English Portugues Japanese

2009年06月13日

コブリンヤvsメガトン:黒ペナ準々決勝

佐々選手を降してベスト8に進出したコブリンヤは狹歓有瓮瓮トンとの顔合わせに。

メガトンはこれまで日本人選手相手に全勝を誇る爛献礇僖法璽坤ラー瓠

今大会では日本人との大戦はありませんでしたが、初戦で韓国人黒帯のリー・ヒーソンに勝利し「これでコリアンキラーだな!」と笑うメガトン、豪快なオヤジといった感じでしょうか。

また妻・ルチアナ(黒帯)、娘・マッケンジー(青帯・まだ16歳!)とファミリー全員でムンジアルに出場している柔術一家でもあります。



ルチアナ&マッケンジーのメガトン・ファミリー!




メガトン&マッケンジー(Brazil 2006)



何度も書いてますが、このメガトンは1967年(10/2)生まれですからすでに40歳を超える年齢ですが、いまだにアダルトに出場し続け、若い選手にもたびたび勝利するなど現役バリバリ!

今年のヨーロピアンではマリオ・ヘイスに敗れるも準優勝という立派な戦績を残しており「柔術に年齢は関係ない」ということを身を持って実証しています。

★メガトンのインタビューはコチラから!

そんなメガトンとコブリンヤの対戦はどうだったでしょうか。




黒ペナ準々決勝
コブリンヤ(アリアンシ)
vs
ウエリントン爛瓮トン瓮妊アス(ウマイタ)




引き込んだメガトンがスイープ狙い。




それを起き上がりディフェンスするコブリンヤ。




そこからハーフガードの状態に。




コブリンヤが腕十字で腕を伸ばしきったかに見えましたが…




ヒジを曲げて逃げる!




コブリンヤの下半身を動かして脱出を試み、



起き上がることに成功!




ガードポジションになり、この攻防で2P奪取です!




ですがオモプラッタを仕掛けられ…




バックから絞めでタップ!




6:22、送り襟絞めでコブリンヤ勝利でした!



結果的には一本負けでしたが、アダルトしかないムンジアルに出るのも素晴らしいし、しっかりと初戦を突破してるのも凄い!

そしてほぼ極まりかけてるコブリンヤの腕十字からも脱出してるんですから!

あのときの大・大メガトンコールは忘れられないです!

ウマイタ勢だけでなく会場全体がメガトンを応援してるようでした。

ムンジアル3連覇中の最強選手・コブリンヤに40歳を超えたオヤジ柔術家・メガトンが果敢に挑むも玉砕…。

ですがこの試合にはロマンがありましたね!

レッスル・アンド・ロマンス、WARですよ!

つーかこの場合はレスリングじゃないからJiu-Jitsu And Romance、JARですかね。

とにかく!

強いオヤジ柔術家、メガトンはかっこいいですよ!




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔