English Portugues Japanese

2008年04月03日

黒ペナ・佐々選手1回戦

黒ペナのもう一人の日本人、佐々選手の試合は1回戦から強豪のダニエル・ロット爛曄璽團離Ν瓩箸任后

ホーピノウはノーギ・ワールズであのジェフ・モンソンをスイープし唯一、失点させた選手で、今回はペナ級に出場するにあたり実に8kgもの減量をしてきており気合十分。

試合の前日は「全員サブミットするから見てろよ!」と豪語してました!




試合はホーピノウが引き込んで始まりました。
ホーピノウはガード主体の選手で足がよく利き、
ガードからのスイープもサブミッションも得意にしています。
この画像でも足が大きく開いており股関節の柔軟さがわかります。




でも佐々選手はあっさりとパスに成功。
「簡単にパスできました〜」(佐々)




そこからはポジションを次々に奪っていき佐々選手の独壇場。
バック、パス、ニーベリで追い込みます。




ホーピノウはバックから振り落とすのが精一杯。




でもまたあっさりとスイープされ
苦し紛れにフットチョークを繰り出すも不発。




佐々選手もポジショニングで圧倒しながらも極めるまでにはいたりません。
そこはホーピノウのヘンゾの黒帯の意地でしょうか。




最後は足関節の攻防で試合は終了。
結局ホーピノウはいいとこなしでした。





苦戦が予想された佐々選手の初戦は
終わってみればポイント15-0で完勝でした!


佐々選手は準決勝でブルニーニョと戦います。

ブルニーニョは初戦を一本で勝利して勝ち上がっています!




腕十字で一本勝ちのブルニーニョ。



この両者、2006年のムンジアル準々決勝戦で対戦しており、そのときはブルニーニョが勝利しています。

今回の2年ぶりの再戦はどうなるでしょうか?!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔