English Portugues Japanese

2007年07月28日

ムンジアル出場の日本人以外の注目選手紹介

5d5b7f75.jpg今回はムンジアル出場の日本人以外の選手を紹介したいと思います。

まず黒プルーマに出場のサムエル・ブラガ(バッハBH)選手。

この選手はアジアチコ王者&パンナム2冠王のホムロ・バハルと同じくドラクリーノの教え子でバッハのベロリゾンチ(Belo Horizonte)支部の選手です。

サムエルはムンジアルの黒ガロの2005年のチャンピオンで2006年は3位に入賞、コパドムンドでも準優勝しています。






☆サムエル・ブラガ選手はドゥマウGPに
ホミーニョと一緒に来日の予定でしたが
残念ながら流れてしまいました


今年からはプルーマに階級を上げて出場のようです。

そして同じく黒プルーマのカルロス爛┘好ジート瓮ランダ選手(クルービ・ピニャ)。

エスキジートはマナウスのオズワルド・アウヴェスの門下生でビビアーノの生徒でもあります。

昨年のムンジアルでは吉岡選手と戦い、膠着で両者失格で3位に入賞しましたが、2005年はビビアーノと一緒に決勝まで勝ち上がり同門のフレンドリーファイトの結果、準優勝でした。

またブラジレイロでも優勝経験があり、日本にも昨年のドゥマウ・インターナショナルに来日し、福住選手、大賀選手に勝利して黒プルーマで優勝しました。

今までは同じカテゴリーに同門のビビアーノがいたためムンジアルでの優勝経験がありませんでしたが、ビビアーノが不出場とされる今大会では念願のムンジアル制覇のチャンスかと思われます。



☆ムンジアル制覇なるか?
エスキジートは歯に歯列矯正器具がハメられてます!


しかし黒プルーマには吉岡選手、そしてその吉岡選手を降してパンナムを優勝したホビーニョもエントリーしてくると思われ、ムンジアル制覇は容易ではないでしょう。

そのエスキジートと同じくオズワルド・アウヴェス・アカデミーから出場するのはクラウディオ・カラザンスです。



☆昨年のコパドムンド黒レーヴィの表彰台。
左から2番目がムラウディオ・カラザンスざんす!


クラウディオはサンパウロのリーガ柔術の所属選手でアウヴェス門下生らしく柔道2段の腕前の持ち主。

そして昨年のコパドムンド・レーヴィ級のチャンピオンで、その大会でバッハのムンジアル2連覇中のセルソ爛札Ε掘璽縫膈瓮凜ニシウスに勝利して優勝しています。

難攻不落のセウシーニョのハーフガードを攻略したクラウディオはムンジアルの舞台でも大会3連覇を目論むセウシーニョに勝利することができるでしょうか?

最後に紹介する選手はブラジル人でもアメリカ人でもありません。

ムンジアルはその名の通り世界大会です。

柔術は今や世界中に広まっており、北欧もその例外ではありません。

北欧はフィンランドのヒルティ柔術から参戦のトニー・バックマンは茶メジオに出場します。



☆フィンランドのトニー・バックマンは茶メジオに出場


バックマンは昨年のムンジアルではクロン・グレイシーが出場し大きな話題となった紫メジオに出場し3位に入賞しています。

そのムンジアル後もブラジルに居残り、長期滞在してBTTで日夜練習に励みました。

その成果を今年のムンジアルで見せて欲しいですね。




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔