English Portugues Japanese

2007年07月06日

インターナショナル・マスター&シニアの対戦組み合わせ

a98f6bf4.jpgインターナショナル・マスター&シニアの対戦組み合わせが発表されました。

日本から唯一参戦の黒帯、大賀選手は1回戦をシード、2回戦を勝てば3位確定の決勝戦進出になります。

他の主な出場選手です。

アリアンシの爛献賢瓩海肇▲譽奪轡礇鵐疋蝓Ε僖ぅ凜 ▲侫.咼・グージェウがシニア1で出場です。

ファビオは昨年も出場、階級別で優勝し無差別でも準優勝です。

昨年度の階級別&無差別の2冠王、ガブリエル・ウィルコックスがレーヴィからペナに階級を下げて出場です。

その所属がブラジリアン・ファイトという初めて聞く名前のアカデミーです。

昨年はBTTで出場してました。

なんででしょうか?

そのBTTからは昨年度も優勝しているペドロ・ドゥアルテが出場してます。

日本にも来日したことがあるバルボーサのシセロ・コスタもマスターのレーヴィ&無差別に出ます。

マルコ・バルボーサはパウリスタではアダルトのカテゴリーに出場し全試合タップアウトでブッちぎり優勝をして絶好調のままシニア1・ペナ&無差別に出場です。

ファビオ・グージェウもシニア1無差別にエントリーしてるのでファビオvsバルボーサの夢の対戦が実現するかも!?

バルボーサのアカデミーからは二宮亜紀子選手がマスター紫ペナ、NDS代表の野村選手がマスター茶レーヴィに出場です。

ブラザの代表的選手のホドリゴ・メデイロス爛灰鵐廛螢畢瓩皀泪好拭次シニア初参戦です。

かつて2000年のムンジアルで階級別で3位に甘んじるも無差別を制しアリアンシの黄金期を支えたコンプリドもマスターの年齢なんですね。

最近はあまりパッとしないコンプリドですが、パンナムでは久しぶりに優勝し復調の兆し。

まだまだアダルトでも頑張れるのでコンプリドには期待してます!

つおこないだまで来日していたデラヒーバのアカデミーからは女子のベテラン選手、マリア・ド・カルモが出場です。

マリアはムンジアルやパンナムなどの国際大会ではスタッフとしても働いています。
ウマイタからはオマー・サルーン、ジャイソン・マクヴィッカー、クレバー・ルシアーノ、メガトン&ルシアナ・ディアスが出場です。

そしてマスター&シニアの常連、マカコも例年通り出場です。

パウリスタにも出場しましたが、ゴドイに負けてしまったのでここは優勝したいところでしょう。

これもマスター&シニア初参戦となる亀ガードで有名なエドゥアルド・テレス。

通常はメイオペサードで出場してるのですが、今回は1階級上のペサードで出場です。

そして最後に懐かしい名前がありました。

バッハから出場のアジウソン・リマ。

この名前に反応するのは30代半ば以上の人でしょう!

かつてヴァーリトゥード黎明期に海外大会で活躍し、ヘンゾの弟子としてリングスに来日、ミーシャやヒュードロフらに勝利し、当時まだ柔術は「未知の格闘技」的な、今ほどポピュラーでない時代にその強さを強烈にアピールしました。

まだ頑張っていたんですね!

この大会の対戦組み合わせはここから見れます。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔