English Portugues Japanese

2009年06月17日

マルセリーニョvsルーカス・レイチ:黒メジオ準決勝

今年のムンジアルには楽しみな存在がエントリーしていた。

それがこのマルセロ・ガルシア爛泪襯札蝓璽縫膈瓩澄

マルセリーニョはかつてムンジアルの常連選手で毎年必ず出場していたがここ数年の出場はなく、ムンジアル出場は3年ぶりとなる。

この3年の空白期間にはMMA出場やアカデミー開設など多忙な日々を過ごしていたという。

だが現在はMMAの契約もなくフロリダのアカデミーも落ち着いた、ということでのムンジアル出場となった。

ムンジアル出場に先駆けて、5月初旬にアブダビで開催されたアブダビプロ柔術でギの試合に復帰しているが階級別、無差別とも優勝はならず、かつての実力に翳りが見えたか、と思えたのだが…。




マルセリーニョは準々決勝でボンバヘッドでお馴染みのチアゴ・アウベス(バルボーサ)と対戦。




これをポイント0−0、アドバンテージ3−2で辛勝。




決勝戦進出を賭けた一戦はクロンを降して勝ち上がってきたルーカス・レイチが相手。



マルセリーニョのギには自身が総合の練習をしているATTのパッチが付けられている。




引き込んだルーカスにパスのアタック。




ルーカスはいつものハーフではなくフルガードへ。




だがマルセリーニョは難なくパスに成功する。
その後、もう1度パスを成功させて6−0でリード。




ルーカスはここからスイープを狙いに行く。




ハーフに足を絡めて起き上がろうとするが…




マルセリーニョはジャンプしながら逃げる!




ルーカスのタックルは不発に終わる




立ち技の攻防になるも動きは少なく…




ルーカスが引き込んだところで試合終了!




ポイント6−0でマルセリーニョ勝利!




3年ぶりのムンジアルもブランクを感じさせず決勝戦進出!



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔