English Portugues Japanese

2019年12月

2019年12月31日

【10大ニュース】Jiu Jitsu NERD選定:2019年の柔術界の10大ニュース Part.2

00
前回の続き、5位から1位の発表です。

座談会でも話していましたが今年は大きなニュースが多くなく選ぶのに苦労しました。

全体的にニュースも小粒だった印象です。

続きを読む

2019年12月30日

【10大ニュース】Jiu Jitsu NERD選定:2019年の柔術界の10大ニュース Part.1

00
今年もこの時期となりました、毎年恒例の柔術界の今年の10大ニュースの発表です。

いつものようにこの10大ニュースは座談会方式でJiu Jitsu NERDの元制作陣で話し合い、またメールで頂いた意見を参考にニュースとその順位を決めました。

続きを読む

2019年12月29日

【レポ】ASJJFジャパンカップ2019:色帯まとめ

05
前回に続いて、今回は色帯の試合を紹介する。

アダルトでは黒帯・茶帯の試合が組まれなかったが、紫帯で熱戦が繰り広げられた。

共にナインナインジャパン所属のザビエル・シウバとマテウス・ヒロトミが、それぞれ階級別で優勝。

オープンクラスでは欠場者が出たため、ザビエルは試合をせずに決勝に進出。

一方のマテウスは2試合勝ち上がり、決勝はザビエルとシェアしている。

続きを読む

2019年12月28日

【不定期連載】『弁当屋小谷のベトナム日記』第十一回「SJJIF WORLD 2019 参戦記・その1:世界大会に行ってきました」

01
グーーーーーーーーーッ モーォォニン ビェットナーーーーッム!!!!!

ブラジルブログ読者の皆様、こんにちは&毎度お世話になり、ありがとうございます。

サイゴン柔術&OVER LIMIT BJJ SAIGONの小谷尚孝(ひさのり)です。

2019年11月9日&10日の2日間、アメリカのカリフォルニア州はロングビーチにて開催された「SJJIF WORLD Jiu Jitsu Championship 2019」に選手として参加してまいりました。

続きを読む

2019年12月27日

【レポ】ASJJFジャパンカップ2019:黒帯まとめ

00x
12月22日(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターにて「ASJJFジャパンカップ2019」が開催された。

この大会はASJJF主催大会の年内最終戦であり、毎年恒例の行事として定着している。

年の瀬が迫った慌ただしい時期でありながら、関東圏のみならず地方からの遠征組も多々おり盛況の様子だった。

そのジャパンカップから3つのカテゴリーで試合が成立した黒帯の試合を紹介する。

特に注目すべきは国内屈指の実力者である中村大輔の参戦したマスター2黒帯ライト級だ。

続きを読む

2019年12月26日

【結果】ASJJF JAPAN CUP 2019

poster
12/22(日)、東京・浅草の台東リバーサイドスポーツセンターで開催されたASJJF主催「ジャパンカップ2019」の主な結果です。


続きを読む

2019年12月25日

【Review Wednesday】Fight&Life:vol.76

fl2
みなさんおつかれさまです、元Jiu Jitsu NERDライターの成田です。

今年も残すところあとわずか。「年内にお願いできますか?」的な催促メールを秒でゴミ箱に放り込む殺伐とした年末を過ごしている方も多いのではないでしょうか?

というわけで今回は、月曜日に発売されたばかりの『Fight&Life vol.76』をレビューしたいと思います。

本ブログ主宰の橋本欽也さんが締切に追われる生活からやんごとなき領域に入って以降、いつのまにか本誌ページを担当させてもらえるようになった自分ですが、今回は“日本の中のブラジル”といわれる群馬県大泉が本拠地のインファイト・ジャパン代表ヘナート・シウバにインタビューしてきました。

実はこの企画、本誌が創刊したばかりの2007年にも行ってまして、その際は高島学さんがブラジリアンタウンのレポートからヘナートのインタビューまで担当されています。

それをどうしてまた?と疑問に思われるかもしれませんが、今年のアジア選手権でヘナートが久しぶりにビッグトーナメントに復帰したり、インファイトのヤングたちの活躍が顕著になってきたこともあって、10年以上を経た現在の街の様子や、道場、ヘナート自身の変化をこの機会に聞いてみようと再訪が決まったわけでした。

自分にとって初めての大泉は、「エジソン会長からサイゴン柔術用の帯とディプロマを受け取る」というミッションで鴻巣に寄り道したため、熊谷方面からバスで乗り込むという変則的なアプローチ。

街の塩梅を知ろうと徒歩でパトロールしてみたものの、カメラバッグにスーツケース(その日の夜に弁当屋こと小谷さんに会うためホーチミンへ出発でした)、そしてスーパーで衝動買いしたシマハホン2kgを引きずりながら歩き回っていたせいか、大泉のガッチーニャと運命的な出会いをするチャンスがなかったことが残念の極みであります。

とはいえ、仕事が終わって疲れているだろうに道場へ駆けつけてくれたヘナートのインタビューは、ミリアンやハルミのヘルプもあってワイワイと行うことができ、花金にもかかわらずメンバーも道場に集結してくれたりと、みなさんのサポートのおかげで何とかかたちにすることができた次第です(インファイトのみなさんに改めて感謝です!)。

本誌ではヘナートのインタビューを中心に、道場の雰囲気や、簡単ではあるものの若手選手の紹介もしていますので、ぜひ本屋でチェックしていただければと思います。

なお、個人的に楽しみにしている高島さんの恒例企画「Fight&Life格闘紀行」は沖縄編。

パラエストラ沖縄代表の松根さんとCROSS×LINE代表の砂辺選手の対談記事は、沖縄MMAシーンの変遷が語られる読み応えのあるもので、那覇市を中心に北は宜野湾市、南は南城市の各道場もマップ入りで紹介されています。

若柔術代表のワカさんも登場していますし(!)、来年2月にSJJJF沖縄大会が控える今、格闘紀行を読みながら出稽古旅の予定を立ててみるのも楽しいはず。

少なくとも自分はヤギ汁とお座敷のセクシーなポスターが恋しくてたまらなくなりました!


fl
【発売中】
「Fight&Life:vol.76」
■詳細&購入はコチラから!



0209
【参加申し込み開始】
SJJJF「沖縄柔術選手権」
日時:2/9(日)
会場:沖縄県立武道館(沖縄・那覇)
■詳細&申し込みはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月24日

【柔術プリースト】#387&388:SJJJF 第2回 全日本選手権

388op
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回は11月に開催されたSJJJF主催「第2回 全日本選手権」の模様を2回に渡って配信しています。

その2回分をまとめて紹介します。


続きを読む

2019年12月23日

【結果】アブダビ・インターナショナルプロツアー・名古屋

ng
12/22(日)愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催されたAJP主催「アブダビ・インターナショナルプロツアー・名古屋」の主な結果です。


続きを読む

2019年12月22日

【レポ】マリアナスプロジャパン2019:紫帯

00
「マリアナスプロジャパン2019」、アダルト紫帯の試合をレポートする。

アダルト紫帯のオープンクラスはその他のオープンクラスに比べ最多人数の9人の選手が揃ったトーナメントになった。

そこで決勝に勝ち上がったのは平田孝士朗に勝ったマイケ・オオウラと鹿志村仁之助に勝ったザビエル・シウバだ。

続きを読む

2019年12月21日

【アンケート結果】あなたは地上波で柔術が取り上げられたTV番組を見ましたか?

2019年もあと少しで終わりとなり、いよいよ年の瀬らしく世間も慌ただしくなってきました。

そろそろ年末恒例の10大ニュースのネタ出しをしている最中ですが、その中の1つとして今年は柔術が地上波TVで過去に例をみないほど数多く取り上げられたことが挙げられると思います。

かねてから柔術をやっていると公言しているV6の岡田くんが番組内でベリンボロを披露したり、CARPE DIEMのマーチャンダイズの橋本知之Tシャツを着用した姿が放送されて、そのTシャツが放送後に即完売したのは記憶に新しいところでしょう。

またムンジアル直後には湯浅麗歌子選手に密着した「情熱大陸」が放送されたり、史上初の柔術地上波レギュラー番組「柔術やろうぜ!」は現在も放送中です。

また人気番組「YOUは何しに日本へ?」でもIBJJFアジアに出場する選手の密着があり、柔術大会の様子が30分以上にも渡ってゴールデンタイムのお茶の間に放送され、柔術をやってる人・やってない人を関わらずに大きな話題にもなりました。

そんな柔術を扱っていた地上波TV番組ですが、一体どれぐらいの人が見ていたんだろう?とふと思いつき、昨夜から1日という短い間ですがツイッターのアンケート機能を使って調べてみた次第です。

その結果は以下の通りです。




「情熱大陸」は放送前からJBJJF関係者が熱心に告知をしていたこともあり、85%もの人が「見た」と回答しています。

リアルタイムや録画での他に、TVerというアプリでも1週間の見逃し配信があったので、それで見た方も多いかと思います。

かくいう自分もその一人で、放送があったときは海外にいたので、帰国後にアプリでの視聴となりました。






この「YOUは何しに日本へ?」も事前にJBJJF関係者が放送予告をしていましたが、「情熱大陸」ほどの視聴者の獲得には至らず、「見た」と返答した人は27%に留まり、「見てない」人の48%と「放送を知らなかった」人の25%を合わせると過半数の人が見てないか、放送自体を知らなかったということになりました。

が、柔術をやっていない普通の友人・知人から放送後に「TVに出てたよ!」と連絡をもらったので、一般視聴者はそれなりにいたことでしょう。






そして最後の「柔術やろうぜ!」は悲惨な状況で「見てる」と答えたのは全体の4%という結果になってしまいました。

やはりこれは深夜での放送ということや、地上波TVとはいえTVKというローカル局での放送なので、見たくても見れない環境であるというのは多分に影響してると思われます。

せっかく大枚をはたいて枠外してまで放送してる柔術番組なのに、柔術やってる人たちの間ですら話題にならないのはもったいないし、残念なことだと言わざるを得ません。

以上、2019年に地上波で柔術が取り扱われていたTV番組の局地的視聴率調査・結果報告でした。





00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月20日

【レポ】マリアナスプロジャパン2019:茶帯

00
「マリアナスプロジャパン2019」の茶帯では当初は今年のマリアナスオープンに参戦した佐野貴文のみの一人エントリー状態が長く続いていたが、第3締め切り間際にエントリーが殺到。

結果的にオープンクラスは参加者が7人となり、マリアナスオープン日本代表選手を決定するに相応しいトーナメントになったといえよう。

続きを読む

2019年12月19日

【レポ】マリアナスプロジャパン2019:黒帯

mari
12/15(日)、千葉・舞浜の船橋市総合体育館で開催された「マリアナスプロジャパン2019」。

この大会はグアムで開催されているマリアナスオープン及び、コパデマリアナスに出場するためのトラベルパック(航空券、ホテル、参加費など)が賭けられているトライアルトーナメントだ。

アダルトの黒・茶・紫帯とマスター1黒帯のオープンクラス優勝者にそのトラベルパックが贈呈されることになっており、そのトラベルパック狙いで参戦してきた選手が数多くいた。

その中でも注目だったのはやはり黒帯のカテゴリーだった。

続きを読む

2019年12月18日

【Review Wednesday】イマナリ・シリーズby内山裕規

u1
こんにちは、CARPE DIEMの内山裕規です。

近年日本でも徐々にノーギが定着してきましたね。

QUINTETが日本でのノーギブームの火付け役になったのではないでしょうか。

その最中に入荷されたのがこのDVD”イマナリ・シリーズ”。

足関十段・今成正和選手の動きを細かく分析し、誰でも分かる様に解説しているのがこのDVDで技を教えているマーヴィン・キャステル & ブランドン・リム。

彼らはアメリカの10th Planetでインストラクターとしてテクニック教えております。

今回のテクニックは今成さんもやっている、スタンドの相手へインバーデットの様な形に入り、足に巻きつくように回る技、そしてその展開を教えております。

ハイレベルなノーギの道場で教えているだけあり、トリッキーに見えるような動きでもできるようになるカリキュラムとなっております。

チャプターの一つ一つわ分けてフレーム、フックなどを説明しているので、技を作るまでも難なくこなすことができます。

形を作った後は、倒れた相手、立っている相手へのアタックのバリエーションも12種類程入っており、相手がどのリアクションをとっても極めきるところまで持っていけるDVDとなっております。

まだノーギを始めていない方へ。

個人的にノーギの嬉しいところ、、、

それは荷物が少ない!

サラリーマンにとって道着を運ぶというのは会社によっては難しいところもありますよね。

しかしノーギなら荷物が少なくこっそりカバンに忍ばせるって事もできますよ。

理由はなんでも構いません。

荷物だるいな、と思う日があれば試しにノーギをやってみるのばどうでしょうか。

ちょっと脱線しましたが、イマナリ・シリーズ是非お買い求めください!



ima
【近日入荷予定】
「イマナリ・シリーズ/マーヴィン・キャステル&ブランドン・リム」






s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月17日

【本日最終締め切り】アブダビ・インターナショナルプロ名古屋

1
12/22(日)に愛知県名古屋市の愛知県武道館で開催されるAJP主催「アブダビ・インターナショナルプロ名古屋」の最終締め切りが本日までとなっています。

今大会はすでに多数の選手のエントリーがあり、キッズ、アダルト、マスターとノーギと海外からのエントリーも多く、国際色豊かな大会になりそうです。

キッズも4歳から試合できるのは特筆モノではないでしょうか。

そして既報の通りに今大会のすべてのカテゴリーの優勝者の中から抽選で1名に来年4月にアブダビで開催予定のアブダビ・ワールドプロ参戦のための航空券が贈呈されます。

これは海外で試合したい方にとって大きなチャンスなはず!

大会は今週の日曜日とギリギリまで参加申し込み受付されてるのはAJP主催大会ならではです。

試合開始は日曜日のお昼ぐらいからを予定しており、計量は前日と当日のどちらかでも可能。

大会進行はAJPのレギュレーションに則って行われる予定です。

2019年の最後を締めくくる大会として今大会の参加はいかがでしょうか?!



1222
【参加申し込み受付中】
「ABU DHABI INTERNATIONAL PRO NAGOYA GI&NO GI 2019」
日時:12/22(日)
会場:愛知県武道館
■大会詳細&申し込みはコチラから!

■AJP JAPANのFacebookページはコチラ、Instagramはコチラから!

■過去のAJP関連ニュース&レポはコチラから!





00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月16日

【結果】マリアナスプロジャパン2019:主な結果

mari
12/15(日)、千葉・舞浜の船橋市総合体育館で開催された「マリアナスプロジャパン2019」の主な結果です。

続きを読む

2019年12月15日

【インタビュー】マリアナスプロジャパン参戦のヨースキ・ストー

00
12/15(日)、千葉・浦安の船橋市総合体育館で開催される「マリアナスプロジャパン2019」に参戦するヨースキ・ストーのインタビューを紹介する。

ヨースキはアダルト黒帯にエントリーし、ヘビー&オープンで荒井勇二とリダ・ハイサムとの巴戦に挑む。

いまヨースキはIBJJFの2019/2020シーズンの黒帯ランキング・マスター2で1位になっており、先日のIBJJFソウルインターナショナルでも階級&無差別でWゴールドを獲得し、選手としてノリに載っている状態だ。

だが今大会ではアダルトでのエントリーということで来年には40歳になるヨースキの苦戦は想像に難くないところ。

その真意と意気込みなどを聞いた。


──ヨースキ、IBJJFソウルインターナショナルでのWゴールドおめでとうございます。

ヨースキ:ありがとう。直前まで行くかどうか迷ったけど行ってよかったよ。ミドルとオープンで優勝したので、そのポイントが入って現時点では1位になったよ。このまま最後まで1位で終わりたいね。

──でもそのためには日本だけでなく海外の大会にも出なくてはいけないし、お金もかかってしまいますね。

ヨースキ:そうだね(苦笑)。本当にお金のことは大変ですから、いろいろ節約してるし、大会ではレフェリーの仕事もするし、他にもセミナーなどをやって助けてもらってます。でも1位になればもっとセミナーの仕事も増えるだろうから、頑張りたいです。

──今回のマリアナスプロジャパンではマスターではなくアダルトにエントリーしています。

ヨースキ:自分がエントリーしたときはアライしかいなくて、一人しかいなかったから試合組めなくなったら可哀想と思ってエントリーしました。マスターにはチームメイトのクレイトンもいたしね。そしたら、最後にハイサムがエントリーしてきたんだよ。

──ハイサムのエントリーがあってマスターに移動を希望したそうですね。

ヨースキ:そう、もう自分が移動してもアダルトで試合が組めるから移動してもいいいかな、と思って。でもいろいろ説得されて結局はアダルトに留まることにしたんだ。もちろんマスターよりアダルトの方が厳しい戦いになると思うけど、ハイサムとは試合したことないし、茶の楽しみな部分もある。まあチャレンジだと思ってベストを尽くします。

──ハイサムにはどんな印象がありますか?

ヨースキ:デカいよね。でも大きいけど動きも早い。だから試合ではあの動きに対抗しないといけないね。でもいつもオープンクラスの試合にも出てるから、大きい相手との試合でも大丈夫。ちゃんと作戦を立てていくよ。

──マスター2なのにアダルトにエントリーするのは勇気がいることと思います。

ヨースキ:マリアナスのプロモーターのスティーブ・シミズにも同じことを言われたよ(笑)。マスターの選手でもアダルトでこれだけのことができるんだ!というところを見せたいね。そして大会で勝ってグアムに行きたいです。




大会に先立って金曜日に上京してきたヨースキはミューズ柔術アカデミーにてセミナーを行った。

セミナーのテーマはXガードで、ヨースキが実際に試合で使っているテクニックを中心に多数のテクニックを披露。

当初は2時間の予定だったが、それを大幅に上回る3時間弱ものロングバージョンとなり、参加者はやや疲労気味。

だがヨースキ自身はまだまだ元気で、セミナー後にもマットの端で質問に答えるサービスぶりで参加者にとっては大満足のセミナーになったことだろう。


01
セミナーのテーマはXガード。
Xガードへのセットアップから、そこからの展開を多数披露。



02
2時間の予定を大幅にオーバーし、セミナーが終わったのは23:00ちょい前。
まさかの3時間セミナーの大ボリュームとなった。



03
金曜日はミューズ柔術アカデミー、土曜日はImpacto Japan BJJの群馬支部でセミナーを行い、日曜日はマリアナスの試合に挑むヨースキ。
アダルトでどこまで結果を残せるか?!に注目だ。



mari
「マリアナスプロジャパン2019」
■大会ライブストリーミングはコチラから!




00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月14日

【Dropkick】秋田で何が起きた? QUINTETエキシビジョンマッチ騒動

dk
プロレス格闘技マガジン『Dropkick』公式チャンネルでQUINTETについてインタビューして頂きました。

このインタビューは11月30日、秋田で開催されたQUINTETの中で行われたQUINTETのアイアンマンマッチでの試合について主に話しています。

賛否両論あったこの形式での試合はいろんな意味で大きな話題となったのは記憶に新しいところです。

続きを読む

2019年12月13日

【レポ】「COPA Las Conchas 2019 Sapporo」

1208
12/8(日)、北海道・札幌の中島体育センターにてSJJJF・Las Conchas共催「COPA Las Conchas 2019 Sapporo」が開催された。

昨年よりSJJJFの12月開催の大会はコラボ大会となっており、昨年はモヤブランドとコラボしてモヤカップが開催されてた。

そして今年はアパレルブランドのLas Conchasとのコラボでコパラスコン開催となった。

これまでもLas Conchasは独自に主催大会を開催していたが、このコラボをきっかけに2020年度からはSJJJFとの共催という形で大会を継続していく見込みだ。

続きを読む

2019年12月12日

【動画】コパラスコン札幌:シュシャvs後藤

xu_goto_op
先週末に北海道・札幌で開催された「COPA Las Conchas 2019 Sapporo」で行われた唯一の黒帯マッチ、ホブソン・タンノvs後藤拓磨の試合動画を公開しました。

今回は試合のみと試合動画本人解説をシュシャと後藤のそれぞれで収録し、合計3パターンの試合動画を一挙公開中です。

試合のみでは会場内で行われていた場内解説の音声が入ってるので、図らずも実況・解説付きとなってます。

続きを読む

2019年12月11日

【Review Wednesday】ブラジリアンナショナルズ2007

b2007
毎週水曜日に柔術に関するDVDや書籍、グッズなどをレビューするレギュラーコーナーの「レビューウェンズディ」、今回は橋本欽也が担当します。

今回紹介するのはDVD「ブラジリアンナショナルズ2007」です。

いまやめっきりこういった大会モノのDVDは制作されなくなってしまい、教則DVDばかりですが、逆に昔は教則DVDなどがなくて大会の試合動画を死ぬほど見て一流選手の動きからテクニックを学んだものです。

そしてこのDVDですが、ブラジリアンナショナルズというのは全ブラジル選手権で、ポルトガル語でブラジレイロと言った方がわかりやすいかも。

かつてはムンジアルよりレベルが高い!と言われていたブラジレイロはブラジリアン柔術発祥の地であるブラジル全土からブラジル・ナンバーワンの称号を求めて強豪たちが集う、歴史ある大会です。

実際にいまもムンジアルで活躍する一流選手たちもわざわざブラジルまで行って今大会に参加しているのは周知の通り。

今年のブラジレイロではアイザック・ドーダラインが悲願のパウロ超えを果たしたり、マイサ・バストスがライトフェザーに出てコロッと負けてたりと、いろんなドラマがありました。

■ブラジレイロ2019の結果はコチラから!

そんなブラジレイロの2007年の大会のDVDが今作です。

出ている選手は、ホミーニョ、トッジィ、ロバトJr、セルシーニョ、タルシスなどなどで、個人的には2006年にムンジアルを制しているセルシーニョの全盛期の動きが見れたのは嬉しかったです。

そして今はセミリタイア状態のホミーニョやMMAでトップスターになったロバトJrの若き頃の試合も興味深かったです。

こういったトップ選手たちの試合での動きは本当に参考になります。

教則DVDはテクニックの手順を1つずつ丁寧に説明してくれるからわかりやすいけど、試合では3つぐらいの動きを同時に一瞬でやってたりするから何度も何度も見返してその手順を解明してた頃を懐かしく思い出しました。

すでに廃盤だと思われるグレイシーマガジン製のこのDVD、日本では買えないけど、アメリカのブドービデオではまだ販売中な様子なので、興味があるというマニアはぜひご購入を。

12年前のブラジルの大会が見れる、というのは貴重です!


b227a
【発売中】
「ブラジリアンナショナルズ2007」
<収録試合>
■決勝戦

Bernardo Pitel vs Carlos Vieira
Jonathas Gurgel vs Wilson Reis
Celso Venicius vs Michel Maia
Murilo Santana vs Robert Fonseca
Romulo Barral vs Alexandre de Souza
Roberto Tozi vs Thiago Gaia
Rafael Lovato vs Roberto Abreu
Luis Teodoro vs Charles Cachoeira
Luis Teodoro vs Rodrigo Cavaca

■ベストファイト
Wagner Amador vs Wilson Reis
Mario Ramos vs Jorge Brito
Robert Fonseca vs Aldo Januario
Alexandre de Souza vs Tarsis Humphreys
Roberto Abreu vs Gustavo Pires
Roberto Abreu vs Rodrigo Medeiros
Rafael Lovato vs Antonio Braga Neto
Michael Maia vs Tiago Gomes
Alan Douglas vs Michael Maia
Cicero Barbosa vs Celso Cenicius
Zorobabel Moreira vs Paulo Roberto
Claudio Calazans vs Celso Venicius
Charles Cachoeira vs Itano d Antonio

■詳細&購入はコチラから!(海外サイトです)



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月10日

【柔術プリースト】#386:BLUE DESTINY 2019

386op
日本唯一の柔術&グラップリング専門番組「橋本欽也の柔術プリースト」。

今回配信するのは青帯限定大会「BLUE DESTINY 2019」です。

配信試合は以下の通りです。


bd
「BLUE DESTINY 2019」
10/6(日) ミューズ音楽院ホール(東京・代々木)



01
アダルト青帯ライトフェザー決勝戦
泰直希(Swells)
vs
トミー・ヤノ(CARPE DIEM)



02
アダルト青帯フェザー決勝戦
諸沢陽斗(Over Limit BJJ)
vs
近藤卓弥(チームバルボーザジャパン)



03
アダルト青帯ライト決勝戦
福島聖也(PATO STUDIO)
vs
ダニーロ・ハマザキ(EVOX BJJ)



08
女子アダルト青帯ライト決勝戦
松本萌(KIMURA JAPAN)
vs
ビアンカ・ワタナベ(EVOX BJJ)



女子アダルト青帯ライトフェザー1回戦
古川藍(高田馬場道場)
vs
森さくら(AXIS)



07
女子アダルト青帯ライトフェザー決勝戦
黒川彩乃(サイゴンJJ)
vs
森さくら(AXIS)



アダルト青帯オープンクラス1回戦
内田新(ポゴナ・クラブジム)
vs
ジュン・イルスク(DCBS)



アダルト青帯オープンクラス準決勝
伊東大生(バッファロー柔術)
vs
ジュン・イルスク(DCBS)



04
アダルト青帯オープンクラス決勝戦
福島聖也(PATO STUDIO)
vs
ジュン・イルスク(DCBS)



386a
#356はコチラから!





そして毎週配信の柔術&グラップリングニュース番組「BJJ-WAVE」の最新回を配信中。

今回の主なトピックは以下の通りです。

VHTS新作紹介
スパイダーインビテーショナル総括
「YOUは何しに日本へ?」放送
ちゅみりん青帯に
10大ニュース募集告知


です。

動画版&音声版の2つのフォーマットで配信してます。

ぜひご視聴を!


1126w2
■動画版はコチラ、音声版はコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月09日

【レポ】COPA Las Conchas 2019 Sapporo:シュシャvs後藤

00
12/8(日)、北海道・札幌の札幌中島体育センターにて開催されたSJJJF主催「COPA Las Conchas 2019 Sapporo」。

今大会で唯一組まれていた黒帯の試合が"シュシャ"ことホブソン・タンノと後藤拓磨の試合だった。

シュシャも後藤もLas Conchasがスポンサーしている選手で、シュシャが大会の目玉としていち早く参戦がアナウンスされると、シュシャとの対戦を求めて後藤も追ってエントリーしてきた。

色帯時代に幾度となく対戦している両者だが、黒帯となってからは今回が初で、また過去にvsシュシャ戦でまだ未勝利という後藤がどんな試合ぶりを見せるかに注目が集まっていた。

続きを読む

2019年12月08日

【レポ】ブルテリアオープン2019:女子の試合

01
「ブルテリアオープン2019」の最後のレポートは女子の試合をまとめて紹介する。

今大会ではアダルト紫帯でフェルナンダ・クリストとミレーナ・サクモトのワンマッチ決勝戦が組まれていたが、ミレーナの負傷により試合キャンセルに。

なのでアダルトは青帯の試合がメインとなって行われた。

続きを読む

2019年12月07日

【レポ】ブルテリアオープン2019:色帯まとめ

00
ブルテリアオープンの試合レポート、今回はアダルトの色帯をまとめてレポートしていく。

アダルトの色帯では既報の通りに茶帯がワンマッチのみになったが、紫帯と青帯は多数の試合が組まれていた。

特に紫帯の充実度は目を見張るものがあり、コパブルテリア王者のザビエル・シウバを筆頭に今後の活躍が見込まれる若い選手たちの活躍ぶりが目覚ましかった。

続きを読む

2019年12月06日

【大会】マリアナスプロジャパン、締め切り間近!

mari
12/15(日)、千葉・舞浜の船橋市総合体育館で開催されるフューリープロ主催「マリアナスプロジャパン2019」。

この大会では既報の通り、アダルト黒帯、茶帯、紫帯とマスター1黒帯のオープンクラス優勝者には来年秋にグアムで開催予定のマリアナスオープンへのトラベルパック(航空券、ホテル、参加費免除)が贈呈されます。

こういった大会優勝者に海外大会参戦のチャンスが与えられるのは素晴らしいことで、ぜひ選手のみなさんにはこの機会を見逃さないようにして欲しいと思っています。

続きを読む

2019年12月05日

【レポ】ブルテリアオープン2019:黒帯

bto2019
12/1(日)、静岡県浜松市の浜松武道館で開催された螢爛鵐妊ネロ主催「ブルテリアオープン2019」。

螢爛鵐妊ネロは春にブルテリアJRというキッズ大会、夏にキッズ&アダルト同時開催のコパ・ブルテリア、そして冬にこのブルテリアオープンをキッズとアダルトを別日にして開催している。

続きを読む

2019年12月04日

【Review Wednesday】リバーサルマガジン 創刊号by内山裕規

re
みなさん、こんにちは!

CARPE DIEMの内山裕規です。

あっという間に年末ですね。

こんなレビューを書いている私ですが、今週末の北海道の準備なんもしてません。

雪が降ってる様ですが、大丈夫なのか!?って感じです。苦笑

余談はさておき、今週のレビューウェンズデーはこれまでと違ったものを紹介させていただきます!

世代的に知らない方もいるはず!リバーサルマガジン!しかも創刊号!

発売は2004年なので柔術を始めた年数的に、自分も知りませんでした。すみません。苦笑

この表紙からレジェンド揃いです。

パラエストラ東京林俊介さん
トライフォースの総帥 早川光由先生
パラエストラCNW 鶴屋浩先生
アカデミアAz 和道先生

流石に15年前なので雰囲気が全く違います!

早速中身を見てみます。

記念すべき最初のページは早川先生のトライフォース設立の記事!

名前の由来はゼルダの伝説だったんですね、、。知らなかったです。。。

道場についてのインタビュー、そして早川先生が選手として海外に出て感じた事や黒帯になっての感想など、当時の貴重なお話が載っております。

今よりも情報を知り辛い時代に遠征や試合に行かれていた早川先生は、まさしくパイオニアと言える存在ですね。

そして15年でここまで道場が大きくなった理由の一部が覗けるインタビューとなっておりました。

次の内容はビビアーノフェルナンデスのインタビュー、そして彼と吉岡大さんのパンナムの試合の記事が載っています。

吉岡さんのコメント付というこれまた貴重なページ!

ポイント0-0 アドバン0-2でビビアーノが勝ったという接戦だったそう。

ちょっと膠着する場面も?となってました。

是非ご覧下さいと言いたいですが、なかなか無い一冊なので残念!

カゼカ・ムニエス、アルバート・クレーンのインタビューがあり、これは私も知ってるぞのバレット・ヨシダが登場。

インタビューの後に彼とカゼカのテクニックの紹介が!

今は書面でテクニックを出すことは少なくなりましたが、この当時はこれも貴重な情報源。

写真でわかりやすく説明されておりました。

テクニックの後は日本滞在記。

バレット・ヨシダの練習や行動の流れも載ってました。

バレット・ヨシダと松根良太さんがエキシビションマッチをしていたなんて知らなかった。。。

この時の情報ってネットにしっかり出てこないですからね。。。ちゃんとピンポイントで探せばあるんでしょうが、適当な検索では引っかからないので、色々な初めてとの面会。
とても新鮮な気持ちで読める一品です。

後半は試合レポートがはいっておりました!

パンナム2004
イサミカップ3
ESTREANTES DE JIU-JITSU 2004
コパ・パラエストラ・イーストジャパン2004(当時はパレストラ)
コパ・ドゥマウキモノス

この試合のレポートがまた面白い。

今は道場の代表をされてる先生方、レジェンドと呼ばれた選手の試合結果が載ってます!
面白いなと思うのは、

早川先生 vs 大賀先生
廣瀬先生 vs ヘナート・シウバ
北岡悟さん vs 遠山拓則さん(個人的に)
渡辺先生 vs 桑原先生
和道先生 vs アレッシャンドリ・オガワ

まだヘナートが試合に出れているのにびっくり!

怪我して試合できなくなってしまったんですよね。。。

他にも石川先生、時任さん、高谷さん、北出さん、丹先生、、、挙げればきりがないですね。

しかも結構みなさん色帯です。

そして青帯の青木真也さんのレポも!?

早稲田大学の道着で出場されてます。

パンナムに関しては小野瀬龍也さん(現 リバーサルジム川口リディプス代表)がパンナム茶帯ペナ(フェザー)級準優勝し、参戦日記を書いております。

当時から会場で食べるアサイーは気になる存在だったのが伺えますね。

冗談です、それだけではないですよ。

こんな感じだったんだーと、勝手な柔術歴史博物館状態。

文書で書き表せない自分がちょっと申し訳無いのですが、面白いです。

是非全冊読んでみたいなと思いました!

保存している方、持っている人いるでしょうか!?

もしあるなら是非読んで、一杯飲みながら語り合いたい一品です。


s2
内山裕規(CARPE DIEM)
柔術黒帯・千葉県出身。
パラエストラ千葉で柔術を始め、ミューズ柔術アカデミーのインストラクターを経て2018年にCARPE DIEM girlzの立ち上げと共にインストラクターに就任&移籍。
当ブログでは「Review Wednesday」を隔週で担当し、その他にもセミナーレポートやジム紹介など精力的に執筆中。
VHTS NINJA。
■CARPE DIEM girlzのサイトはコチラから!



00
『Jiu Jitsu NERD』のFacebookページはコチラから!



in
『Jiu Jitsu NERD』のinstagramはコチラから!



q
LINEオープンチャット「柔術あれこれ」開設中



bb
『Jiu Jitsu NERD』のTwitterはコチラから!



00
毎週配信のBJJニュース番組「BJJ-WAVE」はコチラから!



■試合動画やBJJ-WAVEなどの動画を配信しているYouTubeチャンネルはコチラから!



patch7
KinyaBJJ.com



btt
©Bull Terrier Fight Gear


2019年12月03日

【レポ】「台湾柔術オープン2019」

00
11/30(日)、台湾・台北の臺北市立南湖高中運動中心にて中華ブラジリアン柔術協会・CTBJJA主催「台湾柔術オープン2019」が開催された。

台北市内の学校の体育館を借りて行われた今大会はマット数4面で行われ、参加人数の増大により午前8時半からキッズ部門は開始するなど台湾の柔術シーンが盛り上がってる事が伺えた。

今回は日本からCARPEDIEMの小学2年生トップキッズ選手、伊藤剛太郎と細野維心が出場したのでキッズ部門に絞ってレポートする。


続きを読む

2019年12月02日

【結果】BULLTERRIER OPEN 2019:主な結果

bto2019
12/1(日)、静岡県浜松の浜松武道館で開催された螢爛鵐妊ネロ主催「BULLTERRIER OPEN 2019」の主な結果です。


続きを読む