English Portugues Japanese

2009年08月12日

マスターシニア2009:マスター黒メジオ一回戦

マスター黒メジオ一回戦

林俊介(GRABAKA柔術クラブ)
VS
近藤哲也(レッドシャーク)

2007年全日本選手権アダルト黒帯メジオ級優勝という輝かしい実績を持つ林選手に対するはレッドシャークの近藤選手。




スタンドの攻防、まずは近藤選手が引き込みます。
しかし、林選手がすぐさまパスガードを仕掛け3ポイント先取。
近藤選手、エスケープを試みるも林選手の抑えこみが強く、簡単にはいきません。
逆にカウンターで林選手が腕を取りにいきます。




近藤選手何とか凌ぐも、林選手、今度は三角絞め、腕十字と次々と極め技を仕掛けていく。




近藤選手は反撃のチャンスを見出せません。




結局一本には至りませんでしたが、パスガードの3ポイントを奪取した林選手が決勝戦にコマを進めました。





マスター黒メジオ一回戦

近藤哲也(レッドシャーク)
VS
時任拓磨(PUREBRED大宮)
変則三つ巴戦のため、林選手に惜しくも敗れてしまった近藤選手ですがまだ優勝のチャンスはあります。
対するは今年のムンジアル黒メジオで2008年世界王者のセルジオ・モラエスと接戦を繰り広げた時任選手です。




試合開始早々、時任選手が引き込みます。




そのまま腕をとって、得意技のホレッタが炸裂!
しかし近藤選手も反応よく起き上がります。




再び時任選手が引き込み、そこから一気に三角絞めをかけます。




これが極まらないとみるや再びホレッタ!




そこから腕を極めた時任選手




時任選手が3:19一本勝ちで決勝進出です。


★明日は決勝戦を紹介します!


photo and text by Takashi Umezawa




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔