English Portugues Japanese

2017年10月

2017年10月31日

【結果】SJJIFワールド2017:アダルト黒帯の主な結果

sj1
10/18-29の2日間、LAのロングビーチコンベンションセンターで開催されるSJJIF主催「SJJIFワールド」の大会初日に行われたアダルト黒帯の決勝戦を紹介したい。

続きを読む

2017年10月30日

【結果】SJJIFワールド2017:キッズの主な結果

sj1
10/18-29の2日間、LAのロングビーチコンベンションセンターで開催されるSJJIF主催「SJJIFワールド」で行われたキッズの試合の主な結果です。


続きを読む

2017年10月29日

【結果】SJJIFワールド2017:柔術の主な結果

sj1
10/18-29の2日間、LAのロングビーチコンベンションセンターで開催されるSJJIF主催「SJJIFワールド」の大会初日に行われたギの試合の主な結果です。


続きを読む

2017年10月28日

【大会】SJJIFワールドに参戦する日本からの出場者

sj1
10/18-29の2日間、LAのロングビーチコンベンションセンターで開催されるSJJIF主催「SJJIFワールド」の日本から参戦する選手一覧です。

続きを読む

2017年10月27日

【発売中】「Fight&Life」の柔術関連記事

1
現在発売中の隔月発行の格闘技雑誌『Fight&Life』の柔術関連記事の紹介です。

今号でもここでしか読めない記事が多数掲載されています。

まずは先月末にフィンランドで開催された2年に1度の組技の祭典「ADCC2017」です。

ADCCはグラップリングの専門家であるゴードン・ライアンが初出場&初優勝の快挙を達成し、大きな話題となりました。

そのADCCはカラーで3ページに渡り各階級の決勝戦と日本人選手の試合ぶりをレポートしています。


2
ADCCでMVPを選ぶならゴードン・ライアンで間違いないはず。
そのゴードンの試合ぶりなどをカラー3ページでレポ。



そして同じく先月開催されたIBJJFアジア選手権はモノクロ2ページでの掲載です。

アジア選手権は国際大会らしい海外からの参戦した強豪選手の活躍が目立ちましたが、特にアダルト黒帯決勝戦にフォーカスを当ててレポートしています。

もちろんアダルト黒帯以外の注目試合も掲載しているので、ぜひチェックして欲しいと思います。

その他、ラスベガスで開催されたIBJJFワールドマスターの大会レポートとワールドマスター王者・塩田"GOZO"歩のインタビューも掲載されています。


3
柔術記事も豊富。
IBJJFアジア選手権はアダルト黒帯を中心にレポート。



4
ラスベガスで開催されたワールドマスターも掲載されています。
中年柔術家の雑誌掲載の機会はレアです。



5
当ブログでもコラムを連載中の塩田"GOZO"歩のインタビューは柔術復帰に至るまでの経緯が興味深い内容でした。
必読!




今回も日本で唯一の定期刊行格闘技として多くのページで柔術&グラップリングを扱ってもらってます。

2ヵ月に1回の発売なので、ぜひ書店またはAmazonで購入し読んで頂きたいと思います!


1
【発売中】
『Fight&Life』Vol.63 920円
■詳細&購入はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月26日

【柔術プリースト】#300ĭ:RAM IT DOWM

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は8月に浅草で開催した柔術プリースト300回記念大会「RAM IT DOWM」2回に渡り配信します。

Part.1は紫帯の賞金10万円&チャンピオンベルト争奪トーナメントで、Part.2はスーパファイトを見て頂きます。

配信試合は以下の通りです。


【Part.1】
08fb
賞金10万円&チャンピオンベルト争奪トーナメント全試合



DSC00702
#300はコチラから!



【Part.2】
09
女子青帯60kg級スーパファイト
時間無制限15ポイント先取&一本決着マッチ
三浦彩佳(TRIBE TOKYO MMA)
vs
アガタ・フランコ(RUL BJJ)



05
青帯フェザー級スーパファイト
5分3Rサブミッションオンリーマッチ
風間敏臣(ストライプル茨城)
vs
西村大智(ストレイトBJJ)



02
黒帯無差別級スーパファイト
1R15分無制限ラウンド・一本決着オンリーマッチ
後藤悠司(一心柔術)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



2
BJJテクニックファイルはクレベル・コイケの「三角絞めのバリエーション」です。
ちなみに技の受け手は品川祐さんです。



3
#301はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

NYツアー後半総括

です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月25日

【Review Wednesday】IGOR GRACIE / Escape Mastery

igr
どーも、みなさまお疲れ様です。

覆面レビュアーです。

今回は久々に新作を紹介させていただくことになりました。

そのDVDはDigitsuよりリリースされた「Escape Mastery」です。

エスケープのテクニックを紹介するのは70年代に一時代を築き上げ、一族最高と言われた伝説のグレイシー、ホーウス・グレイシーの三男であるイゴール・グレイシー。

グレイシー柔術はエスケープ技術に定評があるのは周知の通りです。。

ヒーロン・グレイシーがガウヴァオンとメタモリスで対戦した際の脅威のエスケープ力は攻撃をしているガウヴァオンよりも強い印象を与えました。

ヒーロンvsガウヴァオンの試合は観ている周りに衝撃を残し、試合後にはそのサバイブすることの重要性を説き各メディアにも取り上げられるなど、グレイシー柔術の奥深さを垣間見る一戦となりました。

このDVDではそのグレイシー流エスケープが多数紹介されています。

Discも1枚なので見る前から気後れする事なく鑑賞スタート。

【収録内容】
1 アームバー:スタックエスケープ
2 アームバー:ブリッジエスケープ
3 アームバー:ヒッチハイカーエスケープ
4 アームバー:ベリーダウンエスケープ
5 バックコントロール:ヒップエスケープ
6 バックコントロール:クロスボディエスケープ
7 バックコントロール:ローリングエスケープ
8 バックコントロール:弓矢絞めからのエスケープ
9 三角絞め:脱出の姿勢
10 三角絞め:スタックエスケープ
11 三角絞め:パンツグリップエスケープ
12 三角絞め:スプロール・エスケープ
13 三角絞め:最後の手段
14 オモプラッタ:ジャンプオーバー
15 オモプラッタ:パンツグリップエスケープ
16 オモプラッタ:パンツグリップエスケープ2
17 キムラ:キムラの状態から逆転する
18 キムラ:アームバーへのカウンター攻撃
19 キムラ:クローズドガードから
20 キムラ:ノースサウスポジションから
21 キムラ:サイドコントロールからダースチョーク


三角、オモプラッタからのエスケープは目から鱗状態、一つでも多く自分の引き出しに加えたい技術ばかり、加えてカウンターの技術も収録されているのでこちらも忘れず反復して覚えたいテクニックです。

エスケープのDVDと言えば過去にはビル・クーパー、ベルナルド・ファリアなどが出していましたがグレイシーからのリリースは初!?

生粋のグレイシー柔術を身につけ、ニューヨークのヘンゾのアカデミーのヘッドインストラクターも務めるイゴールがグレイシー流の真のエスケープ法を伝授してくれるこの1枚。

オススメです!


igr
【近日入荷】
イゴール・グレイシー「エスケープ・マスタリー」
■ブルテリアには近日入荷予定!







【今日が誕生日の柔術家】新川武志(53)、今泉貴史(35)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月24日

【大会】『COPA Las Conchas 2018』東京&沖縄で開催決定!

las01
アパレルブランド「Las Conchas(ラスコンチャス)」が毎年開催している『COPA Las Conchas 2018』の開催が決定しました!

来年は1月に東京・浅草で、2月に沖縄・那覇で2ヵ月連続の開催となります。

東京大会は1/14(日)、台東リバーサイドスポーツセンターで、沖縄大会は2/25(日)、奥武山公園武道館で開催します。

今年の東京大会は台東リバーサイドスポーツセンターの柔道場と武道場で2フロアに渡り開催しましたが、来年は柔道場のみでの開催となるのでキッズとノーギは行わずに柔術のみの開催となります。

また沖縄大会では通常通り、キッズ、ノーギ、柔術と3カテゴリーを募集予定です。

どちらもASJJFルールでの試合となり、参加申し込みもドゥマウのサイトからとなり、サイトの準備ができ次第、参加申し込み開始となります。

東京大会はLas Conchasがスポンサードする選手が多数出場予定で、かなりの豪華メンバーとなる予定です。

いつものように協賛各社提供の豪華商品を賞品にした参加者全員が対象のくじ引きや現役アイドルを起用したメダルガール(東京大会のみ)、大会のライブブロードキャストなども実施予定です。

また沖縄大会はTHEパラエストラ沖縄の開催協力で初開催が実現し、今大会が成功したら定期的に開催する意向とのこと。

2ヵ月連続の「COPA Las Conchas」の開催となりますが、3月は同じくLas Conchasが主催する白帯限定大会「WHITE RIOT 2018」も3/4(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催予定です。

どの大会もいまから準備に入り、東京大会ではスーパファイトも組む予定となっており、今大会ならではの趣向を凝らして開催しますので、選手の皆様はお楽しみに!


las01
『COPA Las Conchas 2018 TOKYO』
■日時:1/14(日)
■会場:台東リバーサイドスポーツセンター(東京・浅草)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!


las02
『COPA Las Conchas 2018 OKINAWA』
■日時:2/25(日)
■会場:奥武山武道館(沖縄・那覇)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】澤田真琴(43)、エドゥアルド・ヴィタウ(42)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月23日

【結果】ARZALET.2

00
10/21(土)、ブラジル・クリチバのタルマ体育館で開催されたファイティンググローブ主催「ARZALET.2」の大会結果です。

続きを読む

2017年10月22日

【告知】11/11-12原宿『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』

07
来月の11/11-12の2日間、東京・原宿のギャラリーZOOMANズーマンにてブルテリア創業15周年、及びブラジルブログ10周年、そして柔術プリースト配信300回を記念して開催する柔術衣&関連グッズの展示会、名付けて『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』を開催します。

すでに開催告知の第一報をお知らせ済みですが、今回は具体的な展示内容を含めてお知らせします。

展示会では過去に発売されてきた秘蔵のブラジリアン柔術衣を多数展示予定で、それだけでなくメジャーな大会のメダルやチャンピオンベルトも同時に見て頂く予定です。

また柔術関連書籍やビデオ&DVDなども自由に見て頂けるコーナーも用意。

ここではDVD化されていないレアなビデオも観覧自由で、すでに廃盤となっている日本語字幕入りのヒクソン・グレイシーのドキュメンタリー「王者の真実」や記念すべき第1回目のムンジアルを収録したビデオテープもあります。

さらには90年代のグレイシーマガジンやJiu Jitsu NERDの前身となったreversal magazineのバックナンバー、入手困難な海外の教則本なども閲覧可能で、フィギュアや小物などの柔術関連コレクションもお蔵出しで展示予定です。

そしてこの展示会限定で記念グッズも物販予定で定番の展示会記念Tシャツの他に目玉は「ブルテリア×BLACK BULL×DURO」のトリプルネームのコラボキモノも超少数の限定で販売します。

現在鋭意制作中なのがこの展示会用にセレクトしたレアキモノ150着以上を掲載した図録です。

展示会で展示されているキモノはもちろん、その他のレアキモノを解説入りで紹介しマニア必携の1冊となるでしょう。

これだけ盛りだくさんな内容で入場無料で来場者には特製ステッカーのプレゼント付き。

日本初の柔術を扱った展示会、ぜひ多数のご来場をお待ちしています。


01
2000年初期に一世を風靡した名作「KF VASCOモデル」。
このドーギはチーム違いも含めて展示します。



02
かのレオ・サントスが実際に着用し、雑誌の表紙にもなった「KF×ビタミン&ミネラルズ・コラボモデル」。
今では懐かしいパッチの数々も実際に見て頂けます!



03
展示会開催を記念したTシャツ。
カラーバリエーションを豊富に取り揃え会場特価にて販売。



04
2007年にスタート当ブログの新バナーデザインのパッチも新発売。



05
「ブルテリア×BLACK BULL×DURO」のトリプルネームのコラボキモノ。
この展示会限定で少数のみの販売です。



06
来場者全員にステッカーを贈呈。
しかも入場無料!



00
『BULLTERRIER 15th ANIVERSARY EXHIBIXION』

日時:
11月11日(土) 13時〜20時
11月12日(日) 10時〜16時
会場:ギャラリーZOOMANズーマン
住所:東京都渋谷区神宮前3-21-18
JR山手線・原宿駅(竹下口):徒歩6分
東京メトロ千代田線・明治神宮前駅(出口5):徒歩5分
東京メトロ副都心線・明治神宮前駅(出口5):徒歩5分


x




【今日が誕生日の柔術家】ジャカレ・カバウカンチ(65)、アダム・カユーン、ブルーノ・バルボーザ(34)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月21日

【レポ】ADCC2017:雑感その他

00
ADCC 2017の最後の試合レポートは雑感などを交えてお伝えしたい。

今大会で筆者のベストマッチは女子のビアンカ・バジリオvsエルビラ・カッピネンの一戦だ。

ビアンカはギありの柔術でも強豪と知られているが、その対戦相手となったエルビアは1回戦でかのマッケンジー・ダーンから勝利を挙げるという今大会で一番のアップセットを演じたローカルの選手。

この両者の試合は無名といっていい地元の選手が有名選手に果敢に立ち向かう構図となり、会場の大声援を受けたエルビアが結果的には敗れたとはいえ大健闘を見せた。

女子、それも準決勝戦とはいえ、今大会の中で一番のベストマッチはこの試合であったと断言したい。

その他、試合以外の部分も紹介しているので、これをADCC最後のレポートとしてチェックして欲しい。


10fb
本大会でもっとも会場が盛り上がったのが、地元フィンランドのエルビア・カルピネン(10th Planet)とビアンカ・バジリオ(アルメイダJJ)の女子-60kg準決勝だろう。会場中の声援を受けたエルビアは10th Planet所属らしい足関狙いの戦術でビアンカと接戦を演じ、P0-0で延長に突入するど激闘を繰り広げた。



11fb
延長戦に入りビアンカがテイクダウンからバックを狙い、エルビアもヒールフックを仕掛けるなどアグレッシブな展開が続く。終盤はエルビアの足関から逃れたビアンカがテイクダウンを試み、エルビアの腕を取りかけたところで試合終了。



12fb
P0-0の接戦はレフェリー判定でビアンカの勝利。3位決定戦でミシェル・ニコリニに敗れてしまったエルビアだが、この試合は本大会のベストマッチだったといえる。



13fb
会場のエスポーメトロアリーナは、エスポーのアイスホッケーチーム・ブルースの本拠地。ホッケーの試合時には約7000人収容できるアリーナは連日ほぼ満員の大盛況だった。



14fb
2013年の中国・北京大会はブルテリア、2015年のブラジル・サンパウロ大会ではBAD BOYが手がけたオフィシャルTシャツ、今回はPIT BULL WSET COAST SPORTS製。
日本では馴染みがないブランドだが欧州では有名ブランドなんだそう。



15fb
会場内には特設ブースが設けられ、Tシャツやギのほか、北欧らしく厚手のジャケットなども人気だった。大会Tシャツは年末恒例の「Jiu Jitsu NERD 柔術10大ニュース座談会」時にプレゼントの予定なのでお楽しみに!



【今日が誕生日の柔術家】イタロ・リンス(29)、ホドリゴ・タニグチ



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月20日

【レポ】ADCC2017:スーパーファイト

0fb
9/23-24の2日間、フィンランド・ヘルシンキのエスポーメトロアリーナで開催されたADCC。

結果速報から時間が空いてしまったが、これまで紹介できていないスーパーファイトの模様をお伝えしたい。

今大会で行われたスーパーファイトは3試合でアンドレ・ガウヴァオンvsクラウジオ・カラザンスのレギュラーのスーパーファイトとレジェンドマッチとして組まれたヘンゾ・グレイシーvs菊田早苗、チェール・ソネンvsレオナルド・ヴィレイラだ。

続きを読む

2017年10月19日

【日記】飯嶋貴幸のサンディエゴ日記:試合告知編

01
また久しぶりになってしまったサンディエゴ日記。

今日は試合の告知です。

来週に迫ったブラジル・クリチバで開催される「Arzalet.2」 に参戦するためハードなキャンプ中だったため更新が遅くなってしまいました。

そんなキャンプも今日アメリカ時間の月曜日で終わり。

あとは体重調整するだけです。

今回もチームメイト、他ジムからの出稽古、各分野のコーチの下、最高のキャンプができました。

後は最高のパフォーマンスをブラジルでするだけです!

ですが気がかりなのは今回はビザの関係でセコンドなしの一人での試合となることです。

ですが日本からセコンドで行くドクトル大内さんや、いつもLAでお世話になってるクレバー・ルシアーノ&セコンドのトム・ノックス、そして大会スタッフの方々も知った顔ばかりなので、なんとかなるでしょう(笑)。

そんな明日から行くブラジル・クリチバですが去年は観光で行っていました。

そのときの様子は過去のサンディエゴ日記で紹介してるでぜひチェックしてみてください!

コチラから!

自分の対戦相手は地元の選手で、自分の倍以上のプロでの戦績がありますが、そんなの関係なくぶっ飛ばしにいきます。

勝っても負けてもつまらない試合ばかりなのは自分でも重々承知してるので、今回ばかりはお客さんを満足させれるようなアグレッシブな試合をする所存です。

去年ダラスでやったLegacy FC から約1年。

その間に色々ありましたが、せっかく頂いたこのチャンスをしっかりモノにして、いまより上にいけるように頑張ります!

今回のブラジル・クリチバでの試合の様子も次回のサンディエゴ日記で紹介しますので試合結果と共にお楽しみにしていて欲しいと思います。


00




patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月18日

【Review Wednesday】Deep Half Guard Killer Review by 内山裕規

bk
こんにちは、急に寒くなってきましたね。

しっかり風邪をひいた内山です笑笑

みなさんは気をつけてくださいね!!

今回お送りするのは、ビル・クーパーの「Deep Half Guard Killer」です!

今作はその名の通りディープハーフに対するテクニック、サブミッション/パスガード両方紹介されております。

技数はたくさん紹介されていないですが、一つ一つがとても丁寧に説明されております。

技はこうやって入るよ〜ってだけでなく、もし相手がこう動いたら足をこの位置にとか、こうしたらこの技も行けるよ、等別プランも一緒に紹介されておりますので、試し易いと感じます!

なので書いてあるものはどちらも10種類前後ですが、それより多く学んだ感じがします笑

しかも一つのカテゴリーが長いDVDではないので、サクッと観れてしまうのも良いところ!

(自分は結構眠くなるので助かります。。。笑)

こちらのDVDはノーギで実演されてますが、ギを着ていても使える部分が多々あると思いますので、ディープハーフをヤラれてお悩みの方は是非ご検討ください★


bk2
【発売中】
ビル・クーパー「Deep Half Guard Killer」
■詳細&購入はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月17日

【選手紹介】ルーカス・ピネイロ:2016/2017シーズンで10個のメダル獲得

01
Jiu Jitsu NERDがサポートしているブラジル人黒帯のルーカス・ピネイロ(AMBJJ)。

今回はルーカスの選手紹介をしたい。

ルーカスはマナウスの貧しい家に生まれ、両親は共稼ぎでずっといないという幼少期を過ごしていた。

そのときに友人に誘われて家にマナウスにある名門・クルービピニャのアカデミーで9歳で柔術を始めた。

続きを読む

2017年10月16日

【告知】12/16代々木「and ROLL CAMP Chapter 3. "JAM VIBES"」

00
柔術&グラップリングとDJやサーフなどをコラボレーションしたイベントの「and ROLL CAMP」の3回目となるイベントの開催が決定しました。

続きを読む

2017年10月15日

【柔術プリースト】#299:ASJJFジャパンオープン2017

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信しているのは「ASJJFジャパンオープン2017」です。

配信試合は以下の通りです。


0813
8/13浅草「ASJJFジャパンオープン2017」


女子アダルト青帯ライト1回戦
アガタ・フランコ(RUL BJJ)vsマリア・シャミナ(一心柔術)


06
女子アダルト青帯ライト決勝戦
ラケル・カワサキ(RUL BJJ)
vs
マリア・シャミナ(一心柔術)



05
女子アダルト青帯オープンクラス決勝戦
アガタ・フランコ(RUL BJJ)
vs
マリア・シャミナ(一心柔術)



アダルト青帯オープンクラス1回戦
橋本圭右(フィジカルスペース荻窪)
vs
ウイリアン・サイオ(INFIGHT JAPAN)



04
アダルト青帯オープンクラス準決勝
マテウス・ヒロトミ(グレイシーバッハ静岡富士)
vs
ウイリアン・サイオ(INFIGHT)



アダルト青帯オープンクラス決勝戦
ルカ・ベロッティ(パラエストラ八王子)
vs
ウイリアン・サイオ(INFIGHT)



ジュニアティーン黄帯ミドル決勝戦
酒井忠清(RBアカデミー)
vs
グスタボ・フランコ(RUL BJJ)



01
アダルト紫帯オープンクラス1回戦
山田大聖(太田道場)
vs
イゴール・タナベ(RUL BJJ)



02
アダルト紫帯オープンクラス準決勝
イゴール・タナベ(RUL BJJ)
vs
ハリー・ハヤシ(セキタニゴールドチーム)



03
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
カウエ・ヒエイ(セキタニゴールドチーム)
vs
イゴール・タナベ(RUL BJJ)



2
BJJテクニックファイルはアラン・フィデリスのテクニック。
「ハーフガードに対するパスガード」です。



3
■#299はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ASJJFドゥマウセブ総括
カルペディエム教則本発売SP、再生回数1500超え
内柴正人、柔術練習開始
ADCC、次回大会はカリフォルニアに決定
ニューヨークあれこれ
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月14日

【大会】12/3浜松「ブルテリアオープン2017」開催

BTO1
12/3(日)、静岡県浜松市の浜松武道館にて螢爛鵐妊ネロ主催「ブルテリアオープン2017」の開催が決定しました。

螢爛鵐妊ネロ主催大会は春にキッズのブルテリアジュニアオープン、夏のコパ・ブルテリア、冬のブルテリアオープンとブルテリアオープンキッズと4大会があります。

その中でブルテリアの地元・浜松で開催されるのがこのブルテリアオープンで、年度末に開催されるのが恒例となっています。

昨年の大会は黒帯でクレベルvsアンデルソンの久しぶりの対戦や茶帯では後藤琢磨のWゴールド達成など大きな盛り上がりを見せました。


04
クレベル・コイケvsアンデルソン・タカハシ



03
後藤琢磨が茶帯Wゴールド達成


■試合レポはコチラコチラコチラから!

■柔術プリーストでの配信はコチラコチラから!



過去2大会は土曜日開催でしたが今年は日曜日開催となり、また12月上旬と年の瀬前なので多数の参加者がありそうです。

すでに大会の参加申し込みは始まっており、第一次締め切りは10/31(火)で、最終締め切りは11/24(金)ですが、その前に参加者多数で早期締め切りの場合もあるので参加希望の方はお早めにお申し込みを。

そして今回もチーム優勝にはトロフィーと賞金2万が贈呈されるので、チームポイントの行方にも注目です。

またブルテリアオープンのキッズ大会である「ブルテリアオープン2017 子供の部」も参加申し込みを受付中ですでにエントリーリストも公開されています。

■エントリーリストはコチラから!


こちらの大会はブルテリアオープンと同じ浜松武道館で11/19(日)の開催です。

「ブルテリアオープン2017」と「ブルテリアオープン2017 子供の部」とも大会詳細は以下のリンクを参照してください。

多数のエントリーをお待ちしています!


BTO1
【参加申し込み受付中】
「ブルテリアオープン2017」
日時:12/3(日)
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
■大会詳細はコチラから!



BTO2
【参加申し込み受付中】
「ブルテリアオープン2017 子供の部」
日時:11/19(日)
会場:浜松武道館(静岡県浜松市)
■大会詳細はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月13日

【レポ】ASJJF DUMAU PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017

1007
10/7-8、フィリピン・セブのSMシーサイドシティで開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017」。

ASJJFドゥマウのセブ大会も早いもので今回で5回目の開催となった。

今回から大会を2日間に分けて開催となり参加者数も前回大会の3割増しとなる400人ほどが参加しており、参加国も8カ国に及んでいる。

続きを読む

2017年10月12日

【エントリーリスト】11/26「Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017」

est1
11/26(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催されるLas Conchas主催『Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017』。

10/6(金)に第一次締め切りとなり、最初ののエントリーリストが公開されました。

紫帯、茶帯、黒帯とも多数の強豪が集まり、見どころのあるトーナメントが組まれそうです。

特に紫帯の充実度は特筆モノでしょう。

また乗次秀彦と井手史竜の九州からの遠征組も要注目です。

このエントリーリストは随時更新されていきます。


【柔術】
【アダルルト紫帯】

■フェザー

大柳敬人(CARPE DIEM)
西村大智(ストレイトBJJ)
田中秀治(パラエストラ八王子)


■ライト
石井宏幸(高田馬場道場)


■ミドル
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)
最上隆広(パラエストラ八王子)


■ヘビー
乗次秀彦(バッファロー柔術)


■オープンクラス
大柳敬人(CARPE DIEM)
西村大智(ストレイトBJJ)
石井宏幸(高田馬場道場)
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)
乗次秀彦(バッファロー柔術)
最上隆広(パラエストラ八王子)
田中秀治(パラエストラ八王子)



10
大柳敬人(CARPE DIEM)



4
西村大智(ストレイトBJJ)



08
ケビン・キムラ(INFIGHT JAPAN)



07fb
乗次秀彦(バッファロー柔術)



【アダルルト茶帯】
■ライトフェザー

井手史竜(CARPE DIEM福岡)
片山泰輔(CARPE DIEM広尾)


■フェザー
池田譲(パラエストラTB)


■ライト
後藤琢磨(仙台草柔会)


■ミドル
峯岸零弥(パラエストラ小岩)
卯木豪(パラエストラTB)


■ヘビー
Sanni Wehbe(Endure BJJ)


■オープンクラス
池田譲(パラエストラTB)
後藤琢磨(仙台草柔会)
峯岸零弥(パラエストラ小岩)
卯木豪(パラエストラTB)
Sanni Wehbe(Endure BJJ)


5
池田譲(パラエストラTB)



03
井手史竜(CARPE DIEM福岡)



go
後藤琢磨(仙台草柔会)



05fb
片山泰輔(CARPE DIEM広尾)



8
卯木豪(パラエストラTB)



reiya
峯岸零弥(パラエストラ小岩)



【アダルト黒帯】
■フェザー

広瀬貴行(パラエストラTB)
茶圓俊平(ねわざワールド)


■ライト
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
高本裕和(高本道場)


■オープンクラス
広瀬貴行(パラエストラTB)
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
茶圓俊平(ねわざワールド)
高本裕和(高本道場)



1
広瀬貴行(パラエストラTB)



01
高本裕和(高本道場)



9
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



6
ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)




【マスター紫帯】
■ライト

加賀谷大(綱島柔術アカデミー&ねわざワールド品川)


■オープンクラス
加賀谷大(綱島柔術アカデミー&ねわざワールド品川)


【マスター茶帯】
■フェザー

片山師斉(CARPE DIEM)


【マスター黒帯】
■ライト

後藤悠司(一心柔術)
ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)


■ヘビー
荒井勇二(Over Limit BJJ)


■オープンクラス
後藤悠司(一心柔術)
ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)
荒井勇二(Over Limit BJJ)



00
後藤悠司(一心柔術)



3
ホドリゴ・ソウザ(Impacto Japan BJJ)



09
荒井勇二(Over Limit BJJ)



【シニア紫帯】
■フェザー

猪股幸治(パラエストラTB)


■オープンクラス
猪股幸治(パラエストラTB)


【シニア茶帯】
■フェザー

武井昭博(ポゴナ・クラブジム)



【グラップリング】
【アダルトアドバンス】
■-90kg

最上隆広(パラエストラ八王子)


■オープンクラス
最上隆広(パラエストラ八王子)


【アダルトエリート】
■-70kg

稲野岳(トライフォース五反田)


【アドバンスマスター】
■-75kg

加賀谷大(綱島柔術アカデミー&ねわざワールド品川)



est1
【参加者募集中】
『Las Estrellas de Jiu Jitsu 2017』

日時:11/26(日)
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
主催:Las Conchas / ミューズエンタープライズ
参加費:
第二次締め切り:10/20 4000円
第三次締め切り:11/6 5000円
最終締め切り :11/17 6000円
※無差別級エントリー+1000円
年齢カテゴリー:アダルト・マスター(30歳〜)・シニア(40歳以上)
申し込み:メールで受け付け
メールアドレス: reversaling@gmail.com
件名に「Las Estrellas de Jiu Jitsu 出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。
申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。
【出場申し込みフォーム・柔術】(コピペしてお申し込み下さい)
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
※女性カテゴリーはアダルトのみ

【出場申し込みフォーム・グラップリング】(コピペしてお申し込み下さい)
名前: 
所属:
種別:ビギナー(白&青)・アドバンス(紫)・エリート(茶・黒)
階級:-60kg / -65kg / -70kg / -75kg / -80kg /-90kg /+100kg
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
※女性カテゴリーはアダルトのみ

■大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月11日

【Review Wednesday】「CARPE DIEM JIU-JITSU」

CDJJ_006
みなさんおつかれさまです、Jiu Jitsu NERDライターの成田です。
今回の「Review Wednesday」はCARPE DIEM初の教則本『CARPE DIEM JIU-JITSU』を取り上げたいと思います。

先週の土曜日に発売されたばかりの本書。発売前には柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」で、CARPE DIEM代表で本書を監修された石川祐樹さん、演者を務めた橋本知之選手、デザイナーの戸倉巌さんを交えた座談会を実施していますし、戸倉さんには本ブログでデザインのこだわりについても綴ってもらっているのでいまさら感が否めませんが、ここでは通常どおり、素人目で気になったところを紹介していきたいと思います。

本書を手にとってみてまず「!?」となったのが製本の仕方。戸倉さんも前出のレビューで解説されていたとおり、ページを開きっぱなしにしやすい「コデックス装」という仕様になっていて、練習中はもちろん、ゴロ寝でも非常に読みやすい(使い勝手が良い)塩梅です。デザイン本ならともかく、こうした教則本でそれを実現してしまうこだわりと発想の柔らかさには驚きました。

内容は、岩崎選手と橋本選手が実際に試合で使ってきた選りすぐりのテクニックを紹介するというもの。トップポジション、ボトムポジションの2部構成で、「クローズドガードに入られる」「ベリンボロを仕掛けられる」「タックル系スイープのカウンター」「トレアドールパスを仕掛けられる」等々、シチュエーション別の対処法がそれぞれA・B・Cの3パターンずつ紹介されています。

この「〜られる」という表現でそれぞれのシチュエーションを説明しているところが本書の特徴のひとつで、「クローズドガードのパスガード 廖屮ローズドガードのパスガード◆廖帖弔箸い従来の教則にありがちな言い回しと違って状況が非常に想像しやすく、ビギナーの方にとっては「あのときどうすればよかったのか?」という疑問を解消しやすい(対処法にアクセスしやすい)構成になっているかと。

また、「『これを防がれたらこれ』と別プランを必ず用意しておけ」とは練習でよく言われることですが、前述のとおり、1シチュエーションにつき3パターンの対処法が紹介されているのもありがたいところです。今回は岩崎、橋本両選手のテクニックでしたが、もしかしたら続編があるかも!ということで、次はどんなコンセプトの書籍が出るのか楽しみです。



CDJJ_006
DVD付き教則本「CARPE DIEM JIU-JITSU」
■送料無料&缶バッジ付きのカルペディエム・オンラインストアはコチラから!
■Amazonでの購入はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】クラウジオ・カラザンス(34)、塩田歩(44)、レアンドロ・ニーザ(40)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月10日

【レポ】『プロ柔術MATSURI第9戦 〜SYNECDOCHE(シネクドキ)〜』

m9a
10/1(日)、大阪府・世界館にて開催された『プロ柔術MATSURI第9戦 〜SYNECDOCHE(シネクドキ)〜』。

今大会を開催したMATSURI実行委員会から「〜MATSURIのあと〜」と題した黒帯の試合を中心にしたレポートと大会総括が届いたので紹介したい。

本文・画像キャプションともMATSURI実行委員会の森本猛氏によるものだ。

続きを読む

2017年10月09日

【RESULT】ASJJF DUMAU PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017

1007
10/7-8、フィリピン・セブのSMシーサイドシティで開催されたASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU PHILIPPINE INTERNATIONAL OPEN 2017」の主な結果です。


続きを読む

2017年10月08日

【Review Wednesday番外編】「CARPE DIEM JIU-JITSU」

CDJJ_001
はじめまして、ブックデザイナーの戸倉と申します。

今回は「Review Wednesday」の番外編として、10月7日発売のDVD付き教則本「CARPE DIEM JIU-JITSU」をご紹介します。

日本人トップの柔術家、岩崎正寛選手と橋本知之選手が世界に通用するテクニックを披露しています。

続きを読む

2017年10月07日

【GOZOコラム】ルール講習会

s1
有難いことに、この度ブラジルブログさんからオファーをいただき、定期的にコラムを掲載させていただくことになりました。パラエストラ八王子・dois国分寺 代表の塩田(ゴーゾーの方が馴染み深い?)です。どうぞよろしくお願いします。

今後は月1回くらいのペースでコラムの掲載をさせていただく予定です。内容は、自分の柔術を軸に様々な観点から書こうと思っていますので、どうぞお付き合い下さい。

さて今回、第1回目は『IBJJFルール講習会』です。

続きを読む

2017年10月06日

【柔術プリースト】#298:GUNMA OPEN 2017

1
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのはINFIGHT JAPAN主催の「GUNMA OPEN 2017」です。

北関東の柔術シーンを凝縮したような大会となってるのでぜひ見てみてください。

配信試合は以下の通りです。


00
7/30「GUNMA OPEN GI & NO-GI 2017」



ユース灰帯ミドル1回戦
エンゾ・クワハラ(INFIGHT)
vs
ギレルメ・ハラダ(ノヴァウニオン)



ユース灰帯ミドル決勝戦
ギレルメ・カワムラ(ノヴァウニオン)
vs
エンゾ・クワハラ(INFIGHT)



11
ユース白帯フェザー決勝戦
ガブリエル・シダ(ノヴァウニオン)
vs
カイアニ・アロウシャ(INFIGHT)



10
女子アダルト白帯フェザー決勝戦
ヘナータ・ハルミ・シウバ(INFIGHT JAPAN)
vs
中平紀子(飛翔塾)



アダルト青帯ルースター1回戦
山田博明(クールチャンプクラブ)
vs
ペドロ・アキラ・ネモト(INFIGHT)



07
アダルト青帯ルースター決勝戦
ペドロ・アキラ・ネモト(INFIGHT JAPAN)
vs
榊亮太(ノヴァウニオン)



06
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
ルーカス・ヒロサワ(INFIGHT)
vs
イタロ・メンドンサ(グレイシージム富士宮)



01
シニア1黒帯ミドル決勝戦
ジェファーソン・エフェン(INFIGHT)
vs
エジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)



05
マスター黒帯ライト決勝戦
輿水良(グレイシーバッハ山梨)
vs
アレッサンドロ・エト(INFIGHT JAPAN)



2
BJJテクニックファイルはアラン・フィデリスのラッソースパイダーに対するパスガードです。



3
■#298はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

特別編 CARPE DIEM教則本新発売SP

です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで最新ニュースを雑談多めでざっくりと紹介してます。

ぜひご視聴を!


■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ホドリゴ・タケモト(40)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月05日

【告知】ミューズ柔術アカデミーにて内山裕規主宰の女子無料クラス開始

01
東京・代々木にあるミューズ柔術アカデミーでサブインストラクターを務めている茶帯の内山裕規が今月から不定期で女子無料クラスを開始する。

このミューズ柔術アカデミーは毎週火曜日と金曜日の週2回、19:30-22:00のスケジュールで練習しており、ジムの代表は橋本欽也となっているが橋本は海外出張が多く、インストラクターとして指導する機会は少なくなっており、火曜日はエジソン・カゴハラ(Over Limit BJJ)、後藤悠司(一心柔術)、ジェリー・イマサ(ONI BJJ)が主に指導中。

そして金曜日は内山裕規(パラエストラ東京)、堀込茂由(パラエストラ小岩)、池田譲(パラエストラTB)らが指導を担当している。

このように所属ジムを問わずに多彩なインストラクターが揃っており、これは国内ではミューズ柔術アカデミー以外では見ることができないことから"日本のスタジオ540"と自称しているが、これは残念ながらあまり定着はしていない様子だ。


02



そんな中で金曜日クラスのサブインストラクターの内山裕規が指導を担当する日を女子無料クラスとし、女子の参加費用を無料にして女子柔術家に門戸を開放することとなった。

内山は青帯時代からミューズ柔術アカデミーでサブインストラクターとして指導しており指導経験も豊富。

また現役で選手としても試合しており、初心者から選手志向の本格派まで対応可能だ。


03
内山裕規(パラエストラ東京)



04
クラスは基礎からアドバンスまで参加者のレベルに合わせて行われるので初心者も歓迎だ。




これから始まる女子クラスは最低でも月イチ以上の開催が予定されており、10月は10/6と10/20の2回が女子無料クラスとなっている。

またこの女子無料クラスは男子の参加も可能だが、その際は通常の参加費(他に所属ジムの会員証提示で1000円、無所属の場合は1500円)がかかる。

クラスは19:30-20:55までがウォームアップ&テクニック、21:00-22:00がスパーリングで、クラスの途中参加&途中退出もOK。

柔術衣のレンタルもあり(有料・1000円)、手ぶらでの参加も可能だ。

ぜひこの機会に女子で集まって練習してみてはいかだがだろうか。

06
ミューズ柔術アカデミー
JR/大江戸線・代々木駅から徒歩1分
東京都渋谷区代々木1-31-2
本館1F
TEL 03-5371-8980
■オフィシャルサイトはコチラから!

■Facebookページはコチラから!


05




07
代々木駅からの地図。
行き方の案内動画はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】エミリー・クォーク(37)、ロバート・ドライスデール(36)、ファイサル・アルキトベ(30)、マルセロ・グロッソ(44)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月04日

【Review Wednesday】スポーツ誌『Number』ブラジル特集号

n4
みなさんおつかれさまです、Jiu Jitsu NERDライターの成田です。
今回の「Review Wednesday」は柔術関連雑誌をご紹介したいと思います。

というわけで本棚から引っ張り出してきたのが、誰もがご存じのスポーツ誌『Number』の524号です。

これは2001年の初夏に発行され、「BRASILEORO!」というタイトルからもわかるとおり、当時のブラジルサッカーとバーリトゥードシーンを取り上げたブラジル特集号です。

サッカーはまったく明るくないのでわかりませんが、柔術愛好家必読なのが高島学さんの現地ルポ。BTTやワールド・ファイト・センター、シュートボクセなど、リオ&クリチバでさまざまな道場取材を敢行しながら、現地の雰囲気はもちろん、UFC以前以後のブラジルの格闘技シーンの変遷についても選手や関係者へのインタビューとともにレポートされています。

最近はグレイシー柔術黎明期について新しい見解が出ているようですが、どうやって柔術がブラジルで根付いたのか、柔術とルタの抗争、UFC以前のバーリトゥード、そしてUFCやPRIDEがブラジルの格闘技シーンにどんな影響を与えたのか等々はこれを読めばしっかりとつかむことができるはず。柔術を始めたばかりの方や、いまいち歴史がわからないという方にも激オススメです。

また、ヴァンダレイ・シウバやクロマドなど、いまや重鎮の選手たちが「もしヒクソンと戦ったらどうなるか」をリアルに語っているコラムや、一般的な格闘家ポートレイトとはひと味もふた味も違う久家靖秀さんの写真も見どころ。

『Jiu Jitsu NERD』9号掲載のリオ柔術マップの元ネタとなった「リオ・デ・ジャネイロ最深案内」は情報の古さは否めませんが、柔術タウンの空気もしっかりと伝わってきます。いまは絶版の本誌、オークションではたまに見かけるので気になる方はぜひご購入を!


【今日が誕生日の柔術家】藤田善弘(48)、ハレック・グレイシー



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2017年10月03日

【レポ】ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017

924
9/24(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターでASJJFドゥマウ主催「ASJJF DUMAU JAPAN GP 2017」が開催された。

同日にはシンガポールでASJJFアジアオープンが開催されており、今週末にはフィリピン・セブ、来月は韓国・ソウルで大会開催が予定されており、ASJJFのアジア進出は継続中の様子だ。

続きを読む

2017年10月02日

【結果】『プロ柔術MATSURI第9戦 〜SYNECDOCHE(シネクドキ)〜』

m9a
10/1(日)、大阪府・世界館にて開催された『プロ柔術MATSURI第9戦 〜SYNECDOCHE(シネクドキ)〜』の公式結果です。

◎第1試合 紫帯62.0kg契約 MATSURIルール
〇山本博斗(グレイシーバッハJAPAN) VS ×宇原虎次朗(NR柔術)
P4-0

◎第2試合 紫帯ライトフェザー級 MATSURIルール
×糸井裕嗣(モンスターハウス) VS 〇須見裕一郎(Shuhari柔術)
P0-2

◎第3試合 紫帯ヘビー級 一本ルール
デイビット・ウェイ(台湾BJJ) VS 斉田有記(GROUND CORE)
ドロー

◎第4試合 紫帯ミドル級 MATSURIルール
×丑岡涼太(Roll Jiu-Jitsu Studio) VS 〇イ・サンヒョン(CHESSWEEP)
P2-5

◎第5試合 茶帯ライトフェザー級 MATSURIルール
〇島田隼男(BOASORTE柔術アカデミー) VS ×吉岡優幸(徳島柔術)
3:52 送り襟絞め

◎第6試合 茶帯フェザー級 MATSURIルール
×原田 聖 (高槻柔術) VS 〇尾崎泰基(Roll Jiu-Jitsu Studio)
3:48 絞め

◎第7試合 茶帯ライトフェザー級 MATSURIルール
〇本田憲次(グレイシーバッハJAPAN) VS ×江木伸成(藤田柔術)
P6-2

◎第8試合 茶帯ミドル級 MATSURIルール
〇桂浦篤志(ねわざワールド愛媛) VS ×スダコンガ(スコーピオンジム)
P12-0

◎第9試合 茶帯ヘビー級 一本ルール
〇林 寛人(誠心館) VS ×河野匠太郎(BLOWS)
7:37 腕十字固め

◎第10試合 茶帯ライト級 MATSURIルール
〇井上勇太(吹田柔術) VS ×後藤拓麿(草柔会仙台)
P15-0

◎第11試合 茶帯ミディアムヘビー級 MATSURIルール
〇添田航平(吹田柔術) VS ×井上啓太(GROUND CORE)
P7-2

◎第12試合 黒帯ライトフェザー級 MATSURIルール
〇後藤貴史(吹田柔術) VS ×李 相寿(トラスト柔術アカデミー)
P2-0

◎第13試合 黒帯ライト級 MATSURIルール
×伊藤秀之(モンスターハウス) VS 〇金沢元信 (パラエストラ東大阪)
P0-2

◎第14試合 黒帯フェザー級 一本ルール
×清水隆広(柔専館) VS 〇小松寛司(BLOWS)
1:21 膝十字固め

◎第15試合 黒帯85.0kg契約 一本ルール
保坂大希(ラグナロク柔術) VS レアンドロ・クサノ(クサノ・チーム)
ドロー

◎第16試合 黒帯オープンクラス 一本ルール
伊東元喜(柔専館) VS 岡本裕士(RJJ)
ドロー

◎第17試合 黒帯ライト級 MATSURIルール
×阪上亮介(吹田柔術) VS 〇細川 顕(CARPEDIEM HOPE)
4:44 三角絞め


【大会MVP】
小松寛司選手(BLOWS)

【BAD BOY賞】
林 寛人選手(誠心館)

【大会ベストマッチ】
第15試合 保坂大希選手(ラグナロク柔術) VS レアンドロ・クサノ選手(クサノ・チーム)


m9b




【今日が誕生日の柔術家】マーカス・ヴィニシウス(53)



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear