English Portugues Japanese

2009年03月31日

パン選手権2009:黒プルーマ決勝戦

昨年のムンジアルで茶プルーマを優勝した松本義彦選手(パラエストラ川越)。

その後、アジアチコに出場し準優勝に終わるも黒帯に昇格を果たしました。

そして今大会で黒帯デビュー戦を行い、1回戦こそポイント勝利でしたが、2回戦で黒帯世界王者のカイオ・テハから裸絞めで一本勝利し続く準決勝も腕十字で秒殺勝利して危なげなく決勝戦に進出しました。

決勝戦の対戦相手はバッハの黒帯、ハファエル・フレイタス爛丱薀伸瓩任后

このバラタとはポルトガル語でゴキブリというなんとも奇妙なニックネームの持ち主ですが、ノーギパンナム、ノーギワールズで準優勝という実績がある選手です。



黒帯デビュー戦でパン選手権決勝戦に進出した松本義彦選手。
試合前はマットに寝転びリラックス。




この選手がハファエル・フレイタス爛丱薀伸瓠
とても人懐っこくて顔見知りがいると必ず寄ってきて話しかけてきます。
ただ1日に何回も「イエー、ハワユー?マイフレンド!」と声をかけてくるのは勘弁してよ!って感じですが。



試合開始直後に引き込んだバラタ。
ですがレフェリーに「相手の体に触れてから引き込むように!」と注意されていました。




引き込んだバラタに対してパスガードを狙う松本選手。




スタック、かみつきを使い分けてのアタック。




バラタも後転やエビでディフェンスしアドバンテージまで。




立ちになったとき松本選手が飛びつきガードを取りました。




ハーフからの潜りを狙う。




それを腰を切りパスのカウンター。




ですが素早くガードに戻し、




三角絞めへ!




腕を抱えつつ頭を引きながら足を組んで、




三角絞めを極めます!




しばらく耐えていましたがタップ!




試合時間は5:59!




3試合連続の一本勝利で優勝!



スポンサーをしっかりアピール!




日本人初のパン選手権・黒帯王者の誕生です!




優勝 松本義彦(パラエストラ川越)
準優勝 ハファエル・フレイタス爛丱薀伸瓠淵丱奪蓮
3位 レオナルド・エスコバル(ソウルファイターズ)
ペドロ・ピーニャ・コスタ(ノヴァウニオン)


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔