English Portugues Japanese

2009年01月13日

佐々テクニック本&DVDの撮影の模様紹介!

今日はコチラでも少し紹介した佐々テクニック本&DVDの撮影がどんな感じで進んでいったかをお見せします。

今回の佐々本は来月下旬に柔術魂&サブミッション魂の発行先である晋遊舎から発売予定です。

この本は2冊発刊予定で共にDVD付きで発売となり、1冊はトッポポジション編、もう1冊はボトムポジション編になっていて、トップポジションにはパスガードなど上から攻めるテクニックが、ボトムはガードポジションからのスイープや極めが中心となっています。

2冊に共通しているのは、常に「攻め」を意識したテクニックが収録されているということです。

これは佐々選手の柔術理念である「最初から最後まで攻め続けて勝つ」というものに沿って作られているからです。

佐々選手自ら言う「超・攻撃的柔術」の一端が濃縮されて収録されていますので、期待して下さい!

では撮影時の模様の紹介です!

この日の撮影開始予定時間は10:30からで集合時間はその30分前の10時。

ですが佐々選手は持ち前のブラジリアンタイムを発揮して撮影開始時間ぐらいに到着、実際に撮影が開始されたのはその45分後でした…。




撮影開始前の元気な5人!
左から自分、受けての林くん、佐々選手、カメラマンの小嶋さん、荒木くん。




これが佐々選手作成のテクニックリスト。
1冊につき90前後のテクニックを収録予定!
これを1日で撮影視してしまおうとするんだから大変です!




パソコンが苦手な佐々選手が作ったリストには所々に間違いが。
これは「を」が打てなくて「お」のままで「緩めて」もひらがな。
「を」はwoと打つ、なんていまや小学生でも知ってるでしょ!
「パソコンなんてできなくても柔術ができればいいんですよ!」とは佐々選手の弁。




撮影現場は会社内の会議室の1部屋を改造してマットを敷いて行いました。
祝日での撮影とはいえバイクや車の騒音でたびたび撮影は中断…。




ライティングやモニター、マイクなども設置して一見するとスタジオのように見えなくもない。
安っぽいけど!




動きは一級品なのに技の名前や説明の言い回しに苦戦しました。
ちょっとでも長くなると「覚えられない…」とフリーズ。
しまいにはカンペを貼ってそれを読む、という最終手段まで。




撮影した画像のチェック。
これは表紙用の写真のセレクト中の様子。




微妙に曲がってる佐々選手の鼻も…




ちょちょっ!と修正してこの通り。
鼻筋がピシッ!と直されました!
さすがデジタルは何でもありですね〜。




撮影も数時間が経過するとお疲れモードに。
だんだんとしゃべりのミスが目立つようになります。
でも技の実演の質は落ちないとこはさすが!
これは日々の打ち込みの賜物でしょう。




撮影時間12時間経過。
みんなぐったり。
カメラマンを牛丼をかきこみ佐々選手は一服中。




夜食の後にラストスパート!
終電のタイムリミットで撮影修了となりましたが、今日だけで実に9ものテクニックの動画を収録。
撮影できなかった画像はまた後日撮影ということでお開きとなりました。
お疲れ様でした!


★この佐々本&DVDの詳細はわかり次第このブログでも紹介しますのでお楽しみに!


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔