English Portugues Japanese

2007年11月17日

12/2開催・DEEP-X 02、全対戦カード決定!

e737fe41.gif12/2に新宿FACEで開催される「BULL TERRIER Presents DEEP-X 02」の全対戦カードが発表されました。

昨日、新たに発表されたのは、

ブルーノ・フラザト(ゴドイ柔術)VSバレット・ヨシダ(SDアンディスピューテッドジム)

マウリシオ・ソウザ(ボンサイ柔術)VS山崎剛(グラバカ)

合庭未記(リバーサルジム)VS石岡沙織(禅道会)

水野真斗(AACC)VS
ルーカス・ユサ(ホシャ柔術)

長谷川匡紀(公武堂)VS千島広明(BCG&マッハ道場)

以上の5カード。

中でも注目はブルニーニョとバレットのグラップリング・最強外国人決定戦ともいうべき試合です。

この両者はもちろん初対決で、共に寝技世界一決定戦として名高いアブダビ・コンバットの本戦に出場しました。

バレットは-66kg級ながら無差別級にも出場し、アンドレ・ガウヴァオンに敗れましたがその試合でも一本は極めさせずに巧みなガードワークで翻弄しました。

そして実績として光るのはZSTのグラップリングトーナメント優勝です。

バレットは2006年5月に開催されたZST・第2回フェザー級グラップリングトーナメント『GT-F2』決勝戦で今や最強の柔術世界王者として君臨するコブリンヤに判定で勝って優勝しました。

ブルニーニョは「本戦よりも過酷」とも言われ、あのコブリンヤでさえ入賞すらできなかったアブダビ・ブラジル予選の優勝者で「柔術の強豪は裸でも強い」を実証し、本戦でもハニに腕十字を極めかけるなど高い攻撃力を垣間見せました。

そして今年のムンジアルでは順調に勝ち進むも準々決勝戦でコブリンヤに判定負け、3位入賞に終わっています。

コブリンヤは今年のムンジアルでも極めまくり、決勝戦でもあの犖義帖柔術統一世界王者瓮泪螢・ヘイスから一本勝ちするという快挙を成し遂げ優勝しましたが、唯一極めれなかったのがこのブルニーニョです。

コブリンヤに勝ったバレットとコブリンヤが勝てなかったトーナメント優勝者のブルニーニョ。

これらをこじつけするのは少々強引ですが、それを抜きにしても非常に興味を引くカードであるのは間違いありません。

ぜひこのグラップリング版・最強外国人決定戦をその目で見て下さい!

バレットのテクニカルなガードワークからの必殺の三角絞めとブルニーニョの華麗なスイープ&パスが交錯するワールドクラスのテクニック合戦が繰り広がられることでしょう!

この一戦が実現するだけでも今大会に行く価値は十分にあります!

その他の注目カードの見所は追って紹介したいと思います!

『BULL TERRIER Presents DEEP X 02』

2007年12月2日(日)
東京・新宿FACE
開場 13:00 
第一部13:30 開始 
第二部17:00 開始

全対戦カード

長谷川秀彦(SKアブソリュート)VSルーカス・レプリ(アリアンシ柔術)

ブルーノ・フラザト(ゴドイ柔術)VSバレット・ヨシダ(SDアンディスピューテッドジム)

マウリシオ爛瀬き瓮愁Ε供淵椒鵐汽そ製僉VS山崎剛(グラバカ)

マルコス“マルキーニョス”ソウザ(ボンサイ柔術)VSIRO関(フリー)

合庭未記(リバーサルジム)VS石岡沙織(禅道会)

闘牛・空(フリー・女子プロレス)VS松本洋平(サムライTV)

水野真斗(AACC)VS ルーカス・ユサ(ホシャ柔術)

長谷川匡紀(公武堂)VS千島広明(BCG&マッハ道場)

第1試合〜第4試合は第一部にて開催のフューチャーキングトーナメントの決勝戦

前回大会同様、チケット完売が予想される今大会のチケット購入はこちらから。




バレットと対戦するブルニーニョことブルーノ・フラザト。
前回のDEEP-Xでは今成正和選手を完封し判定勝利している。

ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔