English Portugues Japanese

2018年11月

2018年11月22日

【レポ】ASJJF BANGALORE INTERNATIONAL OPEN 2018

00
いま柔術が世界中に広がっていっているのは周知の通りだ。

ブラジルでその歴史をスタートさせたブラジリアン柔術は、いまやブラジルはもとよりアメリカやヨーロッパ、そしてアジアでも大きな広がりを見せている。

今回レポートするのはインドのバンガロールで初開催されたASJJFの大会だ。

インドは日本から10時間のフライトでデリーに到着し、そのデリーからさらに3時間のフライトを経てバンガロールにたどり着く。

まだインドは柔術の発展途上国で、デリーでも柔術ジムは10程度にとどまり、このバンガロールに至ってはほんの数か所しか柔術を学べるジムはないとのこと。

そんな柔術辺境の地でも大会が行われていることに驚くが、参加者はギ&ノーギで300人を超える盛況ぶり。

そして興味深いのはギよりもノーギの方が参加者が多かったことだ。

これはギが高くて買えないということもあるが、インドが暑いこと、そして昔からレスリングが盛んなことが挙げられる。

ノーギの試合では一般的な試合コスチュームであるラッシュガード&ファイトパンツではなく、Tシャツに短パンというカジュアルないでたちで試合に臨んでいたのが印象的だった。

そして柔術のレベルもまだまだで選手のほとんどが白帯と青帯で、インド人の紫帯はインド全体で5〜6人しかいないという。

とはいえ世界でも有数の人口を誇るインドはゆうに13億人を超える人口を誇るだけに、インドで本格的に柔術が定着したら凄まじいことになるのは間違いないだろう。

また来年5月にはインドのデリーでASJJFのアジアオープンが開催される。

ASJJFのアジアオープンは毎年アジア各国を持ち回りで開催されており、昨年はシンガポール、今年は韓国で開催されている。

来年はインドで開催されるが、まだ柔術が始まったばかりのインドでどれだけの選手が集まるか注目したい。


01
会場のガンジー・スポーツコンプレックス。
バンガロールに昔からある公共の体育館で、ここにマット3面を設置して大会が行われた。



02
今大会のメダル。
SJJIFとあるが、これはスポーツ柔術国際連盟ではなくスポーツ柔術インド連盟の略。



03
ギ&ノーギで2日間に渡って開催されたが、レギュラートーナメントの他に4試合のノーギ・スーパーファイトも組まれていた。
試合前にはプロレスのタイトルマッチのようなチャンピオンベルトを持ちながらの記念撮影も。



04
オーストラリア・アデレードからインドに移住し柔術を指導していおるラクラン・コンウェイ(AJA)がチェタン・アシュクサマ(KIMURA MMA)をレッグロックで秒殺。



05
バンガロールで最大規模の柔術アカデミーであるインスティテュート・オブ・ジウジツから参戦したデボジ・ダスグプタがデヴィッド・チャンテ(ガドMMA)を腕十字で極めて一本勝ち。
インスティテュート・オブ・ジウジツはカイオ・テハ系のアソシエーションだ。



06
MMAで10戦無敗のカンタラジ・アガサ(ガドMMA)がチェタン・アシュクサマ(KIMURA MMA)からヒールフック一閃。
チェタンはスーパーファイト2連敗となってしまった。



07
まだ白帯ながらインドで最強の女子選手といわれるアシャ・バドリナ(インスティテュート・オブ・ジウジツ)。
体格で勝るアルチナ・G(カタールMMA)と対戦もバックからRNCを極めて快勝。



08
アシャはスーパーファイト、ギ、ノーギとすべての試合を一本勝ちしてメダル×4とスーパーファイトのチャンピオンベルトを獲得した。
もう十分に青帯の実力があるがインストラクターがまだ青帯のため昇格できないようだ。


09
今大会で唯一の紫帯マッチはウェリントン・シウバ(カーロストヨタBJJ)とシャルマージ・ケサバムーディ(BJJトリバンドラム)の2連戦。
階級・無差別で1勝1敗のイーブンに終わる。



10
青帯で4ゴールド獲得のアリ・アクポー(カーロストヨタBJJ)。
イランのレスリングチャンピオンで今大会には観光を兼ねての参戦だった。



11
今大会の運営チーム、ASJJF会長のエジソン・カゴハラ、SJJIF会長のゴルワン・シン。
そしてSJJIF秘書のシヴァ・チュードリー。
この3人で来年はインドのデリーでASJJFアジアオープンを開催する。



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年11月21日

【レポ】『MILD CUP 3』

01
こんにちは、CARPE DIEM girlz BJJの中尾美季です。

私が主催する『MILD CUP(マイルド カップ) 3』という女子限定の柔術イベントを11/18(日)にCARPE DIEM girlz BJJで行いましたので、そのレポートを書かせていただきます。

『MILD CUP』は、2015年に女性限定のワンマッチ大会として初めて開催しました。きっかけは、「友人を試合に出したい」という思いつき。

その友人は「今年こそは試合に出る」と毎年言いながらも、年齢や階級、練習頻度などを理由に、試合に出ることを躊躇していました。

そこで彼女でも参加しやすい、敷居の低い大会を開く事にしたんです。

3回目となる今大会のエントリーは、過去の2大会に比べ、柔術歴が浅い方や若年層が増加。

参加者23名中、19名が白帯で11名がデビュー戦。

柔術歴の一番短い方で始めて1ヶ月半。

そして、2名の女子高生のエントリーもありました。

開会式のあと、みんなでウォーミングアップ。

実はこれがオープニングサプライズ。

足相撲を参加者全員で行い、勝ち残った3名には、ディズニーランドのペアチケットなど協賛いただいた豪華賞品を贈呈。

一転、試合が始まると緊張感が走りました。

みんなこの日を目指して、一生懸命に練習してきたことで接戦が続き、とても良い試合ばかり。

応援団の熱も上がりっぱなしです。

全試合終了後には、参加選手を対象とした抽選会や観客、スタッフも含む全員参加のジャンケン大会を行い、協賛賞品をプレゼントして、無事に閉幕。

今回の『MILD CUP』を通し、楽しい瞬間や柔術の奥深さを味わっていただけたら嬉しいです。

負ければ悔しいですし、惨めな気分になることもありますが、決して勝敗が人の価値ではありません。

試合と向き合った時間や、大人になってそんな思いをさせてくれる柔術で青春していることに喜びを感じていただけたら幸いです。


02
ウォーミングアップで足相撲を行い、みんなにリラックスしてもらいました。



03
事前に提出してもらった体重や経験などをもとにマッチメイクを行います。



04
規定を設けず自分の大好きなKIMONOを着て試合を行えるのも楽しみの一つ。



05
『MILD CUP』はアドバンテージ、レフリー判定がない為、同ポイントの時は仲良く引き分けで、どちらも勝ち名乗りをしてもらえます。
マイルドな光景です。



06
会場が広すぎないため選手と応援の方とが一体となり、時には笑みもこぼれ、暖かい雰囲気に。



07
最後はみんなで楽しく協賛いただいた多くの賞品の争奪戦。
足相撲と合わせて2個ゲットした強者も。



参加いただいた選手の皆様、応援に来ていただいた皆様、そしてイベントの主旨に賛同いただいて豪華な賞品を提供してくださった皆様、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

今後も楽しくて、思い出に残る『MILD CUP』を続けて行きますので、ブランクのある方や試合デビューをしてみたい方など、幅広くエントリーをお持ちしています。



【今日が誕生日の柔術家】フラビオ・ベーリンギ(81)、ルアン・アロウカ(28)、セルビオ・トゥリオ、下林義尚(35)、ダニエル・オテロ(35)



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年11月20日

【結果】WEEKDAY OPEN 2018

week
11/20(火)、東京・代々木のミューズ音楽院ホールで開催されたLas Conchas主催「WEEKDAY OPEN 2018」の主な結果です。


続きを読む

2018年11月19日

【結果】「SJJJF全日本選手権」主な結果

896
11/18(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたSJJJF主催「全日本選手権」の主な結果です。


続きを読む

2018年11月18日

【不定期連載】『弁当屋小谷のベトナム日記』第2回「鬼軍曹に逢いに行く日」

01x
グーーーーーーーーーッ モーォォニン ビェットナーーーーッム!!!!!

ブラジルブログ読者の皆様、こんにちは&毎度お世話になり、ありがとうございます。

サイゴン柔術&OVER LIMIT BJJ SAIGONの小谷尚孝(ひさのり)です。

私の住むホーチミンシティ(旧名サイゴン)が位置するベトナム南部は、まもなく乾季に突入。

スコールも降らず、気温も低めで、果物も美味しい季節がやってくるわけですが、何がいいかと言えば、練習したあとの柔術着やラッシュガードなどの洗濯ものがすぐに乾くのと、雨や風や洪水による交通渋滞がなくなるので、「ジムに向かう途中でバイク(またはタクシー)が動きません。

続きを読む

2018年11月17日

【インタビュー】ジェザ・カーン:カンボジアの柔術シーンはまだ始まったばかり

01
今夏、インドネシアのジャカルタで開催された「アジアンゲームズ2018」で優勝したジェザ・カーン。

ジェサはAOJ所属の青帯だが、アジアンゲームズにはカンボジア代表として出場していた。

カンボジアとメキシコのハーフでロサンゼルス・コスタメサ在住のジェサはまだジュブナイルの年齢だがアダルトでも活躍中で、数多くの好成績を残している。

続きを読む

2018年11月16日

【インタビュー】コブリンヤ:ハードワークとマインドセットが重要だ

1
今日と明日の2日間、CARPE DIEM広尾にてセミナーを行う"コブリンヤ"ことフーベンス・シャーレス。

コブリンヤはテクニックはもちろん、指導の合間に話す講義というか訓示的な言葉も印象的で、ある意味テクニック以上に重要なワードがわびたび聞かれた。

そのコブリンヤにインタビューをお願いしたので紹介したい。


続きを読む

2018年11月15日

【レポ】コブリンヤ・スタッフトレーニングin CARPE DIEM広尾

00
現在セミナー開催のために来日中のフーベンス・シャーレス"コブリンヤ"がCARPE DIEM広尾にてCARPE DIEMのスタッフオンリーのトレーニングを行った。

このトレーニングは通常のセミナーではなく、コブリンヤがLAの自身のジムで行っているプロ練習をアレンジして行われた。

予定では13:00〜15:00の2時間だったが、予定時間を30分以上もオーバーする熱の入れよう。

またコブリンヤ自身の格闘技のルーツとしているカポエラのムーブメントのレクチャーや質疑応答、そしてムンジアルなどハイレベルなコンペティションで勝ち抜くためには?というマインドセットの講義もあり、非常に内容は濃かった。

続きを読む

2018年11月14日

【Review Wednesday】カウ・キャッチ・エム・オールbyAJアルバート

cow
みなさんおつかれさまです、元Jiu Jitsu NERDライターの成田です。今回紹介するのは柔道・レスリング未経験で柔術を始めた方にうってつけの教則DVD「Cow Catch Em All」です。

かくいう自分も高校の授業で柔道を取らず、また代々木のMUSEではスタンドのレッスンがほぼないため、引き込み一択で立ち技に縁のない柔術ライフを歩んできたわけですが、このDVDはキャッチレスリングが由来の「Cow Catcher」と呼ばれる技術を用いて、柔術をはじめ、柔道やレスリングにも応用できるテイクダウンのテクニックがまとめられていうことです。

というわけで早速DVDを再生。Cow Catcherとは、スタンドから相手の頭をフックするようにして引き下げ、アンダーフックとアゴを取る(チンストラップ)ポジションのことで、DVD冒頭はCow Catcherのコンセプトや頭をフックした際の相手のリアクション別のコントロール方法など、Cow Catcherからテイクダウン、サブミッションに入るための基本テクが紹介されています。

相手の頭を引き下げる攻防はノーギ、グラップリングでよく見かけますが、柔術にも応用できるようにエリのグリップを使ってバランスを崩しアンダーフックを取るテクニックも解説されています。

基本の紹介に続いては、ワキ・アゴを取ってヘッドロックしている状態からのテイクダウンのバリエーション。そしてCow Catcherからのダースチョークやアナコンダチョーク、アームバーや横三角などのサブミッションの紹介。

さらにCow Catcherからテイクダウンしてサイドを取ったもののハーフガードに入れられてしまった際のカウンターのチョーク、ヒールフックやフットロックなど足関系のテクニックもフォローされています。

唐突にキモノを脱いでノーギになったかと思えば、またキモノを着ていたりと自由な構成になっていますが、柔術・ノーギ双方に応用できるテクニックが収録されていますし、スタンドから速攻で極めに入る流れをモノにできたら爽快でしょう。

指導しているAJアルバートはカリフォルニア・アーバインにあるValhalla jiu jitsuの主宰。レスリング一家に育って若い頃はキックやJKDなどもトレーニングし、クレバー・ルシアーノ系列のティム・カートメルから黒帯をもらっているとのことです。

このティムが中国拳法にも精通しているとのことで個人的には超絶気になるわけですが、そちらは追ってリサーチしたいと思います!



■大会速報やニュース配信を行っているJiu Jitsu NERDのインスタグラムはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2018年11月13日

【インタビュー】グスタボ・オガワ:強くなってる手応えがある

00
いまLAのコスタメサにあるAOJにて柔術修行中のグスタボ・オガワ。

グスタボは小川柔術代表のアレッシャンドレ・オガワの長男だが、昨年よりたびたびAOJを訪れ練習している。

そのグスタボがSJJIFワールドで優勝し、試合後に話を聞いた。

続きを読む

2018年11月12日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:アダルト紫帯

00
IBJJFロングビーチインターナショナル2018で個人的に最も注目していたのはアダルト紫帯のオープンクラスだ。

アダルト紫帯のオープンクラスには階級別で優勝・入賞した強豪がこぞってエントリーし過酷な潰し合いの様相を呈していた。

それはアフィリエーションアカデミーの関係にあるAOJとATOSの選手でも関係なく、1回戦でATOSvsAOJの顔合わせも実現していた。

続きを読む

2018年11月11日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:まとめ

00
IBJJFロングビーチインターナショナル、その他の試合まとめを紹介する。

前述した通りに1☆というローカル大会レベルの今大会だったが、そこはIBJJFブランドだけに名の知れた強豪選手が多数参戦して華を添えていた。

続きを読む

2018年11月10日

【レポ】MATSURI:茶帯の試合

00
こんにちは、内山です。

前回の紫帯に引き続き、試合の様子及び結果を書かせて頂きます!

今回は茶帯のレポートです。

続きを読む

2018年11月09日

【結果】熊本城復旧工事支援SJJJFブラジリアン柔術熊本大会

00
11/4(日)、熊本県の熊本公徳会武道場にて開催されたSJJJF主催「熊本城復旧工事支援SJJJFブラジリアン柔術熊本大会」の主な結果です。


続きを読む

2018年11月08日

【レポ】MATSURI:紫帯の試合

00
こんにちは、内山です。

今回は大阪で行なわれているプロ柔術 “MATSURI” 第10戦の試合を観て来ました。

場所は大阪・世界館。弁天町駅から徒歩5分位のところにあります。

第10回のアニバーサリーと言うこともあり、20試合行なわれました。

続きを読む

2018年11月07日

【レポ】HYPERFLY×Champion in COMPLEXCON

00
11/3(日)、ロサンゼルスのコンベンションセンターで行われた「COMPLEXCON」でHYPERFLYとChampionのコラボエキシビジョンが開催された。

このCOMPLEXCONとは世界中のブランドやファッショニスタたちが集まるファッション業界の一大コンベンションで、2日間で10万人が集まり、$130もする入場チケットはソールドアウトとなっていた。

ここでのみ発売される限定アイテムを求めてイベント前日から泊まり込みで並んでいるマニアも多く、イベント初日はお昼ぐらいまで入場待機列が続き、殺気立った雰囲気すら感じられたほど。

その中でかねてより進行していたHYPERFLYとChampionのコラボアイテムの先行販売が行われるとのことで、その様子を見てきた次第だ。

続きを読む

2018年11月06日

【レポ】IBJJFロングビーチインターナショナル2018:アダルト黒帯

00
11/4(日)、カリフォルニア・ロングビーチのウォルターピラミッドにてIBJJF主催「ロングビーチインターナショナル」が開催された。

この会場はムンジアルが開催されてることで知られているが、ムンジアル以外の大会も行われており、今大会の他にワールドノーギや過去にはワールドマスターも行われている。

続きを読む

2018年11月05日

【結果】スパイダーインビテーショナル2018決勝戦:主な結果

00
11/3(土)、韓国・ソウルで開催された「スパイダーインビテーショナル2018決勝戦」の主な結果です。


続きを読む

2018年11月04日

【世界のタタミから】ティファナ:クラーク・グレイシー・メヒコ

00
世界の柔術ジムを探訪して紹介する「世界のタタミから」、今回はメキシコ編を紹介する。

メキシコのティファナはメキシコとアメリカの国境の街でサンディエゴの隣町。

サンディエゴから徒歩で行ける気軽さでアメリカに比べ物価が半額以下のティファナで週末を過ごすサンディエゴの住人も多い。

そんなティファナのメインストリートであるアベニウ・レボリウションにあるのがこのクラーク・グレイシー・メキシコだ。

続きを読む

2018年11月03日

【結果】SJJIF WORLD 2018:ノーギ黒帯の試合

00
ギに比べるとノーギの参加者が少なくなるのは日本も海外も同じ。

大会初日のギの参加者を半分ほどに留まったノーギ黒帯。

そこで活躍したのがカイナン・ドゥアルテだ。

続きを読む

2018年11月02日

【結果】SJJIF WORLD 2018:女子の試合

00
SJJIFワールドは女子にも男子と同金額の賞金が用意されているのも特徴の1つ。

IBJJFは男子と女子で賞金金額に大きな差があるとして著名な女子柔術家たちから非難を浴びていたが、それもあってかSJJIFは男子と同じ賞金となっている。

続きを読む

2018年11月01日

【結果】SJJIF WORLD 2018:アダルト黒帯決勝戦

00a
10/27-28の2日間、ロサンゼルス・ロングビーチのロングビーチコンベンションセンターで開催されてたSJJIF主催「SJJIF WORLD 2018」の大会初日はギのトーナメント。

今大会は黒帯にのみ賞金が賭けられており、また黒帯は参加費が無料なことから多くのビッグネームが参加していた。

特に今大会の常連の一人であるキーナン・コーネリアスは過去3大会連続優勝中で、今年も階級をクローズアウト、無差別を優勝の事実上のWゴールドで賞金1万5000ドルを獲得している。

続きを読む