English Portugues Japanese

2008年06月06日

黒メジオ・見所

ついに黒帯昇格を果たしたクロン・グレイシーが出場する黒メジオ。

例年ならばこの階級にはアンドレ・ガウヴァオンが出場していたのですが、今年から1階級上げてメイオペサードに行ってしまったので楽しみだったガウヴァオンとの対戦は無し。

残念!

ですが、ガウヴァオン以外にも多くの強豪選手がエントリーしてるので紹介したいと思います。




クロン・グレイシー(ヒクソン・グレイシー柔術センター)

もはや説明不要のヒクソンの次男、クロン。

満を持しての黒帯デビューを果たします。

黒帯デビューですが、それでも優勝の本命、と言いたくなるほどその実力は飛びぬけたものを持っています。

ただいま連続一本勝ち記録を更新中で黒帯でもそれを更新し続けることができるかにも注目したいと思います!




オタービオ・ソウザ(バッハ)

オタービオはクロンの茶帯時代の好敵手で昨年のパンナムとムンジアルで2度に渡ってクロンと戦いましたが、2度とも一本負けしています。

ですが、クロンに負けるまでは全試合を一本で勝ち上がっており、昨年のムンジアル・茶アブソは全試合一本で優勝しており(決勝戦のvsビル・クーパー戦のみビルの下着不着用で反則負け)、強豪なのは間違いありません。

今年のヨーロピアン、パンナム、ブラジレイロで3大会連続の準優勝で黒帯1年生としては上出来な戦績を残しています。




ビル・クーパー(アリアンシ)

言わずと知れた、ジェフ・グローバーと並ぶパラゴン柔術のエースです。

ビルも昨年の昨年のムンジアルに出場していて無差別は前述したとおり反則負けで準優勝、階級別は初戦敗退に終わっています。

が、まだ若いビルだけにこの1年で大きく成長していると思われ、「男子3日会わずば割目して見よ」との言葉通りその活躍を期待しています。




グレゴー・グレイシー(バッハ・アメリカ)

伝説のグレイシー、ホーリスの3男であるグレゴーはMMAでも活躍しながら柔術にも出場しています。

今、グレイシー姓を持つ選手が柔術の試合に出場しているのは黒帯ではホジャー、キーラとこのグレゴーのみなので、グレイシー復権のために頑張って欲しいですね。
ちなみに昨年のムンジアルではムリーロ・サンタナの腕十字でタップ負けという結果に終わっています。


・アラン・ド・ナシメント爛侫ホ瓠淵屮薀供

テレレと同じくファベイラ出身のフィホは色帯時代からその風貌、アグレッシヴなファイトスタイルからテレレ2世の呼び声も高く、また実績もあります。

今年のヨーロピアンではヴィトー・エスティマ、オタービオ・ソウザとバッハが誇るメジオの主要選手を降して優勝を果たしています。

またブラジレイロでもオタービオ・ソウザを再び降し優勝しており、今もっとも勢いのある選手と言ってもいいでしょう。

現在、テレレがほぼ隠居生活をしているので、このフィホにはかつてのテレレの活躍を再現してもらいたいと思います!

個人的にはこのフィホがクロンの最大のライバルになるだろう、と予想します。




チアゴ・アウヴェス(バルボーサ)

チアゴはナチュラルなアフロヘアーのボンバヘッドが印象的なバルボーサの黒帯選手です。

昨年まではレーヴィ級で出場していましたが今年からメジオに階級アップして出場です。

チアゴは柔道ベースの強力なテイクダウンを武器に数々の強豪から勝利を収めてきました。

昨年のパンナムでレーヴィ級で出場していたマリオ・ヘイスからブラボーチョークで一本勝ちした試合や、2006年のコパドムンドで早川光由選手からもブラボーチョークで一本勝ちしており、紫帯時代には鶴屋浩選手からも時計絞めで一本勝ちするなど、絞め技にもキラリと光るものがあります。

また親日家でもありカタコトの日本語を話すチアゴ、初のメジオ級挑戦にどこまでいけるか注目したいと思います。




時任琢磨(PUREBRED)

メジオ級唯一の日本人選手、トキッタ。

PUREBREDからチャリで3分のとこに引越して、練習漬けの毎日を過ごしてこのムンジアルに備えてきたトキッタは気合十分です。

2年ぶりのムンジアル、また黒帯初試合ですが、今までで一番コンディションがいい、とのことので、ここは大物食いの活躍を期待したいと思います。

「クロンも得意のホレッタで転がしてやりますよ!」と強気のコメントを残してくれました!




グスタヴォ・カンポス(ヒクソン・グレイシー柔術センター)

元スール柔術〜BTT〜ヒクソン、と所属が毎年のように変わっているグスタヴォ・カンポスですが、メジオ時代のアンドレ・ガウヴァオンとは1勝1敗という戦績を残しています。

また今年のパンナムではオタービオ・ソウザに勝利し初優勝を果たしメジャータイトルを手にしました。

これまでは万年3位で地味な印象が拭えませんでしたが、この優勝で一気に名を挙げ、またクロンのよき練習パートナーということでその存在がにわかにクローズアップされています。




ヴィトー・エスティマ(バッハ)

ホジャーの盟友、ブラウリオの実弟であるヴィトーは立ってよし寝てよしのオールラウンドな選手。

茶帯時代は足関節技を得意にしており、アンクルでタップを奪いまくっていたのを覚えています。

ヨーロピアンではフィホと戦い、一度は得意技のアンクルでタップ寸前までいくも、場外に逃げられ、その後不可解な負けを宣告されましたが、それに抗議することもなく紳士的に握手をしてマットを降りるというナイスガイ。

この試合を見ていたある選手は「ヴィトーの紳士的な態度を見て一気にファンになった!」と言っていました。




マイク・フォウラー(ロイド・アーヴィン)

世界中の大会に出まくっているマイク・フォウラーは昨年の全日本オープンで来日、そこで杉江アマゾン選手と戦っています。(3-0で判定負け)

現在はグアムに生活の拠点を置いています。




カルロス・アレハンドロ爛汽僖ン瓠淵丱奪蓮Ε屮薀供璽后

ポルトガル語で殿様ガエルという意味のサパオンというニックネームを持つアレハンドロは頭に大きなタトゥーを入れている柔術界のバンバン・ビガロ。

気性も荒く、かつて大会会場でケンカ寸前のサパオンを見たことがあります。

普段はフレンドリーですが、怒らせると怖そうな選手です。




ルーカス・レイチ(ブラザ)

眉毛つながりのルーカス・レイチはユーモラスな見た目と裏腹になかなかの実力派。

レオジーニョの愛弟子のルーカスは猫背&落ち着きの無い性格でとても強そうな感じはしないのですが、これまで多くの大会で入賞してきました。

また流暢に英語を話すのも意外です。

実家がお金持ちとの噂もあり、頻繁にアメリカとブラジルを行き来しています。


自分の予想は優勝の本命はクロン、対抗でフィホ、穴でルーカス・レイチ、です!




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト






トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔