English Portugues Japanese

2009年04月04日

パン選手権2009:ギリャルメ・メンデスの試合

ハファの試合の直後に行われたのがこのギィvsマリオの試合です。

マリオは元祖統一世界王者で、一時期レーヴィに転向したり移籍を繰り返したりと迷走した時期もありましたが、間違いなく柔術の歴史に一時代を築いた強豪ベテラン選手。

対するハファは昨年に黒帯になったばかりの新鋭ですが、これまでの実績は色帯ながらマリオに負けないものがあります。

そんなベテランvs新鋭の構図となったこの試合はマリオの意地が見えた熱戦になりました。




アダルト黒ペナ準決勝
ギリャルメ・メンデス(ATOS柔術)
vs
マリオ・ヘイス(グレイシーバッハ)




引き込んだギィがガードから攻めにいきます。




そしてスイープを成功させてギィが2ポイント先行!




ですがすぐにマリオもスイープし返して同点に。




さらにもう一度、引き込みからスイープを成功させてマリオが4−2で勝利し、決勝戦進出です。
ギィは最初こそ好調でしたが試合時間が経過するにつれマリオのペースになっていった感があります。
さすがマリオ、ベテランらしい試合運びといったところでしょうか。


この後、二人は号泣し会場から姿を消したそうですが表彰式にはちゃんと出てきました。

が、かなりの不満顔でニコリともしないし「近くに寄って!」とリクエストしてもシカトしやがるし、まったく子供そのもののふてくされた態度でした。

ま、それぐらい悔しかったんでしょうね。

逆にこの敗戦でメンデス兄弟のムンジアルが楽しみになってきました。

ふてくされるぐらい悔しいんですからムンジアルではさらにパワーアップした兄弟が見れるはずですから。




アダルト黒帯日ペナ級
優勝  フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘
準優勝 マリオ・ヘイス(グレイシーバッハ)
3位  ハファエル・メンデス(ATOS柔術)
    ギリャルメ・メンデス(ATOS柔術)


☆IBJJF発表の公式結果はコチラから!




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔