English Portugues Japanese

2009年07月26日

ヒクソン杯2009:紫レーヴィ/ホベルト・ソウザ

今年のムンジアルで紫レーヴィを優勝したホベルト・ソウザ爛汽肇鍬瓠淵椒鵐汽そ製僉法

もう実績的には茶帯を巻く資格は十分にあると思われてますが、いまだ紫帯のままです。

(余談ですが某誌には「ヒクソン杯の後に茶帯に昇格」とありますが7/25現在、まだ紫帯です。)

ムンジアル後に開催されたヒクソン杯にも紫帯で出場、圧倒的な強さで優勝を果たしました。

その全4試合を詳細にレポートします!




1回戦
ホベルト・ソウザVSハンダ・マリオ(Jaws)
立会いの攻防からホベルトが引き込む。
引き込んだ状態から積極的に一本やスイープを狙う。




相手選手のガードが固いと見るや立ち上がりテイクダウンでホベルトに2P。




すぐさまパス〜バックを狙うもポイントは入らずアドバンのみ。
マリオ選手バックをとられる前に脱出し、ホベルトが下の展開。
すぐさまホベルトがスイープで2P。




そのままパスを狙いにいくところをマリオ選手が背を向けたところで一気にバックを取って送り襟絞めで一本!




試合時間残り2:47秒でホベルト勝利で2回戦へ。





2回戦
ホベルトVSカラサワ・タツヤ(Axis群馬)
試合開始後、しばらくスタンドの攻防のあとホベルトが引き込み。




ハーフから潜り積極的にスイープをしかけホベルトに2P。




スイープの後はパスガードをしかけるもカラサワ選手のガードをなかなか崩せない。
一瞬のスキをついてカラサワ選手立ち上がり、片足タックルを狙う。しかしホベルトはそれを見切り逆に飛びつき三角!




カラサワ選手しばらく耐えるもそのまま三角絞めでホベルト選手の一本勝ち!
ホベルト、極まった瞬間雄たけび!




2試合連続の一本勝利で準決勝進出!




準決勝
ホベルトVSタイナカ・ヒデアキ(谷チーム)




開始早々ホベルトが引き込む。クローズドから腕十字を狙うも不発。




逆にタイナカ選手がそのカウンターでパスを仕掛ける。




が、パスすることはできず、両者スタンド。
ホベルト、片足タックルからテイクダウンで2P。
そのままパスを仕掛けたところで、タイナカ選手が立ち上がり再びスタンドへ。




再度ホベルト引きこみ、スイープからマウントを奪取し、一気に6P奪取。
この時点で8-0でホベルト優勢、残り時間も2分を切っている。
ホベルトこのまま固めても勝利は揺るがないはずだが、あえて一本を狙いに行く姿勢を見せる。




マウントの状態から十字絞めを極めて残り1:19秒のところで一本勝ち、決勝戦進出。




決勝戦
ホベルトVSミヤハラ・ミツハル(BUSHIDO JIU-JITSU)
ホベルトが引き込みクローズドガードの体勢に。
そこからスイープを決めたかにみえるもポイントは入らず。




しかし、そのまま一気にパスを仕掛けるホベルト。
ミヤハラ選手しばらく耐えるもホベルトにパスガードを許す。
ホベルト、パスガードから一気にバックを狙うがミヤハラ選手これをガード。
しかし、バック狙いをすぐさま切り替えホベルトがマウントを奪取で4P。




準決勝同様マウントから十字絞めを狙う。




ミヤハラ選手、十字絞めはなんとか逃れるもすぐさまマウントからの腕十字に切り替えられる。




ミヤハラ選手そこから強引に立ち上がるも
ホベルトが下から腕十字を決めて決着。




ホベルト選手、全試合一本勝ちで圧倒的な強さをみせて優勝!


photo and text by Takashi Umezawa












グレイシーマガジン最新号・#148
特集「World Championship 2009」
高谷聡選手、植松直哉選手も愛読!
購入はコチラから!
内容詳細はコチラから!




☆会員募集中☆初心者にも親切指導☆
「ジュエルス格闘技スタジオ@MUSE」
お知らせブログはコチラから!



★ブログ、始めました。
「橋本欽也の自堕落な日常」コチラから!



ファイターズショップブルテリア
ブルテリア携帯サイト







トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔