English Portugues Japanese

2008年04月03日

黒ペナ・関口選手の試合詳細

今回のパンナム、黒帯で最大の注目カテゴリーはペナ級です。

日本から関口選手と佐々選手が出場し、最強のペナ級選手・コブリンヤに日本でもおなじみのムンジアル入賞の常連、ブルーノ・フラザトがエントリー。

さらにアメリカ人黒帯のデヴィッド・ジェイコブズにヘンゾの黒帯、ダニエル・ロット爛曄璽團離Ν瓠▲屮薀供Ε灰僖バーナ支部の元インストラクター、ホドリゴ・ハニエリらも出場しました。

まさに強豪だらけとなったアダルト黒ペナ、まずは関口選手の試合を紹介します。

関口選手の1回戦はデヴィッド・ジェイコブズ(ヤマサキアカデミー)です。

このデヴィッドとは茶帯時代に対戦し、コムロックで一本勝ちしています。




過去に対戦経験のあるデヴィッドとの1回戦。
引き込んで攻めるのはいつも通り。




ガードを割るのに立ち上がったデヴィッド。
軽々と関口選手を持ち上げました。
小柄な選手ですがアメリカ人らしく力が強い選手です。



相手がワキを差してきたところへ三角絞めからのコムロック。
これが極まって5'00"、一本勝ち!




これでデヴィッドに対して2連勝の関口選手。
得意技でスッキリと一本勝ちし2回戦進出を決めました。


2回戦は1回戦シードの世界王者、コブリンヤ。

コブリンヤは柔術の試合で2006年のコパドムンドから現在まで負けなしで連勝記録を伸ばしています。

まさに最強のペナ級選手の強豪です!



先に引き込んだのはコブリンヤ。
「セキグチの前の試合を見て先に引き込もうと決めていた」(コブリンヤ)




コブリンヤがガードポジションにいたのはほんの数秒で
すぐにスイープに成功しました。




私服をカルバン・クラインでキメていたコブリンヤは
アンダーウェアもカルバン・クライン!




スイープしてからは軽快に動きつつパスをしかけ続けます。
抑えこむタイプのパスではないので見ていてもまったく退屈しません。




そして遂にパスに成功したコブリンヤ。
とりあえずはポイントを取るために抑えこみます。




そこから自分のラペラを使ったラペラチョーク!
関口選手はタップするしかありませんでした。
4'34"、ラペラチョークで一本負けです。




コブリンヤは初戦を突破し準決勝に進出。
関口選手はベスト8に終わりました。


コブリンヤの準決勝戦はメガトンを2回のスイープで降したホドリゴ・ハニエリ。

ハニエリはコパドムンドのプルーマ級王者です。

ですが、ハニエリをまったく問題にせずあっさりと一本勝ち。

コブリンヤ、強すぎです!



8'15"、腕十字でを極めたコブリンヤが
2連続の一本勝ちで決勝戦に進出です!


コブリンヤに敗れたハニエリ。

試合後に話すと

「コブリンヤ強いし早い。

でもムンジアルでリヴェンジするよ!

それよりあそこにヒクソンいるからちょっと呼んでよ!」

と言われ、少し離れたとこにいた、クロンの決勝戦の試合を緊張の面持ちで待つヒクソンを呼ぶと、

「おおヒクソン。一緒に写真撮って。」

と。

用事はそれかよ!と思いつつ、カメラは?と聞くと

「それ(オレのカメラ!)で撮って。そしてメアド教えるから後で送って。」

だと!

さすがブラジリアン、マイペースです!

しょうがないから撮ってやりましたよ。

それがこの写真。



ハニエリ&ヒクソン。
ヒクソンもクロンの大事な試合の前にわざわざ来てくれていい人です!


でも教えられたメアドにメールしてみると、間違えて書いたのか戻ってきちゃいました。

誰かハニエリのメアドを知ってたら教えて下さい!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔