English Portugues Japanese

2009年04月07日

パン選手権2009:黒帯アブソルート

アダルト黒帯の決勝戦は大会のメインイベントのような扱いで夕方5時からスタートしました。

その決勝戦の最後に行われたのがこのアブソルート級です。

ネトはホムロ・バハルに、オタービオはコブリンヤに勝利して決勝戦に勝ち上がってきました。

そしてネトはスペルペサード優勝、オタービオはメイオペサードで優勝しており、この一戦は王者同士の対戦という豪華な顔合わせになりました。

またこのベスト4のうち3選手がバッハとバッハ系列のゴルド柔術の選手で占められており、かつての最強軍団、グレイシーバッハが再興しつつある印象を受けました。

実際に今大会のアカデミー優勝はグレイシーバッハが久しぶりの優勝を果たしています。

では試合を紹介します。



引き込んでガードから攻めるオタービオ。
オタービオはいま最も勢いがあるバッハ・ペルナンブコの選手で同門にはブラウリオ&ヴィトーのエスティマ兄弟がいます。




ネトはオタービオのガードをパスするのに苦戦します。
またオタービオもスイープできずに試合は膠着気味に。




が、試合終盤にネトがパスガードに成功!




そのまま押さえ込んだ状態で試合終了!




ネトがアブソ優勝を果たしました!




アブソ優勝を果たしたネトが2階級制覇を達成です!




アブソルート
優勝  アントニオ・ブラガ・ネト(ゴルド柔術)
準優勝 オタービオ・ソウザ(グレイシーバッハ)
3位  フーベンス・シャーレス爛灰屮螢鵐筬瓠淵▲螢▲鵐掘
    ホムロ・バハル(グレイシーバッハ)



☆IBJJF発表の公式結果はコチラから!




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔