English Portugues Japanese

2008年10月03日

「アジア選手権2008」の出場申し込み開始

18d4c84a.jpgBJJFJのサイトから11/29&30に開催されるアジアチコの出場申し込み受付が開始されています。

アジアチコは日本で開催される大会ですがBJJFJ主催ではなくIBJJF、国際ブラジリアン柔術連盟主催の国際大会です。

このアジアチコは現在、2年に1度の開催となっており、2006年に開催された第1回大会ではキーラ・グレイシーの日本初試合が実現したり、世界的強豪のホムロ・バハルの来日や現グレイシーバッハ・サンタアナ代表を務めるウルピアノ・マラチアス、ムンジアル3位入賞のセオドロ・カナル(UGF)、プルーマ級の強豪、ホベルト・マツモト(デラヒーバ)ら多くのブラジル人選手がアジアチコで試合をし、日本最大規模の大会となりました。

今年開催の第2回大会では早くも海外勢から多くの参戦表明があるようです。

まずメガトン・ディアス&ジャック・マクヴィッカーのウマイタチーム、彼らはムンジアルで会ったときに「アジアチコに行くよ!」と言っていました。

メガトンは過去に植松選手、佐々選手、和道選手に勝利したことがある狷本人キラー瓩妊献礇奪・マクヴィッカーは大内選手(とソッカ)に2度、勝利しています。

☆メガトンの試合の様子はコチラから!

☆ジャック・マクヴィッカーの試合の様子はコチラから!


またDREAMでジャカレのセコンドとして来日したロバート・ドライスデールもアジアチコ出場を検討中です。

ロバート・ドライスデールはコチラから!


自身の総合デビュー戦が終わらないと決断できない、としながらもアジアチコ出場には意欲的です。

そしてノーギ・ワールズ&アメリカン・ナショナルでマスター黒ペナ優勝の古豪、バレット・ヨシダも来日の予定があるそうです。

そのバレットの盟友、アンディ・ウォンも香港にある自身のチームを率いての来日を予定しているといいます。

アジアで日本の次に柔術が盛んな国、韓国からもイ・スンジェ、ナム・サンウォンの両氏が生徒と共にアジアチコ出場予定。

このように前回以上の規模で海外勢が大挙して参戦が実現する、豪華な大会となるでしょう。

日本にいながらにしてパン、ヨーロピアン、ムンジアルのような大規模な国際大会に出場、試合できるのはまたとないチャンスですね。

ぜひ一人でも多くの選手に出場して欲しいと思います!


アジア選手権2008

日時:11月29&30日(土&日曜)

会場:東京武道館(東京都足立区綾瀬)

参加費と締め切り:10月23日(木)までに申込みと入金完了の場合は¥8000
11月13日(木)までに申込みと入金完了の場合¥10000

★今大会には記念Tシャツが出場者に配布されます。

★参加費は申し込み時期によって変わります。

★最終締め切り日:11月13日(木)必着

☆詳しくはコチラから!


ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔