English Portugues Japanese

2018年07月

2018年07月23日

【結果】TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018

0721
7/21-22の2日間、台湾・台北市の南港スポーツセンターで開催されたChinese Taipei BJJ Asociation主催「TAIWAN INTERNATIONAL BJJ/NO-GI 2018」の主な結果です。


01
マスター2黒帯オープンクラス
準優勝 瀧澤恵介(九龍柔術)



02
マスター2茶帯オープンクラス
準優勝 小谷尚孝(サイゴンBJJ)



03
マスター2茶帯フェザー
優 勝 田端佑介(パラエストラ千葉)



04
アダルト紫帯オープンクラス
準優勝 河野理人(EMAC)



05
アダルト紫帯フェザー
準優勝 清水慎也(若柔術)
3 位 河野理人(EMAC)



06
マスター1紫帯フェザー
準優勝 稲富澄春(若柔術)



07
マスター2紫帯オープンクラス
優 勝 諏訪野浩司(パラエストラ千葉)
準優勝 津田佳和(吹田柔術)



08
マスター2紫帯フェザー
優 勝 津田佳和(吹田柔術)
準優勝 諏訪野浩司(パラエストラ千葉)



09
アダルト白帯オープンクラス
優 勝 新井信隆(ねわざワールド品川)



10
アダルト白帯フェザー
優 勝 原田悠作(吹田柔術)



11
アダルト白帯ヘビー
優 勝 新井信隆(ねわざワールド品川)



12
マスター2白帯ライトフェザー
優 勝 森川正樹(CROSS×LINE)



13
女子アダルト青帯オープンクラス
準優勝 黒川綾乃(サイゴンBJJ)



14
女子アダルト青帯ライトフェザー
優 勝 黒川綾乃(サイゴンBJJ)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月22日

【結果】SPYDER INVITATIONAL、岩崎正寛が勝利

00
7/21(土)、韓国・ソウルで開催されたSPYDER主催「SPYDER INVITATIONAL」の-76kg級トーナメントで岩崎正寛(CARPE DIEM)がウゴ・マルケス(ソウルファイターズ)に勝利、準決勝進出を果たしました。

岩崎はいつものように引き込んでハーフガードにすると試合終盤までウゴのパスガードの猛攻を凌ぎ、試合終了間際にスイープを決めて2−0で勝利しました。


01




02




03




04



この試合に勝利した岩崎は11/11(日)、今大会と同じく韓国・ソウルで開催される準決勝戦でジョナタ・アウヴェス(AOJ)と対戦します。

ジョナタはムンジアル後に茶帯昇格したばかりですが、今大会で今年のムンジアル王者であるシェーン・ヒル・テイラー(ロイドアーヴィン)と対戦し、1アドバン差で辛勝しています。

本来、シェーンはフェザー級でジョナタはライト級なので1階級下とはいえ、現役の黒帯世界王者に勝利したジョナタは来月名古屋で開催される「コパ・ブルテリア2018」に再来日が決まっており、そこでの試合ぶりも楽しみです。

岩崎vsジョナタも興味深い試合になることは間違いないでしょう。

ここからはVHTS JAPANから提供された岩崎の韓国での滞在記です。


Day 1
岩崎選手のセコンドとして石川代表が帯同。
夕方に金浦空港に到着し、直接主催者のSPYDERの事務所に。
スケジュールの確認などを行い、柔術衣に着替えてオフィシャルフォトの撮影などをこなす。


06
江南区にあるスパイダーHQ併設のショップの前にて。



Day 2
岩崎選手は、お昼までゆっくりと睡眠を取る。
VHTSコリアとランチ。
カンナムにあるスパイダートレーニングセンターに行き、15時からトレーニングに参加。
このスパイダートレーニングセンターは、アカデミーの垣根を越えて、ソウルの強豪柔術家が集まって土曜日に合同練習するために解放されている。
岩崎選手は試合前日ということもあり、軽めのトレーニング。
石川代表は、調整で参加していたテレスをはじめ、多くのアスリートとロールを行った。



07
練習後の記念撮影



08
ソン・ヒョングンとのスパーリング。



09
エドゥアルド・テレスと。




Day 3

オリンピックパーク内にあるK-ART HALLが今回の会場。
世界各国から強豪柔術家を集め、76kg以下8名、76kg以上8名による準々決勝が行われた。
大会の賞金総額は35,000ドル。
会場は300名ほどの動員数で、どこの席からもよく見える快適な環境。
趣向を凝らしたオープニングの演出で選手、観客共にボルテージは最高潮に。
先に76kg以上の準々決勝を行い、間にテレスと元UFCチャンピオンのベンソン・ヘンダーソンによるグラップリングマッチがシークレットとして行われた。
そして76kg以下の2試合目に岩崎せん種が登場。
開始から得意のハーフガードをキープし、残り時間数秒前にスイープを決め勝利。会場で今日一番の盛り上がりとなる。
これで、11月に行われるFinalへコマを進めた。


10




11




12




15
岩崎の試合後のコメント
「ウゴ・マルケスは強いと知っていたのですが、自分のスタイルを変える事なく、自分の一番強い武器を当てるように今回戦いました。
相手も自分のスタイルを研究していたようでかなりタイトなディフェンスを使って来ましたが最後の最後まで諦める事なく攻め続けて最終的に取る事が出来ました。
また、先週ルール改正された、ハーフガードに入ってもアドバンテージが入らず、ハーフからガードに戻った時にのみアドバンテージが入る様に改正されたので、ハーフガードからスイープをアドバンテージのロストを気にせず狙えたのは大きかったと思います。
最後はウゴが守りに入ってグリップを強く握って来たのでそれを利用してカウンターで返す事が出来ました。
SPYDERはかなり待遇も良く素晴らしい大会でした。強豪ばかりが集まる大会の中で、勝てて良かったです。
今回、日本からも多くの方が応援に来てくれて、良い試合を見せる事が出来たので、次の11月のファイナルも頑張りたいと思います。



試合終了後は、来場者サービスとして決勝進出者との撮影会が行われた。

そして会場を後にする時にも数多くの現地ファンから写真撮影を求められ、一人ひとり丁寧に最後まで笑顔で対応した。

岩崎選手は、7/1付けでVHTSとグローバルスポンサー契約を行い、7/11には入籍、そして今回ソウルで激闘を制することが出来た。

来月はNYで行われるプログラップリング大会「KASAI」の出場も決まっており、日本を代表する柔術家として、ますますの活躍が期待される。


14




【今日が誕生日の柔術家】オマー・サルーン、ルアン・カルバーリョ、村野麻子



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月21日

【セミナー】コパ・ブルテリア前日にギィ・メンデス・セミナー開催決定!

g1
8/12(日)、愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催される螢爛鵐妊ネロ主催「コパ・ブルテリア2018」に来日する"4 times World Champion"ギィ・メンデスのセミナー開催が決定しました!

セミナーは大会前日の8/11(土)、18:30-20:30の予定で開催します。

このセミナーにはギィ・メンデスだけでなく一緒に来日するAOJのトップアスリートであるタイナン・ドゥプラ&ジョナタ・アウヴェスも参加し、一緒にテクニックを指導予定となっています。


IMG_2347x
ギィ・メンデス(AOJ)



海外ではギィ・メンデスのセミナー料金は$100超えも珍しくなく、今回の参加費の一般8000円・大会参加者6000円というのは破格の値段設定です。

現役を引退したとはいえ、いまだに世界トップクラスの実力と技術力を擁し、SNSなどでその華麗なるテクニックの一端を披露していますが、それを実際にギィ・メンデス本人から学べるのは貴重な機会でしょう。

大会に参加するなら1日早く名古屋に来て世界トップの技術に触れてみるのはいかがでしょうか?!

セミナーの参加申し込みは受付中で、専用サイトから申し込みを。


■セミナー詳細&申し込みはコチラから!



09














patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月20日

【レポ】COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International:団体戦

0716
「コパラスコン茨城国際」ではレギュラートーナメントの他に柔術の5人制勝ち抜き団体戦も行われたが、これが大いに盛り上がっていた。

これはレギュラートーナメントの参加者が予想よりも少なかったことで何か施策を、ということで後から追加で開催が決まった経緯がある。

今大会の前回大会にあたる新潟国際ではレナトゥス柔術アカデミー vs Fellowsの団体戦が行われており、それを参考に開催することになった。

近隣県から合計8チームが参戦し、決勝戦に勝ち残ったのはストライプル茨城Aチームとパラエストラ千葉のメガトンズだった。

ストライプル茨城Aチームはスーパーファイトにも出場した鹿志村仁之助擁する精鋭チームで、ストライプル茨城Bチームは初戦敗退となったが、Aチームは1回戦&準決勝を2人残しで勝ち上がってきた。

特に1回戦ではプロシューターで青帯の征矢貴の怒涛の攻めを白帯のマルコス・ホドリゲスが凌ぎ切って引き分けに持ち込むという金星もあり、 非常に見ごたえがあった。

対するメガトンズは5人で360kgの制限がある中、4人で360kgのチーム編成で参戦という荒業でエントリー。

最初から選手が一人足りないというハンデがあったが、それを問題にせず決勝戦進出を決めている。

その団体戦決勝戦をレポートする。


01
1試合目
△清宮寛彰(メガトンズ・先鋒)
vs
△大野竜矢(ストライプル茨城Aチーム・先鋒)
体格で勝る清宮がマウントを奪うなどして優位に試合を進めるも極め切れずにタイムアップで引き分けに。



02
2試合目
△青柳晋一朗(メガトンズ・次鋒)
vs
△マルコス・ホドリゲス(ストライプル茨城Aチーム・次鋒)
1回戦でプロシューター相手に健闘を見せたマルコスはレギュラートーナメントで白帯Wゴールド。
体格差がある相手だったが引き分けに持ち込んだ。



03
3試合目
△沼田隆志(メガトンズ・副将)
vs
△高須将大(ストライプル茨城Aチーム・中堅)
選手が一人足りないメガトンズは3試合目にして副将が登場。
ここで極めなければ相手チームに後れを取るが極めきれずに終わる。



04
4試合目
△宇都大悟(メガトンズ・大将)
vs
△渡辺勝斗(ストライプル茨城Aチーム・副将)
後がないメガトンズは試合開始直後から必死の攻め。
だがそれを凌ぎ切った渡辺が引き分けて、大将の鹿志村仁之助を残してチーム優勝を決めた。



05
終わってみれば全4試合が引き分けとなった団体戦の決勝戦。
メガトンズは優位なポジションになるも極めれず、またストライプル茨城Aチームは常に極めの危険にさらされるも凌ぎ切ったという試合展開が続いた。



06
全8チーム・合計試合時間3時間以上にも及んだ激闘を制したストライプル茨城Aチーム。
粘り強い柔術が印象的だった。



07
4人で決勝戦にまで勝ち上がったメガトンズも大健闘といえるだろう。
勝負所で極め切れなかったのがもったいなかった。



■今大会のフォトギャラリーはコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】ガイブソン・サ



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月19日

【結果】COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International

0716
7/16(祝)、茨城県龍ヶ崎市のたつのこアリーナで開催されたLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International」の結果です。


【シニア1紫帯】
01fb
オープンクラス
優 勝 吉田直樹(パラエストラ千葉)
準優勝 奥山大輔(パラエストラ千葉)



02fb
ライトフェザー
優 勝 小林雄一郎(クールチャンプクラブ)
準優勝 渡部博之(Over Limit BJJ)



03fb
ライト
優 勝 奥山大輔(パラエストラ千葉)
準優勝 柴崎弘道(ストライプル茨城)
3 位 森下知幸(クールチャンプクラブ)



04fb
シニア2フェザー
優 勝 川頭広卓(CARPE DIEM)
準優勝 遠田裕一(パラエストラ千葉)



【アダルト青帯】
05fb
オープンクラス
優 勝 石原健流(ストライプル取手)
準優勝 石崎義徳(ストライプル茨城)
3 位 岩倉翔平(パラエストラ千葉)



06fb
フェザー
優 勝 石原健流(ストライプル取手)
準優勝 石崎義徳(ストライプル茨城)
3 位 岩倉翔平(パラエストラ千葉)



【マスター青帯】
07fb
オープンクラス
優 勝 与那城泰希(ストライプル茨城)
準優勝 千葉広宣(オーシャンJJ)



08fb
ライトフェザー
優 勝 菅澤和也(香取道場)
準優勝 上田伸一(ストライプル茨城)



09fb
ライト
優 勝 千葉広宣(オーシャンJJ)
準優勝 高市真太郎(ストライプル茨城)
3 位 バンド・ユウイチロウ(パラエストラ千葉)



【シニア1青帯】
10fb
オープンクラス
優 勝 ナカヤマ・ヨウイチ(ストライプル茨城)
準優勝 スズキ・トシヒデ(ストライプル茨城)



11fb
ルースター
優 勝 作田宏平(パラエストラ千葉)
準優勝 濱島正(二和柔術)



12fb
ライトフェザー
優 勝 内野康正(香取道場)
準優勝 笛田和朗(T-BLOOD)



13fb
ライト
優 勝 伊藤伸幸(ねわざワールド匝瑳)
準優勝 鈴木敏秀(ストライプル茨城)



14fb
シニア2ライトフェザー
優 勝 川村信洋(ストライプル取手)
準優勝 高村敏資(ストライプル茨城)



15fb
シニア2ライト
優 勝 青柳克浩(香取道場)
準優勝 岡田勝由(WIZARD BJJ)



16fb
シニア3オープンクラス
優 勝 岡田勝由(WIZARD BJJ)
準優勝 中山勝己(ミューズ柔術アカデミー)



【アダルト白帯】
17fb
オープンクラス
優 勝 マルコス・ホドリゲス(ストライプル茨城)
準優勝 野口英朗(ストライプル取手)
3 位 わたなべ・ゆうすけ(オーシャンJJ)



18fb
フェザー
優 勝 マルコス・ホドリゲス(ストライプル茨城)
準優勝 吉沢希隆(ストライプル茨城)
3 位 江澤貴嗣(オーシャンJJ)



19fb
ミドル
優 勝 たぐち・やすひろ(香取道場)
準優勝 沼尻明浩(ストライプル茨城)
3 位 わたなべ・ゆうすけ(オーシャンJJ)



【マスター白帯】
20fb
オープンクラス
優 勝 木村健(オーシャンJJ)
準優勝 大野竜矢(ストライプル茨城)



21fb
フェザー
優 勝 田島健太郎(パラエストラ千葉)
準優勝 リュウ・ケイジュ(トライフォース・ヒデズキック)



26fb
ライト
優 勝 木村健(オーシャンJJ)
準優勝 やました・ともゆき(TRIAL)
3 位 平子隆行(ストライプル茨城)



22fb
ティーン白帯ライト
優 勝 川村風太(ストライプル取手)
準優勝 佐々木龍世(ストライプル茨城)




23fb
ノーギアダルト青帯オープンクラス
優 勝 飯嶋貴幸(VICTORY MMA)
準優勝 高須将大(ストライプル茨城)



24fb
ノーギマスター青帯ライトフェザー
優 勝 笛田和朗(T-BLOOD)
準優勝 土田伸一(ストライプル茨城)



25fb
チームポイント
優 勝 ストライプル茨城
準優勝 パラエストラ千葉
3 位 香取道場



0819
【参加申し込み受付中】
青帯限定大会「BLUE DESTINY2018」
日時:8/19(日)
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
■大会詳細はコチラから!




patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月18日

【Review Wednesday】ブルーノ・フラザト「パスガード百科事典完全版」

fra
元気ですか!!

ショッピング大好き、楽天ダイヤモンド会員の荒井です。

今回紹介するのはブルーノ・フラザト選手の教則DVD「COMPLETE GUARD PASSING ENCYCLOPEDIA」。

タイトルを直訳すると「パスガード百科事典完全版」、なんとも強気なネーミングで心強いですね。

DVD2枚組で約3時間半に渡る圧倒的なボリュームの映像を収録。

トップポジュションからの攻撃(パスガード)はガードポジュションに比べるとテクニックのバリエーションが少ない傾向にありましたが、その点をこのDVDでカバーできるかもしれません。


私はガードに引き込むよりトップから攻めたいので、このDVDを熟読ならぬ熟視聴したいと思います。

ブルーノ・フラザト選手といえばは名門道場ATOS所属の強豪柔術家。

世界トップクラスのテクニックをたっぷり堪能できる作品となっています。

DVDの内容としてはディスク1が22、ディスク2が28のチャプターで構成。

各テクニックごとに細かくチャプターが別れているので、繰り返し学習するのに便利です。

さらに各ディスクの終盤にこれまで紹介したテクニックのダイジェスト動画が収録されていているのが嬉しいポイント。

また「エクストラ」としてドキュメンタリー番組風のプライベート(?)映像もあります。

あらゆるガード(クローズドガード/ハーフガード/ディープハーフ/バタフライガード/スパイダーガード/デラヒーバ/リバースデラヒーバetc...)に対応してるため、「パスガード百科事典」というタイトルに遜色ないでしょう。

特に私が日頃苦しめられているディープハーフを突破する術を知れたのが良かったです。

このDVDのテクニックを駆使してパスガードを成功させる道筋が、明日が見えてきました。

そして対戦相手のガードだけでなく、我々の目の前に広がるあらゆる問題もパスしていきたいです。

それではHave a nice Jiu-Jitsu life! See you again!


fra2
【発売中】
ブルーノ・フラザト「パスガード百科事典完全版」
■詳細&購入はコチラから!







yo
【筆者紹介】
荒井"スロース"勇二(Over Limit BJJ)

Twitter:@araiUG
ブルーノ・フラザト選手と同い年の柔術黒帯。
インターネットラジオ番組「BJJ-WAVE」に時々お便りを送っていたヘビーリスナー"タートルOTOKO"の正体であることが番組内で明かされている。



【今日が誕生日の柔術家】ドゥ・ユンライ(34)、アリ・ガロ(43)、クラウスレイ・グレイシー



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月17日

【レポ】コパラスコン茨城国際・スーパーファイト

00
7/16(祝)、茨城県竜ケ崎市のたつのこアリーナで回さされたLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International」でスーパーファイト2試合が行われた。

コパラスコンの大会では地方大会の場合、そのホストアカデミーの推薦選手か大会を主催するLas Conchasのスポンサーを受けている選手のスーパーファイトを組むことが恒例となっており、これが大会の見どころの1つとなっている。

続きを読む

2018年07月16日

【大会】青帯限定大会「BLUE DESTINY 2018」第二次締め切り迫る

0819
8/19(日)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催されるLas Conchas主催の青帯限定大会「BLUE DESTINY 2018」の第二次締め切りが7/17(火)に迫っています。

今大会は2014年から毎年開催していて、各大会ごとに将来有望なスター候補生が誕生しており、若手の登竜門的な大会として認知されています。

昨年の大会では風間敏臣がWゴールドを達成し、2017年の後半に目覚ましい活躍をしたことは記憶に新しいところです。

初開催だった2014年の大会ではMMAでも活躍中の飯嶋貴幸、2015年はルーカス・ヒロサワやイゴール・タナベが、そして2016年大会では横井宏考らが優勝し、大きな話題となりました。


04
飯嶋貴幸(2014年)



08
ルーカス・ヒロサワ&イゴール・タナベ(2015年)



11
横井宏考(2016年)



09
風間敏臣(2017年)




すでに多数の強豪選手がエントリーしているので紹介します。

ペドロ・アキラは昨年も同大会に出場し2試合とも極めて優勝しており、2年連続の参戦。

風間敏臣の実兄の風間大五郎は弟と同様に柔道ベースの力強い寝技が持ち味。

ボンサイからエントリーのマイケ・オオウラはJBJJF愛知国際でWゴールドを達成している若手の有望株。

そしてドグラス・トーレスもペドロ・アキラと同様に2年連続参戦で、今年のムンジアルではメダルまであと一歩まで勝ち進んでいます。

みんな青帯とは思えないほどの実力者ぶりで、この中から誰が跳び抜けるのか大会がいまから楽しみです。



01
ペドロ・アキラ(INFIGHT JAPAN)



05
風間大五郎(パラエストラ川崎)



05
マイケ・オオウラ(ボンサイ)



dog
ドグラス・トーレス(INFIGHT JAPAN)





今年の「BLUE DESTINY」は大会スポンサーがつき、KINGZ JAPANからアダルトのオープンクラス優勝者にドーギが贈呈されます。

また成績優秀者にはスポンサーシップ契約のチャンスもあるので、我こそはという選手はぜひエントリーして欲しいと思います。


0819
【大会申し込み受付中】
『BLUE DESTINY 2018』

日時:8/19(日)
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
主催:Las Conchas / ミューズエンタープライズ
参加費:
第一次締め切り:6/27 3000円(終了)
第二次締め切り:7/17 4000円
第三次締め切り:8/1 5000円
最終締め切り :8/13 6000円
※無差別級エントリー+1000円
年齢カテゴリー:アダルト・マスター・シニア1・2・3
申し込み:メールで受け付け
メールアドレス: reversaling@gmail.com
件名に「BLUE DESTINY 出場申し込み」として、下記の項目をもれなく明記してメールにてお申し込み下さい。
申し込み受付の返信メールにて参加費振込み詳細をお知らせします。
【出場申し込みフォーム】(コピペしてお申し込み下さい)
名前: 
所属:
帯色:
階級: 
年齢カテゴリー:
オープンクラスへの出場 YES / NO:
※女性カテゴリーはアダルトのみ

※エントリーリストは第一次締め切り後にreversalingブログにて発表。



過去の『BLUE DESTINY』はブラジルブログでレポート掲載しており、また柔術プリーストでも配信しています。

この機会に過去大会もぜひチェックして下さい!




『BLUE DESTINY 2017』

■大会レポートはコチラコチラから!

■柔術プリーストはコチラから!



『BLUE DESTINY 2016』
■大会レポートはコチラコチラから!

■柔術プリーストはコチラから!



『BLUE DESTINY 2015』
■大会レポートはコチラコチラから!

■柔術プリーストはコチラから!



『BLUE DESTINY 2014』
■大会レポートはコチラから!

■柔術プリーストはコチラから!




patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月15日

【旅日記】4STRIPES ACCESS in Shanghai by 内山裕規 Part.2

00
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

前回に引き続き上海滞在日記…ルーカス・レプリのセミナー編を書かせていただきます!

2日目は今回の旅のメインであるルーカス・レプリのセミナーでした。

9:00から受付開始でちょっと早い!

眠い目をこすりながら起きました。

朝は結構弱いんです。

ホテルから会場まで車で1時間くらいでしたがタクシーで向かいました。

結構な移動距離だったのに1500円くらいでした(´?ω?`)安い!


01
早めにセミナー会場である上海BJJに到着。



02
受付はこんな感じでした!
すごく綺麗!!



03
参加賞のブレンダーボトル、ルーカス・レプリTシャツ、ナイロンのギバッグ、そしてロッカーの鍵とタオルを頂きました!



05
このマットスペースだけではなく、入り口の方にキック用のリングと筋トレスペースがありました!
広いし、設備がすごい整ってました。



07
準備運動やら写真を撮っていたらレプリと4Stripes主催者のJKさんが来て、時間通りにスタートしました。



08
今回のセミナーは
9:00-9:30 受付
9:30- セミナー
12:00-12:45 昼食
13:00-13:30 Q&A
14:00-16:00 セミナー
16:00-17:00 スパーリング
と説明を受け、いざ開始!



09
3人で来たので、一人受けてどうするかとなった時に、健士さんに『女子きましたよ』と何度も言われたとは忘れません。笑
みんなグループできてましたよ!笑




今回は救いの神、九龍柔術(香港)の瀧澤先生が組んでくださいました!

黒帯の先生と組めるなんて、開始前に嬉しい!

セミナーって受け手も、とてもとても大切だと思うんですよね!

自分がそんなに上手いわけじゃないんですが((((;゚Д゚)))))))



10
午前中のテクニックはパスガード。
軽くウォームアップをし、最初はデラヒーバのパス!




たくさん技を習ったわけじゃないんです。

でも一つ一つがすごく丁寧でした。

位置も細かく説明してくださり、すごくわかりやすかったです。

そして私は瀧さんにも合わせて技の受けた感じを説明してもらい贅沢に過ごさせていだきました。

デラヒーバのパスは大きく分けて3種類、相手の反応に合わせてのテクニック含め7つ教わりました。

その後はリバースデラヒーバのパス!

タイムリミットもあり1つのパスと細かい動きを教わり、午前中終了、ランチブレイクです。



11
お昼も4Stripesさんが出してくれました!
自分で好きなおかずを選ぶスタイル。



12
健康、自然派のお店らしく雑穀米でした!
味も良く、美味しかったです!
ちなみにこの上海旅行で覚えた中国語は”牛肉”です!
早めに食べて、3人で午前中のテクニックの復習をし、休憩終了。
セミナー後半に突入です。



13
13時からはQ &A!
テクニックのじゃないです。
ルーカスさんについての質問コーナーです。
ちなみに英語。
話せないし、聞き取りも下手っす。
頑張って聞いたけど、眠くなったのは内緒です。



皆さん試合の心持ちやら、家族との時間、道場、ビジネスの話などを聞いてました!

話も終わり、10分ほど休憩して次のテクニックへ。

午後はスイープでした。


16
リバースデラヒーバ、デラヒーバからのスイープでした!
似たような動きをするスイープでしたが、一つ一つシュチュエーションに合わせてグリップや持つ位置が違い、ルーカスさんもまた『大切なのはコンセプトを理解して技をかける事』と言ってました。



説明一つ一つがとても考えさせられるものて、とても良い刺激を受けました。

同時にやっぱり自分はまだまだだなーっと再確認しました。

技の紹介も終わり、次はスパーリング。

ルーカスさんとスパーできることになりました!

一本極めたら交代みたいな感じでしたが、黒帯の人を簡単に極めておりました。

参加した3人ともスパーしてもらいましたが、動いているというよりそこに動かされてる。

勉強になりました、と簡単には言えないっす。



17




18




19




スパー時間は17時に終わりました!

ルーカスさんとスパーする以外にもスパーオッケーでしたので、上海の人とも何人かにスパーを申し込まれロールしました。笑



20
最後に写真を撮っていただきました!
道場にキャンプおいでーと言われました!
嬉しい!



22
なかなかの参加人数!!
この後もまさかの夕ご飯もご一緒させていただけることになりました!
その夕食の模様などはまた次回。
Part.3に続きます!



06




【今日が誕生日の柔術家】レオナルド・ペッシャーニャ(36)、高須宝亀(39)、シンディ・ヘイルス、ブルーノ・マイア



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月14日

【告知】岩崎正寛ワークショップ「Works」開催

iwa
7/1付けでVHTSとスポンサーシップ契約を締結した岩崎正寛(CARPE DIEM)が新たに自身がプロデュースする新感覚ワークショップ「Works」を開催します。

このワークショップは毎回テーマと参加対象者を変えて行う予定で、初回は<試合で勝つ>がテーマです。

国内外で激戦を繰り広げてきた岩崎だからこそ挑めるこの“難題”を参加者たちと一緒に掘り下げたていくとのことで、どんなワークショップになるか興味津々でしょう。

参加費は無料ですが参加条件が2つあり、まずはVHTSの柔術衣を保有していて、着用して参加できる方。

そして2つめは2年以内でブラジリアン柔術の試合に3回以上出場したことのある方となっています。

1つめの条件はいまからVHTSのドーギを購入すればOKですが、2つめの条件はややハードルが高いかもしれません。

とはいえ、今回のワークショップのテーマがテーマだけに、試合に対してアクティブな人を対象としてるのは至極当然かとも思います。

ちなみにこのワークショップは通常のテクニック指導をメインとしたセミナーではない点に注意。

ワークショップの参加申し込み期間はすでに開始されており、最終締め切りは週明けの7/17(火)で、募集人数は30人で、参加希望者多数の場合は抽選になります。

まだ参加申し込みは間に合うので、興味がある方はぜひご参加を。

iwa2
VHTS presents "Works" #1
日時:7/28(土) 15:00-17:00
場所:CARPE DIEM 広尾
参加条件:下記2点の両方を満たす
1. VHTSの柔術衣を保有していて、着用して参加できる方
2. 2年以内でブラジリアン柔術の試合に3回以上出場したことのある方(帯色不問)
費用:無料
募集人数:30名(募集人数を越えた場合は抽選)
募集締め切り:7/17(火)
内容:
[試合に勝つ]をテーマに「考え、体感する」ワークショップ形式のイベント
※技をレクチャーするテクニックセミナーではございません。
主催:VHTS JAPAN
協力:CARPE DIEM
応募方法:
・氏名(漢字)
・氏名(カナ)
・性別
・年齢
・ご自宅の住所
・所属先名(アカデミー、ジム)
・伸長
・体重
・帯色
・自身が使用しているVHTS柔術衣のタイプとサイズ
を全てご記入の上、
タイトルに「Works#1 参加希望」を加え、support@vhtsjp.com までメールで申し込み。
抽選で当選者の方にセミナー詳細を7/18までに送付(落選者の方にも連絡あり)


【今日が誕生日の柔術家】ホーレス・グレイシー(40)、アルバート・クレーン、クリスチアーノ・カミニシ、レアンドロ・クサノ(36)、



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月13日

【柔術プリースト】#332:SJJJF EAST JAPAN 2018

00
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は5月に開催されたSJJJF主催「EAST JAPAN 2018」を配信します。

この大会ではオリンピックの金メダリスト・内柴正人が紫帯デビュー、しかもアダルトに参戦したことで話題になりました。

またアラフィフの格闘家であるヂャッカル大石が柔術のレギュラートーナメントデビューも果たしています。

その2選手の試合を中心に紹介します。

配信試合は以下の通りです。


0527
『SJJJF EAST JAPAN』
5/27・台東リバーサイドスポーツセンター



ユース灰帯ミディアムヘビー1回戦
カイアニ・アロウシャ(INFIGHT JAPAN)
vs
小泉煌成(パラエストラTB)



女子ジュニアティーン黄色帯ミドル1回戦
ユミ・ミセ(INFIGHT JAPAN)
vs
木村由菜(アラバンカ)



女子ジュニアティーン黄色帯ミドル1回戦
アイコ・ヒガ(INFIGHT JAPAN)
vs
木村由菜(アラバンカ)



女子アダルト青帯オープンクラス1回戦
黒川彩乃(サイゴンJJ)
vs
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)



07
女子アダルト青帯オープンクラス1回戦
レイチェル・ブライアント(Endure)
vs
カロリーナ・クワハラ(INFIGHT JAPAN)



04
シニア3青帯フェザー決勝戦
大石真丈(アラバンカ)
vs
高橋尚也(グレイシーバッハ静岡富士)



05
シニア2青帯オープンクラス決勝戦
大石真丈(アラバンカ)
vs
マルコス・アロウシャ(INFIGHT JAPAN)



01
アダルト紫帯ミドル1回戦
マテウス・ヒロトミ(RRT)
vs
内柴正人(アラバンカ)



アダルト紫帯ミドル決勝戦
カウエ・ヒエイ(セキタニゴールドチーム)
vs
内柴正人(アラバンカ)



アダルト紫帯オープンクラス1回戦
谷口雄基(パラエストラ千葉)
vs
内柴正人(アラバンカ)



アダルト紫帯オープンクラス準決勝
ウイリアム・ハッチウェル(CARPE DIEM)
vs
内柴正人(アラバンカ)



03
アダルト紫帯オープンクラス決勝戦
島田義之(INFIGHT JAPAN)
vs
内柴正人(アラバンカ)



01
BJJテクニックファイルはエドゥアルド・テレスが登場。
初回は「トップからのループチョーク」を紹介してます。



02
#332はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

BJJ-WAVE 3周年ありがとうございます
アルゼルト韓国総括
グランドスラム東京でシャオリンvsアマゾン
スパイダーインビテーショナルに岩崎正寛参戦
7/28 岩崎正寛ワークショップ、カルペディエム広尾にて開催
VHTSジャパン主催のインフルエンサーセミナー開催
コパラスコン茨城国際・見どころ紹介
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


03
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月12日

【旅日記】4STRIPES ACCESS in Shanghai by 内山裕規 Part.1

08
こんにちは、CARPE DIEM GIRLSのインストラクターの内山裕規です。

今回、上海で行なわれたイベント“4STRIPES”のセミナーについて書かせて頂きます。

旅日記も含め、との事でしたので無駄に上海滞在日記として書かせて頂きますのでお付き合い頂けたら幸いです。

続きを読む

2018年07月11日

【Review Wednesday】映画「東京ゾンビ」

zz
今週のレビューウェンズディは橋本欽也が担当します。

今回レビューするのは映画「東京ゾンビ」です。

この映画は自身も柔術をやっている漫画家の花くまゆうさく氏が原作の漫画の映画化作品で2002年の年末に劇場公開されました。

主演はなんと浅野忠信&哀川翔というビッグネームコンビが務めてます。

かの浅野忠信と哀川翔がギを着て柔術やってるってだけでも凄いのに、ハゲとアフロのカツラしてるんだからWでびっくり!

そう、あの花くま氏のトレードマーク的なキャラクターであるハゲとアフロを浅野忠信と哀川翔が演じているのだ!

これは画期的と言わずしてなんというか。

いまでこそ柔術はオシャレ格闘技的なアプローチでもてはやされつつあるけど、10年以上前にこんな柔術映画が作られてたなんて知らない人も多いのでは?

内容は町工場で柔術をやってる2人が紆余曲折あってゾンビを倒しに行くというストーリー。

オープニングからしてクローズドガードの練習シーンなんだから柔術好きにはたまらないはず!

その後は話の展開が早すぎて正直なんだか訳わかんなくなるけど、その破天荒さもこの映画の魅力の1つでしょう。

なんといっても浅野&哀川コンビが柔術やってるってだけでも見る価値あり!

柔術の演技指導には花くま氏自らが務めてるので柔術ムーブの再現も完璧。

さらに花くま氏自身もゾンビ役で出演してます。

いま見てもまったく色褪せない柔術映画(?)のパイオニアといって過言ではありません。

ちなみにこの「東京ゾンビ」以外にも柔術をネタにした映画やVシネはいくつかあるけど、どれも今作には遠く及ばないクオリティで見る価値なし!と断言します。

そういった意味でも、これは柔術やってる人にもそうでない人にも自信を持って勧められる作品です。

TSUTAYAとかならラインナップに並んでるはずなので、ぜひレンタルして見て欲しいと思います。


z2
【発売中】
『東京ゾンビ』
■詳細&購入はコチラから!



【今日が誕生日の柔術家】クロン・グレイシー(30)、ジョアオ・ガブリエル・ホシャ(26)、ジョアオ・アシス、結城聡(44)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月10日

【GOZOコラム】QUINTET

go
こんにちは、ゴーゾーです。

6月9日、チケットもSOLD OUTで盛り上がりをみせたQUINTET FIGHT NIGHT in TOKYO、ディファ有明大会。

パラエストラ八王子からは徳留がTEAM HALEOの一員として出場したこともあり、もちろんゴーゾーも会場へ。でも今回はセコンドとしてではなく、観客席からの応援。

ちょー新鮮!

しかし、やはり徳留の出番の時はいつものように大声でセコンドもどきなゴーゾー。うるせぇ!と思われた方がいらっしゃったらゴメンナサイ…(笑) 

そんな感じで、全試合を観戦。こんなに始めから終わりまで間延びせずに面白い大会は稀では?というくらい楽しみました。

そんなわけで、今回のコラムはQUINTET !

皆さん、QUINTETの意味はご存知ですか?英語で 『5人組』 だそうです。だから、1チーム5人。なるほど。

チームといえば、お客さんも普段なら選手各々の応援ですが、今回はチーム戦なので応援するお客さんですらチームとして成立してしまう。よって、もう会場の熱気がはんぱない…(笑)

では、1・2回戦、そして決勝のゴーゾー的感想。いってみよう。

〈1回戦目〉
1回戦の所プラスα vs カルペディエム。所くん vs 松本くんはハイレベルで異次元!

大将戦での矢野さん vs 岩崎くんは、もう摩訶不思議としか言えません…(笑) 色んな意味ですごかったです。まじで。

〈2回戦目〉
夕月堂 vs ハレオ。我らが徳ちゃん。打撃のイメージがほぼほぼだと思いますが、実はグラップリングもかなり強いんです。試合後の反響もすごく良かった!完全に身内目線ですみません。(笑)

そして何といっても、サトシ!サトシ!!サトシ!!!

もう、ゴーゾーはこれが楽しみでしかたがなかった。サトシと一緒に練習してる徳ちゃんが羨ましいくらいに!!!そして、サトシはやはり素晴らしかった。惚れ惚れ…。

〈決勝〉
決勝でのカルペディエム vs ハレオ。

実は、今回自分はセコンドではないし完全に外野だけど、徳留にはハッパをかけてました。

熟考すればするほど…先鋒だし、徳留の実力と体格なら1回戦目で5人抜きも不可能ではないんじゃないかと。

で、5人抜きが達成できたら、決勝では大将になるわけです。大会の最後の〆になれるんじゃないかと。

それが余計だったのか、決勝での結果に悔しさから涙した徳留。

あくまで自分の提案は120点のものです。100点じゃなくて、120点。

だから、決勝での勝敗を差し引いても、いい評価を皆さんからいただくことができた。そして、ある意味、気軽な気持ちで出場したであろう選手もいる中、自分は徳留の真摯な姿勢がとても嬉しかったし、立派だったと思います。

とまぁ、今回のコラムの8割が徳留の話になりつつありますが…普段どこにも書かないようなことなので、よしとしてください(笑)

優勝したカルペディエム。やはり勢いのあるところは流石ですね。今や、柔術界を代表する存在なのも納得です。自分ももっと精進しなければ!

今回は、普段グラップリングや柔術を見る機会のない格闘技ファンの方々も、みんな大満足な大会だったのではないでしょうか。

そして、団体戦ならではの緊迫感や一体感、異次元な対戦カード。どこを切り取っても面白い大会だったと思います。今後の大会も期待大のゴーゾーです。

今後はラスベガスに進出し、UFCの全面協力という話もあるようですね。

ヒクソンが監督で、ホジャー、ホイス、ホイラー、クロンのグレイシーチームや、ジャカレイ、デミアンマイア、ノゲイラなどのMMA柔術トップチームなど、妄想は尽きません(笑)

夢のようなカードがいくらでも組まれる可能性がある上に、考えるだけでも楽しいなんて何て素敵な大会なんだ!あー、楽しみ!!

次のQUINTET.2は7月16日。

エディ・ブラボー率いる10th planetチームには、アメリカのグラップリング最前線にいるジオ・マルティネスがいたり、石井選手のチームには、アブダビコンバットを制したジョアオ・アシスがいたりと、今まで日本では見れなかった強豪たちの出場が決まっています。

あー、今から楽しみすぎて悶えます(笑)



11
パラエストラ八王子/dois国分寺では徳留ONE CHAMPIONSHIP出場決定キャンペーンで7月末まで入会金無料!!
■詳細はコチラから!




patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月09日

【大会】コパ・ブルテリア、ギィ・メンデス&ジョナタ・アウヴェス再来日決定

bt2018
8/12(日)、愛知県名古屋の愛知県武道館で開催される螢爛鵐妊ネロ主催「コパ・ブルテリア2018」の追加招聘選手が決まりました。

最初に発表した招聘選手はムンジアル王者のタイナン・ドゥプラでしたが、今回発表するのはジョナタ・アウヴェスです。

続きを読む

2018年07月08日

【結果】ARZALET 3:主な結果

00
7/7(土)、韓国・ソウルのクラブオクタゴンで開催された「アルゼルト3」の主な結果です。


続きを読む

2018年07月07日

【大会】ARZALET 3:前日計量の結果

00
7/7(土)、韓国・ソウルのクラブオクタゴンで開催される「アルゼルト3」の前日計量の結果です。


続きを読む

2018年07月06日

【大会】マリアナスプロジャパン、参加申し込み開始

mar
10/21(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催される「マリアナスプロジャパン」の参加申し込みが開始されました。

コチラから!

この大会はグアムで開催されているマリアナスオープンの日本大会で、今回が初開催となります。

試合はキッズ(5歳〜12歳)、ティーン(13歳〜17歳)、アダルト&マスターとなってます。

今大会の注目ポイントはアダルトの紫帯・茶帯・黒帯のオープンクラス優勝者に来年4月にグアムで開催されるマリアナスオープンの本戦に招聘される点でしょう。

招聘ということは大会参加費、航空券、ホテル代のすべてが無料となります。

さらに大会翌日にビーチで行うBBQパーティ付き!

滞在もプール付き&ビーチまで徒歩5分という好立地にある高級ホテルです。

マリアナスオープンは世界中から強豪選手が多数エントリーしてくる賞金トーナメントで、回を重ねるごとに開催規模が大きくなっており、今年は賞金総額2万ドルという高額なものになりました。

そこに日本から岩崎正寛が参戦し、3位入賞したのは記憶に新しいところでしょう。

■その大会レポはコチラ、岩崎のインタビューはコチラから!

そんなマリアナスオープンに日本代表として参戦できるチャンス!

マリアナスプロジャパンは要注目です!


mar
【参加申し込み受付中】
「マリアナスプロジャパン」
■詳細&申し込みはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月05日

【レポ】ASIA PACIFIC INTERNATIONAL 2018 Part.2

00
フィリピン・セブで開催されたASJJF主催のアジアパシフィックインターナショナルから、大会2日目のノーギの試合をレポートする。

初日の柔術と比べれば参加者は減ったものの、柔術とノーギを分け隔てなく実践する割合がフィリピンでは多く、3面進行で各マット80試合ほどが組まれるなど、日本国内の大会のような「ノーギ=参加者が圧倒的に少ない」という状況は見られなかった。

続きを読む

2018年07月04日

【Review Wednesday】ジェフ・グローバー「Break a Leg」

j1
みなさんおつかれさまです、橋本欽也系メディアライターの成田です。今週の「Review Wednesday」はジェフ・グローバーの「Break a Leg」を紹介します。

今年のムンジアル翌週に開催されたHigh Rollerz BJJのスーパーファイトを最後に現役引退したジェフ・グローバー。現在はサンディエゴのVictory MMAを離れ、LAから北上したサンタバーバラ郡南部のゴリータという街でGoodland Jiu-Jitsuをオープンし、指導に当たっているようですね。

そんなジェフはこれまでも「Deep Half Guard」「Darcepedia」といった教則DVDを出していますが、今回は本作と、スイープのテクニックをまとめた「Sweep Dreams」を同時リリースしています(いずれもBudo Videos製ですから山本大気さんの日本語吹き替えあり!)。

「Break a Leg」は物騒なタイトル通り、ジェフがお得意とするヒールフックやフットロックのテクニックを解説するもので、本人がちょいちょい付け加えるように、彼が師事していたディーン・リスターをはじめ、さまざまな格闘家のエッセンスが詰まっています。

クローズドガードに入れられた状態からのフットロックに始まり、オープンガード、ハーフガード上下、バタフライガードからのフットロックやアウトサイド&インサイドヒールなどが披露されていて、これを理解しないと始まらない411 Position=ハニーホールのセットアップ方法についてもシチュエーション別にしっかり解説。パスガードに行くと思わせての411への入りや、ニースライスのフェイントから411に入って極めるヒールなども鮮やかでした。

マウントやサイド、ノースサウス、バックなど、わざと相手に良いポジションを取らせてからのカウンターのヒールフックや、実際にジェフが行っているというドリルも紹介されていますし、ADCCサンパウロ大会でのジェフの試合も収録されていて、本作で紹介されているテクニックの説得力もあります。

パートナーに承諾してもらった上でスパーで諸々のテクニックを試すのは、ルールありきの柔術とはまた違う寝技の奥深さに想いを馳せられるでしょう。

ジェフフォロワーの方はとりあえず必見! Sweep Dreamsも入手でき次第、紹介したいと思います。


j2
【発売中】
ジェフ・グローバー「Break a Leg」
■詳細&購入はコチラから!







【今日が誕生日の柔術家】チアゴ・アウヴェス(39)、フロンチン・クーニャ(51)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月03日

【柔術プリースト】#331:COPA Las Conchas 2018 Niigata INTERATIONAL

01
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは新潟で開催された「COPA Las Conchas 2018 Niigata INTERATIONAL」です。

この大会からスーパーファイトを中心に配信します。

配信試合は以下の通りです。


734
COPA Las Conchas 2018 Niigata INTERATIONAL
5/20(日)新津武道館(新潟県)



03
茶帯スーパーファイト(オンリーサブミッションマッチ・試合時間20分)
山中健也(クラブバーバリアン)
vs
後藤琢磨(仙台草柔会)



IMG_0087fb
アダルト茶帯オープンクラス決勝戦
大藤健佑(ブレイブハート)
vs
後藤琢磨(仙台草柔会)



01
黒帯スーパーファイト(ASJJFルール・試合時間10分)
鷲尾俊(レナトゥス柔術アカデミー)
vs
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)



02
BJJテクニックファイルは弘中邦佳の「スロースガード」。
一体どんなガードなのか?!



03
#331はコチラから!




そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

ムンジアル後半総括
ASJJFアジアオープン総括
セブ総括
BJJ-WAVEクイズ
お便りコーナー


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


DSC00850
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com




btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年07月02日

【新発売】VHTS / BLACK MOON

00
NY発のドーギブランド、VHTSから新作キモノ「BLACK MOON」と「WHITE MOON」が新発売されました。

今作もVHTSらしいシンプルでスタイリッシュなキモノとなっています。

これは過去にオフィシャルサイトのみで限定発売されすぐさま完売した「BLUE MOON」の黒&白バージョンで、デザインは「BLUE MOON」を踏襲しています。

今回は「BLACK MOON」の着用レビューをしたいと思います。

続きを読む

2018年07月01日

【大会】COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International、最終締め切り間近

0716
7/16(祝)、茨城県龍ケ崎市のたつのこアリーナで開催されるLas Conchas主催「COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International」の最終締め切りが7/9(月)となっています。

今大会は茶帯スーパーファイトで後藤琢磨(仙台草柔会)vs佐野貴文(AXIS横浜)が決定済みです。

oo
■後藤vs佐野の試合詳細はコチラから!


茶帯スーパーファイトのの他にもう1試合が追加となっています。

その追加となったスーパーファイトは以下の試合です。

■青帯スーパーファイト
時間無制限オンリーサブミッションマッチ
鹿志村仁之介(ストライプル茨城)
vs
平田孝士朗(カルペディエム)


鹿志村は今大会の開催協力のホストアカデミーであるストライプル茨城の若手の有望株で、まだ高校生という若さ。

対する平田は昨年のJBJJF全日本、グランドスラム東京、IBJJFアジアを制した国内トップの青帯で高校卒業した今春に上京しCARPE DIEMに加入しています。

奇しくもこの両者ともムンジアルに参戦も入賞できずに終わったという苦い経験がありながらも、世界を目指すティーンエイジャーという共通点があります。

この2人のスーパーファイトがいま組めたことは意義あることなので、ぜひ注目して欲しい試合です。


ka
鹿志村仁之介(ストライプル茨城)
「スーパーファイトを組んでいただき、ありがとうございます。このスーパーファイトは自分にとって大きなチャンスだと思っているので、しっかり勝ってチャンスをものにしたいと思います。」



hi
平田孝士朗(CARPE DIEM)
「スーパーファイトで試合出来るのが嬉しいです。カルペディエムに移籍してから沢山の練習が出来ているので練習の成果を出したいです。試合はいつもと違ってサブミッションオンリーなので楽しみです。頑張ります。」


この他にも5人1チームの団体戦を行うことも決まっています。

団体戦のルールは以下の通りです。

■白帯&青帯5人(補欠選手1名登録可)
■参加費 1万円(当日払い)
■体重合計360kg
■試合時間5分・勝ち抜き戦
■参加申し込み:メールにて受付
reversaling@gmail.com


現在、以下の4チームがエントリー中です。


kk
鹿島&香取道場



oc
OCEAN JIU-JITSU ACADEMY SORA



ki
Kinyaboyz



st
ストライプル茨城



団体戦もレギュラートーナメントも参加申し込み締め切りは来週月曜の7/9です。

まだまだ参加申し込み受付中。

ラスコン主催大会恒例の参加者全員が対象のクジ引きや協賛各社提供の豪華賞品も多数。

記念すべき茨城県初の柔術大会であるコパラスコン茨城国際、参加申し込みは以下のリンクを参照してください。


0716
【参加申し込み受付中】
『COPA Las Conchas 2018 Ibaraki International』
■日時:7/16(祝)
■会場:たつのこアリーナ(龍ヶ崎市総合体育館)(茨城県龍ヶ崎市)
■柔術はコチラ、ノーギはコチラから!



0819
【参加申し込み受付中】
青帯限定大会「BLUE DESTINY2018」
日時:8/19(日)
会場:ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)
■大会詳細はコチラから!




【今日が誕生日の柔術家】ホベルト・マツモト(38)



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear