English Portugues Japanese

2007年11月15日

「スーパーチャレンジ」続・続報!

3569c08b.jpg昨日はシャンジ・ヒベイロの出場決定をお伝えしましたが、今日も新たな出場決定選手がわかりましたのでお知らせします。

その選手とはハファエル・ロバトです。

ハファエルはサウロ&シャンジの元で柔術を学び、アメリカ人として最も若くして黒帯を取得した選手。

そしてアメリカ人として初めてブラジレイロを優勝した選手としても知られています。

さらに今年のムンジアルのペサディシモ級決勝戦でルイス・セオドロ爛咼奪マック瓠淵乾疋ぁ砲鬟譽侫Д蝓屡縦蠅嚢澆掘2000年のBJペン以来、実に7年ぶりとなるブラジル人以外の黒帯柔術世界王者になりました。

グラップリングでも実績があり、グラップラーズ・クエストのノーギ・プロ部門で優勝、L.A.Sub Xに出場(Lyotoに負け)、ADCC北米予選3位、X-Missionに出場(ホベルト・カマルゴに判定勝ち)、そして今大会のルール・ディレクターを務めるヒクソン・グレイシーが主催した「ブドーチャレンジ」にも出場、故・小斎選手に反則勝ちし優勝しています。

このように柔術&グラップリングの実績は十分のハファエル・ロバト、今大会には師であるシャンジ・ヒベイロも出場するので、また活躍が期待されます。

また、一度は出場決定とのニュースが出たマルセロ・ガルシアは出場メンバーから名前が消えています。

予想の域を出ないのですが、マルセリーニョは大晦日の「Dymamite!!!」出場が内定し今大会の出場を辞退、その代わりの選手として同じアリアンシからタルシス・フンフェリーが出場メンバーに選ばれたのではないかと思います。

現在、出場が決定している選手は以下の通り。

ブラジル人枠
シャンジ・ヒベイロ(サウロ/ウマイタ)
ホジャー・グレイシー(バッハ)
デウソン・エレノ爛撻献轡絅鵐椨瓠淵丱奪蓮
フラビオ・アルメイダ(バッハ・アメリカ)
デミアン・マイア(ブラザ)
ホナウド・ジャカレ(ブラザ/ASLE)
ファブリシオ・ヴェウドゥム(シュートボクセ/ベーリンギ)
タルシス・フンフェリー(アリアンシ)


外国人枠
ホベルチ・ドリスデール(ブラザ)
ジェフ・モンソン(ATT)
デヴィッド・アヴェラン(マイアミ・フリースタイル・ファイティング・アカデミー)
ハファエル・ロバト(サウロ)
山下志功(パラエストラ)
遠藤亮太郎(Aスクエア)

すでにブラジル人枠は8名で埋まり、外国人枠があと2名です。

ここには誰が入るのでしょうか?

また続報が入り次第、お知らせします!

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔