English Portugues Japanese

2008年05月17日

大内テクニック:腕十字のクラッチの切り方

意外と好評だった大内さんのテクニック紹介、今回もちょっとしたテクニックを紹介したいと思います。

このテクニックはブラジルのデラヒーバ・アカデミーで「腕十字職人」として知られるルイス・ビンセンチ・ジュニオールに教わったという「腕十字の腕のクラッチの切り方」です。

腕十字の体勢になっても相手が腕を抱えるようにしてると腕を取ることができませんよね。

その場合はこのようにやると腕十字が取れます!

では大内さんの実演によるまた聞きテクニック紹介です!




腕十字の体勢になってもこのように腕を抱えられると
なかなか腕を取れません。




その場合、腕のヒジの横部分から手のひらを
入れていきます。




そしてヒジ〜上腕部分を引き付けながら
しっかりつかみます




片方の手のひらを相手の胸に当てて
体重をかけながら体を跨いで




反対側に回り込みます




手のひらの置き方の向きに注意して下さい




胸から手を抜いて




腕十字を極めます




ポイント
ヒジに横部分から手のひらを差し込むように
手を入れていきます




ポイント
手を入れることができたらしっかりとヒジ〜上腕部分を
抱えて引き付けます




ポイント
胸に手のひらを置くときはこの向きに。




そうすれば反対側に回ったときに腕を回しやすくなります。


どうだったでしょうか?

胸に手を置くときの向きと手の差し込み方がポイントですね!




この方法を教えてくれたデラヒーバの黒帯であるルイス・ビンセンチ。
黒プルーマでムンジアル3位になったことがある強豪選手です!



このルイスはムンジアルやパンナムではたびたび日本人選手と戦っています。

ペナ時代は渡辺孝選手と、プルーマに階級を落とした2005年に3位入賞し、2006年は吉岡大選手に、2007年はパンナムで柳沢友也選手に敗れています。

現在はブラジルとマイアミを行き来しながら指導をしているそうで「タイミングが合えばムンジアルに出る!そして日本にデラヒーバと一緒に行きたい!」とメールが来ました。
ルイスの来日は叶うでしょうか?

次回の大内さん・また聞きテクニックは「いま一番信頼できる技!」と断言する「潜りスイープ」を紹介したいと思います!

でもいつ紹介できるかは未定!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ステーキもぐもぐ   2008年05月17日 17:12
5 すご〜い!大変勉強になりました!以前このブログにも書き込みしたのですが、自分は腕十字固めがちょっと苦手なんですけど、面白いですね〜!こんなクラッチの外しかたがあるなんて!惜しみもなく教えて下さってありがとうございます!次回は自分が常々望んだもぐりスィープの回が実現するんですね!いつになるかわからなくても、自分は待ちつづけます!大内選手、ジュニオール選手ありがとうございました!そして、記者さんにも!
2. Posted by ブラジルブログ   2008年05月17日 23:17
大内選手のもぐりスイープ、近いうちに必ず紹介します!
大内さんも快諾してくれてますので!
期待していて下さい!
3. Posted by とやまん   2008年05月19日 17:28
大内さんのヤバイ目が素敵です。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔