English Portugues Japanese

2007年07月21日

アンドレ・ガウヴァオン

1a1570cd.jpg少し前の話になりますが、ADCCのことを書きたいと思います。

今年のADCCで裏MVP的な活躍をしたのは間違いなくアンドレ・ガウヴァオンでしょう。

階級別と無差別級で3位に入賞し、無差別ではファブリシオ・ベウドゥムとカカレコを破る金星を挙げています。

結果もさることながらガウヴァオンは試合内容が素晴らしいです。

ガードでもトップでも常に攻めの姿勢を崩さずにサブミッションのチャンスを狙っており、観客の目を釘付けにしました。

TT時代からもテレレ譲りの多種多様なテクニックを見せ付けていましたが、ブラザ移籍後はそのテクニックに更なる磨きがかかったようで、その動きには華やかささえ感じられます。

ガウヴァオンは昨年のブラジレイロでマルセリーニョに2連敗を喫し、一念発起して指導者不在だったTTに見切りをつけて狹刑有瓮譽ジーニョ率いる常勝軍団、ブラザに移籍して打倒マルセリーニョを胸にムンジアルに挑みました。

しかしそのムンジアルでまたもマルセリーニョに惜敗し、いまだマルセリーニョ相手に全敗中。

このADCCでもマルセリーニョにリベンジのチャンスをうかがっていましたが、今大会では対戦は実現しませんでした。

そしてそのマルセリーニョは先日のDynamite!!!リサンゼルス大会のリング上で総合デビューを高らかに宣言!

その総合デビューの日時は9/17と噂されており、その日時が本当ならば今年のムンジアルは8月下旬の開催なのでマルセリーニョが出ることは日程的にないでしょう。

ガウヴァオンの執念ともいえるリベンジの舞台はいつになるのでしょうか?

この二人のライバルストーリーの続きはまさか総合で?なんてことになったら驚きですね。

今のところガウヴァオンの総合デビューの話は聞こえてませんが、多くの柔術家と同じように将来は総合進出も視野に入れている様子。

とりあえずガウヴァオンはあと一ヵ月後に迫ったムンジアルに照準を絞って頑張って欲しいです!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔