English Portugues Japanese

2008年06月06日

メイオペサド・見所

メジオから階級を上げてきたガウヴァオンが参戦することで俄然注目度が高まったメイオペサド級。

やはり最大の注目はガウヴァオンがパンナムに続き連続優勝なるか?に尽きます。

ですが、パンナムには出場していなかった強豪選手が多数エントリーしているので紹介したいと思います。





アンドレ・ガウヴァオン(ブラザ)
メイオペサド・優勝候補はこのガウヴァオンであることに間違いありません。
パンナムでメイオペサドに階級を上げましたが、階級別&無差別と危なげなく勝利して2階級制覇し、コパ香港、ヒクソン杯と連続優勝中。
その強さは今さら説明は不要でしょう。
昨年のムンジアルでもメジオ級で同門のルーカス・レイチと優勝を分け合っています。




ブラウリオ・エスティマ(バッハ)
優勝候補筆頭がガウヴァオンなら対抗はズバリ、このブラウリオを推したいと思います。
ブラウリオは昨年はヒザの怪我で昨年を棒に振りましたが、このムンジアルで試合に復帰します。
無差別の試合でシャンジから2度も勝利したこともあり、その多彩なテクニックは定評がある選手です。
ブラウリオもホジャーと同じくイギリス在住で、ホジャーのよき練習パートナーでもあります。




マルセロ・ロウザド(ブラザ)
このマルセロは今はブラザ所属ですが元々はゴドイ柔術でマルセロの黒帯はホベルト・ゴドイから授けられたものです。
現在はこのロスでアカデミーを開いています。
昨年のノーギ・ワールズではこの階級に出場し、決勝戦では総合で5勝1敗というハウフの黒帯、ルーク・スチュワートに勝利して優勝しています。
おっさんぽく見えますが、こう見えてもまだ20代です!




ハファエル・コヘイア爛乾襯検璽縫膈瓠淵悒鵐勝
このゴルジーニョはバッハの黒帯で現在日本に戦極に参戦するペジパノのセコンドで来日中のハーフガードで有名なホベルト・コヘイア爛乾襯畢瓩亮堕錣任后
だから爛乾襯畢瓩両さい版のニックネーム爛乾襯検璽縫膈瓩覆里任后
兄貴と同じくハーフガードが得意なのかどうかはわかりませんが、ADCCでショボい試合をしてたのは覚えています。
いつのまにか出てきて、アレ?と気づいたときにはもう負けてました。
それがこの画像です。
でも一応、選手としての実績もあって2000年のパンナムではあのマルガリータと黒帯メイオペサード級・決勝戦で戦い準優勝、という結果が残っています。
なにげにゴルジーニョの試合を見れるのは楽しみです!
ゴルジーニョ、詳しくはコチラから!




遠山拓則(パラエストラ)
日本から参戦の遠山選手は過去に黒帯でパンナムとムンジアルに出場していますが、その2度とも1回戦で前述したルーク・スチュワートに敗れるという結果に終わっています。
色帯時代はいまやアリアンシの若きエースであるタルシス・フンフェリーと好勝負を繰り広げていただけに、今回のムンジアルでは奮起して欲しいと思います。
遠山選手は1回戦で今年のブラジレイロ王者、エドゥアルド・サントロと戦います。
こりゃいきなり1回戦が山場ですね!


★ムンジアル予想のアンケートはコチラから!★




グレイシーマガジン最新号・#134
ご購入はこちら
数量:







★新発売!★
DEEPーX02&DEEP−Xリアルキング・トーナメント
DVD2枚組 5,990円 (税込)
ご購入はこちら
数量:






ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔