English Portugues Japanese

2016年09月

2016年09月30日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 02 Part.2

9/25(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 02」。

紫帯、青帯には、7月の第1戦でもっとも多くの入賞ポイントを稼いだ青帯のマテウス・オンダ、そして紫帯で暫定4位と入賞圏内の寒河江寿泰(高田馬場道場)や同5位のチアゴ・ファベーラ(Impacto Japan BJJ)ら注目選手が集まっている。

そんなランキング争いの渦中にいる選手の試合を中心に、アダルト紫帯、青帯の主な試合をレポートする。


1fb
アダルト紫帯フェザーは、寒河江寿泰(高田馬場道場)、チアゴ・ファベーラ(Impacto Japan BJJ)、そして山田大聖(太田道場)の3人トーナメント。
寒河江と山田の初戦は、山田がP0-0からのレフェリー判定で寒河江を下し、一本負けを喫した前回大会のリベンジを果たす。



続きを読む

2016年09月29日

【レポ】Jiu Jitsu Liga de Tokio 02 Part.1

9/25(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 02」。

JLTは『Jiu Jitsu NERD』制作陣が集まって主催する大会で、スポンサー権利をかけ、今年は全3回開催されるリーグ戦だ。

7月の第1戦では青帯のマテウス・オンダ(東海BJJ)がランキングトップとなるなど、帯色に限らずランキング争いが可能なポイントシステムを採用しているが、第1戦に参加できなかったり結果を残せなかった選手にとっては上位争いに食い込むことが難しくなったこともあり、第2戦の今回は前回に比べて約半数のエントリー数となった。

しかし参加者は少ないながらも既存大会とはひと味違うJLTならではのマッチアップが生まれ、最後まで目の離せない名勝負が繰り広げられた。

まずはアダルト茶帯トーナメントの模様をレポートする。

アダルト茶帯ライトフェザーは、ブルーノ・イシイ、ブルーノ・イヤマモトのImpacto Japan BJJ勢と、片山師斉(ポゴナ・クラブジム)、泰輔(CARPE DIEM)の片山兄弟の対決が予定されていた。

だが片山師斉が仕事の都合で欠場となってしまい、トーナメントは3人で行われることになった。


1fb
ブルーノ・イヤマモトと片山泰輔の初戦は、ブルーノがディープハーフ、ハーフガードからスイープを狙う展開に。



続きを読む

2016年09月28日

【Review Wednesday】PAUL SCHREINER: PRECISE PRESSURE PASSING

0928
みなさんおつかれさまです、Jiu Jitsu NERDライターの成田です。

今週の「Review Wednesday」はDegitsuからの新作教則モノ「PAUL SCHREINER: PRECISE PRESSURE PASSING」を紹介したいと思います。

毎度のことですが、このポール・シュライナーという柔術家を知らない僕は、DVD再生前にGoogle先生のお世話になることに。

過去のブラジルブログを読むと、スペイン語でテクニシャンという意味の“エル・テクニコ”というニックネームをつけていることやルチャマニアであることがわかりましたが、これではちょっとナードすぎる情報だと検索を続けます。

すると、1997年にサンタクルズで柔術を始め、2007年にはアメリカ柔術界の重鎮クラウジオ・フランカから黒帯を授与。

その前年にはブラジルで行われた最後のムンジアルで茶帯で3位入賞(!)も果たしている人物だとわかりました。


02
2006年のムンジアル茶帯ミドル表彰台。
3位にいるのがポール・シュライナー。
優勝はセルジオ・モラエスで準優勝はティオ・シーコ。
ちなみにティオ・シーコはいまをときめくプレギーサの兄貴です。



まあ、すべて本人HPに書いてあった情報の受け売りですが、彼の指導力はかなり評判らしく、カリフォルニアのアップル本社でブラジリアン柔術クラスをスタートさせてもいて、現在はマルセロ・ガルシアのアカデミーでインストラクターを務めているとのこと。

ニューヨークにはトップ黒帯をはじめ、日本人選手も多く訪れているでしょうから、彼の指導を受けたことあるという方も多いんだろうなと想像します。

で、DVDの内容ですが、20年におよぶ選手&インストラクターとしての経験から導き出されたプレッシャーパスのコンセプトとテクニックを詰め込んだ!と本人FBページでも語られている通り、約2時間(118分)となかなかの長尺もの!

全21テクニックの解説は、クローズドに始まり、ハーフ、ディープハーフ、バタフライ(ハーフバタフライ)、ワンレッグX……と、さまざまなガードポジションに対して、脇さし&頭、肩、胸等でプレッシャーをかけつつマウントやレッグドラッグポジションに移行する方法が解説されています。相手のガードのシチュエーションも細かく設定されていて、プレッシャーのポイントや相手のパンツや帯を持つ際の手順までも丁寧にレクチャーされています

プレッシャーパスモノといえば、最近ではジョー・モレイラの「OLD SCHOOL SMASH PASS」、それに少し前では小林元和氏の「伝説の脇さしパス」などが挙げられると思いますが、本作もその“PRECISE”(正確、精密)な解説っぷりで注目ではないでしょうか。

個人的には以前紹介したダン・コーヴェルの「BLACK MAGIC HALF GUARD」やジアニの教則シリーズと合わせて、お手軽ニューヨーク修行の旅を実践してみるのも一興かと思います。

なお今作はブルテリアでは近日入荷予定となっているので発売をお楽しみに!


ps
【近日発売】
『ポール・シュライナー:プリサイス・プレッシャー・パッシング』
※近日入荷予定!



【今日が誕生日の柔術家】マリオ・スペーヒー(50)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月27日

【発売中】ブルテリア:2ウェイバックパック

00
いまブルテリアから新発売された新作バッグの2ウェイバックパックが好評です。

パッと見は某アウトドアブランドのバッグにそっくりですが、機能性はこちらの方が上である、と某アウトドアブランドのバッグを多数所有する私が断言します!

容量は42リットルと使い勝手がいいサイズで通常の旅行であれば2泊3日ぐらいならこのバッグ1つで行くことが可能でしょう。

練習で使う場合でもドーギ&帯、ラッシュガードにタオル&着替え、シェイカーなどを入れてもも充分な余裕があり、頑張ればギ×2着も入れられます。


01
ダッフルバッグにもバックパックにもなる2Way仕様のバックパック



02
ジッパー部分は大きく開くのでギや荷物の出し入れも簡単!
メッシュ部分も小物を入れることが可能です。




そして某アウトドアブランドのバッグより優れてる点はサイドに3つのポケットが付いてること!

某アウトドアブランドのバッグは容量も多く耐久性もあり非常にいいのですが、ちょっとしたモノを入れる小分けスペースがないのでスマホの充電ケーブルやイヤフォン、小銭や家の鍵などがバッグの中で行方不明になりイラつくこともしばしばでした。

でもこのバッグならそんなストレスは解消され、ここには鍵、ここにはケーブル、とすぐに取り出せるのはすごく嬉しい!


03
サイドのロゴ部分にサイドポケットがあります。
これは某アウトドアブランドのバッグにはないので好ポイント!



04
バッグのトップ部分もポケットになってます。
サイド&トップのポケットには鍵や小物を入れるのにピッタリ!




もちろん耐久性や防水加工は某アウトドアブランドのバッグとなんら遜色ないレベルで、用途に応じてボストンバッグかバックパックをチョイスできるのも同じです。

今回このバッグを発売直後に提供して頂いてから約1ヵ月間使いまくってますが、使い勝手のよさは過去ブルテルアから発売された中では最高レベル!

とかく荷物が多くなりがちな柔術家&格闘家にぴったりなこのバッグ、かなりのオススメ商品です!

自分は実際に自分が使ってみてホントによかったもの、オススメできるものしかこうやって取り上げないので、そういった部分もぜひ参考にして欲しいと思います。


01
【好評発売中】
ブルテルア「2ウェイバックパック」
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】シャノン・リッチ(46)、フェルナンダ・マゼリ(28)、アレッシャンドレ・ソウザ(36)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月26日

【大会】10/23深谷「グランドスラム」に海外強豪選手続々参戦

00
10/23(日)、埼玉県深谷市のビッグタートル深谷で開催されるJJFJ主催の賞金トーナメント「アブダビグランドスラム東京」。

今大会は色帯の階級別トーナメントにも高額賞金が賭けられており、その賞金総額は10万ドル(1000万円)以上という破格さ!

そんな高額賞金を狙ってか海外から参戦する多数の強豪選手がオフィシャルサイトで発表されてます。

コチラから!

まずは初来日となるマイキー・ムスメシ。

マイキーはいま非ブラジリアンで最も活躍している選手の一人で、つい先日もかのジョアオ・ミヤオから勝利したのも記憶にあたらしいところでしょう。

日本人選手の対戦相手にぴったりな小柄な選手なのでマイキーをスポンサーするブルテリアが主催するコパ・ブルテリアにゲスト選手として招聘する話もありましたが流れてしまい、いまだ来日が実現していませんでした。

それが今回遂に初来日が実現します!


01
マイキー・ムスメシ

そして次はフェリッペ・ペナ"プレギーサ"も初来日。

プレギーサも過去に日本でセミナーツアーの予定がありスケジュールまで発表されましたが土壇場でのキャンセルとなり、それ以降は来日の話は立ち消えになってしまってました。

その後プレギーサはステロイド陽性反応によりムンジアル優勝の記録は抹消となり、1年間の出場停止処分を受けてましたが昨年のワールドノーギで復活するとヨーロピアン、ワールドプロなどメジャートーナメントで優勝し完全復活を果たしています。


02
フェリッペ・ペナ"プレギーサ"


さらにイゴール・シウバ&ヒカルド・エヴァンゲリスタのGFチームの巨人コンビも初来日。

この2人はいまアブダビ在住でインストラクター職に就いており、大会にはこれまでのように頻繁には出ていないものの、その実力は折り紙付き。
ヘビー級以上のトップ柔術家の来日は少ないので、今回の初来日実現は貴重でしょう。


03
イゴール・シウバ&ヒカルド・エヴァンゲリスタ


また初来日ではないですがあのシャンジ・ヒベイロも参戦決定のようです。

シャンジは先のワールドマスターのスーパーヘビー準決勝戦でエリオット・ケリーに敗れる波乱がありましたが、その後に行われたオープンクラスではチームメイトのハファエル・ロバトと2人でクローズアウト。

昨年はムンジアルも制しており、いまだ現役バリバリのシャンジの試合が日本で見られるのは貴重です。


04
シャンジ・ヒベイロ


その他にも数名のトップ選手の参戦が予定されており、また自分のところにも出るぞ!という参加表明が届いてますが、それらはJJFJからの正式発表があってから紹介したいと思います。

以上が現時点でのグランドスラム東京大会の海外からの参加予定選手で、この来日に合わせてセミナー開催も多数企画されているようです。

すでに募集が開始されているのがプレギーサで、セミナー開催の窓口となっているブルテリアでセミナー開催地を募集中です。

プレギーサの日本滞在スケジュールは10/20〜11/4となっており、この2週間の間にいくつかのアカデミーでセミナー開催したい意向のようです。

プレギーサのセミナー開催に興味のある方はブルテリアまでお問い合わせください。

【セミナー開催に関するお問い合わせ】
ブルテリア
電話番号:053-525-6641
E-Mail:info@b-j-j.com
担当:坂本


05
【参加募集中】
『アブダビグランドスラム東京』
日時:10/23(日)
会場:ビッグタートル深谷(埼玉県)
※大会詳細&申し込みはコチラから!


06
【賞金】
■アダルト
青帯 優勝:$500 準優勝:$300 3位:$200
紫帯 優勝:$600 準優勝:$400 3位:$200
茶帯 優勝:$1200 準優勝:$800 3位:$500
黒帯 優勝:$2000 準優勝:$1500 3位:$1000
※その他のカテゴリーの賞金はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ホジャー・グレイシー、グスタヴォ・ガウヴァオン、ネイサン・アダムソン



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月25日

【結果】Jiu Jitsu Liga de Tokio 02

jlt2
9/25(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された「Jiu Jitsu Liga de Tokio 02」の主な結果です。


【アダルト】
01
茶帯オープンクラスライト
優 勝 今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
準優勝 ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)
3 位 片山泰輔(CARPE DIEM)



02
茶帯ライトフェザー
優 勝 ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ブルーノ・イヤマモト(Impacto Japan BJJ)
3 位 片山泰輔(CARPE DIEM)



03
茶帯フェザー
優 勝 今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)



04
紫帯オープンクラス
優 勝 寒河江寿泰(高田馬場道場)
準優勝 Thiago Favela(Impacto Japan BJJ)
3 位 山田大聖(太田道場)



05
紫帯フェザー
優 勝 山田大聖(太田道場)
準優勝 寒河江寿泰(高田馬場道場)
3 位 Thiago Favela(Impacto Japan BJJ)



06
紫帯ライト
優 勝 田中明史(パラエストラ八王子)
準優勝 石井秀樹(グラップリ ブラジリアン柔術 空)



07
青帯オープンクラスライト
優 勝 Mateus Onda(Tokai BJJ)
準優勝 Pedro Akira(INFIGHT JAPAN)
3 位 丹羽怜音(AXIS横浜)



08
青帯ルースター
優 勝 Pedro Akira(INFIGHT JAPAN)
準優勝 染谷貴文(パラエストラ古河)



09
青帯フェザー
優 勝 Mateus Onda(Tokai BJJ)
準優勝 丹羽怜音(AXIS横浜)



10
青帯ライト
優 勝 鈴木健太(一心柔術)



【マスター】
11
青帯オープンクラスライト
優 勝 齋藤弘隆(CARPE DIEM)
準優勝 伊藤伸幸(ねわざワールド匝瑳)



12
青帯ライトフェザー
優 勝 齋藤弘隆(CARPE DIEM)
準優勝 中里修久(ミューズ柔術アカデミー)



12a
青帯ライト
優 勝 横溝航(AXIS横浜)
準優勝 Douglas Fujimoto(INFIGHT JAPAN)
3 位 伊藤伸幸(ねわざワールド匝瑳)



14
白帯オープンクラスライト
優 勝 タシロヒデキ(VISCA)
準優勝 成田敏史(ミューズ柔術アカデミー)



15
白帯ライトフェザー
優 勝 成田敏史(ミューズ柔術アカデミー)
準優勝 タシロヒデキ(VISCA)



16
白帯フェザー
優 勝 飯田拓海(パラエストラ古河)
準優勝 Emerson Nakau(INFIGHT JAPAN)



【シニア】
17
白帯オープンクラス
優 勝 山崎元(ストロングスピリット柔術)
準優勝 山下大輔(太田道場)



13
白帯ライトフェザー
優 勝 山崎元(ストロングスピリット柔術)
準優勝 山下大輔(太田道場)



【Jiu Jitsu Liga de Tokio 今後の大会予定】
11/22(火) WEEKDAY OPEN GI&NO-GI / ミューズ音楽院ホール
12/18(日) JLT 03 GI&NO-GI / ミューズ音楽院ホール



【今日が誕生日の柔術家】ホドウフォ・ヴィレイラ(27)、丹裕(39)、嶋田裕太(24)、パウロ・ピント(35)、デヴィッド・オヌマ




jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月24日

【レポ】9/11 Roll Fes 鹿児島合同練習会

00
9/11(土)、鹿児島鹿児島市の総合体育センター武道場でJiu Jitsu NERD主催の「Roll Fes 鹿児島合同練習会」を開催しました。

この練習会は所用で鹿児島に行く用事があったため、その機会に便乗して行ったものです。

鹿児島にあるボルケーノ柔術&MMAの代表である有川大介氏に協力してもらい、体育館を手配してもらっての練習会は黒帯が3人&茶帯1人を含む18人余りに参加して頂き盛況に終わりました。

練習会では黒帯と茶帯がそれぞれ得意とするテクニックを順に披露し、最後は合同スパーで約2時間余りの練習時間があっという間に過ぎ、その後の懇親会に間に合うかどうか?!というギリギリまでみんなで汗を流したのでした。

今回の練習会はちょうどアジア選手権と同日での開催でしたが、予想を上回る参加者数とその熱意を感じ非常に有意義な時間を共有できたと思います。

なかなかこういった機会は作れないのですが、また地方に行って時間が作れるチャンスがあったらまた開催したいと思ってますので、その際はぜひご参加頂きたいと思います!


01
練習会は公共の体育館の武道場の一角で行いました。
練習会の参加費は無料でしたが体育館使用料として120円がかかりました。



02
武道場をシェアしてたのはキッズ柔道と、



03
合気道クラブです。
同じスペースで多様な格闘技が一緒に練習してる状況は個人的になかなか新鮮でした。



04
自分は得意とするハーフガードからのテクニックを3つほど紹介させてもらいました。
スイープと極めのコンビネーションです。



05
今年のワールドマスターで優勝したことも記憶に新しい上谷田幸一さんはハーフガードからのパスとそこからの展開を指導。
世界を獲ったテクニックを惜しげもなく指導して下さいました。



06
そしてねわざワールド桜島の代表でいま九州で売り出し中の黒帯、 石牟礼仁(いしむれ・じん)はハーフガードからのスイープをレクチャー。
これもいいテクニックでした!



07
最後はボルケーノ柔術&MMA代表でプロシューターでもある有川大介氏のハーフガードに対するパスガード。
通常のニースライスではなくヒザをピンのようにマットに突き刺してからパスする方法を紹介。



08
最後にみんなでスパーをして2時間弱はあっという間でした。
練習後は有志で懇親会をして柔術談義に花を咲かせました。



09
今回練習会をした鹿児島は地方ながら世界王者を輩出し、また実力派の黒帯やプロシューターもいるなど格闘技熱を感じる街でした。
やはりその場所に行って、そこで格闘技をやっておられる方々と直接触れ合わないと感じられないことが多々あるな、ということを改めて思いました。
またこういった機会を設けたいと考えてますので、あなたの街に行った際にはぜひご参加を!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月23日

【柔術プリースト】#250:コパ・ブルテリア2016 茶帯&女子

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回も前回に引き続き7/31に横浜で開催された真夏の柔術大祭典「コパ・ブルテリア2016」から茶帯と女子の試合を配信します。

茶帯は海外からの招聘選手のジョフ・オバーが参戦し階級&無差別を制したのを覚えてる方も多いかと思います。


00
ジョフ・オバー


そのジェフの試合を存分にご覧ください!


6fb
女子アダルト白帯ライトフェザー2回戦
KUNSATRI KUMSROI(Thailand Newaza Team)
vs
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)



女子アダルト白帯ライトフェザー準決勝
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)
vs
丸山帆波(グランドスラム)



7fb
女子アダルト白帯ライトフェザー決勝戦
レベッカ・ロボ(INFIGHT JAPAN)
vs
内藤由利子(Sora BJJ)



女子アダルト白帯フェザー1回戦
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
vs
タチアナ・アンドラージ(ボンサイ)



女子アダルト白帯フェザー準決勝
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
vs
タミレス・ヨコオ(東海BJJ)



8fb
女子アダルト白帯フェザー決勝戦
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)
vs
ヴァルマー・ビフィ(ボンサイ)



5
女子アダルト青帯ミドル決勝戦
ONANONG SANGSIRICHOK(Thailand Newaza Team)
vs
三浦怜奈(リバーサルジム立川アルファ)



3fb
女子アダルト青帯フェザー決勝戦
ルアナ・ヒカリ・ディアス(東海BJJ)
vs
石黒遥希(ボンサイ)



12fb
アダルト茶帯ライト1回戦
後藤琢磨(草柔会仙台)
vs
山守正明(PUREBRED)



13fb
アダルト茶帯ライト決勝戦
後藤琢磨(草柔会仙台)
vs
ホブソン・タカノ(ノヴァウニオン)



15
アダルト茶帯スーパーヘビー決勝戦
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
ジエドレ・サンタナ(ボンサイ)



4fb
アダルト茶帯オープンクラス2回戦
マーシオ・メデイロス(Impacto Japan BJJ)
vs
ジェフリー・オバー(コブリンヤBJJ)



5fb
アダルト茶帯オープンクラス準決勝
ジェフリー・オバー(コブリンヤBJJ)
vs
アレッシャンドレ・アバキアンツ(CARPE DIEM)



8fb
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
vs
ジェフリー・オバー(コブリンヤBJJ)



02
BJJテクニックファイルはダニエル・チャールズのハーフガードからのバックテイクです。



03
#250はコチラから!




そして毎週更新の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」も最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ドゥマウジャパンGP総括
ショーヨーロールジャパンエキシビジョン
アジアMMAサミット、渡航前日情報


などなど。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースをざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


BJJ-WAVE-Final-Logo
■BJJ-WAVE 8/22収録分の動画版はコチラ、音声版はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】オスカー・ダニオッティ(46)、ジェイソン・ギャグノン



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月22日

【レポ】エリオット・ケリー&ネイサン・メンデルソンセミナーinミューズ柔術アカデミー

00
先日のアジアオープンでアダルト黒帯スーパーヘビー優勝を果たしたイエマソBJJのエリオット・ケリー。彼のセミナーがアジア直前の9/9(金)、東京・代々木のミューズ柔術アカデミーで開催されました。今回はその模様をレポートします。

8月のワールドマスターではシャンジ・ヒベイロを破り、マスター1黒帯スーパーヘビーで準優勝、アジアでは優勝と、選手として勢いに乗っているエリオット。今回のセミナーにはエリオットに加えて、彼の盟友であるネイサン・メンデルソンも特別参加。ネイサン自身も、アジアオープンでアダルト黒帯ミディアムヘビーと無差別で3位に入賞している実力者です。


1fb



ネイサンが新宿で迷子になるという地味なトラブルがありながらも、無事にセミナースタート。2時間を予定していたセミナーの前半はエリオット、後半はネイサンが担当し、エリオットがスタンドの攻防、ネイサンがパスガードと、それぞれの得意なテクニックを披露してくれました。


2fb



シングルレッグの入り方にはじまり、スタンドで牽制し合っている状態でのモンジバカ→アームドラッグからシングルレッグでテイクダウンなどの流れをレクチャーするエリオット。シングルレッグに対するカウンターの大外刈りや跳び付き三角なども披露してくれましたが、テイクダウンのポイントは「足を掴んだらレフェリーから『パロウ』がかかるまで走り続けることが大事」と熱い指導!


3fb



パスガードを担当したネイサンは、「相手に持たれた襟などはすべて切ってからでないとパスには行かないこと」という大原則を強調した上で、オープンガードやデラヒーバの相手へのニースライスパスを解説。ネイサンの英語は日本語ネイティブレベルのエリオットがわかりやすく通訳してくれます。


4fb



相手へのプレッシャーを強める腕の使い方など、細かなポイントも披露してくれたネイサン。


5fb


セミナー最後の質問コーナーでは「テイクダウン、パスに限らずなんでも質問して!」ということで、テクニックに限らず、練習の取り組み方なども丁寧に説明してくれました。


6fb



予定時間を大幅にオーバーする盛況ぶりでセミナーは無事終了。エリオットとネイサン、二人の次回の来日が早くも待ち遠しいところです!


7




【今日が誕生日の柔術家】ダーソン・ヘミングス



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月21日

【Review Wednesday】「101 Submissions Chapter 1 & 2」

101
みなさんおつかれさまです、「Jiu Jitsu NERD」ライターの成田です。

ここ最近、「Review Wednesday」では新作教則DVDを紹介してきましたが、今回は少し趣きを変えまして……「Time Travel Wednesday!!」というわけではありませんが、懐かし系DVDを紹介したいと思います(そういえば本家の「Time Travel Tuesdays」はめっきり更新されなくなりましたね)。

ご紹介するのは「101 Submissions Chapter 1」。これは本ブログ・メインライターの橋本欽也さんから「練習前に見るのがオススメ!」と教えてもらったDVDで、カリフォルニアのファイトショップOn the Matからリリースされた“極め技動画の詰め合わせモノ”。米Amazonをチェックしてみると、2006年1月発売と10年前の代物です。

内容は、柔術やノーギ、総合の試合から、関節技&絞め技シーンが101コ、90分間ノンストップで続くというもので、“跳び十字”のデビッド・カマリロからはじまり、テレレ、ジャカレ、エドゥアルド・テレス、ルーク・スチュワート、ゴルジーニョ、レオジーニョ、ハファエル・ロバト Jr.、マリオ・ヘイス、エディ・ブラボー、ディーン・リスター……と、自分でも名前を聞いたことがある大御所系ファイターたちが、上から下からサブミッションを極めまくっています!

17年振りの来日の記憶も(一部には)新しいカフェ・ダンタスやコネクション・リオの創設者デニス・アシェなど、個人的にグッとくる選手のほか、紫帯のアンドレ・ガウヴァオンや茶帯のドライズデールなど現役選手の色帯時代、さらにヘナー、イゴール、ホイラーらグレイシーの面々に、生前のホクソン&ハイアンの試合も収録!

女子選手も少しだけ収録されていて、「このコ、かわいいかも」と思ってチェックしてみたらエリカ・モントーヤという選手でした。ブラジルブログを遡ると「色帯時代はキーラとライバル関係」だったとか。

映像の元となっている試合は、発売時期から考えても90年代後半から00年代前半のものでしょうが、マットが数面の大規模なトーナメントから体育館のレスリング場を使った草大会までさまざまで、選手たちが身につけているオールドスクールなキモノの数々も見所のひとつ。

また、ミュージックプロデューサーがしっかりと入っていて、柔術の試合はヒップホップ、ノーギの試合はパンク&ハードコア系の音楽がBGMになっているというのもユニークなところでした。ヒップホップ系だけでも、パブリック・エナミー、50セント、ラキム、N.W.A.、ジェルー・ザ・ダマジャ、エミネム、ゲトー・ボーイズ、アイス・キューブと古今東西問わずの雑多ぶりで、裏ジャケに「PG-13指定」のマークがあったのは映像そのものより音楽の問題だったんじゃないかと勘ぐった次第です。

いまや、どこの誰かがつくった手づくりハイライト動画がYouTubeで簡単に見られる時代ですが、ここまで完成度が高いものはないでしょうし、欽也さんに言われたとおりに練習前に見てみると「GRACIE JIU-JITSU IN ACTION」シリーズ同様、自然とテンションが上がります(スパーで映像のようにピシッと一本を取れたことはまだありませんが!)。本作は「Chapter 2」もリリースされているので、気になる方はぜひそちらもチェックしてみてください。

ちなみに、このDVDは今年のムンジアルでBudo Videosに遊びに行った際、物欲しそうにしていた自分にブドー・デイブが「いいよ、持ってって」とくれたもの! この場を借りて改めてデイブに感謝です!!!


■過去の「Review Wednesday」はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月20日

【レポ】9/17 ドゥマウジャパンGP

9/17(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催されたASJJFドゥマウ主催「ドゥマウジャパンGP」。

いまASJJFドゥマウはほぼ月イチペースで浅草で大会を開催しているが、メインアリーナでの開催は1年ぶりとなる。

メインアリーナで3面のマットを設置しキッズ、ノーギ、柔術、そしてスーパファイトも行い気合いの入った大会運営だった。

さらに大会後にはムンジアル王者にしてUFCファイターのアウグスト・メンデス"タンキーニョ"のセミナーも開催し、こちらも好評だった様子。
ASJJFドゥマウはアジア圏の大会開催も多いが、今後は国内大会の充実も図っていくとのこと。

特に特別ルールのスーパファイトも恒例化していけば面白い展開となっていくだろう。


01
日本で一番多く試合をこなしているのはこのヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)で間違いないだろう。
ASJJFドゥマウ主催の大会は国内外を問わずレギュラー参戦中で今大会もギ&ノーギで参戦。



02
ギではヴァルテル・フランコ(Tree Rul BJJ)から2連勝し2階級制覇し、ノーギでも2階級制覇の4ゴールド達成。
ただ大会に出るだけでなくきっちりと結果を残しているのはさすがという他ない。



03
スーパファイトにも出場したタバ・マサオ(クールチャンプクラブ)はノーギにもエントリー。
ライトフェザーのワンマッチ決勝戦でブルーノ・イヤマモト(Impacto Japan BJJ)に敗れた。



04
10/16に横浜で開催されるプログラップリングイベント「グラップラーズリーグ」参戦が決まっている渡辺修斗(ストライプル新百合ヶ丘)。
ノーギ紫フェザーで圧勝しての優勝を飾る。



05
2試合連続の一本勝ちでシニア1黒帯ライトフェザーを優勝したフラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)。
小柄ながらそのテクニシャンぶりには定評がある。



06
いま積極的に試合に出まくっている丹羽怜音(AXIS横浜)は今大会でも活躍。
ギで階級別優勝&無差別3位、ノーギでも紫ライトフェザーで優勝しており、今週末は代々木で開催のJLT02に参戦予定だ。



07
ASJJFドゥマウの女子の定番マッチ、カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)vsアガタ・フランコ(Tree Rul BJJ)。
前回の対戦ではアガタが判定勝ちしたが今回はカロリーナが絞めで一本勝ちしリベンジ。



08
大会後に行われたタンキーニョセミナーは技数は少なかったが、その分内容の濃いものとなった。
得意とするラッソーガードからのスイープはシンプルながら細かいポイントがいくつもあり奥の深さを感じさせた。



09
初来日&初開催だったタンキーニョのセミナー。
大会後だっただけに参加者はそれほど多くなかったが、ムンジアル王者のテクニックを学べたのは貴重な体験となっただろう。



【今日が誕生日の柔術家】アンドレ・ネガオン(39)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月19日

【結果】DUMAU JAPAN GP 2016

0917d
9/17(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催されたASJJFドゥマウ主催「DUMAU JAPAN GP 2016」の主な結果です。


01
シニア1黒帯オープンクラス
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ヴァルテル・フランコ(Tree Rul BJJ)



02
シニア1黒帯フェザー
優 勝 フラビオ・タシロ(Over Limit BJJ)
準優勝 アレクサンダー・ドス・サントス(グレイシージムジャパン)
3 位 ヴァルテル・ウエノ(Tree Rul BJJ)



03
シニア1黒帯ミディアムヘビー
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ヴァルテル・フランコ(Tree Rul BJJ)



04
マスター茶帯オープンクラス
優 勝 ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ブルーノ・イヤマモト(Impacto Japan BJJ)



05
アダルト茶帯ライト
優 勝 ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)
3 位 村田卓実(バルボーザジャパン東京)



06
アダルト紫帯オープンクラス
優 勝 シェベロン・ハセット(グレイシージムジャパン)
準優勝 ユージ・タニグチ(INFIGHT JAPAN)
3 位 ハリー・ハヤシ(セキタニゴールドチーム)



07
アダルト青帯オープンクラス
優 勝 ケイゾー・オザキ(クサノチーム)
準優勝 カウエ・アンドラーデ(セキタニゴールドチーム)
3 位 丹羽怜音(AXIS横浜)



08
ノーギマスター黒帯オープンクラス
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ササキ・カツヨシ(K-STYLE)
3 位 ブルーノ・イヤマモト(Impacto Japan BJJ)



09
ノーギマスター黒帯ライトフェザー
優 勝 ブルーノ・イヤマモト(Impacto Japan BJJ)
準優勝 タバ・マサオ(クールチャンプクラブ)



10
ノーギマスター黒帯ライト
優 勝 ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)
準優勝 村田卓実(バルボーザジャパン東京)
3 位 ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)



11
ノーギアダルト紫帯オープンクラス
優 勝 ダゼバド・アリック(INFIGHT JAPAN)
準優勝 シェベロン・ハセット(グレイシージムジャパン)
3 位 カウエ・アンドラーデ(セキタニゴールドチーム)



12
チームポイント
優 勝 Impacto Japan BJJ
準優勝 Tree Rul BJJ
3 位 グレイシージムジャパン


■その他の表彰台&試合画像はコチラから!



■ASJJF-DUMAU■
今後の大会予定

0925d
9/25(日)
『WEST JAPAN』
信楽体育館(滋賀県)



1002
10/2(日)
『ASJJF ASIAN OPEN GI&NO-GI』
河北体育館(中国・上海)



1008
10/8-9
『DUMAU THAILAND
INTERNATIONAL OPEN』
タイ・バンコク



1016d
10/16(日)
『MASTER ALL JAPAN OPEN』
台東リバーサイドスポーツセンター
(東京・浅草)



1023
10/22-23
『ASJJF-DUMAU PHILIPPINE
INTERNATIONAL OPEN GI&NO-GI』
SMシーサイドセブ(フィリピン・セブ)



1030d
10/30(日)
『ASJJF DUMAU OPEN』
青山記念武道館(愛知・半田)



11/5-6
『DUMAU SINGAPORE /
GRAPLLING ASIA』
シンガポール・クアラルンプール



11/11-13
『SJJIF WORLDS』
ロサンゼルス・カーソン



1120d
11/20
『DUMAU JAPAN OPEN』
平塚総合公園(神奈川)



1127
11/27(日)
『DUMAU KOREA GRAND PRIX』
韓国・ソウル



12/4(日)
『ASJJF - DUMAU HOKAIDO』
北海道・札幌



12/11(日)
『ASJJF-DUMAU
SOUTH JAPAN OPEN』
基山町総合体育館(佐賀・基山市)



12/18(日)
大会開催予定


1225p
12/25(日)
『DUMAU JAPAN CUP 2016』
台東リバーサイドスポーツセンター
(東京・浅草)



■DUMAUの大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】サトシ・ソウザ(27)、ルーカス・レプリ(31)、加古拓渡(28)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月18日

【結果】ドゥマウジャパンGP:スーパファイト

00
9/17(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催されたASJJFドゥマウ主催「ドゥマウジャパンGP」で行われたスーパファイト。

当初は5試合が行われる予定だったがメインのエリオット・ケリーvsレアンドロ・クサノ戦がクサノの負傷でキャンセルとなり4試合が行われた。

今回のスーパファイトはすべて試合時間20分で15ポイント先取か一本で勝敗が決し、時間切れの場合はポイント判定となる。

このスーパファイトのルールの試合は1月に同会場で開催された「コパ・ラスコンチャス」で初お目見えし、先月のドゥマウスーパファイトGPでも行われ、過去の試合はすべて一本で決着してきた。

だが今大会では4試合中2試合が判定決着となり20分フルタイムのロングマッチを戦い抜いている。

ASJJFドゥマウでは今後もこのルールを採用したスーパファイトを組んでいく意向とのこと。

スーパファイトとして組むならばスーパファイトの名に恥じない顔合わせの対戦の実現を期待したい。


01
スーパファイト紫帯フェザー級
佐野貴文(AXIS横浜)
vs
ホベルチ・オダ(ストーアカデミー)
先週のアジアオープンを制したホベルチと8月のスーパファイトGPで試合が組まれる予定だった佐野。
この両者はアジアオープンで対戦しホベルチが判定勝ちしているが1週間後のリマッチはどうか。



02
試合はWガードから立ち上がった2ポイントを得た佐野が最後までそのポイントを守り切っての判定勝ち。
「最近は負けが多かったので結果重視の試合をしました」と佐野。



03
スーパファイト黒帯ライト級
後藤悠司(一心柔術)
vs
広瀬貴行(パラエストラTB)
両者ともコパラスコンチャスのスーパファイトに出場し、このルールは経験済み。
ちなみにそのスーパファイトで後藤はセリンゲロに勝ち、広瀬はアンデルソン・タカハシに敗れている。
注目の初対決がスーパファイトで実現した。



04
極め狙いの後藤に対し広瀬は着実にポイントを取っていく正反対のスタイル。
足関を極めかける場面もあった後藤だが広瀬がスイープ&テイクダインで4ポイントを稼ぎ4-0で広瀬が判定勝ち。
後藤は「最初から極められなければ負けると思っていた。どっちかが極めるまで終わらないルールの試合がしたい」と負け惜しみ。



05
スーパファイト黒帯ライトフェザー
山田悦弘(パイシャオン)
vs
アギナルド・タバ(クールチャンプクラブ)
ワールドマスターで準優勝の山田とINFIGHT JAPAN創設者のベテラン・タバの一戦。



06
試合は短時間での決着に。
ニーインザベリー&マウントとポジショニングで圧倒した山田が3:25 腕十字でフィニッシュ。



07
スーパファイト黒帯73kg契約
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
vs
イザッキ・パイヴァ(サイコー柔術)
アジアオープン2回優勝&ムンジアル3位入賞のイザッキにチャレンジする塚田は1週間前に急遽対戦相手として白羽の矢が立ちこの試合が決まっている。



08
「イザッキはガードのイメージがあるから引き込んだ」という塚田のガードをニースライドパスで一気にパスしていったイザッキ。
イザッキはパスガードも上手かった!



09
そこから流れるような動きでバックから送り襟絞めで極めたイザッキ。
試合時間は5:05、一本勝ちでスーパファイトのメインを飾った。



10
アジアオープンではまさかの初戦敗退に終わったが、このスーパファイトでは取りこぼすことなくしっかりと一本勝ち。
「日本は好きなのでまた日本で試合したい」とコメント。
イザッキの再来日を楽しみに待ちたい。



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月17日

【レポ】IBJJFアジアオープン2016:その他の試合まとめ

9/10&11の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2016」。

レポートのラストは、大会最終日からマスター黒帯、そしてティーンの活躍が目立ったアダルト・ジュブナイル青帯の主な試合を紹介する。


1
マスター黒帯ライト級決勝は、ヨースキ・ストー(Impacto Japan BJJ)vs ブルーノ・エンリケ(グレイシーバッハ)。ブルーノの腕十字にカウンターでヨースキがパスを仕掛けるなど一進一退の熱闘は、P0-0、A1-1のイーブンでタイムアップ。レフェリー判定でブルーノが優勝を手にした。



続きを読む

2016年09月16日

【柔術プリースト】#249:COPA BULL TERRIER 2016 黒帯

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は7/31に横浜・大桟橋ホールで開催された「コパ・ブルテリア2016」から黒帯の試合を配信します。

配信試合は以下の通りです。


21fb
シニア2黒帯フェザー決勝戦
アレクサンダー・ドス・サントス(SUBMIT)
vs
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)



22fb
シニア2黒帯オープンクラス決勝戦
アサダ・トシオ(Impacto Japan BJJ)
vs
アレクサンダー・ドス・サントス(SUBMIT)



マスター黒帯ヘビー決勝戦
ファビオ・スガワラ(INFIGHT JAPAN)
vs
ハンゲル・ホドリゲス(RRT)



アダルト黒帯ミディアムヘビー1回戦
松村威(チーム野武士)
vs
レアンドロ・クサノ(クサノチーム)



11fb
アダルト黒帯ミディアムヘビー決勝戦
レアンドロ・クサノ(クサノチーム)
vs
アレック・ボールディング(ヒロBJJ)



6fb
アダルト黒帯フェザー決勝戦
ヴァンダレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
vs
加古拓渡(GSB)



9fb
アダルト黒帯ライト決勝戦
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
チャールズ・ガスパー(Impacto Japan BJJ)



14fb
アダルト黒帯オープンクラス1回戦
後藤貴史(吹田柔術)
vs
マルコス・ソウザ(ボンサイ)



アダルト黒帯オープンクラス1回戦
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
vs
加古拓渡(GSB)



アダルト黒帯オープンクラス1回戦
クレベル・コイケ(ボンサイ)
vs
工藤修久(鈴木道場柔術クラブ)



アダルト黒帯オープンクラス2回戦
松村威(チーム野武士)
vs
関根秀樹(ボンサイ)



15fb
アダルト黒帯オープンクラス2回戦
マルコス・ソウザ(ボンサイ)
vs
加古拓渡(GSB)



13fb
アダルト黒帯オープンクラス2回戦
セリンゲロ・キムラ(Impacto Japan BJJ)
vs
クレベル・コイケ(ボンサイ)



12fb
アダルト黒帯オープンクラス準決勝
レアンドロ・クサノ(クサノチーム)
vs
関根秀樹(ボンサイ)



アダルト黒帯オープンクラス準決勝
マルコス・ソウザ(ボンサイ)
vs
クレベル・コイケ(ボンサイ)



アダルト黒帯オープンクラス決勝戦
マルコス・ソウザ(ボンサイ)
vs
関根秀樹(ボンサイ)



3
BJJテクニックファイルはノヴァウニオンの黒帯、ダニエル・チャールズが登場。
初回はテイクダウンのテクニックを紹介しています。



4
■#249はコチラから!




そして毎週更新の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」も最新回を配信中。

今回は特別編でアジアオープン2016を総括しています。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してますので、ぜひご視聴を!


BJJ-WAVE-Final-Logo
■BJJ-WAVE 特別編 アジアオープン2016の動画版はコチラ、音声版はコチラから!



jlt2
【本日最終締め切り】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』

会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
日時:9/25(日)
参加費:
最終締め切り (9/16) 6000円
※オープンクラス出場+2000円
■大会詳細はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・トラヴェン



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月15日

【レポ】IBJJFアジアオープン2016:アダルト紫帯

1fb
引き続き9/10&11の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2016」のレポートをお届けしたい。

アダルト黒帯、茶帯の主な試合は先行してレポートしたが、今日から2回にわたってこれまで紹介できなかった試合についてフォローしていく。

続きを読む

2016年09月14日

【Review Wednesday】THE 50/50 KILLER

914
みなさんおつかれさまです、Jiu Jitsu NERDライターの成田です。

先週末に行われたアジアオープンのレポートがまだ残っていますが、今回は箸休め的に「Review Wednesday」をお届けしたいと思います。

ご紹介するのは、オズワルド・モイジーニョこと“ケイシーニョ”の「THE 50/50 KILLER」。以前取り上げた「THE BERIMBOLO KILLER」に続き、モダン系のテクニックを解説するシリーズ2作目となります。

“KILLER”というタイトルから、「50/50の使い手をぶっ潰す教則DVD」と想像していましたが、裏ジャケを見ると「50/50への入り方」「スイープ」「パス」「サブミッション」の全4パートから構成されていて、ガードする側、される側、それぞれで敏速かつ効果的なテクニックが収録された50/50入門的な内容となっているようです。

DVDの前半はガード編とスイープ編。ガード編では「どうやって50/50に入るか」という基本からスタートし、スパイダー、デラヒーバからレッグドラッグされそうな時、トレアナされた時、ディープハーフ、Xガードと、それぞれのシチュエーションからの50/50の入り方をレクチャー。

スイープ編では、50/50ガードからラペラをつかんでのスイープ、相手に距離を取られた場合に相手の真下に入って上を取るスピンアンダー、足を相手の上腕部にかけてスイープし、バックテイクに至るまでの流れや、相手のベースが強い場合に相手の腰部分のパンツをつかんでのバックテイクが紹介されています。

そして後半は、ガードされる側=パス編からスタート。

ケイシーニョが得意という、4の字ロックしている相手の腰をコントロールしてのスタッキングパスや、トップ&ダブルガードの状態からのパス。

グリップが切れずにフットロックを狙われている場合など、試合でよく見られるシチュエーションからレッグドラッグに持っていく流れや、ケイシーニョが偶然見つけたという、50/50のトップからバックを取るやり方もレクチャーされています。

このバックテイクは裏ジャケには明記されていませんが、単なる誤植のようでしっかり収録されているのでご安心を!

最後のサブミッション編では、互いに50/50の状態から、相手にアタックされないために足を隠しながらのトーホールドやニーバー、相手に上からレッグドラッグされた場合のカウンターのニーバー、ダブルプルガードからのフットロック……など、7種類のサブミッションが紹介されています。

個人的にはこのあたりのテクに手を出す前にやるべきことが盛りだくさんなので、積読状態になりそうなDVDと思っていましたが、アジアオープンのために来日したフィリピンATOS勢とのスパーで対処法の必要性を実感!
パス編あたりの基本は頭に入れておきたいと思っている今日この頃です。

ケイシーニョの“KILLER”シリーズは、ベリンボロ、今回の50/50に続いてラペラガード編もリリースされていますから、そちらも近々チェックしてみたいと思います!


915
【発売中】
Dオズワルド・ケイシーニョ『THE 50/50 KILLER』
■詳細&購入はコチラから!







jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月13日

【大会】11/19&26 浜松『ブルテリアオープン2016』開催決定

co
7/31に過去最大規模で開催されたブルテリア主催「コパ・ブルテリア」も記憶に新しい中、ブルテリア主催のもう1大会の開催が決定しました。

11/19と26の2週に渡って開催する「ブルテリアオープン」です。

ブルテリアは夏のコパブルテリア、冬のブルテリアオープンと年に2大会を定期開催してますが、今年からコパブルテリア・ジュニアオープンをスタートさせ、ブルテリアオープンも2週開催となりました。

コパブルテリアは関東開催ですがこのブルテリアオープンはブルテリアの地元・浜松での開催。

会場の浜松武道館は浜松駅前でアクセスもよく、また浜松では名物のうなぎや静岡県内でのみ食べれる「さわやか」のげんこつハンバーグは絶品。

ぜひ大会参加ついでに味わっていただきたい静岡グルメです。

大会申し込みは近日開始予定ですが、すでに大会サイトは公開中。

多数のご参加、お待ちしています!


co
【大会】
『ブルテリアオープン2016』
日時:11/19(土) 大人の部 11/26(土) キッズの部
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
■大会サイト・大人の部はコチラ、キッズの部はコチラから!


■過去のコパブルテリア関連ニュースはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】佐藤孝(41)、戸所誠哲(33)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月12日

【レポ】IBJJFアジアオープン2016:大会2日目

0fb
9/10&11の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2016」の2日目は大会最終日。

行われたはアダルト茶帯・青帯、マスター黒帯・紫帯、そしてジュブナイル青帯、女子白帯のトーナメントだ。

その中からアダルト茶帯の主な試合を紹介する。

続きを読む

2016年09月11日

【レポ】IBJJFアジアオープン2016:大会初日

0
9/10(土)、東京・綾瀬の東京武道館で開催されたIBJJF主催「アジアオープン2016」。

今大会はアジア最大の柔術大会で今年は2日間で1300人もの参加者があり過去最大規模で行われた。

初日はアダルト黒帯、アダルト紫帯、そしてマスター茶帯・青帯、ノービスのトーナメントが行われた。

続きを読む

2016年09月10日

【レポ】青帯限定大会「BLUE DESTINY 2016」無差別

青帯限定大会「BLUE DESTINY 2016」のオープンクラスにはかつてMMAで活躍し"怪物くん"の異名を持っていた横井宏考(TRIBE TOKYO MMA)がエントリーしていた。

横井は昨年から柔術の試合にたびたび出場しており「一騎討」やJBJJF全日本選手権などを制している。

今大会ではあえて階級別には出場せずオープンクラスにのみエントリーし全4試合を行い決勝戦以外の3試合を極めて優勝を果たした。

その試合ぶりは体格差を活かしてトップポジションから攻めるスタイルで1回戦はパスガードして絞め、2回戦もパスしてアームロック、準決勝はフットロック、と多彩な極めを連発。

元MMAファイターらしく極めを重視した試合ぶりでオープンクラスを制し副賞のLas Conchasドーギを手に入れている。


01
オープンクラスには20人がエントリーし熾烈な戦いが繰り広げられた。
特に2回戦で行われた大柳敬人vs山本博斗の試合はトータル30分にも及ぶロングマッチに。
だが膠着することなく互いに攻め続けた試合となり大会ベストマッチに推す声も多い。
この一戦をノーカットでアップしてるのでぜひ見てみて欲しい。
コチラから!



02
横井は1回戦シードで2回戦からの試合。
その試合ではルースター優勝の駒木根啓靖(パラエストラ渋谷)からサイドチョークを極め0:29で一本勝ち。



03
3回戦はほぼ同体格のスーパーヘビー優勝者、井田哲平(草柔会仙台)との対戦。
パスガードして3:51 アームロックで極めた。



04
準決勝戦はガード巧者の大柳敬人(CARPE DIEM)が相手。
ややパスガードに手こずり、パスは困難と見るやフットロック一閃。
2:12 鮮やかな一本勝ちで決勝戦進出を決めた。



05
反対ブロックからは鈴木真(CARPE DIEM)が極めを連発して勝ち上がり。
横井と同じく1回戦シードで2回戦から出場し、ヘビー級の木戸健太(無所属)から腕十字で0:41 秒殺一本勝ち。



06
063回戦は階級別を計量オーバーで失格になったジョシュア・ロビンソン(ロデオスタイル)から0:47 腕十字でまたも秒殺。
クローズドガードから三角絞め〜腕十字という教科書通りのコンビネーションが素晴らしかった。



07
準決勝戦はライト優勝のウイリアン・サイオ(INFIGHT JAPAN)。
両者がもつれて場外際になった瞬間ウイリアンの背中に飛びついた鈴木。
その状態のまま中央に戻ってリスタートとなり、自分がブラ下がるようにして送り襟絞めを極め3試合連続の一本勝ちで決勝戦進出。



08
3位決定戦は大柳vsウイリアンの顔合わせとなり、ウイリアンがサドンデスの末に大柳から勝利して3位入賞を果たす。



09
決勝戦は横井vs鈴木となり、互いに決勝戦まで一本勝ちで勝ち上がってきた。
ガードの鈴木vsトップの横井という図式は緊張感溢れる試合に。



10
だが体格差はいかんともしがたく横井が盤石の試合ぶりでP5-0で勝利して優勝。
だがハーフガード、サイドポジションを許しながらも幾度となくガードにリカバリーした鈴木の粘りは特筆モノだった。



11
アダルト青帯オープンクラス表彰台
オープンクラス
優 勝 横井宏考(TRIBE TOKYO MMA)
準優勝 鈴木真 (CARPE DIEM)
3 位 ウイリアン・サイオ(INFIGHT JAPAN)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月09日

【レポ】青帯限定大会「BLUE DESTINY 2016」階級別

9/3(土)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールでLas Conchas主催の青帯限定大会「BLUE DESTINY 2016」が開催された。

今大会は若手選手の登竜門的な位置づけで行われており昨年の同大会から数々の名勝負や好勝負が生まれているのを記憶している方も多いのではないだろうか。

今年は土曜日開催であることや首都圏での大会ラッシュの最中で行われたためか参加者数が100人に届かず、参加申し込みが殺到し最終締め切りを待たずして早期締め切りとなった昨年に比べると寂しい状況であった。

そんな中でも試合内容的には素晴らしい充実度で十代〜20代前半のイキのいい若手青帯が熱戦を展開。

中にはこれで青帯か?!と疑うほどのハイレベルな攻防が見られ、これからの日本の柔術シーンの将来を担っていくであろう選手たちのショーケース的な試合ぶりは非常に見応え充分であった。

この「BLUE DESTINY 2016」は2回に分けてレポートし、まずはアダルト階級別から紹介する。


01
関西から遠征し参戦してきた山本博斗(グレイシーバッハ)。
相変わらずの極めの強さを見せ、ライトフェザー決勝戦までの2試合を極めての勝ち上がり。



02
反対ブロックは丹羽怜音(AXIS横浜)が勝ち上がってきた。
1回戦を不戦勝でいきなり準決勝戦となったが関口徹也(INFIGHT JAPAN)から3:46 絞めで極めた。



03
ともにティーンエイジャー同士の山本と丹羽のフレッシュな顔合わせはP2-0で丹羽が勝利。
だが内容的には非常に僅差だったので今後はいいライバル関係が築いていけることだろう。



04
アダルトルースターで優勝したのは駒木根啓靖(パラエストラ渋谷)。
ハーフガードからのスイープのキレが素晴らしかった。



07
群馬のINFIGHT JAPANの青帯で成長著しいウイリアン・サイオがライト級で優勝。
いいポジションをとるも極めきれない極めの弱さが気になるが、手堅く勝ち上がっていく試合巧者ぶりが目立った。



08
ヘビー級のワンマッチ決勝戦を一本勝ちした村上優(リバーサルジム新宿Me,We)。
3:22 キムラで極めた。



09
スーパーヘビー級もワンマッチ決勝戦。
井田哲平(草柔会仙台)と江口弘晃(パラエストラ千葉)の対戦はサドンデスに突入し井田が辛勝。



10
CARPE DIEMのアスリート制度なるプログラムを受けている鈴木真がフェザー1回戦を鮮やかな三角絞めで一本勝ち。
2:32という短い試合タイムで極めている。



11
反対ブロックは同門の大柳敬人が勝ったがサドンデスの末に相手のペナルティで勝ち上がりという不完全燃焼という対照的な試合内容。
その両者がクローズアウトも勝敗はじゃんけん決着で大柳が優勝となった。



【今日が誕生日の柔術家】ファビオ・オランダ(38)



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月08日

【柔術プリースト】#248:TAIWAN INTERNATIONAL 2016

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は7/23-24の2日間、台湾の台北で開催された「TAIWAN INTERNATIONAL 2016」の試合の模様を配信します。

今大会ではギとノーギが行われ、また日本から参戦した選手も多数でした。

柔術&グラップリング専門番組と謳っていながら、グラップリングの試合を配信するのは稀なので今回はレアです!

配信試合は以下の通りです。


11
マスター白帯ライトフェザー1回戦
ALEX LO(BONSAI TAIWAN)
vs
成田敏史(ミューズ柔術アカデミー)



女子マスター2青帯フェザー1回戦
中野寛子(ロータス世田谷)
vs
Chen Yen Hsu(台湾BJJ)



10
女子マスター2青帯フェザー1回戦
中野寛子(ロータス世田谷)
vs
知念京子(若柔術)



08
アダルト紫帯ミディアムヘビー決勝戦
デミトリー・テルフェア(台湾BJJ)
vs
ジム・エリクソン(AXIS福岡)



03a
マスター1黒帯フェザー決勝戦
藤井徹(RBアカデミー)
vs
高山徹(福住柔術)



02
マスター1黒帯ヘビー決勝戦
ホドリゴ・カポラル(ESPADA)
vs
ジャスティン・シデル(バリムエタイMMA)



マスター1黒帯オープンクラス1回戦
ホドリゴ・カポラル(ESPADA)
vs
藤井徹(RBアカデミー)



03
マスター1黒帯オープンクラス決勝戦
ホドリゴ・カポラル(ESPADA)
vs
ジャスティン・シデル(バリムエタイMMA)



9
マスター1ビギナー63kg
成田敏史(ミューズ柔術アカデミー)
vs
Yu Lun Huang(Shuraba MMA)キムラ



5
女子マスター2アドバンスドオープンクラス決勝戦
中野寛子(ロータス世田谷)
vs
Chen Yen Hsu(台湾BJJ)



7
アダルトエリート63kg決勝戦
ジェームス・シンデラ(台湾BJJ)
vs
越塚俊介(ノヴァウニオン)



マスター1エリート70kg1回戦
高山徹(福住柔術)
vs
ジェフ・リウ(Hsichu BJJ)



3
マスター1エリート70kg決勝戦
高山徹(福住柔術)
vs
ジェフ・リウ(Hsichu BJJ)



2
アダルトエリート88kg決勝戦
ホドリゴ・カポラル(ESPADA)
vs
ヴィック・ドーフマン(バリムエタイMMA)



アダルトエリートオープンクラス1回戦
ジャガー・タン(BJJフィリピンチーム・ファブリシオ)
vs
ホドリゴ・カポラル(ESPADA)



アダルトエリートオープンクラス準決勝
ホドリゴ・カポラル(ESPADA)
vs
デミトリ・テルフェア(台湾BJJ)



3
アダルトエリートオープンクラス決勝戦
ホドリゴ・カポラル(ESPADA)
vs
ルーク・ハワード(バリムエタイMMA)



2
オススメ商品コーナーはイサミ製品の「パラエストラ ラッシュガード&ショーツ」をピックアップ。



3
BJJテクニックファイルはフラビオ・タシロの「サイドからのラペラチョーク2」です。



4
■#248はコチラから!




そして毎週更新の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」も最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ブルーデスティニー総括
ドゥマウジャパンGPスーパーファイト、エリオットvsクサノ決定
イザッキ参戦&対戦相手募集
タンキーニョセミナー告知
エリオットセミナー告知
鹿児島練習会告知
ショーヨーロールzine発売
アジアMMAサミット、シンガポールで開催


などなど。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースをざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


BJJ-WAVE-Final-Logo
■BJJ-WAVE 8/22収録分の動画版はコチラ、音声版はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月07日

【Review Wednesday】ブドージェイク「アップサイドダウン」

up
みなさんおつかれさまです。「Jiu Jitsu NERD」ライターの成田です。
今回の「Review Wednesday」はみなさんおなじみ、Budo Videosの創設者の一人、ブドージェイクによる教則DVD「アップサイドダウン」をご紹介します。

“ブドージェイクによるビギナーのためのBJJインバーティングガイド”という副題の通り、身体を反転(逆さに)してのガード「インバーテッドガード」をドリル形式で紹介するというもの。

テクニック集というよりドリルが主、というのが新鮮ですが、トップ選手たちがどのようにインバートしているのかを、Budo Videosが所有する試合映像からジェイクが解説する冒頭部分も珍しいつくりです。

サイボーグやランギ、ライアン・ホールらがムンジアルやADCCといった大舞台で、インバージョンしてパスガードやサブミッションをうまく凌いでいる映像を目にすると「これはモノにしたい!!」と俄然やる気も湧いてきますし、身体が固い人でもスムーズに取り組めるようにと、日頃からやっておくとベターなストレッチ方法をレクチャーしてくれるのもありがたいところ。

実際のドリルは一人でできるものから始まり、二人で行うドリルが段階的に複雑になっていくという流れで、とろこどころで初心者が間違いがちなことにも言及してくれますし、逆さになった状態になじむための前方回転や後方回転といった基本動作もレクチャー。

肩抜き前転・後転みたいな感じで、道場によってはウォームアップでやっているかもしれませんが、こうした基本動作を丁寧に教えてくれる教則DVDもなかなかないのではないでしょうか。

後半ではドリルながらも、クローズドが割られてニースライスを仕掛けられたときにどんなふうにリカバリーするのか、ハーフガードに戻すにはどうすればいいのか、といった実践的な動きを収録。

インバージョンからのスイープやサブミッション……は一切収録されておらず、とにかく「ガードに戻す」ことにフォーカスしているのも、初心者にはとっつきやすいと思います。いつまでたってもいたずらにパスガードされまくる白帯風情の僕は「とっとと見ておけばよかった!」と激しく思った次第です。

全体で40分弱とあっさり見られますし、わかりやすい日本語解説付き。インバージョンはベリンボロ等々のモダン系テクに欠かせない基本ムーブということで、これからそうしたテクニックを試してみたいという方にもおすすめできるかと思います!


up
【発売中】
ブドージェイク「アップサイドダウン」
■詳細&購入はコチラから!






【今日が誕生日の柔術家】片岡誠人



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月06日

【動画】ワールドマスター2016 感想座談会

wm16
毎回恒例の海外大会帰国直後の感想座談会を収録・公開しました。

今回は8/25-27にラスベガスで開催されたIBJJF「ワールドマスター2016」です。

今大会では日本から参戦した選手から4人の世界王者が誕生し、その他入賞者も多数で盛り上がったのは記憶に新しいところでしょう。

その試合のことや大会以外の部分でのことなど現地に行った者ならではの情報を満載にしてあれこれ話しています。

また大会だけでなくラスベガスで行ったセルジオ・ペーニャの道場やラスベガスでの観光、そしてLAに戻ってからサンディエゴで回った12ものアカデミーでのことなど、いつもながら話題は多岐に渡っています。

実際、大会以外の部分のことの方が多く話しているかも?!

とにかく今回も濃い内容でお送りしているので、ぜひご視聴頂きたいと思います。

いつものように海外土産プレゼントも少しばかり用意しているので視聴した感想や意見、質問などを添えてお申し込みを。

あて先は、reversaling@gmail.com です。

プレゼント申し込みはいつも申し込みが少ないので当たる確率はかなり高め!

申し込み締め切りは1週間後の9/13(火)までです。

多数の視聴&お申し込み、お待ちしております!


■『ワールドマスター2016 感想座談会』はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】タミレス・アキノ(22)、ジョナタス・サカタ(36)、アレッシャンドリ・ソッカ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月05日

【大会】9/17 ASJJF-DUMAUジャパンGP、スーパーファイト追加カードが決定!

0917d
9/17(土)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催されるASJJFドゥマウ主催『ASJJF-DUMAU JAPAN GP GI&NO-GI』で行われるスーパーファイト追加カードが決定しました。

先に参戦発表されていたエリオット・ケリー(イエマソBJJ)の対戦相手としてレアンドロ・クサノ(クサノチーム)が決定し、黒帯スーパーファイト・オープンクラスとしてエリオット・ケリーvsレアンドロ・クサノが行われます。


02
エリオット・ケリー(イエマソBJJ)



03
レアンドロ・クサノ(クサノチーム)




クサノは国内トップ黒帯の1人で特に足関節技に定評がある選手で極めの強さは特筆モノ。

オープンクラスのトーナメントにも常にエントリーしており体格差のある相手との試合もいとわない勇猛さで国内外の大会で多くの戦績を残しています。

今回のエリオットとの試合もオープンクラスでの一戦となりますが、最近のクサノの強さは周知のものなので好勝負は必至。

またエリオットとクサノはどちらが勝っても必ず一本決着となるはず!

まさにスーパーファイトで行われるに相応しい一戦が実現します。


04
エリオットvsクサノ、スーパーファイトで対戦決定!



そして他にも今大会のスーパーファイトに参戦が決定した選手がいます。

その選手とはアジアオープン2年連続王者のイザッキ・パイヴァ(サイコー柔術)です。


05
イザッキ・パイヴァ(サイコー柔術)


イザッキは今年もアジアオープンに来日し3連覇を虎視眈々と狙っており、アジアオープン後も日本に居残り滞在予定。

そこで今大会のスーパーファイト出場を直訴し参戦が決定したものです。

イザッキの対戦相手はまだ未定ですが日本人選手との試合を希望しており現在調整中。

日本人選手でイザッキとスーパーファイトで試合したい選手は大会主催のエジソン・カゴハラまで連絡を!


06
イザッキとスーパーファイトで対戦希望の選手はエジソン・カゴハラにお問い合わせください!



その他、既報の通りスーパーファイトとして紫帯フェザーで佐野貴文vsホベルチ・オダもラインナップ。


11
佐野貴文(AXIS横浜)



09
ホベルチ・オダ(ストーアカデミー)




そして大会後にはアウグスト・メンデス"タンキーニョ"のセミナーも開催。

通常の柔術&ノーギのトーナメント、スーパーファイト、タンキーニョ・セミナーと今大会は盛りだくさんな1日となりそうです。



08
【セミナー】
アウグスト・メンデス"タンキーニョ"セミナー
日時:9/17(土) ドゥマウGP大会終了後
費用:7000円 または$70
場所:台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナ(浅草)
■セミナー詳細はコチラから!



02
【大会】
ASJJFドゥマウ「ドゥマウジャパンGP」
■大会詳細はコチラから!



07
【セミナー】
『エリオット・ケリー&ネイサン・メンデルソン セミナー』
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
日時:9/9(金) 20:00-22:00
費用:一般 4000円 / ミューズ会員 3000円
■セミナー詳細はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月04日

【結果】BLUE DESTINY 2016

0904
9/3(土)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催されたLas Conchas / ミューズエンタープライズ主催「BLUE DESTINY 2016」の結果です。


【アダルト青帯】
01
オープンクラス
優 勝 横井宏考(TRIBE TOKYO MMA)
準優勝 鈴木真 (CARPE DIEM)
3 位 ウイリアン・サイオ(INFIGHT JAPAN)



02
ルースター
優 勝 駒木根啓靖(パラエストラ渋谷)
準優勝 坂留知弥(WK-SURUGA)
3 位 白石祐太朗(CARPE DIEM)



03
ライトフェザー
優 勝 丹羽怜音(AXIS横浜)
準優勝 山本博斗(グレイシーバッハ)
3 位 関口徹也(INFIGHT JAPAN)



04
フェザー
優 勝 大柳敬人(CARPE DIEM)
準優勝 鈴木真 (CARPE DIEM)
3 位 山岸大(PSBJJ OGIKUBO)



05
ライト
優 勝 ウイリアン・サイオ(INFIGHT JAPAN)
準優勝 下田優太(パイシャオン)
3 位 島村裕(パラエストラ綾瀬)



06
ミディアムヘビー
優 勝 奥田将己(稲妻柔術アカデミー)



07
ヘビー
優 勝 村上優(リバーサルジム新宿Me,We)
準優勝 木戸健太(無所属)



14
スーパーヘビー
優 勝 井田哲平(草柔会仙台)
準優勝 江口弘晃(パラエストラ千葉)



【マスター青帯】
08
ライトフェザー
優 勝 須永岳朝(reversalジムMe,We)
準優勝 榎本尚希(ねわざワールド小江戸)



09
フェザー
優 勝 高橋圭(バルボーザジャパン東京)
準優勝 藤田敬士(和術慧舟會大手町道場)



09a
ライト
優 勝 木口大輔(WlZARD BJJ)
準優勝 寿命英樹(パイシャオン)



オープンクラス
優 勝 木口大輔(WlZARD BJJ)



【シニア1青帯】
12
オープンクラス
優 勝 戸坂次郎(ねわざワールド小江戸)
準優勝 岡田勝由(WIZARD BJJ)
3 位 奥田将己(稲妻柔術アカデミー)



10
フェザー
優 勝 谷本宏樹(高田馬場道場)
準優勝 Kaori YAMAGUCHI(パラエストラ品川)



11
ライト
優 勝 戸坂次郎(ねわざワールド小江戸)
準優勝 大浦一潮(レナトゥス柔術アカデミー)
3 位 林公彦(デラヒーバジャパン)



13
アダルト青帯オープンクラス優勝
横井宏考(TRIBE TOKYO MMA)
※優勝賞品としてLas Conchas新作キモノを贈呈



jlt2
【参加申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』

会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
日時:9/25(日)
参加費:
最終締め切り (9/16) 6000円
※オープンクラス出場+2000円
■大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ピーター・アンギラー(48)、ハーラン・グレイシー



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月03日

【告知】9/10 Kagoshima Roll Fes / 鹿児島柔術合同練習会

kago
9/10(土)に鹿児島でJiu Jitsu NERD Presents「KAGOSHIMA ROLL FES」と題した柔術練習会を開催します。

今回所用で鹿児島に滞在予定なので、そこで練習会を開催し現地の柔術愛好家のみなさんと交流したいと考えてます。

練習会当日は東京でIBJJFのアジアオープンが開催されてますが、試合に出ない九州の方々も多数おられると思います。

そういった方々と練習を通じて交流できたら嬉しいです。

この練習会では自分が得意とするハーフガードのテクニックもいくつか披露予定となっており前半30分程度がプチセミナーで後半1時間ほどがスパーリングタイムとなってます。

会場は鹿児島県総合体育センターで時間は18:00-19:30の予定です。

練習会の後には参加希望の方と打ち上げ兼懇親会もあります。

懇親会は有料となりますが、練習会の参加は無料なので、ぜひ練習会だけでもお気軽にご参加を!


kago
【練習会】
『KAGOSHIMA ROLL FES / 鹿児島柔術合同練習会』
日時:9/10(土) 18:00-19:30
場所:鹿児島総合体育センター
費用:無料
問い合わせ:ボルケーノ柔術&MMA代表・有川
メール daisukeee0421@yahoo.co.jp
電話 09028549191
※懇親会参加希望の方は予約が必要なのでお早めの連絡をお願いします



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月02日

【セミナー】エリオット・ケリー&ネイサン・メンデルソンセミナーinミューズ柔術アカデミー

00
9/10-11の2日間、東京・綾瀬の東京武道館で開催されるIBJJF主催「アジアオープン2016」に来日するエリオット・ケリー(イエマソBJJ)のセミナー開催が決定しました。

セミナーは大会の前日、9/9(金)に東京・代々木のミューズ柔術アカデミーにて行います。

エリオットは先週ラスベガスで開催されたワールドマスターでかのシャンジ・ヒベイロに勝利し大きな話題となったのは記憶に新しいところでしょう。

マスター1黒帯スーパーヘビーの準決勝戦でシャンジと対戦したエリオットはシャンジからテイクダウンを奪い、その後のシャンジの猛攻を振り切ってP2-0で勝利しました。

その次の決勝戦ではハファエル・ロバトに敗れましたが準優勝に入賞し2年連続で銀メダル獲得となりました。


01
ワールドマスターでシャンジと対戦したエリオット・ケリー。
マスター1黒帯スーパーヘビー準決勝での対戦でした。



02
スタンドゲームに定評があるシャンジからテイクダウンを奪ったエリオット。
その2ポイントを守り切ってP2−0で劇的勝利を果たし準優勝に輝きました。




そんなエリオットですが実は日本語がネイティブレベルでペラペラなのはご存知でしょうか?!

海外選手のセミナーでありがちな通訳がショボくて技術説明が不十分、というようなことはエリオットのセミナーではあり得ません。

選手本人と日本語で説明OKで日本語で質疑応答もOKというのは海外選手のセミナーでは画期的ではないでしょうか。

また今回のセミナーはエリオットの盟友、ネイサン・メンデルソンも特別参加し2人セットでのセミナー開催となります。

アジアオープンの前日の夜ではありますが、ぜひエリオットのセミナーに参加して頂き新たなテクニックを学んで欲しいと思います。

そしてアジアオープンの1週間後には9/17(土)に浅草の台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナで開催される「ドゥマウジャパンGP」のスーパーファイトに参戦します。

ルールは試合時間20分、勝敗は15ポイント先取か一本決着で、時間切れの場合はポイント判定となります。

対戦相手は調整中ですが、エリオットのスーパーファイトは誰が相手でも興味深いものになるのは間違いありません。

エリオットのセミナー&スーパーファイトもアジアオープン同様に楽しみです。


00
【セミナー】
『エリオット・ケリー&ネイサン・メンデルソン セミナー』
場所:ミューズ柔術アカデミー(東京・代々木)
日時:9/9(金) 20:00-22:00
費用:一般 4000円 / ミューズ会員 3000円



0917d
【大会】
『ASJJF-DUMAU JAPAN GP GI&NO-GI』
会場:台東リバーサイドスポーツセンター・メインアリーナ(東京・浅草)
日時:9/17(土)
※アウグスト・メンデス"タンキーニョ"のセミナーを大会終了後に開催



【今日が誕生日の柔術家】JTトーレス(27)、ジョナサン・サタヴァ



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE



muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear


2016年09月01日

【柔術プリースト】#247:Jiu Jitsu Liga de Tokio 01

p247
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は7/17に東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催された『Jiu Jitsu Liga de Tokio 01』をお送りします。

今大会は記念すべき第1回目の大会で好勝負が続出し盛り上がりました。

その中から一本決着した試合を中心に配信します。

配信試合は以下の通りです。


8
アダルト青帯フェザー決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
惟村公郁(トライデントジム)



10
アダルト青帯ヘビー決勝戦
サム・ゴードン(吉祥寺フィット)
vs
四坂幸大(一心柔術)



11
アダルト青帯ウルトラヘビー決勝戦
江口弘晃(パラエストラ千葉)
vs
矢澤和敏(レナトゥス柔術アカデミー)



アダルト青帯オープンクラスライト1回戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
白石祐太郎(CARPE DIEM)



アダルト青帯オープンクラスライト準決勝
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
佐藤健士(和術慧舟會船橋道場)



9
アダルト青帯オープンクラスライト決勝戦
マテウス・オンダ(東海BJJ)
vs
イゴール・ウラタ(Impacto Japan BJJ)



1
アダルト紫帯ライトフェザー決勝戦
酒井啓道(パラエストラ渋谷)
vs
ブルーノ・イシイ (Impacto Japan BJJ)



2
アダルト紫帯オープンクラス準決勝
寒河江寿泰(高田馬場道場)
vs
チアゴ・ファヴェーラ(Impacto Japan BJJ)



アダルト紫帯オープンクラス準決勝
山田大聖(太田道場)
vs
ブルーノ・イシイ (Impacto Japan BJJ)



3
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
ブルーノ・イシイ(Impacto Japan BJJ)
vs
チアゴ・ファヴェーラ(Impacto Japan BJJ)



07
アダルト茶帯ルースター決勝戦
片山泰輔(CARPE DIEM)
vs
鶴巻陽司(AXIS)



11
アダルト茶帯ライトフェザー決勝戦
片山師斉(ポゴナ・クラブジム)
vs
ブルーノ・ヤマモト(Impacto Japan BJJ)



13
アダルト茶帯オープンクラスライト決勝戦
今泉貴史(パラエストラ吉祥寺)
vs
ブルーノ・ヤマモト(Impacto Japan BJJ)



01
マスター黒帯フェザー決勝戦
エメルソン・アズマ(Over Limit BJJ)
vs
井上祐弥(Sado BJJ Club)



05
マスター黒帯オープンクラス
松村威(チーム野武士)
vs
井上祐弥(Sado BJJ Club)



247z
BJJテクニックファイルはフラビオ・タシロのサイドからのラペラチョーク,任后



■#247はコチラから!



jlt2
【参加申し込み受付中】
『Jiu Jitsu Liga de Tokio 02』

会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
日時:9/25(日)
参加費:
第一次締め切り(8/1)3000円
第二次締め切り(8/19)4000円
第三次締め切り(9/2)5000円
最終締め切り (9/16) 6000円
※オープンクラス出場+2000円
■大会詳細はコチラから!



jjp11
Jiu Jitsu Priest



N_logo_w
Jiu Jitsu NERD



BJJ-WAVE-Final-Logo
BJJ-WAVE




muse_s
MUSE Jiu Jitsu Academy



©Bull Terrier Fight Gear