English Portugues Japanese

2007年09月23日

アンドレ・ガウヴァオン、ヴァンダレイ・チームに加入!

衝撃的なニュースが入ってきました。

あの牴童瓮▲鵐疋譟Εウヴァオンがヴァンダレイ・シウバのチームに加入し、柔術のコーチを務めることになったようです。

ヴァンダレイはUFC参戦を視野に入れて長らく在籍したブラジル・クリチーバのシュート・ボクセ本部からアメリカに移住し、自身のチームを作ったばかり。

そこでかねてから柔術の会場などで顔を合わせていたアンドレ・ガウヴァオンを誘い、今回の合流となったそうです。

ヴァンダレイは昨年のムンジアルの会場に来場し、当時、シュートボクセに在籍し柔術部門のコーチを務めていたニーノ・シェンブリの試合のセコンドに付きました。

そのニーノを準決勝で破ったのがこのアンドレ・ガウヴァオン(以下アンドレ)です。

総合ではあまりパッとした活躍がないままのニーノでしたがキモノを着るとさすがに強く、復帰初戦では軽々と一本を奪って往年の力を見せ付けていました。

しかしこのアンドレはそんなニーノをクロックチョークでタップを奪い鮮やかに快勝しました。

この試合はヴァンダレイも間近で見ていたので、アンドレの実力は認めていたのでしょう。

「ヴァンダレイはいつもナイスで大会で会うと励ましの言葉をくれるんだ。ムンジアル2006やサブミッションの大会などでね。今回、このようなチャンスをもらえたことを光栄に思うよ。これは私にとって大きなことでトップの一人であるヴァンダレイと過ごせるのは夢のようだ。私は自分の100%を費やしてヴァンダレイを助けることに専念すると約束するよ。私は自分の力をこの偉大なチームのために貢献したいです。」(アンドレ)

アンドレはムンジアル後は本格的に総合に進出することを宣言しており、すでに練習はUFCデビューが予定されているデミアン・マイアやレオジーニョらと合同でしているそうです。

ちなみにアンドレの兄弟であるカルロス・ガウヴァオンはすでに総合デビューをしています。

アンドレもこれで総合デビューへの道が現実的になってきましたね。

そうなるとアンドレはもう柔術には出ないのか?というとそうではないのでご心配なく。

「私が柔術から離れることは一生ないよ。私は柔術が好きなんだ……いや、愛してるよ!私の夢はムンジアルの無差別級のチャンピオンだ。今年はダメだったが来年またチャレンジするよ!ただこれからは今までのようにたくさんの試合には出れなくなるね。ムンジアルのような大きな試合に照準を絞って出るようになるだろう。」(ガウヴァオン)

柔術を愛している、と断言するアンドレ。

来年またムンジアルで彼の姿が見れるのを総合デビューと共に楽しみにしたいと思います!





ムンジアル2006の会場の隅でニーノに
マッサージを施すヴァンダレイ。



準決勝、アンドレがニーノにクロックチョークでタップを奪う。



ヒクソンの再来といわれた狹刑有瓮法璽里
一本で降したアンドレ。



しかし決勝戦ではマルセリーニョに破れ
準優勝に終わる。



今年のムンジアルでは準決勝で
かつて敗れたことがあるグットー・カンポス(スール柔術)
に勝利して決勝戦に進出。



そして同門のルーカス・レイチが
ムリーロ・サンタナ(ヤマサキ)に勝ったので決勝戦は
行わずに優勝をルーカスに譲った。



無差別級では昨年度の王者、シャンジに破れベスト8。



敗れた直後、レオに慰められるアンドレの目には
うっすらと涙がにじむ。



メジオ級表彰台。左から準優勝のアンドレ、
優勝のルーカス、3位のグットー・カンポス、ムリーロ・サンタナ。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔