English Portugues Japanese

2007年06月26日

サンパウロ州選手権大会「パウリスタ」結果

55ff5ef4.jpgFPJJ主催のサンパウロ州選手権大会、「パウリスタ」の主な黒帯の結果です。

なんと黒帯アダルトで日本にも多くの生徒を持つ往年の名選手、マルコ・バルボーサが出場し優勝しています!

バルボーサは現在37歳ですが、まだまだ元気!です。

素晴らしい活躍ですね!

黒帯レーヴィ級はシセロ・コスタとチアゴ・アウヴェスのバルボーサ門下生が優勝を分け合っています。

黒帯ペサド級では元TT柔術、現ナインナイン柔術で亀ガードの名手、エドゥアルド・テレスがキモノメーカー、ブーカンの社長、マチウス・コスタを降し優勝してます。

テレスは去年までブーカンのサポートを受けていましたが、現在はそのサポートから離れています。

マチウスはハイアンの生徒で最近、黒帯に昇格し、今大会では最も美しいテイクダウンをしたそうです。

黒帯ペサディシモ級ではホベルト・ゴドイとジョルジ・マカコが対戦しゴドイが優勝しています。

この両者は元々ゴドイ・マカコとしてアカデミーを共同経営していたパートナー同士でしたが喧嘩別れした因縁の間柄で、かつて「デサフィオ」というサンパウロのプロ柔術マッチで戦い、その時はマカコが勝っています。

今回はそのリヴェンジを果たしゴドイがポイント4-0で勝ちました。

サンパウロはリオに次ぐ柔術第2の都市として知られていますが、最近はマナウスの選手の活躍に影が薄くなっています。

サンパウロもバルボーサやブラザ、ハイアン、アリアンシなど名門アカデミーが数多くあるので頑張って欲しいですね。

大会のフォトギャラリーはこちら。

フォト1 フォト2

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 斎藤友恵   2007年06月27日 11:09
こんにちは、はじめまして。
突然のコメントですみません。ブラジリアン柔術のブログということでお邪魔させていただきました。
私は今大学の授業でブラジルについて調べているのですが、サッカー以外でポピュラーなスポーツは何かを調べていてブラジリアン柔術に出会いました。そして、この度調べた情報をもとに旅行のプランとパンフレット(実際には行きません)を作成するという課題が出されたため、現地で実際に体験できる場所もプランに入れたいと考えました。実際に体験出来る場所を自分なりには調べたのですが、なかなか見つからず、ブラジリアン柔術にについてのページを開設していらっしゃる方に聞いた方がよいと思い、メールさせていただきました。
もしも知っていらっしゃれば、返信いただけたら幸いです。よろしくお願いします。
では失礼します。


斎藤友恵

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔