English Portugues Japanese

2009年04月08日

パン選手権2009:マスター黒ペナ/バレット・ヨシダの試合

日本でもおなじみのバレット・ヨシダ(アンディスピューテッド)。

バレットはグラップリングのイメージが強い選手ですが、昨年からギの試合にも出るようになりました。

「今年のアブダビでは本当に優勝したいんだ!

だから試合勘を研ぎ澄ませるためにできるだけ試合をしようと思ってね。

実は昨日も試合をしてきたよ。

ディズニーランドで開催された『マーシャルアーツ・フェスティバル』っていう大会なんだ。

3試合ともカドワキチョークで一本さ!

見て、これがメダル、ミッキーの形してるんだよ!

今までいろんなメダルをもらってきたけど、こんなメダルは初めてだね。

面白でしょ!」(バレット)






これがそのメダルです。
ミッキーの形でヒモ部分にもディズニーのロゴが!
さすがディズニー、凝ってますね〜。
つーか、ディズニーランド内で大会やっちゃうってのも凄い!




パン選手権前日にも関わらずに試合しちゃうバレット。
ホントに試合が大好きです。




試合前は「全部同じチョークで極める!」と気合十分。




1回戦はマナウスから来た爛ト瓩箸いΕ縫奪ネームの選手との対戦。




すぐにバックを狙います。




フィニッシュはカドワキ・チョークで一本!




ガトは「手首で鼻を潰された。反則だ!」と猛抗議!
でも判定はもちろん覆らず。




準決勝はダニー・アルバレスと。
ダニーはメキシコ系アメリカ人です。
「対戦表を見てバレットが出ててびっくりしたよ!だからDVDを見て研究してきた。バレットみたいな有名選手と試合できて光栄だね!」(ダニー)




引き込んだバレットはギもノーギと同じ戦法でギロチンチョーク狙い。




珍しくギを握ってカドワキチョーク・ギバージョンで一本。




2試合連続一本で決勝戦進出です。




決勝はバッハのクリスチアーノ・オリヴェイラ。




引き込みからの巴投げ風スイープで2ポイントを失います。




でも下になった方がバレットは戦いやすい。
かつて魔の三角絞め『バミューダトライアングル』と称された三角絞めを仕掛けます。




そこからギロチン〜カドワキチョークの得意の連携へ。




完全に形に入るも相手はタップせず。




そのままタイムアップまで粘られて2−0で決勝戦敗退で準優勝に終わりました。
「ノープロブレム。アブダビで頑張るよ!」(バレット)






☆IBJJF発表の公式結果はコチラから!


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔