English Portugues Japanese

2009年03月30日

アダルト黒アブソルート・準決勝 ホミーニョvsネト

決勝戦進出を賭けた準決勝戦も世界王者経験者のトップ選手の潰し合いになりました。

ホミーニョがバッハ、ネトはゴルド柔術所属で出場していますがゴルド柔術もバッハの一支部なのでほぼ同門選手と言っていいでしょう。

かつては同門の選手同士の対戦はご法度とされ、フレンドリーマッチといわれるスパーリングのような試合が横行していましたが、それも今は昔の話。

ホミーニョやネトのような新世代の選手にはフレンドリーマッチなんて考えられないでしょうね。



アダルト黒アブソ準決勝
ホムロ・バハル爛曠漾璽縫膈瓠丙検Ε哀譽ぅ掘璽丱奪蓮
vs
アンロニオ・ブラガ・ネト(ゴルド柔術)




ハーフガードで有名なゴルドの弟子、ネトのハーフを警戒したかホミーニョが引き込みました。




試合は10分間に渡りホミーニョのスイープ、ネトのパスの攻防に終始するも互いにノーポイント、ノーアドバンテージでレフェリー判定に。




この僅差の試合はネトが勝利、決勝戦進出を果たしました!





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔