English Portugues Japanese

2015年09月

2015年09月30日

【結果】ワールドマスター2015:2日目の結果

01
9/26(土)、ネバダ州ラスベガスのキャッシュマンセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」大会2日目に日本から参戦した選手の結果です。

漏れがあった場合はコメント欄よりご連絡ください。


続きを読む

2015年09月29日

【結果】ワールドマスター2015:2日目の結果 入賞者

01
9/26(土)、ネバダ州ラスベガスのキャッシュマンセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」大会2日目の試合で入賞した選手の結果です。

今大会では黒帯だけでなく色帯でも多数のメダリストが誕生し、ひさびさに海外大会でのメダルラッシュとなりました。

この好成績に触発され、来年はさらに日本からの参加者が激増するのは間違いないでしょう。


【黒帯】
02
マスター2ライトフェザー
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
1回戦 アームロックで 4:39 一本勝ち
2回戦 P6-6 A1-0
準決勝 P2-2、A0-1
※3位入賞



03
マスター2ライト
時任琢磨(PUREBRED大宮)
1回戦 P4-2
2回戦 P2-2 A1-0
3回戦 アンクルで一本勝ち
準決勝 3:11 腕十字で一本負け
※3位入賞



04
マスター3ライトフェザー
フラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)
準決勝 P0-3
※3位入賞



05
マスター3フェザー
アズマ・エメルソン(Over Limit BJJ)
1回戦 腕十字で3:49 一本勝ち
2回戦 三角絞めで一本勝ち
準決勝 2:39 送り襟絞めで一本負け
※3位入賞



06
マスター3フェザー
井上和浩(ストライプル茨城)
1回戦 P2-2 A3-0
2回戦 P0-0 A0-0 レフェリー判定勝ち
準決勝 P0-0、A1-4
※3位入賞



【茶帯】
07
マスター1フェザー
後藤悠司(一心柔術)
1回戦 4:12 絞めで一本勝ち
2回戦 P4-0
3回戦 P0-0、A3-3、ペナルティ2-1
準決勝 P0-4
※3位入賞



08
マスター1スーパーヘビー
榊原和正(小川柔術)
1回戦 P3-0
準決勝 P0-13
※3位入賞



09
マスター2ライト
アレッサンドロ・エト(INFIGHT JAPAN)
1回戦 P2-0
2回戦 レフェリー判定勝ち
準決勝 P0-2
※3位入賞



10
マスター3ルースター
桜井貴之(ねわざワールド)
決勝戦 P0-0、A0-0、レフェリー判定負け
※準優勝



11
マスター3ライトフェザー
竹平幸央(吹田柔術)
準決勝 P0-4
※3位入賞



12
マスター3フェザー
姜宗憲(グラスコ柔術アカデミー)
1回戦 P5-0
準決勝 P0-9
※3位入賞



13
マスター4ミドル
田中和文(TATORU)
決勝戦 P0-6
※準優勝



マスター5ミドル
大中秀幸(トライフォース柔術アカデミー)
1回戦 P0-0、A3-0
決勝戦 P0-0、A0-2
※準優勝



【紫帯】
マスター1ルースター
佐藤智彦(トライフォース柔術アカデミー)
1回戦 P2-0
準決勝 P0-2
※3位入賞



14
マスター1ライトフェザー
皆戸孝典(Impacto Japan BJJ)
1回戦 不戦勝
2回戦 4:18 フットロックで一本勝ち
3回戦 P6-4
準決勝 P2-2、レフェリー判定負け
※3位入賞



■漏れがあった場合はコメント欄よりお知らせください。



【今日が誕生日の柔術家】アンドレ・ガウヴァオン(33)、マイケル・リエラJr()



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月28日

【結果】ワールドマスター2015:2日目の結果 優勝者

01
9/26(土)、ネバダ州ラスベガスのキャッシュマンセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」大会2日目の主な結果です。

まずは優勝した選手を紹介します。

アダルトでは厳しい戦いが続く黒帯ですが、マスターではマスター1からマスター5まで各年齢カテゴリーで優勝者が出ています。


続きを読む

2015年09月27日

【結果】ワールドマスター2015:初日の結果

9/25(金)、ネバダ州ラスベガスのキャッシュマンセンターで開催されたIBJJF主催「ワールドマスター2015」大会初日の主な結果です。


【黒帯】
【マスター2】
01
ライトフェザー
金古一朗(ポゴナ・クラブジム)
1回戦 アームロックで 4:39 一本勝ち
2回戦 P6-6 A1-0
※準決勝進出



続きを読む

2015年09月26日

【配信】ワールドマスター2015:オンライン無料配信実施

1
本日よりネバダ州ラスベガスで開催されるIBJJF主催「ワールドマスター2015」のオンライン無料配信が実施されます。

この配信は大会2日目の黒帯準決勝からとなりますが、無料でリアルタイムで視聴可能。

いま世界的に大会の配信が無料・有料で行われていますが、IBJJFはその先駆けとして多くの大会を配信しています。

かつては大会の試合を見るのはDVDで大会後数か月は待たなくてはならなかったですが、いまはオンラインでリアルタイム配信、それも無料で見られるのも多いのは嬉しい限り。

今年も日本から多くの黒帯が参戦してるので、ぜひPCのモニター越しに応援して頂きたいと思います!


2
■配信ページはコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ネイサン・アダムソン(32)、ホジャー・グレイシー(34)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月25日

【ZST】「第1回全日本グラップリング選手権2015」に嶋田&橋本参戦!

1
9/23(水・祝)都内にて、10月25日(日)に東京・大久保のGENスポーツパレスにて開催される「第1回全日本グラップリング選手権2015」の記者会見が行われ、バンタム級(61.2kg以下)トーナメント出場選手が発表された。

今回、主催者推薦枠として発表されたのは、嶋田裕太(Nexusense)、村田卓実(和術慧舟會東京道場)、牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)、榎本悟(リバーサルジム川口リディプス)、橋本知之(CARPE DIEM)、清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A)の6名で、今年のムンジアル・茶帯で表彰台に上った嶋田&橋本が揃って参戦が決まっている。

ZST実行委員会の上原譲氏は、「先日発表されたフライ級(56.7kg以下)もそうだが、バンタム級も非常に混沌とした激戦区。なかでも世界で戦っている二人の若き柔術家が出場ということで、総合やグラップリング、パンクラスの選手の中でどんな活躍をするのか期待したい。ブラジリアン柔術対サンボといったマッチメイクも期待できる」と話した。


2



会見には嶋田と橋本が揃って出席。

柔術の選手のみで会見を開くのは大会初の試みで、プロアマGTトーナメント2014、2015でも優勝している嶋田裕太(Nexusense)は、「優勝賞金アップでモチベーションも上がっているが、これまでの大会に出場していなかったような選手がいるのでとても新鮮。挑戦者のような強い気持ちでぶつかっていきたい」と意気込みを語った。

グラップリング経験はそれほどないものの、今年のムンジアル茶帯ルースター級優勝などの実績が評価された橋本知之(CARPE DIEM)は、「最近はグラップリングの練習もしていて(試合に)出ないともったいないなと思っていたところでオファーをいただいた。20万円の優勝賞金は僕にとってすごい大金なので、それを目指してがんばりたいし、選手もハイレベルなのでとても楽しみ」とコメント。


3



トーナメントの注目選手としてお互いの名前を挙げた両者だが、練習については「ほかの選手と比べてアドバンテージがあるのは柔術だし、柔術では普段しないようなポジションやサブミッションを意識してしまうと逆効果になると思うので、自分の長所を1カ月で伸ばしていきたい」と嶋田。

一方の橋本は「柔術の練習がメインなので、これをきっかけに足関を集中して考えてみたい。大会のためというか、柔術の試合でも生きるよう練習したいと思っています」と対照的な回答をみせた。

4
嶋田裕太(Nexusense)


5
橋本知之(CARPE DIEM)



賞金の使い道を聞かれ、「もらえたらラッキー」と前置きした上で、ムンジアルの滞在費用に充てたり、自分へのご褒美としてアイドルのライブにも行きたいと笑顔を見せた嶋田。

「最初は『(優勝賞金の)20万円いいなあ』という感じでしたが、出場選手が発表されて、賞金のことを考えている余裕もない感じです。グラップリング、MMAと、柔術の試合では交わらないような選手が出るトーナメントなので、しっかり勝ち上がっていろんな人と試合したいと思っています」

「正直、そこまで自信はないんですけど(苦笑)、1カ月しっかり練習したいと思っています。グラップリングにほとんど出たことがないので、とにかく頑張りたいですね」と橋本。賞金は貯金か、“あまったら”PS4で「マッドマックス」をやってみたいのだとか。

ムンジアルという大舞台で結果を残した両選手のグラップリングでの活躍も期待したい。


■10/25「第1回全日本グラップリング選手権2015」大会詳細はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】ホドウフォ・ヴィレイラ(26)、丹裕(38)、デヴィッド・オヌマ、パウロ・ピント(34)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月24日

【DVD】芝本幸司「ブラジリアン柔術ベリンボロ」レビュー

1
みなさんおつかれさまです、「Jiu Jitsu NERD」編集スタッフの成田です。

最近ちょくちょく大会レポを書かせてもらっていますが、本日は初のレビューもの。お付き合いいただければと思います。

今回ご紹介するのは、8月に発売された芝本幸司選手のDVD付き教則本「ブラジリアン柔術 ベリンボロ」(愛隆堂)。

芝本選手の活躍はみなさんご存じの通りですが、とにもかくにもこの本の売れ行きがハンパなかったことを記しておきたいと思います。

「BJJ PLUS」さんも既報されていた通り、発売直後はネット書店で品切れが相次ぎ、Amazonではベストセラー1位になったことも(護身術カテゴリー)。

モダン柔術を代表するテクニックの教則ものを待ちわびていた人の多さを感じさせてくれる出来事でした。

さて、肝心の内容ですが、「ベリンボロ」という潔いタイトルよろしく、Wガードからベリンボロでバックテイクに至る基本の流れにはじまり、ライイングレッグドラッグ、ベリンボロとライイングレッグドラッグをつなぐフックのバリエーション、バックテイクからのフィニッシュ……と、ベリンボロに特化した60テクニック(全9章)が、見開き16分割写真でひとつひとつ詳細に解説されています。

さらに付属の2枚組DVDでも、ゝ擦領れの解説、∈戮なポイントを付け加えての解説(別角度から)、ぜ尊櫃離好圈璽匹納賊蕁奮囘拱漫法↓ゥ好蹇識覗、とひとつの技を5ステップで解説するきめ細やかさ。

これまでもハファ・メンデスが解説する「Real Berimbolo」など、ベリンボロの教則動画はいろいろとありましたが、ここまでしっかりと体系化したものは世界的に見ても初めてといえるのではないでしょうか。

しかもDVDだけでパッケージ化が可能なほどのクオリティなのに、書籍+DVD2枚で税別2500円というチャレンジプライスですから、ありがたいと言うほかありません。

白帯の自分にとっては、その技数の多さから「いつかはクラウン」よろしく遠い存在だったベリンボロ。

この本があればテクニックの流れやディテールは頭に入れることができるため、基本のベリンボロやバックテイクからのサブミッションはすぐにでも実践できそうですし(きっと)、さまざまなバリエーションが収録されているので、モダンテクを駆使するトップ選手の試合観戦もより楽しめそうな気がします。

初心者からモダンテクを研究中の方までぜひとも手にとっていただきたい一冊。

秋の読書にいかがでしょうか!


2
【好評発売中】
『ベリンボロ 芝本幸司』
■詳細&購入はコチラから!



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月23日

【出場選手募集中】11/8 青帯限定大会『BLUE DESTINY 2015』

bt2015p

昨年初開催した青帯限定大会『BLUE DESTINY 2015』が今年も開催。

今大会でもLas Conchas主催大会恒例の全員参加のクジ引きに加え、アダルトのアブソルート優勝者には大会スポンサー提供の柔術衣を贈呈。

参加費も2000円〜と安めに設定も、優勝・準優勝・3位までの入賞者全員にメダルを贈与し、さらに副賞の賞品も多数。

さらに今大会はオンラインでの無料生配信も実施し、大会の模様は柔術プリーストでも紹介予定なので、奮って参加して頂きたいと思います!

なお、今大会はノーアドバンテージ&レフェリー判定なし、延長戦サドンデスのASJJFルールで開催します。


■ASJJFルール詳細(英文)はコチラから!



bt2015p

【出場申し込み受付中】
『BLUE DESTINY 2015』

日時:11/8(日)
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
主催:Las Conchas/MUSE Enterprise
協賛:Jiu Jitsu NERD Jiu Jitsu Priest DUMAU Phalanx BULLTERRIER MUSE Jiu Jitsu ACADEMY
参加費:
第一次締め切り(9/30) 2000円
第二次締め切り(10/19)3000円
最終締め切り(11/2) 4000円
※アブソ+1000円
※ASJJFルール採用
■年齢カテゴリー(アダルト/マスター/シニア1・2・3)
 
■申し込み方法:メールにて受付
メールアドレス: reversaling@gmail.com
件名に「BLUE DESTINY 出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。
申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。
【出場申し込みフォーム】(コピペしてお申し込み下さい
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
アブソエントリー有無:

■エントリーリストは第一次締め切り後にこのブログにて発表。


【重要なお知らせ】
エントリーを携帯電話やスマートフォンからされた場合、参加費振込先などを明記した返信メールが届かないケースが多いようです。お申し込みの際は「reversaling@gmail.com」からの返信メールが受信できるように設定しておいてください。
エントリー後の選手都合による欠場、出場キャンセルは返金不可です。

■柔術プリースト「BLUE DESTINY 2014」はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】オスカー・ドネッティ(45)、ジェイソン・ギャグノン



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月22日

【レポ】DUMAU GRAND PRIX 2015

アジアオープンの1週間後に浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催されたドゥマウ主催「DUMAU GRAND PRIX 2015」。

今大会はドゥマウの新ブランドの大会で、会場もいつもの柔道場ではなくメインアリーナで行い、さらにグランプリの名が示すようにビッグマッチとして行われる予定だった。

が、アジアオープンの翌週にしてワールドマスターズの1週間前ということで事前の予想を下回る参加者数に留まり、規模としてはいつもと同じ大会となっている。

とはいえ、いつものレギュラーメンバーに加え、新たな選手の台頭もあり見どこは多かった。

特にチーム優勝を果たしたTree Rul BJJのメンバーの活躍は目覚ましくシニア黒帯と女子青帯のアブソルートをクローズアウトし、青帯でも優勝者を多数輩出。

今後も定期参戦していけば面白い存在になるのは間違いないだろう。


01
アジアオープン3年連続マスター黒帯2階級制覇のヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)は
今大会でも2冠に。
ヨースキはアジアオープン、ドゥマウGP、ワールドマスターズと3週連続の大会参戦となるが
好調ぶりを感じさせた。



続きを読む

2015年09月21日

【柔術プリースト】#198:DUMAU JIUJITSU CHAMPIONSHIP 2015 part.2

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は前回に引き続き「DUMAU JIUJITSU CHAMPIONSHIP 2015」から色帯の試合を紹介します。

今大会では茶帯の試合がなかったため、紫帯と青帯の試合のみとなっていますがプリースト初登場の選手も多いので新鮮かと思います。

配信試合は以下の通りです。


アダルト紫帯ヘビー1回戦
リダ・ハイサム(アラバンカ)
vs
ヘンリー・ハヤシ(セキタニゴールドチーム)


アダルト紫帯ヘビー決勝戦
リダ・ハイサム(アラバンカ)
vs
サニー・ウェビ(グラバカ柔術クラブ)


01
アダルト紫帯アブソルート1回戦
リダ・ハイサム(アラバンカ)
vs
黒川寛之(パラエストラ小岩)


アダルト紫帯アブソルート準決勝
リダ・ハイサム(アラバンカ)
vs
エリック・ディーノ(チームユニコーン)


04
アダルト紫帯アブソルート決勝戦
リダ・ハイサム(アラバンカ)
vs
サニー・ウェビ(グラバカ柔術クラブ)


05
アダルト青帯ルースター1回戦
チアゴ・カツオ・オリベイラ・ウエノ(TREE BJJ)
vs
ランバーソムデートM16(CORE)


アダルト青帯ルースター準決勝
チアゴ・カツオ・オリベイラ・ウエノ(TREE BJJ)
vs
ブルーノ・シオザキ(Over Limit BJJ)


06
アダルト青帯ルースター決勝戦
チアゴ・カツオ・オリベイラ・ウエノ(TREE BJJ)
vs
イアゴ・ノボル・オリベイラ・ウエノ(TREE BJJ)


アダルト青帯ライト1回戦
飯嶋貴之(NATURAL9)
vs
柴崎克也(FREE & FREE)


08
アダルト青帯ライト決勝戦
飯嶋貴之(NATURAL9)
vs
Tassio Matsuda(Vanguard BTT Japan)


07
アダルト青帯ライトフェザー決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
ルーカス・タヒラ(ホシャ)


10
アダルト青帯アブソルート決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
イゴール・タナベ(TREE RUL BJJ)


2
BJJテクニックファイルはアダム・カユーンのモンジバカシリーズ。
今回はマウントからのモンジバカです!



3
■#198はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】早川光由(40)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月20日

【結果】9/19『DUMAU GRAND PRIX 2016』主な結果

gp
9/19(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催されたドゥマウ主催『DUMAU GRAND PRIX 2016』の主な結果です。



続きを読む

2015年09月19日

アジアオープンで作成したImpacto Japan BJJのチームTシャツ

15
アジアオープンでは日本のみならず海外から参戦してきたチームなどがそれぞれお揃いのチームTシャツを着用し、結束力をアピールしていたのが目立ちました。

その中でも特に目立っていたのがImpacto Japan BJJです。

Impacto Japan BJJは昨年のアジアオープンでも派手な蛍光色のチームTシャツで一致団結していたのを覚えてる方も多いのではないでしょうか?


1
2014年のImpacto Japan BJJのチームTシャツ



2
裏面にはスポンサーロゴがたくさん!



3
チームTシャツ2015年ver。



4
今年もスポンサーロゴがたくさん集まりました。




このImpacto Japan BJJのチームTシャツはシャツにロゴ掲載のスポンサーを募り、それで集めたお金と、各支部の代表が資金を捻出して大会参加者や応援に行くチームメンバーに無償配布されました。

今年のロゴ掲載のスポンサー料は大きさや場所にもよりますがだいたい1万円から2万円で、そのスポンサーが20件ほどが集まって20万円ほどがスポンサー収入で集まったとのこと。

そこに支部長が捻出の製作費用が足されて今大会ではおよそ150枚ものTシャツが作られてメンバーに無償提供されてたんだそうです。

Tシャツの制作費用は枚数・デザインでピンキリですが、両面プリント・1版ずつの場合、安ければ原価は1000円を下回り、高くとも2000円以内で作成可能なのが相場となっています。

なのでこのImpacto Japan BJJのチームTシャツも150枚ほどの制作ならば十分にスポンサー収入で賄えるので無償提供が可能になっているんだとか。

またImpacto Japan BJJのようにメンバーに無料配布とまではいかないまでもこうやってスポンサーを募って資金を集めて作ることによって安価での提供が可能になるので、この方法は参考になると思います。

日本ではまだ大会ごとのチームTシャツを作ることは定着してないですが、来年のアジアオープンでは海外チームばりに各アカデミーごとのチームTシャツで会場が埋められてたらさらに盛り上がることでしょう。



【今日が誕生日の柔術家】サトシ・ソウザ(26)、加古拓渡(29)、ルーカス・レプリ(31)



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月18日

【柔術プリースト】#197:DUMAU JIUJITSU CHAMPIONSHIP 2015 黒帯

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回はブラジル・リオデジャネイロのBJJホステル「コネクション・リオ」で収録を行いました!

いつもとは違った雰囲気で紹介するのは8月のドゥマウ浅草大会から黒帯の試合の数々です。

配信試合は以下の通り。


13
マスター1黒帯フェザー決勝戦
アギナルド・タバ(クールチャンプ)
vs
アレッシャンドレ・ドス・サントス(SUBMIT MMA)



04
シニア1黒帯ライト決勝戦
広瀬貴行(パラエストラTB)
vs
エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)



02
マスター1黒帯アブソルート1回戦
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)
vs
アレッシャンドレ・ドス・サントス(SUBMIT MMA)



04
マスター1黒帯アブソルート決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
アンデルソン・タカハシ(ホシャ)



09
シニア1黒帯アブソルート決勝戦
エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)
vs
ヴァルテル・フランコ(Tree Rul BJJ)



3
BJJテクニックファイルはアダム・カユーンのモンジバカシリーズ。
今回はクローズドガードからの極め方です!



2
■#197はコチラから!



音声配信の柔術ニュース番組「BJJ-WAVE」も更新中です。

今週は2本同時アップで「ADCC&ブラジル総括」と「アジアオープン総括」です。

■「BJJ-WAVE」はコチラから!



BJJ-WAVE ADCC&ブラジル総括 by Kinyabjj on Mixcloud





BJJ-WAVE アジアオープン2015 総括 by Kinyabjj on Mixcloud






【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・マツクマ



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月17日

【発売中】GRACIEMAG #221

221a
こんにちは!

いつもレビューを書かせていただいている内山です^ ^!

今日もグレマガについて紹介させていただきます。

続きを読む

2015年09月16日

【レポ】アジアオープン2015:アダルト茶帯

00
昨年のアダルト茶帯のオープンクラスの決勝戦での劇的な大逆転勝利で2014年のベストバウトを残したホブソン・タンノ"シュシャ"。

そのシュシャがまた今年も大仕事をやってのけた。

続きを読む

2015年09月15日

【レポ】アジアオープン2015:アダルト黒帯

01
9/12&13の2日間、東京・綾瀬の東京武道館にてアジアで唯一のIBJJF主催大会であるアジアオープンが開催された。

今年のムンジアルから導入された黒帯のムンジアル出場権50ポイント制により昨年のアジアオープンには外国人選手が多数出場したが、今大会では昨年以上の強豪が多数エントリー。

その結果、ルースターとライトフェザー以外は日本で開催されたに関わらずに日本人選手が優勝できないという結果に終わった。

続きを読む

2015年09月14日

【結果】アジアオープン2015:アダルト茶帯の主な結果

00
9/13(日)、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2015」のアダルト茶帯&マスター黒帯の主な結果です。


続きを読む

2015年09月13日

【結果】アジアオープン2015:アダルト黒帯の主な結果

ao2015a
9/12(土)、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2015」のアダルト黒帯の主な結果です。


続きを読む

2015年09月12日

【テクニック】ハンマーチョークbyテレレ

11
リオデジャネイロのイパネマにあるフェルナンド・テレレのアカデミーにお邪魔してきました。

雑居ビルの2Fにあり、それほど大きなアカデミーではないですが若い選手を中心に毎日多くの生徒が汗を流しています。

今回はクラスでテレレが指導していた基本的な絞め技「ハンマーチョーク」を紹介します。


続きを読む

2015年09月11日

【ニコ生】アジアオープン2015、ニコ生配信決定!

ao2015a
9/12-13の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されるIBJJF「アジアオープン2015」のニコニコ生放送での配信が決定しました!

配信されるのはアダルト黒帯が行われる大会初日のみで、今回は課金される有料配信となります。

金額は2000円で、前回に引き続き実況・解説付き。

実況は格闘技中継でお馴染の河内孝博氏、解説はJBJJF会長の中井祐樹氏が行います。

予定では9/12(土)のお昼ぐらいから無料配信を開始した後に有料配信に切り替わります。

なのでアダルト黒帯の1回戦ぐらいは無料視聴が可能かと思われます。

配信は予定では無料配信時間を含め5時間ほどと考えていますが、アダルト黒帯の決勝戦までは配信延長して最後まで配信します。

日本国内で開催される大会では最大規模のアジアオープンで初の課金配信が実現しました。

これが成功すれば来年は大会2日間の配信も可能になるかと思いますので、ぜひ多くの方に視聴して欲しいと思います。

■大会配信詳細&予約はコチラから!



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月10日

【結果】ADCC 2015:アブソルート全試合結果

ADCC2015で行われたアブソルートのトーナメント全試合結果(上が勝者)です。


<1回戦>
01fb
ヴィニー・マガリャエス
vs
ゲイリー・トノン
P0-0、ペナルティ0--1



続きを読む

2015年09月09日

【柔術プリースト】#196:ドゥマウ仙台&沖縄

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は珍しく2大会同時配信でお送りします!

配信するのは2大会ともドゥマウで8/2の仙台大会と8/9の沖縄大会です。

以下、配信試合リストです。


2
<ドゥマウ仙台>
マスター黒帯オープンクラス決勝戦
ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
vs
ヴァルテル・フランコ(Tree Rul BJJ)


アダルト茶帯ライト決勝戦
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
後藤琢磨(草柔会仙台)


アダルト茶帯オープンクラス1回戦
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
高橋実(草柔会仙台)


アダルト茶帯オープンクラス1回戦
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
高橋実(草柔会仙台)


3
<ドゥマウ沖縄>
マスター茶帯ライト決勝戦
若山達也(若柔術)
vs
Elias Trevino(Nova Uniao Japan)


アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
Eric Dino(Team Unicorn)
vs
Nick Lipton(Caberinha JJ/Yudansha MMA)


4
BJJテクニックファイルはタイ・バンコクのアダム・カユーンの
「クローズドガードからのモンジバカ(2)」です。



5
■#196はコチラから!



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月08日

【レポ】ADCC 2015:女子決勝戦

ADCCの女子は-60kgと+60kgの2階級のみの開催。

男子も10kg刻みで約5kgごとの細かく階級分けされている柔術に比べると大雑把な感は否めない。

女子でいえばざっくりライトフェザー〜ライト、ミドルからそれ以上という感じで、かつてコパドムンドで行われていたアブソルート軽量級・重量級の階級分けに近い。

-60kgは今年のムンジアル決勝でも対戦したマッケンジーとニコリニがノーギでも対戦となり、シーソーゲームの末にマッケンジーが競り勝った。

これでマッケンジーはワールドプロ&ムンジアルの世界2冠に加え、ADCCも初制覇し世界3冠に輝く活躍ぶり。

まだ気が早いかもしれないが2015年に最も活躍した柔術家はこのマッケンジーといっていいかもしれない。

+60kgでは絶対王者・ガヴィが準決勝で敗れる波乱があり、そのガヴィに勝利した若干19歳の茶帯、ジェシカと世界王者・アナ・ロウラのグレイシーバッハ対決に。

ガヴィに勝利という金星を挙げたジェシカもアナ・ロウラにはP12-0で完敗したが、年齢と帯色を考えたら大健闘といえるだろう。


05
女子-60kg決勝戦
マッケンジー・ダーン(グレイシーウマイタ)
vs
ミッシェル・ニコリニ(チェックマット)



続きを読む

2015年09月07日

【レポ】ADCC 2015:決勝戦 その2

-88kg決勝のユーリvsキーナンはキーナンが凡ミス。

決勝戦のみ前半戦から引き込みのペナルティが入るのを知ってか知らずか引き込んでしまいマイナス1のペナルティ。

これで自分から仕掛けなければならない展開となったキーナンが攻めるも逆にユーリにバックを許してしまい敗れた。

-99kgはムンジアルを欠場したホドウフォと前回大会優勝者のアシスから勝利して決勝戦進出のプレギーサの対戦。

プレギーサは昨年のムンジアル王者だが、大会後にステロイド陽性反応が出てこの戦績を抹消されており、今年のムンジアルもサスペンドとなり不出場だった。

試合は得意のガードに引き込めないプレギーサにホドウフォがスタンドゲームで優位に試合を進め判定ながら盤石の勝利を決めている。

そして会場中からブーイングの嵐となった+99kgはオーランド・サンチェスとジャレッド・ドップのアメリカ人同士の決勝戦。

この試合は最初から最後まで終始スタンドでの展開になり、2度の延長戦の末にオーランドが初優勝し歓喜のあまり泣き崩れるも会場内の反応は冷ややかだった。

優勝したオーランドは大会後に日本でMMAの試合予定があることを明かしており、本人が熱望する念願の初来日が実現するかもしれない。


11
-88kg決勝戦
ユーリ・シモエス(ブラザCTA)
vs
キーナン・コーネリアス(ATOS)



12
昨年のノーギワールズのアブソ決勝のリマッチとなったこの対戦。
戦略ミスで引き込んでしまいペナルティが入り、自ら動かなくてはならなくなったキーナン。
前半タイムはノーポントだが決勝戦のみは最初から引き込みに対しペナルティが入るという
ルールを忘れていたか。



13
攻めにいったキーナンをいなし、逆にバックを奪ったユーリがP3-0で勝利。
ギを使ったテクニックを得意とするキーナンはやはりギがあってこそなのか?!



15
今大会のユーリはトップポジションでの強さが印象的。
準決勝でのvsホミーニョ戦でもパスガードを決めている。



IMG_1362fb
-99kg決勝戦
ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)
vs
フェリッペ・ペナ"プレギーサ"(グレイシーバッハ)



17
いきなり序盤からトバしていくホドウフォ。
豪快なタックルでプレギーサをテイクダウン!
ニアバックまでいくがプレギーサはエスケープ。



18
そこからは静かな攻防が続く試合展開。
ともに目立った攻めが見せられないまま延長戦に突入する。



19
延長戦になると疲れの見えるプレギーサに対しやや押し気味にホドウフォが試合を進めていく。
ニアバック、ニアパスと柔術だったらアドバンテージが入るような場面も多々あった。



20
最終的には互いにノーポイントのままだったが、試合を優位に進めたホドウフォが
判定勝利をモノにしてADCC初制覇。
ムンジアルを欠場してまで今大会に賭けていた努力が結実した瞬間だ。



21
+99kg級
オーランド・サンチェス(グレイシーバッハ)
vs
ジャレッド・ドップ(ヒベイロJJ)



23
試合時間のほとんどをスタンドゲームに費やしたこの試合はブーイングも出たほど。
大きな見せ場はオーランドが2回に渡ってバックドロップを見せたこの場面ぐらいか。



24
本戦20分+延長戦10分×2の合計40分のロングマッチを制したのはオーランド。
オーランドは前回大会も出場していたが無冠に終わっただけに嬉しさを爆発させた。



25
MMAでも5戦全勝中のオーランドはすでに日本からMMAのオファーがあるとのこと。
またUFCからも契約の話があるとかで引く手あまたの様子。
だがオーランド本人は大の親日家だけにUFCよりも日本での試合を最優先する意向のようだ。



【今日が誕生日の柔術家】片岡誠人



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月06日

【レポ】ADCC 2015:決勝戦 その1

-66kgで決勝戦に進出したのはコブリンヤとフラザトだった。

コブリンヤは前回大会の優勝者でフラザトは初の決勝戦進出。

最初にフラザトの名が知れ渡ったのはADCCのブラジル予選に優勝した2009年のこと。

その大会では入賞できなかったが、柔術ではコブリンヤと名勝負を展開し表彰台の常連選手となっている。

いまはMMAに専念しておりギの大会には出ていないフラザトもADCCから招聘を受け緊急参戦を果たし、決勝戦に進出したがコブリンヤにバックを許し敗れてしまった。

優勝したコブリンヤはこれでADCC2連覇となり、現在35歳ですでにシニアの年齢ということを考えるとこの戦績は驚異的といえるだろう。

-77kgは世界王者・レプリとMMAでも活躍中のダヴィの対戦となり、2回戦以外を極めて勝ちあがったダヴィがレプリをも極め、4試合中3試合でも一本勝ちでADCC初制覇。

結果的に今大会の決勝戦で一本決着で終わったのはこの試合のみで改めてダヴィの極めの強さが際立つ結果となった。

この相手のシッティングガードに対して跳びついて極める腕十字はその素早さからブラジルの国鳥、サビアの名を冠し、"サビア・アームバー"と名づけられた。

今回の試合の中で最も衝撃的なフィニッシュシーンとなったこのテクニックは今後ダヴィの代名詞となっていくのは間違いないだろう。


01
-66kg決勝戦
フーベンス・シャーレス"コブリンヤ"(アリアンシ)
vs
ブルーノ・フラザト(ATOS)



02
今大会は前回大会で決勝を争ったハファ・メンデスが欠場し優勝候補筆頭と目されていた
コブリンヤは2回戦でジャンニ、準決勝でタンキーニョに勝利して決勝戦進出。
反対ブロックからはアメリカングラップラーの新鋭、ジオ・マルティネスに勝利した
フラザトが勝ちあがってきた。



04
ギありでは幾度となく対戦している両者もノーギでは初対戦。
50/50やベリンボロのようなムーブも見せたコブリンヤがフラザトのバックを奪い
P3-0で激戦を制した。



05
前回大会優勝後は「ADCCは減量がキツ過ぎるからもう出ない!」といっていた
コブリンヤだが、結局は今大会も出場し優勝。
昨年のムンジアルでも「これが最後」と言っていたはずなのに今年も出場していた。
コブリンヤの引退発言→引退撤回の頻度はプロレスラー並み!
でもこの強さなら試合したくなるのも頷けます。



06
-77kg決勝戦
ダヴィ・ハモス(ATOS)
vs
ルーカス・レプリ(アリアンシ)



07
決勝戦は重い階級から始まり、延長戦&判定続きの連続でダレ気味だった
会場内の空気を変えたのがこの一戦。
またスタンドでの膠着試合になるかと思われた矢先に…



08
レプリのシッティングガードに腕十字一閃。
2回のフェイントを入れてから一気に跳びついて極めた腕十字は
決勝戦唯一の一本決着となりその鮮やかさも相まって大きなインパクトを残した。



09
あの守りがカタいレプリから一本勝ちしたダヴィの極めの強さはさすがの一言。
今大会では4試合中、3試合を一本で極めてのADCC初優勝を果たした。



10
ギありの柔術よりノーギで多くの実績を残しているダヴィ・ハモス。
MMAでも4勝のうち3試合で一本勝ちしている。



andris
【参加募集中】
『アンドリス・ブルノフスキー・セミナー』
日時:9/11(金) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
費用:5000円/一般 3000円/ミューズ会員
予約:メールにて受付 mepinfo@muse-enterprise.com
   ※定員に達した時点で締め切りとなります。
■セミナー詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】アレッシャンドリ・ソッカ、ジョナタス・サカタ



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月05日

【レポ】セルソ・ヴィニシウス・セミナーin一心柔術

01
8/27(木)、東京・蒲田の一心柔術アカデミーで"セルシーニョ"ことセルソ・ヴィニシウスのセミナーが開催されました。

セルシーニョはグレイシーバッハ&ゴルド柔術の黒帯で現在はブラジル・サンパウロのハイン・グレイシーのアカデミーの代表兼メインインストラクターを務めています。

また柔術だけでなくMMAでも活躍中でMMA戦績は5勝1敗で5勝のうち3つの一本勝ちがあり、MMAでも極めれる柔術家。

柔術も昨年のムンジアルにひさびさに出場し、準々決勝でサトシ・ソウザと対戦したのは記憶に新しいことでしょう。

そんなセルシーニョがグランドスラム東京大会出場に際し初来日しセミナーも実現し、そのレポートが一心柔術・後藤代表より届いたので紹介します。

『当道場でセルシーニョのセミナーを開催しました。

セルシーニョ本人は長旅の疲れと減量でかなり疲れていたようでしたが、セミナーが始まると少し元気になってテクニックを教えてくれました。

セミナーの始まりにセルシーニョが皆のリクエストに応じたいと言い、本日のテーマはハーフガード/ディープハーフに決まりました。


02


やはりセルシーニョといえばハーフガードが有名なので、これは納得のチョイスといえます。

先ずはハーフガード下で押さえ込みから逃れてからのスイープです。

その後はディープハーフへの入り方やディープハーフからのスイープを披露。

他にもパスへのカウンターや、セルシーニョが世界チャンピオンになった時に使ったスイープなどなど、実戦に基づいた確実なテクニックの数々は非常に効果的でした。


03


ハーフガード、ディープハーフという一般的に知られたポジションですがディテールはさすが世界チャンピオンという感じで、セミナーも手慣れた様子で参加者の興味を引きつけるのも上手かったです。

参加者からの質問に答えながらセミナーは進んでいき、2時間ほどでセミナーは終了しましたが、基本のテクニックであるハーフガードの理解度はさらに深まったことと思います。

ハーフガードというのは攻撃も防御もでき、柔術においても非常に効果的なポジションなので、今回のセミナーで学んだことをさらに修練してモノにしたいと考えてます。


04


今回セミナーをしてくれたセルシーニョ、また参加して頂いたみなさん、ありがとうございました。

そして来る9/9(水)にはマイク・ファウラーのセミナーを一心柔術にて開催します。

マイクはヘンゾ・グレイシーやサウロ・ヒベイロにも勝利している強豪柔術家です。

ぜひご参加の検討をよろしくお願いします。

一心柔術代表 後藤悠司』


m1
【参加募集中】
『マイク・ファウラー BJJセミナー』
日時:9/9(水) 19:30〜
場所:一心柔術アカデミー(東京・蒲田)
費用:一般 4000円/一心会員 3000円
   ※事前予約で500円引き
■セミナー詳細はコチラから!




andris
【参加募集中】
『アンドリス・ブルノフスキー・セミナー』
日時:9/11(金) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
費用:5000円/一般 3000円/ミューズ会員
予約:メールにて受付 mepinfo@muse-enterprise.com
   ※定員に達した時点で締め切りとなります。



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月04日

【告知】9/11 アンドリス・ブルノフスキー・セミナーinミューズ柔術アカデミー

andris
9/11(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにてアジアオープンに初来日するアンドリス・ブルノフスキーのセミナーが開催されます。

このセミナーはアンドリスたっての希望で開催されるものでアンドリス本人も自身の日本初セミナーにして唯一の機会ということで非常に気合いが入ってる様子とのことです。

アンドリスはモダン柔術の総本山的なサンディエゴのアンドレ・ガウヴァオンが主宰するATOS本部の所属でかのキーナン・コーネリアスとはロイド・アーヴィン時代からのチームメイト。

同年代のキーナンとは公私ともによきパートナーでよく2人で新たなテクニックの研究や開発を行っているらしく、キーナンが考案したワームガードやマンティスガードなる新テクニックにはアンドリスの貢献も少なくないはず。

それだけにモダン柔術の最新テクニックの数々の熟練度はキーナンに次ぐと言っても過言ではありません。

今回のセミナーで紹介されるテクニックのメインテーマはワームガード徹底攻略&変形オモプラッタのバリエーションの予定です。

いま海外の試合でもっとも実用化されているモダン柔術の最先端テクのワームガードと、ベーシックテクニックのオモプラッタをアンドリス流にアレンジした様々なバリエーションで、柔術のテクニックのモダン&オールドスクールを同時に学べるのでハイベルトからビギナーまで得るものは多いことでしょう。

ミューズ柔術アカデミー主催のセミナーは例によって平日の夜開催となりますが、逆に土曜日&日曜日にお休みが取れない方などには貴重な機会となっており、また少人数限定なので毎回ほぼ満員御礼となっています。

このアンドリス・セミナーも人気となることが予想されるので参加希望の方はお早めの参加予約をオススメします。

参加人数は限定15人で定員に達した時点で参加申し込みは終了となります。

またこのセミナーの通訳はフィリピンにあるラルフ・ゴーが主宰するATOSフィリピン支部でアンドリスとともにアジアオープン前の強化キャンプに参加中のタク・イシイが務めます。

タク・イシイもメンデス兄弟が認めた茶帯で、アンドリス同様モダン柔術への造詣が深く、このセミナーの通訳にはこれ以上ないほどの適役です。

モダン柔術・ATOSから直輸入される最新テクニックを学ぶ貴重な機会をお見逃しなく!

なお今回のセミナーの動画撮影とスマートフォンでの画像撮影は禁止となっていますので事前にご了承をお願いします。


andris
【参加募集中】
『アンドリス・ブルノフスキー・セミナー』
日時:9/11(金) 20:00-22:00
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
費用:5000円/一般 3000円/ミューズ会員
予約:メールにて受付 mepinfo@muse-enterprise.com
   ※定員に達した時点で締め切りとなります。



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月03日

【柔術プリースト】#195:台湾インターナショナル2015

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は台湾の台北で開催された『台湾インターナショナル2015』を紹介します。

この『台湾インターナショナル』を柔術プリーストで配信するのは早くもこれで3回目となります。

今大会で行われたギ&ノーギの好試合の数々を厳選して見て頂きます。

配信試合は以下の通りです。


03
アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
ホドリゴ・カポラル(ATOS香港)
vs
田村幸成(パラエストラ東大阪)



07
マスター黒帯オープンクラス決勝戦
小笠原誠(台湾BJJ)
vs
エドゥアルド・ロッタトーリ(カーウソングレイシーチーム)



09
マスター茶帯オープンクラス決勝戦
Yusuf Hugne(ATOS香港)
vs
藤井徹(RBアカデミー)



11
マスター1茶帯ライトフェザー決勝戦
今野泰治(RBアカデミー)
vs
若山達也(若柔術)



マスター1エリート-70kg級1回戦
伊藤健一(CARPE DIEM)
vs
小谷尚孝(サイゴンBJJ)



05
マスター1エリート-70kg級決勝戦
伊藤健一(CARPE DIEM)
vs
藤井徹(RBアカデミー)



06
アダルトアドバンス-70kg級
東海政太郎(RBアカデミー)



マスター1エリート-63kg級決勝戦
今野泰治(RBアカデミー)
vs
今村孝之(パラエストラ博多)



女子マスター1ビギナー-58kg級決勝戦
Amity Shen(I Fighting Martial Fitness)
vs
Amy Hsueh(Swift Dragon Inner Power Martial Arts Academy)



04
ホドリゴ・カポラルの試合まとめ



2
BJJテクニックファイルはタイ・バンコクのQ23アカデミーの
アダム・カユーンのクローズドガードからのテクニックの数々を紹介。
初回は「クローズドガードからのモンジバカ」です!



3
■#195はコチラから!



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月02日

【ニュース】ADCC2017、次回大会は日本開催に内定

IMG_4007fb
ADCC2015 ブラジル大会が終わったばかりですが、大会開催期間中に次回の大会開催候補地の選定会議があり、そこで日本が開催地に選ばれることが内定したとの知らせが入りました。

これはADCCを主催・運営するシェイク・タハヌーン・ビンザイードの右腕的存在で実質的な主催者であるガイ・ネイバンスと山田重孝氏のトップ会談で電撃決定したもの。

山田重孝氏が前回大会であるADCC2013の中国・北京大会をプロモートした実績があり、またMMAイベント「REAL」の主催者でもあり、その日本での旗揚げ戦でクロン・グレイシーのMMAデビュー戦をプロデュースしました。

その山田氏が兼ねてよりADCCの日本大会の開催を熱望しており、水面下でADCC運営陣との交渉を続け、さらにブラジル・サンパウロにも足を運んで大会視察し、そこでガイとの直接交渉の場が設けられてガイから開催国内定の報を受けたとのこと。

ADCC首脳陣も6年前から日本開催の可能性を模索していたとのことで、この山田氏の熱烈オファーはまさに願ったり叶ったりだった様子。

もう1つの候補地だったラスヴェガスでの開催も可能性としては低くなかったようですが、最終的に誰が大会運営の実務をやるのかがネックとなり、開催決定に至らなかったようです。

個人的にはこのブラジル・サンパウロ大会の前の大会が日本と同じアジア圏の中国・北京での開催だっただけに、この日本開催内定の知らせを聞いた時には驚きました。

毎回開催国を変えているADCCも2003年に開催されたブラジル・サンパウロ大会が今回で12年ぶり・2回目の開催となったことで"2周目"に入ったようで、同じアジア圏での開催も問題ないのかもしれません。

内定の知らせを受けた山田氏は「大会後に発表の予定だったが、ガイからシェイクに報告して了承を得てから発表したい、との意見を尊重して頂いた。正式発表までそう時間はかからないと思うので、それを楽しみに待ちたいと思います。」と喜びを隠せない表情で興奮気味にコメントしていました。

大会の最後に日本、ひいてはアジアののグラップリングシーンの起爆剤となり得るADCC日本開催内定のビッグニュースが入ってきましたが、正式決定の発表を心待ちにしたいと思います。


※画像はガイ・ネイバンスと山田重孝氏。







jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2015年09月01日

【結果】ADCC2015:大会結果

00
8/30(日)、ブラジル・サンパウロのマウロ・ピンネイロ・アリーナで開催されたADCC2015の大会2日目の結果です。


01
アブソルート
優 勝 クラウジオ・カラザンス(ATOS)
準優勝 ジョアオ・ガブリエル・ホシャ(ソウルファイターズ)
3 位 ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)



01
-66kg
優 勝 フーベンス・シャーレス"コブリンヤ"(アリアンシ)
準優勝 ブルーノ・フラザト(ATOS)
3 位 アウグスト・メンデス"タンキーニョ"(ソウルファイターズ)



02
-77kg
優 勝 ダヴィ・ハモス(ATOS)
準優勝 ルーカス・レプリ(アリアンシ)
3 位 ギルバート・バーンズ"ドゥリーニョ"(ゼニスJJ)



03
-88kg
優 勝 ユーリ・シモエス(CTA)
準優勝 キーナン・コーネリアス(ATOS)
3 位 ラスタム・チェシエフ(ロシア)



04
-99kg
優 勝 ホドウフォ・ヴィレイラ(GFチーム)
準優勝 フェリッペ・ペナ"プレギーサ"(グレイシーバッハ)
3 位 ジョアオ・アシス(チェックマット)



05
+99kg
優 勝 オーランド・サンチェス(グレイシーバッハ)
準優勝 ジャレッド・ドップ(ヒベイロJJ)
3 位 ヴィニー・マガリャエス(X-GYM)



06
女子-60kg
優 勝 マッケンジー・ダーン(グレイシーウマイタ)
準優勝 ミッシェル・ニコリニ(チェックマット)
3 位 タミー・ムスメシ(ATT)




07
女子+60kg
優 勝 アナ・ロウラ・コルデイロ(グレイシーバッハ)
準優勝 ジェシカ・オリヴェイラ(グレイシーバッハ)
3 位 ガヴィ・ガルシア(アリアンシ)



08
スーパーファイト(アダルト)
勝利 アンドレ・ガウヴァオン(ATOS)
敗者 ホベルト"サイボーグ"アヴェルー(ファイトスポーツ)



10
スーパーファイト(マスター)
勝利 ヒカルド・リボーリオ(ATT)
敗者 マリオ・スペーヒー(フリー)



■公式結果はコチラから!



jjp_s
Jiu Jitsu Priest



nerd_s
Jiu Jitsu NERD



3
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear