English Portugues Japanese

2009年10月05日

ADCC2009:クロン・グレイシーの1回戦

ADCCは高額な賞金トーナメントであると共に世界最高権威のグラップリング大会として認識されており、これまでも多くの柔術家が参戦し好成績を収めてきました。

今大会でも連年どおり、各階級の優勝者はブラジル人柔術家が占めて狃製儔氾傾餃瓩陵輿蠅鯆茲靴討い泙后

そんな中、ひときわ注目を集めていたのがADCCに初参戦したクロン・グレイシーでした。

当初、クロンのADCC参戦のニュースが流れたときも周囲は「どうせ本戦には出ない、いつもの狃个觸个觝承臭瓩世蹐Α廚販笋瓩身娠でした。

かくいう自分も「クロンは出場OKの意思を表明していない」との情報を聞いていたこともあり、この参戦には半信半疑だったのは事実です。

そしてバルセロナ入りしてホテルでクロンの姿を見たときに「ああ、本当に出るんだ」と初めて確信したぐらいでした。



計量時のクロン。
ホテルでクロンを発見して初めて本当に出場するんだ、と思いました。




そもそも予選にも出てなくて黒帯になってからはムンジアル入賞すら果たしていないクロンがなぜADCCに出れたのかは疑問ですが、やはりグレイシーの姓は特別なんでしょうか。

クロンはこれまで公式にはグラップリングの試合は1試合しか出ておらず(2006年の『X-MISSION』でアンディ・ウォンと対戦:判定勝利)、グラップリングの実力は未知数です。

それだけにクロンのADCC参戦は興味深いところでしした。

ではクロンのADCCでの試合を1回戦から紹介していきたいと思います。



クロン・グレイシー
vs
エンリコ・コッコ
クロンの1回戦の相手、エンリコはアメリカのウエストコースト・トライアルの優勝者。
その予選では1回戦以外を全て極めて勝利したという、極めの強い選手との触れ込みだったのですが…。




クロンには逆に極められてしまいました!



初戦ということもあり、やや攻めあぐねる場面も見られたクロンでしたが最後はきっちりと極めて勝利したのはさすがです。

この勝利で2回戦、マルセリーニョとの対戦になりました!

クロンvsマルセリーニョの夢の初対決が実現です!

その模様は明日紹介します!

最後にエンリコのこぼれ話を。

ずっと女連れで手をつないでカメラ片手にうろうろしてたヤツがいました。

そして時折、マットサイドに来ては声援を送ったり熱心にビデオ撮影してたり、と気になってたんです。

そいつは選手用Tシャツ着てるし、でも試合で見た覚えはないし、と不思議だったんで思い切って聞いてみました。

ズバリ「お前、何者?」と!

そしたら「選手だよ!昨日試合したんだ。」と言うんで「マジか!誰とやったの?」と聞いたら「クロンとやってチョークされちった!ヤツは強ぇえよ!」と苦笑いしながら話してくれました。

まあ女連れで観光気分で来てるんじゃ負けてやむなし、とも思いますが…。



コイツがエンリコ・コッコ。
もう一生会うことはないでしょう。
つーか会っても思い出せない可能性大です!



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔