English Portugues Japanese

2008年06月08日

黒レーヴィ、杉江アマゾン

2年前は初戦敗退、昨年はベスト8とムンジアルに参戦するたびに着実に結果を残してきている杉江アマゾン大輔選手(アライブ)

師である鈴木代表と2人3脚でムンジアル制覇の悲願達成の夢を追い続けている。

今年のアマゾンは絶好調で初戦からエンジン全開。

ガードポジションからオモプラッタ、そしてあっさりと絞めで一本を奪い、続く2回戦も有無をいわさない迫力の腕十字を極めて2試合連続の一本勝ちでやすやすと明日の準々決勝戦進出を決めた。

最近のアマゾンは大会にエントリーするも対戦相手の不在で試合のチャンスに恵まれなかったが、その鬱憤を晴らすかのような爆発力をムンジアルの大舞台で見せてスッキリと快勝、頂はもうすぐそこに見えてきた。





ガード〜オモ〜絞めの連携で一本勝ち!





まずは初戦を突破!





2回戦、トップゲームも落ち着いた試合運びで危ない場面はまったくない。





パスから一気に腕十字を極めて2連続一本勝ちで明日の準決勝戦進出を決めた!





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔