English Portugues Japanese

2009年05月19日

ブラジレイロ2009:結果

cfbe3309.jpg先週末に開催されたブラジレイロの黒帯決勝戦の結果です。

★ガロ
○ブルーノ・マルファシーニ(アリアンシ)
vs
×イヴァニエル・オロヴェイラ(カリオカチーム)
6−5


★プルーマ
○パブロ・サントス(PHチーム)
vs
×フェリッペ・フレイタス(バッハ)
2−0


★ペナ
○ブルーノ・フラザト(ATOS柔術)
vs
×セオドロ・カナル(UGF)
4−0


★レーヴィ
○マイケル・ランギ(アリアンシ)
vs
×ヴィニシウス・マリーニョ(GFT)
腕十字


★メジオ
○アラン爛侫ホ瓮淵轡瓮鵐函淵船Д奪マット)
vs
×チアゴ・アウベス(バルボサ)
腕十字


★メイオペサード
○ハファエル・アビヒハン(カーウソン)
vs
×タルシス・フンフェリー(アリアンシ)
腕十字


★ペサード
○ジェファーソン・モウラ(バッハ)
vs
×アレッシャンドレ・セコーニ(ヒリオン)
4−0


★スペルペサード
○アントニオ・ブラガ・ネト(ゴルド柔術)
vs
×マルセル・フォーチュナ(グレイシー・フロリアノポリス)
チョーク


★ペサディシモ
○レオナルド・レイチ(アリアンシ)
vs
×ブルーノ・マチアス(チェックマット)
クロックチョーク


★アブソルート
○タルシス・フンフェリー(アリアンシ)
vs
×ガブリエル・ベラ(アリアンシ)
同門決勝


かつてムンジアルが開催されていたチジューカテニスクルービで今も行われているブラジレイロ。

いまや多くのトップ選手がアメリカに移住しており、パン選手権やムンジアルのようなトップ選手同士の対戦は多くなく、やや寂しい感が否めません。

えすがパン選手権に出ていないブラジル在住の選手が出場しており、ブラジル最強決定戦の名にふさわしい大会になったのではと思います。

ガロは日本にも来ていたイバニエルが決勝に進出しましたがムンジアル常連のブルーノに敗れています。

プルーマはアジアチコ優勝のパブロ・サントスが優勝。

ペナはいまやATOS柔術の同門、ハファ&ギィの影にすっかり隠れてしまった感のあるブルニーニョが優勝です。

レーヴィはマイケル・ランギが決勝戦で一本で極めて優勝、パン選手権に続き連勝をスコア。

メジオは色帯時代にテレレ2世と称されていたフィホが腕十字で優勝、久しぶりの戴冠です。


メイオペサードはアブダビプロ柔術優勝のタルシスをハファエル・アビヒハンが31秒で腕十字を極めて優勝を果たし、メジャータイトルを奪取しました。


タルシスは階級別では敗れましたがアブソでは決勝戦に勝ちあがり、同門のガブリエル・ベラと優勝を分け合っています。

今回のブラジレイロで活躍した選手らが2週間後のムンジアルでも活躍すると思われ、この結果がどう影響するのか興味深いところです。


★結果詳細はコチラから!


★画像はアブソ優勝を分け合ったタルシス・フンフェリー&ガブリエル・ベラ。





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔