともに紹介。

ケシアは国内トップ青帯でムンジアルでも3位に入賞した実績がありますが、その妹たちも試合で多くの結果を残しています。

特に最近アダルトで試合デビューした次女のカシエリはかなりの逸材との評判ですでにアダルトでも優勝する実力を持ってます。

そんな3姉妹のインタビューは今後必ず活躍するであろう選手の先取り的なものとなってます。


IMG_5682
ケシア、カシエリ、パウラのボニ三姉妹。
ケシアは母親姓を名乗ってるからタケウチですが、正式なフルネームは
ケシア・タケウチ・ボニです。




最後は来週末にLAで開催されるワールドマスターズのプレビュー記事で参戦予定選手の紹介と見どころを書かせて頂きました。

昨年はムンジアルに先駆けてワールドマスター&シニアで黒帯世界王者が誕生しましたが、今年も強豪が多数遠征予定なので昨年以上の好結果が期待できます。

そんなワールドマスターズの注目選手をピックアップして紹介しました。

以上3つの柔術原稿、ぜひチェックしてください!


1281682974_p
【発売中】
『Fight & Life』Vol.45
定価 920円
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月22日

【柔術プリースト】#151:ドゥマウ愛知

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回に続きドゥマウの大会から愛知大会を配信します。

ドゥマウの愛知大会は毎回500人以上を集める大規模で開催され多数の強豪が集まる日本でも屈指のハイレベルな試合が行われてます。

そんなドゥマウ愛知大会にはサトシ・ソウザが緊急参戦!

IMG_4027fb
サトシ・ソウザ(ボンサイ)


ムンジアル3位の実力を遺憾なく発揮し秒殺試合の連続を見せてくれてるので、それはぜひチェックして頂きたいところです。

その他にも黒帯から女子の中から一本決着した試合を中心に厳選したベストマッチの数々を紹介します。

配信試合は以下の通りです。


■アダルト黒帯ミドル決勝戦
ホベルト・サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
vs
伊東元喜(柔専館)

■アダルト黒フェザー決勝戦
加古拓渡(GSB)
vs
小山貴之(福住柔術)

■アダルト黒ライト決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)

■アダルト黒アブソルート準決勝
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
加古拓渡(GSB)

■アダルト黒アブソルート準決勝
サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)

■アダルト黒アブソルート決勝戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
サトシ・ソウザ(ブルテリア・ボンサイ)

■アダルト茶フェザー決勝戦
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
vs
鈴木恒太(ブルテリア・ボンサイ)

■アダルト白帯ルースター決勝戦
カシエリ・ボニ(小川柔術)
vs
里岡久美子(柔専館)


07
サトシvsアンデルソンの初対決!
アンデルソンは8月にマルキーニョス、9月にサトシと
ソウザ兄弟と連戦に!



01
茶フェザー決勝ではレアなパンテーラの一本勝ちが!
試合巧者のパンテーラ、たまには極めます!



02
ケシアの妹、カシエリのアダルトデビュー戦。
若干14歳のカシエリですが、すでにアダルトでも優勝するほどの実力!


■アダルト白帯フェザー決勝戦
山口友花里(白心会)
vs
ルアナ・ディアス(東海BJJ)

■アダルト青帯ミドル決勝戦
ナターシャ・アケミ(小川柔術)
vs
アリーネ・オリヴェイラ・スガ(ベース柔術ペレイラチーム)

■アダルト茶アブソルート準決勝
ホブソン・タンノ(Impavto Japan BJJ)
vs
後藤貴史(チームレグナム)

■アダルト茶アブソルート決勝戦
ホブソン・タンノ(Impavto Japan BJJ)
vs
ヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)

■アダルト青帯アブソルート決勝戦
ケイコ・ナガガネク(小川柔術)
vs
井上瑞樹(白心会)


08
ケイコvs井上の試合はケイコが序盤にあわやの場面を作るほどの好勝負に!




中でも必見なのはサトシvsアンデルソンの初対決とケシアの妹、カシエリのアダルト初試合。

さらに加古vs小山やケイコvs井上のドゥマウ愛知大会の定番対決もお互いの手の内がわかり切ってるだけに洗練された名勝負となってます。

今回紹介してる試合のほぼ全てが一本決着なので見どころは満載です!


2
BJJテクニックファイルはクレバー・ルシアーノの
クローズドガードからレッグドラッグです。
クレバーの真骨頂はパスガードにあり!



3
コレクション紹介は2004年のカンペオナート・ジャポネーゼの
大会パンフ。
カンペオナートは今年復活しましたが、どうせ復活させるなら大会名だけでなく、
こういった大会パンフや帯チャレも復活させて欲しい!



■#151はコチラから!





cup2015 tokyo
【開催決定】
『Jiu Jitsu Priest CUP 2015 TOKYO』
会場:台東リバーサイド(東京・浅草)

1/12(月・祝):アダルト&マスター白帯&マスター青〜黒帯
1/18(日):アダルト青〜黒帯
■大会詳細は決まり次第告知!



【今日が誕生日の柔術家】ホメロ・ジャカレ・カバウカンチ(62)、アダム・カユーン



©Bull Terrier Fight Gear

2014年10月21日

【発売中】『柔術魂』vol.9

01
今回は「My Jiujitsu My Life」と題し、ヒクソン・グレイシー、ジャンジャック、サウロ・ヒベイロなど柔術レジェンドたちが登場し、柔術のあるべき姿、柔術哲学について語る一方、フェリペ・ペーナ・プレギーサ、湯浅麗歌子、キーナン・コーネリアス、中村大輔、ゲイリー・トノン、マーシオ・アンドレらのトップ選手たちも自らの柔術人生、柔術哲学について語ります。

また、名匠シセロ・コスタが語る強豪選手を生み出してきた理由、JJGFの副創設者トニー・パセンスキーが語るヒクソンとインビジブル柔術の凄さ、そして闘病を終え、見事復帰を果たした生田誠が考える、あるべき柔術の姿についてなど、読みどころ満載。

特典映像も多数収録し、お得な1冊となっています。


02
ヒクソン・グレイシー



03
フェリッペ・ペナ“プレギーサ”



04
ゲイリー・トノン



テクニックでは、ガードの達人と言われる生田選手のガードテクニックが注目。

またフーベンス・シャーレス・コブリーニャが、ガードが上達するドリル3種をわかりやすく紹介してくれます。

一方で、フェリペ “プレギーサ”ペーナがラペラを使ったガードなどモダンなテクニックを5種類紹介。

レアンドロは得意のパスガードを、また、北米柔術界の新星ゲイリー・トノンがクロン・グレイシー戦で使ったテクニックを惜しげも無く公開。

さらに、植松直哉選手による力を使わない襟のつかみ方や話題のテクニック、ファンクロールも注目です。

また、今回のDVDでは、2013-14ベストファイト映像10選と台湾国際GI&NOGIのツアーレポート映像が注目。

ベストファイトは植松直哉選手が技術解説。

台湾ツアーでは現地での選手たちの様子やセミナー風景を紹介し、さらにはエジソン篭原、小笠原誠、荒牧誠、村上直、ヨースキ・ストーの黒帯5選手が話題のラペラガードやホワイトグリップなど、実戦的な技術を紹介しています。


05
台湾国際ツアーレポート



06
植松直哉選手による力を使わない襟のつかみ方



07
エジソン篭原、小笠原誠、荒牧誠、村上直、ヨースキ・ストーの黒帯5選手が
各自が得意とするテクニックをレクチャー。




--------------------------------------
インタビュー:ヒクソン・グレイシー/レアンドロ・ロ&シセロ・コスタ/フェリペ “プレギーサ”ペーナ/フーベンス・シャーレス・コブリーニャ/湯浅麗歌子/ミッシェル・ニコリニ/キーナン・コーネリアス/ゲイリー・トノン/マーシオ・アンドレ/植松直哉/ジャンジャック・マチャド/トニー・パセンスキー/生田誠

DVD映像:2013-2014ベストファイト10 Selected by 柔術プリースト/台湾国際GI&NOGIツアーレポート/クロン戦のエスケープ法公開byゲイリー・トノン/無駄な力を使わない道衣のつかみ方by 植松直哉/鉄壁ガードを作るテクニックby生田誠/相手を回転させるパスガードbyレアンドロ・ロ/ガード力アップのドリルを大公開byコブリーニャ/簡単にとれるクローズドガードbyジャンジャック・マチャドほか



01
【発売中】
『柔術魂』Vol.9
■購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ホドリゴ・タニグチ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月20日

【結果】ASJJFアジアオープンGI & NO-GI 2014:主な結果

vertical-banner
10/19(日)、愛知県半田市で開催されたASJJF主催「アジアオープンGI & NO-GI 2014」の主な結果です。



15
アダルト黒帯アブソルート
優 勝 小山貴之(福住柔術)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



08
アダルト黒帯ライトフェザー
優 勝 小山貴之(福住柔術)
準優勝 バトレ・キハラ(Impacto Japan BJJ)



12
マスター黒帯アブソルート
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
3 位 ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)



04
マスター黒帯フェザー
優 勝 カーロス・キムラ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ホベルト・ヨコヤマ(MY TEAM BJJ)



03
マスター黒帯ミディアムヘビー
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 アンデウソン・マルケス(東海BJJ)



11
シニア1黒帯アブソルート
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
3 位 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



01
シニア1黒帯ライト
優 勝 ホジェリオ・クリスト(ホシャ)
準優勝 伊藤秀之(モンスターハウス)



05
シニア1黒帯スーパーヘビー
優 勝 ダニエル・ハト(Over Limit BJJ)
準優勝 アレッサンドロ・トルクアト(小川柔術)



02
シニア2黒帯フェザー
優 勝 エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)
準優勝 佐野英司(京都何気)



13
アダルト茶帯アブソルート
優 勝 ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 宮尾司(ダムファイトジャパン)



16
マスター茶帯アブソルート
優 勝 エヴェルトン・アサオ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 リオベール・イケダ(セキタニゴールドチーム)
3 位 サンパイオ・ウエダ(Impacto Japan BJJ)



06
マスター茶帯ライト
優 勝 マーシオ・コバヤシ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 小林泰司(志摩BJJ)



09
マスター茶帯ミディアムヘビー
優 勝 エヴェルトン・アサオ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 リオベール・イケダ(セキタニゴールドチーム)



07
シニア1茶帯ミドル
優 勝 マーシオ・コバヤシ(ホシャ)
準優勝 アレクサンダー・シネリ(東海BJJ)



14
ノーギアダルト茶帯アブソルート
優 勝 ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 宮尾司(ダムファイトジャパン)



17
チームポイント
優 勝 Impacto Japan BJJ
準優勝 東海BJJ
3 位 ホシャ柔術



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月19日

【画像】2003年のムンジアル周辺風景

前回の2003年のムンジアルに出ていた選手画像が好評だったので、今回はそのムンジアルの周辺で撮った画像を紹介します。

まだブラジルで開催されていた頃のムンジアルは牧歌的というかよくいえば大らか、悪く言えば何でもありな感じで路上で商品を売るのが当たり前の世界でした。

大会スポンサーになると会場の中にブースが出せるのですが、それができない小さなブランドはムンジアル周辺の路上での販売が常で、それもKEIKOみたいなそこそこ名の売れたメーカーも会場の外に勝手にブースを出してギやTシャツを販売してたものです。

中にはメーカーではなく個人で手作りの柔術フィギュア、というか粘土細工みたいなのを売る路上アーティストまで!

こういう風景を見るとブラジル時代のムンジアルと今のムンジアルはまったくの別モノなんだなあと感じます。


04
KEIKOの路上ブース。
ここの社長はブラジル人じゃなくて英語が話せるから持参した日本の柔術グッズと
物々交換した思い出があります。



05
今もあるのはわからない「WAR」。
WARは柔術衣にイチ早く迷彩柄を取り入れた新興ブランドでした。

06
2001年に行った初ブラジルでその存在を知ってデザインの奇抜さに驚き、
また値段の安さにも驚きました。
一番安いモデルは確か100レアル、5000円ぐらいで買えたような?



07
「SHIROI」も日本ではなかなか見かけないレアブランド。
ここのギは安くて軽いけど品質がめちゃめちゃでヒドかった!
でもレアだから、と1着未使用で持ってます。



01
路上で自作の柔術フィギュアを販売してた人。
しかも路上でペイント修正したり作業中!



02
その出来は正直ガキんちょの工作レベル!
お値段もそこそこしたから買わなかった記憶があります。



03
今はなきマシャドの社長と息子。
マシャドはこの2003年ぐらいまではトップメーカーでしたが、
この辺りを境に規模を縮小、最終的にはYUDANの工場になってしまいました。
工場まで行って在庫の棚を漁って旧ロゴモデルを探し出して購入したのもいい思い出です。
社長が着てるこのTシャツももらいました。



08
これはイパネマにあったホットブラッドのショップ。
アリアンシ・リオのジジ・パイヴァがオーナーのブランドです。



09
店内はキレイで格闘技ショップというよりアパレルショップ的な感じ。
ここで働いてた掃除係の女の子がやたら可愛かった!



10
街中で遭遇したジャカレ。
リオを歩いてるとそこら中で柔術家に遭遇します。
「柔術」って書いてあるTシャツとか着てる人はそこら中にいて全然珍しくない感じ。
さすがブラジルです!



【今日が誕生日の柔術家】フェリッペ・ペナ“プレギーサ”(23)、マーシオ・アンドレ(20)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月18日

【告知】10/31:塚田市太郎セミナーinミューズ柔術アカデミー

tsuka
10/31(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーで開催される塚田市太郎(ダムファイトジャパン)のセミナーの告知です。

このセミナーは通常のセミナーだけでなく日本初の試みとなるオンライン配信も同時開催。

その記念すべき第1回として行うのが日本屈指のパスガードマスター、塚田市太郎選手です。

塚田選手といえば長期に渡るブラジル修行を敢行し黒帯を取得、国内外で多くの大会に参戦し優勝&入賞歴も数多い強豪中の強豪。

そんな塚田選手が得意とするパスガードの奥義を大公開予定!

07
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



いま柔術シーンは世界的にガードワーク全盛期と言われてますが、そんな中にあって塚田選手のパスガード主体のファイトスタイルは一際異彩を放っています。

先日開催された「TOKYO IPPON FESTIVAL 2014」での時間無制限&ノーポイント、一本決着のみの試合でも敗れたもののパスガードに成功したのは記憶に新しいところ。

塚田選手自身も「パスガードには絶対の自信がある!」と豪語するテクニックの数々をぜひ体感して頂きたいと思います。

セミナーに来れない方はニコ生で有料生配信がありますので、そちらでチェックして下さい。

ニコ生のページにアクセスして頂き、そこでネットチケットを購入してもらえば予約完了となります。

もちろんリアルタイムで見れない方も後からタイムシフトで見ることが可能で、配信後1週間は繰り返し見ることも可能です。

価格は破格の1000円!

1000円で自宅にいながらにして塚田セミナーが見れてしまうのはお値打ちでしょう。

初めての試みのセミナー生配信、これが成功したら定期開催していく予定となってるので、ぜひニコ生配信もチェックしてもらえたらと思います。



tsuka
【参加募集中】
『塚田市太郎セミナーinミューズ柔術アカデミー』
日時:10月31日(金)20:00-22:00
会場:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
参加予約:mepinfo@muse-enterprise.com
■ニコ生予約はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月17日

【新発売】『Jiu Jitsu NERD』Vol.4、10/29発売!

01
100%柔術&グラップリング専門誌『Jiu Jitsu NERD』Vol.4の発売日が10/29(水)に決定しました!

まだ作業中ですが、ほぼ誌面もできており今週末には入稿予定となりました。

今号の目玉は誌面の約半分を割いた総ページ数30ページ以上にも及ぶムンジアル2014大特集!

昨年のムンジアル特集号は14ページだったので今号は倍以上となってます。


02
6月にLAで開催されたムンジアル2014を大特集。
柔術の最高峰大会を徹底レポート!



ムンジアル特集は試合レポートを詳細に行い、女子を含む黒帯決勝戦を全試合、そして日本人選手の活躍も黒帯・色帯を含めほぼ全選手を写真付きでカバー。

03
ムンジアル3位のサトシ・ソウザ。
惜しくも準決勝で敗れるもメダル獲得。



04
ベスト8進出の芝本幸司はジョアオ・ミヤオと大激闘を展開。



05
そして日本人初の黒帯世界王者の八木沼志保!
日本柔術界の悲願がついに達成されました。




試合レポートだけでなくメンデス兄弟のインタビュー&テクニック、キーナン・コーネリアス&クロン・グレイシーのインタビュー、そしてミヤオ兄弟の大会翌日のミニ・インタビューと選手の生の声も多数紹介と特集と呼ぶに相応しいボリュームと濃度といえるでしょう。


06
メンデス兄弟のインタビュー&テクニック。
ムンジアルのことだけでなく自身の過去のベストマッチや
最大のライバル、さらに日本人選手のことにまで言及。


07
キーナンはセミナーで来日した際に行ったインタビューを掲載。
練習内容を聞いたら衝撃の返答が!


08
ムンジアルに出てないクロン・グレイシーもムンジアル枠でのインタビュー。
なぜムンジアルに出ないのか?!その答えはここにある!




さらに海外レポでフィリピンで開催されたパンアジア、台湾で開催された台湾インターナショナル、国内大会も主要大会をほぼカバーしてます。

そしてヒクソン・グレイシーのインタビューは『Fight & Life』に掲載したもの残り部分をこちらに掲載し、『Fight & Life』と『Jiu Jitsu NERD』の2号を併せて読めば完全版として完結するようになっています。


09
奇しくもクロンとヒクソンのインタビューが同時掲載!
『Fight & Life』と併せてインタビュー完全版となります。




また第0号ではまったく掲載されてなかったテクニックページも方向転換により大充実でラルフ・ゴー、シェイン・スズキ、ステファン・カンフィウスがフィリピン枠で登場。

このフィリピンで行った史上最年少コラル帯のファブリシオ・マルティンスのインタビュー&テクニックもあります。


10
史上最年少コラル帯のファブリシオ・マルティンス。
柔術=セルフディフェンスと語るファブリシオ、日本メディア初登場。


11
フィリピン=ラルフ・ゴー!
ラルフの昭明するテクニックはワームガードからのベリンボロという
超難解テクニック!



と、今号は詰めに詰め込んだせいでレギュラーページのDVDレビューやTシャツコレクション、黒帯名鑑にコラムなどは全カット!

フルカラー64ページでパンパンに情報を詰め込みました。

そして今号からお値段がちょっと上がって1冊600円となりましたので、ご了承下さい!

値上げした分、それ以上の価値はある!と自負しております。

発売の暁にはぜひご購入頂けたら幸いです。

もちろん今号も道場卸を受付します。

道場卸をご希望の方は以下のメアドまでご連絡を!

reversaling★gmail.com(★を@に変換)

道場卸は10冊以上から受付で1冊550円、送料無料となっています。

10冊の場合は5500円、15冊の場合は8250円、20冊なら11000円です。

10冊以下のご注文の場合は定価の1冊 600円+送料80円で対応します。

またブルテリア、イサミ各店舗、書泉グランデ、公武堂でも購入可能ですので、お近くの方はそちらをご利用下さい。

道場卸注文は10/26(日)までにご注文頂ければ発売日までにお届け可能!

さらに10冊に1枚、特製の非売品『Jiu Jitsu NERD』パッチを特典で付けさせて頂きます。

これは前回特典で付けたモノとは違い、また新たに製作した過去最大で縦4.5cm×横25僂離咼奪哀汽ぅ此

ぜひこの機会に道場卸をご利用頂きたいと思います!


1
道場卸特典の非売品パッチ。
新規製作のニューバージョン!



2
上が最初期のパッチで真ん中が前回のナード発売時のモノ。
そして下のが今回の特典パッチ。
かなりサイズが大きくなってます!




01
【10/29発売】
『Jiu Jitsu NERD』Vol.4
600円

【大会レポート】
ムンジアル2014
DUMAU
プリーストカップ岐阜
JBJJF全日本選手権
TOKYO IPPON FESTIVAL 2014
コパ・ブルテリア2014
台湾インターナショナルGI&NO-GI
パンアジア2014
ヘイゾン・グレイシー・カップ
ASJJFジャパンオープン
JBJJF東日本選手権
一騎討

【インタビュー】
メンデス兄弟
キーナン・コーネリアス
クロン・グレイシー
ファブリシオ・マルティンス
ヒクソン・グレイシー

【テクニック】
ラルフ・ゴー
シェイン・スズキ
ステファン・カンフィウス

【ポスター】
ポスターがセブンイレブンのネットプリントでダウンロードプリントできます。
登録番号は「SXPJTDQQ」です。



【今日が誕生日の柔術家】木部亮(38)、マルコス・トレグロッサ(34)、パブロ・シウバ(28)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月16日

【好評発売中】GRACIE MAG #210 Review by 内山裕規

_0025854
さてさてまたやってきましたGRACIE MAGのレビューをさせて頂いております内山です。

最近急に寒くなってきましたね。。。

急な天候の変化で体調を崩さない様に気を付けてくださいね。

さてさて今回の表紙はフラビオ・アルメイダとフェリッペ・デラ・モニカ!!

GRACIE BARRAの2方ですね^^!

みなさんが気になるテクニック紹介ですが、今回はバタフライガードをフラビオ・アルメイダが紹介しております。

余談ですが私はなかなか相手をこの形に持ってこれません^^;笑

今回もRIGHT and WRONGということで、正しいバタフライガードの位置をまず説明してくれておりますのでバタフライガード初心者の方もとても入りやすいと思います。

足の位置もしっかり説明してくれております。

形が出来たら次はテクニック!

SWEEP、SUBMITIONを4つ紹介しております。

細かいところもしっかりと写真で紹介しておりますので、是非とも試してみてください。

そしてその次のページにはフェリッペ・デラ・モニカによるバタフライガードからのSWEEPとSUBMITIONも紹介されております。

ということで今回は7つの紹介があります^^

要チェックです!

続いてFACE TO FACEではビア・メスキータのインタビューです。

今回のムンジアルでは階級別、無差別ともに優勝と快挙!!

そんな彼女の柔術に関してのページも一見頂けたらなと思います*^^*

LIFESTYLEはエナジードリンクやサプリメントに関して載ってます。

必要性に関して書かれているので…飲んでない私からするとそうなのかって思ってしましまうページです。

INTROのトップページはリオオープンに出場し、見事無差別も優勝したジョアオ・ミヤオ!!

こちらも是非ともご覧ください!

そのほかにもGRACIE MAGは盛りだくさん!!

是非ともお買い求めいただけたらと思いますのでよろしくお願い致します!!


Graciemag_210_review_EN-300x222
【好評発売中】
『GRACIE MAG #210』
■詳細&購入はコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月15日

【レポ】10/13『WHITE RIOT 2014』

10/13(月・祝)、東京・代々木のミューズ音楽院で初開催された『WHITE RIOT 2014』は白帯限定大会。

白帯限定とはいえアダルト、マスター、シニアに女子で出場者数は延べ人数で130人がエントリーし第一次締め切りを過ぎた直後に異例の出場申し込み早期終了になった。

これは柔術の初心者=白帯にターゲットを限定したことや参加費を低く設定したこと(第一次締め切りまでのエントリーで2000円)などが人気となったと思われる。

試合は体育館ではなくイベントホールで開催されるために通常の試合マットよりやや小さめで観客席も広くはないが、逆にそれが選手と応援の距離を近くし臨場感たっぷりの大会となった。

だが初心者が多かったせいかルールの周知がされておらずレフェリーの「パロウ」の声が掛かってもそのまま試合を続行したり、場外になっても攻防を続けたりという場面も目立った。

さらに途中で消火器が倒れ消火剤が会場内に充満して試合中断を余儀なくされるアクシデントがありながらも全100試合オーバーの熱戦は大きな怪我もなく幕を閉じた。

主催者であるLas Conchas代表の板橋氏は以下のように語った。

「このホールで定期的に大会を開催し柔術の裾野を広げる活動をしていきたいと思ってます。またこのミューズ音楽院ではミューズ柔術アカデミーという柔術クラスを週に2回開講中で、YouTubeの柔術プリーストの収録やニコ生配信、有名黒帯を招いてのセミナーなども行っています。さらに大会やセミナーの開催を定着させて各イベントを連動していき、代々木を柔術の情報発信の場としていきたいですね。」

なお次回大会として青帯限定大会「BLUE DESTINY 2014」を同会場で12/14(日)に開催予定となっている。


01
アダルト白帯ルースター決勝戦
○大滝恭青(パラエストラTB)
vs
×染谷貴文(パラエストラ古河)
優勝した大滝は今大会の前日にも試合に出場し2日間連続の大会となったが
連戦の疲れも見せずに2試合を勝利。



続きを読む

2014年10月14日

【結果】『WHITE RIOT 2014』

wr2014
10/13(月・日)、東京・代々木のミューズ音楽院で開催されたLas Conchas/ミューズエンタープライズ主催『WHITE RIOT 2014』の試合結果です。


続きを読む

2014年10月13日

【珍キモ】パチもんのショーヨーロールのギ

いま世界で最も人気のキモノといっていいショーヨーロール。

発売前の予約段階で完売することも珍しくなく世界的に品薄状態の人気ブランドです。

数年前からジワジワと人気を集めてましたが、まさかここまで爆発的なブレイクを果たすとは思いませんでした。

毎年ムンジアルでは限定でギを売ってて、今年はそれを入手するために早朝5時に会場で並ぶ人も!

実は2011年のムンジアルで売られた限定バージョンを購入したことがあります。

当時は朝5時ってこともなく普通に会場オープンの9時に並んでも買えてました。

■2011年のムンジアル限定モデルはコチラから!

いまではそのモデルが定価の倍以上の金額の$500前後で取引されてると聞いてびっくり!

帰国後すぐに手放してしまいましたが、あのとき売らずにコレクションで持っとけばよかったです。

そんなみんな大好きショーヨーロールのある意味レアなギを入手しました。

なんとオリジナルではなくフェイク、つまり偽物です。

よく有名ブランドのバッグなどではコピー品が出回りますが、ついに柔術衣でもコピーが作られるようになるとは!

コピーが出るのは人気の証とは言いますが、ショーヨーロールのヴィンスに聞いたら「e-bayに出てるショーヨーロールのギはコピーが多いよ。マジでウザい!」と怒り心頭でした。

幸いなことに日本ではまだコピー品は出回ってないようですが警告という意味も含めオリジナルと比べて紹介したいと思います。


01
左の青のギがコピー、白がオリジナルです。



続きを読む

2014年10月12日

【柔術プリースト】#150:DUMAU CHALLENGE 2014

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのはドゥマウ秋の浅草大会「DUMAU CHALLENGE 2014」です。

ドゥマウの大会は常連メンバーが多いので、いつも似たような顔合わせになってしまうので今回は思い切って白帯から黒帯までの全帯色の試合を配信してます。

白帯はジュベニウのマテウス・オンダの秒殺試合の連続、青帯は柔術デビュー以来無敗だったルーカス・ヒロサワを階級別&アブソでフューチュア。

そして紫帯からもドゥマウ常連選手の試合が目白押しとなってます。

以下、配信試合リストです。

『DUMAU CHALLENGE 2014』
■アダルト黒帯ライト1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)
vs
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)

■アダルト黒帯ライト決勝戦
ヨースキ・ストー(Imoacto Japan BJJ)
vs
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)

■アダルト黒帯アブソルート決勝戦
高本裕和(ポゴナ・クラブジム)
vs
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)

■マスター黒帯アブソルート決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
佐藤和弥(パラエストラ綾瀬)

03
ヨースキ・ストー(Imoacto Japan BJJ)
vs
アンデルソン・タカハシ(ホシャ柔術)

■アダルト紫帯ルースター決勝戦
ジウソン・ソネ(INFIGHT JAPAN)
vs
向井郁雄(グレイシーバッハ東京)

■アダルト紫帯フェザー決勝戦
中村浩士(CARPE DIEM)
vs
池谷雅弘(ラグナロク柔術)


06
ジウソン・ソネ(INFIGHT JAPAN)
vs
向井郁雄(グレイシーバッハ東京)

■アダルト青帯ヘビー決勝戦
ガブリエル・レキ(セキタニゴールドチーム)
vs
ルーカス・ヒロサワ(INFIGHT JAPAN)

■アダルト青帯アブソルート決勝戦
ルーカス・ヒロサワ(INFIGHT JAPAN)
vs
Steve Grigdesby(AXIS)

09
ガブリエル・レキ(セキタニゴールドチーム)
vs
ルーカス・ヒロサワ(INFIGHT JAPAN)

■アダルト茶帯ライト決勝戦
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
vs
野口学(南河内柔術クラブ)

■アダルト茶帯ラアブソルート決勝戦
荒井“スロース”勇二(Over Limit BJJ)
vs
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)

03
ホブソン・タンノ(Impacto Japan BJJ)
vs
野口学(南河内柔術クラブ)

■女子アダルト青帯アブソルート1回戦
倉持梨奈(パラエストラ千葉)
vs
坂村優子(草柔会岩手)

■女子アダルト青帯アブソルート1回戦
キャロリーナ・ミホ(INFIGHT JAPAN)
vs
荒川弥加(AREA長崎)

■女子アダルト青帯アブソルート決勝戦
倉持梨奈(パラエストラ千葉)
vs
キャロリーナ・ミホ(INFIGHT JAPAN)

04
倉持梨奈(パラエストラ千葉)
vs
キャロリーナ・ミホ(INFIGHT JAPAN)

■アダルト白帯アブソルート
マテウス・オンダ(東海BJJ)
1回戦から決勝戦

14
マテウス・オンダ(東海BJJ)



2
今回の衣装提供して頂いたのはreversalから発売中のミッキーマウス柔術バージョン。
発売後バカ売れですでに在庫僅少とのこと。
欲しい方はお早めに!



3
BJJテクニックファイルはクレバー・ルシアーノの
オープンガードからのトライポッドスイープ。
シンプルテクなのですぐマスターできるはず!



■#150はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】杉江“アマゾン”大輔(34)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月11日

【画像】ムンジアル2003に出場していた選手たち

いまJiu Jitsu NERDの作業中で過去画像を探すのに昔のハードディスクを漁ってたら懐かしい画像を発掘しました!

今日紹介するのは2003年のムンジアルに出ていた有名選手たちの画像です。

当時はまだただの柔術ファンとして毎年ブラジルまでムンジアルを見に行ってたのです。

当然マットサイドに入れるわけもなく会場をうろつきながら知ってる選手がいたらコンパクトデジカメで写真を撮らせてもらってたのでした。

もう11年も前のレア画像を一挙お蔵出しです!


01
マーシオ・フェイトーザ。
当時はまだ現役バリバリでしたが決勝戦でダニエル・モラエスに
ビミョーな判定で負けてました。
ちなみにその試合のレフェリーはマルコ・バルボーザ。



続きを読む

2014年10月10日

【告知】12/7『ブルテリアオープン2014』開催決定!

btopen2014
すでにサラッと告知してますが来る12/7(日)、静岡県浜松市の浜松武道館にてブルテリア主催『ブルテリアオープン2014』が開催されます。

ブルテリア主催大会は夏の『コパ・ブルテリア』、冬の『ブルテリアオープン』の2回が定期開催中で、さらにキッズオンリー大会の『ブルテリアキッズオープン2014』の開催も決定。

『ブルテリアキッズオープン2014』は『ブルテリアオープン2014』とは日を分けての開催で、この大会は12/13(土)に同じく浜松武道館での開催となります。

『ブルテリアオープン2014』はブルテリアのお膝元である浜松での開催ということで地方大会とは思えないほどの盛り上がりを見せています。

昨年は杉江“アマゾン”大輔vsパウロ・ミヤオという超ビッグカードが実現したのを記憶されてる方も多いのではないでしょうか?!

17
昨年のブルテリアオープンで実現したアマゾンvsパウロの一戦。
2013年末に行われたビッグカードで大きな話題となりました。
■試合動画はコチラから!



今年は昨年のミヤオ兄弟のような海外からのゲスト参加選手の予定はないですが、ブルテリアがスポンサードする国内トップ選手が多数参加予定となっており、華やかな大会になるのは間違いありません。

また初開催の『ブルテリアキッズオープン2014』はキッズオンリーの大会としての単独開催。

いま国内では多くの強豪キッズの強豪が育っており、キッズ柔術家の充実ぶりは目を見張るものがあります。

そんな大人顔負けのキッズたちのための大会となっている『ブルテリアキッズオープン2014』も要注目です。


btopen2014
『ブルテリアオープン2014』
日時:12/7(日)
会場:浜松武道館(静岡・浜松)
主催:ブルテリア

『ブルテリアキッズオープン2014』
日時:12/13(土)
会場:浜松武道館(静岡・浜松)
主催:ブルテリア

■大会詳細は決まり次第、ブルテリアのHPにて告知されます。



【今日が誕生日の柔術家】ベルナルド・ピテウ



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月09日

【レポ】10/3:ニコ生柔術講座(仮)生配信@ミューズ柔術アカデミー

ニコニコ生放送
10/3(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて初の試みとなるニコ生での柔術講座の生配信を行いました。

これはこれまでブラジリアン柔術を知らなかった層に向けてのもので、ブラジリアン柔術とは何か?から簡単な関節技をレクチャーする生配信番組。

今回が初回配信で手探り状態での見切り発車ではありましたが、生配信の視聴者が200人以上いてタイムシフト予約も50件以上あったのは上々な滑り出しだったかと思います。

もちろん反省点も多々あり、まず技のレクチャー中のマイク不備で音声が聞き取り辛かったこと、配信開始時間が遅れたこと、そしてニコ生の特色でもある生配信時のコメントがあまり拾えなかったことなどは致命的でした。

次回配信時はこれらの反省点を踏まえ、さらに多くの方々に見てもらえるような番組作りを心掛けたいと思ってます。

逆によかったのは格闘技を知らなかった層にたまたま見てもらえたこと、女子プロレスラー・加藤悠さんに参加してもらったせいで女子プロレスのファンに多数見てもらえたこと、関節技に興味を持ってもらえたのでこの試みはひとまず成功したといえるでしょう。

柔術プリーストはすでに柔術を知ってる&やっている層向けで、このニコ生柔術講座(仮)は柔術を知らない&初心者向けという位置付けでやっていきたいと考えてます。

とりあえず初回配信が終わり、次回は11/14(金)に配信予定です。

ですが、その間の10/31(金)にミューズ柔術アカデミーで開催される塚田市太郎セミナーのニコ生での有料配信も実施します。

平日の夜開催のセミナーなので参加しにくい方も多いかと思いますので、ニコ生で1000円というお手軽価格で視聴して頂けたらと思います。

このセミナー配信も初の試みなので、今後どうなるかは初回配信時の動向次第です。

ぜひ多数のご視聴をよろしくお願いします!


01
ニコ生配信専門スタッフに来てもらっての生配信。
配信チャンネルがこの番組制作会社のパチンコ枠だったのはちょっと失敗だったかも。



02
目の前のマットスペースを撮影し、それをそのまま配信。




03
モニターにはこんな感じで配信されてました。



04
MCのセラチェン春山氏の到着が遅れてしまい、番組開始時間を再調整。
結局30分遅れの20:30から配信スタート。



05
アシスタントとして参加してくれた女子プロレスラーの
加藤悠さんと内山裕規さん。
やはり女子がいるのといないのでは配信時の食いつきが違うな、と
改めて感じた次第です。



06
こんな感じで初回配信は無事に終了。
次回は11/14(金)、また20:30から配信予定です!



07
番組配信時に告知した塚田市太郎セミナーinミューズ柔術アカデミー。
このセミナーの様子もニコ生で有料生配信します。


塚田市太郎セミナーinミューズ柔術アカデミー
日 時:10/31(金) 20:00-22:00
場 所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
参加費:一般 3000円/ミューズ会員 1000円(限定16名)
参加予約&問い合わせ:ミューズエンタープライズ(担当:板橋)
TEL:03-5371-8980/Mail: mepinfo@muse-enterprise.com



【今日が誕生日の柔術家】ルカ・アタラ(41)



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月08日

【告知】今後の主な大会予定

これから開催される主な大会予定です。

【10月】
01
『群馬オープン2014』
日時:10/12(日)
会場:伊勢崎市民プラザ(群馬県)
主催:INFIGHT JAPAN
年に2回、伊勢崎市民プラザで開催されるINFIGHT主催大会。
優勝者への副賞で豪華景品が当たる抽選会が人気。
■大会詳細はコチラから!



続きを読む

2014年10月07日

【結果】ワールドノーギ2014:アダルト黒帯決勝戦の結果

01
10/4&5にLAのアズサのフェリックスイベントセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドノーギ2014」のアダルト黒帯決勝戦の結果です。


続きを読む

2014年10月06日

【柔術プリースト】#149:COPA BULLTERRIER 2014 part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

前回に引き続き今回も夏の終わりの大一番「コパ・ブルテリア 2014」をお送りします!

Part.2は大会でもっとも注目カテゴリーだった茶帯を中心に紹介。

スタジオ収録メンバーもMC・セラチェン春山、解説・森雄大のJiu Jitsu NERD制作陣で行いました。

2
左からセラチェン春山、橋本欽也、森雄大。
この3人でJiu Jitsu NERD制作も作ってます!



ちなみにJiu Jitsu NERDは現在鋭意製作中で今月末に発売予定となってます。

以下、紹介してる対戦カードです。


■女子アダルト青帯オープンクラス
1回戦
Natasha Akemi(Ogawa Jiu Jitsu)
vs
Natsuki Tamai(X-TREME Jiu Jitsu Academy Ebina)

準決勝
Kessya Takeuchi(Ogawa Jiu Jitsu)
vs
Carolina Miho(Infight Japan)

準決勝
Natasha Akemi(Ogawa Jiu Jitsu)
vs
Keiko Nakaganeku(Ogawa Jiu Jitsu)

決勝
Keiko Nakaganeku(Ogawa Jiu Jitsu)
vs
Carolina Miho(Infight Japan)

■女子アダルト青帯ライトフェザー
1回戦
Kessya Takeuchi(Ogawa Jiu Jitsu)
vs
Kei Hayashi(Paraestra Ikebukuro)

1回戦
Keiko Nakaganeku(Ogawa Jiu Jitsu)
vs
Kei Hayashi(Paraestra Ikebukuro)

決勝戦
Kessya Takeuchi(Ogawa Jiu Jitsu)
vs
Keiko Nakaganeku(Ogawa Jiu Jitsu)


03
ケシアvsケイコ



07
ナターシャ・アケミ


■アダルト茶帯オープンクラス
1回戦
Hideki Sekine(Bonsai)
vs
Manabu Noguchi(Minami Kawauchi Jiu Jitsu Club)

2回戦
Hideki "Shrek" Sekine(Bonsai)
vs
Robson Tanno "Xuxa"(Impacto Japan BJJ)

2回戦
Kleber Koike(Bonsai)
vs
Kim Jong Mok(TOZI BJJ Korea)

準決勝
Hideki "Shrek" Sekine(Bonsai)
vs
Rick Slomba(Art of Jiu Jitsu)

準決勝
Kleber Koike(Bonsai)
vs
Francisco Silva(Hiro BJJ)

決勝
Hideki "Shrek" Sekine(Bonsai)
vs
Kleber Koike(Bonsai)



02
シュレックvsシュシャ



■アダルト茶帯ライト
1回戦
Rick Slomba(Art of Jiu Jitsu)
vs
Yoshinao Shitabayashi(Paraestra Hachiouji)

1回戦
Kleber Koike(Bonsai)
vs
Robson Tanno "Xuxa"(Impacto Japan BJJ)


01
リックvs下林



03
クレベルvsシュシャ


■女子アダルト青帯ミドル
決勝
Carolina Miho(Infight Japan)
vs
Natasha Akemi(Ogawa Jiu Jitsu)

■女子アダルト茶帯オープンクラス
Isabelle de Souza(Impacto Japan BJJ)
vs
Atsuko Emoto(Hiro BJJ)

■アダルト茶帯フェザー
決勝
Vanderlei Takasaki"Pantera"(Impacto Japan BJJ)
vs
Yosuke Saruta(Reversal Gym Kawaguchi REDIPS)

■アダルト黒帯ライトフェザー
決勝
Yuto Hirao(X-TREME Jiu Jitsu Academy)
vs
Yosuke Negishi(Nova Uniao Japan)



今回もやや長尺ですが最後まで熱戦続きなのでぜひ見て頂きたいと思います!


3
BJJテクニックファイルはクレバー・ルシアーノによる
ラッソーガードからのエレベータースイープ。
基本かつ効果的なテクニックです!



4
オススメ商品紹介はブドージェイクのインヴァーデッドガード。
ハイレベルなインヴァーデッドガードを初心者向けに解説した名盤。



5
コレクション紹介はかつて大阪で開催されていたプロ柔術「大阪夏の陣」の非売品の大会DVD。
これは関係者のみに配布されたプロモオンリーのレア盤!



■#149はコチラから!



★過去に配信した柔術プリーストはコチラから!



©Bull Terrier Fight Gear


2014年10月05日

【レポ】『ASJJF NO-GI JAPAN OPEN 2014』井上vs三浦

TIFと同時開催された『ASJJF NO-GI JAPAN OPEN 2014』は不名誉な大会となってしまった。

当初はキッズ大会も開催予定だったが参加者が少なく開催中止、そしてこのノーギもエントリー数は10人に満たない人数という燦燦たる状況だった。

兼ねてから日本はノーギは不人気という定説があるが、このエントリー数の少なさはそれだけが理由ではないだろう。

なにしろ今大会の1週間前にはD-NETが主催するグラップリングのアマ大会があり、さらにASJJFの大会申し込みHPが英語オンリーというのもハードルが高い。

大会開催日時のバッティングは仕方ないことではあるが、この英語オンリーのHPは改善の余地があるのは明白だ。

そんな中で組まれた女子のワンマッチ・スーパーファイトは二人ともMMAで活躍中というバリバリのプロ選手同士の一戦。

プロマッチでは“魅津希”のリングネームで戦う井上瑞樹(白心会)はDEPP JEWELSの-52kg級王者で来月には海外での試合も決定済み。

対する三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA)もDEEP JEWELSでプロデビューしレギュラー参戦中で同じく11月にDEEP JEWELSでMMAに出場予定。

魅津希vs三浦というプロ興行の中で組まれもおかしくないこの顔合わせはまさにスーパーファイトと呼ぶに相応しい一戦といえるだろう。


10
ASJJF NO-GI 女子アダルト青帯フェザー級スーパーファイト
井上瑞樹(白心会)
vs
三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA)
両者ともプロ仕様のコスチュームで挑んだノーギスーパーファイト。
お互いに引き込むことなくスタンドでの攻防を展開。



続きを読む

2014年10月04日

【レポ】「Next Cinderella BJJ Tournament 2014」

『TOKYO IPPON FESTIVAL 2014』内で行われた女子トーナメント「Next Cinderella BJJ Tournament 2014」。

これは女子の青帯・白帯混合ライトフェザー級の4人トーナメントで全員が10代の選手によって争われた。

エントリーしたのはNY発の柔術ブランド、VHTSの日本初スポンサー選手、レベッカ・ロボ、国内外で大会に出まくって連戦連勝のルアナ・ディアス、そのルアナに唯一勝ち越している山口友花里、そして唯一の青帯にしてムンジアル3位の実績を持つケシア・タケウチの4選手。

この中で誰が優勝してもおかしくない実力が拮抗した選手ばかりで、テクニックとビジュアルを兼ね備えた才色兼備の若き女子柔術家の華やかながら激しい試合ぶりを紹介したい。

なおトーナメントは大会当日にクジ引きが行われ、その結果1回戦はケシアvs山口、ルアナvsレベッカの対戦となった。


01
1回戦
山口友花里(白心会)
vs
ケシア・タケウチ(小川柔術)
まだケシアが白帯だった2年前に対戦経験がある両者だが、この2年の間に状況は
一変しており試合展開は読めない。


続きを読む

2014年10月03日

【レポ】『TOKYO IPPON FESTIVAL 2014』アンデルソンvs嶌崎

TIFルールの常連、アンデルソン・タカハシ(ホシャ)は過去3戦をTIFルールで戦い2連勝中。

しかもその2試合とも時間無制限にも関わらずに本来の帯色の試合時間内に極めて勝利している。

アンデルソンはもともと極めに特化した選手で三角絞めや送り襟絞めを得意としており、常に極めを意識した試合ぶりで高い一本勝ち率を誇っている。

そんなアンデルソンと対戦するのは嶌崎公次(クラブバーバリアン)だ。

嶌崎も今年のプリーストカップ浅草大会でTIFルールに初参戦し、塚田市太郎(ダムファイトジャパン)から勝利した。

アンデルソンも嶌崎も膠着知らずのアグレッシブな選手なだけにTIFルールといえども長時間化はないだろうというのが大方の予想。

両者ともTIFルールで無敗同士の対戦、この試合でどちらかに初黒星が付く一戦だ。


09
TIFルール 黒帯ライト
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
嶌崎公次(クラブバーバリアン)
意外にも先に引き込んだのは嶌崎。
アンデルソンの多彩なガードワークを封じる作戦か。



続きを読む

2014年10月02日

【ニコ生】10/3(金)、ニコ生で『ニコ生柔術講座(仮)』配信

ニコニコ生放送
このたび動画サイト「ニコニコ生放送」でニコ生初と思われるブラジリアン柔術専門番組を開始することになりました。

タイトルは『ニコ生柔術講座(仮)』で、これはこれまでブラジリアン柔術を知らなかった層に向けてのもの。

番組内でブラジリアン柔術とは何か?からセルフディフェンス、そして簡単な関節技をレクチャーします。

初回は10/3(金)、20:00-21:00の1時間の配信です。

以下、番組説明文です。

「ニコ生初と思われるブラジリアン柔術専門番組がスタート!

ブラジリアン柔術黒帯にして専門ライターの橋本欽也が指導する東京・代々木のミューズ柔術アカデミーから月イチ生配信。

ブラジリアン柔術って何?という方でもこの番組で関節技が習得可能!

さぁあなたも今日からレッツBJJ!」


出演はミューズ柔術アカデミーのインストラクターである橋本欽也&内山裕規、アシスタントで女子プロレスラーの加藤悠、そして進行役のMCでセラチェン春山が参加。


01
橋本欽也


02
内山裕規



03
加藤悠



04
セラチェン春山




このメンツ&ロケーションはまんま柔術プリーストじゃないか!という感じですが、なにしろスポンサーもない低予算番組なので身近な人々でやるしかないので致し方なし。

とりあえず年内は月イチで配信して、その後は様子を見て、という感じとなってます。

番組は生配信ですがリアルタイムで見られない方はタイムシフト予約すれば後から視聴可能です。

記念すべき第1回目の配信、ぜひチェックしてみて下さい!



『ニコ生柔術講座(仮) Vol.1』
日時:10/3(金) 20:00-21:00
指導/橋本欽也(柔術黒帯・柔術ヨーロッパ王者
MC/セラチェン春山
アシスタント/内山裕規(柔術アジア王者&世界3位)、加藤悠(女子プロレスラー)

■番組ページはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】マーカス・ヴィニシウス(50)



©Bull Terrier Fight Gear